電気代が払えない!滞納すると生じるリスクや対処法を解説

生活に関わるお金

給料日前に電気代の支払い期限が来てしまった!
でも財布は空!電気代が払えない!すぐ電気が止まってしまうのも困る!

急な出費で今月の電気代が払えないかも。

支払いのことをすっかり忘れていて、ピンチ!

そんなこともあるかと思います。

1日2日くらいどうにかなるだろ…と甘い考えですと、非常に危険です。

電気代を滞納することにより、プラスでお金がかかってしまったり、場合によっては法的な手段を取られてしまうケースもあります。

そこで今回は、電気代が払えない時のリスクや、対処法を解説していきます。

アコム
アコム
おすすめポイント
  • はじめての方は30日間無利息!
  • 最短30分での審査回答が可!
  • 借入が可能かスグ分かる「3秒診断」機能あり
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
1~800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短即日
公式サイトはこちら

連絡を入れることで支払いを待ってくれることも

滞納してからでは難しいですが、電力会社によっては事前に連絡をしておくことで支払いを待ってもらえるケースがあります。

しかし電力会社によって対応が異なるため、確実に待ってもらえるわけではありません。

またすでに支払い期限を過ぎてしまっている場合は待ってもらうことは難しいです。

そのまま放置が一番リスクが高い!とにかくまずは連絡を入れよう

電気代が払えない時点で、すぐに利用している電力会社に電話を入れましょう。

払えないままそのまま放置してしまってているとリスクが高すぎるためです。

仮に現時点で支払い期日が過ぎていたとしても、とにかく電話を入れ、いつまでに支払いができるかを伝えましょう。

電気代が払えずそのままにすると生じるリスク

電気愛が払えないままそのまま放置しているのはリスクが高いと紹介しました。

払えないままそのまま放置していると、具体的にはどのようなリスクが生じてしまうのでしょうか。

電気代が払えない時に生じるリスクを紹介していきます。

  • 延滞金が別途かかる
  • 督促状が届く
  • 電気が止まる
  • クレカ払いにしてると信用情報が傷つく
  • 契約が解除される

延滞金が別途かかる

支払い期日の翌日から、利用料金に加えて日ごとに延滞金が発生します。

そのため利用料金とプラスで延滞金の支払いが必要となります。

延滞金は、年率で10%となります。

実際にはどのくらいの金額になってしまうのでしょうか?

