アコムの自動契約機「むじんくん」は使いやすい?他社との比較で見えた使い勝手

アコム

むじんくんはアコムの自動契約機の愛称です。

むじんくんという名称を大々的に宣伝していた時代もありましたが、最近はあまりむじんくんという名前を大々的に紹介しなくなりました。

ただ、現在でもむじんくんを利用している人は多くいて、アコムのカードを発行したり、アコムとの手続きの際によく利用されています。

現在でも利用されているむじんくんを理解しておけば、アコムと契約する手段や手続きの方法を増やせるのでしょう。

ここではむじんくんについて説明します。

アコムで即日融資は20時がタイムリミット?確実に成功させる5つのコツとは
大手消費者金融のアコムは、即日融資に対応しています。 しかし即日融資には、対応している時間の成約があります。対応時間内に申し込みを行わないと、融資は次の日になることも。 また申し込み方法によって即日融資のタイムリミットが異なりま...
アコム
アコム
おすすめポイント
  • はじめての方は30日間無利息!
  • 最短30分での審査回答が可!
  • 借入が可能かスグ分かる「3秒診断」機能あり
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
1~800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短即日
公式サイトはこちら

アコムの自動契約機「むじんくん」とは

むじんくんはアコムの自動契約機を指す言葉です。

アコムはむじんくんという名前を自動契約機に付けています。

名前を付けたのは覚えやすくするためで、自動契約機を利用してもらう機会を増やしたいと考えているからです。

自動契約機ですので、様々な手続きが端末で実施できます。

端末を操作するだけで、簡単に手続きができるメリットを持っており、いざというときには来店して手続きすれば簡単に処理できます。

また、むじんくんには電話が付けられており、電話を利用してオペレーターと相談できる仕組みが作られています。

初心者の方でむじんくんがわからないと思っているなら、オペレーターに相談して正しい手順で利用するように心がけましょう。

アコムはむじんくんという名称で、無人で利用できる契約場所を設けていますが、実際には無人ではありません。

無人のままにしておくと、警備上の問題が起きてしまうため、実は監視によって有人店舗扱いとしています。

むじんくんで実施しているサービスなどは見られていると考えて、悪質な行為等は控えるようにしましょう。

正しく利用すれば、アコムの契約が当日中に可能となる他、カードをすぐに発行して利用できるなどのメリットが得られます。

様々なメリットを得るためにも、アコムのむじんくんは有効に使っておきましょう。

むじんくんでできる手続き

むじんくんで実施できる手続きは大きく分けて3つあります。

むじんくんで出来る手続き
  • アコムへの申込
  • アコムとの契約
  • カード発行手続き

他にも契約の変更が可能となっているほか、アコムの解約手続きも実施できます。

ただ、大きく分けて利用するのは上記の3つであり、多くの人は上記の目的で利用する傾向があります。

手続きの方法を理解して、短時間で契約できるように心がけましょう。

ここからはむじんくんの手続きについて詳しく解説します。

アコムへの申込

むじんくんを利用してアコムへの申し込みが可能です。

アコムはむじんくんを経由して申し込まれた内容をすぐに審査して、本当にアコムを利用できるのか確認しています。

アコムを利用したいと考えている人は、ネットからも申し込みができますが、すぐに連絡等の手続きが取れるむじんくんを利用してもいいでしょう。

申込みの方法はむじんくんを操作して必要な情報を入力すると同時に、必要な書類をアコム側に送付するだけです。

むじんくんには端末で申込内容をすべて入力できるようにしているほか、書類をスキャナで送付できる機能が用意されています。

つまり本人確認書類や収入証明書だけを持っていけば、アコムへの申込は簡単にできるのです。

むじんくんの操作がわからなくて困っている時は、オペレーターに相談すれば簡単に手続きの方法を教えてもらえます。

わからない時はオペレーターに相談し、手続きの方法をしっかり聞いておきましょう。

アコムとの契約

審査が完了した後、アコムと契約できます。

アコムと契約する方法は、アコム側から送られてきた契約書類にサインして、その後でアコムに送り返すだけです。

発行される契約書類にサインするだけなので、契約までにかかる時間はかかりません。

また、アコム側に送付する作業は、本人確認書類などを送付した方法と同じですので、同じような手順を踏めば問題なく送付できます。

