アルバイトやパートでもカードローンの審査に通る?選ぶときのポイントは

カードローンコラム

バイト代までもうちょっとなんだけど、それまでに振り込みをしないとやばい…

前借もできないしなあ。

などアルバイトでも何かとお金が必要なことがありますよね。

そんな緊急事態時にも便利なのが、カードローンです。

しかしカードローンは、アルバイトやパートでも利用が可能なのでしょうか?

今回は、アルバイトやパートでもカードローンの利用ができるかについて解説していきます。

この記事でわかること

  • アルバイトでもカードローンの利用ができるのか?
  • アルバイトがカードローンの審査時にチェックされるポイント
  • カードローンの審査時対策方法とは?
  • アルバイトにもおすすめのカードローン
プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短30分融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!※
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短30分
公式サイトはこちら
  1. アルバイトでもカードローンを利用できるのか
  2. アルバイトがカードローンに審査申し込み時の対策は?
    1. アルバイトでも申し込み可能なカードローンかチェック
    2. 申し込み時に虚偽の申告をしない
    3. 他社でローンを組んでいる場合は総量規制に注意
    4. 一度に複数のカードローンに申し込まない
    5. 借入希望額はできるだけ少なめにする
  3. アルバイトがカードローン審査時にチェックされるポイント
    1. 収入は安定性が確認できるか?
    2. 勤続年数はどれくらいか?
    3. 住宅の居住年数はどのくらいか?
    4. 現在の借金の総額・他社借入件数はどのくらいあるか
    5. 社会保険に加入しているか?
  4. 申し込み時にアルバイト先に電話がかかってくるので注意
    1. アルバイトがカードローンの在籍確認を無事に乗り切るコツ
      1. アルバイトでの在籍確認の一例
  5. アルバイトでもカードローン利用するときに気になる疑問
    1. アルバイトはカードローンでいくらまで借りられる
    2. 仕事が決まったばかりでもキャッシングできる?
    3. 学生アルバイトでもカードローンに申し込める?
  6. アルバイトでも申し込めるカードローンを選ぶときのポイント
    1. 審査の通りやすいカードローンを選ぶ
    2. 無利息サービスがある商品を選らぶ
    3. ATM手数料がかからない商品
  7. アルバイトでもおすすめのカードローンは?
    1. アコム
    2. プロミス
    3. レイクALSA
    4. アイフル
    5. ノーローン
  8. アルバイトでもカードローンの利用は可能

アルバイトでもカードローンを利用できるのか

結論から申し込みますと、アルバイトやパートでもカードローンの利用が可能です。

基本的に下記の項目をクリアしていれば、利用できるカードローンはあります。

  • 年齢が20歳以上であるか
  • 収入が安定しているか

上記の項目は、カードローンを利用する際の最低条件となります。とりあえずこの二つをクリアしていれば、カードローンの申し込み資格は突破できます。

そのため未成年であったり、無職であるとカードローンに申し込むことはできません

少額でもアルバイト収入があることが必須です。

仮にバイトを始めたばかりであっても、審査が通りやすい金利が高い消費者金融系であれば、利用できる可能性が高いです。

ここからはより審査に通過できる確率を高めるために、アルバイト収入でもカードローンの審査に通過のための対策法を解説していきます。

アルバイトがカードローンに審査申し込み時の対策は?

アルバイトでもカードローンの申し込みが可能であることがわかりましたが、正社員などに比べるとハードルが高いのも事実です。

こでここからは、アルバイトでもカードローンの審査に通過できる確率を上げるポイントを紹介していきます。

  • アルバイトでも申し込み可能なカードローンかチェック
  • 申し込み時に虚偽の申告をしない
  • 他社でローンを組んでいる場合は総量規制に注意
  • 一度に複数のカードローンに申し込まない
  • 借入希望額はできるだけ少なめにする

