教育ローンの審査基準は何?審査に受かるための対策はある?

教育ローン

「子供を進学させるためにお金が足りない」

子供を進学させたいというのは親として当然の気持ちですが、進学には予想以上にお金がかかるもの。

そうしたときに便利なのが、教育ローンや奨学金です。

奨学金は子供が支払いをしますが、教育ローンは親が支払いをするため、性質がまったく異なります。

しかし教育ローンには審査があり、審査に合格しなければ融資が受けられません。

こちらの記事では、教育ローンの審査について徹底解説!

これから教育ローンの審査を受けようと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

教育ローンの審査が甘い所はあるのか?メリット・デメリットを解説
教育ローンは審査が厳しい傾向にあり、なかなか審査を通過できない場合もあります。 審査を通過しようと考えている人は、審査基準をしっかり満たし、確実に借りられるようにしましょう。 しかし、教育ローンの中には、審査基準が甘くなっている...
プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

教育ローンってどんなもの?

まずは教育ローンとは、どのようなものであるか解説していきます。

教育ローンの仕組みを知れば、審査がどのようにおこなわれるのかわかってきます。

審査に合格するためにも、教育ローンの仕組みはしっかり理解しておきましょう。

進学にかかる費用のために組むローン

教育ローンはさまざまなローンがある中の一種で、目的型ローンに分類されます。

通常のカードローンはお金の使い道が自由ですが、目的型ローンはお金の利用用途が限定されます。

教育ローンは進学にかかる費用を支払うためにローンを組むので、入学金・授業料・試験のときの交通費や宿泊費に利用用途は限定されますね。

ちなみに塾や部活動にかかる費用も教育ローンに分類されるので、使いたければ使えます。

用途が限定される一方で、金利は低めに設定されることが特徴。

進学にかかる費用が足りなければ、教育ローンを組むことを検討してみましょう。

子供1人あたりにかかる教育費は1,000万円近く

日本政策金融の調査によると、子供が大学卒業までにかかる費用は1人あたり1,000万円近くかかるようです。

もちろんこれは平均的な数字なので

  • 部活動で遠征が多い
  • 大学で1人暮らしをする
  • 私立大学や学費の高い学部に入学する

といったことがあれば、教育費はよりかかります。

現代では収入が減りつつあるので、このお金をカバーすることは大変です。

そのため教育費を補填するために、教育ローンの需要が高まってきています。

教育ローンでも審査がおこなわれる

子供の教育費はある程度必要なお金なのですが、お金を貸す側もリスクを背負うので審査は当然おこなわれます。

教育ローンは銀行など民間の教育ローンと、日本学生支援機構の有利子奨学金では審査の方法が異なりますが、審査はおこなわれます。

そのため教育ローンに申し込みをしようとするのであれば、審査の対策は立てておきましょう。

証書貸付型と当座貸越型の違い

教育ローンと一言で言っても、販売元やローンの形によって違いがあります。

大きな違いとしては下記のような違いがあります。

  • 証書貸付型(一括まとめて借り入れするタイプ)
  • 当座貸越型(必要なときにその都度借り入れするタイプ)

証書貸付型は入学から卒業まで必要な経費を計算し、そのお金を一括で借り入れするタイプ。

一方当座貸越型は必要なときにATMから借り入れをするタイプで、必要な分だけお金が借りられます。

当座貸越型であってもローンの枠が決まっており、その枠内であればいつでも借りられるという仕組みです。

証書貸付型はフリーローン、当座貸越型はカードローンのような仕組みですね。

どちらにも利用するメリットがあるので、自分にあったタイプの教育ローンを選びましょう。

教育ローンの種類

種類を考える女性

教育ローンと一言で言っても下記の3通りがあります。

  • 教育一般貸付
  • 有利子奨学金
  • 民間の教育ローン

それぞれの教育ローンには特徴があるので、特徴をしっかり把握しておきましょう。

教育一般貸付(日本政策金融公庫)

