アコムの審査は甘い・ゆるいのか?審査基準や落とされる理由を解説!

アコム,審査 アコム

アコムのカードローンを利用するとなると、アコムが定める審査に通過しなくてはなりません。

ここで気になるのが、アコムの審査難易度ですよね。審査は甘いのか厳しいのか。

また審査に通過するには、審査に通過するコツなどを駆使することが大切です。

そこで今回は、大手消費者金融のアコムの審査について徹底的に解説をしていきます。

「アコムの審査に通過したい」「アコムの審査ではどういうポイントを審査されるのか知りたい」

そんなかたは、ぜひ今回の記事をチェックしてみてください。

この記事で分かること

  • アコムの審査難易度はゆるい・甘いのか
  • アコムの審査時にチェックされる項目とは
  • アコムで審査落ちとなりやすい特徴とは
  • アコムの審査の通過率を上げるコツは

C監修 FP 飯田道子
ファイナンシャル・プランナー(CFP)、海外生活ジャーナリスト。
金融機関勤務を経て96年FP資格を取得。現在は各種相談業務やセミナー講師、執筆活動などをおこなっている。海外移住にも対応しており、特にカナダや韓国への移住相談や金融・保険情報を得意としている。趣味が高じてスキーやスキューバーダイビングのインストラクターも経験。現在は、数秘&カラーの上級トレーナーとしての顔も持つ。

アコム
アコム
おすすめポイント
  • はじめての方は30日間無利息!
  • 最短30分での審査回答が可!
  • 借入が可能かスグ分かる「3秒診断」機能あり
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
1~800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短即日
公式サイトはこちら
  1. アコムの審査はゆるい・甘いのか?
    1. アコムの審査通過率は41.5%
    2. そもそも申し込み条件を満たす必要がある
      1. 安定した収入?
      2. アコムが初めてじゃない人は?
  2. アコムの審査時にチェックされる項目は
    1. 提示した年収
    2. 提示した勤務年数
    3. 雇用形態
    4. 他社借入の有無
    5. 在籍確認の可否
    6. 過去にアコムを利用している状況
    7. アコムが保証会社を担当しているカードローンの利用状況
    8. 希望している限度額
    9. 総量規制に関連する問題
  3. アコムの審査申し込みから融資の流れは?
    1. アコムの審査申し込み方法は?
      1. アコムの審査申し込みならネットがカンタン
    2. アコムの審査結果の通知方法は?
    3. アコムのカード受け取り
    4. アコムの審査時間は?
  4. アコムの審査で周りにバレるリスクは?
    1. 郵送物は希望しなければ届かない
    2. 在籍確認の電話も配慮してくれる
  5. アコムの審査に落ちやすい人の特徴は?
    1. 収入が不足している
    2. 勤務年数が不足している
    3. 雇用形態が安定していない
    4. 他社借入額が総量規制を超えている
    5. 他社借入件数が多すぎる
    6. 在籍確認が取れなかった
    7. 過去にアコムを利用してトラブルを起こしていた
    8. アコムの審査に何度も落とされた
    9. アコムが保証会社を担当するカードローンでトラブルを起こした
    10. 信用情報に重要な問題がある
    11. 限度額があまりにも多すぎる
  6. アコムの審査に通過しやすくするコツ5つ
    1. コツ①借入希望額は少なめにして申し込む
    2. コツ②在籍確認の対策を行っておく
    3. コツ③審査時に虚偽の申告をしない
    4. コツ④他者で借入がある場合は整理をしておく
    5. コツ⑤複数のカードローンに同時に申し込みを行わない
  7. アコムACマスターカードの審査は?
    1. アコムACマスターカードとは
    2. アコムACマスターカードの作り方
  8. アコムの審査申し込みを利用した人のクチコミとは?
  9. アコムの審査と他社カードローンを比較してみる
    1. 審査は?
    2. 金利は?
    3. 融資までのスピードは?
    4. 無利息期間は?
  10. アコムの審査についてよくある質問
    1. Q.アコムの審査は甘い・ゆるい?
    2. Q.アコムの審査に落ちたらどうする?
    3. Q.アコムの審査にかかる時間は?
    4. Q.アコムの審査で用意するものは?
  11. アコムの概要
    1. アコムのメリット・デメリット
      1. アコムのメリット
      2. アコムのデメリット
  12. アコムの審査基準は消費者金融では厳しい!対策をしっかり練ろう

アコムの審査はゆるい・甘いのか?

