JA教育ローンの審査は厳しいのか?審査に通過するコツは?

教育ローン

民間で教育ローンを提供している会社は、銀行だけではありません。

JAが提供している教育ローンも多く利用されています。

JAは、日本全国でサービスを提供しているため、多くの人が利用できます。

ただ、安定した収入を確保しなければ、審査を通過できないため注意が必要です。

ここではJAの教育ローンについて説明します。

この記事で分かること

  • JA教育ローンの審査内容
  • JA教育ローンの審査のポイント
  • JA教育ローンが利用できない場合にどうすればいいのか?
アコム
アコム
おすすめポイント
  • はじめての方は30日間無利息!
  • 最短30分での審査回答が可!
  • 借入が可能かスグ分かる「3秒診断」機能あり
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
1~800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短即日
公式サイトはこちら

JA教育ローンの基本情報

限度額 10万円~1000万円
金利 JAによって異なる
借入期間 最大15年
返済方法 元利均等方式
担保・保証人 原則不要
収入の条件 収入200万円以上が必要

以上がJA教育ローンの基本情報です。

JAが提供している教育ローンは、金利が融資先によって異なります。

地域によって金利が変わるため、事前にJAに相談しなければなりません。

それ以外の項目ですが、銀行よりも多くの借り入れが可能となっているほか、返済期間が長くなっているというメリットもあります。

その一方で、収入が200万円以上確保されない場合は、審査を通過できない点に注意しておきましょう。

教育ローンの即日融資は可能?即日融資を受けたい場合の対策も紹介
「すぐに教育ローンを組みたい」 お子さんが大学入学を控えている、塾に行きたいと言っている、そのような希望は叶えてあげたいというのが親心ですが、どうしてもお金がない場合があります。 そのようなときには教育ローンが便利なのですが、教...

JA教育ローンの審査基準は?

