どこでお金を借りることができますか?お金が借りれる場所を全部調べました

お金を借りる

どこでお金を借りることができる?

急にお金が必要になったけど、財布の中身は残りわずか。給料日もまだまだ先…。

そんなお金がない緊急時に、どこでお金を借りることができるのでしょうか?

今回はどこでお金を借りることが出来るのかを解説していきます。

急にお金が必要になったときに是非ご活用ください。

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

どこで金を借りることが出来るのか?

さっそく、どこでお金を借りることが出来るのでしょうか?

一般的にお金を借りる方法には、以下の4つの方法があります。

お金を借りることができるところ
  • 銀行
  • 消費者金融
  • 公的な貸付
  • 知人

これらのお金を借りる方法には、お金が必要な条件によって異なります。

何に使うお金なのか?どうしてお金がないのかによっておススメできるお金の借り方も異なってまいりますので、注意が必要です。

一番気軽に借りる方法は消費者金融でお金を借りる

お金を借りる方法で一番ポピュラーな方法は消費者金融でお金を借りることです。

誰にもバレずに借りたいときは民間のカードローンを

今月出費が重なって、生活費がピンチ!

誰にもバレずに借りたい!

そんな時は銀行カードローンや消費者金融などの金融業者から借り入れを利用しましょう。

しかし、銀行カードローンと消費者金融、どちらを利用したらいいのかわかりませんよね。

ここでさらっと銀行カードローンと消費者金融の特徴をご紹介いたします。

審査 金利 最短融資
銀行カードローン 最短で翌営業日以降
消費者金融 最短即日

銀行カードローン、消費者金融はそれぞれ特性があり、お金を借りる際に重視したいポイントによって利用する方を決めていいと思います。

とにかく急いで借りたい方は消費者金融がおススメですし、少しでも金利を抑えてお金を借りたい方は銀行カードローンを利用しましょう。

どちらを利用するにしても、申し込みをすれば確実にお金を借りられるわけでは無く、融資を受けるまでに審査に通らないといけません。

それぞれの特徴を確認していきましょう!

銀行カードローン

銀行カードローンは、銀行が提供する融資サービスです。

一般的にお金を借りる=サラ金のイメージが強いと思いますが、銀行でもカードローンサービスを提供しています。

メガバンクを始め、ネット銀行や地方銀行などもサービス提供をしているので、いつも自分が利用しているメインバンクでお金を借りることが出来るので、安心して利用できますよね。

また銀行カードローンは融資を受けた日数分利息がかかりますが、消費者金融と比べて銀行カードローンは低金利での融資を行っています。

低金利で行う代わりに、カードローンの利用には審査が必要ですが、銀行カードローンの審査は必ず返済を行ってくれるかを厳しくチェックするため、審査も通りにくいといわれています。

そのくらい申し込み者の信用度が高くないと利用することは出来ないのです。

ここで銀行カードローンの中でも人気のカードローンをご紹介いたします。

三菱UFJ銀行カードローンバンクイック

バンクイックは、三菱UFJ銀行が提供するカードローンです。

申し込みはWEB完結で申し込みができるので、わざわざ来店して申し込む必要がありません。

バンクイック概要
商品名 三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」
利用限度額 10万円以上~500万円以内(10万単位)
金利 1.8%~14.6%
担保・保証人 不要

バンクイックの詳しい情報は下記の記事も併せてご確認ください。

バンクイックで即日振込はできない?最短の申し込み方法をご紹介!
バンクイックのご利用を検討されているあなた。 急いでお金を借りたいと考えていますね? バンクイックは銀行カードローンですが、消費者金融並のスピードが強みであることをご存知でしょうか。 スピードが速いと言っても、即日融資は可...

