消費者金融のキャレントの審査基準は?口コミなども紹介

中小消費者金融

キャレントは法人向けにサービスを提供する消費者金融です。

個人で利用するのはかなり難しくなっていますが、会社の資金として利用したいと思っているなら、キャレントを検討するといいでしょう。

利用する場合は、融資を受けるまでに必要な注意点などをしっかり守りましょう。

ここではキャレントについて説明します。

アコム
アコム
おすすめポイント
  • はじめての方は30日間無利息!
  • 最短30分での審査回答が可!
  • 借入が可能かスグ分かる「3秒診断」機能あり
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
1~800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短即日
公式サイトはこちら

キャレントの基本情報

キャレントの基本情報は以下の通りです。

限度額 ~500万円
金利 7.8%~18.0%
担保・保証人 不要
契約期間 10年
即日融資 可能
申込方法 ネット
返済方法 元利均等返済方式

以上がキャレントの基本情報です。

限度額はかなり高く設定されているものの、法人向けの融資としてはあまり大きな限度額ではありません。

契約年数は長くなっているため、余裕を持って返済できるのはいいところでしょう。

なお、申込方法がネットだけに限られているため、他の方法による申し込みを希望する人には使いづらい会社です。

キャレントは即日融資ができるのか?

キャレントは即日融資にも対応していますが、即日で借りるのはかなり難しい会社です。

その理由は、他の消費者金融と違い、手続きの方法が複雑だからです。

また、即日融資のできる条件もやや厳しくなっており、すぐに審査を完了させなければ借りられない可能性も高くなります。

どうしても即日融資を受けるのであれば、融資を受けるための方法をしっかり確認しておきましょう。

キャレントで即日融資を受ける方法

キャレントで即日融資を受けるためには、14時までにすべての手続を完了させなければなりません。

キャレントへ14時までに申し込みを終えればいいのではなく、契約までの手続きを終わらせないといけないのです。

そのため、手続きに時間がかかった場合や、契約の方法が即日でできない場合は、即日融資は受けられないのです。

あらゆる手続きを全て終えられるように、しっかりと手続きの方法を確認しておきましょう。

キャレントの即日融資が限定的である理由

キャレントの即日融資が限定的で、使いづらいとされるのは以下の理由があるためです。

  • FAXがないと必要な書類を送付できないため
  • 郵送では即日で契約できないため

以上の理由により、すぐに契約できない傾向があります。

どうしても契約をすぐに終えたいなら、キャレントの即日融資に対応する方法をしっかり考えておきましょう。

ここからは即日融資が難しい理由について説明します。

FAXがないと必要な書類を送付できないため

キャレントは、FAXを使わなければ書類を送付できない会社です。

ネットで送付するという方法に対応していないため、FAXを持っていない会社では契約に時間がかかります。

個人向けに融資をしていないキャレントでは、書類の確認方法は厳しくなっており、昔の会社のような手法を取っているのです。

その結果、FAXのない会社にとって、即日融資は狙えない状態となっています。

どうしても即日融資を受けたいなら、FAXを準備しておきましょう。

郵送では即日で契約できないため

郵送で書類を送付する方法も用意されていますが、この方法は即日で書類が届かないため、すぐに契約できません。

FAXであればすぐに送付できるものの、郵送の場合は最低でも1日、場合によっては3日以上の時間がかかってしまいます。

すぐに書類を送付できない点も、キャレントで即日融資を受けられない理由です。

郵送の場合は、ゆっくりと融資を受ける計画を立てましょう。

キャレントの申込方法

キャレントはネット以外で申し込みができない会社です。

ネット申し込み以外の方法が取れないのは、電話や来店による契約を希望する会社にとっては難しいものでしょう。

ただ、ネットのフォームで情報を送信するだけで、申し込みができる仕組みはとても便利です。

短時間で申し込みが完了するという利点もあり、ネットを利用するのは悪い方法ではありません。

キャレントを利用する場合は、ホームページにあるフォームを使って申し込みましょう。

キャレントの審査基準

キャレントは利用できる人が限られている他、経営状況が安定していないと利用できない会社です。

基本的に、キャレントは法人限定の会社としてサービスを提供しています。

個人向けに借入の手続きを実施してくれないため、利用できる人が非常に限られるのです。

また、法人として融資を受ける場合も、返済できるほどの経営状況が確保されているか、しっかりと確認しています。

明らかにおかしいと判断される経営状況では、審査に落とされてしまうのです。

利用する場合は、経営状況を安定させるようにしましょう。

なお、個人事業主は利用できない点に注意してください。

キャレントの審査で気をつけるポイント

キャレントの審査で気をつけるポイントは以下の通りです。

  • 安定した収益状況を示すこと
  • 他社借入は正しく申告する
  • 多重申込を避ける
  • 法人としての証明が必要
  • 郵送やFAX以外の契約はできない
  • 事業資金以外に利用できない(事業用であると証明する必要あり)
  • 再融資も審査を受ける必要あり

