自己破産してもアコムの審査通過は可能?

東京スター銀行カードローン 増額-東京スター銀行カードローンの増額について考える女性 アコム

自己破産をした場合、基本的に5~10年間はカードローンの審査にはとおりません。

ただ、一部のインターネット上の口コミなどを見ると、過去に自己破産をしたひとでも「カードローンの審査にとおった」という情報もあります。

今回はアコムを例にして、自己破産した人がアコムの審査にとおることは可能なのか、詳しく見ていきたいと思います。

<この記事はこんな人におすすめ>

  • 過去に自己破産した経歴があり、いまからアコムに申し込もうと思っている人
  • 自己破産した人がアコム審査に通るためのポイントを知りたい人
  • アコムの申し込みが無理なら、ほかに審査に通る金融会社を知りたい人
アコム
アコム
おすすめポイント
  • 借入が可能かスグ分かる「3秒診断」機能あり
  • 最短30分での審査回答が可!
  • はじめての方は30日間無利息!
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
1~800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短即日
公式サイトはこちら

自己破産してもアコムに申し込める?

自己破産した「全員」がアコムの審査に落ちてしまうかというと、実はそうではありません。

このあと詳しくご紹介しますが、自己破産した場合には信用情報機関に「自己破産したことを示す履歴」が登録されます。

ただ、信用情報機関に登録される自己破産の情報は一定の期間で消えます。

自己破産した人がアコムの審査に通るかどうかは「自己破産した時期」がとても重要になってきます。

つまり、信用情報機関の情報保持期間(5~10年)よりも昔に自己破産をしていたとしたら、とっくにその情報は消えている可能性があります。

債務整理したときにアコムに借金はあったか?

ただ、信用情報機関から自己破産の履歴が消えていたとしても、自己破産したときに「アコムに借金」があれば話は別です。

たとえば、5年前に複数の消費者金融からの借金が理由で自己破産をしたとします。

その消費者金融のなかにアコムが含まれていると、今後アコムからのキャッシングは難しくなります。

この場合信用情報機関の情報は消えても、アコムの社内情報には「自己破産の履歴」が半永久的に残ります。

こうなると、本人の収入や他社返済状況など本人の信用度がかなり回復していることを示せない限り、いつまでたってもアコムの審査は通過できないことになります。

信用情報機関から自己破産の情報が消えるタイミング

では、具体的に信用情報機関の自己破産の履歴はいつ消えるのか、信用情報機関別の情報保持期間について詳しく見ていきます。

JICC・CIC

ほとんどのカードローン会社やクレジット会社は、主要信用情報機関である「JICC」と「CIC」に加盟しています。

JICCとCICの場合、自己破産の登録期間は「5年を超えない範囲」というルールになっています。

したがって、いまから5年以上前に自己破産した場合は、JICCとCICからは自己破産の情報は消えていると考えてもいいでしょう。

下記に各々の信用情報機関のURLを掲載していますが、公式HPを見ると各機関に「本人開示サービス」を申し込めるページがあります。

本人開示サービスは手数料がかかりますが、自分の情報がどのように登録されているか確認が可能です。

参考URL:株式会社シー・アイ・シー(略称:CIC)
https://www.cic.co.jp/

参考URL:株式会社日本信用情報機構
https://www.jicc.co.jp/

全国銀行情報センター

ただ、同じ信用情報機関でも「全国銀行個人信用情報センター」だけは情報登録期間が異なります。

下記に、全国銀行個人信用情報センターの案内パンフレットが見れるURLを掲載しています。

このパンフレットの7ページにも書かれていますが、自己破産のような「官報に掲載される債務整理情報」については、10年を超えない範囲で登録されるというルールになっています。

ただ、ローン会社によっては全国銀行個人信用情報センターに加盟していないケースもありますし、JICCとCICの情報しか見ないケースもあります。

したがって、10年以内に自己破産をしてしたからといって、すべての人が審査に落ちるとは限りません。

参考URL:全国銀行情報センター
https://www.zenginkyo.or.jp/pcic/

参考URL:全国銀行個人信用情報センターのご案内7頁センターに登録される個人信用情報と登録期間https://www.zenginkyo.or.jp/fileadmin/res/abstract/pcic/pcic_pamph.pdf

