キャッシング機能はいらない?クレジットカードのキャッシング枠とは?

キャッシングコラム

クレジットカードでは、現金を使わずにショッピングができますよね。

高額な商品を購入する時でも、現金を持ち歩かずにカードで支配が出来るのも魅力の一つと言えます。

またクレジットカードには、現金を借りることができるサービスもあります。

そのサービスをクレジットカードのキャッシングと言います。

ですが、最初はこの違いが分からない人も多いのではないのでしょうか

キャッシング枠は、最初からついているものと追加でいれるタイプと2種類があります。

必要ない場合はキャッシング枠をなくすこともできますが、カードの利用の際にキャッシング枠は必要でしょうか?

今回はクレジットカードキャッシング枠は必要か、つけることのメリットデメリットなどを解説していきます。

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

クレジットカードのキャッシング・ショッピング枠の違いは

クレジットカードを申し込んだ際に、利用できる限度額が通知されますよね。

実はこの利用限度額の中で、クレジットカードで現金を借りることができるカードもあります。

お金を借りる機能のことを、クレジットカードのキャッシング機能と呼びます。

またカードを使って買い物をするときの限度額のことを、クレジットカードのショッピング枠と呼びます。

  • ショッピング枠…通常のお買い物に使える限度額
  • キャッシング枠…クレジットカードで借りられるお金の限度額

キャッシング枠でお金を借りるとショッピング枠も減る

クレジットカードの利用金額の上限(ショッピング枠)があるように、キャッシング枠にも上限があります。

しかしここで注意しておきたいことは、クレジットカードのキャッシング枠を利用すると、ショッピング枠の利用限度額も減るということです。

一般的にクレジットカードのショッピング枠の中にキャッシング枠がある仕組みでです。

例えば下記のような利用契約を確認しましょう。

  • 利用限度額:10万円
  • ショッピング枠:10万円
  • キャッシング枠:5万円

この場合、ショッピング枠とキャッシング枠で15万円使えるという訳ではありません。

ショッピング枠のうち、5万円分はキャッシング利用として、お金を借りることができるという仕組みです。

仮に5万円分借りた場合、クレジットカードで買い物ができる金額は残りの5万円となります。

また、すでにクレジットカードで7万円分の買い物をしていた場合、キャッシングに利用できる金額は残りの3万円となるのです。

そのためキャッシング枠を利用するとショッピング枠の限度額も減る仕組みになっています。

キャッシング枠はいらない?メリット・デメリットとは?

クレジットカードはネットショッピングとかで利用したいだけだし…キャッシング枠はいらないかな…

じこのように、特にお金を借りる予定はないからいらなかな…という人は、クレジットカードのキャッシング枠を無しにすることも可能です。

しかし中にはあらかじめキャッシングを付けておきたい、というひともいらっしゃるでしょう。

ココでは、クレジットカードのキャッシング枠をつけつことにはどのようなメリット・デメリットがあるのかを解説していきたいと思います。

キャッシング枠は必要?つけるメリットとは

クレジットカードにキャッシング枠をつけておくメリットはなんでしょうか?

具体的には、下記のようなメリットがあります。

急な出費の時にクレカでお金を借りられる

クレジットカードのキャッシング枠を付けておくことのメリットには、急な出費時にすぐにクレジットカードで現金を借りることができる点です。

現金が必要になった場合、友達など周りの人に頼み金で借りるか、また消費者金融の即日融資などを利用することになります。

最近の即日融資は、上手くいけば申し込みから最短60分で融資をうけられるところも増えてきています。

しかし、急いでいる時に審査手続きに時間を取られてしまったり、身分証の期限が切れていた李と、なかなかスムーズに進むケースも少ないです。

そこで、クレジットカードのキャッシングが便利。

急にお金が必要になっても、ATMなどですぐにお金を借りることができます。

返済も次のクレジットカードの請求時に一緒に引き落としで返済されるので、わざわざ返済のために振込に行ったりという手間が省けます。

万が一の時のためにキャッシング機能を付けておく、というのも一つの方法と言えます。

キャッシング枠はいらない?つけることのデメリットとは?

