ろうきんの教育ローンを徹底解説!他のローンとの金利を比較

教育ローン

「教育ローンは低金利で利用者に優しいと聞くし、ろうきんで借りればいいのかな?」

このように、ろうきんの教育ローンと聞くと、低金利で利用者に優しいというイメージを持っていませんか?

ただ、このようなイメージが有るという理由だけで、ろうきんの教育ローンを借りてしまうと、後々公開してしまう可能性があります。

そこで、今回の記事ではろうきんの教育ローンや他の教育ローンと比較してみて、それでもろうきんの教育ローンがおすすめなのか、解説します。

ろうきんの教育ローンを選ぶメリットやデメリット、ろうきんの教育ローンを選ぶべき人についても解説しているので、教育ローンを借りようとしている方は是非参考にしてください!

教育ローンのおすすめはどこ?ポイントを徹底解説
「教育ローンを選ぶポイントがわからない…。」 教育ローンが必要になったときに、どのようなポイントを重視して選べばいいのかわからないという方は非常に多いです。 また、おすすめとされている教育ローンを知らないと、デメリットの大きい教...
プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

ろうきん教育ローンの基本情報

限度額 ~1500万円
金利 1.7%
借入期間 最大20年
返済方法 元利均等方式
担保・保証人 不要
収入の条件 1年以上の勤務年数

以上がろうきん教育ローンの基本情報です。

借入額については、他の教育ローンよりもかなり多く、1,500万円まで借りられるようにしています。

大きな借入ができるのは、ろうきん教育ローンならではのメリットと言えるでしょう。

また、低金利で借りられるサービスとなっており、固定金利で1.7%というのは非常に小さい金利となります。

返済期間も最大20年という長さを持っており、返済をゆっくりと進められるメリットがあります。

自分のペースでゆっくりと返済したいのであれば、ろうきん教育ローンを利用するといいでしょう。

ろうきん教育ローンカードローン型の基本情報

ろうきん教育ローンは、カードローン型も存在します。

限度額 ~1000万円
金利 1.7%(変動金利)
借入期間 最大20年
返済方法 元利均等方式
担保・保証人 不要
収入の条件 1年以上の勤務年数

こちらも借りられる額は多くなっていますが、1,000万円までに制限されています。

借入額がやや制限されている点には気を付けておきましょう。

それ以外の項目は、基本的に証書貸付と同じ方針を取っています。

唯一異なる点として、変動金利を採用しています。

変動金利の場合、景気の動向によっては金利が上昇する可能性もあるため注意してください。

ろうきん教育ローンがおすすめできる人

ろうきん教育ローンがおすすめできる人は以下の通りです。

  • 低金利で借りたい人
  • カードローン形式で利用したい人
  • ゆっくりと融資を受けたい人

以上の人にはおすすめできるでしょう。

低金利で借りて返済したい人、さらには借りやすい方法を狙っている人に向いています。

ここからはろうきん教育ローンをおすすめできる人を紹介します。

低金利で借りたい人

低金利で借りたい人には、ろうきん教育ローンが向いています。

ろうきん教育ローンは、1.7%という驚異的な数字を実現しています。

この金利に勝てる教育ローンはかなり少なくなっています。

国の教育ローンと同程度の金利で借りられるのは、将来的な負担を軽減してくれるメリットがあります。

また、変動金利を採用しているカードローン型を利用したとしても、金利があまり変わらないのはいいところでしょう。

低金利で返済の負担を減らしたい人にはおすすめの教育ローンです。

カードローン形式で利用したい人

証書貸付が多くなっている教育ローンですが、カードローン形式を持っているのがろうきん教育ローンのメリットです。

カードローン形式というのは、カードローンと同じように借りられる方法です。

つまり、カードを挿入してお金を借りられるため、自分が借りたい時に使えるメリットを持っています。

一括借入にならないというメリットもあるため、自分が計画を立てて利用する方法が使えるのです。

また、カードローン形式の場合は、手元にカードが届きます。

このカードを利用すれば、色々な場所で借りられるというメリットもあります。

気軽に教育ローンを利用したいと思っている人におすすめの商品です。

ゆっくりと融資を受けたい人

融資をゆっくりと受けたい人にはおすすめできるでしょう。

ろうきん教育ローンは、審査や融資までに多くの時間がかかります。

そのため、短時間での融資がどうしてもできないのです。

すぐに借りたいと思っている人には使いづらいサービスかもしれません。

一方で、ゆっくりと融資を受けたい人には、ろうきん教育ローンが向いています。

じっくりと融資までに時間をかけ、1つ1つの手続きを実施してくれるのです。

手続きのミスなどが起こりづらく、安心して借りられる部分に繋がるでしょう。

ろうきんの教育ローンと他社の教育ローンを比較

ろうきんの教育ローンの基本情報は先ほど紹介しましたが、それだけではろうきんの教育ローンが良いのか悪いのかわかりにくいですよね。

なので、ここではろうきんの教育ローンと他社の教育ローンの比較をしてみましょう。

会社名 変動金利or固定金利 金利 保証料
中央ろうきん ろうきん教育ローン 変動金利 2.2%~2.4% なし

こちらがろうきんの教育ローンの金利です。

会社名 変動金利or固定金利 金利 保証料
三井住友銀行 教育ローン(無担保型) 変動金利 2.975% 必要なし
三井住友銀行 教育ローン(有担保型) 変動金利 3.475% 必要なし
国の教育ローン 固定金利 1.70% 必要
イオン 教育ローン 変動金利 2.8%~3.8% 必要なし
楽天 教育ローン 固定金利 3.9% 必要
武蔵野銀行 教育ローン 変動金利 1.9%~2.4% 必要なし