延滞金の計算をシュミレーションしてみましょう。

利用料金3000円、延滞期間は14日間(2週間)の場合の計算式

※利息は1日当たり0.03%になります。

3000円×0.03%×14日=12.6

2週間の支払い遅延で、12円程度の利息がかかります。

「なんだ!大したことないじゃん」

とも思われがちですが、利用料金がもっと高いとその分の延滞金も高くなります。

また電気代が払えないまま放置をして起こるリスクは延滞金だけではないのです。

督促状が届くように

支払い期限が過ぎても。2、3日程度であれば延滞金も大目に見てもらえることもあります。

しかしそのまま放置を続けていると、支払いの電話や自宅に督促状が届くようになります。

督促状が届いたら、督促状に記載されている期限までに必ず支払うようにしましょう。

この期限を過ぎても支払いがなかったり、なんのアクションもなかった場合、法的な手段をとられてしまうケースもあります。

また、場合によっては給料の差し押さえや財産の差し押さえになってしまうケースもあるのです。

法的な措置を取られてしまうと拒否はできません。差し押さえにだけはならないように、早めに対処を行いましょう。

電気が止まる

法的な措置を取られる前に、電気の供給が止まるケースことがほとんどです。

基本的に、支払期限から20日が経過すると電気が止められてしまいます。

また細かい日数は電力会社によって異なりますので、自分が利用している電力会社をチェックしておきましょう。

クレカ払いにしてると信用情報が傷つく

電気料金の支払いをクレジットカード払いにしていると、注意が必要です。

この場合、支払いはクレジットカード会社が行っています。

カードの請求に応じないと、クレジットカードの利用が停止・強制解約となってしまいます。

クレカの強制解約になってしまうと、信用情報に傷がついてしまいます。

そうなると、今後新規でクレジットカードが作れなくなってしまったり、将来的に住宅ローンが組めなくなってしまったりと、デメリットがたくさんあります。

利用料金の支払いをクレジットカード払いにしている場合は、特に注意が必要です。

契約が解除される

電気代が支払えないまま、電気の供給がストップしたり、財産差し押さえになってしまった場合。

最終的に電力会社の契約を強制解約されてしまいます。

強制解約となってしまうと、電力会社のブラックリスト入りになってしまうため、再契約ができなくなってしまいます。

電気代が払えなくて滞納するとどうなるの

契約が解除にあるまでの流れは?
気代の支払期限を過ぎると延滞金が発生する
支払期限の翌日以降に督促状やお知らせハガキが届く
電気代の支払期限から20日以上過ぎると電気が止まる
送電停止してから10日以上過ぎると契約が解除される

電気代をすぐに支払えば復旧する?

払ったら復旧の電話が必要

電気代が払えない時の対処法は?

電機代が払えない…。でも電気が止まることだけは避けたい…!

そんなときに、どうにか電気代を支払うための対象法を紹介していきます。

  • ほかの支払いを後回しにする
  • 不要なものを売ってお金を準備
  • 家族や周りの人に借りる
  • クレカのキャッシングで現金を用意する
  • 最終的には消費者金融もあり

ほかの支払いを後回しにする

ほかの支払いに充てるお金を電気代に回すことも一つの方法です。

だいたい光熱費の支払いはまとめてくるケースも多いと思います。

特に電気代は、電力自由化してから民間化したため、支払いの期限が厳しい傾向にあります。

そこで、例えば比較的大目に見てくれる水道代の支払いを少し待ってもらい、さきに電気代の支払いに充てるなども一つの対処法といえるでしょう。

今の支払い状況などをよくチェックしたうえで、支払いの優先順位をつけることが大切です。

水道料金を滞納するとどうなるのか?水道が止まってしまうまでの流れを解説
水道料金はを支払い期限までに支払わないと滞納料金が発生します。 しかし、少し滞納したからと言って、すぐに水道の利用が出来なくなるわけではありません 今回は、水道料金を滞納したらどれくらいで利酔いが出来なくなるのか、水道料金の滞納...

不要なものを売る

お金がなき打て電気代が払えない時に、不要なものを売ってお金にするのも一つの方法です。

例えば本や服など、専門のリサイクルセンターに持ち込めばその場でお金うを手にするできます。

しかし一つ当たりの値段は微々たる金額であることがほとんどなのです。

そこで、ブランド品のバックや時計などを質屋に入れてお金にすることも一つの方法です。

電気代料金くらいは賄えるでしょう。

しかしお金を作る方法としてはすぐに利用できて便利ですが、そのものを手放さなくてはいけないため、よく検討する必要があります。

ほかにもラクマはメルカリなどのフリマアプリで売ることも一つの方法です。

リサイクルセンターでは取り扱ってもらえないようなものも売値がつくことがあるため、利用しやすいといえます。

デメリットとしては、売り手がつかないとお金にならない・配送などの手間があるため、すぐに手元にお金が入るわけではない点です。

家族に借りる

電機代といっても、一人暮らしであればせいぜい5000円もしないでしょう。

そこで、一時的に家族などに借りる・立て替えてもらうことも一つの方法です。

消費者金融のカードローンなどで借りるのも容易ではありますが、手数料のことを考慮すると少し気が引けますよね。

毎月毎月支払えずに借りているようでは愛想つかされてしまいますが、突発的な出費があり、といったようにきちんと理由を説明してお願いしましょう。

また必要であれば、借用書を作成することもおすすめでhttps://cash-studio.com/。

個人間でのお金のやり取りはトラブルに発展しやすいので、簡単にでも作成しておいた方が相手との信頼関係の継続にもよいといえます。

借用書の書き方とは? 借用書を有効にする6つのポイントを解説!
借用書はお金の貸し借りにおいて重要な文書です。 しかし、間違った借用書の書き方をしてしまうと、金額を誤魔化されてしまう場合や、そもそも借金をしていないと主張されてしまう可能性があります。 この記事では、法的に有効な借用書の書き方...

