カードローンの一括返済について~メリット・デメリットと注意点

カードローン 返済 一括-メリットとデメリット お金を借りる

カードローンは一括返済をするのが断然お得だといいます。

確かにカードローンを一括返済すれば総返済額を大きく抑えることができますので、メリットは非常に大きいです。

しかし、それよりも重要なのは、本当に今一括返済をした方がいいのどうか自分の状況を判断することでしょう。

状況をしっかり把握しないまま借金を返済することだけにこだわってしまうと、後々さらに困ったことになってしまいます。

この記事では、カードローンの早期返済を目指す人に向けて、一括返済のメリットやデメリット、また、一括返済をする際の注意点などについて解説していきます。

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

通常の返済と一括返済は何が違う?

カードローンの返済は、通常の返済の他にもさまざまな返済方法に対応しており、できるだけ早く借金を返済したい人に向けた任意返済プランも提供されています。

カードローンの返済方法~約定返済・繰り上げ返済・一括返済の違い

カードローンの通常の返済である約定返済と、任意返済である繰り上げ返済一括返済の違いについて見ていきたいと思います。

約定返済

約定返済とは、カードローン契約の際に定めた毎月の返済日に、契約で定められた金額を支払っていく返済方法をいいます。

約定返済の返済金額は、毎月最低これだけ支払ってくれればいいですよという金額が設定されており、カードローン会社ごとに金額はそれぞれ異なります。

約定返済金額は最低支払金額ですから、毎月返済していくのに負担がかからない程度の金額設定になっているのが一般的です。

ただ、約定返済金額は、元金だけではなく利息の返済にも充てられています。

約定返済金額=元金への返済額+利息額

全額を元金の返済に充てられるわけではないので、約定返済だけに頼っていると元金がなかなか減りにくいです。

繰り上げ返済

繰り上げ返済は、約定返済とは別に任意の金額を返済することを指します。

契約で決められた返済ではなく任意の返済なので、いつでも好きな時に都合のいい金額を返済できます。

ただし、カードローンの返済は繰り上げ返済のみを利用して支払っていくことはできません。

メインの返済である約定返済と併せて行うことで、カードローンの早期返済を目指す返済方法だと考えてください。

繰り上げ返済のメリットは、返済金額全てが元金に充当されるので元金を大きく減らすことができる点にあります。

元金が減ればその分支払利息の負担も減りますので、カードローン返済の負担をできるだけ小さく抑えたい人は繰り上げ返済を積極的に活用するといいでしょう。

一括返済

一括返済は繰り上げ返済の一種です。

カードローンの借入残高のすべてを繰り上げ返済してしまうこと一括返済といいます。

一括返済は繰り上げ返済の一種ですから、返済するすべての金額が全て元金に充てられます。

本来発生するはずだった利息を支払わなくて済みますから、総返済額を大幅に抑えることができるのが大きなメリットです。

全額を一括で返済してしまうので返済はそれで終了し、「借金をしている」という心理的なストレスからも解放されます。

カードローンは返済期間が短いほど総支払額が少なく済む

カードローンの利息計算式は以下の通りです。

利息=借入残高×金利÷365×借入日数

カードローンの支払利息がいくらになるかを決定するのは、

  • 金利
  • 借入残高
  • 借入日数

の3つの要素です。

カードローンを利用する際にできるだけ総返済額を抑えたいのなら、金利の低いカードローンを選ぶのがいいというのは、支払利息を決定する要素のひとつが「金利」だからなのですね。

