イオン銀行カードローンで即日融資はできない?最短で借りる方法を解説

通帳 女性 イオン銀行

イオン銀行カードローンは、イオンモールのATMやコンビニでも利用可能な銀行カードローンです。

専業主婦にもおすすめの銀行カードローンとして人気を博しています。

ネット銀行のため、今日お金が必要になってもすぐ利用できそうな気がしますが、即日融資はかのうでしょうか?

最初に申し上げますと、イオン銀行カードローンでは、即日融資に対応していません

そこで今回は、イオン銀行カードローンで少しでも早く融資を受ける方法について解説していきます。

  • イオン銀行カードローンは即日融資に対応していないのか
  • イオン銀行で少しでも早く融資を受ける方法は?
  • イオン銀行の口座を持っていないときの対処法
  • なぜ即日融資に対応していないのか
プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

イオン銀行カードローンは即日融資に対応していない

冒頭でもご紹介いたしましたが、イオン銀行カードローンは即日融資に対応していません。

そのため、なんとしてでも今日お金を借りたい人はイオン銀行カードローンではなく、即日融資に対応している大手消費者金融の利用をオススメします。

それでは、イオン銀行カードローンでは融資まで最短でどのくらいの日数がかかるのでしょうか?

イオン銀行カードローンは最短で翌日に融資可能

イオン銀行カードローンは、融資まで最短で翌実に融資を受けることが出来ます。

しかし、これは必ずしも絶対に翌日に融資が受けられるということではありません。

あくまでも「最短で翌日」なので審査時に時間がかかり、イオン銀行カードローンの融資まで3~4日かかったケースもそう珍しくはありません。

ここからは、イオン銀行カードローンで最短で融資を受けるための受ける為のコツを解説します。

イオン銀行カードローンで最短融資を受けるコツは?

さっそく、イオン銀行カードローンで最短で融資を受けるためのコツを解説します。

  1. イオン銀行カードローンの申し込み資格を満たしていること
  2. イオン銀行口座を持っていること

①イオン銀行カードローンの申し込み資格を満たしていること

イオン銀行カードローンで最短で融資を成功させるには、まず審査をスムーズに進める必要があります。

まずは、イオン銀行カードローンの申し込み資格を確認していきましょう。

  1. 日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方。
  2. ご契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満の方。
  3. ご本人に安定かつ継続した収入の見込める方。※ パート、アルバイト、自営業者、専業主婦(夫)の方もお申込みいただけます。学生の方はお申込みいただけません。
  4. 保証会社であるイオンクレジットサービス(株)、またはオリックス・クレジット(株)の保証を受けられる方。

引用:イオン銀行カードローン

上記の条件をクリアしていないと、イオン銀行カードローンの申し込みをしても審査に通過することが出来ず、最短での融資を受けることもできなくなります。

そのため、この申し込み条件を満たしているか否かは確実にチェックしておきましょう。

②イオン銀行口座を持っていること

イオン銀行カードローンは口座不要で利用が可能ですが、イオン銀行カードローン口座を持っている場合、初回の一回に限り振込での融資を利用出来ます。

そのためイオン銀行口座を持っていない場合は、申し込みから融資までに5日程度かかってしまうので、急いでいる場合は他の銀行や消費者金融の利用をオススメします。

仮に、イオン銀行の口座を持っていない場合、ローンカードが届いてからの融資となります。

ローンカード発送には5日程度かかるので、融資を受けられるのは早くて5日後になるのです。

最短融資のために審査をスムーズに進めよう

前述でご紹介した最短で融資を受けるコツは、あくまでも最低条件にすぎません。

ここからは、よりイオン銀行カードローンで最短融資を成功させるために、スムーズに進めるポイントをご紹介していきます。

  1. 申し込み時は入力ミスが無いよう慎重に
  2. 利用限度額を少なめにする
  3. 書類をあらかじめ用意しておく
  4. 在籍確認の対応をする

細かいポイントを解説していきます

①申し込み時は入力ミスが無いよう慎重に

イオン銀行カードローンの申し込みは、WEBから行います。

入力フォームから名前や個人情報、勤務先の情報などを入力します。

この際にありがちなのが、入力ミスです。入力ミスがあると、審査時に確認に時間がかかり、場合によっては最短での融資に間に合わない可能性があります。

申し込みが込み合っていると確認作業は後回しにされることもあるので、最初の情報入力は慎重に行いましょう。

②利用限度額を少なめにする

イオン銀行カードローンの申し込み時に、希望の利用額を少なめに申し込みを行いましょう。

というのも、限度額が大きいとイオン銀行カードローンの審査担当者からして、利用額が大きいと、きちんと完済されるか懸念され、審査に通すのも慎重になってしまいます。

ですが少額での融資の場合、返済が滞るケースが少ないので、審査担当者側からも融資のハードルが下がりやすい傾向にあります。

そのため最短で融資を受ける為には、利用限度額を必要最低限にして、申し込みを行うことをおススメします。

③書類をあらかじめ用意しておく

最短で融資を進めるコツの一つに、書類をあらかじめ用意しておくのも、審査をスムーズに進めるコツになります。

書類の提出のタイミングは、申し込みフォームを送信完了後に、イオン銀行のマイページから本人確認書類及び収入証明書のアップロードを行います。

そのためWEBフォームに入力前に必要書類を用意しておくことで、スムーズに次のステップに進めることが出来るので、書類はあらかじめ用意しておきましょう。

④在籍確認の対応をする

イオン銀行カードローンでは、申告した勤務先への在籍確認が行われます。

またイオン銀行カードローンの在籍確認は免除にすることが出来ません。

消費者金融であれば、在籍確認方法を書類提出に切り替えてもらえたりすることも多いですが、銀行カードローンでは現状、融資を受けるにあたり、在籍確認は必須になるので、きちんと対応できるようにしておく必要があります。

銀行カードローンの在籍確認は免除にできる?対策方法なども解説
銀行カードローンを利用する際に、審査時に勤先へ電話が行くことがあります。これを在籍確認と呼びます この銀行カードローンの在籍確認は、必ずしも行われるものではありません。場合によっては省略されることもあります。 会社に銀行カードロ...

