アコムの増額を絶対に実現させたい!増額審査通過に必要なことは?

アコム

アコムの増額審査は自動審査を採用しています。

自動審査をによって色々な情報を確認し、本当に問題がないか判断しているのです。

自動審査ですので、人の手によって確認されている場合よりも審査基準は厳格化しています。

必要な収入や情報を提示しないと、増額審査を通過するのは難しいでしょう。

ここではアコムの増額審査について説明します。

アコム
アコム
おすすめポイント
  • はじめての方は30日間無利息!
  • 最短30分での審査回答が可!
  • 借入が可能かスグ分かる「3秒診断」機能あり
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
1~800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短即日
公式サイトはこちら

アコムは自動審査によって増額審査が実施される

アコムは自動審査で増額審査を実施しています。

人の手によって増額審査をする会社も多数ありますが、時間が足りないなどの理由でアコムは自動審査を採用しているのです。

また、普段から審査にはプログラムによる自動審査を採用しているため、自動審査に絶対の自信を持っている部分もあります。

自動審査はプログラムで作られているため、人の手で審査するより確実性があり、しっかりした審査が実施されます。

人の手によって審査をしている場合は、妥協するような状況で融資を認める可能性もありますが、基本的に自動審査であれば審査基準は確実に固定されるのです。

その分必要な項目をしっかりと満たさなければ審査を通過しづらく、ほぼ審査を通過するのは厳しいでしょう。

アコムの自動審査で確認されている項目

アコムの自動審査で確認している項目は以下の通りです。

アコムの自動審査の項目
  • 個人情報
  • 信用情報
  • アコムの利用状況
  • 他社借入状況
  • 返済の延滞や遅延の有無

以上の情報をチェックしたうえで、アコムは最終的に増額を認めるかどうかを判断しているのです。

増額が認められる場合は増額が実施され、増額できないと判断された場合は審査に落とされる、もしくは限度額を引き下げるなどの対応を取ります。

しっかりと増額審査で見られるところをチェックしておきましょう。

ここからはアコムで見られている部分を詳しく説明しています。

個人情報

個人情報は自動審査で確認されている項目です。

個人情報に問題があると判断された場合、審査を通過できなくなります。

具体的には収入不足が発覚した場合や、個人情報に何らかの問題が生じており、増額できないと判断された場合です。

自分の情報を提供する際は、正しい情報を伝えるようにしましょう。

また、虚偽の記載等によって、間違った情報をアコムに与えないように注意してください。

虚偽の情報が1つでも存在すると、審査に落とされる可能性が劇的に高まってしまいます。

全ての情報が正しいと確認してから申込みをしましょう。

信用情報

信用情報は新規申込時と変化しているか確認しています。

信用情報がいい状態に変わっていれば、信用できると判断されて審査を通過できる可能性は高くなります。

一方で信用情報が悪くなっている場合は、審査に落とされる可能性が高くなり、劇的に悪化している場合は審査落ちが確実に実施されます。

審査に落とされるような信用情報で増額審査を受けないように気を付けてください。

また、信用情報は自動審査でも取り入れられますが、人の手によっても確認されている項目です。

確認漏れなどが起こらないように、しっかりと情報を見ていると考えてください。

アコムの利用状況

アコムの利用状況は審査を通過する上で重要です。

増額したいと考えているのに、アコムを全く利用していないのでは信用が得られません。

自動審査では、増額するユーザーがアコムをどのように使っているか反映させています。

アコムは利用している状況を既にプログラム等で入力しているため、簡単に情報を審査に反映させられるのです。

アコムの利用状況に問題がなければ、審査を通過できる可能性はそれなりに高くなります。

利用状況が悪い場合は、ほぼ審査を通過するのは難しいでしょう。

また、審査に影響するような借り方をしている場合など、アコムに不信感を与えるような状況だと審査に落とされる可能性が高くなります。

審査を通過したいのであれば、アコムの利用状況はしっかりと改善させる必要があるでしょう。

他社借入状況

他社借入状況は、増額させるために重要な情報です。

増額したいと考えているなら、他社借入状況は改善させなければなりません。

新規申込時よりも借入状況が改善している場合、もしくは他社借入をしていないのであれば、審査を通過できる可能性は高くなります。

一方で他社借入状況が悪化しており、他の会社からお金を借りていると審査に落とされる可能性は高くなります。

更に他社借入を持っている場合は、限度額の引き下げなどを検討し、アコム側があまり多くの借入ができないように調整してしまうのです。