三井住友銀行カードローン

メガバンクの三井住友銀行カードローンも、おすすめの銀行カードローンです。

吉高由里子のCMでも話題ですよね。

三井住友銀行カードローン概要
商品名 三井住友銀行カードローン
利用限度額 10万円以上~500万円以内(10万単位)
金利 4.0%~12.0%
担保・保証人 不要
三井住友銀行カードローンで即日融資は出来ない?最短で融資を受けるには?
三井住友銀行カードローンで即日融資は出来ない?最短で融資を受けるには? 「どうしても今日中にお金を借りたい!だけど、サラ金はなんだか抵抗がある…」 そんな方にオススメなのは銀行カードローン。低金利で、かつメガバンクであり安心感は...

消費者金融

消費者金融は、金融業者が運営する貸金業者です。

最近はあまり聞かなくなりましたが、いわゆるサラ金も消費者金融のことを指します。

銀行カードローンに比べて、審査に通りやすく、即日融資も行っているため急にお金が必要になったときにも便利なところが魅力ですね。

審査もそこまで厳しくは行われないため、過去に借金を踏み倒したなどの経歴が無ければ普通に融資を受けることが出来ます。

また初回の利用であれば無利息サービスなども利用できます。無利息サービス適用期間内に完済をしてしまえば利息はかからず、借入額の返済のみで済みますので、利用の仕方によっては銀行カードローンよりもお得に活用できるかも。

大手消費者金融は以下の通りです。

大手消費者金融

各消費者金融の詳しい情報は、上記のクリック先でも詳しくご紹介しております。合わせ

大手消費者金融の中でも特に筆者がおススメのサービスは、レイクALSAとプロミスですね。

今回はレイクALSA、プロミスについて紹介していきます。

レイクALSA

レイクALSAは大手消費者金融の中でも新しい消費者金融です。

レイクALSA概要
商品名 レイクALSA
利用限度額 1万円以上~500万円以内
金利 4.5%~18.0%
担保・保証人 不要
レイクALSAおすすめポイント
  • 仮審査は15秒で結果がわかる!
  • 初回申し込み時のみ2つの無利息サービスから選べる

最近はどこの大手消費者金融でも無利息サービスを行っていますが、その中でもレイクALSAは利用者の利用用途によって無利息サービスの選択ができるため、おすすめの消費者金融の一つです。

無利息サービスは60日間無利息サービスと、180日間のタイプがあります。

詳しい条件などは下記をご確認ください。

60日間無利息 180日間5万円まで無利息
適用開始 初回契約日翌日から 初回契約日翌日から
金額 契約額1万~200万 5万円まで無利息、超過分は通常金利適用

前身は新生銀行カードローンのレイクというサービス名で提供しており、もともとは銀行カードローンでした。

まだサービス提供が開始されたばかりのためか、比較的審査に通りやすいとも言われています。

レイクALSAの詳しい情報はこちらから!

レイクALSAの即日融資可能時間は?
レイクALSAは即日融資に対応しています。 誰でも絶対即日融資が可能というわけではありません。 即日融資を行うには、即日融資の実施時間内に申込む必要がありますし、利用条件をクリアしている必要があります。 今回は、レイクAL...

プロミス

定番の消費者金融と言えばプロミスですね。

プロミス概要
商品名 プロミス
利用限度額 1~500万円
金利 4.5%~17.8%
担保・保証人 不要

プロミスは消費者金融の中でも特に筆者が利用しやすいと感じる消費者金融です。

大手消費者金融の金利や限度額にはそこまで大きな差はありませんが、審査通過後は最短10秒で振り込み可能や、土日夜間も利用可能と、忙しい現代人も利用しやすい消費者金融です。

またプロミスもWEB完結で申し込みが完了しますし、アプリなどを利用してお得な特典を受けられるため、おすすめです。

プロミスの即日融資は何時まで?最短10秒で即日融資を行う方法や口コミも解説
冠婚葬祭や病気など、急にまとまったお金が必要になることが必要になったとき、金額が大きければ大きいほど親や友人には借りにくいですよね。 金の切れ目が縁の切れ目とも言いますし…周囲の人間とは金銭問題のトラブルを避けるためにも、お金の貸し借...