アルバイトでも申し込み可能なカードローンかチェック

まずは、申し込むカードローンがアルバイトでも利用が可能であるかをチェックしましょう。

多くのカードローンはアルバイト収入でもカードローンの利用が時可能なところが多いですが、中にはよくチェックするとアルバイトは対象外であるケースもあります。

基本的に銀行系のカードローンではアルバイト収入では利用ができないとことがほとんどのため、カードローンの審査申し込みは消費者金融系のカードローンを利用しましょう。

アルバイトでも利用が可能な消費者金融系のカードローンは、記事の後半で紹介。

申し込み時に虚偽の申告をしない

「アルバイトだけど、ほとんど社員並みに稼いでるし。申込で社員って言ってもバレないでしょ?」

このようにアルバイトであるのにも関わらず、事実とは違う申告を行い申し込みを行ってはいけません。

審査を進めていく中で確実にばれますし、発覚した時点で審査落ちとなってしまいます。

カードローンの審査では、冒頭の利用条件にも合った通り『申込者に安定した収入があるか』を厳しくチェックします。

そのため雇用形態は?収入額は?など、収入に関する情報を様々な方法で審査を進めていきます。

ほかにも書類の提出や勤務しているアルバイト先へ在籍確認の電話なども行われるのです。

そのため虚偽の申告を行っても、審査途中で確実にばれます。

虚偽の申告が発覚した時点で、申込者に対して信用力がなくなり、カードローンの審査に通過できなくなってしまいます。

審査に通りたいからと虚偽の申告を行わず、アルバイトでも利用できるカードローンを利用して、申し込みましょう。

他社でローンを組んでいる場合は総量規制に注意

すでに他社でローンの利用がある人は、注意が必要です。

他社でのローン利用がなく、今回初めてという人は特に問題がないので、心配する必要はありません。

カードローンの申し込み時には、申込者の現在の借金の利用額や他社のとローン契約状況を厳しくチェックします。

それは、貸金業法という法律で『融資は申込者の年収3分の1までしか行ってはならない』という決まりがあるためです。

これを総量規制と呼びます。

総量規制を超えての融資を行ってしまった場合、法律違反として融資を行ったカードローン会社側がペナルティを受けることになってしまうのです。

そのため誤って総量規制を超えての融資を行わないように、審査時に利用者の借金状況を詳しくチェックします。

また他社での借り入れがある場合は、今回申し込むカードローンで利用できる金額は年収の3分の1−現在の借入残高となります。

また申し込み時に借入利用件数が4件以上の場合も審査落ちの対象となり舞う。

今回の申し込み前に少しでも借入総額や件数を減らしておきましょう。

一度に複数のカードローンに申し込まない

とにかく急いでいるから、いくつか申し込んで早かったところを利用しよう…

というように、同時期に複数のカードローンの申し込みを行うのはやめましょう。

この場合、申し込みブラックとなってしまい、同時に申し込んだすべてのカードローンの審査に落ちてしまいます。

前述でも紹介した通り、カードローンでは総量規制という決まりがあります。

仮に複数に申し込んでいた場合、すべての審査に通過してしまうと、総量規制を超えての融資を行ってしまうことになりかねません。

そのためカードローンの審査時には、申込時に複数のカードローンに申し込んでいることが判明するとすべての審査に落ちてしまうのです。

確実にカードローンの審査に通過できるように、もうしこみは1件ずつ行いましょう。

また次の申し込みを多なうときは、今申し込んでいるローンの審査結果が判明してからにしましょう。

借入希望額はできるだけ少なめにする

カードローンの申し込み時に総量規制という決まりがあることがわかりました。

しかしアルバイトでもより確実に審査に通過するためには、借入希望額を最低にすることです。

借入希望額が高ければ高いほど、融資後の返済額が高額となってしまうため、審査担当者は慎重になります。

そこで借入希望額をできるだけ少なく、かつ最低額にすることで、融資後の返済額もそこまで高額にならず、返済滞納を起こす心配がありません。

そのことから審査担当者も審査に通過させるハードルが低くなるため、アルバイトでも審査に通過しやすくなるのです。

確実に審査に通過したい場合は、申込時のカードローンの借入希望額をできるだけ少なく設定して審査申し込みを行いましょう。

カードローンの審査に通らない理由とは?審査通過のコツを伝授!
「カードローンの審査に通らなかった…」と頭を抱えてはいませんか? お金に困っているからカードローンを利用したいのに、「審査」という初手でつまづく… そんなあなたのお気持ちお察しします。 審査に通らない人たちには、ある共通し...