アコムの審査難易度をチェックしていきましょう。アコムの審査は甘いのでしょうか。

結論から申しますと、アコムの審査難易度は、普通です。

一般的にカードローンの審査難易度が、金融機関ごとに段階があります。

それでは、金融機関ごとに審査難易度をチェックしていきましょう。上から審査の厳しい順に紹介します。

  1. 銀行系カードローン
  2. 大手消費者金融
  3. 中小消費者金融

一般的に銀行が提供している銀行系かドローンの審査が一番厳しいとされています。

大手消費者金融のアコムは、銀行系カードローンに比べると審査が甘い傾向にありますが、中小消費者金融と比べると審査が厳しい傾向にあります。

そのためアコムの審査難易度は普通であると言えます。

アコムの審査通過率は41.5%

消費者金融審査通過率(2021/10)
アコム41.5%
アイフル33.9%
プロミス40.3%

(引用:アコム「マンスリーレポート」)

アコムの審査通過率は41.5%です。

半分以下と聞くと、かなり厳しいようにも感じますが、それでも大手の中では高い通過率を誇ります。

もちろん時期によっては前後することもありますが、アコムの審査通過率は40%くらいが平均です。

10人に4人は審査に通りますから、狭き門というわけではありません。

そもそも申し込み条件を満たす必要がある

アコムは誰でも申し込めるわけではありません。

申し込みができる条件が定められています。

アコムの申し込み条件
  • 20~69歳
  • 安定した収入
  • アコムの利用が初めて

上記を満たしていなければ申し込んでも審査に落ちてしまいます。

審査に落ちればその記録は残ってしまいますから、ステータスを下げないためにもむやみに申し込まないようにしましょう。

安定した収入?

安定した収入と申し込み条件に記載されていますが、パートやアルバイトの方でも問題はありません。

どちらかといえば、正社員でも転職を繰り返している人などは要注意。

毎月きちんと返済できる人をアコムは求めています。

アコムが初めてじゃない人は?

申し込み条件にアコムの利用が初めて、とありますが別に2回目だともう使えないわけではありません。

過去にアコムと取引があった方は、アコム総合カードローンデスクに電話しましょう。

オペレーターの指示に従って手続きを進めてください。

アコム総合カードローンデスク
0120-629-215

アコムの審査時にチェックされる項目は

アコムが審査をしている項目は多数ありますが、その中でも審査に大きく影響している項目は以下の通りです。

アコムの審査項目
  • 提示した年収
  • 提示した勤務年数
  • 雇用形態
  • 他社借入の有無
  • 在籍確認の可否
  • 過去にアコムを利用している状況
  • アコムが保証会社を担当しているカードローンの利用状況
  • 希望している限度額
  • 総量規制に関連する問題