国や自治体などの公的な貸付制度もアリ

お金を借りることが出来るのは銀行や消費者金融だけではありません。

なかなか知られていませが、公的な貸付制度も充実しています。

国からのお金が出ると考えると、児童手当など給付型のイメージが強いですが、実は国や自治体が所得の低い世帯や高齢者などに対して貸し付けを行っている制度が沢山あります。

ここからは生活福祉支援金や緊急小口資金貸付、年金担保貸付など公的な貸付制度について解説していきます。

公的な貸付制度
  • 生活福祉支援金制度
  • 緊急小口資金貸付
  • 求職者支援資金融資制度
  • 年金担保貸付
  • 母子福祉資金貸付
  • 教育ローン

各位制度をご紹介していきます。

生活福祉支援金制度

生活支援金制度とは、低所得者や高齢者、障がい者などの支援のための貸付制度です。

貸し付けの対象となるのは、以下に当てはまる方です。

  • 低所得世帯…資金の貸付けにあわせて必要な支援を受けることにより独立自活できると認められる世帯であって、必要な資金を他から借り受けることが困難な世帯(市町村民税非課税程度)。
  • 障害者世帯…身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者(現に障害者総合支援法によるサービスを利用している等これと同程度と認められる者を含みます。)の属する世帯。
  • 高齢者世帯…65歳以上の高齢者の属する世帯(日常生活上療養または介護を要する高齢者等)。

引用:全国社会福祉協議議会

市町村の社会福祉協議会から借りることができ、消費者金融などの利息が4%~18%であるところが多いのに対し、生活支援金制度は1%などで済むことが多いです。

条件に当てはまる方は、制度利用を検討しましょう。

生活福祉資金制度の概要と利用できる人の条件
「お金がなくて生活できない」 「生活苦で消費者金融に借金があり、これ以上借りられない」 一時的に仕事を失ったりして、やむを得ず借金をかかえ「このままでは生活が立ち行かなる……」ということは誰にでも起こり得ることです。 そん...

緊急小口資金貸付

緊急小口資金は、所得の少ない世帯に向けて資金の貸し付けや支援を行う制度です。

緊急小口貸付条件
  • 緊急的・一時的に困っている人
  • 今後きちんと返済を行っていくことが出来ると判断できる人
  • 社会福祉的に「緊急を要する」貸付が必要と判断できる人