JA教育ローンの審査基準ですが、基本的に厳しい傾向があります。

審査をすぐに通過できると考えている人は、その考えを捨てたほうがいいでしょう。

それだけ審査基準は厳しい傾向にあるほか、収入面での条件なども影響し、審査を通過するのはかなり難しいのです。

審査を通過するためには、少しでも安心して返済できるという能力を示さなければなりません。

とにかく安定した収入面を目指し、まずは努力していくこととなるでしょう。

JA教育ローンの審査が厳しい理由

JA教育ローンの審査が厳しい理由としては、以下のポイントが挙げられます。

  • 低金利で審査に時間をかけるため
  • 求められる条件が厳しいため
  • 安定した収入を確保しなければならないため

以上のポイントにより、審査を通過するのはかなり難しくなります。

審査を通過したいと考えている人は、上記の理由をしっかりと把握し、確実に審査を通過できるようにしましょう。

ここからはJA教育ローンの審査が厳しい理由について説明します。

低金利で審査に時間をかけるため

JA教育ローンは、低金利で貸している傾向があります。

金利はJAによって異なるため、先に調べておかなければなりません。

ただ、金利の数字が高いという評判はなく、低金利で借りられる可能性もかなり高くなっています。

この低金利で借りるというのは、それだけ厳しい条件をクリアしなければならないのです。

低金利にすると、JA側が返済されない時のリスクが高まってしまい、大きな損失を出してしまいます。

こうした損失を出さないためにも、JAは厳しい審査によって、教育ローンの返済ができるか判断しているのです。

低金利を実現するために、審査にかかる時間もそれなりに長くしており、すぐに借りられない状態も生まれています。

求められる条件が厳しいため

求められる条件として、収入を200万円以上確保するように求められています。

この条件をクリアできない場合は、審査を通過できないルールを設定しています。

200万円というのは、会社員であれば通過しやすい条件と言えるでしょう。

しかし、アルバイトやパートであれば、この条件をクリアするのはかなり難しくなります。

低賃金で働いていると、200万円というのは条件としてかなり難しい数字となってしまうのです。

その結果、収入が確保できず、審査を通過できなくなってしまいます。

他にも、借りる際に仕事をしている年数が1年以上必要となるなど、細かい条件が設定されています。

この条件をしっかり通貨できるかどうか、しっかりと確認しなければなりません。

安定した収入を確保しなければならないため

安定した収入を確保しなければ、年収200万円という数字を超えていても審査に落とされてしまいます。

毎月の収入により、安定して返済できる状況を作らなければ、JA教育ローンの審査は通貨できないのです。

審査を通過したいと考えているなら、まずは安定した収入をしっかり確保しましょう。

その上で、200万円という年収をしっかり確保し、審査通過の条件を満たしておくのです。

安定した収入というのは、何よりも重要なポイントとなります。

不安定な収入状況を作ってしまうと、信頼が得られなくなり、審査を通過できない点に注意してください。

JA教育ローンの審査を通過するポイント

JA教育ローンの審査を通過するためには、以下のポイントを押さえましょう。

  • 安定した収入を確保する
  • 勤務年数を増やす
  • 他社借入を持たない
  • 信用情報を事前にチェックしておく
  • 多重申込を避ける
  • 虚偽の記載をしない
  • JAのサービスを普段から利用する