これらの教育ローンと、ろうきんの教育ローンを見比べてみると、大きな差はないですね。

ろうきんの教育ローンの金利は、高くもなく低くもない平均的な金利なので、もっと低い金利を探すことは容易ですね。

この表の中にも、国の教育ローンと武蔵野銀行の教育ローンがろうきんの金利を下回っていることがわかります。

ろうきんの教育ローンの利用条件

次に、ろうきんの教育ローンの利用条件を確認してみましょう。

  • 団体の構成員、またはその家族
  • 18歳以上65歳未満
  • 年収150万円以上
  • 勤続年数が1年以上

これらの条件を満たしている方であれば、ろうきんの教育ローンの利用資格を得られます。

これだけではわかりにくいので、一つずつ紹介します。

団体の構成員、またはその家族

団体の構成員というのは以下のいずれかに当てはまる方です。

  • 労働組合に所属している
  • 国家公務員。地方公務員の職員
  • 中央ろうきんへ出資している団体に加入している

これらいずれかの条件を満たしている方でないと、ろうきんの教育ローンに申込むことはできません。

また、これらの団体に加入している本人だけでなく、所属している方の家族の方もろうきんの教育ローンの利用資格を得られます。

18歳以上65歳未満

申込時の年齢が18歳~65歳でなければなりません。

また、65歳で教育ローンを借りたとしても、76歳までに完済する必要があります。

18歳以上であれば、学生だとしても、法定代理人(親権者)の同意があれば申し込みをすることが可能です。

ただし、これから紹介しますが、年収150万円以上である必要があるので、現実的ではないです。

一応、学生でも借りることができるということを覚えておきましょう。

年収150万円以上

ろうきんの教育ローンに申し込むのであれば、前年度の年収が150万円を超えている必要があります。

加えて、毎月1回以上の安定した収入が必要です。

このため、学生の方は審査は受けられても、通らないことがほとんどです。

勤続年数が1年以上

勤続年数が1年以上という条件もあります。

また、自営業の方のような給料をもらわない職種の方であれば、3年以上事業をやっていることが条件です。

ろうきんの教育ローンを選ぶメリット・デメリット

金利を見てみると、ろうきんの教育ローンを選ぶよりも、ほかの教育ローンを選んだほうが良いような気がしてきますね。

ただ、ろうきんの教育ローンには様々なメリットがあるので、紹介します。

もちろん、メリットだけではなく、デメリットもあるので両方とも解説しますね。

ろうきんの教育ローンを選ぶメリット

まずは、ろうきんの教育ローンを選ぶメリットを紹介します。

  • 使用用途の制限が少ない
  • 繰り上げ返済にも対応している
  • カードローンのように利用することが可能

これらがろうきんの教育ローンを選ぶメリットです。

一つずつ解説しますね。

使用用途の制限が少ない

ろうきんの教育ローンのホームページを見てみると以下のように書かれています。

  • 小学校から大学・専門学校までの受験料
  • 入学金
  • 授業料
  • 学用品
  • 下宿の敷金
  • 礼金
  • 留学費用(6ヶ月以上滞在)
  • 予備校費用
  • 他の金融機関等の教育ローン・奨学金の借換

大学や専門学校の入学費用は普通ですが、予備校費用や学用品、下宿代にもすることができるので、かなり使用用途が広いですよね。

また、他社教育ローンの借り換えにも使うことができるので、色々な使い方が期待できます。

繰り上げ返済にも対応している

教育ローンを借りたら、その月から毎月口座から返済が始まります。

基本的には、毎月に一回返済されるのですが、ろうきんの教育ローンは繰り上げ返済がしやすいです。

というのも、ろうきんの教育ローンは、全国のATMから繰り上げ返済することができるので、金銭面に余裕が出た月だけ多めに返すということが簡単にできるのです。

利用手数料が掛かってしまうATMもありますが、ほとんどのATMが手数料無料で繰り上げ返済に対応しているので、毎回手数料を取られて損をすることがありません。

コンビニからでも簡単に繰り上げ返済ができてしまうので、利息の節約に繋がりますね!