信用情報機関の情報を消してもらうのは可能

ちなみにインターネットを検索していると「信用情報機関の情報を有料で抹消します」という広告をたまに見かけます。

<Twitterの書き込み例>

CIC・JICCの事故情報を消す方法教えます翌日には携帯契約OK。半年後にはクレカGET
気になる方はご連絡ください。

自己破産をした人によっては、まさに朗報とも言える情報ですが、この情報は信用していいものなのか…少し見ていきたいと思います。

情報を消します!という業者の実態

結論から申し上げますが、信用情報機関の情報を正当な理由なく消す方法は、この世の中には存在しません。

したがってこれらの「事故情報を消します」という広告は、すべて詐欺の情報商材と思っても問題ないでしょう。

業者によっては手数料を搾取して実際には削除などは行わず、そのあと連絡がつかなくなる…というのはよく聞く話です。

ちなみに、借りた覚えがないローン会社と契約した情報が登録されていたり、本人情報が間違っている場合はに限り、正規の手続きを踏むことで本人情報を変更してもらうことは可能です。

自己破産した人がキャッシングする方法

ここまでの情報をふまえ、自己破産した人がアコムの審査にとおるための条件を整理してみましょう。

<自己破産者がアコムの審査にとおるための条件>

  • 自己破産の情報が信用情報機関から消えていること
  • 自己破産した時期とは違って、年収も増えていて返済能力も高いことを証明できること

ただ、過去に自己破産をした人は一定期間カードローンやクレジットカードの利用が出来ないため、信用情報機関の情報が「真っ白」というケースもあります。

このような人のことを「スーパーホワイト」と呼びますが、スーパーホワイトの場合は逆に審査に落ちる可能性が高くなります。

一般的に20歳を過ぎるとクレジットカードを持ったり、マイカーローンや住宅ローンなどを組むケースがほとんどです。

しかし、信用情報機関の情報にそのようなローン契約の履歴がまったくない…となると「この人は過去に自己破産をしたのではないか?」と疑われてしまうのです。

したがって、過去に自己破産をしたことがあるひとは、信用情報機関から情報が消えたとしても大手の金融会社では審査に通らないケースがあります。

中小の消費者金融から借りる

もし過去の自己破産履歴が原因で、カードローンの審査に落ちてしまった場合は、比較的審査にとおりやすい「中小の消費者金融会社」に申し込むことをおすすめします。

フタバ

いくつかある中小消費者金融の中でも、とくにおすすめなのは東京都千代田区にあるフタバという消費者金融会社です。

フタバでは「過去に債務整理をしたけど審査にとおった!」という口コミもたくさん寄せられていますし、一般的に大手消費者金融より中小の消費者金融の方が審査は若干緩い傾向にあります。

フタバの店舗は東京にありますが、全国からインターネットで申し込めますし、融資金は指定した銀行口座に振り込んでもらえます。

キャッシングのフタバを利用したい!大手審査落ちでも大丈夫?
大手消費者金融の審査に落ちてしまったので、中小消費者金融からの借り入れを検討しているという人もいると思います。 安心して利用できる業者 他社借り入れが多くあっても借りられる業者 大手消費者金融なみのサービスを受けられる...

フクホー

大阪にある「フクホー」も、比較的審査にとおりやすい消費者金融として有名です。

フクホーもインターネットから申し込みができますし、店舗に行かなくてもセブンイレブンで契約書をプリントアウトして必要事項を記入し、あとは郵送手続きをするだけでカードローンに申し込めます。

中小の消費者金融フクホーの審査基準を紹介!審査落ちを防ぐ対策をしよう
フクホーは中小の消費者金融として長くサービスを提供する会社です。 信頼性も高く、多くの人が利用しているため知名度も高くなっています。 そんなフクホーを利用する場合は、どのような部分に気を付けたほうがいいのか知っておくといいでしょ...

