アイフルのおまとめローンはどんな商品?利用するメリットは?

東京スター銀行カードローン 増額-東京スター銀行カードローンの増額について考える女性 アイフル

「おまとめローンの利用を検討しているのだけど、どの会社に申し込みをすればいいかわからない」

「アイフル含めた複数社から借り入れをしているのだけど、月々の返済負担を減らしたい」

こちらの記事では、そんな人に向けてアイフルのおまとめローンを紹介しています。

複数社から借り入れをしている人向けの商品であるおまとめローンですが、その商品内容やどんな人が申込できるのかは意外と知られていません。

はたしておまとめローンとはどのような商品で、アイフルのおまとめローンを利用するメリットはどのようなところにあるのでしょうか。

アイフル
アイフル
おすすめポイント
  • 事前に融資可否が分かる「1秒診断」あり
  • 借入総額100万円以下は原則収入証明書不要!
  • 原則来店不要&郵送物なし!
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
1~800万円
審査時間
最短30分
融資時間
即日
アイフルの審査へ申込み

おまとめローンってそもそも何?

まずはおまとめローンという商品が、どのような商品であるのか解説していきます。

複数社の借り入れを1社にまとめるローン

おまとめローンを一言でいうと、複数社の借り入れを1社にまとめるローンのこと。

たとえばA社から20万円、B社から30万円、C社から50万円と合計100万円の借り入れがある人がいたとします。

A社、B社、C社はそれぞれ返済日も異なり管理も大変で、月々の返済も負担が大きい。

そんな人のために生み出された商品がおまとめローン。

3社分の借り入れ100万円を1社にまとめて、今後はその1社に返済をしていくというながれです。

おまとめローンを引き受ける会社は先述の人であればA社、B社、C社のいずれかの場合もありますし、全く違うD社がおまとめローンを受けることもあります。

おまとめローンを利用すると月々の返済額が下がり返済がしやすくなる

おまとめローンを利用すると、これまで複数社に返済していたところが1社のみになります。

そのため月々の返済額が下がり、返済しやすくなるというメリットがあります。

月々の返済に苦しんでいる人にとって、これは大きなメリットですね。

ただ月々の返済額が少なくなっていますが、借入総額は変わっていないので、完済までの期間は長くなります。

月々の返済額が減ることはメリットですが、長期的に見ると支払う金利の額は増えています。

おまとめローンを利用する前には、このようなデメリットがあることもしっかり把握しておきましょう。

おまとめローンは総量規制対象外

またおまとめローンは、消費者有利の契約とされているので総量規制の対象外です。

過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)。
引用:日本貸金業協会ホームページ(https://www.j-fsa.or.jp/association/money_lending/law/)

消費者金融からの借り入れは年収の3分の1以下に制限されていますが、おまとめローンでまとめられた借り入れについては総量規制の対象外。

銀行カードローンなども含めて多額の借り入れがある人でも、消費者金融のおまとめローンとは契約できます。

そのためおまとめローンを探すときは、自分にメリットがある会社を探しましょう。

アイフルのおまとめローンの基本情報

それではアイフルのおまとめローンはどのような商品なのでしょうか。

かりかえMAXとおまとめMAXの違い

アイフルのおまとめローンには、かりかえMAXとおまとめMAXという2種類の商品があります。

どちらも商品内容は変わらずかりかえMAXはアイフルと契約がない人用の商品で、おまとめMAXはアイフルと契約がある人用の商品です。

どちらも商品内容に違いはないので、アイフルと契約をしているかどうかで、どちらに申し込みをするのかおのずと決まってきますよ。

アイフルおまとめローンの基本スペック

それではアイフルおまとめローンの基本スペックを紹介していきます。

申込資格 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方
貸付利率 3.0%~17.5%
遅延損害金 20.00%
契約限度額 1万円~800万円
担保・保証人 不要
必要書類
  • 他社借入条件等の確認ができる書類
  • 本人確認書類
  • 源泉徴収票等収入を証明する書類
追加借り入れ 不可
返済方法 口座振替