カードローンのように利用することが可能

ろうきんの教育ローンには、証書貸付型とカード型の二種類あります。

カード型の教育ローンを利用すれば、カードローンと同じように使うことができます。

ただし、カードローンのように使えるのは在学期間中のみとなっているので、卒業後にカードローンとして利用することはできません。

急にお金が必要になってしまったときに、ろうきんのカードで簡単にお金を借りることができるのは大きな利点ですね。

ろうきんの教育ローンを選ぶデメリット

つぎは、ろうきんの教育ローンを選ぶデメリットを紹介します。

  • ろうきんの教育ローンを利用できる人が限られている
  • 教育ローンがすぐに借りられない

これらについて一つずつ紹介します。

ろうきんの教育ローンを利用できる人が限られている

最初に紹介しましたが、ろうきんの教育ローンを利用するためには、団体会員または団体会員のご家族でなければいけません。

ほかにも年収や勤続年数の条件もあるので簡単に借りることができるとは言い難いです。

教育ローンがすぐに借りられない

ろうきんの教育ローンを借りるためには、様々な手順を踏まなければなりません。

お金を借り入れるまでには、最低でも2週間程度時間が必要になるので、すぐに借りたいという方には向いていません。

また、教育ローンを借りるための契約を結ぶためには、最低でも2回、ろうきんの店舗へ来店しなければならないので、手間がかかってしまいます。

すぐにお金を借りたいと考えている方や、店舗に行く時間を確保できないという方は、他の教育ローンを利用したほうがいいですね。

ろうきん教育ローンの審査は厳しいのか

ろうきん教育ローンは、審査が厳しい傾向にあり、なかなか借りられません。

収入不足の人にとって、ろうきん教育ローンは難易度の高い商品となるでしょう。

場合によっては、審査に何度も落とされてしまい、借りられない状況が起きてしまうかもしれません。

こうした状況を回避するためには、収入をしっかり確保するほか、勤務年数や信用情報についてもしっかり確認しておきましょう。

確実に借りられる状況を作ってから審査を受けたほうが安心です。

それだけろうきん教育ローンは審査が厳しい傾向にあり、少しでも返済されないような情報が残されていれば、その時点で審査落ちとなります。

ろうきん教育ローンの審査が厳しい理由

ろうきん教育ローンの審査が厳しい理由は以下の通りです。

  • 低金利で融資をしているため
  • 必要な年収が設定されるため
  • 居住年数が必要となるため
  • 利用するろうきんにより、地域が限定されるため

以上の理由により、ろうきん教育ローンは審査が厳しくなっています。

項目ごとにしっかりと審査を実施する方針のため、どうしても厳しい審査になってしまうのです。

ここからはろうきん教育ローンの審査が厳しい理由について説明します。

低金利で融資をしているため

低金利で融資を担当するろうきん教育ローンは、どうしても審査基準を厳しくしなければなりません。

審査基準を甘くすると、誰でも簡単に借りられるローンになってしまい、返済されないリスクが高くなってしまいます。

ろうきんは大きな会社ではあるものの、返済されない問題が起きてしまうと、経営を続けられなくなってしまうのです。

こうした問題を避けるために、審査には厳しい方針を採用しています。

低金利で貸す以上、とにかく安定した返済能力を持っている人以外は利用できないのです。

低金利の教育ローンは、とにかく審査が厳しい傾向にあります。

審査を通過したいと思っているなら、ろうきんを納得させるほどの申込内容をしっかり作り上げなければなりません。

必要な年収が設定されるため

ろうきんの教育ローンですが、必要な年収が設定される場合もあります。

借りる額も影響しますが、多くの収入を持っていなければ、ろうきん教育ローンは利用できません。

審査を通過するためには、最低限の収入は絶対に確保しなければならないのです。

この収入額は、ろうきんごとに数字が異なります。

すべてのろうきんが同じような方針を採用しているわけではないのです。

つまり、収入額の条件は、自分で相談して調べなければなりません。

必要な収入がかなり多くなる場合もありますので、どれくらいの収入が必要となるのかしっかりと確認しておきましょう。

