アコムの審査は甘いのか?審査基準や落とされる理由を解説!

アコム

アコムの審査は色々なところで甘いという評判が聞かれます。

しかし実際のところは審査基準が甘いわけではありません。

銀行よりも甘い審査は実施していますが、消費者金融の中では厳しい審査を担当しています。

甘い審査を実施している会社と考えず、しっかりと対策しておきましょう。

ここではアコムの審査について説明します。

アコム
アコム
おすすめポイント
  • 借入が可能かスグ分かる「3秒診断」機能あり
  • 最短30分での審査回答が可!
  • はじめての方は30日間無利息!
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
1~800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短即日
公式サイトはこちら

アコムの審査は甘くなっているの?

アコムの審査は銀行カードローン比べると甘い傾向があります。

銀行カードローンは本当に信用している人以外には貸さない傾向があるため、様々な情報を確認して最終的な判断をします。

一方で消費者金融は、お金を貸す事業を中心に据えているため、ある程度貸せると判断された段階でお金を貸しています。

アコムも消費者金融ですので、銀行カードローンよりも借りやすいような状況は作っています。

ただ、消費者金融の中では厳しい傾向にあります。

消費者金融でも審査基準1つ1つをしっかり確認し、悪いと思われる情報が多数あるようなら審査に落としてしまうのです。

従って悪い情報が多く残されている人は、アコムで借りられない可能性が非常に高いと考えておきましょう。

ただ、アコム側が色々な条件を精査したうえで審査結果を決めるため、低収入者でも借りられる可能性はあります。

アコムが審査している項目は?

アコムが審査をしている項目は多数ありますが、その中でも審査に大きく影響している項目は以下の通りです。

アコムの審査項目
  • 提示した年収
  • 提示した勤務年数
  • 雇用形態
  • 他社借入の有無
  • 在籍確認の可否
  • 過去にアコムを利用している状況
  • 過去のアコム審査状況
  • アコムが保証会社を担当しているカードローンの利用状況
  • 信用情報の内容
  • 希望している限度額
  • 総量規制に関連する問題

