アイフル自動契約機での申し込み方法や審査について解説!

アイフル

CMや広告でもよく見る消費者金融の一つに、アイフルがあります。

大手銀行傘下の消費者金融も多いですが、アイフルは独立系消費者金融として経営を続けており、東証一部にも上場。

グレーゾーン金利廃止に伴う赤字の危機もありましたが、現在では堅実に経営を続けています。

そんなアイフルですが、はじめて利用する人は不安も多いのではないでしょうか。

こちらの記事では、アイフルをはじめて利用する人におすすめする自動契約機の利用方法について徹底解説!

アイフルを利用するときの不安がなくなるよう、細かな点まで解説しています。

これからアイフルの自動契約機を利用しようと考えている人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

\↓今すぐ申し込みはこちら!↓/

アイフル
アイフル
おすすめポイント
  • 事前に融資可否が分かる「1秒診断」あり
  • 借入総額100万円以下は原則収入証明書不要!
  • 原則来店不要&郵送物なし!
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
即日
アイフルの審査へ申込み

アイフル自動契約機の基本情報は?

まずはアイフル自動契約機の基本情報を紹介していきます。

自動契約機がある場所

アイフルの自動契約機は、全国に約800台。

47都道府県に自動契約機があるので、自宅近くに自動契約機がないか探してみましょう。

自動契約機がある場所はアイフルの公式ホームページ(https://www.aiful.co.jp/topics/?cid=PF40H900)に記載されています。

ちなみに東京都内がもっとも店舗が多く、新宿駅周辺だけで7台の自動契約機が設置されています。

他にも大きめの都市の駅前には無人契約機が設置されているので、自宅近くにあるかどうか調べてみましょう。

アイフルの自動契約機の営業時間

アイフルの自動契約機は営業時間が決まっています。

アイフルの自動契約機の営業時間は、平日・土日・祝日関係なく8時から22時まで。

ちなみにアイフルの審査対応時間は、こちらも曜日関係なく9時から21時までです。

そのため21時までに審査が完了しないと、当日中にお金は借りられません。

アイフルの公式ホームページには、最短30分で審査が終了すると記載されていますが、それはあくまで最短の話。

審査に時間がかかる可能性がある人
  • はじめてアイフルを利用する人
  • 在籍確認がとれない人
  • 信用情報に問題がある人

これらに当てはまる人は審査に時間がかかることがあるので、早めに申し込みをしておきましょう。

\↓今すぐ申し込みはこちら!↓/

アイフルの自動契約機でできる手続きは?

アイフルの自動契約機は、アイフルの契約に関わることすべてができます。

自動契約機内には電話があり、その電話はオペレーターにつながっているので、契約に関して不明な点があれば、すぐに質問が可能。

申込用紙も設置されているので、必要書類を持っていればそのまま契約できます。

契約を進める意思があるのであれば、オペレーターの指示を受けて契約が進んでいきます。

また契約を進めている間は、自動契約機内から出られません。

そのため審査中は自動契約機内で待つことになります。

人によっては1時間以上自動契約機内で待たなければならないので、時間をつぶすものは何か持っていったほうがいいですね。

アイフルの自動契約機を使って当日中にお金を借りる方法

続いてはアイフルの自動契約機を使って、当日中にお金を借りる方法を解説していきます。

アイフルは平日14時以降振り込み対応をおこなっていないため、それ以外の時間で即日融資を希望する場合、自動契約機を使うかスマホアプリを利用するかの2択。

スマホアプリは来店不要というメリットがありますが、借入時に手数料がかかるというデメリットもあります。

そのため自宅近くに自動契約機があるのであれば、自動契約機での契約がおすすめですよ。

当日にお金を借りるための条件とは?