同時に、必要な収入を集められるように、日々の生活から気を付ける必要があります。

居住年数が必要となるため

居住年数については、事前にろうきん側で確認されます。

この年数が不足している場合は、居住年数が足りないと判断されてしまい、審査に落とされてしまうのです。

一見すると、居住年数はあまり必要ない項目のように思われます。

しかし、ろうきんでは居住年数により、安心して収入を得られているのか判断されています。

また、賃貸物件と持ち家についても審査対象となっており、この部分でも審査に違いが発生します。

賃貸物件の場合は、賃貸の居住年数が長くない場合、信用されないと判断されて審査に落とされます。

審査を通過したいと思っている人は、持ち家を持つなどして対応したほうがいいでしょう。

なお、ろうきんごとに居住年数のルールは異なります。

こちらも収入条件と一緒に調べておかないと、何も知らない状態で審査を受ける可能性があるため注意してください。

利用するろうきんにより、地域が限定されるため

ろうきんごとに利用できる地域は異なります。

該当しない地域で審査を受けた場合、利用できないと判断されてしまい、審査に落とされます。

基本的に、利用できるろうきんで審査を受けるように心がけてください。

地域が限定されている場合は、対応できる地域がどこなのか、念のため調べておくといいでしょう。

また、ろうきんに相談し、住んでいる地域が利用できる対象なのかしっかりと調べたほうがいいでしょう。

審査を通過するためには、地域ごとの違いなどもしっかり理解しなければなりません。
もちい

ろうきん教育ローンの審査方法

ろうきん教育ローンですが、審査方法が複雑となっています。

単純に審査を通過すればいいものではありません。

審査を確実に通過するためには、必要な手順を理解しておきましょう。

ここからはろうきん教育ローンの審査方法や契約について説明します。

仮審査

まずは申込内容を精査する仮審査が入ります。

仮審査によって、この時点で借りられないと判断されれば審査に落とされます。

特に収入不足によって審査に落とされる人が多くなっています。

収入についてはしっかりと確認し、どれくらいの借入額であれば大丈夫なのか判断しておきましょう。

仮審査結果通知

仮審査が終わると、仮審査の結果が通知されます。

この審査結果が通知された時、審査に落とされていれば契約できません。

審査を通過していなければ、次の手順には入れないのです。

一方で、審査を通過している人は、本審査を受けるために契約書の記入などが必要となります。

本審査を受けられない状況となる場合は、どちらにしても審査に落とされるため注意してください。

本審査

本審査は、審査を通過している人だけが利用できます。

契約書に同意し、なおかつ必要な書類を提出している場合、審査を通過できます。

必要な書類を提出できなかった場合、または書類に不備がある場合は、本審査を通過できません。

この場合は、本審査に必要な書類を再度提出するように求められます。

提出できない場合は審査落ちとなるため注意が必要です。

また、在籍確認など、電話による確認作業もこの段階で実施されます。

確認作業が終わらない場合は、信用できないと判断され審査落ちとなるため注意が必要です。

なお、本審査時に金利が提示されますが、金利が高くなっている場合もあります。

これは、セディナが保証すると判断された人に適用されるもので、金利が上昇してしまうのです。

金利が高くなっている場合は、段階審査の際に金利を引き上げる方針を取られていると判断してください。

契約

本審査が終われば、契約が事実上完了し、借りられる状態となります。

この状態になれば、あとは契約書の返送などが終われば借入が可能となります。

この審査が終わるまでにはかなりの時間がかかる場合もあります。

ゆっくりと待つように心がけてください。

ろうきん教育ローンの審査を通過できない理由

ろうきん教育ローンの審査を通過できない理由については、以下の問題があります。

  • 必要な年収を持っていない
  • 居住年数が足りない
  • 指定された地域に住んでいない
  • 借入などで問題を起こしている
  • 用途がわからない
  • 必要な手続きを終えていない

