愛銀カードローン「リブレ」の審査申し込み方法は?即日は可能?

地方銀行カードローン

愛知銀行は名古屋に本店を置く地方銀行です。

名古屋地区の地方銀行としては最も古い歴史を持ち、「あいぎん」の名称で地域住民に親しまれています。

今回は、愛知銀行に3つあるカードローン商品のうち、最も人気を集めている愛銀カードローン「リブレ」についてご紹介していきたいと思います。

愛銀カードローン「リブレ」の基本情報や申込条件、審査基準から借り入れ方法まで、公式ページだけでは伝わりにくい情報を含め、詳しく解説していきます。

銀行カードローンの審査基準は?審査に通過するためのコツも解説
銀行カードローンの利用を検討しようにも、審査はどのように行われるのかなど気になりますよね。 できるだけ審査落ちしてしまうことを防ぐためにも、あらかじめ銀行カードローンの審査基準を把握しておいて、対策しておきたいところです。 しか...

愛銀カードローン「リブレ」の基本情報

借入限度額 30万円~500万円(7コース)
金利 4.9%~13.5%
申込条件
  • 申込時年齢20歳~60歳の人
  • 安定継続した収入のある人
  • 愛知銀行の営業エリア内に居住、または勤務している人
  • 愛知銀行でカードローン口座を持っていない人
借入方法 ATM
返済方法 口座引き落とし、ATM(随時返済)
口座開設 必要
保証会社 ㈱オリエントコーポレーション

愛銀カードローン「リブレ」の利用限度額は30万円~500万円で、利用限度額は7つのコースに分けられています。

限度額の幅が大きいので、必要な金額だけを借りたい人にとっては少々使い勝手は悪いでしょう。

コース 金利
  • 30万円
  • 60万円
  • 100万円
  • 200万円
  • 300万円
  • 400万円
  • 500万円
4.9%、7.5%、12.0%、13.5%

愛銀カードローン「リブレ」の金利は利用限度額によって決められておらず、審査結果によって決定されます。

つまり、利用限度額が30万円の場合でも、審査の結果によっては下限金利の4.9%で契約できる可能性もあるということです。

愛銀カードローン「リブレ」の審査に申し込みできるのはどんな人?

愛銀カードローン「リブレ」には、どのような人が申し込みできるのでしょうか?

満20歳以上60歳以下の人

愛銀カードローン「リブレ」の年齢条件は、一般的な銀行カードローンと比べるとやや厳しめだといえるでしょう。

申込時の年齢の上限は60歳ですから、現役で働いている世代を利用対象者としていることが分かります。

年金を受給している世代は、たとえ安定した収入があっても愛銀カードローン「リブレ」の審査には申し込みできません。

愛知銀行の営業エリア内に居住・勤務している人

愛銀カードローン「リブレ」は、愛知銀行の営業エリア内に居住、または勤務している人だけが審査に申し込みできます。

愛知銀行の営業エリアは、愛知県・岐阜県・三重県・静岡県の4県ですが、支店はほとんど愛知県に集中しています。

したがって、愛知県に居住、または勤務している人なら問題なく申し込みできるでしょう。

岐阜県・三重県・静岡県は愛知銀行の営業エリアではありますが、支店は1~3店舗程度しかありませんので、愛銀カードローン「リブレ」を利用できる人はかなり限定されます。

愛銀カードローン「リブレ」の審査基準

愛銀カードローン「リブレ」は、以前は最低利用限度額が100万円に設定されており、審査のハードルが非常に高いカードローンとして知られていました。

現在、最低利用限度額が30万円まで引き下げられていますので、それまでと比べればかなり審査に通過しやすくなっています。

しかし、誰にでも手が届くカードローンに変身したわけではありません。

愛銀カードローン「リブレ」は返済金額が大きい

愛銀カードローン「リブレ」の最低返済金額は2万円です。

最低返済金額を2,000円~3,000円程度に設定している銀行カードローンはいくらでもありますので

最低返済金額が2万円というのはかなり高額であることが分かります。

つまり、愛銀カードローン「リブレ」は、毎月確実に2万円以上支払できるだけの能力がある人だけが利用できるカードローンだということを示しています。

愛銀カードローン「リブレ」はパートやアルバイトでも利用できる?

