アイフルの効率的な返済方法を解説!1日でも早く完済するためには

アイフル

アイフルと契約したのだけど、効率的に返済する方法を教えてほしい」

こちらの記事では、そんな人のためにアイフルの効率的な返済方法について徹底解説!

アイフルなどの消費者金融は契約時の審査などがフューチャーされることが多いですが、契約後の返済方法もとても大切。

借りたお金を完済できなければ、信用情報がブラックになってしまい、クレジットカードやカードローンと契約ができなくなってしまいます。

そのためアイフルと契約後は、返済計画をしっかり立てることが大切。

アイフルと契約している人は、こちらの記事を参考にして返済方法を勉強してみましょう。

アイフル
アイフル
おすすめポイント
  • 事前に融資可否が分かる「1秒診断」あり
  • 借入総額100万円以下は原則収入証明書不要!
  • 原則来店不要&郵送物なし!
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
即日
アイフルの審査へ申込み

アイフルの返済方法

アイフルの返済方法は以下の5つの方法があります。

アイフルの返済方法
  • アイフルATM
  • 提携ATM
  • コンビニ返済
  • 銀行振り込み
  • 口座振替

まずはそれぞれの返済方法について解説していきます。

各返済方法の利用可能時間・手数料について

返済方法 利用可能時間 手数料
アイフルATM 7時~23時 無料
提携ATM 24時間 1万円以下の取引1回につき108円
1万円以上の取引1回につき216円
コンビニ返済 7時~23時 1万円以下の取引1回につき108円
1万円以上の取引1回につき216円
銀行振り込み 平日14時までは当日反映 振込手数料は利用者負担
口座振替 郵送手続き…毎月6日、23日、27日から選択可能
インターネット手続き…毎月3日、26日、27日、28日から選択可能
無料

アイフルATM

ここからは各返済方法を利用するメリットを紹介していきます。

アイフルの契約ができる自動契約機に併設されているアイフルATMは、手数料なしで借り入れと返済が可能。

契約後そのまま借り入れができるので、自動契約機で契約した人はそのままアイフルATMを利用して借り入れをしましょう。

返済時も手数料がかからないので、自宅近くにある人はぜひ活用しましょう。

提携ATM

アイフルはコンビニや銀行のATMと提携して、提携ATMから借り入れ・返済ができるような仕組みを整えています。

アイフルが提携しているATMは以下の通りです。

借り入れ・返済ともに可能な提携先
  • セブン銀行
  • ローソン銀行
  • イオン銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 西日本シティ銀行E-net(ファミリーマートなどに設置)
  • 親和銀行
借り入れのみ可能な提携先
  • 福岡銀行
  • 熊本銀行

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートのATMと提携しているので、コンビニに行ったときに借り入れ・返済ができる点は便利ですね。