アイフルのカードローンとの違いとしては以下の2点が主な違いです。

アイフルのカードローンの違い
  • 追加借り入れが不可
  • 返済方法が口座振替のみ

アイフルのカードローンでは、借入限度額が決められており、限度額内であれば何度でも借り入れが可能でした。

しかしおまとめローンでは追加借り入れができないので、一度借りたのであればあとは返済するのみ。

返済方法も口座振替のみなので、毎月自動で銀行口座から引き落としがおこなわれます。

つまりアイフルおまとめローンを利用した人は、毎月決まった金額をしっかり返済していくだけということですね。

アイフルおまとめローンと他社おまとめローンとの比較

ここまでアイフルのおまとめローンを紹介してきましたが、他社のおまとめローンと比較するとどのような点が違うのでしょうか。

いくつかの観点から、他社との違いを解説していきます。

金利の違い

アイフルのおまとめローンと他社のおまとめローンの金利の違いは以下の通りです。

会社名 金利
アイフル 3.0~17.5%
アコム 7.7~18.0%
オリックス 3.0~14.5%
東京スター銀行 12.50%

全体的な傾向として、消費者金融であるアイフルやアコムは金利が高い傾向ですね。

金利がいくらになるかは審査で決まりますが、低い金利になることは考えにくいです。

アイフルをはじめとした消費者金融は、金利をとることで利益を得ているので、金利を下げると利益が減ってしまいます。

そのため金利は高めに設定されることが多いですね。

特にアイフルへの返済実績がないかりかえMAXを利用する人は、金利が高めになることは覚悟しておきましょう。

アイフルへの返済実績があるおまとめMAXであれば、これまでの返済実績をもとに多少金利が下がる可能性はありますね。

追加借り入れは不可

先ほども紹介したように、アイフルのおまとめローンでは追加借り入れができません。

そのため一度おまとめローンと契約すると、その後は完済までひたすら返済し続けるのみ。

またおまとめローンは総量規制の対象外ですが、まとまった金額の契約になるので、他社からあらたに借り入れをすることも難しいです。

このようなことを考えると、アイフルのおまとめローンを利用するのであれば、事前に返済シミュレーションはしっかり立てておきましょう。

ちなみにアイフル以外の会社では、追加借り入れが可能な会社もあります。

消費者金融のおまとめローンは追加借り入れが不可、銀行カードローンのおまとめローンは追加借り入れが可能なことが多いですね。

追加借り入れができないことで返済ができなかったときは、債務整理や自己破産をしなければならない可能性が高いことは頭に入れておきましょう。

即日融資が可能

アイフルのおまとめローンは、カードローンと同様即日融資が可能です。

ただしアイフルおまとめローンと即日契約する場合、アイフルの店頭窓口に行く必要があります。

アイフルの店頭窓口は25店舗(2019年5月現在)しかないので、近くにないと行くことが難しいですね。

店頭窓口がどこにあるのかはアイフルの公式ホームページに記載されていますので、探してみましょう。

店頭窓口に行けない場合、アイフルおまとめローンは電話申し込み後郵送での対応となります。

郵送の場合アイフルから書類を受け取り、その後アイフルに返送しなければならないので、契約まで1週間はかかるでしょう。

即日融資が可能な点はアイフルおまとめローンのメリットですが、店頭窓口でしかできないことは頭に入れておきましょう。

アイフルおまとめローンを利用するメリット

それではアイフルおまとめローンを利用するメリットは、どのような点があるのでしょうか。

最短即日で融資が可能

アイフルおまとめローンを利用するメリット1つ目は、最短即日で融資が可能な点です。

後ほど詳しく解説しますが、おまとめローンは通常のカードローンより審査が厳しく時間もかかることが多いです。

そのため即日融資ができるおまとめローンは少ないのですが、アイフルおまとめローンでは即日融資が可能。

ただし先ほども紹介したように、アイフルおまとめローンで即日融資をするためには、店頭窓口で申し込みをしなければなりません。

もちろんわざわざ店頭窓口まで行っても審査落ちする可能性はありますので、そのときは無駄足になってしまいます。

ちなみに同じ消費者金融であればアコムのおまとめローンは、無人契約機でもおまとめローンの即日融資が可能。

金利はアイフルに比べると高いですが、無人契約機で即日融資ができるのはメリットですね。

年齢上限がない

アイフルおまとめローンを利用するメリット2つ目は、年齢上限がないことです。

アイフルおまとめローンの申込条件は

「満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方」

つまり年齢による申し込み制限がなく、70歳以上の方でも審査に合格する可能性があります。

年齢による条件が設けられていないので、比較的誰でも申し込みがしやすいおまとめローンと言えるでしょう。

他社に比べて審査が比較的緩め

アイフルおまとめローンを利用するメリット3つ目は、他社に比べて審査が比較的緩めだということです。

先ほど紹介したように、アイフルおまとめローンは申込条件に細かな条件が記載されていません。

それでは他社の場合はどうでしょうか。

年利12.5%という低めの金利で申し込みできる東京スター銀行おまとめローンの申し込み条件は以下の通りです。

東京スター銀行のおまとめローン
  • ご融資時の年齢が満20歳以上65歳未満の方
  • 前年度の税込年収が200万円以上の方
  • 給与所得者の方で、正社員・契約社員・派遣社員の方
  • 過去に債務整理や自己破産をされていない方
  • 現在ご利用中のローンを延滞されていない方
  • 過去(6ヵ月以内)に当行ローンの審査で否決されていない方