キャッシング機能をつけておくことで、急な出費にも対応できるメリットが分かりました。

ここでは、キャッシング機能を付けておくことのデメリットを解説していきます。

  • 紛失時に悪用されてしまうリスクも
  • 他のローン審査時に影響を及ぼすケースも

紛失時に悪用されてしまうリスクも

クレジットカードを紛失してしまったときに、悪意のある人に拾われてしまい、不正にキャッシングを利用されてしまうデメリットもあります。

クレジットカードのキャッシングは、機能を付けておけば特に追加で申し込みを行うことなく、すぐにお金を借りることができてしまいます。

そのため悪意のある人物に拾われてしまった場合、勝手にキャッシングで借金をされてしまう危険があるのです。

クレカのキャッシング機能は、あくまで借金です。

利息なども発生しますし、消費者金融でお金を借りることとあまり変わりがありません。

そのため万が一の時のためにキャッシング機能緒付けておくことも良いですが、頻繁に財布を落としたりしてしまう場合は、キャッシング機能つけない方が良いでしょう。

他のローン審査時に影響を及ぼすケースも

今後カードローンや住宅ローンなどの利用を考えている場合、クレジットカードのキャッシングが影響を及ぼすことがあります。

ローンの審査時には、申し込み者の総量規制を重視します。

総量規制とは、借金で利用できる金額の上限は、年収の3分の1までだよと言う決まりです。

これを超えての利用はできません。

他のローンの審査時にクレジットカードのキャッシングの契約が確認されると、その利用金額も総量規制にカウントされるのです。

ローンだけでなくスマホの本体代の分割購入などでも影響を及ぼすのです。

今後大きな買い物のショッピングローンの利用を検討していたりする場合、クレカのキャッシング機能は無しにしておいた方が影響を及ぼさないでしょう。

貸し付け時に適用される総量規制とは?例外となる事例も紹介
貸金業界では総量規制という言葉があります。 総量規制はキャッシングを利用する際に適用されるもので、貸しすぎを防ぐために使われています。 総量規制は適用される場合と適用されない場合があります。 適用されない場合はもちろんのこ...

キャッシング枠はいらないと思ったけど後から追加したくなった時

キャッシング枠を付けておくことのデメリットを見た上でキャッシング機能は無しにしていたけど、やっぱりつけておきたい。後からキャッシング機能を付けてることはできるの?

キャッシング機能は、最初は0円にしていても後から追加で申請を行うことができます。

キャッシング機能を後から追加する場合、キャッシング機能の増額申請を行うことになります。

キャッシング機能を増額するには審査に通過する必要がある

キャッシング機能を追加する場合、増額の審査に通過する必要があります。

消費者金融などのカードローンの利用時と同じく、借金の利用申し込みとなります。

それでは、キャッシング機能の審査にはどのような審査項目があるのでしょうか?

