低金利の教育ローンはどこ?金利だけで選ぶと危ない?

教育ローン

教育ローンを利用する際は、低金利で借りられるかも重要なポイントとなっています。

低金利で借りられると分かれば、返済時の利息を抑えられ、安心して返済が続けられるでしょう。

また、低金利で借りられる会社は、信頼性がかなり高くなっており、不安に感じるポイントもありません。

しかし、低金利ばかりに気を取られないよう、他の項目もしっかりと見て置かなければなりません。

ここでは、低金利の教育ローンについて説明します。

教育ローンの審査基準は何?審査に受かるための対策はある?
「子供を進学させるためにお金が足りない」 子供を進学させたいというのは親として当然の気持ちですが、進学には予想以上にお金がかかるもの。 そうしたときに便利なのが、教育ローンや奨学金です。 奨学金は子供が支払いをしますが、教...
アコム
アコム
おすすめポイント
  • はじめての方は30日間無利息!
  • 最短30分での審査回答が可!
  • 借入が可能かスグ分かる「3秒診断」機能あり
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
1~800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短即日
公式サイトはこちら

低金利の教育ローンは利息が抑えられて安心

低金利の教育ローンを利用すると、利息を抑えられるメリットがあります。

教育ローンは、高額な借入となるため、なるべく低金利で借りたほうがいいのです。

金利を下げられれば、将来的に支払う利息が大幅に減り、返済がとても楽になります。

返済額を抑えたいのであれば、まずは低金利の教育ローンを探しておきましょう。

ただ、低金利で利用できる教育ローンは、しっかりした調査をしなければ情報がわかりません。

あらゆる媒体から低金利で借りられる教育ローンを見つけ、実際に利用できるか検討してください。

低金利でおすすめの教育ローン5選!安心して低金利の会社を使おう

ここからは、低金利で利用できる教育ローンを紹介します。

これから紹介する教育ローンは、民間で提供されているローンの中では借りやすい傾向があります。

低金利で借りたいと思っているなら、まずはこれから紹介するローンを利用してください。

横浜銀行教育ローン

横浜銀行が提供している教育ローンは、低金利で借りられるチャンスがあります。

また、比較的大きな銀行が提供しているローンですので、安心感も高まります。

横浜銀行教育ローンの基本情報

限度額 ~500万円(一括借入型)、~1000万円(カードローン型)
金利 0.9%~2.9%(変動金利)
借入期間 最大17年(方法によって異なる)
返済方法  元利均等方式
担保・保証人 原則なし
収入の条件 地域限定

以上が横浜銀行教育ローンの基本情報です。

借入額は、一括での借入よりもカードローン形式を利用したほうが多くなります。

その一方で、金利は一括借入型のほうが低い傾向があり、より低金利で借りたい場合は一括借入型を利用したほうがいいでしょう。

借入期間はそれなりに長くなっていますが、条件がしっかり満たされないと17年間という数字は認められません。

概ね認められている期間は10年程度と判断してください。

横浜銀行教育ローンのメリット

横浜銀行教育ローンは、低金利でもかなり低い数字を採用しています。

金利が0.9%まで引き下げられる場合もあるため、多くの利息を支払わなくても返済できます。

また、借入額も多くなっており、比較的多くの借り入れが必要となる人に利用しやすくなっています。

更に、一番使いやすいのがカードローン形式を採用している点です。

カードローンと同じように借りられれば、空いている時間を有効に使えるでしょう。

返済もカードローン形式であれば少しだけ楽になります。

横浜銀行教育ローンのデメリット

一番のデメリットは、変動金利を採用している点です。

低金利で借りられる可能性はあるものの、変動金利により突然利息が増える恐れもあります。

また、借りられる期間が17年まで認められているものの、実際に借りられる期間はあまり長くありません。

計画を立てて返済しなければ、最後に多くの返済を要求される恐れもあります。

利用する際の注意点

利用する際に気をつけたいポイントは、地域限定とされている点です。

横浜銀行教育ローンは、利用できる地域が限定されており、それ以外の人は使えなくなっています。

利用できる範囲は以下の通りです。

  • 神奈川県全域
  • 東京都(一部を除く)
  • 群馬県の一部

以上の範囲で利用できます。

それ以外の地域の方は、利用できないので注意してください。

本当に利用できるかどうかを慎重に判断してから申し込んだほうがいいでしょう。

きらぼし銀行教育ローン

きらぼし銀行が提供している教育ローンも、比較的低金利で借りられる商品です。

低金利での借入を検討している場合は、この銀行も検討したほうがいいでしょう。

きらぼし銀行教育ローンの基本情報

限度額 ~700万円
金利 1.5%~3.1%(変動金利)
借入期間 最大17年(方法によって異なる)
返済方法 元利均等方式
担保・保証人 原則なし
収入の条件 ローンの種類によって金利変更

