カードローンは外国人でも利用できるか?審査時に注意するポイントとは

カードローンコラム

外国人だとカードローンの審査に通過できなかったなんてよく聞くけど、本当に外国人はカードローンの利用が難しいの?

そんなことはありません。外国人でもカードローンでお金を借りることはできます

外国人でも、カードローンでお金を下記ることは可能です。

しかし提出書類や審査時に気を付けたいポイントなどを対策しておかないと、申し込み資格はあるのに審査に落ちてしまうこともあります。

今回は、外国人でもカードローンの利用が可能なのかや、審査時に気を付けたいぽいんと、カードローンの選び方などを解説していきます。

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

外国人でもカードローンを利用できる

結論から申しますと、外国籍でもカードローンに申し込みできます。

カードローンによって細かいポイントは異なりますが、書類さえ提出できれば、審査基準は日本国籍者と全く一緒です。

一例としてプロミスの申し込み資格をチェックしましょう。

お申込みいただける方の条件は、年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方です。
主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能です。

引用:プロミス

このように、基本的に年齢制限をクリアしていて、収入があれば利用が可能です。

外国人の場合永住権が必要なケースがある

外国籍の人がカードローンに申し込みを行う場合、永住権がないと審査基準を満たさないことがあります。

プロミスでの場合をチェックしてみましょう。

外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」をあわせてご用意ください。

引用:プロミス

申し込み時には、日本国籍外国籍問わず、本人であることの証明として本人確認書類を提出する必要があります。

その際に、外国籍であると上記の在留カード・特別永住者証明書の提出が必要となります。

これが用意できないと、本人である証明ができないため、カードローンに申し込むk十はできません。

これは日本国籍者であっても運転免許証やパスポートなどの本人確認書類を用意できないと門前払いされてしまいます。

カードローンの利用時には必ず用意しましょう。

そもそも収入がないとカードローンは利用できない

本人確認書類も必要ですが、プロミスの申し込み資格にもある通り、収入がないとカードローンの申し込みを行うことができません。

カードローンでは、なにより利用者の返済能力をチェックします。

利用者に収入がないと、融資を行ったところで返済をするための収入減がないため、返済が滞ってしまう可能性が高いです。

そのため、安定した収入がないと申し込みができないのです。

安定した収入ってことは正社員しか申し込めないってこと?

カードローンは正社員でなくても、派遣社員やアルバイト収入でも利用は可能です。

収入の安定性は収入に関する様々な情報からスコア化を行い審査を行います。

年収額や雇用形態、勤続年数などでスコアリング化するため、確かに正社員の方が収入が安定しているため審査に通過しやすい傾向にはありますが、アルバイトでも十分申し込み可能です。