以上の項目を審査して、最終的に問題がなければお金を借りられます。

何らかの問題が起きており、お金を貸せないと判断された場合は審査に落とされてしまいます。

全ての項目をしっかり確認し、問題なく借りられる状況を作ったほうがいいでしょう。

ここからは審査項目について詳しく説明します。

提示した年収

重要な項目の1つが提示した年収です。

提示する年収は昨年度の年収であり、現時点での年収ではありません。

間違って今年の見込み年収を提示しないように注意してください。

年収額が多ければ多いほど、審査を通過できる可能性は高くなります。

一方で年収額が不足している場合、限度額を下げない限りアコムは審査を通過させてくれません。

場合によっては最低限度に近い10万円程度の限度額しか得られない場合があります。

しかし、アコムとしては年収をあまり持っていない人には多くの借入はさせたくないのです。

多くの年収を持っていて、返済能力がしっかり確保されている人にはお金を貸すようにしているのです。

年収を多く確保しないと大きな借入ができないどころか、審査に落とされる可能性もあると考えてください。

なお、年収額が足りない場合は、限度額を調整すれば審査を通過できる場合もあります。

提示した勤務年数

提示した勤務年数によって判断が分かれます。

勤務年数は同じ仕事を何年続けているかを示す情報です。

同じ仕事を長く続けていない場合、アコムは信用が得られないと判断し、審査に落とす場合もあります。

特に半年以内の勤務年数しか持っていない人は注意してください。

1年以上の年数があれば、ほぼ審査に影響はありません。

より高い信用を得たいと考えているなら、最低でも2年程度の勤務年数は確保しておきましょう。

雇用形態

雇用形態は審査に大きく影響しています。

雇用形態というのは正社員か非正規雇用なのかを判断するために記載しなければなりません。

正社員の人は審査を通過できる可能性は高くなります。

理由は安定した収入を確保できると判断されるためです。

一方で非正規雇用の場合は審査に落とされる可能性が出てくるので注意してください。

必ずしも正社員でなければアコムの審査を通過できるわけではありませんが、審査を通過したいなら雇用形態にも気を付けておきましょう。

なお、個人事業主のように仕事をしている情報がわかりづらい職業の場合、正しい情報を提示しないと審査に大きく影響してしまいます。

仕事の情報や収入など、安定して仕事ができていると判断される情報をしっかり提示しておきましょう。

他社借入の有無

お金を借りている情報はアコムにとってあまりいいものではありません。

アコムにとって他社借入というのは、返済能力が失われている証拠として扱われるのです。

更に他社の返済が優先されることで、アコムの返済ができないのではないかと考える場合もあります。

従ってアコムにとって、他社借入というのは非常に厄介な問題なのです。

他社借入に関連する情報は、必ず提示しなければなりません。

提示しない場合は、虚偽の記載をしていると判断される場合があります。

忘れていたという考えは持たないようにして、確実に審査を通過できるように他社借入を示すようにしましょう。

なお他社借入は金額までしっかり記述しないと審査に影響します。

金額を確認してから記載するように心がけてください。

在籍確認の可否

アコムでは在籍確認によって本当に仕事をしているか判断しています。

在籍確認は大半の会社が採用している勤務先への確認と考えてください。

勤務先が本当に仕事をしているのか判断するほか、在籍して仕事をしているか判断するために電話を入れます。

電話で本人が在籍していると確認できれば、問題なく審査は通過できます。

一方で在籍している情報が得られなかった場合、もしくは会社側が電話に出てくれないなどの問題が起きた場合、審査を通過できない場合が多くなります。

電話に出られる状況をしっかり確認しておきましょう。

また、アコムは在籍確認の電話を回避する方法も準備しています。

どうしても電話に出られない問題が起きている時は、アコムに相談して電話以外の方法で対処してもらいましょう。

過去にアコムを利用している状況

過去にアコムを利用して解約している場合、アコムを利用している情報が会社に残されています。

アコムを利用している状況は審査に大きく影響するため、過去に利用している人は気を付けてください。

過去にアコムを正しく利用して、必要ないので解約した場合は、悪い情報が残されていないので審査に影響はありません。

一方でアコム側から強制的に解約されている場合は、アコムを利用している状況が著しく悪い状態と判断され、審査に大きな影響を及ぼします。

過去に利用している状況を思い出してから、アコムの審査を受けてください。

なお、アコムの利用状況が審査に影響するのは悪い場合だけで、いい情報が残されている場合は特に影響なく審査が進みます。

アコムが保証会社を担当しているカードローンの利用状況

アコムは保証会社として審査を実施するカードローンも多数あります。

アコムは消費者金融としてお金を貸すのが主な役割ですが、他にも銀行カードローンの保証会社として審査を担当し、銀行側に保証できると説明する役割もあります。

保証会社として活躍するアコムは、銀行カードローンの審査情報も残しており、悪い情報を持っているユーザーは把握しています。

もしアコムが保証会社を担当する銀行カードローンを利用している場合、利用している状況によってはアコムの審査に影響かもしれません。

具体的には、アコムが保証会社の銀行カードローンで返済していない場合や、強制的に解約される状況が作られると審査にかなり影響します。

また、保証会社として審査をしたアコムに保証できないと判断された場合も、アコムの審査に影響する場合があります。

アコムの審査に影響しないように心がけるなら、できる限りアコムが保証会社を担当するカードローンは避けたほうがいいでしょう。

なお、保証会社として審査をした際に問題がなければ、アコムの審査ではプラスに働く場合もあります。

希望している限度額

アコムが希望している限度額がどれくらいなのかを判断し、最終的に審査を通過させてもいいか判断します。

限度額はアコムでは800万円を上限として希望できますが、最終的に設定される限度額は収入や他社借入によって制限されます。

限度額が高ければ高いほど審査の難易度は高くなり、場合によっては審査を通過できない恐れがあります。

一方で限度額を最小限に設定すると、必要な返済能力が大幅に下がるため、低収入者でも審査を通過できる可能性があります。

審査を通過するなら限度額を引き下げたほうがアコムを利用しやすいのです。

ただ、必要な限度額がどれくらいか自分で考えておかないと、予想以上に高い限度額を希望する場合があります。

あまり高い限度額を希望しないように気を付けてください。

総量規制に関連する問題

総量規制は借入を制限させるために設けた法律で、年収の3分の1以上は借りられなくなります。

以前は銀行カードローンは無制限としていましたが、ここ最近は銀行側が自主規制を実施したため、銀行でも総量規制に近い対応が取られています。

アコムは消費者金融ですので、総量規制は必ず適用されます。

総量規制を超える借入は絶対にできません。

仮にアコムに申し込んだ場合でも、この限度額は無理だと判断され、審査に落とされる場合があります。

また、総量規制を超える借入の場合、審査を通過できる場合でも限度額が大幅に引き下げられる可能性もあります。

審査を通過するなら、総量規制のルールをしっかり理解すると同時に、アコムは消費者金融で総量規制が影響する会社だと考えておきましょう。

アコムの審査申し込みから融資の流れは?

アコムの審査基準は分かったけど、申し込みから実際にお金を借りるまではどのように進められていくのかが知りたい

アコムの審査申し込みは、どのようなステップで進められ行くのでしょうか。

よりスムーズに審査う通過を目指すのであれば、審査のステップをあらかじめ把握しておき、事前に準備をしておくことが大切です。

アコムの審査の流れをチェックしていきましょう。

アコムの審査ステップ
  1. 公式サイトから申し込み
  2. 必要書類の提出
  3. 審査担当者による審査スタート
  4. 在籍確認
  5. 審査結果の通知
  6. 契約手続き
  7. カード受け取り
  8. 借入

申し込みスタート時の方法にはネットの他にも方法がありますが、申し込みの流れは上記のステップで進められていきます。

細かいポイントを解説していきます。

アコムの審査申し込み方法は?

アコムの審査の申し込み方法には、下記の4種類があります。

  • インターネット
  • 電話
  • 店頭
  • 自動契約機

都合のいい申し込み方法で申し込みを行うことが可能です。

アコムの審査申し込みならネットがカンタン

アコムでは電話や店頭窓口などの申し込み方法がありますが、おススメはスマホやパソコンなどのインターネットからの申し込みです。

店頭や自動契約機の場合、近くにアコムの店頭が無いと不便です。

その点インターネット申し込みでは、全てネット上で申し込み・手続きが完了できるため、わざわざ店頭に来店する必要がありません。

忙しい方でもスマホやパソコンで申し込みが完結するため、簡単に進めていくことができます。

アコムの審査結果の通知方法は?