在籍確認が取れないと審査に通過できない

イオン銀行カードローンが審査時にもっとも重視するポイントは、申し込み者に安定した収入があるかどうかです。

申し込み資格にも「安定した収入があること」といった表記があります。

イオン銀行は、申し込み者に対して「この申し込み者は、融資を行った後も、延滞することなく、きちんと返済を行っていくことができるか」をチェックします。返済が出来ないような申し込み者に融資を行ったところで、イオン銀行の儲けにはならないですよね。

そのため、返済していく能力があるか=返済のための収入源があるのかを厳しく審査するために一番手っ取り早く確実に審査を行えるのが、申告された勤務先に電話で在籍しているかを確認することになるのです。

そのため、イオン銀行カードローンで在籍確認を免除することは出来ません。

なぜイオン銀行では即日融資ができないのか?

そもそも、何故イオン銀行カードローンでは即日融資が出来ないのでしょうか?

プロミスやアイフルなど、即日融資を謳うところも多いので、なんとなくイオンでも即日融資が出来そうな気もしますよね。

それはイオン銀行に限らず、銀行カードローンでは、即日融資が出来なくなったためです。

これまで問題視されてた自己破産者数のの増加や、某メガバンクが反社会的勢力に融資を行って居たことが明るみになったことで、銀行カードローンの審査ステップに、警視庁のデータベースへの照合が追加されました。

これは申し込みを行うたびに警視庁に問い合わせを行い、照合を行うため、データ開示までに1日かります。そのため物理的に即日融資が不可になったのです。

また「即日融資可能」と大々的に謡うことで、安易に債務者を増やしかねないとされ、メガバンクを始め銀行カードローン一丸となて即日融資を自粛する流れになったのです。

そういった背景から、イオン銀行をはじめ銀行カードローンでは即日融資での利用が不可になりました。

銀行カードローンの過剰融資問題で今後の審査はどうなる?
テレビCMやインターネットを見ていると、アコムやプロミスなどの消費者金融の広告と並んで、銀行カードローンの広告をよく見かけます。 銀行カードローンは消費者金融とは異なり「低金利で利用できる」という点がメリットですが、2017年4月の国...

どうしても急いでいる時はプロミスがおススメ

「そうはいっても、今日中にお金が必要!!!」

そんな方には、大手消費者金融の利用をオススメします。

消費者金融では即日融資に対応しているため、今日お金が必要になっても融資を受けることが出来ます。

今回は、消費者金融の中でも特に利用がしやすいプロミスをご紹介します!

プロミス

プロミス概要
商品名 プロミス
利用限度額 500万円まで
金利 4.5%~17.8%
担保・保証人 不要
遅延損害金 20.0%

大手消費者金融のプロミスは、即日融資に対応しており、とても利用のしやすいキャッシングです。

おすすめポイントを解説していきます。

  • 初回利用時30日間は無利息サービスが適用される
  • 公式のアプリローンから申し込みが可能
  • 利用者限定のクーポンなど利用できる

プロミスの一番のおすすめポイントは、初回利用時に限り無利息で利用できる点です。

「せっかく金利の低い銀行カードローンを利用したかったのに、プロミスじゃ金利高いじゃん…」

といったかたも、プロミスの初回の利用であれば30日間無利息で利用が可能です。

ということは、30日以内に返済を行えば、返済額は借入額のみでいいということになるのです。

お急ぎの場合はプロミスを利用した方がお得に利用できる可能性が高いです。

プロミスの即日融資は何時まで?最短10秒で即日融資を行う方法や口コミも解説
冠婚葬祭や病気など、急にまとまったお金が必要になることが必要になったとき、金額が大きければ大きいほど親や友人には借りにくいですよね。 金の切れ目が縁の切れ目とも言いますし…周囲の人間とは金銭問題のトラブルを避けるためにも、お金の貸し借...

イオン銀行カードローンは即日融資はできない…

今回は、イオン銀行カードローンで即日融資は可能なのか?についてご紹介したしました。

改めて、記事内容を振り返りましょう。

  • イオン銀行カードローンは即日融資に対応していない
  • 融資までは最短で翌日かかる
  • 申し込み資格に当てはまるのかを確認しておこう
  • 最短で融資を成功させるには、審査をスムーズに進めるためのコツを駆使することが大切
  • 銀行カードローンは即日融資が出来なくなってしまった
  • 即日で融資を受けたい場合は消費者金融を利用しよう

などが分かりました。

即日で融資を受けられないのは残念ですが、それでも翌日には融資を受けられる可能性が高いのです。

1日待っても利用する価値がある銀行カードローンですので、審査をスムーズに進めるコツをうまく活用し、イオン銀行カードローンで最短融資を受けましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

イオン銀行カードローンの口コミまとめ!専業主婦にも即日融資ってホント?
低金利で安心のイオン銀行カードローン 郵送不要・口座不要で申し込みのしやすさも業界トップレベルです。 銀行カードローンの利用を考えている人は、誰しも一度は選択肢に入れたことがあるのではないでしょうか。 そのような人のために...