キャッシングのフタバを利用したい!大手審査落ちでも大丈夫?

キャッシングのフタバ審査-財布をもつ女性 中小消費者金融

大手消費者金融の審査に落ちてしまったので、中小消費者金融からの借り入れを検討しているという人もいると思います。

  • 安心して利用できる業者
  • 他社借り入れが多くあっても借りられる業者
  • 大手消費者金融なみのサービスを受けられる業者

中小消費者金融にはそれぞれ特徴がありますから、何を優先して申し込みするか迷ってしまいますよね。

それなら、この条件をすべて満たしているキャッシングのフタバに申し込みをしてみてはどうでしょうか?
今回は、大手消費者金融の審査に通過できなかった人に向けて、キャッシングのフタバをご紹介します。

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

キャッシングのフタバの基本情報

審査-キャッシングのフタバ

それでは、さっそくキャッシングのフタバの基本情報から見ていきましょう。

フタバの基本スペック

借入限度額 10万円~50万円(初めての利用の場合)
金利 14.959%~17.950%
申込資格 20歳以上70歳以下の安定した収入と返済能力を有する人
即日融資
来店の必要 不要
返済回数 2回~72回6年以内

フタバには店舗がない!

中小消費者金融では、来店による申し込み・契約が必須というケースも珍しくありませんが、キャッシングのフタバは無店舗型の経営スタイルのため来店する必要が一切ないという特徴があります。

もちろん申し込みや契約、そして借入や返済のときも来店は不要です。

来店するのはわずらわしいという人にはキャッシングのフタバがぴったりだといえます。

フタバで借り入れするにはどうすればいい?申し込み方法は?

中小消費者金融なのに来店する必要が一切ないと聞いて、キャッシングのフタバに興味を持った人もいるでしょう。

そこで、キャッシングのフタバの申し込み方法について解説していきたいと思います。

フタバの申し込み方法は2種類

上で解説したように、キャッシングのフタバには店舗がなく、申し込み方法は

  • インターネットによる申し込み
  • 電話による申し込みのみに限定されています。

 

申込方法 受付時間
インターネットによる申し込み 24時間365日
電話による申し込み 平日9:30~18:00
土日祝日は休業

インターネット申し込みなら、24時間365日いつでも好きな時に申し込み可能です。

フタバは全国からの申し込みに対応

キャッシングのフタバは店舗を構えておらず、申し込みから借入までの手続きをインターネットや電話だけのやり取りで済ませられます。

中小消費者金融からの借り入れを検討しているけれども、安心して利用できる業者探しに困っている人もいることでしょう。

ホームページを持っている中小消費者金融なら安心して利用できそうだと思っていても、営業エリアが限定されているケースは意外に多いですからね。

その点、キャッシングのフタバならインターネット・電話のみで手続きが済ませられて、全国どこからの申し込みにも対応可能ですから、非常に助かります。

キャッシングのフタバの審査基準について

キャッシングのフタバは、全国どこからでも来店不要で申し込み手続きを終えられることが分かりました。

次に気になるのはキャッシングのフタバの審査基準です。

フタバは他社借り入れ4社以内なら審査申し込みOK

キャッシングのフタバは、他の消費者金融からの借り入れが4社以内であれば申し込み可能だと申し込み画面に明記されています。

複数社から借り入れがある人も少しほっとしたのではないでしょうか?

しかも、この4社以内という数字に銀行や信販会社などのローンは含みません。

一般的に、3社以上から借り入れがあるとカードローン審査はかなり不利に働きますから、銀行や信販会社を除いた消費者金融からの借り入れが4社以内なら申し込みOKというのはかなり柔軟な対応だといえるでしょう。

ただし、消費者金融からの借り入れが5件以上ある場合はキャッシングのフタバの審査に通過できませんので注意してください。

他社借入件数には銀行カードローンや信販系カードローンは含まれませんから、実質的に借入件数が要因となってフタバへの申し込みができなくなるケースはかなり少ないのではないでしょうか?