アルバイトがカードローン審査時にチェックされるポイント

ここまで、アルバイトでもカードローンの審査に通過するためのコツを解説してまいりました。

ここからは、冒頭でもさらっと解説した審査基準などをもとに、アルバイトがカードローンの審査申し込みを行った際にチェックされるポイントを紹介していきます。

  • 収入は安定性が確認できるか?
  • 勤続年数はどれくらいか?
  • 住宅の居住年数はどのくらいか?
  • 現在の借金の総額・他社借入件数はどのくらいあるか
  • 社会保険に加入しているか?

収入は安定性が確認できるか?

カードローンの審査申し込みでは、申込者の収入の安定性を一番にチェックします。

カードローンの審査時に一番重視するポイントは、融資後に滞納することなく返済を行っていけるかどうかです。

そのため返済のための収入が確保されているかをチェックするために、安定した収入があるかを確認する必要があります。

収入の安定性とは、明確な基準があるわけではありません。基本的には年収や雇用形態、給与形態などをもとに安定性をチェックしていきます。

アルバイトの場合、毎月の給与額がシフトによって変わってしまうケースもあるため、月の収入額が一定である方が安定性のポイントが高くなります。

ほかにも固定シフトであれば、収入額が変わらないため、より安定した収入として評価されるでしょう。

勤続年数はどれくらいか?

アルバイトの場合、収入額での安定性はやはり把握しづらいため、勤続年数もテックされます。

勤続年数がン場がければ長いほど安定していると判断され、審査に通過しやすくなります。

また反対にアルバイトを始めたばかりであると、すぐにやめたりなど収入が断たれやすい状況にもあるため、安定性のポイントが低くなるとも言えます。

住宅の居住年数はどのくらいか?

アルバイトの場合、収入が安定していないため、返済ができずに夜逃げなどをsれてしまうリスクが高いです。

そういったことで融資を踏み倒されないように、申込者の居住年数などもチェックされます。

居住が実家であったり、賃貸でも居住年数がな長いと、すぐに逃げることが無x図かしいため、夜逃げのリスクもすくないと判断されます。

逆に引っ越してすぐであったり、住居を購入してばっかりであっても金銭面に影響があるとされ、審査時に影響を及ぼすことがあります。

現在の借金の総額・他社借入件数はどのくらいあるか

アルバイトのカードローン申し込み時には、申込者の現在の借金の総額や他社での借り入れ件数を厳しくチェックされます。

総量規制のほかにも他社で借入があると、そちらの返済が手一杯になり滞納されてしまうリスクがあるためです。

そのため、借入総額がない方が審査に通過しやすいですし、他社借入件数がない方が今回の審査でも有利であることは確かです。

社会保険に加入しているか?

アルバイトでも、社会保険に加入しているとカードローンの審査に通過しやすいとされています。

社会保険に加入するには、正社員の4分の3に相当する労働日数・時間であることをクリアしないと加入ができません。

そもそも社会保険に加入を来なうのは、長期での労働が前提とされます。

この条件をクリアしているとなると、相当勤続年数が長くないとクリアできないケースが多いでしょう。

それだけ長期で同じ職場で働いていると考えられるため、審査担当者からも「アルバイトでも安定した収入が確保されている」と判断されます。

そのため、カードローンの審査にも格段に通過しやすくなりといえます。

カードローンは審査なしで作れるの?確実に審査通過するためのコツとは
今すぐお金を借りたいから、審査に時間を使いたくない。 審査なしで利用できるカードローンってないのかな? カードローンの利用には、ローン会社が行う審査に通過する必要があります。 しかしネットを...