以上の項目を審査して、最終的に問題がなければお金を借りられます。

何らかの問題が起きており、お金を貸せないと判断された場合は審査に落とされてしまいます。

全ての項目をしっかり確認し、問題なく借りられる状況を作ったほうがいいでしょう。

ここからは審査項目について詳しく説明します。

提示した年収

重要な項目の1つが提示した年収です。

提示する年収は昨年度の年収であり、現時点での年収ではありません。

間違って今年の見込み年収を提示しないように注意してください。

年収額が多ければ多いほど、審査を通過できる可能性は高くなります。

一方で年収額が不足している場合、限度額を下げない限りアコムは審査を通過させてくれません。

場合によっては最低限度に近い10万円程度の限度額しか得られない場合があります。

しかし、アコムとしては年収をあまり持っていない人には多くの借入はさせたくないのです。

多くの年収を持っていて、返済能力がしっかり確保されている人にはお金を貸すようにしているのです。

年収を多く確保しないと大きな借入ができないどころか、審査に落とされる可能性もあると考えてください。

なお、年収額が足りない場合は、限度額を調整すれば審査を通過できる場合もあります。

提示した勤務年数

提示した勤務年数によって判断が分かれます。

勤務年数は同じ仕事を何年続けているかを示す情報です。

同じ仕事を長く続けていない場合、アコムは信用が得られないと判断し、審査に落とす場合もあります。

特に半年以内の勤務年数しか持っていない人は注意してください。

1年以上の年数があれば、ほぼ審査に影響はありません。

より高い信用を得たいと考えているなら、最低でも2年程度の勤務年数は確保しておきましょう。

雇用形態

雇用形態は審査に大きく影響しています。

雇用形態というのは正社員か非正規雇用なのかを判断するために記載しなければなりません。

正社員の人は審査を通過できる可能性は高くなります。

理由は安定した収入を確保できると判断されるためです。

一方で非正規雇用の場合は審査に落とされる可能性が出てくるので注意してください。

必ずしも正社員でなければアコムの審査を通過できるわけではありませんが、審査を通過したいなら雇用形態にも気を付けておきましょう。

なお、個人事業主のように仕事をしている情報がわかりづらい職業の場合、正しい情報を提示しないと審査に大きく影響してしまいます。

仕事の情報や収入など、安定して仕事ができていると判断される情報をしっかり提示しておきましょう。

他社借入の有無

お金を借りている情報はアコムにとってあまりいいものではありません。

アコムにとって他社借入というのは、返済能力が失われている証拠として扱われるのです。

更に他社の返済が優先されることで、アコムの返済ができないのではないかと考える場合もあります。

従ってアコムにとって、他社借入というのは非常に厄介な問題なのです。

他社借入に関連する情報は、必ず提示しなければなりません。

提示しない場合は、虚偽の記載をしていると判断される場合があります。

忘れていたという考えは持たないようにして、確実に審査を通過できるように他社借入を示すようにしましょう。

なお他社借入は金額までしっかり記述しないと審査に影響します。

金額を確認してから記載するように心がけてください。

在籍確認の可否

アコムでは在籍確認によって本当に仕事をしているか判断しています。

在籍確認は大半の会社が採用している勤務先への確認と考えてください。

勤務先が本当に仕事をしているのか判断するほか、在籍して仕事をしているか判断するために電話を入れます。

電話で本人が在籍していると確認できれば、問題なく審査は通過できます。

一方で在籍している情報が得られなかった場合、もしくは会社側が電話に出てくれないなどの問題が起きた場合、審査を通過できない場合が多くなります。

電話に出られる状況をしっかり確認しておきましょう。

また、アコムは在籍確認の電話を回避する方法も準備しています。

どうしても電話に出られない問題が起きている時は、アコムに相談して電話以外の方法で対処してもらいましょう。

アコムの在籍確認は電話連絡が基本?電話なしにする方法はある?
アコムの審査では在籍確認が行われます。 在籍確認は、基本的には勤務先への電話連絡という形で行われるため、不安に感じている人が多いです。 勤務先にアコムから電話がかかってきたら、借金がバレてしまうかもしれません。 アコムの在...