教育ローンの種類1つ目は、日本政策金融公庫が販売している教育一般貸付です。

日本政策金融公庫は日本に5つしかない政策金融機関の一つで、国民一般への資金調達支援や、中小企業への資金調達支援を業務としておこなっています。

日本政策金融公庫のホームページにも国の教育ローンという記載がされているので、公的な融資として認められています。

教育一般貸付の特徴としては下記のような点があげられます。

  • 最高350万円まで借り入れができる
  • 金利は固定で1.71%
  • 最長15年の返済期間がある
  • 日本学生支援機構の奨学金と併用できる

金利がかなり低いので、とても使いやすい教育ローンですね。

有利子奨学金(日本学生支援機構)

教育ローンの種類2つ目は、日本学生支援機構の販売している有利子奨学金です。

一般的に奨学金と呼ばれているもので、5種類の貸与月額から自由に選択できます。

日本政策金融公庫や民間の教育ローンとの大きな違いは、保証人をつけて本人が返済する形をとること。

大学を卒業して就職したら、その人が返済をしていきます。

もし返済ができなかったとしたら、保証人が返済するので、親の立場としては自身が支払う覚悟でローンを組まなければなりません。

後々返済することが前提ですが、子供が返済するのであれば有利子奨学金を借りるという選択肢も考えておきましょう。

教育ローンはと奨学金の違いを徹底解説!結局どっちを使えばいいの?
教育ローンと同じく利用されているのが、奨学金という制度です。 こちらも教育費として利用できる借入ですが、返済方法などの違いがあります。 ただ、教育ローンと奨学金は別物であり、併用できる制度もあります。 将来的に利用したいと...

民間の教育ローン(銀行など)

教育ローンの種類3つ目は、銀行などが販売している民間の教育ローンです。

銀行はビジネスとしてローンを販売しているので、その中の一つとして教育ローンがあります。

融資できる額も300万円から700万円と幅があり、利率も銀行によって大きく違います。

しかし日本政策金融公庫に比べると、金利はどうしても高くなりますね。

一方日本政策金融公庫に比べて借入限度額が高いので、お金が必要な人にとってはメリットが大きいです。

また担保をつけて融資を受けることもできるので、担保があれば融資が受けられる可能性が高いです。

金利はどうしても高くなりますが、民間の教育ローンを使うメリットもありますよ。

教育ローンのおすすめはどこ?ポイントを徹底解説
「教育ローンを選ぶポイントがわからない…。」 教育ローンが必要になったときに、どのようなポイントを重視して選べばいいのかわからないという方は非常に多いです。 また、おすすめとされている教育ローンを知らないと、デメリットの大きい教...

教育ローンの審査基準は何?

それでは教育ローンの審査は、どのような基準でおこなわれるのでしょうか。

ここからは教育ローンの審査基準を解説していきます。

通常のカードローンと審査方法にあまり差はない

教育ローンの審査ですが、実は通常のカードローンの審査とあまり変わりはありません。
申し込み時に記入する内容は

  • 勤務している会社
  • 年収
  • 住んでいる家

などの情報を入力しなければならず、審査も同様におこなわれます。

ただし教育ローンは金利が低いローンなので、審査は若干厳しくなることが予想されます。

金利が低いローンというのはそれだけ人気がありますし、しっかり返済してもらわないと貸す側も利益がとれません。

そのため通常のカードローンよりも審査を厳しくして、しっかり返済してくれる人に対してお金を貸します。

子供が部活動で遠征が多い、私立大学や医学部に入りたい、そのような子供の希望を叶えるために教育ローンは存在しますが、しっかり返済できるかどうかは貸す側にとって大切です。

そのため通常のカードローンよりも審査が厳しくなる傾向にありますね。

それでは具体的に教育ローンでは、どのような点が審査のときにチェックされるのでしょうか。

収入・勤務先などの返済能力

教育ローンの審査でチェックされるポイント1つ目は、収入・勤務先などの返済能力です。

教育ローンの中には正社員でないと審査に通らないものも多く、収入に関する情報はとても大切です。

子供が大学を卒業するまで働いていないと返済もできないので、収入の安定性もとても大切。

そのため自営業など収入が不安定になる可能性のある人より、公務員や大企業の正社員の人が審査では有利になります。

カードローンの審査と同様、収入が多いに越したことはありませんが、それ以上に収入の安定性は大切ですよ。

個人の信用情報はチェックされる

教育ローンの審査でチェックされるポイント2つ目は、個人の信用情報です。

信用情報とは、クレジットやローン等の申し込みや契約に関する情報を指します。本人を識別するための情報のほか、クレジットの申込内容や契約内容、支払状況、残高などで構成されており、主にCICに加盟するクレジット会社等から登録された情報になります。
出典:CIC(https://www.cic.co.jp/confidence/intro/basic.html)