このようにいくつかの条件を満たさなければ、申し込みをしてもすぐに審査落ちしてしまいます。

東京スター銀行の場合、年齢・年収・雇用形態による申し込み制限があるので、申し込みができる人が限られますね。

東京スター銀行のような金利の低いおまとめローンは、多くの人から申し込みがあるので、審査は厳しくなる傾向です。

一方アイフルは特に申し込み制限をかけず、広く利用者を募集しています。

その分金利は高くなりますが、申し込みのハードルが低いということは審査も比較的緩くなることがわかります。

アイフルおまとめローンを利用するデメリット

アイフルおまとめローンを利用するメリットを紹介してきましたが、メリットだけでなくデメリットも知っておきましょう。

ここからはアイフルおまとめローンを利用するデメリットを紹介していきます。

金利が高い

アイフルおまとめローンを利用するデメリット1つ目は、金利が高いことです。

先ほど紹介したように、アイフルおまとめローンの金利は3.0~17.5%。

最低金利の3.0%を見るとかなり金利は低いように思えますが、実際一桁代の金利が設定されることは少ないです。

多くの場合金利は15%以上に設定されることが多いですね。

一方東京スター銀行の場合、金利は固定で12.5%。

金利が事前にわかっているので、申し込みもしやすいです。

大まかに計算すると100万円の借り入れの場合、金利が1%違うと年間で支払う金利は1万円違ってきます。

おまとめローンの場合、金額もまとまったものになりますし、返済期間も長期間になります。
そのため金利がいくらになるのかは、とても重要な事項。

金利は少しでも低い方が、返済が楽になるので金利が高い点はデメリットですね。

追加借り入れができない

アイフルおまとめローンを利用するデメリット2つ目は、追加借り入れができない点です。

おまとめローンの中には、追加借り入れができるものもありますが、アイフルおまとめローンの場合、追加借り入れはできません。

そのため一度アイフルおまとめローンと契約したら、その後は完済するまで支払いを続けることになります。

もちろんそれができれば問題ないのですが、完済まで数年かかることを考えると少し不安に思う人もいますよね。

もしアイフルおまとめローンと契約後、お金が足りなくなってしまったら、他社からあらたに借り入れをすることも難しいです。

なぜならおまとめローンはまとまった金額のローンなので、他社から見るとまとまった金額の借り入れがある人からの申し込みであることがわかります。

多額の借り入れがあり、それがしかも追加借り入れ不能なおまとめローンとなれば、カードローン会社としてはリスクを感じますよね。

そうなってしまった場合、クレジットカードのキャッシング枠などを利用して対応するしかないでしょう。

アイフルおまとめローンは追加借り入れができないので、申し込みをする前に返済計画はしっかり立てておく必要があります。

そのため返済計画がしっかり実行できそうだと確認してから、アイフルおまとめローンへの申し込みをしましょう。

アイフルおまとめローンの審査でのチェックポイント

ここまでアイフルのおまとめローンを紹介してきましたが、審査に通過しなければおまとめローンとは契約できません。

アイフルおまとめローンでは、どのような審査がおこなわれるのでしょうか。

ここからはアイフルおまとめローンの審査について解説していきます。

信用情報が確認される

アイフルのおまとめローンに申し込みをすると、アイフルはまず信用情報を確認します。

信用情報とは、クレジットやローン等の申し込みや契約に関する情報を指します。本人を識別するための情報のほか、クレジットの申込内容や契約内容、支払状況、残高などで構成されており、主にCICに加盟するクレジット会社等から登録された情報になります。
引用:CIC(https://www.cic.co.jp/confidence/intro/basic.html)