しかし、金利の低いカードローンでなければ総返済額を抑えらないわけではありません。

支払利息を決定する残りの2つの要素である「借入残高」や「借入日数」を抑えれば、カードローンの総返済額を抑えることは充分に可能です。

繰り上げ返済をして元金を減らせば借入残高も減りますので利息負担を軽くできます。

また、借入日数を短縮して早めに全額返済=一括返済すれば借入残高は0円になりますから、さらに返済負担は軽くなるのです。

カードローン一括返済のメリット

カードローンを一括返済すると、どのようなメリットがあるのかについて考えてみましょう。

利息負担を大きく抑えられる

前章で解説したように、カードローンを一括返済すれば利息負担を大きく抑えることができます。

本来支払うはずだった利息を払わなくて済むので、経済的なメリットが非常に大きいです。

例えば、30万円を金利18%で借り入れて月に1万円ずつ返済している場合、一括返済することでどのくらい総返済額を抑えられるか見てみましょう。

総返済額 支払利息 返済期間
通常返済 401,523円 101,523円 41ヶ月
3ヶ月後に一括返済 313,250円 13,250円 3ヶ月
6ヶ月後に一括返済 325,734円 25,734円 6ヶ月
12ヶ月後に一括返済 348,267円 48,267円 12ヶ月

早期に一括返済するほど、利息負担を大きく減らすことができることが分かりますね。

無利息サービスを提供している大手消費者金融なら、30日以内に一括返済してしまえば全く利息を支払わずに済む場合もあります。

クレジットカードとは異なり、カードローンの一括返済は手数料もかかりません。

余裕があるのならぜひ一括返済してしまいましょう。

金融機関に対する信用力が高くなる

カードローンの返済状況は信用情報機関に一定期間登録されます。

毎月きちんと返済ができているか、遅延や延滞を起こしていないかなど利用履歴が全て記録され、新しくローンを利用する際にはその情報をもとに審査が行われるのです。

もちろんカードローンを一括返済すればその情報も信用情報に登録されます。

カードローンを一括返済したという情報が登録されていると、借りたお金をきちんと返済できる人だと評価してもらえ、新規のローン審査時に非常に有利に働きます。

一括返済することで、金融機関に対する信用度が上がるというメリットを得られるのです。

カードローンの利用枠が空く

カードローンでの借り入れを一括返済しても、解約手続きをしない限り契約は継続している状態です。

ただし、一括返済で借り入れをすべて返済していれば利用枠が丸ごと空きますので、急な出費ができた場合にはいつでも対応できます。

カードローンを完済してしまってもそのまま解約せずにいれば、お金に困ったときに新たに審査を受けなくてもお金を借りられるので安心です。

カードローン一括返済のデメリット

カードローンの一括返済は確かにメリットが大きいですが、デメリットがないわけではありません。

一括返済のメリットばかりに気を取られていると、思わぬデメリットが生じて困ってしまうこともあります。

無理に一括返済をすると生活に支障が出る場合も…

一括返済をすれば、確かにカードローンの総返済額を抑えられるでしょう。

しかし、返済額を抑えることだけに一生懸命になりすぎて、返済できるだけの金額ができたらすぐに支払ってしまうのは少々危険です。

もともとカードローンを利用したのはお金に困っていたからですよね?

たまたま持ち合わせがなかったので一時的にカードローンを利用したという状況なら問題はありませんが、一括返済をしてしまったためにかえって生活に余裕がなくなり、結局またカードローンで借り入れをするようでは本末転倒です。

できるだけ早く返済してしまいたいという気持ちは非常に重要ですが、無理に一括返済をするのはおすすめできません。

通常の返済と比べて手間がかかる

一括返済は通常の返済と比べて手間がかかります。

毎月の約定返済は返済する金額が分かっていますから、いつも通りの返済方法で問題なく支払いできます。

ところが、一括返済をする場合は返済日を決めて正確な返済金額をカードローン会社に確認してからでなければ支払いできません。

カードローンの利息は日割りで発生しているので、いつ一括返済するかによって返済金額が異なってくるからです。

また、一括返済をする際には端数の金額が生じるので、提携ATMからは返済できないケースもあります。

銀行振り込みやインターネット返済など、端数まできっちりと返済できる方法で返済しなければならないので注意が必要です。

カードローンの返済で端数金が発生した場合の返済方法!
カードローンを返済していくと最終的には端数の金額が生じます。 ただ、よく考えてみると、カードローンの返済で通常1,000円未満の金額を支払うことはありませんよね。 「紙幣しか利用できないコンビニATMで返済している場合はどうすれ...