商品名 利用限度額の上限
愛銀カードローン「リブレ」 500万円
愛銀ポケットローン「ユー」 200万円
愛銀カードローン「愛」 50万円

愛知銀行には3種類のカードローンがあり、そのうち最も利用限度額が低く手軽に利用できるカードローン「愛」の利用条件にだけ「安定収入があればフリーターでも申し込み可能」との記載がみられます。

ただし、カードローン「愛」は収入要件を年収150万円以上と設定していますので、パート程度の収入では申し込みできない可能性が高いです。

愛銀カードローン「リブレ」の公式ページにはパートやアルバイトでも申し込み可能かどうかは明記されていません。

ですが、愛知銀行のカードローンの中ではもっとも利用限度額が大きいカードローンですから、「愛」よりは審査基準が厳しいと考えるのが自然です。

愛銀カードローン「リブレ」の審査は、パートやアルバイトが通過するにはかなり厳しいと考えておく方がいいでしょう。

愛銀カードローン「リブレ」の審査に通るコツ

愛銀カードローン「リブレ」の審査基準は、銀行カードローンとしては厳しめです。

属性に自信がない人、パートやアルバイトの人は審査申し込みを避ける方がいいでしょう。

カードローンの審査に落ちてしまうと、その事実は一定期間信用情報に登録され続けます。そうすると、今後のカードローン審査に影響が及ぶ可能性が出てきます。

パートやアルバイト、専業主婦でも申し込み可能な銀行カードローンは多くありますから、他の金融機関のカードローン審査に申し込みをする方が無難です。

審査落ちしたらどうすればいい?

もし、愛銀カードローン「リブレ」の審査に通過できなかった場合は、もっと利用条件が緩やかな銀行カードローンに申し込みをするのがいいでしょう。

審査通過の可能性をより高めたいのなら、大手消費者金融の審査に申し込むのもひとつの方法だといえます。

大手消費者金融なら即日融資にも対応していますし、無利息期間をうまく活用すれば銀行カードローンより利息負担が少なく済むケースもあります。

愛銀カードローン「リブレ」の申し込み方法

愛銀カードローン「リブレ」にはさまざまな申し込み方法があります。

自分に合った方法で申し込みをしてください。

インターネット

インターネット申し込みなら24時間365日審査受付していますので、普段忙しい人も手軽に申し込みできます。

  • 仕事をしているので平日の昼間は店頭窓口には行けない
  • 自分の好きなときに申し込みをしたい

上記の条件に当てはまる人におすすめの申し込み方法です。

愛銀カードローン「リブレ」は、借入希望額が300万円までなら来店不要でWEB完結で手続きできて非常に便利です。

もちろん、下記のような場合でもインターネット申し込みは可能です。

  • 特にWEB完結による手続きを希望していない
  • 借入希望額が300万円を超える

上記の場合は予約審査(仮審査)として扱われますので、正式申込時と契約時に来店しなくてはなりませんが、契約時には店頭で借り入れもできます。

また、愛知銀行に普通預金口座を持っていない人は、正式審査までに口座開設の手続きが必要です。

愛知銀行の口座は「あいぎん口座開設アプリ」からも開設が可能ですので、正式審査までに手続きを済ませておきましょう。

店頭窓口

愛銀カードローン「リブレ」について、いろいろと相談しながら審査申込手続きを進めていきたい人は店頭窓口で申し込みをするのがおすすめです。

店舗まで出向く必要はありますが、より愛銀カードローン「リブレ」について理解を深めたうえで申し込み手続きを行えます。

FAX・郵送による予約審査も可能

もし仮審査に通過できたら、店頭窓口まで行って正式な手続きをしてもいいという人もいるでしょう。
愛銀カードローン「リブレ」は、FAXや郵送による予約審査にも対応しています。

愛知銀行公式ページからは、FAX用の予約審査申込書をダウンロードできますし、郵送用の予約審査申込書をメールオーダーシステムで取り寄せることも可能です。

愛銀カードローン「リブレ」申込時の必要書類

愛銀カードローン「リブレ」申込時には、以下の書類を用意しておいてください。

【WEB完結申し込みの必要書類】

本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポートのいずれか
収入証明書(30万円コース以外のコースに申し込みをした場合に必要)
  • 給与所得者…源泉徴収票、または公的所得証明書(市区町村発行のもの)
  • 自営業者…納税証明書その2(税務署発行のもの)