以上のポイントを押さえておけば、審査を通過しやすくなります。

確実に教育ローンを使うためには、事前の準備などもしっかり済ませておきましょう。

ここからはJA教育ローンの審査を通過するポイントを説明します。

安定した収入を確保する

安定した収入を確保しなければ、審査は通過できません。

先ほども説明した通り、安定した収入という部分は何よりも重要であり、返済できる能力を示すために必要となります。

年収は200万円以上確保していれば問題ありませんが、それ以上の安定した収入を持っていたほうが審査は通過しやすくなります。

200万円よりも300万円、300万円よりも400万円の年収を確保し、毎月の収入が安定している状態を作り上げましょう。

安定した収入を得られていれば、審査を通過できる可能性はかなり高くなります。

勤務年数を増やす

勤務年数ですが、1年以上は最低でも確保しなければなりません。

同じ仕事を1年以上続けるように心がけ、その上で安定した収入を確保してください。

また、勤務年数は多ければ多いほど有利となり、信頼性が大きく向上します。

より安心できる情報をJAに提供できれば、審査を通過できる可能性は高くなります。

勤務年数ですが、できれば3年以上は確保し、安定した仕事をしていると判断されるように心がけましょう。

なお、転職によって仕事が変わると、勤務年数はリセットされます。

転職後は1年以上の仕事実績を作り、勤務年数の条件をクリアしておきましょう。

他社借入を持たない

他社借り入れを持っていると、その時点で審査に悪影響が及んでしまいます。

特に100万円以上の借入が存在すると、返済能力がしっかり確保されているか判断できず、審査に落とされやすくなります。

収入に対して、借りている金額がそこまで多くなければ問題ないのですが、収入で借りられる金額のギリギリであれば、審査落ちは起こりやすくなります。

とにかく審査を通過するために、他社借入については減らしておきましょう。

他社借入を持っているだけでも、かなり審査は難しくなります。

以前から借りている借入はすぐに返済し、何も借りていない状態で審査を受けましょう。

信用情報を事前にチェックしておく

信用情報に問題があると、審査に落とされやすくなってしまいます。

過去の借入により、正しい返済ができていない、返済遅延を起こしていると判断されれば、その時点で審査に落とされやすくなります。

また、審査に影響のある情報が多数掲載されていると、今後の審査にも影響が及び、教育ローンを利用できなくなります。

信用情報については、事前に自分の情報を確認するなどして、安心して借りられるようにしましょう。

また、信用情報を悪化させる返済遅延や債務整理をしている場合は、しばらく待ってから申し込みましょう。

信用情報が改善されれば、その分だけ審査は通過しやすくなります。

多重申込を避ける

他の教育ローンへ申し込まないように注意してください。

他の教育ローンと一緒にJA教育ローンへ申し込むと、その時点で審査に落とされてしまいます。

複数の教育ローンを併用する手法は、基本的に認められていません。

また、ローンへの申込状況がほかの会社に知られてしまい、審査に落とされる確率は急激に上昇します。

他のローンを利用しようと判断されれば、その時点で信用性がないと判断されるためです。

しっかりと信用を確保するために、ローンは1つずつ申し込むようにしましょう。

JA教育ローンへ申し込む場合は、他のローンへ申し込まないように気を付けましょう。

虚偽の記載をしない

嘘の記述があれば、その時点で審査に落とされてしまいます。

嘘をついている人は、信用されないと判断されるためです。

収入を多少盛る、勤続年数を四捨五入して計算するなどの情報であれば、さほど問題はありません。

しかし、明らかに嘘とわかる情報は、絶対に作ってはいけません。

嘘の情報が1つでも見つかった場合、これ以上の審査はできないと判断され、審査に落とされてしまうのです。

審査を通過する場合は、嘘の情報は絶対に出さないようにしましょう。

JAのサービスを普段から利用する

JAのサービスを普段から利用していると、多少ではありますが審査の難易度が下がります。

普段からサービスを利用している人は、信頼できると判断されるためです。

審査を通過したいと思っているなら、JAのサービスを普段から利用して、信用を得ておくといいでしょう。

ただ、普段のサービスを利用しているところで問題を起こすと、信用がなくなって審査に落とされやすくなります。

信用を作る目的で利用するくらいなら、新規で申し込むという方法を利用してもいいでしょう。

JA教育ローンを利用できない場合の対処法

JA教育ローンを利用できない場合は、ほかの方法で借りなければなりません。

その方法をしっかり確認しておかないと、最終的に間違った判断をする恐れもあります。

JA教育ローンに落とされた場合は、以下の方法を検討するといいでしょう。

  • 審査の甘い教育ローンを利用する
  • 国が提供する教育ローンを利用する
  • 奨学金を検討する(検討できる状況であれば)
  • フリーローンなどで代用する

以上の方法を利用すると、審査を通過してお金を借りられる可能性があります。

JA教育ローンよりも審査の甘い会社を狙うほか、別の方法で借りる手法も検討しましょう。

ここからはJA教育ローンの審査に落とされた場合の対処法を紹介します。

大学で留年すると奨学金は止まる?留年した場合の3つのケースについて解説!
大学で留年した場合、奨学金はどうなるのか様々な理由で気になる人も多いかと思います。 結論からいえば、大学で留年をした場合、奨学金は止まってしまいます。 しかし、手続きをすれば奨学金の貸与を再開してもらう方法もあるのです。 ...

審査の甘い教育ローンを利用する

JA教育ローンの審査は、厳しい傾向にあります。

より審査の甘い会社に切り替えると、審査を通過できる可能性が高くなるかもしれません。

ここで気を付けたいのが、金利を少し引き上げて考えることです。

金利を下げて考えると、JA教育ローンよりも厳しい審査を受ける形となり、審査に落とされやすくなります。

JAよりも低金利で提供するサービスは使わず、より高い金利の会社に相談するように心がけてください。

金利の高い会社に相談するだけで、審査は通過しやすくなります。

多少返済の負担は覚悟したうえで、より借りやすい会社を選びましょう。

教育ローンの審査が甘い所はあるのか?メリット・デメリットを解説
教育ローンは審査が厳しい傾向にあり、なかなか審査を通過できない場合もあります。 審査を通過しようと考えている人は、審査基準をしっかり満たし、確実に借りられるようにしましょう。 しかし、教育ローンの中には、審査基準が甘くなっている...