以上の理由に引っかかっている場合は、審査に落とされてしまいます。

特に審査に落とされやすい項目についてはしっかり確認しておきましょう。

ここからはろうきん教育ローンの審査を通過できない理由を説明します。

必要な年収を持っていない

必要とされる年収が確保されていないため、審査を通過できないケースが多々あります。

ろうきん教育ローンの審査落ちは、大半の場合で収入不足が指摘され、審査落ちとなる場合があります。

また、借りたい金額に対して、明らかに収入が足りないと判断された場合も、審査に落とされてしまいます。

審査を通過したいと考えているなら、借りたい金額に対して適切な収入を得るように心がけてください。

また、収入で借りなければならない金額はどれくらいなのか、しっかりと判断しておきましょう。

教育ローンは非常に便利ですが、借りすぎなどの問題が起こらないように、先に計画を立てておく必要もあります。

居住年数が足りない

指定された居住年数に満たないと判断された場合、審査に落とされてしまいます。

居住年数はろうきんごとに設定が異なるため、事前に相談して必要な年数を確認してください。

また、賃貸の場合はより多くの年数が必要となる場合があります。

ある程度多くの年数を確保するように心がけましょう。

なお、引っ越し等によって住まいを変えた場合、居住年数はリセットされてしまいます。

この場合は審査基準がかなり厳しくなるため、引っ越し前に教育ローンの審査は終えたほうがいいでしょう。

指定された地域に住んでいない

ろうきんが指定した地域に住んでいなければ、審査を通過できません。

ろうきんはブロックごとに地域を区切り、その地域の中で担当するろうきんが融資を実施する方針を取っています。

関東に住んでいるのに、関西のろうきんで借りるという方法はできないのです。

どのような場合でも、自分が住んでいる場所にあるろうきんに相談し、借りなければならないのです。

勝手にほかの地域へ申し込むなどして、問題を起こさないようにしましょう。

該当する地域に住んでいないと判断されれば、審査に落とされるだけでなく、追加で今後の審査に大きな影響が及んでしまいます。

借入などで問題を起こしている

借入で問題を起こしている場合は、審査に落とされてしまいます。

借入というのは、ろうきんで借りた事例だけではありません。

他の借入も含めて、問題を起こしている場合は審査に落とされてしまうのです。

過去に借り入れで返済遅延を起こしている場合はもちろんのこと、借金を整理して返済している場合も審査に落とされるので注意が必要です。

特に自己破産は、最大で10年程度は借りられなくなります。

ろうきんもしっかりと情報を確認していますので、審査を通過できないケースが多くなってしまいます。

自己破産をしている人は、より慎重に審査を受けてください。

また、他の項目でも、最低で1年程度は審査落ちの可能性が高くなってしまいます。

確実に審査を通過するためにも、過去の借入等に問題を起こしていないかしっかりと確認してください。

なお、返済遅延等が現時点で存在する場合は、絶対に審査を受けないでください。