以上のポイントに気をつけなければなりません。

他の消費者金融と違い、審査で気をつけるポイントがかなり多い点に注意しておきましょう。

特に事業資金以外に使わないという証明を出さなければならず、手間がかかる点は要チェックです。

ここからは審査で気をつけるポイントを紹介します。

安定した収益状況を示すこと

経営状況の安定性をしっかり実施しなければ、審査に落とされてしまいます。

つまり、安定した収益状況を示す必要があります。

基本的に、キャレントでは決算書の提出を求めています。

この決算書の内容を確認し、本当に大丈夫なのか判断しているのです。

収益状況に何らかの問題があれば、審査に落とされてしまう点に気をつけてください。

他社借入は正しく申告する

他の会社から借りている情報は、しっかりと提示するようにしてください。

法人の場合、他社からの借入はそれなりに多く残される場合もあります。

この情報をしっかり提示しなければ、安定した経営状況を示せない場合があります。

借入に関連する情報はしっかりと提示するように心がけてください。

多重申込を避ける

キャレント以外の法人向けローンを利用しないでください。

同時に申し込みが発覚した時点で、両方の審査に落とされてしまいます。

また、信用を著しく失ってしまうため、今後の審査にもかなり影響が及んでしまいます。

確実に審査を通過するためにも、多重申込は絶対にしないでください。

法人としての証明が必要

法人として登録している証明が必要となります。

法人ではないと判断された場合、審査を通過できなくなるためです。

そこで、キャレントへの提出書類として、登記事項証明書を用意してください。

この書類を用意しておけば、ほぼ確実に法人として登録している情報がわかります。

一方で、準備できなかった場合は、会社としての証明ができない恐れもあります。

絶対に書類を準備して、早々に情報を提示できるようにしましょう。

この情報を提示できない場合、審査を通過するのはほぼ絶望的となります。

郵送やFAX以外の契約はできない

郵送やFAXを活用する方法以外では、キャレントと契約できません。

契約の際は、どちらの方法を選ぶかしっかりと確認しておきましょう。

FAXを持っている会社であれば、即日融資のチャンスもあります。

できればFAXで書類を送付するように心がけましょう。

なお、郵送の場合は、必要な書類を送付するまでに多くの時間がかかるほか、送料を会社側で負担しなければなりません。

事業資金以外に利用できない

事業資金以外に利用できない会社ですので、そのための証明が必要となります。

場合によっては、どのような事業に利用するのか、書類などで証明するようにしましょう。

証明できない場合、用途不明の融資ができないため、審査に落とされてしまう恐れがあります。

できる限り用途についてはしっかり説明し、間違いなく利用できると示してください。

再融資も審査を受ける必要あり

キャレントから再融資を受ける場合、もう1度審査を受けなければなりません。

他の消費者金融と違い、何度も融資を受けられる会社ではありません。

1回の審査では、1回分の融資しか受けられないのです。

何度もキャレントから借りたいのであれば、借りる際にまた審査を受けるようにしてください。

なお、完済の状況次第では、再融資の審査に落とされる可能性があります。

キャレントの必要書類

キャレントの必要書類は以下の通りです。

  • 本人確認書類
  • 決算書
  • 登記事項証明書

以上の書類が必要となります。

個人向けの融資と違い、審査を通過するためには法人向けの書類が必要となります。

必ず書類をしっかり準備して、審査を通過できるようにしましょう。

ここからはキャレントの必要書類について説明します。

本人確認書類