ただし提携ATM利用時は、1万円以下の取引1回につき108円、1万円以上の取引1回につき216円の手数料がかかります。

手数料は利用するごとにかかるので、毎回利用しているとATM手数料だけでもばかになりません。

緊急時にはとても便利ですが、あまり使いすぎるのはよくありませんね。

コンビニ返済

ファミリーマートのFamiポートとローソンのLoppiでは、アイフルの返済が可能。

それぞれの端末で手続きを進めていくとレジで提出するレシートが出てくるので、それをレジに提出すれば返済が可能です。

こちらも提携ATMと同様の手数料がかかるので、あまり利用するメリットはありませんね。

銀行振り込み

アイフル指定の口座にお金を振り込むという方法で、返済をおこなうことも可能です。

ただし振込にかかる手数料は利用者負担です。

そのため銀行振り込みを利用する場合、振込手数料が無料にできないと利用するメリットはあまりないでしょう。

たとえば住信SBIネット銀行の場合、一定条件をクリアすると他行への振込手数料が無料になります。

住信SBIネット銀行には毎月自動で振り込みをしてくれる仕組みもあるので、これらを組み合わせれば手数料もかからず返済を忘れることもありません。

ただこの後紹介する口座振替は自動引き落としかつ手数料がかからないので、毎月の返済であえて銀行振り込みを選ぶメリットは少ないです。

毎月の返済以外の返済にはとても便利なので、そのときに利用する手はありますね。

口座振替

毎月指定日に約定返済額を自動引き落とししてくれる口座振替。

郵送もしくはインターネットから申し込みが可能で、どちらから申し込みをするかで指定できる日付が異なります。

指定する日付は給料日が振り込まれた直後を指定すると、口座残高に余裕があるときに引き落とされるので、引き落としができないということはまずありません。

手数料もかからないので、毎月の約定返済にはオススメの方法ですね。

アイフルの返済額について

アイフルをはじめとした消費者金融では、毎月最低限返済しなければならない約定返済額というものが決まっています。

約定返済額分の返済をしておけば、毎月しっかり返済しているとみなされるので、しっかり把握しておきましょう。

月々の約定返済額

アイフルの約定返済額は、以下のように決まっています。

借入直後残高 サイクル制の場合の返済額 約定日制の返済額
10万円以下 5000円 4000円
10万円超20万円以下 9000円 8000円
20万円超30万円以下 13000円 110000円
30万円超40万円以下 13000円 110000円
40万円超50万円以下 15000円 130000円
50万円超60万円以下 18000円 16000円
60万円超70万円以下 21000円 18000円
70万円超80万円以下 24000円 21000円
80万円超90万円以下 27000円 23000円
90万円超100万円以下 30000円 26000円

借入直後の残高によって返済額が決まるので、基本的には完済まで同額を返済していくことになります。

ちなみに新たに借り入れがあった場合、借入直後の残高にしたがって返済金額が見直されます。

会社によっては残高によって返済額が変わる会社もあるので、返済額が変わらない点は頭に入れておきましょう。

サイクル制と約定日制の違い

アイフルの約定返済は、サイクル制約定日制の2つがあります。

サイクル制と約定日制の違い
  • サイクル制…返済日の翌日から35日後が次回の約定返済日となる
  • 約定日制…決められた日付に返済をする

このように2つのうち、どちらかを選んで返済をしていきます。

ちなみに口座振替を利用する場合、返済方法は約定日制となります。

約定日制の場合毎月返済日が決まっているので、返済を忘れにくいというメリットがあります。

一方サイクル制は毎月返済日が決まっていないので、返済日を忘れてしまう可能性がありますね。

そのため返済がかなり苦しいのでなければ、約定日制を選ぶことをオススメします。

約定額だけの支払いをしていると完済までにかかる期間

先ほども紹介しましたが、約定返済額だけ支払っておけば返済遅れにはなりません。

ちなみに約定額だけの支払いを続けていた場合、完済までにかかる期間と返済総額は以下の通りです。

借入金額 返済期間 返済回数 返済総額
10万円 2年8カ月 32回 126,194円
30万円 3年 36回 338,481円
50万円 4年10カ月 58回 750,581円
100万円 4年5カ月 53回 1,371,095円