あまり大きな借入をしないほうがいいかもしれません。

返済の延滞や遅延の有無

アコムの返済が遅れていたり、返済していない状況が少しでもあれば、増額審査を受けても審査は通過できません。

この場合はほぼ審査に落とされてしまい、増額は認められません。

更に、返済の延滞が続いているようなら、増額どころか減額されてしまいます。

最悪の場合は審査に落とされた後にアコムの利用停止となり、増額どころか借りられない状況が生まれてしまいます。

アコムの増額を希望しているなら、間違っても返済の遅延等は絶対に起こさないようにしましょう。

返済の遅延はほぼ審査落ちを受けると考えておくのです。

アコムの増額審査で落とされやすいポイントは?

アコムの増額審査では、落とされやすいポイントが多々あります。

その中でも審査に落とされる可能性があるのは以下の状況です。

アコムの増額審査で落とされやすいポイント
  • 収入不足
  • アコムの利用状況不足
  • 他社借入状況の悪化
  • 信用情報の悪化
  • 返済の遅延等が存在する
  • アコムが保証会社のカードローンでトラブルを起こした
  • 借入以外で生じたアコムとのトラブル

以上の状況が起きた場合は、審査に落とされる可能性が急激に高くなると考えてください。

中には審査を通過できる可能性がほぼないものもありますので、絶対に起こさないように心がけておきましょう。

ここからはアコムの増額審査に落とされる項目について説明します。

収入不足

収入不足はもっとも審査に落とされやすい理由であり、審査落ちにつながりやすい項目です。

増額するというのは、アコムに対して返済能力をしっかり示さなければなりません。

返済能力を持っていないと判断される収入不足は、増額しても返済する余裕がないと思われて審査に落とされてしまうのです。

増額を希望しているなら、最低でも年収を増やさなければなりません。

新規申込時よりも収入が増加していないようなら、ほぼ増額審査は通過できないのです。

増額審査を通過したいのであれば、収入アップは考えておきましょう。

更に収入が新規申込時よりも減少している場合は、限度額引き下げの処分を受ける場合があります。

収入が減っている状態で増額審査を受けないようにしてください。

アコムの利用状況不足

アコムの利用状況が不足しており、増額させる意味がないと判断されれば審査に落とされてしまいます。

アコムとしては多く利用している人に対して増額したいと考えており、あまり利用していない人の増額は認めたくないのです。

従ってアコムを利用していない場合や、アコムを利用している回数が1回だけという状況であれば、審査に落とされてしまいます。

ただ、アコムの利用状況不足は、審査に落とされるだけであり、限度額を引き下げられる問題は起こりません。

限度額を引き下げられない分だけ安心できますが、増額審査に落とされたという情報はアコムに残ってしまい、次の審査に影響してしまいます。

アコムの利用状況が不足している状況で、増額審査を受けないように気を付けておきましょう。

他社借入状況の悪化

他社借入状況の悪化は、信用できる状態ではないと判断されて審査に落とされてしまいます。

他社借入が増えているのは、返済される状況が作られていないと判断されるからです。

また返済能力不足と判断され、これ以上の増額ができないとプログラムで判断される場合もあります。

アコムは自動審査で最大の限度額を決定させるため、他社借入状況が悪化していると限度額が引き下げられる可能性もあるのです。

返済能力をしっかり確保しておかないと、他社借入状況が悪くなった場合に増額審査を通過できないと判断しておきましょう。

また、他の会社からお金を借りる行為自体が、あまり良くないものと考えてください。

多重債務の状態では返済能力が足りないと判断される可能性が高いため、審査を通過できる可能性はかなり低くなるのです。

より安心して審査を通過したいのであれば、最低でも他社借入状況は改善させる必要があります。

信用情報の悪化

信用情報に悪い情報が多く掲載されているのであれば、審査に落とされてしまいます。

最大の理由は信用できないと判断されるためです。

アコムは信用によってお金を貸している会社であり、信用できない人にまでお金を貸すような状況は作っていません。

信用できる状況を作るためには、信用情報の改善がとても重要となります。

新規申込時よりも信用情報を改善させなければ、審査に落とされてしまうのです。

できる限り信用情報はしっかり改善させ、よりアコムを信用させられるようにしましょう。

少しでも信用を悪化させる情報が残されている場合は、審査に落とされると考えてください。

なお、以下の情報が残されている場合は、どのような状況でも増額審査に落とされてしまいます。

増額審査に落とされてしまう可能性
  • 債務整理をしていた場合
  • 他社借入を含めた返済遅延期間が存在した場合
  • 他社借入が明らかに多すぎる場合
  • 他のローンで返済遅延を繰り返していた