アイフルで当日中にお金を借りるためには、審査対応終了時間である21時までに審査が完了していなければなりません。

21時までに審査が完了すれば、自動契約機内にあるカード発券機からローンカードが発行されるので、自動契約機横に設置されているATMから借り入れが可能。

アイフルの自動契約機は手数料がかからないので、そのままお金が借りられて便利です。

21時までに審査を完了させるためには、遅くとも20時までに申し込みを完了させましょう。

アイフルの公式ホームページには、最短30分で審査が完了するとありますが、それは非常に稀なケース。

審査には1時間以上かかることも多いので、時間には余裕をもって申し込みをしましょう。

ちなみに土日祝日は申し込みが増えるため、審査にも時間がかかることが多いです。

土日祝日に申し込みをする人は、より余裕をもっておくといいでしょう。

アイフル利用前に用意しておくもの

アイフルとの契約時必ず必要になるのは、本人確認書類です。

運転免許証を持っている場合は運転免許証を、そうでない場合パスポート・住民基本台帳カード・個人番号カードなど、顔写真付きで公的な本人確認書類が必要。

学生証などは本人確認書類としては認められないので、注意しましょう。

また場合によっては収入証明書も必要です。

収入証明書の提出が必要になるのは、以下のような場合です。

収入証明書が必要な場合
  • アイフルの利用限度額が50万円を超える場合
  • アイフルと他の貸金業者からの借入総額を合わせて100万円を超える場合
  • その他アイフルから提出の依頼があった場合

収入証明書として認められるものは以下のいずれかになります。

収入証明書として必要なもの
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給与明細書(直近2か月分)
  • 確定申告書
  • 所得証明書

利用限度額などの条件を満たす人はもちろん、そうでない人も収入証明書の提出を求められることがあるので、収入証明書は用意しておきましょう。

自動契約機を利用する流れ

それではアイフルの自動契約機では、どのような流れで契約がおこなわれるのでしょうか。

自動契約機内に入ると電話があり、以下のような流れで契約が進みます。

自動契約機の利用の流れ
  1. 受話器を取ってオペレーターに繋ぐ
  2. オペレーターの案内を聞く
  3. 申込書を記入しスキャンして提出
  4.  本人確認書類をスキャンして提出
  5. オペレーターと必要事項の確認
  6.  審査
  7.  カード発行
  8.  書類に署名

電話口でオペレーターが指示をしてくれるので、それに従っていれば契約が進んでいきます。

ちなみに事前にインターネットで申し込みをしておくと、手続きはよりスムーズに進みます。

審査中は自動契約機内滞在しなければならないので、時間を短縮するためにも事前に申し込みはしておいた方がいいですね。

アイフル自動契約機を使うときの注意点は?

続いてはアイフルの自動契約機を使うときの注意点を紹介していきます。

事前に用意できる書類は用意しておく

先ほど紹介したように自動契約機を使って契約するときは以下の2点が必要です。

自動契約機で必要な書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書

収入証明書は提出しなくてもいいケースがありますが、提出を求められたときのために、できれば用意しておきましょう。

必要書類が提出できない場合、即日契約ができないこともあります。

わざわざ自動契約機まで行くことは手間なので、用意できる書類は事前に用意しておきましょう。

借入希望額は低めに設定しておく

アイフルと契約時には、借入希望額の申請ができます。

希望額の申請なので、自分の借りたい金額を書くのですが、できれば必要最低限の額にしておきましょう。

借入希望額が高い人に対して、カードローン会社は

「なぜこんな大金が必要なのだろう?」

という疑問をもって、審査が厳しくなる傾向があります。

もちろんお金が必要な理由がしっかりしていて、返済できる見込みがあれば審査には通ります。

ただ審査が厳しくなることは間違いないので、借入希望額は低めに設定しておくほうがいいでしょう。

借入希望額が高すぎると審査に時間がかかり、即日融資ができないケースもありますよ。

嘘の情報は絶対書いてはいけない

「少しでも多くお金を借りたいから、年収を多めに書いておこう」

このように考えている人がいるかもしれませんが、申込書に嘘の情報は絶対書いてはいけません。

嘘の情報が発覚した時点でその人は信頼できないとなるので、即審査落ちします。

年収を少し多めに書いてもばれないと思うかもしれませんが、カードローン会社はこれまで多くの人を対応してきたプロ。

会社の規模を見れば給料がどのくらいかわかりますし、少しでも疑問をもったら収入証明書の提出を求めます。

そのため審査に合格したいと思っても嘘をついてはいけません。

嘘をついていなかったら審査に合格していたのに、嘘をついたがために審査落ちしてしまうということもありますよ。

アイフルの自動契約機で審査はどのように行われる?