過去にアコムを利用している状況

過去にアコムを利用して解約している場合、アコムを利用している情報が会社に残されています。

アコムを利用している状況は審査に大きく影響するため、過去に利用している人は気を付けてください。

過去にアコムを正しく利用して、必要ないので解約した場合は、悪い情報が残されていないので審査に影響はありません。

一方でアコム側から強制的に解約されている場合は、アコムを利用している状況が著しく悪い状態と判断され、審査に大きな影響を及ぼします。

過去に利用している状況を思い出してから、アコムの審査を受けてください。

なお、アコムの利用状況が審査に影響するのは悪い場合だけで、いい情報が残されている場合は特に影響なく審査が進みます。

過去のアコム審査状況

過去にアコムの審査を受けている場合、アコムの審査を受けた時の状況や審査結果が影響を及ぼします。

審査を通過した経験を持っている場合は、審査を通過できていると判断されて特に悪い影響はなく、審査では問題ない判断を下されます。

一方で過去にアコムの審査に落とされている場合、過去に落とされた時の情報と変化がみられるか確認されています。

変化が全くないと判断された場合は、審査をする意味がないと判断されてそのまま審査落ちの連絡が届く場合もあります。

過去にアコムの審査を受けている場合は、過去の情報と同じ状態では審査に落とされる可能性があると考えてください。

また、アコムの審査に何度も落とされている場合は、ブラックリストに掲載されて審査を受けられないケースもあります。

この場合は、アコム側がブラックリストを解除してくれない限り、アコムの審査は通過できません。

何度も審査に落とされている人、頻繁に申し込んでアコムに迷惑をかけている人は、審査を受けられないと考えてください。

アコムが保証会社を担当しているカードローンの利用状況

アコムは保証会社として審査を実施するカードローンも多数あります。

アコムは消費者金融としてお金を貸すのが主な役割ですが、他にも銀行カードローンの保証会社として審査を担当し、銀行側に保証できると説明する役割もあります。

保証会社として活躍するアコムは、銀行カードローンの審査情報も残しており、悪い情報を持っているユーザーは把握しています。

もしアコムが保証会社を担当する銀行カードローンを利用している場合、利用している状況によってはアコムの審査に影響かもしれません。

具体的には、アコムが保証会社の銀行カードローンで返済していない場合や、強制的に解約される状況が作られると審査にかなり影響します。

また、保証会社として審査をしたアコムに保証できないと判断された場合も、アコムの審査に影響する場合があります。

アコムの審査に影響しないように心がけるなら、できる限りアコムが保証会社を担当するカードローンは避けたほうがいいでしょう。

なお、保証会社として審査をした際に問題がなければ、アコムの審査ではプラスに働く場合もあります。

信用情報の内容

記載されている信用情報の内容が審査に大きく影響します。

信用情報にはいい情報もあれば悪い情報も多数掲載されています。

アコムは過去の利用状況などを確認し、悪い情報が多数掲載されているようなら信用できないと判断します。

一方で悪い情報が何もなければ、信用できるというよりは貸しても問題はないだろうという判断をします。

信用情報が原因で審査に落とされるケースは多々ありますが、信用情報がプラスに働いて審査を通過できる可能性はあまりないのです。

この項目はとても重要な役割を持っていますが、審査に落とされる場合だけ大きな力を持っていると考えておきましょう。

希望している限度額

アコムが希望している限度額がどれくらいなのかを判断し、最終的に審査を通過させてもいいか判断します。

限度額はアコムでは800万円を上限として希望できますが、最終的に設定される限度額は収入や他社借入によって制限されます。

限度額が高ければ高いほど審査の難易度は高くなり、場合によっては審査を通過できない恐れがあります。

一方で限度額を最小限に設定すると、必要な返済能力が大幅に下がるため、低収入者でも審査を通過できる可能性があります。

審査を通過するなら限度額を引き下げたほうがアコムを利用しやすいのです。

ただ、必要な限度額がどれくらいか自分で考えておかないと、予想以上に高い限度額を希望する場合があります。

あまり高い限度額を希望しないように気を付けてください。

総量規制に関連する問題

総量規制は借入を制限させるために設けた法律で、年収の3分の1以上は借りられなくなります。

以前は銀行カードローンは無制限としていましたが、ここ最近は銀行側が自主規制を実施したため、銀行でも総量規制に近い対応が取られています。

アコムは消費者金融ですので、総量規制は必ず適用されます。

総量規制を超える借入は絶対にできません。

仮にアコムに申し込んだ場合でも、この限度額は無理だと判断され、審査に落とされる場合があります。

また、総量規制を超える借入の場合、審査を通過できる場合でも限度額が大幅に引き下げられる可能性もあります。

審査を通過するなら、総量規制のルールをしっかり理解すると同時に、アコムは消費者金融で総量規制が影響する会社だと考えておきましょう。

アコムの審査に落とされる人の特徴は?

アコムの審査に落とされる人の特徴は多数ありますが、その中でも比較的発生しやすい事例について説明します。

実際にアコムの審査に落とされる人の特徴は以下の通りです。

アコムの審査に落ちる特徴
  • 収入が不足している
  • 勤務年数が不足している
  • 雇用形態が安定していない
  • 他社借入額が総量規制を超えている
  • 他社借入件数が多すぎる
  • 在籍確認が取れなかった
  • 在籍確認で虚偽の説明があった
  • 過去にアコムを利用してトラブルを起こしていた
  • アコムの審査に何度も落とされた
  • アコムが保証会社を担当するカードローンでトラブルを起こした
  • アコムが保証会社のカードローン審査に何度も落ちている
  • 信用情報に重要な問題がある
  • 限度額があまりにも多すぎる
  • 電話の対応が悪い
  • アコムのブラックリストに掲載されている