カードローンの審査で外国人が気を付けるポイントとは

基本的に、外国人でカードローンの申し込みができるということがわかりました。

ここからは、外国人がカードローンの審査申し込みを行う際に気を付けるポイントを紹介いていきます。

ポイントを押さえて確実に審査通過できるようにしていきましょう。

本人確認書類は顔写真のもの

外国籍の場合は特別在留カードなど別途で必要となりますが、日本国籍であれば基本t根気に本人確認書類は免許の提出を求められます。

もし免許がない場合はパスポートなど、そのカードローンが指定する本人確認書類の顔写真がつくものを提出しましょう。

顔写真がないと不利になるということではありませんが、一般的に顔写真付きの本人確認書類の方が良いとされているためです。

申し込み時に虚偽の申告をしない

収入面が気になるし、ちょっと情報を盛って申し込みをしよう…

などといったように、実際の情報と異なる虚偽の申告を行うのは絶対にやめましょう。

虚偽の申告が発覚した時点で、カードローンの審査は即刻落とされてしまいます。

虚偽の申告は絶対にやめましょう。

借入希望額を少なめに

申し込み時に申告する借入希望額は少なければ少ないほど審査に通過しやすい傾向にあります。

借入希望額が高いと、その金額に見合うほどの信用力や収入が担保されているか?と審査のハードルが高くなります。

そのためちょっとでも気になるポイントがあると審査に通過できないという事態になってしまいます。

反対に借入希望額が低いと、月の変s内額もそこまで高額にならないため、返済できずに踏み倒されてしまうというリスクが低いです。

そのため審査担当者もそこまで審査が慎重にならないため、審査に通過しやすくなるのです。

確実に審査に通過したいのであれば、借入希望額を必要最低限にして申し込みましょう。

収入証明書類を用意しておく

カードローンの申し込み時には、収入証明書類も用意しておきましょう。

基本的にカードローンでは、50万円以下の借り入れの時には収入証明書類の提出がいりません。

しかし審査時にちょっと不安な部分があると、追加資料として収入証明書類の提出を求められることがあります。

これを提出できないと審査に通過できないこともあります。

そのため、追加提出を求められたときにすぐに対応できるように、収入証明書類もあわせて用意しておくと、慌てずに対応ができます。

収入証明書とは?一番簡単に用意できる書類はこれだ
カードローンの申し込み時には、条件によっては収入証明書類の提出を求められることもあります。 収入証明書って何?!毎月もらう給料明細でいいの?!源泉徴収票ってどれのことだ そんな方のために今回は、収入証...

外国人がカードローンを利用するときは消費者金融と銀行系ではどっちがいいの

外国人がカードローンを利用するときの審査ポイントなどがわかりました。

しかし、実際にどのカードローンがおすすめなのかいまいちピンとこないですよね。

カードローンは銀行系のカードローンと消費者金融系のカードローンと別れ、どちらも特徴が異なります。

基本的にはどちらを選ぶかは自分が重視したい点で選んでよいでしょう。

ここからは双方の特徴を解説していきます。

銀行カードローンの特徴

銀行カードローンとは、銀行が提供しているカードローンです。

メガバンクと呼ばれる三井住友銀行であったり、多くの銀行がカードローンの提供行っています。

また最近はネット銀行の楽天やイオン銀行も人気を集めてきていますね。

銀行系カードローンの特徴には、下記のようなものがあります。

  • 低金利で借入ができる
  • 審査の難易度は厳しめ
  • 審査時間も2営業日~1週間程度かかる

銀行カードローンの特徴は、低金利で利用できる点でしょう。カードローンの金利は基本的によほどの高額融資でない限り上限での金利が適用されます。

消費者金融の上限金利の平均が18%であるのに対し、銀行系カードローンの上限金利は高くても14%であることがほとんどです。

消費者金融に比べて4%も低いことがわかります。

返済時のことも考慮しておくと、低金利で借りた方が利息をぐっと抑えられるため、負担を減らすことができますよね。

できるだけ低金利で借りたい方には銀行系がおすすめですが、その分審査が厳しい傾向にあるのも頭に入れておく必要があります。

おススメの銀行カードローンを徹底比較!2019年おススメはこれだ
お金を借りると言えば、カードローン。 最近は消費者金融に銀行カードローン、また銀行もメガバンクやネット・地銀など、選択肢がおおすぎて、結局どこのカードローンが一番良いのかに分かりませんよね。 カードローンを利用するなら、銀行カー...

消費者金融系の特徴

消費者金融系のカードローンとは、アコムやプロミスなど、CMでもよく見かけるような有名なものも多いですよね。

銀行と比べると、無利息サービスが行われていたりとお得なキャンペーンがついてくる傾向にあります。

特徴としては下記のとおりです。

  • 最短で即日融資が可能
  • 銀行に比べると審査は通りやすい
  • 金利が高め

消費者金融は、今日中にお金を借りることができる即日融資を行っています。そのため、急にお金が必要になった時にすぐに借りることができる特徴があります。

銀行では即日融資を行っていないため、消費者金融の特徴といえます。そのため、審査もスピーディーに進んでいくため、銀行よりも審査にとおりやすい傾向にあります。

銀行の審査は落ちちゃったけど、消費者金融の審査は通過できた!というケースも多いのです。

一つデメリットを挙げるとすると、銀行に比べると金利が高い傾向にある点です。計画的に借入を行い、早めに返済を行っていくことが大切ですね。

また初回利用時には1か月の無利息サービスなどを行うところもおおいため、そういったサービスを上手く使てと乙訓利用していくことも大切です。

審査のゆるいカードローンはどこ?審査に通りやすくするコツも解説
カードローンの審査に申し込んだはいいものの、審査のゆるいカードローンを探している人も多いと思います。 しかし、審査のゆるいカードローンなんてあるのでしょうか? 今回は審査のゆるいカードローンがあるのか、またカードローンの審査に通...