アコムが送付された書類を確認した後、契約書類に問題がないと判断されれば契約を完了させます。

同時にカード発行手続きが可能となり、速やかにカードを発行できます。

カード発行手続き

アコムのカードは会社側で発行し、郵送による送付を実施する傾向が多くなっています。

しかし、アコムのカード発行手続きはむじんくんでも可能です。

むじんくんを利用する場合は、カードを発行する手続きを端末で実施すればいいだけです。

端末でカード発行手続きを実施すると、最終的にカードを出してくれる場所からアコムのカードが発行されます。

発行されたカードはそのまま利用可能となっていますので、備え付けのATMへ入れればすぐに借りられます。

どうしてもすぐにカードを利用したいと考えているなら、むじんくんへ行ってカード発行手続きを実施してください。

また、インターネットなどの申込みを利用している人も、最終的にはカード発行手続きをむじんくんで利用する方法があります。

カード発行をむじんくんで実施したいと告げておけば、アコム側がカードを発行せずに自動契約機の操作による方法を教えてくれるのです。

すぐにカードを発行したいと思っている人はもちろんのこと、アコムのカードを郵送で送付されると嫌だと思っているなら、むじんくんで発行するように心がけましょう。

むじんくんの営業時間は?

むじんくんの営業時間は9時から21時の間です。

営業時間は有人店舗に比べるとかなり長く設定されています。

その理由は端末さえ操作すれば、簡単にサービスを利用できるからです。

更に土日祝日も営業しています。

友人店舗は土日祝日の営業はしていませんが、むじんくんへ行けば土日祝日でも申込からカード発行の手続きが可能です。

深夜帯以外は使えるのでとても便利な場所と言えるでしょう。

休日の利用も気軽にできる安心感もあるので、急にお金を借りないといけない場合が出てきたときにも対応できます。

むじんくんが利用できない時期もある

メンテナンス等で利用できない時間もあるので、むじんくんが利用できない状況が生まれている場合は気を付けておきましょう。

メンテナンスの場合は端末に利用できない旨が提示されているので、他の日に来店して契約するといいでしょう。

アコムのホームページにもメンテナンスに関連する情報が提示されている場合があるので、アコムのホームページを見ておくと来店する前に把握できるかもしれません。

また年末年始の1月1日だけ利用できない設定にしている場合があるので、アコムのホームページを見て年末年始の利用状況を確認してください。

もし利用できない場合は、自動契約機を他の日程で利用しなければなりません。

1月1日はむじんくんを利用しないように気を付ける他、メンテナンスによって使えない日程が生じている場合があるとしっかり覚えておきましょう。

むじんくんを使う手順

むじんくんは難しい手順を利用するわけではないので、すぐに審査からカード発行手続きまで実施できるでしょう。

ただ、方法を理解しておかないと、端末の操作に時間がかかってしまい、アコム側に不信感を持たれる可能性があります。

アコムとの契約を簡単に実施するためにも、できる限り早く契約できるように心がけましょう。

ここからはむじんくんを利用する手続きを紹介しましょう。

むじんくんに入店し端末を操作する

まずはむじんくんへ入店してください。

入店時に他の人がいないか確認しておきましょう。

既に人が入っている場合は、契約が完了するまで端末は触れませんので、しばらく待たなければなりません。

アコムのむじんくんは、他の人が待機する場所が用意されていないほど小さいところが多く、他の場所で待機するなどの必要もあります。

もし他に利用している人がいると判断された場合は、少し時間を空けてからもう1度来店しましょう。

誰も利用していないようなら、端末の前に座り、端末の操作を実施しましょう。

ここでは新規契約が必要ですので、まずは新規申込の手順を覚えましょう。

本人確認書類を送付する

むじんくんでは自動的に音声が流れており、音声の指示に従って手続きをする方法を採用しています。

まずは本人確認書類を送付するように求めてきます。

先に本人確認書類を送付するのは、アコムのむじんくんでは本人の情報を知ってから契約する情報を入力してもらうからです。

従って本人確認書類を送付しなければ契約できないように設定されています。

まずは送付する本人確認書類を選びましょう。

アコムが本人確認書類として認めている書類は以下の通りです。

アコムの本人確認書類
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 健康保険証+住所が記載された書類1点