アコムの審査では在籍確認の後に審査結果が通知される流れとなっています。

それでは審査結果はどのように通知が行われるのでしょうか。

アコムでは、メールか電話にて審査結果が通知されます。

アコムのカード受け取り

審査通過後、アコムでは融資のためにローンカードの受け取りを行う必要があります。

そのため、カードの受け取り方法を選択する必要があります。

受け取り方法としては、郵送もしくは自動契約機での受け取りとなります。

アコムの審査時間は?

アコムの審査には、どのくらいの時間がかかるのでしょうか。

アコムでは、審査時間は最短30分、融資までは最短即日融資に対応しています。

アコムの審査で周りにバレるリスクは?

お金を借りる時に気になるのは、周りにバレてしまわないかどうかです。

知人に知られないか心配になってしまいますが、アコムでは基本的にバレないような配慮が行き届いています。

周りにバレるリスクは低いといえるでしょう。

もちろん自分でも気を付ける必要はありますよ。

郵送物は希望しなければ届かない

カードローンによっては、契約後ローンカードが郵送されてくることがあります。

差出人の名前によってはバレますし、そもそも郵送物が来た時点で怪しまれてしまう可能性も…。

アコムでは、契約時に「郵送での契約」を希望しないかぎり郵送物が届くことはありません。

WEB上で手続きを完結させられるのです。

また自動契約機でローンカードを受け取ることもできますよ。

在籍確認の電話も配慮してくれる

審査においてバレるリスクが高いのは、在籍確認の電話です。

消費者金融が職場に電話をかけてくるわけですから、当事者としては気が気じゃないですよね。

アコムでは社名を出すことなく、あくまでも担当者の個人名で電話をかけています。

つまり自分以外の人が電話に出たとしても、バレることはないわけですね。

もちろん普段自分あての電話が来ない人は怪しまれてしまう可能性があります。

銀行の口座開設をしたなど、上手い言い訳を考えておきましょう。

アコムの審査に落ちやすい人の特徴は?

アコムの審査に落とされる人の特徴は多数ありますが、その中でも比較的発生しやすい事例について説明します。

実際にアコムの審査に落とされる人の特徴は以下の通りです。

アコムの審査に落ちる特徴
  • 収入が不足している
  • 勤務年数が不足している
  • 雇用形態が安定していない
  • 他社借入額が総量規制を超えている
  • 他社借入件数が多すぎる
  • 在籍確認が取れなかった
  • 過去にアコムを利用してトラブルを起こしていた
  • アコムの審査に何度も落とされた
  • アコムが保証会社を担当するカードローンでトラブルを起こした
  • 信用情報に重要な問題がある
  • 限度額があまりにも多すぎる