以上の問題が起きている場合は、ほぼ審査に落とされてしまいます。

審査を通過したいのであれば、悪い情報は残さないようにしましょう。

返済の遅延等が存在する

返済の遅延等が存在し、明らかにアコムに不利益を与えていると判断されれば審査に落とされてしまいます。

返済をしていないのは、アコムに対して不信感を与えるほか、本来返済されるはずのお金を返していないという重大な問題を起こしています。

重大な問題を起こしているユーザーに対して、アコムは絶対に増額させません。

それどころか増額ではなく減額、更には審査に落としたうえでのアコムの利用停止処分を取ってしまいます。

アコムを利用できなくなれば、その時点で借りている金額は全て返済しなければなりません。

返済するリスクが非常に高くなってしまうほか、非常に厳しい生活状況に追い込まれる可能性があるため、返済していない場合は審査を受けないようにしましょう。

審査を通過したいのであれば、返済遅延等の状態は起こさないようにしましょう。

返済を毎月しっかりと続けて、確実に増額できる状況を作り上げるように心がけるのです。

アコムが保証会社のカードローンでトラブルを起こした

アコムが保証会社を担当しているカードローンが多数あります。

カードローンでトラブルを起こしていた場合も、増額されない場合があります。

アコムは保証会社としてカードローンの利用状況も理解しています。

そのカードローンでトラブルを起こし、返済されないような状況を作っているのであれば、増額させる意味がないと判断します。

また、悪質なトラブルを起こしていると判断して、アコムとしても借入を制限させるなどの措置を取ります。

全てはアコムに不利益が生じないようにする対策であり、何とかしてアコムが安定した経営を続けるために必要なのです。

従ってアコムが保証会社のカードローンで返済遅延等を起こしていると、アコムの増額はできなくなります。

最悪の場合はカードローンと一緒にアコムの借入もできなくなるので、借りられる場所が一気に失われる可能性もあるのです。

借入以外で生じたアコムとのトラブル

アコムに借入以外でトラブルを起こしている場合は審査に落とされてしまいます。

具体的にはカードを紛失していると嘘をつき、カードを複数枚手に入れようとしている場合です。

アコムは複数のカードを保有できないようにしていますが、何らかの理由でカードを複数枚所持し、使えないカードに細工を加えて利用可能にする方法があります。

この行為は当然犯罪に該当しますので、刑事罰を受けてしまいます。

しかしカードを利用されなければ犯罪が把握できず、アコムとしてもなかなか警察に連絡しづらい状況が起きてしまいます。

そこでアコムとしては、カードを紛失しているのにカードを発行しようとする動きには厳しい制限を加えます。

もし同様の行為をしているユーザーがいれば、増額審査等は利用できないようにしています。

他にも虚偽の記載を続けてアコムから融資を受けようとするユーザーは、増額審査を通過できない可能性が高くなっています。

アコムとしては、信用できない人にお金を貸すわけにはいきません。

虚偽の記載を続けているユーザーは、審査を通過できない可能性が高いどころか、アコムの利用停止措置を取られる可能性があるので注意しましょう。

アコムの返済能力はどのように計算される?