以上がきらぼし銀行教育ローンの基本情報です。

借入額がある程度多く、低金利で借りられるチャンスがあります。

国の教育ローンと比較しても、あまり金利の差が見られない銀行です。

借りられる期間もそれなりに長く、返済も安心して実施できるでしょう。

きらぼし銀行教育ローンのメリット

きらぼし銀行教育ローンでは、多くの教育ローンを提供しています。

教育ローンの種類によっては、借りやすくなる場合があります。

特に都度融資型という方法を採用しているローンを使えば、必要な時に分割して借りられるようになります。

もちろん一括での借入も簡単にできるようにしており、借りられる方法の柔軟性があります。

また、インターネット支店を持っており、ネット支店を使えば多くの人が利用できます。

地域を限定されているローンと違い、使いやすい教育ローンと言えるでしょう。

きらぼし銀行教育ローンのデメリット

教育ローンによって、金利の範囲が広がる場合もあります。

一般的に契約できる教育ローンは、金利が1.80%とあまり高い数字ではありません。

しかし、インターネット支店を利用した場合は、金利が1.5%~3.1%の間で設定されます。

場合によっては、国の教育ローンよりもかなり高い数字で契約する場合があります。

金利の情報についてはしっかりと確認しておきましょう。

利用する際の注意点

4つの方法で教育ローンを提供している会社ですが、基本的に来店できない場合はインターネット支店を利用する形となります。

インターネット支店の場合は、ネット支店用の口座を持っていれば、簡単に契約できるでしょう。

それ以外の場合は、どのようなケースでも来店を求められる形となり、契約の手間が増えてしまいます。

契約の方法についてはしっかりと考え、いい教育ローンを選んだほうがいいでしょう。

関西みらい教育ローン

関西みらい銀行が提供している教育ローンも、低金利で借りられる傾向があります。

複数の教育ローンを持つ会社ですが、利用するローンによっては、低金利で返済しやすいかもしれません。

関西みらい教育ローンの基本情報

限度額 ~500万円
金利 2.2%(変動金利)
借入期間 最大14年
返済方法 元利均等方式
担保・保証人 原則なし
収入の条件 特になし

以上が関西みらい教育ローンの基本情報です。

借入期間が14年間とそれなりに長くなっており、返済しやすい教育ローンと言えるでしょう。

金利も2.2%と低い数字が採用されており、返済しやすい傾向があります。

特に条件がなく、収入面や地域を選ばずに契約できる利点があります。

関西みらい教育ローンのメリット

先程も説明しましたが、地域を選ばずに契約できる傾向があります。

ネットから簡単に申し込める方法を採用している他、電話連絡や郵送による契約が可能となっており、比較的利用しやすいローンと言えるでしょう。

また、借りられる期間が14年間と、他の民間教育ローンに比べると返済しやすい傾向があります。

ゆっくりと返済したいと思っているなら、関西みらい教育ローンを利用するといいでしょう。

関西みらい教育ローンのデメリット

ローン契約時に信用保険に加入する場合があります。

これは保証人を立てられない場合、保証する会社の保険に加入してもらうという方法で保証を受ける形となります。

この方法を利用すると、金利が0.3%上昇してしまいます。

できれば保証人を立てたほうがいいでしょう。

ただ、保証人を立てるというのは、それだけ高いリスクを持っています。

本当に保証人を立てるべきか慎重に考えておきましょう。

利用する際の注意点

収入証明書が必要となる場合があるため、先に収入証明書を準備してください。

また、証書貸付を利用するか、当座貸越を利用するかも検討してください。

2つの貸付方法は同じように思われますが、実際には少し異なる部分があります。

利用する場合は、どちらの方法で借りたほうが使いやすいか、慎重に考えたほうがいいでしょう。

広島銀行教育ローン

広島銀行が提供する教育ローンも、低金利で借りられる傾向があります。

少しでも低金利で借りたい時は、広島銀行へ相談してみるといいでしょう。

広島銀行教育ローンの基本情報

限度額 ~1000万円
金利 2.5%~4.45%(変動金利)
借入期間 最大14年半
返済方法 元利均等方式
担保・保証人 原則なし
収入の条件 来店必要

以上が広島銀行教育ローンの基本情報です。

こちらも借入期間が14年半と長い期間が設定されています。

金利は他の銀行に比べるとやや高いものの、一番低い数字を適用させればそれなりに低い数字となります。

来店が必要となりますので、来店できない地域の人は利用できない点に気をつけてください。

広島銀行教育ローンのメリット

カードローン形式を採用している点が大きなメリットです。

その都度借り入れる方法を利用し、必要なときだけ融資が受けられるのはいいところでしょう。

また、契約できる金額が最大で1,000万円というのは大きな金額で、借入額が多く必要と荒れる場合も安心できます。

借入時の不安を解消してくれる相談窓口などもしっかり用意されており、安心して計画を立てられます。

広島銀行教育ローンのデメリット

金利が他の銀行に比べると高い点に加え、契約する方法によっては金利が大きく上昇する場合もあります。

カードローン形式で契約すると、最低でも3.0%の金利を採用されてしまい、2.5%の金利が得られないのです。