借入直後残高で返済額が決まるので、借入金額が多いからといって返済期間が長くなるというわけではありません。

返済はできるだけ早めにしたほうがいいので、返済回数がそんなに多くならないのは嬉しいですね。

早めに完済するための返済方法

ここまでアイフルの返済方法について解説してきましたが、早めに完済するためにはどのように返済をすればよいのでしょうか。

ここからは効率的な返済方法を紹介していきます。

毎月の返済は口座振替がオススメ

アイフルの返済は、毎月約定返済額分を返済していくことになります。

約定返済を忘れてしまうと遅延損害金がかかるなどのデメリットがあるので、約定返済を忘れてはいけません。

そのため毎月の返済は、返済忘れの心配がない口座振替がオススメです。

口座振替の設定をしておくと、毎月決まった金額が自動で引き落とされるので、返済忘れの心配がありません。

約定返済額以上の返済を定期的におこなう

ただし約定返済額分だけの支払いをしていては、完済までかなり時間がかかってしまいます。

借入額が30万円までであれば約3年、借り入れが100万円までであれば約5年の返済期間がかかります。

返済が長くなればなるほど支払う金利も多くなってしまうので、早めの完済を目指しましょう。

そのためには約定返済額分以上の返済が必要です。

たとえば毎月口座振替で返済をしているのであれば、口座振替分以外に銀行振り込みやATM返済での返済をしていきましょう。

約定返済額分以外の返済は都度返済として扱われるので、毎月の約定返済額とは別で扱われますよ。

口座振替で返済しているのであればあまり気にならないですが、銀行振り込みやATMで返済をしている人は気をつけましょう。

返済にかかる手数料をおさえる

約定返済額分は口座振替での返済がオススメですが、都度返済で銀行振り込みやATMでの返済をしていく必要があります。

しかし先ほど紹介したように、銀行振り込みは振込手数料が自己負担ですし、提携ATMの場合利用手数料がかかります。

手数料は微々たる額ですが、手数料が積み重なるととてももったいないです。

手数料を節約するためには以下のといずれかの方法で都度返済をしましょう。

手数料節約をするには
  • アイフルATMから返済をする
  • 振込手数料が無料の銀行口座から返済をする

住信SBIネット銀行やGMOあおぞら銀行などのネットバンクであれば、振込手数料もかかりません。

ネットバンクはコンビニATMの利用手数料も無料にできるので、日々の生活費を節約するためにもオススメですよ。

アイフルで返済が遅れそうな対処方法

「アイフルの返済にどうしても遅れてしまうけど、どうすればいいのだろう」

さまざまな事情で返済が遅れてしまうことがありますが、そのときしっかり対応しないと大変なことになってしまいます。

ここからはアイフルで返済が遅れそうなときの対処方法を紹介していきます。

返済が遅れそうであればすぐアイフルに電話をする

アイフルで返済が遅れそうであれば、すぐアイフルに電話をしましょう。

このあたりの対応方法は、お金を貸す側の立場に立ってみるとわかりやすいです。

お金を貸す立場に立つと、返済が遅れても相手から電話がくれば不安が少し解消されますよね。

逆に連絡がなく支払いが遅れると

「もう連絡がとれなくなって、お金が返ってこないのではないか」

このように考えてしまい、不安を増長してしまいます。

アイフル側も返済日から数日経過しても返済がない場合、登録された携帯電話に連絡をしてきます。

ただ返済が遅れてしまっている責任は利用者にあるので、できればアイフルから連絡が来る前に、自分から遅れる連絡をいれましょう。

アイフルに電話をすれば支払いの相談にのってくれる

「返済が遅れることを伝えたら、アイフルの人に怒られそうで怖い」

返済が遅れる電話をしようとしても、このように考えてしまってなかなか電話ができないという人もいるのではないでしょうか。

筆者もかつて返済が遅れる日々が続いたことがあり、自分から電話をすることを躊躇してしまうことがありました。

しかし実際にアイフルに電話をしてみると、アイフルは建設的な対応をしてくれることがわかります。

アイフルはこれまでにさまざまな債務者に対応をしており、返済遅れへの対応も慣れています。

そのため返済が遅れたことをただ責めても、返済がすぐおこなわれるわけではないことは重々わかっています。

返済をしっかりおこなうためには、返済計画をしっかり立てるという建設的な対応が必要。

こうしたことがわかっているからこそ、アイフルに返済が遅れる旨を伝えると

「いつごろ返済ができそうでしょうか?」

「返済が厳しければ、今月は利息分だけでも大丈夫ですよ」

といった形で対応をしてくれます。

アイフルは相手を怖がらせることなく対応してくれるので、まずは電話して事情を伝えることが大切ですよ。

少しだけでも支払いをする姿勢が大切

またこれは精神的な話ですが、返済が遅れるときは少しだけでも支払いをする姿勢を見せることが大切です。

アイフルとして避けたいのは

「債務者と連絡がとれなくなり、支払いがおこなわれなくなること」
が1番です。

いわゆる飛んでしまうということですね。

少しずつでも支払いがおこなわれるのであれば、アイフル側としても気持ちが楽になります。

そのためたとえ返済が遅れてしまったとしても、支払いを続ける姿勢を見せることが大切ですよ。

アイフルで返済が遅れてしまったらどうなる?