信用情報にはカードローンやクレジットカードの支払い情報が掲載されており、その情報は審査においてとても重要です。

たとえば

  • 61日以上支払いが遅延している
  • 5年以内に債務整理や自己破産をしたことがある

このような記録がある人は、いわゆる金融ブラックと呼ばれて審査にはまず通りません。

そのため日々の支払いをしっかりしていることが、教育ローンの審査では重要になります。

信用情報は自分で調べることもできるので、教育ローンの申し込みをする前にチェックしてみるのも一つの方法ですよ。

消費者金融の審査で必ずチェックされる信用情報の項目
消費者金融カードローンの審査で避けてはとおれないもの…、それは「信用情報機関の調査」です。 カードローンを提供している消費者金融は貸金業法の規制を受けますが、貸金業法では「審査時には必ず返済能力を調査すること」を義務付けています。 ...

カードローンなどの借り入れ情報は重要

教育ローンの審査でチェックされるポイント3つ目は、カードローンなどの借り入れ情報です。

信用情報にはカードローン・住宅ローン・カーローンなどで、その人がいくら借りているかわかります。

そして教育ローンの審査をする人は、毎月いくら返済しなければならないのかも大体わかります。

そのため毎月の収入から、家賃やローンの支払額をのぞいて、毎月の家計状況を計算。

そのうえで教育ローンを組んだとして、本当に返済を続けていけるのか審査しています。

そのためカードローンなどの借り入れ情報はとても大切。

他社から借り入れをしているから落ちるということではなく、いくら借り入れをしていてその家計状況で教育ローンの返済ができるのかという点がとても大切です。

教育ローンの審査の流れと必要書類

次は、教育ローンの審査の流れと、必要書類について解説します。

基本的に必要となる書類というのは、

  1. 運転免許証やパスポートなどの本人確認書類
  2. 勤続年数を確認することができる書類
  3. 収入証明書
  4. 在学、進学の証明書
  5. 教育ローンの使いみちがわかる書類
  6. 通帳
  7. 通帳に使われている印鑑