最低の金利を狙う場合は、分割返済型を選び、なおかつ大きな借入額を適用させなければなりません。

かなり低金利の条件が厳しいため、狙えない人はカードローン形式で借りる程度に考えるといいでしょう。

利用する際の注意点

来店が必要となります。

来店しないまま契約する方法がないため、地域が限定されていると判断してください。

また、契約する方法によっては、1回の返済額がかなり増えてしまいます。

1度の返済額を増やしたくない時は、一般的なカードローンによる教育ローンと契約してください。

南都銀行教育ローン

南都銀行が提供している教育ローンは、低金利で借りられるチャンスがあります。

こちらは低金利を狙う条件が難しいため、普段から南都銀行を利用している方向けのローンとなります。

南都銀行教育ローンの基本情報

限度額 ~1000万円
金利 3.775%(変動金利)
借入期間 最大10年半
返済方法 元利均等方式
担保・保証人 原則なし
収入の条件 ネットによる契約あり

上が南都銀行教育ローンの基本情報です。

借入額が非常に多くなっているローンで、借りやすい傾向があります。

ただ、金利の設定はかなり厳しい数字が採用されており、一見すると低金利の教育ローンには見えないでしょう。

しかし、南都銀行教育ローンには、低金利にするための方法が多数用意されています。

南都銀行教育ローンのメリット

金利を大きく下げられる方法を持った教育ローンです。

この教育ローンを利用する際、南都銀行が提供しているサービスを利用するだけで、1.5%も金利を引き下げられます。

この時点で2.275%まで金利を下げられるため、かなり低金利で借りられる教育ローンになるでしょう。

更に、他の教育ローンから借り換える場合は、追加で0.4%の金利を引き下げます。

その結果、1.875%という驚異的な金利で契約できるのです。

チャンスがあれば低金利で借りられる可能性を持つ教育ローンと言えるでしょう。

南都銀行教育ローンのデメリット

南都銀行のサービスを利用していない場合、低金利で借りるチャンスはありません。

その場合、かなり高い金利で契約する形となります。

新規で南都銀行教育ローンを狙うのはあまり良くありません。

普段から南都銀行と繋がりのある人が利用するローンと言えるでしょう。

利用する際の注意点

ネットによる契約が可能となっていますので、来店しなくても契約は可能です。

ネットでの申込も可能で、24時間体制で受け付けてくれます。

契約しやすく、来店する手間がないのはいいところですが、電話連絡等の手続きはしっかりこなさなければなりません。

連絡が取れないと判断されれば、審査に落とされる点に注意しましょう。

教育ローンは低金利だけでは駄目!他の項目もチェック

教育ローンは低金利だけを狙ってはいけません。

低金利だけで考えていると、最終的に借りる際の負担が大きくなったり、使いづらい教育ローンだと判断しやすくなります。

他の項目に注意しておかないと、利用できない問題が発覚するケースもあるのです。

また、借入額が不足する場合もあるため、限度額などもチェックしてください。

低金利だけを重視すると、選択肢が狭くなり、借りられる教育ローンが減ってしまうデメリットもあります。

教育ローンで金利以外にチェックするべき項目

教育ローンで金利以外にチェックしたい項目は以下の通りです。

  • 利用可能額
  • 利用できる地域
  • 必要な収入

以上の項目はしっかりと確認しておきましょう。

ここからはチェックする項目について詳しく説明します。

利用可能額

利用可能額は、教育ローンを利用する際に気をつけたいポイントです。

借りる額が多くならない場合、教育費の補填として使えない場合があります。

また、借りられる額が制限される契約もありますので、しっかりと情報を確認し、本当に利用できるローンか判断しておきましょう。

できれば500万円以上の借入に対応しているローンがおすすめです。

利用できる地域

利用できる地域が限定されている教育ローンもあります。

この場合は、利用できる地域に住んでいない限り、対象の教育ローンは利用できません。

どうしても利用したいローンがあったとしても、契約できない地域であれば意味がありません。

まずは契約できるかどうか、地域の条件を確認してください。

必要な収入

必要な収入が記載されている場合もあります。

200万円前後の収入が多く、必要な収入がある程度求められます。

収入が不足している場合は、民間が提供する教育ローンは避けて、国の教育ローンを利用したほうがいいでしょう。

どうしても契約したい教育ローンがあるなら、必要な収入についてもしっかり確認しましょう。

教育ローンは低金利以外の項目も重要!他の項目も確認しよう

低金利の教育ローンはとても便利ですが、利用する際に借りづらい商品となる場合もあります。

また、本当に借りられるかわからない、地域限定の教育ローンも多数存在します。

本当に利用できる教育ローンなのか、まずは色々な項目をチェックしてください。

あらゆる項目に問題がないと判断してから、低金利で借りられるか検討したほうがいいでしょう。

教育ローンのおすすめはどこ?ポイントを徹底解説
「教育ローンを選ぶポイントがわからない…。」 教育ローンが必要になったときに、どのようなポイントを重視して選べばいいのかわからないという方は非常に多いです。 また、おすすめとされている教育ローンを知らないと、デメリットの大きい教...