以上のケースに当てはまる場合、審査に落とされる可能性が高くなります。

中には100%の確率で審査に落とされる項目もあるので気を付けておきましょう。

しっかり対策をして、確実にアコムを利用できる状況を作りましょう。

ここからは審査に落とされる人の特徴を詳しく解説します。

収入が不足している

アコムを利用するための収入が不足していると審査に落とされてしまいます。

審査に落とされる収入は、希望している限度額によって変わります。

高い限度額を希望した場合は、相当高い年収を確保しない限り審査に落とされてしまいます。

一方で低い限度額を希望している場合、余程収入を持っていない場合を除けば審査に落とされる可能性は低くなります。

なるべく高い限度額を希望するなら、高い収入を確保したほうがいいでしょう。

なお、無収入者は絶対に審査落ちを受けてしまいます。

収入を持っていない人は返済能力がないと判断されるからです。

収入を持っていないのにアコムの審査を受けないように注意してください。

勤務年数が不足している

勤務年数はアコムが信用して返済できるかと判断するために必要な情報です。

勤務年数が1年未満と判断された場合は審査に落とされる可能性があります。

半年を超えていない場合はほぼ審査に落とされてしまうので、半年以上の勤務状況は確保してください。

また、専業主婦と無職は審査に落とされてしまいます。

仕事をしていない人は、消費者金融の借入ができないからです。

アコムは消費者金融ですので、仕事をしていない人にお金を貸せる状況は作ってくれません。

どうしてもアコムから借りたいと考えているなら、最低でも半年以上の仕事をするように心がけてください。

雇用形態が安定していない

雇用形態が安定していない場合、審査に落とされてしまいます。

安定した雇用形態というのは、フルタイムの直接雇用の社員である、正社員のような人です。

一方で雇用期間が制限されている期間工の場合、雇用が安定していると判断されない場合が多く、審査に落とされてしまいます。

また、アルバイトの場合、働いている年数が短いと審査に落とされてしまいます。

アコムは働いている年数が足りないと判断される場合、お金を貸すメリットがないと判断して審査に落としてしまうのです。

アルバイトの人は長く仕事をするように心がけ、ある程度信用させるまでは審査を受けないようにしましょう。

他社借入額が総量規制を超えている

他社借入額が総量規制を超えている場合、アコムは総量規制のルールに従って審査に落としてしまいます。

アコムは消費者金融としてサービスを提供する以上、総量規制のルールを破ってお金を貸すわけにはいきません。

もし総量規制のルールを破って貸していた場合、アコムが罰則を受けてしまいます。

アコムが罰則を受けると信用が大きく失われ、場合によっては消費者金融として経営を続けられなくなります。

こうした信用を失う問題を避けるため、他社借入が総量規制を超える数字だと判断した段階で審査に落としてしまいます。

審査に落とされたくない場合は、他社借入を持っていたとしても総量規制を超える状況を作らないようにしましょう。

年収の3分の1以上に達している借入があるなら、まずは返済して基準以下に借入額を抑える必要があります。

他社借入件数が多すぎる

仮に総量規制を超える借入をしていなかった場合でも、他社借入件数が多すぎる場合は審査に落とされてしまいます。

アコムは他社借入金額が多すぎる場合も審査に落としてしまいますが、他社借入件数が多すぎる場合も返済されないと判断して審査に落とします。

具体的には4件以上の借入を持っていると審査に落とされてしまいます。

アコムは3件までなら借入先や金額次第で審査を通過させてくれますが、4件以上に達するとこれ以上は審査を通過できないと判断します。

複数から借り入れがあるということは、当然のことながら、借入総額も大きくなります。

また、借り入れ件数が3件以下であっても、借入総額が大きいときには審査に通ることは難しくなってしまいます。

在籍確認が取れなかった

在籍確認をしても本人が在籍していないと告げられた場合、アコムは在籍確認が取れないと判断して審査に落としてしまいます。

アコムとしては、会社に所属しているという前提でお金を貸すようにします。

しかし、在籍確認をしても本人が在籍していないと告げられてしまえば、お金を貸すリスクが高すぎると判断するのです。

従って在籍確認が取れない場合は審査に落としてしまうのです。

また、在籍確認の電話を入れても会社側が出てくれないなど、電話に出ない期間が長すぎる場合も審査に落とされてしまいます。

電話に出られない期間が長い場合は、アコムに問い合わせて書類による確認に切り替えてください。

どうしても電話に出られない理由を告げれば、アコム側がしっかり対処してくれます。

過去にアコムを利用してトラブルを起こしていた

過去にアコムを利用していた経験はあるものの、トラブルを起こしてアコムから強制的に解約されていた場合は審査に落とされてしまいます。

アコムはトラブルを起こすユーザーをとにかく嫌っており、問題を起こしたユーザーは徹底的に排除する方針を取っています。

特に過去にアコムを利用しているユーザーの中で、以下の状況に該当する人は審査を通過できません。

アコムにログインできない理由
  • 返済していなかった
  • 債務整理で強制的に借金を減額した
  • アコムの連絡に応じなかった
  • アコムと裁判をした
  • 大きな過払い金請求をした