アコムは返済能力を計算によって導き出します。

返済能力が足りない人には増額を認めないどころか、返済能力に対して適切な限度額まで引き下げる方針を取ります。

従って返済能力というのはとても重要な役割を果たしていると考えてください。

返済能力は返済負担率を基にして算出されます。

返済負担率は(年間返済額÷年収)×100で算出され、この数字が返済能力に大きくかかわります。

返済負担率が高すぎる場合、返済能力が不足していると判断されます。

例えば、年間返済額が100万円で、年収が200万円だと50%が返済負担率となります。

この50%という数字はとても高い数字であり、明らかに高い返済負担率となります。

返済負担率は20%以下が適切な状態であり、この数字を超えてしまっている場合は返済負担率が高いと判断されます。

当然ですが、返済負担率が高いと判断されれば、増額は認められません。

返済負担率を軽減させることが重要となり、なるべく返済負担率は20%以下に抑えられるように努力しましょう。

アコムの返済能力は、返済負担率にプラスして雇用形態等も考慮して決定されます。

雇用形態が安定しているようなら、多少負担率が大きい場合でも審査を通過できる場合があります。

ただ、劇的に高い数字となった場合は、雇用形態がどれだけ安定している場合でも審査に落とされるので注意してください。

アコムの増額審査を通過するポイント

アコムの増額審査を通過するポイントは以下の通りです。

アコムの増額審査に通過するポイント
  • 収入を増やす
  • 他社借入状況を改善させる
  • 信用情報をいい状況にする
  • アコムを頻繁に利用して信用させる
  • アコムが保証会社のカードローンをあまり利用しない
  • 勤務年数を増やす
  • アコムの解約をしない