以上のケースに当てはまる場合、審査に落とされる可能性が高くなります。

中には100%の確率で審査に落とされる項目もあるので気を付けておきましょう。

しっかり対策をして、確実にアコムを利用できる状況を作りましょう。

ここからは審査に落とされる人の特徴を詳しく解説します。

収入が不足している

アコムを利用するための収入が不足していると審査に落とされてしまいます。

審査に落とされる収入は、希望している限度額によって変わります。

高い限度額を希望した場合は、相当高い年収を確保しない限り審査に落とされてしまいます。

一方で低い限度額を希望している場合、余程収入を持っていない場合を除けば審査に落とされる可能性は低くなります。

なるべく高い限度額を希望するなら、高い収入を確保したほうがいいでしょう。

なお、無収入者は絶対に審査落ちを受けてしまいます。

収入を持っていない人は返済能力がないと判断されるからです。

収入を持っていないのにアコムの審査を受けないように注意してください。

勤務年数が不足している

勤務年数はアコムが信用して返済できるかと判断するために必要な情報です。

勤務年数が1年未満と判断された場合は審査に落とされる可能性があります。

半年を超えていない場合はほぼ審査に落とされてしまうので、半年以上の勤務状況は確保してください。

また、専業主婦と無職は審査に落とされてしまいます。

仕事をしていない人は、消費者金融の借入ができないからです。

アコムは消費者金融ですので、仕事をしていない人にお金を貸せる状況は作ってくれません。

どうしてもアコムから借りたいと考えているなら、最低でも半年以上の仕事をするように心がけてください。

雇用形態が安定していない

雇用形態が安定していない場合、審査に落とされてしまいます。

安定した雇用形態というのは、正社員のように無期限での雇用をしている人です。

一方で雇用期間が制限されている期間工の場合、雇用が安定していると判断されない場合が多く、審査に落とされてしまいます。

また、アルバイトの場合、働いている年数が短いと審査に落とされてしまいます。

アコムは働いている年数が足りないと判断される場合、お金を貸すメリットがないと判断して審査に落としてしまうのです。

アルバイトの人は長く仕事をするように心がけ、ある程度信用させるまでは審査を受けないようにしましょう。

他社借入額が総量規制を超えている

他社借入額が総量規制を超えている場合、アコムは総量規制のルールに従って審査に落としてしまいます。

アコムは消費者金融としてサービスを提供する以上、総量規制のルールを破ってお金を貸すわけにはいきません。

もし総量規制のルールを破って貸していた場合、アコムが罰則を受けてしまいます。

アコムが罰則を受けると信用が大きく失われ、場合によっては消費者金融として経営を続けられなくなります。

こうした信用を失う問題を避けるため、他社借入が総量規制を超える数字だと判断した段階で審査に落としてしまいます。

審査に落とされたくない場合は、他社借入を持っていたとしても総量規制を超える状況を作らないようにしましょう。

年収の3分の1以上に達している借入があるなら、まずは返済して基準以下に借入額を抑える必要があります。

他社借入件数が多すぎる

仮に総量規制を超える借入をしていなかった場合でも、他社借入件数が多すぎる場合は審査に落とされてしまいます。

アコムは他社借入金額が多すぎる場合も審査に落としてしまいますが、他社借入件数が多すぎる場合も返済されないと判断して審査に落とします。

具体的には4件以上の借入を持っていると審査に落とされてしまいます。

アコムは3件までなら借入先や金額次第で審査を通過させてくれますが、4件以上に達するとこれ以上は審査を通過できないと判断します。

4件以上の借入を持っているなら、審査通過は絶望的と考えて、まずは返済して件数を減らすことから始めましょう。

在籍確認が取れなかった

在籍確認をしても本人が在籍していないと告げられた場合、アコムは在籍確認が取れないと判断して審査に落としてしまいます。

アコムとしては、会社に所属しているという前提でお金を貸すようにします。

しかし、在籍確認をしても本人が在籍していないと告げられてしまえば、お金を貸すリスクが高すぎると判断するのです。

従って在籍確認が取れない場合は審査に落としてしまうのです。

また、在籍確認の電話を入れても会社側が出てくれないなど、電話に出ない期間が長すぎる場合も審査に落とされてしまいます。

電話に出られない期間が長い場合は、アコムに問い合わせて書類による確認に切り替えてください。

どうしても電話に出られない理由を告げれば、アコム側がしっかり対処してくれます。

在籍確認で虚偽の説明があった

在籍確認の電話には出てくれたものの、在籍確認で虚偽の説明があったと判断された場合、アコムは信用できないと判断して審査に落としてしまいます。

一番多いのは在籍確認の電話を入れて在籍していないと告げられる場合です。

過去に所属していた会社の情報を勤務先に記載して、審査を通過させようとする人もいます。

しかし会社側から在籍していないと告げられれば、嘘の記載で審査を通過しようと判断したと考えます。

悪質なユーザーとして扱われるほか、信用は一気に失ってしまうので、審査に落とされてしまうのです。

更にアコムは信用できないと判断し、ブラックリストへ掲載するなどの対応を取る場合もあります。

絶対に在籍確認を経由する虚偽記載はしないようにしましょう。

何らかの虚偽が発覚するだけで、審査に落とされる確率は急激にアップしてしまうのです。

過去にアコムを利用してトラブルを起こしていた

過去にアコムを利用していた経験はあるものの、トラブルを起こしてアコムから強制的に解約されていた場合は審査に落とされてしまいます。

アコムはトラブルを起こすユーザーをとにかく嫌っており、問題を起こしたユーザーは徹底的に排除する方針を取っています。

特に過去にアコムを利用しているユーザーの中で、以下の状況に該当する人は審査を通過できません。

アコムにログインできない理由
  • 返済していなかった
  • 債務整理で強制的に借金を減額した
  • アコムの連絡に応じなかった
  • アコムと裁判をした
  • 大きな過払い金請求をした