クレジットカードのキャッシング

中小の消費者金融の利用に抵抗があるなら、クレジットカードに申し込んでキャッシングするという方法もあります。

ただし、新たにクレジットカードを作った場合は、信用実績が積み上がっていないため、キャッシング限度額が5~10万円程度になるケースもあります。

ちなみにクレジットカードで換金性の高い商品を購入し、それを転売して現金を手に入れるという「クレジットカード現金化」という方法もあります。

しかしクレジットカードの現金化はカードの利用規約で禁止されている行為です。

万一それが見つかるとカードが強制解約になるばかりか、ショッピングやキャッシングの利用額を一括返済するように求められるケースもありますので、クレジットカードの現金化はやめた方が無難です。

生命保険の契約者貸付制度

もし満期返戻金があるタイプの生命保険に加入しているなら、生命保険の契約者貸付制度を利用してお金を借りるという方法もあります。

保険会社の契約者貸付制度は、自分が積み立てている保険の解約返戻金の範囲内でお金を借りられる制度です。

元々は自分のお金ですし、2~3%台という低金利で借りられます。

また、万一返済が出来なかったとしても満期返戻金から相殺されるだけですので、とくに借り入れリスクはありません。

さらに契約者貸付制度の審査では、信用情報機関の照会はありません。

したがって信用情報機関に傷があったとしても借り入れは可能です。

自己破産した人を狙う闇金に注意

最後に自己破産した人を狙い撃ちにする「闇金業者」に関する情報もお伝えしておきます。

DMの甘い広告に注意

自己破産をした場合、「官報」に本人の氏名や住所などの情報が掲載されてしまいます。

闇金業者によっては毎日官報をチェックし、その情報をもとに正規の金融会社で借り入れが出来ない自己破産者に、ダイレクトメールを発送するケースがあります。

そのダイレクトメールには「ブラックでもOK」「無審査で5万円まで融資します」などという甘い謳い文句が書かれていますが、実際の融資では10日に1割という法外な利息が請求されます。

また、闇金業者はそもそも法律を守るという意識はありません。

したがって、万一返済が滞ると自宅はもちろん勤務先や実家などにも取り立てに来ます。

自己破産したとは、正規の業者から借り入れができないため、このような業者にすがりつきたくなる気持ちもわからなくもないですが、闇金を利用すれば地獄に落ちてしまうのは目に見えています。

「少しぐらいならいいかも」という気持ちが破滅への道につながります。

絶対に正規の業者以外は手を出さないようにしましょう。

誰にもバレずに自己破産は可能?
「借金が返済できず自己破産を考えている」 「家族や会社にバレずに自己破産したい」 多額の借金を抱え、自己破産を考えている…という人も多いと思いますが、そんなときに気になるのが「家族や会社に自己破産の事実がバレること」ではないでし...

ダメ元で何社もローンに申し込むのはやめよう

自己破産をした人がアコムに申し込む場合、審査落ちを心配して一度にたくさんのカードローン会社に申し込むケースがあります。

一度に何社ものカードローンに申し込むと、信用情報機関には各々のローン会社が審査照会した履歴がすべて残ってしまいます。

申し込みを受けた金融会社によっては「この人は相当お金に困っているんだな」という印象を持ってしまいますので、一度に複数のカードローンへ申し込むのは避けた方が無難でしょう。

申し込みブラックとは?

金融会社が信用情報機関へデータ照会した履歴は約6ヶ月で消えます。

もし審査落ちが心配なら、1度に申し込むのは2~3社までにとどめておき、その後は半年後に新たなカードローンに申し込むことをおすすめします。

即日借入件数が多いけど今日借りたい!件数が多いけど借りれるキャッシングはこれだ
借入件数がいくつかあっても、お金が足りなくなることはありますよね。 しかし追加で借入を利用しようにも、借入件数が多い利用者は、多重債務者とされて審査も敬遠されてしまいます。 今日借りたくても、即日融資が難しい可能性が十分にありま...