以上の理由に該当する場合は、アコムの信用を大きく失っているほか、アコム側がブラックリストに掲載しているために審査を通過できません。

過去に問題を起こしていると思っているなら、アコムの審査は受けないほうがいいでしょう。

なお、債務整理の場合は他社も含めて審査に落とされてしまいます。

借金減額は一時的なメリットはあるものの、将来的には借りられない期間が長いなどのデメリットもあるので、慎重に考えて実施したほうがいいでしょう。

また、アコムと裁判をすると今後一切借りられない可能性が高くなります。

余程のことがなければアコムに過払い金を請求する裁判は避けたほうがいいかもしれません。

アコムの審査に何度も落とされた

過去にアコムの審査に何度も落とされていると、アコムは信用できないと判断して審査をしません。

審査に何度も落とされている人を審査するのは、アコムにとって時間の無駄なのです。

更に、何度も申込みをして審査を要求しているのは、アコムにとって迷惑行為だと判断されています。

従ってアコムの審査に何度も落とされている場合、審査を通過できないどころか審査すら実施されず、審査落ちの連絡を受けてしまうのです。

更にブラックリストに掲載される可能性が高く、最悪の場合はアコムを二度と利用できなくなります。

アコムとの間で問題を起こし、今後借入ができなくなるのは避けたほうがいいでしょう。

何度も審査を受けるのではなく、審査を受けるタイミングをしっかり考えるなどの対策を取り、アコムの審査を通過できるようにしましょう。

アコムが保証会社を担当するカードローンでトラブルを起こした

アコムが保証会社を担当しているカードローンでトラブルを起こした場合も、アコムの審査に落とされてしまいます。

一見すると他社カードローンのトラブルは影響がないように思われますが、実は違います。

アコムが保証会社を担当していたカードローンの場合、トラブルが起きた場合はアコム側にも情報が通知されているのです。

その結果、アコムはこのユーザーにはお金を貸せないと判断し、申込みを断って審査に落としてしまうのです。

他社のカードローンだったとしても、アコムが保証会社を担当している場合は注意したほうがいいでしょう。

なお、トラブルは信用情報を悪化させる原因です。

仮にアコムが保証会社を担当していなかった場合でも審査に影響する場合があります。

信用情報に重要な問題がある

信用情報に重大な問題が多く残されており、審査を通過できないと判断される場合があります。

信用情報に残されている重大な情報は以下の通りです。

信用情報の重大な問題
  • 他社借入を返済していない
  • 他社借入の減額をしている
  • 審査落ちを繰り返している

以上の情報が残されていると、アコムの審査は通過できません。

他社借入に関連する情報は、アコムにとって返済されないリスクを増やすだけで、信用できないと判断される可能性が高いのです。

審査落ちを繰り返している場合も、審査を通過させられないと判断される要因が増えるだけなので、アコムとしてはお金を貸す判断をしてくれません。

審査落ちなどを受けないように、しっかりと対策をしてから審査を受けるように心がけてください。

限度額があまりにも多すぎる

希望している限度額が大きすぎる場合、総量規制を超える借入と判断されて審査に落とされてしまいます。

限度額の数字は総量規制で借りられる限界までに制限されています。

希望している限度額が総量規制の数字を超えていると、限度額を訂正するか審査に落とされてしまうのです。

基本的に少額のオーバーであれば訂正され、明らかにオーバーしていると判断される場合は審査に落とされます。

つまり高い限度額を希望した場合は、審査に落とされる可能性が高くなるのです。

収入不足の人はあまり高い限度額を希望しないほうがいいでしょう。

アコムの審査に通過しやすくするコツ5つ

ここまでは、アコムの審査に落ちてしまいやすい人の特徴をご紹介してまいりました。

しかしより審査の通過率を上げるには、審査に落ちやすい特徴を把握して対策を練った上で、審査に通りやすくするコツを駆使することが大切です。

そこでここでは、アコムの審査に通過するためのコツをご紹介していきます。

アコムの審査に通過しやすくするコツ5つ
  1. 借入希望額は少なめにして申し込む
  2. 在籍確認の対策を行っておく
  3. 審査時に虚偽の申告をしない
  4. 他者で借入がある場合は整理をしておく
  5. 複数のカードローンに同時に申し込みを行わない

各コツをもう少し詳しく解説していきます。

コツ①借入希望額は少なめにして申し込む

確実にアコムの審査に通過したいのであれば、借入希望額は少なめ・必要最低限にして申し込みを行いましょう。

審査担当者としては、融資額が高額になればなるほど、返済が滞るリスクが高まります。一回の返済額が高額になってしまい、返済が困難になってしまうためです。

しかし借入希望額が少ないと、借入希望額が少なめであれば月の返済額も高額にならず、滞納されるリスクは下がります。

そのため借入金額が少ない方が、審査担当者としても融資を行うリスクが少ないです。

確実に審査に通過したいときは、借入希望額を最低限にとどめましょう。

コツ②在籍確認の対策を行っておく

アコムの審査に通過するには、審査の最終段階に行われる在籍確認をクリアしないといけません。

そのため在籍確認の対策を行いましょう。

在籍確認はアコムの審査の中でも最終項目のようなものです。

ここを通過できないと審査に通過できません。

アコムの在籍確認では、審査担当者の個人名で電話が掛けられるため、勤務先に電話がかかってきても同僚にバレてしまう心配はありません。

在籍確認が無いカードローンを利用したい場合は、下記の記事をチェックしてみて下さい。

コツ③審査時に虚偽の申告をしない

アコムの審査に通過したいからと、情報を盛るなどを行い、虚偽の申告を行うことは絶対に控えましょう。

アコムの審査では、利用者に返済能力があるかどうかを判断するために給与額などを審査を行いますが、それと同じくらい利用者の信用力も厳しくチェックを行います。

信用力とは、これまでのキャッシングの利用状況が保管されている信用情報でも判断されますが、単純に利用の中でもごまかしたり嘘をついたりしないか?なども、審査時に厳しくチェックを行います。

審査では、申告された情報に相違が無いかを信用情報や提出された書類などを元に整合性も厳しくチェックが行われます。

そのため虚偽の申告を行うことは絶対にやめましょう。

コツ④他者で借入がある場合は整理をしておく

アコムの審査申し込み時に、すでに他社での借り入れがある場合は自分の債務状況の整理を行いましょう。

すでに3件以上借入先があると、審査通過の難易度が上がってしまいます。

また4件以上ある場合は、アコムでの審査に通過することはできません。

そのため借入件数が多い人は、下記の対策を行い、審査通過率を高めましょう

  • 1社でも完済を済ませる
  • 借入先を減らしておく
  • 借入総額を減らす
  • プチおまとめをおこない借入件数を減らす

コツ⑤複数のカードローンに同時に申し込みを行わない

もしもアコムの審査に落ちてしまったら困るから、消費者金融をいくつか同時に申し込みを行っておこう…。

このように複数のカードローンを同時に申し込むことは絶対にやめましょう。

複数の商品に同時に申し込みを行うと、申し込みブラックとなってしまいます。

ローンの利用状況は、信用情報機関にその記録が残るようになっています。

審査時には利用者にローンの利用の中で問題が無いか確認するために、信用情報の照会を行います。

実は信用情報では、利用状況だけではなく申し込み状況も確認できるようになっているのです。

カードローンでは特に総量規制を超えてでの融資を行ってしまうと、融資を行ったローン会社側にペナルティが課されてしまいます。同時の申し込みがあると、審査に通過させた際に総量規制を超えてしまう可能性があるのです。

そういったことを未然に防ぐために、同時申し込みが発覚した時点で審査落ちされるようになっています。

申し込みブラックになると半年間はその状態が続くため、新規のカードローンの申し込みが出来なくなるのです。

同時に複数の申し込みを行うことは絶対にやめましょう。

アコムACマスターカードの審査は?