申し込み時にアルバイト先に電話がかかってくるので注意

アルバイトがカードローンの審査に申し込むときに注意したいのが、審査時に行われる勤務先への在籍確認の電話です。

在籍確認は、カードローンの申し込み時に申告されたアルバイト先へに本当に在籍しているかの確認です。

カードローンの審査では必ず行われます。

在籍確認が取れないと審査に通過することはできないため、なにかしらの対策を行っておく必要があります。

アルバイトがカードローンの在籍確認を無事に乗り切るコツ

バイト先に電話がかかってくるなんて…カードローンを利用して居ることなんて絶対に知られたくない…

という方のために、カードローンの在籍確認について解説していきます。

そもそもカードローンの在籍確認では、電話時にカードローンの名前を名乗らず、審査担当者の個人名で電話がかかってきます。

在籍確認自体もごく簡単なもので、1分程度で完了するものですので、電話の対応をしたアルバイトの同僚にバレる心配はありません。

カードローンの在籍確認での電話の一例を解説します。

アルバイトでの在籍確認の一例

私、佐藤(審査担当者の個人名)と申します。△△(申込者)様はお手すきでしょうか。

△△は今店舗に出てしまっていて。

かしこまりました。それでは改めて携帯電話の方に掛けさせていただきます。

このように、自分が電話に変わらなくても在籍確認が完了します。

しかし最近は個人情報の取り扱いにも厳しく、下記のようなリスクもありますよね。

これでは何の電話だったか余計怪しまれるじゃん…

個人情報的に、個人あての電話は答えられないって対応になってる…

この場合は、下記のような言い訳を用意しておき、事前に伝えておくのでも良いでしょう。

クレジットカードの登録をしたら、バイト先へ電話がかかってくるかもしれなくて…

これが一番一般的ですし、とくに怪しまれる心配もありません。

カードローンの在籍確認で使える言い訳は?体験談をもとに厳選した言い訳をご紹介
消費者金融や銀行カードローンを利用する際にネックなのが、勤務先へかかってくる在籍確認の電話です。 基本的に在籍確認が取れない場合はカードローンの審査に落ちてしまいます。 しかしこちらの主張によっては、電話での在籍確認ではなく、書...

アルバイトでもカードローン利用するときに気になる疑問

ここからは、アルバイトがカードローンに申し込みを行う際に気になる疑問などを徹底的に解説していきます。

アルバイトはカードローンでいくらまで借りられる

アルバイトでもカードローンの利用ができることがわかりましたが、結局いくら借りられるのでしょうか?

これは前述でも紹介している通り、アルバイトの年収の3分の1までが借りられます。

しかこれはあくまで最高の金額です。

アルバイト収入の場合、相当安定した収入であることが審査で証明できないと、カードローンの審査に通過することは難しいでしょう。

具体的な例を挙げると下記のとおりです。

アルバイトの月収:だいたい7万円程度
前年度の年収:月収7万×12か月=84万円総量規制:84万円÷3=28万円

このため、申し込みを行うカードローンの審査基準にもよりますが、審査が下りても借入できるのはマックス10万円程度とみておいた方が良いでしょう。

仕事が決まったばかりでもキャッシングできる?

最近アルバイトを変えたばっかりで、これでもカードローンの審査に通過できるのか気になりますよね。

この場合、カードローンによっては審査が通る可能性があります。

しかし基本的に審査が下りたとしても、借入できる金額はそのカードローンの最低金額であるケースがほとんどでしょう。

前述で紹介している通り、カードローンでは申込者の安定した収入や勤続年数など返済のための信用力が一番要となっているためです。

アルバイトが変わったばかりであると、収入も少なかったり、すぐにやめる可能性もあるためです。

この場合は、働き始めて1~3か月程度経過してから申し込むか、審査に通りやすいカードローンを申し込むことがおすすめです。

記事の最後ではアルバイトでも利用しやすいカードローンを紹介しているので、そちらも参考にして申し込みを行ってください。

学生アルバイトでもカードローンに申し込める?

学生でも、アルバイト収入があればカードローンを利用できるの?