以上の理由に該当する場合は、アコムの信用を大きく失っているほか、アコム側がブラックリストに掲載しているために審査を通過できません。

過去に問題を起こしていると思っているなら、アコムの審査は受けないほうがいいでしょう。

なお、債務整理の場合は他社も含めて審査に落とされてしまいます。

借金減額は一時的なメリットはあるものの、将来的には借りられない期間が長いなどのデメリットもあるので、慎重に考えて実施したほうがいいでしょう。

また、アコムと裁判をすると今後一切借りられない可能性が高くなります。

余程のことがなければアコムに過払い金を請求する裁判は避けたほうがいいかもしれません。

アコムの審査に何度も落とされた

過去にアコムの審査に何度も落とされていると、アコムは信用できないと判断して審査をしません。

審査に何度も落とされている人を審査するのは、アコムにとって時間の無駄なのです。

更に、何度も申込みをして審査を要求しているのは、アコムにとって迷惑行為だと判断されています。

従ってアコムの審査に何度も落とされている場合、審査を通過できないどころか審査すら実施されず、審査落ちの連絡を受けてしまうのです。

更にブラックリストに掲載される可能性が高く、最悪の場合はアコムを二度と利用できなくなります。

アコムとの間で問題を起こし、今後借入ができなくなるのは避けたほうがいいでしょう。

何度も審査を受けるのではなく、審査を受けるタイミングをしっかり考えるなどの対策を取り、アコムの審査を通過できるようにしましょう。

アコムが保証会社を担当するカードローンでトラブルを起こした

アコムが保証会社を担当しているカードローンでトラブルを起こした場合も、アコムの審査に落とされてしまいます。

一見すると他社カードローンのトラブルは影響がないように思われますが、実は違います。

アコムが保証会社を担当していたカードローンの場合、トラブルが起きた場合はアコム側にも情報が通知されているのです。

その結果、アコムはこのユーザーにはお金を貸せないと判断し、申込みを断って審査に落としてしまうのです。

他社のカードローンだったとしても、アコムが保証会社を担当している場合は注意したほうがいいでしょう。

なお、トラブルは信用情報を悪化させる原因です。

仮にアコムが保証会社を担当していなかった場合でも審査に影響する場合があります。

アコムが保証会社のカードローン審査に何度も落ちている

アコムが保証会社を担当しているカードローン審査に何度も落ちていると、アコムは審査を通過さないようにします。

アコムとしては、保証会社として審査をしている悪質なユーザーが、アコムに申込んでも迷惑だと考えているのです。

その結果、何度も申込みを実施して審査に落とされているユーザーは強制的に審査落ちの対応をしています。

アコムが保証会社を担当しているカードローンに何度も落とされている場合は、審査を通過できないものと考えてください。

できる限り保証会社を担当しているカードローンへ申込むなら、審査を通過するように心がけておくのです。

信用情報に重要な問題がある

信用情報に重大な問題が多く残されており、審査を通過できないと判断される場合があります。

信用情報に残されている重大な情報は以下の通りです。

信用情報の重大な問題
  • 他社借入を返済していない
  • 他社借入の減額をしている
  • 審査落ちを繰り返している

以上の情報が残されていると、アコムの審査は通過できません。