できれば返済の時の負担が少ないように低金利のものが良い

銀行系カードローン、消費者金融系とそれぞれ特徴があることがわかりました。

今日中に借りたいときは消費者金融一択ですが、長期的に借りることを想定しているのであれば銀行系で低金利で借入を行うことも大切ですね。

外国人のカードローン利用が難しい時の対処法は?

カードローンの利用がしたかったけど、審査に通らなかった…

それでも今日中にお金が必要なのに

そこで、カードローンの審査に落ちてしまったときの対処法を紹介していきます。

  • クレジットカードにキャッシング
  • 周りの人にお金を借りる

クレジットカードにキャッシング

一つ目は、クレジットカードのキャッシング機能を使うことです。

クレジットカードでは、いつもの買い物に使っている『ショッピング枠』のほかに『キャッシング枠』があります。利用の限度額内であれば、クレジットカードから現金を借りることができるのです。

申し込み時にキャッシング機能がついていないタイプのカードに申し込んでいた場合は、キャッシングの利用申請を申し込む必要があります。

しかし基本的にはデフォルトでついている機能なので、すぐにお金を借りることができます。

そのため、カードローンの利用ができずに困っているときには一つの対処法として利用しても良いでしょう。

基本的に利息などはカードローンと同じで15%~18%程度です。返済は翌月にいかkつ返済など様々なので、利用前に今一度規約などをチェックしておきましょう。

周りにかりる

クレジットカードのキャッシングもダメだった…そんな時は周りの人に頼み込んでお金を借りることも検討してもいいかもしれません。

あまりに高額であると断られてしまう可能性が高いですが、少額であれば貸してもらえるかもしれません。

しかし個人間でのお金の貸し借りはトラブルに発展しやすいのも事実です。

いくら親しい間であったとしても、口頭だけでやりとりをせずに、きちんと借用書などを用意しておきましょう。

借用書の作成前に下記の項目を相手と話し合い、細かい点を詰めておきましょう。

  • いくら借りるのか
  • いつまでに返すのか
  • 毎月いくら返済するのか
  • 返済日はいつにするのか
  • 返済方法は振り込みか手渡しか
  • 利息はいくらにするのか

また借用書の作成にはいくつかポイントがあります。法的な拘束力をもつ作り方にはいくつか注意点もあるため、下記の記事も併せてチェックしてみてください。

借用書の書き方とは? 借用書を有効にする6つのポイントを解説!
借用書はお金の貸し借りにおいて重要な文書です。 しかし、間違った借用書の書き方をしてしまうと、金額を誤魔化されてしまう場合や、そもそも借金をしていないと主張されてしまう可能性があります。 この記事では、法的に有効な借用書の書き方...

外国人でもカードローンは利用できる!

こんかいは、外国人でもカードローンの利用ができるのか?について解説してまいりました。

今回の記事のポイントを改めて振り返っていきましょう。

  • 外国人でもカードローンの利用は可能
  • 安定した収入があれば基本的には大丈夫
  • 日本国籍でない場合は在留カードや特別永住者証明書の提出が必要
  • 審査に通過するための対策を行うことが大切
  • 利用するカードローン選びも重要
  • 審査に通らなかった場合はクレカのキャッシングなども検討しよう

基本的には外国人でも利用が可能なので、そこまで心配しなくても大丈夫です。

しかし正社員でなくてもアルバイトなどの収入がなかったり、在留カードなどの提出ができないと審査に通過できません。申込前にチェックしておきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

カードローンは審査なしで作れるの?確実に審査通過するためのコツとは
なんとかお金を借りたいけど、審査に通過できるか不安。 審査なしで作れるカードローンてないのかな? カードローンの利用時の心配の種といえば、審査に通るか否かですよね。 カードローンは審査なしで...
おすすめカードローン!2020年の人気を徹底解説【消費者金融&銀行カードローン】
カードローンは、最初の設定をした限度額内であれば好きなタイミングでお金を借りることができます。 しかし最近は消費者金融や銀行カードローンなど、様々な商品があふれており、結局どのカードローンがおススメなのかわかりませんよね。 そこ...