学生でも、20歳を超えていて、アルバイトでの収入があれば利用できるケースが多いです。

基本的には学生であっても審査基準はアルバイト収入として審査が進められます。

そのため、学生アルバイトであっても、借入できる金額は総量規制をもとに審査が進められます。

しかしこれもアルバイトと同様で、総量規制分の金額が満額借入できるわけではありません。

基本的には総量規制の半額程度であることを念頭に置いておきましょう。

またアルバイト収入があっても、学生であると利用できないケースがあります。

消費者金融系ではアコムうやプロミスでは学生でも利用が可能ですが、それ以外のカードローンの場合、明確にはしていないものの学生の時点で審査に落ちる可能性があります。

ほかにも銀行カードローンではオリックス銀行・イオン銀行のカードローンでは学生の利用が不可です。

そのため学生アルバイトの場合は消費者金融系のカードローンか、学生専用の学生ローンの利用がおすすめです。

学生がお金を借りる方法一覧!各方法のメリットデメリットやリスクなどを徹底解説
学生でも、なにかとお金が必要になることもありますよね。 給料日までまだ時間があるけど、前借もできないし…というときにちょっと借りられたら助かるケースもあります。 今回は、学生がお金を借りる方法にはどのような方法があるのか?を紹介...
おすすめ学生ローンを完全網羅!ローン利用時の悩みも解説
学生ローンを利用したいと考えていても、どれがおすすめなのか分からないという人もいるかと思います。 また、実際に利用するにあたってお金を借りることにまつわる悩みもあるかもしれません。 この記事ではおすすめの学生ローンをすべてご紹介...

アルバイトでも申し込めるカードローンを選ぶときのポイント

アルバイトがカードローンを利用するときは、アルバイトでも利用のしやすいカードローンを選ぶことが大切です。

またサービスが充実しているカードローンを選び、返済時の負担をなるべく少なくすることがポイント。

ここではアルバイトがカードローンを利用するときに選ぶポイントを紹介していきます。

  • 審査の通りやすいカードローンを選ぶ
  • 無利息サービスがある商品を選らぶ
  • ATM手数料がかからない商品

審査の通りやすいカードローンを選ぶ

アルバイトの場合、消費者金融系のカードローンがおすすめです。

カードローンには、会社によって審査の難易度が異なります。

例えば消費者金融系のカードローンと銀行系のカードローンでは、消費者金融系の方が審査に通りやすい傾向にあります。

銀行カードローンは金利も低いところも多く、返済時の利息負担を考えると銀行を選びたいところですよね。

しかし低金利のカードローンは絶対に返済の延滞を起こさないと確信できる申込者にしか融資を行いません。

そのためアルバイトでも申し込みはできても、相当の安定した収入を確保できていないと審査に通過することは難しいのが現実です。

一方で消費者金融系は、銀行に比べて金利が高い傾向にあります。金利が高いローンは普段から金利を多めにとっていることで、仮に貸し倒れされてある程度の儲けを回収できるように保険が掛けられているといえます。

そのため、カードローンの審査にも通過しやすい傾向にあります。

無利息サービスがある商品を選らぶ

消費者金融系のカードローンには、初回利用時に限り無利息サービスを実施している商品があります。

同じようなカードローンで悩んでいるのであれば、絶対に無利息サービスを実施しているカードローンを利用しましょう。

主な消費者金融での無利息サービスキャンペーンは、下記のとおりです。

消費者金融名適用期間適用開始日適用回数利用時の条件
アイフル30日間契約日の翌日初回利用時のみ
アコム30日間契約日の翌日初回利用時のみ
プロミス30日間借入日の翌日初回利用時のみ同時にメアド登録、Web明細申し込み
レイクALSA30日間or60日間or180日間契約日の翌日初回利用時のみ限度額や利息適用額が異なる
ノーローン一週間借入日の翌日何度でも可