クレカのキャッシング

キャッシング機能のクレジットカードを持っている場合、クレカのキャッシング枠を利用してお金を用意し、電気代を払うのも一つの方法といえるでしょう。

もともとキャッシング機能がついているものであれば、審査などを行わずにそのままATMなどでお金を引き出すことができます。

付け焼刃的な対処法になってはしまいますが、一旦これで乗り切るのも一つの方法です。

しかし注意したいのは、クレカのキャッシングも利息が発生する点です。

電気代の延滞の利息が年10%程度であるのに対し、キャッシングの利息は年18%ほどかかります。

すぐに返済するあてがあれば計画的的に利用をするのでも良いですが、とくにあてもなく利用するのにはお勧めできません。

最終的には消費者金融もあり

どうにもならない場合、消費者金融のカードローンを利用するのも一つの手段でしょう。

しかカードローンの利用でもクレジットカードの利用と同じようにりそくがはっせいします。

そこで、もしすぐに返す当てがあるのであれば、カードローンの初回無利息サービスを利用して借入を行うことが良いです。

大手消費者金融では、初回の利用時に『30日間の無利息サービス』を行っている業者も多いのです。

この制度を利用し、次の給料日までに電気代分だけ借入を行い、給料が入った30日以内に返済を行えば、利息はかからずに借りた元金だけの返済で済みます。

一時的な対処法になりますが、こういった手段で何とか乗り切るのも良いでしょう。

プロミス

プロミス概要
商品名 プロミス
利用限度額 500万円まで
金利 4.5%~17.8%
担保・保証人 不要
遅延損害金 20.0%

大手消費者金融の中でも、特におすすめなのがプロミスです。

プロミスのおすすめポイントを解説していきます。

  • 即日融資対応!最短1時間で借りられる
  • WEB完結申し込みでスマホで融資まで完了
  • 初回は30日間の無利息サービスの利用が可能

プロミスでは、無利息サービスに対応しているため、次の給料日までピンチで電気代が払えない…!というときでもピンチヒッター的な感じで利用ができます。

またWEB完結申し込みでスマホですべての、手続きが完了するのも、プロミスの利点です。

プロミスの即日融資は何時まで?公式では教えてくれない融資成功のコツとは
冠婚葬祭や病気など、急にまとまったお金が必要になることが必要になったとき、金額が大きければ大きいほど親や友人には借りにくいですよね。 金の切れ目が縁の切れ目とも言いますし…周囲の人間とは金銭問題のトラブルを避けるためにも、お金の貸し借...

そもそも毎月払えないのであれば電気プランを変える

そもそも毎回電気代が払えずに四苦八苦している場合、利用の電力プランが自分にあっていない可能性があります。

そこで格安の電力会社に乗りけて、月の電気代を抑えることも一つの方法です。

例えば楽天カードを持っているのであれば、楽天電気に入って、ポイントをためるだけで効果的

楽天ポイントでも支払いができるので、毎月ポイントで支払いが完了すれば電気代そのものが浮かせることができるかもしれません。

電気代払えないまとめ

今回は、電気代が払えないとどうなるのかについて解説してまいりました。

ほかにも

電気代を滞納することにより生じるリスクは何か、電気代が払えない時の対処法を紹介していきました。

消費者金融などに借りることは、一時的な解決にはつながりますが、そもそも毎月支払いが大変なのであれば、根本から見直す必要があります。

  • ほかの支払いを後回しにする
  • 不要なものを売る
  • 家族に借りる
  • クレカのキャッシング
  • 最終的には消費者金融もあり

毎月かかる固定費なので、少しでも安く抑える方法に乗り換えるのも一つの方法ですね。