アコムでは、「アコムACマスターカード」というクレジットカードを発行できます。

アコムACマスターカードの発行でも審査は行われ、通過すれば利用できるようになります。

審査は最短30分、公式ホームページで事前の3秒診断も可能です。

申し込み条件は、20~69歳であること・安定した収入があることとなっています。

最短即日発行できますよ。

アコムACマスターカードとは

ACマスターカード

年会費なし
国際ブランドMastercard
申込資格満20歳以上で安定した収入のある人
手数料ショッピング:10.0%~14.6%
キャッシング:3.0%~18.0%
利用限度額ショッピング:最大300万円
ショッピング+キャッシング:最大800万円
締め日・支払日①20日締め・翌月6日払い、②35日ごと、③毎月指定日
還元率0.25%(毎月利用金額の0.25%が自動でキャッシュバック)
家族カード・ETCカードなし
各種保険なし

アコムACマスターカードは、クレジットカードとしての機能だけでなくローンカードの機能もあります。

見た目はシンプルなクレジットカードですから、周りの目を気にすることなく利用できますね。

年会費は無料ですし、パート・アルバイトの方でもOKと使いやすいカードです。

海外でも利用できるクレジットカードですよ。

\最短即日発行!/

アコムACマスターカードの作り方

アコムACマスターカードを作るまでの流れは以下の通りです。

アコムACマスターカードの作り方
  1. WEBから申し込み
  2. 審査
  3. カード受け取り

審査は最短30分、即日発行も可能です。

またカードの受け取り方法は、自動契約機・郵送の2パターン用意されています。

即日受け取りなら、自動契約機での受け取りを選びましょう。

アコムの審査申し込みを利用した人のクチコミとは?

ここまではアコムの審査に落ちてしまう人の特徴や、審査通過率を上げる為のコツをご紹介してまいりました。

しかし、実際に利用した人の口コミなども気になりますよね。

そこでここからは、実際にアコムの審査申し込みを行った人の口コミをご紹介してまいります。

初めてキャッシングを利用したのですが、なにをどうすればいいのか、金利もイマイチ分からないし、困り果てていました。

そこでとりあえずCMでも初めてのアコムっていってるし、アコムを利用することに。

電話で問い合わせて相談してみたのですが、ていねいに対応して貰えました。

なんとなく不安を抱えたままお金を借りるよりも、しっかりと話を聞いて納得して借り入れをりようできたので満足しています。

また初めての利用であれば30日間は金利がかからないらしいので、これもお得に借り入れを利用することができてありがたいです。

30代・女性・5万

ちょっといろいろ出費が重なってしまったときに、生活費の補填として利用しました。

特にサラ金にこだわりもなく、どこも金利が同じような感じだったので、とりあえずアコムともう一社に電話してみて、直感で決めることに(一気に二つ申しこんで審査が早い方に…と思ったら、それはそれでブラック状態になってしまうらしい)

一社目は他のところに電話をかけたのですが、なかなかつながらず、繋がってもふわっとした回答しかもらえなかったので、聞きたいことが解決せずに終わりました。

アコムも同じ感じかな~と思ったのですが、電話が繋がらないなんてこともなく、スムーズに進みました。電話口の人の感じもいい感じです。一社目がそんな感じだから良く感じただけかもしれませんがw

審査も早い。最短30分って謳っているけど、だいたいそのくらいで来たかと。ただこれは自分がいかに書類などをスムーズに出せるかが重要なのかもしれないですwまあ総合的に満足

30代・男性・3万

アコムで10万かりました。

とにかくすぐに借りられるところを探していて、審査30分って書いてあたのでアコムにしました。

結構早かったと思います。バタバタしていたので正確な時間は忘れたけど。

あとごちゃごちゃしていなくてシンプルなので、単純に使いやすい。色々付帯のサービスがついているよりは、必要なものが最低限揃っている方がいい。正直すぐに借りたいだけなのでなんとかポイントとかはいらない。

まあ最初借りる分には文句なし。初回は金利おまけサービスもあるしね。

30代・男性・10万

特に難しくもなくかんたんにできた。以前プロ〇スで借りたときはなにかと面倒な項目が多く、大変だったので、ありがたい。

自分は昼頃申しこんで、15時過ぎには自動契約機でカードの受け取りができたと思う。他のサービスはカードレスもできるから、この辺は昔ながらだなと感じる。店舗に入っていくところを見られたくないという人は郵送も出来るけど、郵送物が届くのが嫌という人は取りに行くしかない。もしくは口座振り込みという手もあり。

30代・男性・未回答

アコムの審査と他社カードローンを比較してみる

アコムと他社カードローンを比較してみましょう。

比較するポイントは、審査・金利・融資スピード・無利息期間の4つです。

審査は?