続いてはアイフルで返済が遅れてしまったときのリスクについて解説していきます。

遅延損害金が発生する

アイフルで返済が遅れたとき、返済が行われるまで遅延損害金が発生します。

遅延損害金は1日ごとに発生するので、返済が遅れれば遅れるほど支払わなければならないお金が増えていきます。

ちなみにアイフルの遅延損害金は20.0%。

遅延が発生した場合、通常の利息ではなく遅延損害金の利息で計算がおこなわれるので、支払う金利は日々増えていきます。

ちなみに借入残高30万円で7日支払いが遅れた場合、利息は約1,150円。

年利18.0%で契約している場合の利息は約1,035円なので、通常より100円ほど多く支払わなければなりません。

わずかな金額と思うかもしれませんが、1日遅れるごとに金額は増えていくので意外とばかになりませんよ。

信用情報に遅延記録が残る

またアイフルの返済が遅延すると、信用情報に遅延記録が残ります。

信用情報とは、クレジットやローン等の申し込みや契約に関する情報を指します。本人を識別するための情報のほか、クレジットの申込内容や契約内容、支払状況、残高などで構成されており、主にCICに加盟するクレジット会社等から登録された情報になります。
引用:CIC(https://www.cic.co.jp/confidence/intro/basic.html)

信用情報はアイフルをはじめとした消費者金融や、クレジットカード会社が審査時必ず確認するもの。

そのため遅延記録が残っていると、クレジットカードやカードローンの審査で不利になります。

「支払いが遅れている人=今後支払いができなくなるかもしれない人」

カードローン会社やクレジットカード会社はこのような判断をします。

また以下のいずれかの条件を満たしてしまった場合、信用情報がブラックと呼ばれる状態になります。

信用ブラックの状態とは?
  • 支払いが61日以上遅れる
  • 債務整理をする

後ほど詳しく解説しますが、信用情報がブラックになると少なくとも5年間はカードローンやクレジットカードと契約できません。

アイフルの返済が遅れると、アイフルだけでなく今後の生活にも大きな影響が出てしまいますよ。

長期延滞の場合督促のハガキが届く

アイフルの返済が遅れていて、アイフルに連絡をしていないと登録住所に督促のハガキが届きます。

延滞して日が浅いうちは通常郵便でハガキが届きますが、それも無視して長期延滞をしていると状況が一変。

内容証明郵便で、借金残高の一括請求書が送られてきます。

これは長期延滞によって、消費者金融の規約違反となったため、アイフルが一括請求権を行使したということ。

アイフルをはじめとした消費者金融の規約には、支払いが遅延した場合一括請求することが記載されているので、それを行使したということです。

この時点で多くの人は、かなりまずい状況であることがわかります。

督促状にはいった記載がされているので、裁判という言葉を見てかなり動揺するでしょう。

「〇〇日までに支払いをしないと、裁判を起こして差し押さえをおこないます。」

ただ借入残高を一括で支払うことも現実的ではないので、まずはアイフルに電話をして、連絡ができなかった謝罪と返済ができない旨を伝えましょう。

今後の返済計画がしっかり話し合いができ、返済する意思があるとみなされれば裁判をおこさない方向で話を進めてくれます。

アイフルとしても裁判を起こすとお金と労力がかかるので、できるだけ避けたいというのが本音でもあります。

最悪の場合裁判がおこなわれ財産が差し押さえられる

しかし督促状が届いてもそれを無視した場合、次は裁判所から通知が届きます。
裁判所からの通知には以下のようなことが記載されています。

裁判所からの通知
  • 債務者がアイフルから訴えられたこと
  • 裁判がおこなわれる日付
  • 債務者はどのような解決策をのぞむのか

金銭の貸し借りにおける裁判は、双方が納得すれば和解という手段がとられることがあります。

和解をするためには今後の月いくらずつ支払いをするという支払い計画を立て、これを双方が納得する必要があります。

できれば和解で解決したいですね。

しかしこの裁判通知も無視していると、裁判が実施されます。

裁判が実施された場合、債務者が勝てることはないので、債務者が敗訴。

消費者金融は債務者の財産を差し押さえてもよいという判決が下ります。

債務者名義の預貯金・生命保険・不動産がある場合、それは消費者金融のものとなり、給料の差し押さえも可能です。

給料の差し押さえがおこなわれることは会社にも通知されるので、会社の人にも状況がばれてしまいますよ。

裁判がおこなわれて判決が出されてしまうと、今後の生活はかなり制限されてしまいますよ。

信用情報がブラックになってしまったらどうなる?