30日間だけでも無利息になるだけで、無利息サービスがないサービスに比べると圧倒的に支払う金額に差がつきます。

自分にあったカードローンを利用しましょう。

ATM手数料がかからない商品

カードローン利用時は、基本的に独自で用意しているATMであれば手数料はかりません。

しかしコンビニなどの提携ATMを利用すると、借入や返済時にもいちいち手数料が発生してしまい、最終的にATM手数料だけでも高額になってしまうkとおも。

利用するカードローンによっては家の近くにATMがなく、コンビニで返済を行っていくとなると、できるだけ手数料がないタイプを選びたいところ。

銀行系カードローンではコンビニ手数料が無料になるローンもありますが、消費者金融系ではプロミスのみ一部のコンビニの返済手数料が無料になるだけで、条件がだいぶ厳しいです。

この辺もうまく考慮したうえで、最終的に返済時に負担が大きくならないようにすることが大切です。

アルバイトでもおすすめのカードローンは?

アルバイトがカードローンの申し込むときのポイントはわかったけど、結局どこのカードローンがいいのかわからない…!

という方のために、ここではアルバイトでも利用ができるおすすめのカードローンを紹介していきます。

  • アコム
  • プロミス
  • レイクALSA
  • アイフル
  • ノーローン

アコム

アコム概要
商品名アコム
利用限度額1万円~800万円
金利3%~18%
担保・保証人不要
遅延損害金20.0%
必要書類運転免許証or顔写真付き身分証明書
  • 最短で即日融資にも対応
  • アルバイトでも審査に通過実績が豊富
  • 初回利用時に限り30日間のサービスもあり

消費者金融系のカードローンの中でも、特にアコムはアルバイトにも融資を行っていいます。

そのためアルバイトの方でも利用がしやすいカードローンです。

カードローンの内容も一番ベーシックなタイプなため、初めてカードローンの利用する方でもあんしんして利用ができます。

迷ったらアコムでの利用が良いでしょう。

アコムで即日融資は20時がタイムリミット?確実に成功させる5つのコツとは
大手消費者金融のアコムは、即日融資に対応しています。 しかし即日融資には、対応している時間の成約があります。対応時間内に申し込みを行わないと、融資は次の日になることも。 また申し込み方法によって即日融資のタイムリミットが異なりま...

プロミス

プロミス

プロミス概要
商品名プロミス
利用限度額500万円まで
金利4.5%~17.8%
担保・保証人不要
遅延損害金20.0%
  • WEB完結申し込みで店舗に行く必要が無し
  • 最短で即日融資も可能
  • 大手の中では実質年率の上限が低い
  • 公式アプリで手続き・管理ができる

プロミスは、大手カードローンの中でもサービスが充実している商品です。

最短即日融資も可能、初回利用時は30日間の無利息サービスが利用できるほか、一番はWEB完結申し込みが可能な点です。

WEB完結申し込み方法を利用することで、申込時に店舗に来店せずに手続きまで完了します。

またカードローンでありながらカードレスでの発行も可能なため、自宅に送られてくるカード配送をなくすこともできます。

そのため、同居人にカードローンの利用がバレたくない…!という方でも安心して利用できます。

プロミスの即日融資は何時まで?公式では教えてくれない融資成功のコツとは
冠婚葬祭や病気など、急にまとまったお金が必要になることが必要になったとき、金額が大きければ大きいほど親や友人には借りにくいですよね。 金の切れ目が縁の切れ目とも言いますし…周囲の人間とは金銭問題のトラブルを避けるためにも、お金の貸し借...

レイクALSA

レイクALSA

レイクALSA概要
商品名レイクALSA
利用限度額1万円以上~500万円以内
金利4.5%~18.0%
担保・保証人不要
  • 利用金額によって無利息サービスが選べる
  • 最短60分融資も可能
  • WEB申し込み完結で便利

レイクALSAの最大の魅力は業界の無利息サービスである点です。

だいたいのカードローンでは30日程度の無利息機関であるケースも多いため、180日間の無利息サービスを選べるタイプはレイクALSAの強みといえます。

また申込から最短で60分融資も利用可能なため、急いでいるときも安心して可能です。

レイクALSAの即日融資の最短は?公式では教えてくれない成功のコツとは
レイクALSAは最短即日融資に対応しています。 しかし絶対今日中にレイクALSAでお金を借りたいのであれば、受付時間や最短即日融資を受けるためのコツを駆使することが大切です。 注意点に気を付けないと、すぐに申し込んでも最短即日融...