他社借入に関連する情報は、アコムにとって返済されないリスクを増やすだけで、信用できないと判断される可能性が高いのです。

審査落ちを繰り返している場合も、審査を通過させられないと判断される要因が増えるだけなので、アコムとしてはお金を貸す判断をしてくれません。

審査落ちなどを受けないように、しっかりと対策をしてから審査を受けるように心がけてください。

限度額があまりにも多すぎる

希望している限度額が大きすぎる場合、総量規制を超える借入と判断されて審査に落とされてしまいます。

限度額の数字は総量規制で借りられる限界までに制限されています。

希望している限度額が総量規制の数字を超えていると、限度額を訂正するか審査に落とされてしまうのです。

基本的に少額のオーバーであれば訂正され、明らかにオーバーしていると判断される場合は審査に落とされます。

つまり高い限度額を希望した場合は、審査に落とされる可能性が高くなるのです。

収入不足の人はあまり高い限度額を希望しないほうがいいでしょう。

電話の対応が悪い

電話の対応が悪く、アコムが何度も電話をしないといけない場合は審査に落とされるケースもあります。

一番の理由はアコム側が迷惑であり、時間をかけて審査する必要がないと判断されるためです。

従って電話の対応が悪く、何度も電話をしないと審査が完了しないユーザーは審査落ちの可能性が高まります。

また、電話でアコムとトラブルが起きた場合も、審査に落とされる可能性が高くなります。

電話対応はしっかりと実施するように心がけてください。

アコムの電話はどのタイミングでかかってくる?回避する方法はあるの?
アコムは電話連絡をするケースが多々あり、何度も電話をかけてくる可能性があります。 電話をかけてくるケースを理解しておくと、電話対応がしっかりできるかもしれません。 また、電話をかけてくる対応は避けられる場合もあります。 電...

アコムのブラックリストに掲載されている

既にアコムのブラックリストに掲載されている人は審査に落とされてしまいます。

それどころか審査すら実施されず、審査に落とされてしまうのです。

ブラックリストはアコムが悪質と思われるユーザーだけを登録しており、事実上の永久追放です。

この状態ではアコムの審査は受けられません。

ブラックリストが解除される可能性はほとんどないため、登録されればほぼ終わりと考えてください。

更にブラックリストに掲載されているか、判断する方法はほとんどありません。

アコム側も通知してくれないので、ブラックリストの掲載は自分で判断するしかないのです。

面倒かもしれませんが、明らかに審査落ちの連絡が早いようならブラックリストだと考えてください。

そしてブラックリストに掲載された場合は、これ以上の利用はできないと判断し、他社での借入を検討してください。

アコムの審査基準は消費者金融では厳しい!対策をしっかり練ろう

アコムの審査基準は消費者金融としては厳しい傾向にあります。

しっかりと対策を練る他、なるべくアコムの審査に落とされる要因を潰してから審査を受けてください。

審査を通過できる情報だけをアコムに提示して、確実にアコムから借りられるようにしましょう。

アコムで即日融資は21時がタイムリミット?確実に成功させる5つのコツとは
大手消費者金融のアコムは、即日融資に対応しています。 しかし即日融資には、対応している時間の成約があります。対応時間内に申し込みを行わないと、融資は次の日になることも。 また申し込み方法によって即日融資のタイムリミットが異なりま...