【WEB完結以外の方法で申し込みをした場合の必要書類】

本人確認書類
  • 運転免許証等の写真付きの公的証明書
  • 勤務先を確認できる健康保険証
収入証明書(30万円コース以外のコースに申し込みをした場合に必要)
  • 給与所得者…源泉徴収票、または公的所得証明書(市区町村発行のもの)
  • 自営業者…納税証明書その2(税務署発行のもの)
その他
  • 通帳
  • 届出印

愛銀カードローン「リブレ」の借り入れ方法

愛銀カードローン「リブレ」は愛知銀行ATMはもちろん、非常に多くの提携ATMから借り入れ可能です。

  • 時間に関係なく利用できる提携コンビニATM(セブン銀行・ローソン銀行・イーネット・イオン銀行)
  • 相互無料提携銀行ATM(十六銀行、名古屋銀行、百五銀行、中京銀行、第三銀行、三菱UFJ銀行、静岡銀行)

特に便利に利用できます。

ATMからの借り入れ

愛知銀行ATM(8:00~21:00) 平日 終日無料
休業日 終日無料
提携コンビニATM(0:00~24:00) 平日 8:00~18:00:110円、それ以外の時間帯:220円※1
休業日 終日220円
相互無料提携銀行ATM(8:00~21:00) 平日 8:00~18:00:無料、18:00~21:00:110円※2
休業日 終日110円※3

カッコ内はATM稼働時間
※1:月曜日2:00~6:00は利用休止
※2:三菱UFJ銀行ATM、静岡銀行ATMは8:00~8:45の間は110円
※3:静岡銀行ATMは8:45~14:00の間は無料

それ以外の提携金融機関ATMの利用時には、それぞれ所定の利用手数料がかかります。

愛銀カードローン「リブレ」は即日融資に対応している?

愛銀カードローン「リブレ」は即日融資には対応していません。

書類のやり取りは郵送

WEB完結で申し込みをした場合は、最短で翌営業日に審査結果がメールアドレスに通知されます。

  • メールに添付されたURLから必要書類を提出
  • 愛知銀行担当者から電話で契約意思の確認連絡
  • インターネットで契約手続きを行う
  • ローンカードが自宅に郵送される

その後これだけの段階を踏まなければならないため、最短でも1週間程度の時間がかかります。

WEB完結以外方法で申し込みをした場合は、予約申し込みの審査結果の通知は自宅に郵送されます。
その後、

  • 愛知銀行の店頭で正式申込
  • 電話にて正式審査の結果連絡
  • 再度愛知銀行の店頭にて契約手続きをする(この時点で店頭にて初回借り入れ可)
  • ローンカードが自宅に郵送される

と、こちらも郵送によるやり取りがあるため、申し込みから借り入れまでには1週間程度かかります。

銀行カードローンは即日融資に対応していない

以前までは銀行カードローンは即日融資に対応している商品もありました。

しかし、2018年に銀行カードローンの審査手続きのルールが変更されたため、現在は愛銀カードローン「リブレ」だけではなく、どの銀行カードローンも即日融資には対応していません。

もし即日融資を希望するのであれば、即日融資にも対応している大手消費者金融の審査に申し込みをする方がいいでしょう。

おわりに

愛銀カードローン「リブレ」の審査は、属性に自信がない人には厳しい印象があります。

しかし、年収や雇用形態に問題がなければ、自分に合った利用限度額で申し込むことで審査をクリアできるでしょう。

パートやアルバイトなど返済能力がそれほど高くない人は、審査基準が厳しい愛銀カードローン「リブレ」より、柔軟な審査で対応してくれる大手消費者金融カードローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

銀行カードローンの審査は甘いの?審査に通りやすくするには
銀行カードローンを利用するには、審査に通過する必要があります。必ず審査に通過するためにも、審査が甘い銀行カードローンを利用したいですよね 審査が甘いにも、人によって定義が異なると思います。 審査が甘い銀行カードローンを探す人には...