国が提供する教育ローンを利用する

国が提供している教育ローンは、定収入でも審査を通過できます。

教育ローンの中でも借りやすく、さらに返済の負担も抑えられる便利なローンです。

利用する場合は、収入の上限に気を付けておきましょう。

多くの収入を世帯で抱えていると、審査を通過できなくなってしまいます。

利用できる収入なのかしっかりと確認し、審査を受けるようにしましょう。

国の教育ローンは、借りられる金額が350万円までに制限されています。

借りられる金額はあまり多くありませんが、1.66%という低金利はかなり魅力です。

少しでも借りるチャンスを作るためにも、国の教育ローンも検討しておきましょう。

教育ローンを徹底比較!国と民間はどちらが良いの?
教育ローンは民間が提供している商品もあれば、国が提供している商品もあります。 国が提供している教育ローンは、民間が提供している商品に比べて使いやすく、審査基準も甘い傾向があります。 一方で、民間が提供する教育ローンにもいいところ...

奨学金を検討する

奨学金を利用して学校へ通うという方法もあります。

この方法ですが、奨学金制度には色々な方法が用意されています。

学力による審査を受けて、奨学金制度を活用できる方法は、とても使いやすいでしょう。

一方で、アルバイトなどを併用する形で奨学金を提供する会社もあるため、どの方法が向いているのかしっかりと判断しなければなりません。

場合によっては、大きな負担を強いられる可能性があるほか、生活リズムを崩してしまい、学校へ通うのも難しくなってしまいます。

奨学金を利用できるかどうか、慎重に検討してから審査を受けるようにしてください。

また、本当に利用しやすい制度なのか、調べてから利用する方法を検討しましょう。

なお、子供が返済しなければならない金銭が多く残りますので、子供の負担を軽減したいのであれば利用は避けましょう。

フリーローンなどで代用する

教育ローンは低金利で借りられるメリットを持っていますが、審査が厳しくなります。

そこで審査を甘くする方法を採用して、より借りやすいローンを狙いましょう。

ここで使いやすいのがフリーローンです。

フリーローンは審査基準がかなり甘く設定されており、借りやすい会社も多数あります。

用途も自由ですので、教育費に利用しても何ら問題はありません。

しかし、フリーローンの欠点として、教育ローンよりも圧倒的に金利が高くなります。

会社によっては、10倍以上の金利が適用されてしまい、返済の負担は大きく上昇してしまうのです。

10%以上の金利で借りていると、返済の負担は急に多くなってしまいます。

返済の負担を考慮した上で、フリーローンを利用するか決めましょう。

なお、カードローンでも同様の借り入れが可能となりますが、こちらもかなり金利が高くなっています。

高金利で借りる場合は、返済計画を立ててから審査を受けるように心がけましょう。

わからない点はJAに相談しよう

JA教育ローンは、わからない部分が多数あります。

特に金利の情報は、ホームページでも隠しているため、調べるのは難しくなっています。

わからないところはJAに直接相談しに行くといいでしょう。

JAは、わからない点をすべて教えてくれるほか、ローン審査で気になる点も相談できます。

ここで利用するJAは、最寄りのお店にしましょう。

遠い所に行ってもメリットが得られない場合もあります。

自分の近くにあるJAはどこなのか、そして地域の担当となるJAはどこか調べておけば、安心して利用できるでしょう。

JAへ行けば、教育ローンの融資ができるかどうかもすぐに判断してくれます。

先に相談しておくだけで、審査を通過できるか判断しやすくなるのはいいところでしょう。

JA教育ローンは厳しい傾向あり!確実に利用できる状況を

大きな借り入れが可能となっているJA教育ローンですが、借りるためには審査を通過しなければなりません。

審査を通過する難易度はやや高いため、審査に落とされる可能性も十分にあります。

また、収入や勤務年数など、必要とされる条件がしっかりと記載されており、先に条件をクリアしないと審査通過が難しい傾向もあります。

しっかりと条件を整えて、審査を通過できるような状況を作り上げるといいでしょう。

どうしてもJA教育ローンが使えない時は、他のローンを検討するなどして、より借りやすい方法を考えましょう。

教育ローンの審査基準は何?審査に受かるための対策はある?
「子供を進学させるためにお金が足りない」 子供を進学させたいというのは親として当然の気持ちですが、進学には予想以上にお金がかかるもの。 そうしたときに便利なのが、教育ローンや奨学金です。 奨学金は子供が支払いをしますが、教...