以上のポイントを全て押さえておけば、ほぼ審査を通過できるでしょう。

審査を通過するために必要な条件等をしっかり整え、悪い部分は改善させるなどの対応を取っておきましょう。

ここからはアコムの増額審査を通過するポイントを説明します。

収入を増やす

収入を増やすのはアコムの増額審査では重要なポイントです。

アコムの増額審査で最重要とされるのは返済能力です。

返済能力を高めるためには、収入を増やす方法が一番手堅いのです。

収入アップが期待できれば、返済負担率の改善に繋がります。

そして収入を増加させたことで、アコム側に返済能力がしっかり備わっていると把握されやすいのです。

他の情報に比べても、アコムに対していいイメージを与えられる可能性が高いため、収入アップはしっかりと実施しておきましょう。

収入が新規申込時とほぼ同じだったり、あまり変わっていないと審査にいい影響はほとんどありません。

なるべく信用されるためにも新規申込時より収入を増やすように心がけておきましょう。

他社借入状況を改善させる

他社借入状況を改善させれば、返済負担率の軽減につながり、増額審査を通過できるかもしれません。

増額審査を通過できる可能性が収入等によってあると判断していれば、次に他社借入を減らしておきましょう。

他社借入を減らしておくだけで、増額審査を通過できる条件が整う場合もあります。

他社借入はそもそもアコムにとって悪いものであり、借りているだけでも信用を失っていると把握してしまいます。

安心して増額したいと考えているなら、他社借入は全て返済したほうがいいでしょう。

全てを返しておけば、他社借入状況が原因で審査に落とされる可能性はなくなります。

他の会社から借りているなら、なるべく完済を目指して行動するといいでしょう。

信用情報をいい状況にする

信用情報をいいものに変えられれば、審査を通過できる可能性は高くなります。

悪い情報が残されているよりも、いい情報だけが残されているほうが圧倒的にいいのです。

しかし、悪い情報が消えるまでにはかなりの時間がかかります。

信用情報機関の方針次第では、10年近くも悪い情報は残されてしまいます。

特に債務整理を実施した人は、かなりの期間は信用されないものと考えてください。

悪い情報が改善されているか判断するために、信用情報を自分で取り寄せ、確認する方法を取ってもいいでしょう。

信用情報を確認し、悪い情報が残されているようなら増額審査を受けないようにします。

逆に悪い状況が残されていないのであれば、そのまま審査を受けてもいいでしょう。

しっかりと信用情報を把握して、悪い情報が1つでも残されていないように気を付けてから増額審査を受けましょう。

アコムを頻繁に利用して信用させる

アコムを頻繁に利用して信用させない限り、アコムの増額はほぼ期待できません。

アコムは何度も利用して信用している人以外には増額させない傾向があり、利用頻度がかなり重要となります。

利用する回数を増やし、アコムに信用されるような状況を作るように心がけてください。

ただ、頻繁に利用すると言っても、アコムから借りるだけでは意味がありません。

アコムが求めているのは借入と返済の両方をしっかり実現していることです。

つまり借りているだけではほとんど効果がなく、返済をしてようやく信用が実現されると考えてください。

アコムから借りているだけ返済があまりされない状況を作っていると、逆に審査に落とされる可能性が高くなるので注意しておきましょう。

アコムが保証会社のカードローンをあまり利用しない

アコムが保証会社のカードローンを利用すると、場合によってはアコムに悪い情報を送ってしまう場合があります。

アコムと保証会社のカードローンを同時に利用していると、借入額が多すぎると判断されて審査に落とされます。

また、カードローン側でトラブルを起こしてしまい、アコムに悪い情報が一緒に入ってしまうと増額審査を通過できなくなります。

アコムが保証会社のカードローンは日本に多数用意されていますので、保証会社を確認して利用してもいいカードローンを確認しておきましょう。

できればアコムの信用をしっかりと確保するため、保証会社がどの会社でもアコム以外の借入や申し込みは避けるようにしましょう。

新しくカードローンを発行するだけでも、多重債務の可能性が高いと判断されます。

悪い情報をアコムに送ってしまうと審査を通過できないため、できる限り別のカードローンを利用しないように心がけるのです。

勤務年数を増やす

勤務年数を増やすと審査を通過しやすくなります。

ただ、勤務年数を増やすだけでは劇的な効果は得られません。

勤務年数を増やすのは、これまでの信用をさらに増やす程度であり、収入などの項目がしっかりと改善されない限りは審査通過が望めないのです。

従って仕事の年数だけを確保するのではなく、他の項目もしっかりと満たすように心がけておくのです。

アコムの解約をしない

アコムを解約すると悪い情報として見なされてしまいます。

アコムは解約しているユーザーをあまり優遇しないため、再度審査を通過して利用させたとしても増額審査までは認めてくれない場合があります。

解約というのは会社との決別を意味するため、1度でも実施すると信用はなくなると考えてください。

1度アコムを解約している人は、増額審査に影響しているという気持ちを持ってください。

今後増額を希望している人は、アコムの解約は増額までに実施しないように気を付けましょう。

アコムの解約方法はいくつある?解約のメリットとデメリットも解説
アコムを利用しないのであれば、解約して契約を切ったほうがいいでしょう。 契約を切っておくと、債務者として扱われなくなる他、他の消費者金融等と契約している場合、アコムを解約すると多重債務の可能性が劇的に減らせます。 より高い信頼性...

アコムの増額審査を受けるには

アコムの増額審査は手順を守って実施しなければなりません。

間違った手順で申込むと審査に落とされたり、申込みが認められない恐れもあります。

正しい方法を理解してから増額審査を受けましょう。

ここからは増額審査の手順を簡単に説明します。

アコムの審査は甘いのか?審査基準や落とされる理由を解説!
アコムのカードローンを利用するとなると、アコムが定める審査に通過しなくてはなりません。 ここで気になるのが、アコムの審査難易度ですよね。審査は甘いのか厳しいのか。 また審査に通過するには、審査に通過するコツなどを駆使することが大...

申込

アコムは電話以外にも会員ページと自動契約機から増額審査を申込めます。

面倒なら会員ページから申し込むといいでしょう。

自動契約機は端末の操作が必要ですので、電話よりも時間がかかる恐れもあります。

申込時には登録されている情報がそのまま利用されます。

登録した情報に問題がないことを念のため確認してから申し込みましょう。

必要書類提出

必要な書類を提出しなければなりません。

増額審査の際は収入証明書が必要です。

収入証明書を提出しないと、増額審査を通過できない場合が多いのです。

必ず書類を準備して、すぐに提出するようにしましょう。

提出方法は郵送かアップローダーのどちらかを選んでください。

審査

アコムの審査が実施されます。

審査はすぐに完了しないため注意してください。

新規の申し込みは30分程度で完了しますが、増額審査は1日以上かかる場合も珍しくありません。

余裕を持って申込むように心がけておきましょう。

審査結果通知

審査結果が通知され、増額される金額が提示されます。

審査に落とされた場合は審査に落とされたという情報だけがメールで届きます。

増額はメールが届いてからすぐに実施されます。

念のためマイページで増額されたか確認しておきましょう。

増額されれば、後は自由にお金を借りられます。

アコムの増額審査を受けて限度額を増やそう!

アコムの増額審査を受ければ限度額を増やせる可能性があります。

しかし、増額審査を受けても審査に落とされる場合があるため、申込内容には注意が必要です。

属性を整えるほか、安定したアコムの利用も考えておきましょう。

アコムの利用状況が悪いと、審査に落とされると理解し、常にいい使い方を心がけておくのです。

アコムで即日融資は20時がタイムリミット?確実に成功させる5つのコツとは
大手消費者金融のアコムは、即日融資に対応しています。 しかし即日融資には、対応している時間の成約があります。対応時間内に申し込みを行わないと、融資は次の日になることも。 また申し込み方法によって即日融資のタイムリミットが異なりま...