アイフル

アイフル概要
商品名アイフル
利用限度額1万円~800万円
金利3.0%~18.0%
担保・保証人不要
遅延損害金20.0%
  • 最短即日融資も対応
  • 初回限定で30日間の無利息サービス
  • 女性スタッフ対応するコールセンターサービスあり

アイフルでも他社同様に、即日融資対応・30日間の無利息サービスが利用でき亜mす。

またアイフルではカードローンを利用する女性に向けて、女性スタッフに質問したい利用者のために、女性スタッフのみが対応するコールセンターが設置されています。

初めてのカードローンだからいろいろ相談したいけど、男性はちょっと…

というかたでも、気軽に利用できるサービスです。

アイフルの即日融資は何時まで?申し込み方法別に解説
「今すぐにお金が必要」という方の心強い味方、アイフル。 大手消費者金融のアイフルは、即日融資に対応していますが、申し込み時間が制限されています。 何も知らずに申し込めば、融資が翌営業日になるなんてことも。せっかく申し込むなら、す...

ノーローン

ノーローン概要
商品名ノーローン
利用限度額1万円~300万円
金利4.9%~18%
担保・保証人不要
遅延損害金20.0%
必要書類運転免許証or顔写真付き身分証明書or保険証+住民票
  • 即日融資にも対応
  • 何度でも利用できる1週間無利息サービスがお得

ノーローンの無利息サービスは珍しく、1週間の無利息サービスが何回でも利用できるという点です。

他社では初回のみの無利息サービスですが、ノーローンでは、完済したら完済の翌月にまた1週間の無利息が利用できます。

そのため、つぎのアルバイト代までちょっとお金がぴんち・・・!というときのつなぎにも利用できお得な消費者金融です。

また即日融資にも対応しています。

ポイントは申し込み時間と口座!ノーローンで即日振込を行う方法
有名モデルや国民的アイドルをCMで起用する「レイク」で一躍有名になった新生銀行グループ。 新生銀行グループ会社のシンキ株式会社が提供する「ノーローン」はレイクよりは認知度は低いですが、安定した経営を行うキャッシング業者が運営するローン...

アルバイトでもカードローンの利用は可能

今回はアルバイトでもカードローンの利用が可能なのかについて紹介してまいりました。

アルバイトでも20歳を超えていて、バイト収入が安定していれば利用できることがわかりました。

しかしアルバイトでは審査対策を行っておかないと難しいことも審査に通過が難しいことも。

記事で紹介した審査ポイントを改めて振り返っていきましょう。

申し込み時の対策

  • アルバイトでも申し込み可能なカードローンかチェック
  • 申し込み時に虚偽の申告をしない
  • 他社でローンを組んでいる場合は総量規制に注意
  • 一度に複数のカードローンに申し込まない
  • 借入希望額はできるだけ少なめにする

アルバイトが審査時に特にチェックされるポイント

  • 収入は安定性が確認できるか?
  • 勤続年数はどれくらいか?
  • 住宅の居住年数はどのくらいか?
  • 現在の借金の総額・他社借入件数はどのくらいあるか
  • 社会保険に加入しているか?

これらを抑えたうえで、アルバイトでも確実にカードローンの利用ができるようにしていくことが大切です。

審査のゆるいカードローンはどこ?審査に通りやすくするコツも解説
カードローンの審査に申し込んだはいいものの、審査のゆるいカードローンを探している人も多いと思います。 しかし、審査のゆるいカードローンなんてあるのでしょうか? 今回は審査のゆるいカードローンがあるのか、またカードローンの審査に通...
おすすめカードローン会社ランキング!全国300社のカードローン会社のトップは?
カードローンは限度額内であればいつでもローンカードでお金を引き出すことができます。いざカードローンを利用しようと思っても、実際にどのカードローン会社がいいのかがわからないですよね。カードローン会社は全国に330社以上あると言われています。そ