本人確認書類は、個人向けの融資と同じです。

個人の情報を確認するために必要な書類であり、この書類を出さなければ信用が得られません。

ただ、法人向けの融資であるキャレントは、代表者の本人確認書類が必要となります。

ここでは社長にあたる人が証明書を出さなければなりません。

必要な書類については、運転免許証やパスポートで問題なく対応できます。

この部分は個人向けの融資と同じ用に考えてもいいでしょう。

決算書

決算書は、本当に経営状況の安定性が示されているのか、説明するための書類です。

個人向け融資の収入証明書にあたる書類だと判断していいでしょう。

この書類を提出できない場合、本当に経営状況に問題がないのか示せないため、審査に落とされてしまいます。

また、決算書の内容を確認したところ、明らかに借金等で赤字経営が続いていると判断された場合も審査に落とされます。

安定して経営状況が何よりも重要であり、本当に安心して利用できる状況でなければ、キャレントの融資は受けられないのです。

決算書の内容はとても重要ですので、これまでの経営状況も踏まえて審査を受けるかしっかりと考えましょう。

登記事項証明書

登記事項証明書は、法人として登録しているかどうかを示すための書類です。

この書類を提出できない場合、法人として経営しているか情報がわかりません。

決算書だけでは、個人事業主なのか、それとも法人なのかがわからなくなってしまうのです。

そこで、登記事項証明書を必ず提出し、本当に法人であると証明してください。

この書類を出しておけば、法人ではないと判断され、審査に落とされる可能性は大幅に減ります。

安心して審査を通過するためにも、絶対に用意してください。

キャレントの口コミ

ここからはキャレントの口コミを紹介します。

キャレントは法人でもすぐに融資を受けられる会社です

法人向けに即日融資を実施する会社が少なかったため、とても助かりました。

しかも融資という形で利用できた点が良かったと思います。

ファクタリングなどの買取の方法ではなく、返済を実施する融資という形だったことが、安心感を与えてくれました。

知名度こそまだ高くありませんが、将来的にはもっと使いやすくなる会社だと思います。

キャレントを利用した大きな借入ができました

事業のためにどうしても融資を受ける必要があったのですが、なかなか融資に対応してくれる会社がありませんでした。

中小企業でも大きな融資に対応してくれたキャレントは、本当に安心できる消費者金融です。

ただ、金利は高いので、返済額は多くなってしまう点は気になりますね。

すぐに借りられないし対応も面倒

即日融資ができると聞きましたが、その方法が非常に複雑で、ほとんどの会社が利用できないのではないかと思いました。

また、対応もあまり良くないように感じました。

他の会社を利用したほうがまだ良かったかなと思わずにはいられません。

キャレントは法人限定!対象者は限られるので注意

キャレントは個人向けの融資を実施していない会社です。

利用するには、法人としての登録が必要不可欠となっており、登録されていない場合は利用できません。

まずは法人として登録されているか、しっかりと確認しておきましょう。

また、申込方法や契約までの手順が難しくなっており、個人向けの融資よりも借りづらいと感じる部分が多くあります。

こうした問題点に気をつけつつ、融資を受ける際は信頼性を高めるなどの対策も実施しましょう。

即日融資OKの審査甘いキャッシングは?闇金以外の中小消費者金融を利用しよう
「急にお金が必要になった…!」 そんな時に利用したいのが消費者金融の即日融資です。 しかしアコムやプロミスなどの大手消費者金融を利用するには審査に通過しなければなりません。 大手の審査に通過できる自信が無い…そんな方は即日...
404 NOT FOUND | マネースタジオ