上記の条件に当てはまると緊急小口資金の審査に通過し、融資を受けられる可能性があります。

  • 申込から資金交付まで最短5日
  • 貸し付けは10万円まで
  • 利子はつかない

融資を受けることができる条件は下記のような場合です。

  • 医療費・介護費
  • 火災などの被災
  • 会社からの解雇・休業
  • 初回給与支給までの生活費

引用:緊急小口資金貸付-東京都社会福祉協議会

求職者支援資金融資制度

求職者支援金融資制度は、制度を利用して職業訓練受講給費金を受給する方への貸付制度です。

求職中の方で職業訓練校に通学する方は貸し付けを受けることが出来ます。

月額5万円or10万円×受講予定訓練月数です。

担保や保証人は不要で、年3.0%の金利がかかります。

年金担保貸付

年金担保貸付とは、年金を担保にして貸し付けを利用できるものです。

年金担保貸付制度・労災年金担保貸付制度は、国民年金、厚生年金保険または労働者災害補償保険の年金を担保として融資することが法律で唯一認められた制度です。

保健・医療、介護・福祉、住宅改修、冠婚葬祭、生活必需物品の購入などの支出のために一時的に小口の資金が必要な場合にご利用いただけます。

年金担保貸付は現在年金を受給している方が対象となります。

母子・父子福祉資金貸付

東京都では、母子・父子家庭でかつ子供が20歳以下の家庭へ福祉資金貸付を行っています。

また他にも母子父子家庭向けに、大学院で学ぶための資金貸付制度なども充実しています。

申し込みはお近くの各区市、相談窓口まで足を運ぶ必要があります。

教育ローン・奨学金

「子供の学費が払えない」

「学費を親に頼ることが出来ない…」

など、勉学に関する費用の工面にお困りの方は、国が融資を行う教育ローンや、奨学金を利用する手もあります。

最近では奨学金の返済を行うことが出来ず、貸し倒れする人が増えているニュースもあることから「奨学金は悪徳商法だ」というイメージがありますよね。

しかし教育ローン・奨学金・消費者金融を利用してきた筆者は、学費を工面するにはやはり奨学金が一番だと考えます。利子もそれほど高くつきません。

ちなみに教育ローンと奨学金の違いは、以下の通りです。

  • 教育ローン:親名名義
  • 奨学金:学生本人名義

筆者は大学の学費は親に支援をしてもらうことが難しかったため、親名義で教育ローンを組んでもらい、自分名義で奨学金を借りて大学生活を送っていました。

教育ローンについては以下の記事でもご紹介しています。

教育ローンの審査基準は何?審査に受かるための対策はある?
「子供を進学させるためにお金が足りない」 子供を進学させたいというのは親として当然の気持ちですが、進学には予想以上にお金がかかるもの。 そうしたときに便利なのが、教育ローンや奨学金です。 奨学金は子供が支払いをしますが、教...

現在の状況によっては給付もアリ

国や自治体からの支援制度には、給付型・補助金タイプも数多く存在します。

貸し付け型と違い、より条件が厳しいこともありますが、条件が当てはまるのであれば給付型のタイプも検討してみて下さい。

補助金に関しては以下の記事で詳しくご紹介しています。

お金をもらう方法-こんなにもある”意外と知らない”補助金制度
生きていくためには、働いてお金を稼いでいく必要がありますね。基本的には、勤労の対価として賃金をいただくことが多いですが、実はさまざまな補助金を利用すると困ったときにお金をもらうことができるのです。 その代表的な例が「生活保護」ですね。...

親や友人に借りる

親や友人など、知人に借りることが出来れば周りの人からお金を借りたほうがおススメです。

しかしお金に関することで人間関係が一回こじれると、関係性を修復するのは至難の業です…。

とはいうものの消費者金融で借りるには高い利息がかかりますし、公的な貸付制度は融資までに時間も労力も要します。普通にフルタイムで働いている人には難しいです。

そのため借りることが出来るのであれば、親や自分を信用してくれる友人などに頭を下げて借りることをおススメします。

しかし口約束で借金をしてしまうのはなにかとトラブルを起こしかねません。

そういったことを防ぐためにも、周りの人から借金をする場合は、借用書を作成しておきましょう。信用にもなります。

借用書の書き方は下記の記事をご覧ください。

記事内では借用書のテンプレートをダウンロードすることが出来ます。

借用書の書き方とは? 借用書を有効にする6つのポイントを解説!
借用書はお金の貸し借りにおいて重要な文書です。 しかし、間違った借用書の書き方をしてしまうと、金額を誤魔化されてしまう場合や、そもそも借金をしていないと主張されてしまう可能性があります。 この記事では、法的に有効な借用書の書き方...

学生がお金を借りるには?

学生がお金を借りるときに思いつくのは奨学金ですが、実は奨学金以外にもが学生がお金を借りることが出来ます。

実は消費者金融は学生も利用することが出来ます。

しかし学生が消費者金融などを利用するとなると、基本的にはアルバイトでも毎月収入を得ていることが条件となります。

また学生向けの【学生ローン】もあるので、そちらを利用するのもおすすめです。

一般的な消費者金融や銀行カードローンの学生版と考えてよいです。学生が利用しやすいようなサービス内容になっています。

学生がり利用しやすいようなサービス内容にはなっていますが、場合によっては消費者金融に借りたほうがお得になることもあります。

よく調べてから利用を検討しましょう。

学生ローンいついては以下の記事も併せてご確認ください。

学生や未成年でもキャッシングを利用できる!バイトしていなくても借りれるの?
学生ってなにかとお金がかかるもの。 クレカがあるじゃん!って言われがちだけど、現金が必要な場面も多いですよね。 そこでおすすめしたいのは、学生のキャッシングの利用。 今回は、学生でもキャシングを利用できる機関などをご紹介し...