仮審査に通過した人にだけ審査結果が知らされる!

フタバの審査は、一次審査(仮審査二次審査(本審査)に分かれています。

一次審査では申込内容をもとに属性審査を行い、個人信用情報の調査をします。

二次審査では提出した必要書類から申込内容に誤りがないかチェックをし、在籍確認を行います。

一次審査に通過できた場合のみ、申込者が指定した連絡先・指定した時間帯にフタバの担当者からから連絡が入ります。

フタバの審査はとてもスピーディーで、順調にいけば通常は30分から1時間程度で審査は終了します。

ただし、

  • 他社借入件数が多い人
  • 金融トラブルを起こしたことがある人は、審査が長引く傾向にありますが、指定した時間帯にフタバから連絡が入らなければ、
    やはり審査に通過できなかった可能性が高いです。

ただ、フタバで審査落ちしたらすぐに他の方法をとりたいと考えている人もいると思います。

時間を無駄にしないためにも、指定時間を過ぎても連絡がこない場合は、こちらからフタバに連絡をして審査結果について尋ねてみた方がいいでしょう。

キャッシングのフタバの審査に必要な書類

キャッシングのフタバの審査に申し込むときにはどのような書類を準備しておけばよいでしょうか?

本人確認書類

キャッシングのフタバに申し込みをする際には、

  • 運転免許証
  • 健康保険証のいずれかの写しを本人確認書類として提出します。

確認書類の住所が現住所と異なる場合は、現住所が記載された下記のうちから1点をあわせて提出します。

  • 公共料金の領収書(電気・ガス・水道・電話・NHKのいずれか1点)
  • 社会保険料の領収書
  • 国税・地方税の領収書、納税証明書

ただし、これらの書類は提出時に領収日付発行年月日から6ヶ月以内のものに限ります。

収入証明書

  • フタバの借り入れ希望額が50万円超える場合
  • フタバでの借り入れ希望額と他社からの借り入れの合計が100万円を超える場合には、収入証明書も必要です。

キャッシングのフタバは、返済実績を重ねていけば最大で200万円まで借り入れが可能ですが、初めて利用する人は50万円までしか借り入れできません。
ですから、他社から借り入れがなければ、基本的に収入証明書は提出する必要はありません。

ただし、

  • 他社からの借り入れとフタバでの借入希望額が100万円を超える場合
  • 審査の結果、フタバが収入証明書類の提出が必要と判断した場合は、収入証明書の提出が必要です。

その際には、

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 直近2ヶ月分の給与明細などを提出しましょう。

キャッシングのフタバの審査の流れについて

キャッシングのフタバの審査の流れは以下の通りです。

  1. 申し込み
  2. 一次審査(一次審査に通過すると連絡がくる)
  3. 二次審査(必要書類の提出・在籍確認)
  4. 審査通過・融資実行

申し込み

  • インターネットによる申し込み
  • 電話による申し込み

    のどちらかの申し込み方法を選択してください。

インターネットからなら24時間365日申し込み可能ですし、パソコンやスマートフォンを操作するのが苦手、あるいは分からない点について尋ねながら申し込みをしたいのであれば、電話で申し込みをするのがよいでしょう。