アイフルの返済ができなくなってしまったときの大きなリスクとして、信用情報がブラックになってしまうということがあります。

信用情報がブラックになってしまうと生活にさまざまな影響がでて、生活スタイル自体が変わってしまいます。

実際に信用情報がブラックになってしまうと、どのような状態になってしまうのでしょうか。

クレジットカードやカードローンと契約できなくなる

信用情報がブラックになってしまうと、クレジットカードやカードローンと契約ができなくなります。

一度信用情報がブラックになってしまうと、延滞が解消される、もしくは債務整理がおこなわれて支払いが完了してから5年間は情報が消えません。

そのため少なくとも5年間はクレジットカードやカードローンと契約できないということ。
キャッシュレス社会の波がきている現代で、クレジットカードが作れないのはなかなか痛手ですね。

クレジットカードが作れない場合デビットカードを代替手段として使いますが、ポイント還元率を考えるとやはりクレジットカードの方がオススメ。

クレジットカードやカードローンと契約できないことは、将来的に考えても大きなダメージになります。

携帯電話の分割払いもできないので生活が変わる

またあまり知られていませんが、docomoやauといった携帯電話会社も信用情報に情報を載せています。

みなさんも携帯電話を新規で購入するとき、本体代を分割で購入しますよね?

携帯電話の分割購入もローン契約なので、分割購入時は信用情報を見て審査がおこなわれます。

そのため信用情報がブラックになってしまうと、携帯電話の分割購入ができなくなります。

つまり本体代も一括購入で支払いをしなければならないということ。

スマートフォンは本体代が10万円近くするので、事前にお金を貯めてからでないとスマートフォンが手に入りにくくなります。

携帯電話の分割購入ができないと、生活が変わってしまうという人もいると思うので、信用情報がブラックになってしまうと大変ですね。

精神的に追い詰められてしまう

アイフルの返済ができなくなると、精神的に追い詰められてしまいます。

これは消費者金融の延滞をした人しかわからないのですが、過去に消費者金融の延滞をして最終的に自己破産をした筆者は以下のような事態に襲われました。

  • 夜うなされて眠れない
  • 携帯電話が鳴るたびにビックリする
  • ストレスでやつれる

返済できないことは自分が悪いので何とかしたいのですが、返済の目途が立たなかったのでどうしようもない。

そのような状態が続いてどんどんストレスがたまって、精神的に追い詰められてしまいました。

このような状態になってしまうと正常な判断ができなくなるので、かなり危険な状態になってしまいます。

どうしても返済できないのであれば早めの対応を

借り入れの返済が遅れてしまうと、精神的に追い詰められて正常な判断ができないことがあります。

そのためどうしても返済ができないのであれば、債務整理や自己破産といった対応を早めに考えましょう。

筆者も精神的に追い詰められたうえ、両親に相談して最終的に自己破産するという選択肢をとりました。

自己破産をしてしまったのでクレジットカードが作れないなど不便ではありますが、今は自己破産をしてよかったと思っています。

消費者金融から電話がかかってきたり、自宅に督促状が届いたりすると、正常な精神をたもつことが難しいです。

そのような状態ではまともに仕事ができませんし、夜もまともに眠れません。

それであれば自己破産をして、一度生活を立て直したほうが、次に進めます。

筆者の場合自己破産をして精神面がかなり楽になったので、自分で仕事を見つけて今は楽しく生活ができています。

自己破産によって多少不便だなと思うこともありますが、生活自体は問題なくできます。

自己破産をせずいつまでもしんどい状態が続くのであれば、一度自己破産をする決意をしたほうが、個人的にはいいと思っています。

アイフルの返済は計画的に終わらせよう

ここまでアイフルの返済について解説をしてきました。

アイフルから借り入れをしたのであれば、計画的に返済をしなければなりません。

今返済中という人は、返済計画をしっかり立てて早めに完済を目指しましょう。

アイフルの即日融資は何時まで?申し込み方法別に解説
「今すぐにお金が必要」という方の心強い味方、アイフル。 大手消費者金融のアイフルは、即日融資に対応していますが、申し込み時間が制限されています。 何も知らずに申し込めば、融資が翌営業日になるなんてことも。せっかく申し込むなら、す...
アイフルの審査に通るためにはどうすればいい?審査通過方法を解説
大手銀行系列の消費者金融が業績を伸ばす中、独立系消費者金融として業績を伸ばしている会社がアイフルです。 そんなアイフルですが、「審査が甘いのではないか?」という口コミを見かけることがあります。 大手銀行系列に属さない独立系消費者...