  • 年齢は20歳以上であるか
  • 総量規制を超えない金額であるか

これまでのクレジットカードの利用のなかでトラブルを起こしていないか

年齢は20歳以上であるか

クレジットカードのキャッシング機能を利用するには、20歳を超えている必要があります。

そのため、未成年の場合はクレジットカードのキャッシング機能を追加することはできません。

成人するまではキャッシング機能以外でのお金を用意する必要があります。

また基本的に未成年の際に作成したクレジットカードにはキャッシング機能はついていません。

キャッシング機能の審査申し込みは、成人をしてからも吸い込むようにしましょう。

総量規制を超えない金額であるか

キャッシング機能限度額は、審査時の利用者のスペックや、収入面などから金額が決まります。

その際には利用者の総量規制を元にキャッシングの限度額が決まります。

総量規制とは、キャッシングやカードローンでの利用の限度額は、利用者の年収の3分の1までという決まりです。

例えば年収が240万円の場合、キャッシングで利用できる金額は3分の1の80万円がMAXとなります。

ですが確実に80万円にキャッシングの利用ができるわけではありません。

あくまでMAXは3分の1であり、具体的な金額は安定した収入などから判断されます。

これまでのクレジットカードの利用のなかでトラブルを起こしていないか

総量規制や安定した収入の他に、これまでのクレジットカードでの利用態度もチェックされます。

例えば毎月の請求の支払いが遅れている人には、キャッシングで融資を行ってもきちんと返済されるか分かりませんよね。

そのためこれまでのクレジットカードの利用態度も重視されます。

現在はキャッシング機能を付けていなくても、今後キャッシング機能を付ける予定であるのならば、トラブルを起こすことなく利用をしていきましょう。

場合によってはカードローンの方が良い時も

クレジットカードののキャッシングは、すぐにお金を借りることができますし、審査に申し込んだりする必要もありません。

しかし利用方法によっては、カードローンを利用した方が、使い勝手がいいケースもあります。

ここではカードローンの利用の方がおススメなケースのポイントを解説していきます。

  • 低金利のカードローンでお得に
  • 金額が高額な場合はカードローンが良い

無利息サービスや低金利のカードローンでお得に

クレジットカードのキャッシングの金利は、一般的に15%~18%と高めに設定されています。

カードローンでも、即日融資で利用できるような消費者金融系のカードローンでは18%程度の金利が発生します。

よくよく考えたら、金利がちょっと高いかも。来月一気に返済するのも厳しいし、もうちょっとお得に利用できないかな

この時には、消費者金融のカードローンがおススメです。

消費者金融のカードローンの金利は、クレカの金利とほとんど変わりません。しかし消費者金融系のカードローンであれば下記のような利点があります。

  • 初回利用時は30日間の無利息サービスがある
  • 中には低金利で利用できるカードローンも

大手消費者金融のカードローンには、初回利用時限定で30日間の無利息サービスを利用できるケースが多いです。

そのため、クレカのキャッシング機能で翌月全額返済ができるということであれば、カードローンの無利息サービスを駆使してキャッシングの利用を行う方が、お得なケースも。

他にも、中には低金利で利用できるカードローンもあるので、低金利な商品を活用することもひとつの方法です。

金額が高額な場合はカードローンが良い

借入したい金額が高額な場合、カードローンの方が良いケースもあります。

あくまで、クレジットカードのキャッシングは少額利用が前提にあります。

普通にショッピング利用などをしていれば、キャッシングで利用できる金額にも限りがあるためです。

まとまった金額を借りて、無理なく返済を行いたい場合は、カードローンを契約する方が良いでしょう。

おすすめのカードローン

カードローンを利用した方がいいケースを紹介してまいりました。

ここでは上記のポイントを抑えた上でおススメのカードローンを紹介していきます。

プロミス

プロミス

プロミス概要
商品名 プロミス
利用限度額 500万円まで
金利 4.5%~17.8%
担保・保証人 不要
遅延損害金 20.0%
  • 最短で即日融資も対応
  • 大手の中では金利が低め
  • WEB完結申し込みでスマホで全て完了
  • 初回は30日間の無利息サービスもアリ

プロミスは、消費者金融のカードローンの中でも特に使い勝手がいい商品と言えます。

最短即日融資に対応はもちろんのこと、大手5社の中では若干金利が低いことが特徴です。

カードローンやキャッシングでは、日ごとに利息が発生するため、金利は少しでも低い方がお得に利用ができます。

また初回利用時には、30日間の無利息サービスの利用も可能。

同じ18%のクレカのキャッシングで、翌月にすべての返済を行うのであれば、同じ金額をプロミスで借りたほうが、返済は借入額だけで済みます。

利用にはプロミスの審査に通過する必要がありますが、利息のことを考慮するのであれば断然プロミスの利用がお得であると言えるでしょう。

プロミスの即日融資は何時まで?公式では教えてくれない融資成功のコツとは
冠婚葬祭や病気など、急にまとまったお金が必要になることが必要になったとき、金額が大きければ大きいほど親や友人には借りにくいですよね。 金の切れ目が縁の切れ目とも言いますし…周囲の人間とは金銭問題のトラブルを避けるためにも、お金の貸し借...

ジェイスコア

ジェイスコア概要
商品名 J.Score(ジェイスコア)
利用限度額 10万円~1000万円
金利 0.8%~12%
担保・保証人 不要
遅延損害金 12%
必要書類 名前・生年月日・現住所が確認できる書類
  • 消費者金融でありながら低金利で利用できる
  • 最短即日融資も可能
  • AIが審査を行うAIスコア方式を活用

消費者金融の中でも、比較的最近できたジェイスコアもおススメのカードローンです。

ジェイスコアの最大のおすすめポイントは、低金利での利用が可能なこと。

通常、大手消費者金融やクレカのキャッシングでは、上限金利が18%程度で設定されているケースがほとんどです。

プロミスのように17.8%と若干低いケースもありますが、ほとんどが18%を上限に設けています。

カードローンやキャッシングの審査の場合、基本的には上限の金利での融資が行われます。

そのことを考慮すると、最初から上限金利がお得に利用できる商品を活用することが大切です。

その点を考えると、即日融資にも対応して居て、かつ低金利で利用が可能なジェイスコアでの借り入れをオススメします。

J.Score(ジェイスコア)は即日融資可能か?即日成功のコツや特徴などをご紹介
J.Score(ジェイスコア)は、2016年11月にみずほ銀行とソフトバンクが提携した新しい消費者金融です。 多くの質問を答えることでAIが審査を行う「AIスコア」や、これまで積極的に融資を行ってこなかった若者も低金利で利用することが...

キャッシング機能がいらない場合はなくしておこう

今回は、クレジットカードのキャッシング機能はいらないのか?キャッシング機能を付けることのメリット・デメリットにはどのようなものがあるのか?を紹介してまいりました。

クレジットカードには、ショッピングで利用ができる限度額のショッピング枠と、借入の限度額のキャッシング枠の二つがあります。

ショッピング枠の中にキャッシング枠がある形ですが、キャッシング枠はいらない場合は無しにすることもできます。

しかしキャッシング枠がついていると、急な出費の時でもすぐに現金を借りることができる反面、紛失したり盗難に遭うと悪用されやすいというデメリットもあるのですね。

必要な場面によっては、カードローンなどを利用した方がお得に借り入れを活用できます。

キャッシング機能はいらないのか、カードローンを活用するのかはよく検討してから利用を行いましょう。

404 NOT FOUND | マネースタジオ
即日融資OKの審査甘いキャッシングは?闇金以外の中小消費者金融を利用しよう
「急にお金が必要になった…!」 そんな時に利用したいのが消費者金融の即日融資です。 しかしアコムやプロミスなどの大手消費者金融を利用するには審査に通過しなければなりません。 大手の審査に通過できる自信が無い…そんな方は即日...
審査のゆるいカードローンはどこ?審査に通りやすくするコツも解説
カードローンの審査に申し込んだはいいものの、審査のゆるいカードローンを探している人も多いと思います。 しかし、審査のゆるいカードローンなんてあるのでしょうか? 今回は審査のゆるいカードローンがあるのか、またカードローンの審査に通...