ただし、キャッシングのフタバは土日祝日が休業日となっています。
電話での申し込みの場合は平日の9:30~18:00の間に申し込みしてください。

インターネット(パソコン・携帯) 24時間365日申込可
電話 営業時間:平日9:30~18:00
休業日:土日祝日

一次審査

申し込みをした時間帯などにもよりますが、キャッシングのフタバでは審査の結果が出るまでに要する時間は30分から1時間程度です。

先に少し説明したように、一次審査に通過して人にだけ申し込み時に指定した時間帯、指定した連絡先に連絡が入ります。

ただし、キャッシングのフタバの営業時間は18:00までです。

営業時間終了間際に申し込みをした場合や、営業時間を過ぎてから申し込みフォームを送信した場合は、審査の回答は翌営業日以降になりますので注意してくださいね。

二次審査

一次審査通過後の電話連絡の際に、必要書類の提出方法について説明があります。

必要書類の提出方法の説明

フタバはインターネットでの書類提出に対応していないため、書類の提出方法はFAXか郵送のいずれかを選択してください。

一次審査地に通過した後の電話連絡時に、

  • どのような必要書類を提出するか
  • どちらの方法で必要書類を提出するか

について詳しく説明を受けますので、分からないことなどがあればその時にしっかり確認しておきましょう。

在籍確認について

二次審査では在籍確認も行われます。

消費者金融の中には電話連絡以外の方法で在籍確認を行ってくれる業者もありますが、キャッシングのフタバでは必ず電話連絡による在籍確認が行われます。

在籍確認の電話に申込者本人が出る必要はありませんが、勤務先に電話がつながらない場合は審査がそこでストップしてしまいます。

融資を急いでいる場合は、勤務先に自分のことを知っている同僚や上司がいる時間帯を把握した上で申し込みをしましょう。

もちろん、在籍確認の際には担当者がキャッシングのフタバを名乗ることはありません。

在籍確認とはわからないように、担当者の個人名で連絡をしてくれますので安心してください。

なお、キャッシングのフタバでは在籍確認の電話連絡の時間帯を指定できませんので、その点も考慮したうえで申し込みをしましょう。

審査通過・融資実行

二次審査に通過すると、申込者本人の電話かメールに連絡が入り、その後融資実行となります。
契約書類は後日自宅に郵送されるので、記入したうえで住民票を添えて返送してください。

フタバの借り入れ方法

キャッシングのフタバ審査-お金を持つ女性

二次審査に通過すれば、いよいよ借り入れです。

フタバの借り入れは振込融資のみ

キャッシングのフタバには自社ATMや提携ATMなどはなく、借り入れ方法は振込み融資に限定されています。

ですから、借り入れは指定した銀行口座に振り込んでもらえるのを待つだけでOKです。

いつものATMから引き出しすればいいので、利用できるATMをわざわざ探す手間もありません。

ただし、キャッシングのフタバや銀行の営業時間外、休日は翌営業日の振込となるので注意が必要です。

フタバには30日間の無利息サービスがある

キャッシングのフタバを初めて利用する場合は、30日間無利息サービスが適用されます。

契約日の翌日から30日間は無利息で借りられるので、その期間内に借入を返済してしまえば利息は一切かかりません。

キャッシングのフタバの返済方法

キャッシングのフタバの返済方法は銀行振込のみです。

口座引き落としなどには対応していませんので注意してください。

利用者にとって非常にうれしいことに、キャッシングのフタバでは申込者の給料日に合わせて毎月の返済日を決めてもらえます。

手元に余裕があるうちに確実にフタバに返済できるのは大きなポイントです。

ただし、返済は、キャッシングのフタバが指定する銀行口座への直接振り込みなので、返済手数料は利用者が負担しなければなりません。

キャッシングのフタバのメリット・デメリット

キャッシングのフタバを利用するメリットやデメリットについて考えてみたいと思います。

フタバのメリット

まずは、フタバで借りるメリットから見ていきましょう。

来店なしで全国どこからでも申込可能

キャッシングのフタバのような中小消費者金融では、来店なしですべての手続きを終えられるのは珍しいです。

消費者金融から借り入れしていることを知られるのは、誰でもやはり抵抗があると思います。

自動契約機や店舗に入るところを誰かに見られるのは、「あの人借金するんだ」と思われそうで嫌なものです。

来店する必要がなければそういった思いをすることもありませんし、わざわざ時間を作って手続きのために足を運ぶ必要がないというのは、非常にメリットが大きいです。

即日融資に対応している

大手消費者金融とは異なり、中小消費者金融ではすべての業者が即日融資に対応できるわけではありません。

ところが、キャッシングのフタバは中小消費者金融とは思えないほど審査がスピーディーだと評判です。

消費者金融で借り入れをしたいときは急を要する場合が多いので、やはり即日融資に対応しているのはポイントが高いですね。

キャッシングのフタバは毎月の最低返済額が低い!