おまとめローンに申し込みをするということは、複数社から借り入れをしているということ。

そのため各社の返済情報が記載されている信用情報を確認し、返済遅れなどがないかどうか確認されます。

おまとめローンはまとまった金額を引き受けるため、他社の返済状況はとても大切。

他社で返済遅れをしているようであれば、おまとめローン契約後の返済がかなり心配になります。

そのためアイフルの返済が遅れていないことは前提ですが、他社の返済状況もとても重要ということです。

まとまった金額の契約であるおまとめローンであるからこそ、信用情報に掲載されている返済情報はとても大切ですよ。

アイフルの審査に通るためにはどうすればいい?審査通過方法を解説
大手銀行系列の消費者金融が業績を伸ばす中、独立系消費者金融として業績を伸ばしている会社がアイフルです。 そんなアイフルですが、「審査が甘いのではないか?」という口コミを見かけることがあります。 大手銀行系列に属さない独立系消費者...

勤務先・収入情報もとても重要

信用情報とともにとても大切になるのが、勤務先や収入情報です。

勤務先や収入情報は、返済能力に大きくかかわってきます。

収入がないと返済ができませんし、まとまった金額の契約であるおまとめローンであればなおさらです。

ちなみにカードローン契約時には、収入が安定していることがとても大切。

毎月返済をしなければならないので、自営業やアルバイトなど月によって収入が異なる人は審査に落ちやすくなってしまいます。

他社ではありますが、東京スター銀行のおまとめローンの場合、正社員・契約社員・派遣社員しか申し込みができません。

アイフルおまとめローンは勤務形態による申し込み制限はありませんが、収入が安定していることは大前提。

もし現状アルバイトで収入を得ている人であれば、可能であれば正社員として申し込みをしたいですね。

ちなみにすでにアイフルと契約をしている人で、勤務先や収入が変わっていない場合在籍確認はおこなわれません。

勤務先が変わっていた場合在籍確認がおこなわれますので、在籍確認がとれるような対応はしっかりしておきましょう。

通常のカードローンより審査は厳しくなる

アイフルおまとめローンの審査は、通常のアイフルとの契約より厳しくなります。

通常のカードローンより審査が厳しい理由は以下のような点が挙げられます。

おまとめローンの審査が厳しい理由
  • まとまった金額の契約であること
  • 追加借り入れができないローンであること
  • おまとめローンを利用する人は返済に困っている人が多いこと

みなさんもお金を貸す側の立場に立って考えてみましょう。

まずみなさんは10万円を貸すときと、100万円を貸すときであれば、どちらのほうが慎重になりますか。

答えは言わずもがな100万円を貸すときですね。

おまとめローンはローンの性質上100万円を超える契約もめずらしくありませんので、通常のカードローンより審査が厳しくなります。

またアイフルおまとめローンは追加借り入れができません。

そのため一度返済に困ってしまうと、返済不可能になり債務整理や自己破産になってしまうリスクがあります。

追加借り入れができないアイフルおまとめローンは、こうした理由からも審査が厳しくなります。

さらにおまとめローンを利用する人は、すでに複数社から借り入れをしている人です。

複数社から借り入れをしている人の中には計画的に返済をしている人もいますが、気づいたら多重債務になってしまっていたという人が多いことが現実。

そうした人は返済が滞りがちになりやすいので、審査も厳しくなります。

このような事情からアイフルおまとめローンは、通常のカードローンより審査が厳しい傾向にあります。

そのため返済遅れが目立つ人などは、審査に落ちる可能性がかなり高いです。

おまとめローンを利用したいのであれば、そのことは頭に入れておきましょう。

アイフルおまとめローンの審査に落ちてしまったらどうする?