大手消費者金融であれば、審査のスピードに大差はありません。

最短30分で対応してくれます。

審査難易度も、通過率から考えてそこまで大きな違いはないといえるでしょう。

銀行カードローンは、アコムよりも審査は厳しめです。

金利は?

アコムプロミスアイフルレイクALSASMBCモビット
金利3.0%~18.0%4.5%~17.8%3.0%~18.0%4.5%~18.0%3.0%~18.0%

金利を比較してみると、プロミスだけやや最高金利が低いことがわかります。

一方で、最低金利が低いのはアコム・アイフル・SMBCモビットの3社です。

とはいえ、初回は最高金利が適用されると思っておいたほうがいいでしょう。

融資までのスピードは?

大手消費者金融であれば、アコムに限らずどこも即日融資に対応しています。

一方銀行カードローンは即日融資に対応しておらず、2日ないしは1週間かかってしまうことも。

急いでいるなら、アコムに頼ることをオススメします。

無利息期間は?

アコムプロミスアイフルレイクALSASMBCモビット
無利息期間初回契約日の翌日から30日間初回利用日の翌日から30日間初回契約日の翌日から30日間 契約日の翌日から60日間または
180日間(5万円まで)
※60日間はWeb申し込み必須

アコムでは初回契約日の翌日から30日間無利息となります。

利用日から無利息期間が始まるわけではないため、うっかり使い損ねないようにしましょう。

アコムの審査についてよくある質問

アコムの審査に関するQ&Aをまとめました。

Q.アコムの審査は甘い・ゆるい?

A.甘い・ゆるいと断言はできません。

誰でも審査に通過するわけではありませんから、きちんと対策をして申し込むべきでしょう。

Q.アコムの審査に落ちたらどうする?

A.最低1か月は審査落ちの記録が残るため、1か月後に再チャレンジするか他のカードローンを検討しましょう。

またお金を工面する方法はカードローンだけではありません。

稼ぐ・モノを売るなどさまざまな角度から考えてみるのも良いですね。

Q.アコムの審査にかかる時間は?

A.最短30分です。

申し込みが多く混雑している場合は、30分以上かかってしまうこともあります。

急いでいるなら、申し込んだ後にアコムに電話して急いでいることを伝えましょう。

優先的に対応してもらえる可能性があります。

Q.アコムの審査で用意するものは?

A.本人確認書類は必須です。

運転免許証あるいはマイナンバーカードなどを用意しておきましょう。

また50万円以上の利用・他社借入を含めると100万円を超える方は収入証明書類もひつようとなります。

事前に用意しておけると、スムーズに手続きが進みますよ。

アコムの概要

アコム

アコム概要
商品名アコム
利用限度額1万円~800万円
金利3%~18%
担保・保証人不要
遅延損害金20.0%
必要書類運転免許証or顔写真付き身分証明書

アコムのメリット・デメリット

アコムに申し込む前に、利用するメリットとデメリットを確認しておきましょう。

上手く活用するためにも、アコムの特徴をおさえておけば安心です。

アコムのメリット

アコムの大きなメリットとして、「ACマスターカード」の存在があります。

即日発行できるクレジットカードであり、クレジットとしての機能はもちろんキャッシングの機能も付帯可能。

見た目はクレジットカードのまま、キャッシングを気兼ねなくできるのが嬉しいポイント。

ACマスターカードはリボ払い専用のカードですから、利息には注意しつつ使いましょう。

また「借り換え専用ローン」があるのもアコムのメリット。

他社での借り入れが大きくなっている場合は、アコムで借り換えることも選択肢の1つですよ。

アコムのデメリット

アコムのデメリットとしては、借入の手数料が発生しやすい点が挙げられます。

借入手数料が無料になっているのはアコムのATMのみですから、使い勝手は良いとはいえません。

また初めての借入であれば利息が30日間無料というサービスも、契約翌日から問答無用でスタートしてしまいます。

他社では実際に借り入れてから、という条件のところもありますから、デメリットといえますね。

アコムの審査基準は消費者金融では厳しい!対策をしっかり練ろう

今回は大手消費者金融のアコムの審査についてご紹介してまいりました。

あらためて今回の記事の内容を振り返っていきましょう。

アコムの審査に通過するためには、下記のポイントを駆使することが大切です。

  • 審査落ちとなってしまいやすい原因を把握した上で対策を行う
  • 審査に通過するためのコツを駆使すること

アコムの審査はそこまで厳しすぎるものではないため、ある程度審査の仕組みを理解して対策を行えば、審査に通過することも難しくありません。

アコムでの借り入れを行うためにも、審査突破を目指しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

C監修 FP 飯田道子
ファイナンシャル・プランナー(CFP)、海外生活ジャーナリスト。
金融機関勤務を経て96年FP資格を取得。現在は各種相談業務やセミナー講師、執筆活動などをおこなっている。海外移住にも対応しており、特にカナダや韓国への移住相談や金融・保険情報を得意としている。趣味が高じてスキーやスキューバーダイビングのインストラクターも経験。現在は、数秘&カラーの上級トレーナーとしての顔も持つ。