です。

教育ローンを利用しようと考えているのであれば、これらの書類をあらかじめ用意しておくとスムーズに審査を進めることができます。

審査から借りるまでの流れ

審査を受けて、お金を借りるまでの流れについて解説します。

  1. 仮審査申し込み
  2. 仮審査
  3. 本審査
  4. 契約・入金

このような流れで教育ローンを受けることができます。

では一つずつどのようなことをするか解説いたします。

仮審査申し込み・仮審査

ローン審査を受けたことである方であれば知っているかもしれませんが、本審査を受ける前に仮審査を受ける必要があります。

仮審査では、申し込み時の情報から返済能力の有無、信用情報の確認をされます。

ここで、返済能力が無いと判断されたり、信用情報に傷がついていたりすると、この時点で審査に通らないということもあり得ます。

本審査

仮審査に通ることができれば、次は本審査に移ります。

本審査では、仮審査で申請された情報に加えて、より詳細な情報を提出する必要があります。

また、仮審査では返済能力があるかどうかなど、簡単な確認しかされていなかったのが、より詳細な審査をされることになります。

なので、仮審査で嘘をついてしまうと簡単に見つかってしまうので気をつけましょう。

契約・入金

本審査に通過することができれば、教育ローンの契約をすることができます。

そして、必要書類が揃っていれば契約した口座に入金されています。

基本的に入金までの時間は一週間から2週間程度です。

注意点として、本審査に通ったとしても契約の手続きをしなければ借りることはできないので、気を抜くことなく契約手続きをしましょう。

教育ローンの審査に受かるための対策

それではこれらの事情を踏まえたうえで、教育ローンの審査に受かるためにはどのような対策をすればいいのでしょうか。

ここからは教育ローンの審査に受かるため対策を解説していきます。

カードローン・クレジットカードなどの支払いをしっかりおこなう

教育ローンの審査に受かるための対策1つ目は、カードローン・クレジットカードなどの支払いをしっかりおこなうことです。

先ほど紹介しましたが、カードローン・クレジットカードなどの支払い情報は、信用情報に記録されます。

そのため毎月しっかり支払いをしていることが、教育ローンの審査に受かるための1番の対策です。

またカードローンやクレジットカードに目がいきますが、携帯電話代金の支払いも信用情報に記録されています。

これは携帯電話の本体代金を分割支払いでしている人が多いためで、携帯電話の本体代金は月々の利用料と一緒に支払いです。

そのため携帯電話料金の支払いが遅れると、信用情報に記録が残り審査に落ちる可能性が高くなってしまいますよ。

収入をしっかりキープしておく

教育ローンの審査に受かるための対策2つ目は、収入をしっかりキープしておくことです。

収入は教育ローンの審査ではとても大切なポイントです。

また転職などをして収入が上がることもいいですが、勤務期間が少なすぎると評価が下がることがあります。

転職するということは新しい環境にチャレンジするということで、継続して働けるかどうかがわかりません。

そのため教育ローンのことを考えるのであれば、収入をしっかりキープさせておくことが大切です。

どうしても事情があるのであれば転職するのは仕方ないですが、申し込み前には転職はしないほうがいいですよ。

申し込み情報に嘘は記載しない

教育ローンの審査に受かるための対策3つ目は、申し込み情報に嘘を記載しないことです。

教育ローンの審査に合格するために、少しでも収入を高く見せたいという気持ちがでてきてしまいます。

しかしそのように見せたいと思い、申し込み情報に嘘を書いてしまうとその時点で審査に落ちてしまいます。

教育ローンの審査では収入証明書を提出しなければならないこともあるので、その時点で嘘をついていたら嘘がばれますね。

そして嘘がばれてしまったら、申込者に対しての信頼がなくなってしまうので、審査落ちします。

みなさんも嘘をつく人にお金を貸したくありませんよね?

カードローン会社も同様なので、申し込み情報に嘘を書くことはやめましょう。

教育ローンの審査に落ちてしまったらどうすればいい?

教育ローンに落ちてしまった場合にできる代理策を紹介します。

  1. 審査の甘いローンに申し込む
  2. 貯められるだけ貯めておく
  3. 身内で借りられないか確認する
  4. 教育支援金の活用も検討
  5. 最終的にはカードローンも検討

これらの方法を活用することでお金を借りることができます。

詳しくはこちらの記事で解説しているので、是非参考にしてください。

教育ローンの審査に落ちる原因は?落ちた時の対処法も徹底解説
子供学費が想定外にかかった・このあと下の子もいると考えると収入だけじゃ教育費が回らない… そんなときに強い味方が教育ローンです。 家計の事情などで十分教育資金が用意できない時に、教育用のローンを組むことができます、 教育ロ...

教育ローンの審査に通過しよう

ここまで教育ローンの審査について解説してきました。

教育ローンの審査は収入などの情報や、信用情報をもとにおこなわれます。

そのため日々の収入状況や支払い情報などが、とても大切です。

教育ローンの審査に通過するためにも、日々の生活をしっかり送りましょう。

教育ローンの即日融資は可能?即日融資を受けたい場合の対策も紹介
「すぐに教育ローンを組みたい」 お子さんが大学入学を控えている、塾に行きたいと言っている、そのような希望は叶えてあげたいというのが親心ですが、どうしてもお金がない場合があります。 そのようなときには教育ローンが便利なのですが、教...
大学で留年すると奨学金は止まる?留年した場合の3つのケースについて解説!
大学で留年した場合、奨学金はどうなるのか様々な理由で気になる人も多いかと思います。 結論からいえば、大学で留年をした場合、奨学金は止まってしまいます。 しかし、手続きをすれば奨学金の貸与を再開してもらう方法もあるのです。 ...