先ほど紹介したように、おまとめローンの審査は通常のカードローンより審査が厳しいです。

そうした事情から、おまとめローンに申し込みをする前に落ちてしまったときのことも、しっかり考えておきましょう。

1社集中して返済をして返済する会社を減らしていく

複数社から借り入れをしている人は、1社ずつでもコツコツ返済をしていかなければ完済は見えてきません。

カードローン会社は約定返済額を定めており、毎月約定返済額分は必ず返済しなければなりません。

しかし約定返済額分だけ支払っていては、完済まで数年かかってしまいます。

そのためおまとめローンと契約できなければ、1社に集中して返済をして返済する会社の数を減らしていきましょう。

1社でも返済する会社が減れば、月々の返済負担も減るので多少楽になります。

そこで浮いたお金をまた別の会社の返済に回し、さらに1社完済する。

このようなことを地道に繰り返していき、1社ずつ完済するような流れを作っていきましょう。

家計の状況を見直してみる

お金がなくなるとどうしてもお金を得ることに目が向きます。

特にお金を借りている人は、お金がないからお金を借りるという選択肢をとっていると思うので、どうしてもお金を得ることを考えてしまいがち。

しかし冷静になって家計を考えてみると、月々の収入から支出を引いてプラスになれば貯金ができていきます。

そのため収入を増やすことも大切ですが、支出を減らすことも大切。

支出を減らすためにできることとしては以下のようなことが考えられます。

支出を減らすためには
  • 銀行口座をインターネットバンクにして振込手数料がかからないようにする
  • 格安SIMに契約して月々の携帯電話代を減らす
  • クレジットカードを使ってポイントを獲得する

月々の支出を減らすことは難しくなく、リスクもありません。

月々の収入を増やすのではなく、支出を減らすことに目を向けてみましょう。

どうしても返済ができなければ債務整理も検討してみる

おまとめローンの契約を希望している人の中には、月々の返済に苦しんでいる人も多いのではないでしょうか。

そのような状態で返済に落ちてしまうと、今後どうすればいいかわからないという人もいると思います。

もちろんおまとめローンの審査に落ちてしまっても、返済は続けていかなければなりません。

しかしどうしても毎月の返済が難しければ、債務整理も検討してみましょう。

債務整理をすると弁護士さんがカードローン会社に対して、月々の返済額を減らしてもらうよう交渉してくれます。

カードローン会社の立場は、月々の返済額が減ったとしても返済してくれるのであれば問題ありません。

毎月の返済が苦しいと精神的にも追い詰められてしまい、仕事もうまくいかないことがあります。

どうしても返済が難しければ、債務整理も検討してみてはいかがでしょうか。

アイフルおまとめローンを活用しよう

ここまでアイフルのおまとめローンについて紹介してきました。

この記事の内容をまとめると、以下のようになります。

アイフルのおまとめローンのまとめ
  • アイフルおまとめローンは、かりかえMAXとおまとめMAXという2種類ある
  • おまとめローンを使うと月々の返済額が減るので返済が楽になる
  • アイフルのおまとめローンは追加借り入れができない
  • 他の会社と比べると金利はやや高め
  • 店舗に行くと即日でおまとめローンと契約できる
  • 他社と比べると審査は比較的緩め
  • 他社も含めて返済遅れが多いと審査に通過することは難しい
  • どうしても月々の返済が難しい場合債務整理も検討してみる

アイフルのおまとめローンは金利が高いですが、審査に通りやすいというメリットがあります。

月々の返済が厳しいのであれば、おまとめローンを利用するメリットは多いです。

もし興味があるのであれば、アイフルのおまとめローンに申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

アイフルの即日融資は何時まで?申し込み方法別に解説
「今すぐにお金が必要」という方の心強い味方、アイフル。 大手消費者金融のアイフルは、即日融資に対応していますが、申し込み時間が制限されています。 何も知らずに申し込めば、融資が翌営業日になるなんてことも。せっかく申し込むなら、す...