キャッシングのフタバの大きな特徴の一つに、毎月の最低返済額の低さがあります。

【利息を含めた毎月の返済金額】

借入金額 最低返済額
10万円 2300円
20万円 4600円
30万円 69000円
40万円 9200円
50万円 11500円

【消費者金融各社で10万円借り入れした場合の最低返済額の比較】

フタバ 2300円
アコム 5000円
プロミス 4000円
アイフル 4000円
SMBCモビット 4000円
レイクALSA 4000円

大手消費者金融の最低返済金額は4,000~5,000円程度ですが、キャッシングのフタバの最低返済金額は2,300円と非常に負担が軽いです。

ただ、実際に10万円借りて本当に毎月2,300円ずつしか返済しなければ、完済するまでに6年11ヶ月もかかってしまいます。

総返済額は162,723円なので、返済総額は1.6倍以上にもなってしまいますね。

最低返済額の低さがメリットなのは、やりくりが厳しい月があった場合に返済の負担が軽く済むからです。

普段の返済はもちろんそうですが、ボーナスや臨時収入があった時など最低返済金額より多く返済できるのであれば、どんどん繰り上げ返済していくことをおすすめめします。

フタバのデメリット

フタバを利用するデメリットとしてはどのような点が挙げられるでしょうか?

まとまった金額を借りられない

キャッシングのフタバを初めて利用する人が借りられる金額は最大でも50万円です。

銀行カードローンなどのようにまとまった金額は借りられません。

しかも、審査に通過すれば誰でも50万円借りられるというわけでもありません。

キャッシングのフタバの利用がはじめてなら、借りられる金額はせいぜい10万円~20万円程度だと考えておくほうがよいでしょう。

キャッシングのフタバは、小口融資を専門にしているということを認識したうえで利用することです。

借り入れ方法・返済方法が銀行振り込みのみ

キャッシングのフタバは、大手消費者金融のように借り入れ方法や返済方法が豊富ではなく、借入れも返済も銀行振り込みのみです。

ローンカードも発行されず、キャッシングのフタバの営業時間内にしか振込をしてもらえないので、必要な時にすぐお金を借りられるといった感じではありません。

返済方法も銀行振り込みのみで、毎回必ず振込手数料がかかるので負担は大きいです。

土日祝日は借り入れできない

キャッシングのフタバの休業日は土日祝日です。

急な出費は土日祝日に増える傾向にありますが、キャッシングのフタバは土日祝が休業なので、審査はもちろん借入もできません。

急な出費に対応できるのは平日に限られてしまいます。

キャッシングのフタバでの借り入れが向いている人

キャッシングのフタバでの借り入れが向いている人は以下のような人です。

  • 大手消費者金融の審査に通過できなかった人
  • 即日融資を受けたい人
  • 無利息サービスを利用したい人

過去に金融事故を起こしてブラックリスト入りしているけれども、以前の借り入れはすでに完済済みで現在の返済能力には全く問題がないという人には、キャッシングのフタバが向いているといえます。

また、大手消費者金融と比較すればサービスの部分では劣る部分は当然ありますが、

  • 30日無利息サービスを受けられる
  • 即日融資に対応している
  • 店舗に出向く必要がないなど、大手消費者金融と変わらないサービスもあります。

ですから、大手消費者金融と同様のサービスを希望する人にもキャッシングのフタバはおすすめだといえます。

おわりに

キャッシングのフタバは、中小消費者金融の中でも最も借りやすい業者のうちのひとつだといえます。

他社借り入れが多すぎて大手消費者金融の審査落ちしてしまった人や、ブラックリスト入りしていて他の消費者金融の審査に通過できなかった人でも、柔軟な審査で対応してもらえます。

また、全国どこからでも来店不要で申し込みできるのも大きな魅力です。

中小消費者金融の利用を検討しているなら、ぜひキャッシングのフタバにも目を向けてみてください。