その状態で審査を受けると、ろうきんが今後の審査を実施しない場合があります。

用途がわからない

ろうきん教育ローンの用途がわからない場合は、審査に落とされます。

ろうきんでは、用途の確認ができない場合、利用できない方針を取っています。

審査の際には、用途がわかる書類を提出するように求めており、提出できなければ審査を通過できないようにしています。

つまり、用途が確実にわかるように、書類を準備しておかなければなりません。

書類が準備できない場合は、申し込みを待つようにしましょう。

申込を実施した時点で、教育ローンの審査が始まってしまい、書類の準備が間に合わない可能性もあります。

確実に審査を通過できるように、書類などの準備はしっかりと実施しましょう。

必要な手続きを終えていない

必要な手続きが終わっていない場合も審査に落とされてしまいます。

在籍確認の連絡が取れない、電話をしても本人が出ないなどの理由により、審査を進められない場合は落とされるケースもあります。

また、本審査の手続きがしっかりとできない場合も審査に落とされてしまいます。

具体的には、書類が準備されていないなどの問題により、審査を進められないケースです。

この場合は、書類を準備して提出しない限り、審査の手続きを進められません。

審査を遅延させるような行為は、ろうきんが厳しく判断してしまいます。

手続きの遅延等が絶対に起こらないように、まずは手続きの順番等を確認しておきましょう。

ろうきん教育ローンは毎月の返済も大事

ろうきん教育ローンを利用する場合は、毎月の返済もしっかり実施してください。

返済が進められていない場合、返済遅延という扱いを受けます。

返済遅延となる場合、利息が大幅に増えてしまい、返済が困難になります。

その理由は、遅延損害金が設定されるためです。

この遅延損害金ですが、金利の数字が極端に上昇し、毎月の利息がかなり増えてしまいます。

金利が上昇して返済が困難となる場合もありますので、毎月の返済はしっかり進めるようにしましょう。

特に返済日を忘れるような問題が起こらないように、返済日をしっかりと確認するように心がけてください。

ろうきん教育ローンは低金利だが審査は厳しい!慎重に対応を

ろうきん教育ローンは、国の教育ローンと同等の低金利を実現しており、非常に借りやすい会社と言えるでしょう。

しかし、審査基準がかなり厳しくなっており、1つでも条件をクリアできないと審査に落とされてしまいます。

条件はろうきんごとに多少の違いがありますので、利用する場合は事前に情報を確認しておきましょう。

また、審査の手順などを理解してから申し込むようにしましょう。

審査の手順を間違えてしまい、正しい手続きができないまま審査に落とされるという状況はぜったちに避けてください。

教育ローンの審査基準は何?審査に受かるための対策はある?
「子供を進学させるためにお金が足りない」 子供を進学させたいというのは親として当然の気持ちですが、進学には予想以上にお金がかかるもの。 そうしたときに便利なのが、教育ローンや奨学金です。 奨学金は子供が支払いをしますが、教...