以上の書類を提出すれば、アコムは本人確認ができたと判断して次の手続きに進みます。

運転免許証とマイナンバーカード、パスポートは顔写真のついているもので、有効期限を迎えていないものが対象です。

運転免許証は有効期限切れの書類を出しても認められないので注意してください。

健康保険証を提示する場合は、住所が記述されている書類の何かを提出しなければなりません。

住民票や公共料金の支払い明細を提示するといいでしょう。

これらの書類のどれを提出するか選択した後、生年月日を入力します。

生年月日を入力すると、申込受付票というものが用意されていますので、こちらへ記入してください。

備え付けの機械で送付した後、タッチパネル上で携帯電話の番号を入力するように求められます。

携帯電話の番号を入力するのは、本人確認の連絡が必要だからです。

この番号を入力した後、最後に本人確認書類をスキャンして送付します。

オペレーターから電話がかかってくるので対応する

書類を送付すると、オペレーターから連絡がかかってきます。

オペレーターは以下の項目について確認が必要だと告げてきますので、全てしっかり答えてください。

オペレーター伝える項目
  • 勤務先に関連する情報
  • 利用目的
  • 借入希望額の確認
  • 本人確認書類について確認

以上の項目が確認のために聞かれますので、しっかりと問題がないと伝えておきましょう。

勤務先に関連する情報は、在籍確認が必要なので確認を取らなければなりません。

間違った情報を提示すると、その場で審査に落とされる可能性があるので気を付けましょう。

また、利用目的が不適切な場合は審査に落とされてしまいます。

不適切な利用目的を伝えないように気を付けてください。

むじんくんを利用して本人の情報を入力する

本人の情報が確認出来た後、むじんくんで必要な情報を入力していきます。

入力が必要な情報は以下の通りです。

むじんくんに入力する本人情報
  • 居住年数(居住形式も含め)
  • 家賃(賃貸の場合のみ)
  • 他社借入金額
  • 勤務先の種類と職種
  • 入社年月(勤務年数)
  • 雇用形態
  • 月収(税込)
  • 年収(税込)
  • 給料日
  • 希望連絡先(携帯電話を推奨)

以上の情報を入力しなければなりません。

入力する項目が1つでも抜けている場合、次の処理に入れないので気を付けてください。

また、嘘の情報を入力すると審査に落とされてしまうため、間違っても虚偽の記載はしないように心がけてください。

希望する連絡先については、すぐに連絡が取れるメリットを考えて携帯電話を提示するといいでしょう。

自宅の電話を希望すると、自宅に戻らないと連絡が取れない問題が生じるため、すぐに契約できない場合が多いのです。

連絡先は面倒な手順を避けるためにも携帯電話にしてください。

アコムの審査が実施される

アコムの審査がここから実施されます。

在籍確認が同時に実施されるため、会社へ連絡が入ると考えておきましょう。

会社への連絡は個人名義で行われるため、会社はアコムの連絡だと気づきません。

安心して電話が実施されるまで待ちましょう。

審査中はむじんくんから出ないようにしてください。

出てしまうと再度入室できなくなってしまう恐れもあります。

審査完了まではその場で待ち、端末に表示されている利用上の注意点等をしっかり見ておきましょう。

アコムと契約する

審査を通過した後、アコムと契約します。

まずは暗証番号の設定が必要です。

カードの暗証番号を決めないと、アコムのカードが発行されないためです。

暗証番号は簡単なものは避けて、なるべくわかりづらいものを選択してください。

次に郵送物をどのように送付するか決めます。

できれば郵送物は送られないように設定し、アコムを利用していると気づかれないようにしましょう。

再度申込内容の確認をした後、契約書が発行されます。

契約書にサインして送付すると、そのままカード発行されます。

発行されたカードは備え付けのATMを利用すれば借りられる状態にしています。

すぐに借りたい人はATMで借入を実施してください。

むじんくんを使う際の注意点

むじんくんを利用したいと考えている人は、以下の注意点を守るようにしましょう。

むじんくん利用時の注意点
  • むじんくんの内部は監視されている
  • むじんくんの端末トラブルが起きる可能性がある
  • わからない時は電話でしか問い合わせられない
  • 契約完了まで外に出ないこと