アイフルの自動契約機を使って申し込みができたとしても、審査に通過しなければ意味がありません。

最後にアイフルの自動契約機では、審査がどのようにおこなわれ、審査に合格するためにはどうしなければならないか解説していきます。

申し込み後信用情報・勤務先情報がチェックされる

アイフルの自動契約機から申し込みが入ると、申込者の信用情報がチェックされます。

信用情報とは、クレジットやローン等の申し込みや契約に関する情報を指します。本人を識別するための情報のほか、クレジットの申込内容や契約内容、支払状況、残高などで構成されており、主にCICに加盟するクレジット会社等から登録された情報になります。
引用:CIC(https://www.cic.co.jp/confidence/intro/basic.html)

信用情報には、これまでのクレジットカード・カードローンの支払い情報が記載されていますので、遅延なく支払いしているかどうかは一目瞭然。

申込者が遅れなく支払いしてくれるかどうか、人間性をチェックします。

ちなみに金融ブラックと呼ばれる人は、この時点で即審査落ち。

金融ブラックに当てはまる人
  • 支払いが61日以上遅れた
  • 債務整理をしている

上記に当てはまる人は、金融ブラックになります。

金融ブラックは支払い状況が改善されてからも、最低5年はブラック状態が継続します。

ブラック状態になるとクレジットカード・カードローンと契約できない状態になるので、生活がかなり不便になってしまいますよ。

信用情報のチェックが終了すると、その後勤務先情報が確認されます。

どんな会社で働いているかは返済能力に直結するので、会社情報や収入面をチェック。

その人が毎月の返済額を継続して返済できるか審査します。

ちなみに収入が高いからといって、審査が有利になるかというとそうではありません。

カードローンの返済は長期間になるため、収入が安定していることが1番大切です。

そのため給料のいいベンチャー企業の人は審査に落ちたけど、給料は低いけど東証一部に上場している会社の人は審査に受かったというケースもありますよ。

在籍確認がおこなわれて仮審査終了

信用情報と勤務先情報に問題なければ、次は在籍確認がおこなわれます。

在籍確認とは、申込書に記載された勤務先で本当に働いているかどうか確認するためのもの。

アイフルでは申込書に記載された勤務先に電話をして、働いているかどうか確認します。

「在籍確認で勤務先に電話がかかってくるということは、会社に消費者金融の利用がばれるのではないか?」

と思う人もいると思いますが、結論を述べると会社にばれることはほぼありません。

アイフルから会社に電話をするときは会社名でなく個人名で対応しますし、電話に出た人に会社名を聞かれても答えることはありません。

アイフルも会社に利用がばれることが嫌な人が多いことはわかっていますので、それにともなった対応をしてくれますよ。

信用情報・勤務先情報などをもとに最終的な判断がくだされる

在籍確認が問題なければ、仮審査に合格し本審査へと移ります。

本審査では人の手によってもう一度信用情報と勤務先情報がチェックされ、その人にいくらまでなら貸していいか最終的な判断が下されます。

本審査に合格したら自動契約機内で通知されるので、契約書にサイン後ローンカードが発行されますよ。

もし審査に落ちてしまっても半年後に再チャレンジできる

またもし審査に落ちてしまったとしても、半年後には再チャレンジができます。

信用情報にはカードローンへの申し込み情報が記載されますが、申し込み情報は半年で消えるため、半年後にはまた新たな状態で申し込みが可能。

審査に落ちた理由を分析して、再チャレンジしましょう。

アイフルの自動契約機を活用しよう!

ここまでアイフルの自動契約機について解説をしてきました。

アイフルの自動契約機は土日祝日でも22時まで営業しており、21時までに審査が完了すれば即日融資が可能。

消費者金融によっては土日祝日が短縮営業の会社もあるので、即日融資を希望している人にとっては、とても便利な会社です。

これからアイフルに申し込みをしようと思っている人は、自動契約機を利用してみてはいかがでしょうか。

アイフルの即日融資は何時まで?申し込み方法別に解説
「今すぐにお金が必要」という方の心強い味方、アイフル。 大手消費者金融のアイフルは、即日融資に対応していますが、申し込み時間が制限されています。 何も知らずに申し込めば、融資が翌営業日になるなんてことも。せっかく申し込むなら、す...