また学生であれば時間の融通も利くため、お金を借りるのではなく、稼ぐことも検討してみて下さい。

下記の記事では10万円稼ぐ方法を解説しています。

10万円足りない!今すぐ10万円を稼ぐ方法、借りる方法はある?
「急にお金が必要になったけど、次の給料日までまだ遠い…」 この記事を読んでいる人はこのような悩みを抱えているのではないでしょうか。 金欠トラブルというのは誰にでもあること。 もちろん浪費は良いことではありませんが、突然の出...

金融ブラックでお金を借りれなかった

公的な制度を利用するには条件が満たさなかったし、消費者金融も信用情報に傷がついてて利用できなかった!

なんていうこともありますよね。

過去にキャッシングや携帯電話などの支払い滞納をしてしまった場合、個人のキャッシングの利用履歴を保管している【信用情報】に傷がついてしまい、5年~10年ほど消費者金融や銀行カードローンなどの利用が出来なくなります。

この状態を「金融ブラック」、または「申し込みブラック」とも言われます。

ここからはそんなブラックの状態でも貸し付けを利用するためのポイントをご紹介いたします。

借入件数を整理する

ブラックの中でも「申し込みブラック」の状態もあります。

既にいくつかのキャッシングを利用している場合、借り入れの件数や総量規制などの問題で審査に落ちてしまう可能性が高いのです。

同時に借り入れ件数が4件以上であると、多重債務者となり基本的に審査に通過することはありません。

解決方法は、借入件数を減らすこと。返済できるところはできるだけ返済を済ませてしまい、利用件数を減らす必要があります。

今後も追加で融資を受けるつもりであるならば、件数を減らしておきましょう。またおまとめローンを利用してしまうと、完済するまで追加融資を受けることが出来ないため、注意が必要です。

また総量規制とは、借入額は年収の1/3までしか借りることが出来ないという決まりです。

銀行カードローンであれば総量規制の対象外になりますが、消費者金融は総量規制が入ります。その場合は返済を行うか他の方法を検討する必要があります。

中小消費者金融も

信用情報などに傷があって、消費者金融などを利用できなかった場合は、中小の消費者金融を利用がおススメです。

前述で紹介したプロミスやレイクALSAは、いわゆる大手の消費者金融。しかし消費者金融は大手だけでなく、中小消費者金融も多数存在します。

そのような中小消費者金融は、大手と同じ条件で貸し付けを行ったところで、利用者は増えません。

そのため多少の信用情報に傷があっても審査を通るよう条件を甘めに設定されています。

大手の消費者金融の審査に落ちてしまった場合は、中小消費者金融の利用も検討しましょう。

ブラックでも借りられる消費者金融は存在するのか?
ブラックでも借りられる消費者金融は存在するのか? ブラック状態でどこからもお金を借りられない、でもお金が必要… ブラックリスト入りした人でも借りられる消費者金融なんてあるのでしょうか? 比較的柔軟な審査を行っているといわれ...

闇金は利用しちゃダメ!ヤミ金の確認方法は?

「中小消費者金融って、ヤミ金じゃないの?」と勘違いをされがちですが、中小消費者金融もきちんと法律に則って運営しています。

そもそも消費者金融などの貸金業は、金融庁に届け出を出さなければ運営することが出来ません。

しかし利用前によく注意をしてから借りないと、思わぬ形でヤミ金に片足を突っ込んでしまいかねません。

ここでは金融庁の許可を取って運営している業者の確認方法や、ヤミ金の確認方法を解説していきます。

「無審査可能!」「激甘審査」などを謳う業者

「無審査」「激甘審査」などと謳っているところは100%違法なキャッシング業者です。

消費者金融にしろ銀行カードローンにしろ、お金を借りるには審査に通過する必要があります。

銀行カードローンの審査が厳しいことは勿論ですが、消費者金融も決して審査が甘いわけではありません。

踏み倒されてしまうと商売が成り立たないため、きちんと返済を行ってくれるかどうかを審査を行います。それは貸金業を運営するにあたってもきちんと審査を行わないといけないと決まっているため安易に「無審査」などと謳ったりすることはありません。