以上の注意点を守らないと、契約のミスなどが起きてしまったり、契約できなくなってしまいアコムを利用できない恐れがあります。

間違っても注意点を守らないで契約することは避けましょう。

ここからはむじんくんの注意点について説明します。

むじんくんの内部は監視されている

むじんくんは誰もいないように思われますが、警備の関係で監視されています。

監視されているのは、むじんくん内部で何をしているか見られているということです。

もし悪質な行為をしていた場合、監視していた担当者から危ない人と判断され、契約できない恐れがあります。

むじんくんの内部では、怪しいと思われる行為は取らないようにしてください。

特にむじんくんに危害を加える行為は絶対に避けましょう。

むじんくんの端末トラブルが起きる可能性がある

端末トラブルが発生し、入力した情報が正常に送られていない場合があります。

その場合はアコムの契約が進んでいませんので、アコム側の手続きが進みません。

もし何も進まないようなら、オペレーターに相談するなどの対応をしましょう。

もし端末トラブルと判断された場合は、別の方法で申込をするように求められます。

指示に従い、端末以外の方法での契約も含めて検討しておきましょう。

わからない時は電話でしか問い合わせられない

操作の方法がわからない場合、電話以外の方法で問い合わせはできません。

面倒でも備え付けの電話を利用して連絡を取ってください。

スマホを持っていれば、内部でネットのサイトを見ながら操作する方法もあります。

しかし内部は監視されているため、スマホを見ていると怪しい行為をしていると勘違いされる恐れもあります。

安心して契約まで完了したいなら、スマホを利用するよりも電話で対応したほうがいいでしょう。

契約完了まで外に出ないこと

契約完了前に外に出てしまうと、入室できない恐れがあります。

むじんくんは外に出た時点で内部のロックが解除されてしまいます。

つまり他の人が入室して利用できる場合があるのです。

その結果、個人情報等が見られてしまいます。

更にオペレーターが不審に思ってしまい、審査に落とされる確率も高くなります。

外に出たいと思っている人も、アコムの契約完了まで外に出ないように気を付けてください。

外に出た時点で場合によっては審査に落とされるケースもあります。

むじんくんを使って在籍確認を省く方法はあるの?

むじんくんで契約する際も在籍確認は必須です。

本人がいないので会社の担当者が出て確認が取れれば問題なく審査が完了します。

確認は個人名義で実施されるが不安を感じている方もいるでしょう。

アコムでは在籍確認を省く方法も準備しています。

在籍確認を省くには、会社が電話に出られない余程の理由が必要で、先に説明しないと対応してくれません。

電話に出られない理由を明確に告げられれば、社員証や必要な書類で確認作業が完了します。

送付の方法は端末で本人確認書類等と同じように実施すれば問題なく完了します。

確認されれば在籍確認は実施されず、他の審査が進められます。

なお、書類を提出しても問題があると判断された場合など、在籍確認を実施する場合があります。

急な用事や借入が必要な時はどうする?

むじんくんで契約するには時間がかかります。

大体1時間くらいを目安に考えておくといいでしょう。

しかし、1時間という時間は少し長いように感じるかもしれません。

短時間で契約したいならネットから申込、審査を受けた状態で自動契約機へ行きましょう。

審査を完了させてからむじんくんへ行き、カード発行手続きを実施するだけでカードを手に入れられます。

カードさえ発行できればすぐに借りられるので、どうしても借入が必要な時はネットから申し込む手順を利用してください。

上手に進めば1時間以内で完了しますし、むじんくんには10分程度の滞在でカードを発行できます。

むじんくんと他の消費者金融の契約機に違いはある?