一括返済の手順はカードローン会社によって異なる

カードローンの一括返済の基本的な流れは、以下の通りです。

  • 返済日を決めてその時点での借入残高を確認する
  • 一括返済の方法を選択する
  • 決めておいた返済日に全額を入金する

ただし、細かな手順はカードローン会社によってそれぞれ異なります。

正確な残高を確認するのに電話連絡でなければならない場合もあれば、会員ページから確認できる場合もあります。

また、一括返済の方法自体もカードローン会社によってもさまざまです。

店舗の窓口やATMからでも一括返済できるカードローン会社もあれば、銀行振り込みだけにしか対応していないカードローン会社もあります。

カードローンの一括返済をする場合は、公式ページや専用ダイヤルなどでしっかり確認したうえで手続きを行い、返済金額を間違えてしまうなどのトラブルが発生しないようにしてください。

主要カードローン会社の一括返済の方法

カードローン名 一括返済の金額確認方法 一括返済の方法
三菱UFJ銀行バンクイック 会員ページ電話 ATM銀行振込
三井住友銀行カードローン 電話
インターネットバンキング
ATM
銀行振込
インターネット返済
みずほ銀行カードローン 店頭窓口で確認 店頭窓口
プロミス 会員ページ
電話
ATM
銀行振込
インターネット返済
店頭窓口
コンビニマルチメディア端末
アコム 会員ページ
電話ATM
店頭窓口
ATM
銀行振込
インターネット返済
>店頭窓口
アイフル 会員ページ
電話
ATM
銀行振込
店頭窓口

正確な借入残高の確認は会員ページなどからできるケースも多いですが、一番おすすめなのは電話による確認です。

担当者に問い合わせることで返済額の計算間違いを防止できます。

事前にカードローン会社に返済日を伝えて、正確な返済金額を教えてもらいましょう。

カードローンを一括返済する際の注意点

カードローン 返済 一括-スマホの警告サイン

カードローンを一括返済をする際にはどのような点に気をつければよいでしょうか?

返済額は返済日によって異なる

先にも少し解説しましたが、カードローンを一括返済する場合の返済額は返済する日によって変わります。

これは、カードローンの利息が日割りで発生するためです。

従って、事前に決めた返済日を変更する場合には必ず返済日を変更する旨をカードローン会社に伝え、正確な返済金額を計算し直してもらいましょう。

口座引き落としで返済している場合は一括返済日に注意

口座引き落としで約定返済をしている人は、一括返済日を設定する際に注意が必要です。

口座引き落としによる約定返済に任意返済を併用すると、カードローン会社によって、

  • 任意返済をするとその直後の約定返済日は口座引き落としされない
  • 任意返済をしても必ず約定返済日には口座引き落としされる

の2つのパターンに分かれます。

カードローンの一括返済は任意返済です。

自分が利用しているカードローン会社の約定返済と任意返済のルールがどのように設定されているかをきちんと確認しておきましょう。

一括返済をしたのに約定返済日にさらに引き落としされてしまうと、その後の手続きが煩雑になってしまいます。

おわりに

カードローンの一括返済は大幅に利息を軽減できるなど多くのメリットがあります。

  • 一括返済をしても充分余裕がある
  • 近い将来に大きな出費を伴うイベントがない

という状況であれば、一括返済を検討してみてもよいでしょう。

ただ、くれぐれも無理をしないようにしてください。

一括返済のメリットは大きいですが、メリットを優先しすぎて生活に支障が生じては何もなりません。

カードローン一括返済のメリットだけではなくデメリットにもしっかりと配慮して、自分に最適な返済方法を見つけることが重要です。

審査のゆるいカードローンはどこ?審査に通りやすくするコツも解説
カードローンの審査に申し込んだはいいものの、審査のゆるいカードローンを探している人も多いと思います。 しかし、審査の緩いカードローンなんてあるのでしょうか? 今回は審査の緩いカードローンがあるのか、またカードローンの審査に通りや...