大手よりも審査が甘いといわれている中小消費者金融でも「無審査」「激甘審査」などと銘打って運営しているところはないのです。

違法な金利で融資を行う

消費者金融などのキャッシング業者は、金融庁が定める貸金業法により定められた金利内に収める必要があります。

金融庁の貸金業法が定める金利の上限は20%となっています。

そのため20%を超える金利を提示している業者も100%違法な業者です。

また低金利で借りれる!などと謳っていても、知らない間に金利が跳ね上がり、20%超えの金利になっている!など姑息な手を使う業者もあるため、注意が必要です。

金融庁のデータベースで確認

貸金業を営むには、金融庁に届け出を提出し番号を交付される必要があります。

交付された番号は、基本的に公式WEBサイトの下部にこのように記載されています。

下記は実際にプロミスに記載されている貸金登録番号です。

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 電話:03-3543-7100 (代表)
登録番号:関東財務局長(13)第00615号 日本貸金業協会会員 第000001号

しかし最近はヤミ金も巧妙な手口で対策を行っており、貸金業に登録を行っていないのにもかかわらず、他の業者の番号や適当な番号を記載して、あたかも金融庁に届け出を提出している正規の会社のようなことを行っている業者もあります。

そのため、怪しいと思う業者があれば、金融庁の検索システムからデータベースに検索を行って、確認を行いましょう。

ここでの確認方法は確実です。検索データベースは以下から可能です。

金融庁登録貸金業者情報検索入力ページ

違法なお金の借り方は絶対ダメ

闇金も違法な借金方法ですが、実は闇金以外にも意外と大丈夫そうだけど違法なお金の借り方もあります。

違法なお金の借り方は以下の通りです。

個人間融資掲示板

インターネット掲示板で、個人間でお金を貸します!と謳い、お金のやりとりを行っているサイトもあります。

また個人融資掲示板のほとんどが、個人を装った闇金であることがほとんどのため、利用しないようにしましょう。

違法な利息を請求されて、気づいたら短期間で融資額の倍の利息額が…なんてことも。

またSNSでのやりとりも同様です。

お金を借りるにはきちんと金融庁の許可を得て運営しているかどうかを確認しましょう。結局は自分が損をしてしまいます。

クレカの現金化

お金を借りる方法の一つに、クレジットカードのキャッシング枠をを使い、ATMからお金を借りることができます。

しかしこれをクレカのショッピング枠を利用して現金を作ることもやろうと思えばできますが、これはクレジットカードの規約違反になります。

具体的にはクレジットカードでクオカードやギフト券、ブランド品などを購入し、転売した場合、これは立派なクレカの現金化の行為に該当します。

クレカの利用代金を支払うまでは、クレカで購入した商品の所有権はクレジットカード会社にありますので、所有権の無いものを売ってしまっていることになり、違法行為を犯していることになってしまいます。

一見気軽にできてしまいますし、大丈夫そうな気もしますが、立派な違法行為に該当しまいますので絶対に行わないようにしましょう。

どこでお金を借りることができるかまとめ

今回はどこでお金を借りれるかのついて解説していきました。

どこでお金を借りることができますか
  • 銀行カードローン
  • 消費者金融
  • 公的な貸付制度
  • 親や知人から借りる

などをご紹介いたしました。

また筆者が銀行や消費者金融を利用する場合の筆者のおすすめは以下の通りです。

おススメ銀行カードローン
  • 三菱UFJ銀行カードローンバンクイック
  • 三井住友銀行カードローン

 

消費者金融
  • レイクALSA
  • プロミス

どの貸し付け方法もメリットデメリットがありますが、お金を借りる以上、安易な選択をせずに慎重にお金の借り方を検討しましょう。