むじんくん以外にも消費者金融の自動契約機は存在します。

他の消費者金融との違いをしっかり理解しておけば、よりむじんくんの使い勝手がいいとわかるかもしれません。

むじんくん以外の自動契約機との比較を表にしましたので、もしよければ参考にしてください。

名称 営業時間 契約機の数 注意点 審査時間 備考
アコム

(むじんくん)

9時~21時 1041台 書類の提出が優先 30分程度
プロミス 9時~21時 940台 書類の提出が優先 最短30分 ※契約機により営業時間が異なります。
アイフル

(契約ルーム)

8時~22時 875台 最初に電話をかける必要がある 30分程度 最初に電話をかける必要があるため手間がかかる
SMBCモビット

(ローン申込機)

8時~21時 362台 申込みの記述が優先 30分程度 四国に自動契約機が存在しない

以上の違いがあります。

一見すると同じような自動契約機を提供していますが、実際にはサービスの質が全く違うのです。

何よりも営業時間ですが、プロミスは営業開始時間が1時間遅くなっています。

SMBCモビットは1時間早く終わってしまうため、夜遅くに利用しづらくなってしまうのです。

また、契約の方法ですが、アイフルは電話を先にしてから書類を提出する面倒な手続きが実施されます。

他の会社は書類の提出や個人情報の入力からスタートできるため、簡単に手続きが可能です。

比較するとアイフルは少し手間がかかってしまう会社と言えるでしょう。

以上の比較を考えると、むじんくんを提供しているアコムが一番利用しやすいと言えるのです。

なお、自動契約機の数は2018年度の数字を採用しているため、現在はさらに減少している可能性が高くなっています。

なぜむじんくんという名称が使われている?

アコムがむじんくんという名称を作り上げたのは無尽という言葉からです。

無尽蔵に借りられる場所というイメージを持たせるためで、間違っても無人から来ているのではありません。

一見すると無人で借りられるというイメージを与えているように感じられますが、そもそもアコムは無人契約機という名称を使わず自動契約機という名称にしています。

理由は保安上の問題で厳密には無人店舗ではなく、監視されている店舗だからです。

従って保安上の関係で、無人で借りられる場所ではないため、無人ではなく無尽という言葉を採用しているのです。

むじんくんは誤ったイメージを与えていたことも

むじんくんを覚えてもらうためにCM用の歌を作ったことがあります。

主に90年代中期に利用されていたCMで多く流れていました。

歌を作ったことは成功し、アコムのむじんくんは知名度が急上昇しました。

しかし子供に誤ったイメージを与えたためクレームが入る問題が多くなりました。

クレームに対処したアコムは、すぐに歌を利用したCMを終了し、むじんくんをベースとした宣伝は終了しました。

その後消費者金融全体の規制によりCMのイメージは一気に変えられてしまいました。

現在では不適切なCMは放送できなくなり、規制された範囲内でCMを作り、イメージアップを図ることとなりました。

アコムのCMの女優は誰?歴代のアコムCM女優もご紹介!
消費者金融と聞くと、闇金ウシジマくんとミナミの帝王とかのイメージがあって、なんだかちょっと怖いイメージが強いですよね。 お金を借りるということ自体、そのようなネガティブなイメージがつきものになっていると思います。 最近は消費者金...

むじんくんを使って安定した借入を実現しよう

むじんくんは契約しやすいメリットを持っているほか、様々な手続きが可能です。

便利な手続きが色々とできるため、むじんくんの使い方などを覚えておけば契約も楽になるでしょう。

これからアコムを利用する方も、現時点でアコムを利用している方も、むじんくんの使い方や手続きの方法を覚えて、必要な時には来店して手続きをしてみましょう。

アコムには2種類の店舗あり!ATMなどの利用を検討するならどこへ行くべき?
アコムは店舗を全国展開しています。 全国で展開されている店舗では、借入の契約ができるほか、担当者との相談で契約条件等を話し合うことも可能です。 また、店舗の中には有人店舗があり、担当者に直接申込や借入に関連する手続きを実施できま...
アコムの審査は甘いのか?審査基準や落とされる理由を解説!
アコムのカードローンを利用するとなると、アコムが定める審査に通過しなくてはなりません。 ここで気になるのが、アコムの審査難易度ですよね。審査は甘いのか厳しいのか。 また審査に通過するには、審査に通過するコツなどを駆使することが大...