福島銀行カードローンの審査申し込み方法は?即日は可能?

地方銀行カードローン

今回は福島銀行が提供しているカードローン「フリーライフ」について、詳しい情報をお届けします。

福島銀行は福島県を中心に店舗展開している地方銀行のひとつで、個人向けカードローンやフリーローンなど、多彩な金融商品を用意しています。

ちなみに福島銀行のカードローンは「フリーライフ」を含めて5種類ありますが、今回は手ごろな限度額で比較的利用しやすいカードローン「フリーライフ」について解説していきたいと思います。

「地方銀行のなかでスペックの高いカードローンを探している」という方のために、審査基準や即日融資の可否についてもご紹介していきますので、参考にしていただければと思います。

<この記事はこんな人にオススメ>

  • 福島銀行カードローン「フリーライフ」の基本スペックを知りたい人
  • 福島銀行カードローン「フリーライフ」の即日融資可否について知りたい人
  • 一般的な銀行カードローンの審査に落ちる理由について知っておきたい人
銀行カードローンの審査は厳しめ?審査時にチェックされるポイントを徹底解説
銀行カードローンでは、消費者金融のように即日融資にも対応して居ません。 その背景に銀行カードローンの審査基準の厳格化を行い、審査に時間がかかるようになってしまったことが原因と言えます。 それでも銀行が運営しているカードローンであ...

福島銀行カードローン「フリーライフ」の基本情報

まずは、福島銀行カードローンフリーライフの基本的なスペックから見ていきます。

ちなみに、冒頭でも触れましたが福島銀行では「フリーライフ」を含む以下の5つのカードローンが提供されています。

このなかでも、申し込みがしやすく限度額も手ごろで一般向きなのがカードローン「フリーライフ」です。

<福島銀行が取り扱っているカードローンの一覧>

カードローン「フリーライフ」
  • インターネット、電話、FAX、郵送、窓口での申込可能
  • 来店不要
  • 限度額500万円
カードローン「グラン・フリー」
  • インターネット、電話、FAX、郵送、窓口での申込可能
  • 来店不要
  • 限度額1000万円
カードローン「ニューイーベ」
  • インターネット、電話、FAX、郵送、窓口での申込可能
  • 来店不要
  • 限度額1000万円
カードローン「イーベ」
  • インターネットでの申し込み不可
  • 電話、FAX、郵送、窓口での申し込み可能
  • 限度額1000万円
  • サラリーマンやパートアルバイト以外でも申し込み可能
教育カードローン「学問の助」
  • インターネット、電話、FAX、郵送、窓口での申込可能
  • 来店不要
  • 限度額1000万円

金利と限度額

以下の表は、福島銀行カードローン「フリーライフ」の借り入れ限度額と実質年率を一覧にしたものです。

福島銀行カードローン「フリーライフ」は、審査により利用限度額が変わってきますが、限度額が上がれば上がるほど金利が下がる仕組みになっています。

ただ、上限金利の14.6%が適用されたとしてもメガバンクのカードローン金利とそれほど変わりませんし、消費者金融の上限金利18.0%と比較しても、十分低い金利で利用できることがわかります。

<借り入れ限度額と金利の一覧表>

借り入れ限度額 実質年率
100万円以下 年14.6%
100万円超200万円以下 年13.0%
200万円超300万円以下 年11.0%
300万円超400万円以下 年9.0%
400万円超500万円以下 年4.8%

申し込み方法

福島銀行カードローンフリーライフは、以下のとおりインターネットや電話、そしてFAXや銀行窓口でも申し込みが可能です。

なお、地方銀行によっては「カードローンの契約は店頭での手続きが必要」というところがありますが、福島銀行カードローンはWebですべての手続きが完了しますので「忙しくて銀行に行けない」という方にとってもオススメのカードローンのひとつと言えます。

<手続きの流れ>

申し込み インターネット 福島銀行公式サイトから必要事項を入力する
電話 0120-2940-89に電話をして申し込む ※受付時間AM8:00~20:00
ファックスでの申し込み 公式サイトから申込書をダウンロードして申し込む※FAX0120-49-2940
郵送、窓口での申し込み 福島銀行の店頭窓口で申し込むか、店頭で申込書をもらって郵送する ※本支店の受付時間:平日10:00~18:00 ※ローンプラザ(福島、郡山、いわき) 受付時間:平日10:00~18:00 土曜10:00~17:00
審査 審査 審査実施と在籍確認
審査回答 原則、申し込み当日中に審査回答 ※受付時間や審査状況により翌日以降の回答となる場合がある
契約 書類提出と契約 本人確認書類と必要に応じ収入証明書類を提出し、郵送か店頭窓口で契約する
ローンカードの郵送 自宅にローンカードが到着する
利用開始

借り入れ方法

福島銀行カードローン「フリーライフ」の借り入れ方法は、専用ローンカードでのキャッシングのみとなります。

消費者金融カードローンなどでは、振り込みキャッシングのサービスが利用できますが、福島銀行カードローンの場合はカードでのキャッシングのみとなりますので、消費者金融と比較して若干利便性は低いと言えます。

提携ATM一覧

借り入れ 返済
  • 福島銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • 全国の提携金融機関
  • 福島銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • 上記金融機関のATMがご利用いただけます。福島銀行の店頭

返済方法

福島銀行カードローン「フリーライフ」の返済は、口座引き落としでおこないます。

引き落とし日は毎月5日となっていますが、福島銀行のATMや「ゆうちょ銀行」や「セブン銀行」などの提携ATMから随時返済も可能です。

大手銀行カードローンとの比較

以上の基本的なスペックを大手銀行カードローンの限度額や金利と比較してみましょう。

下記は、おもなメガバンクが取り扱うカードローンと、福島銀行カードローン「フリーライフ」のスペックとを比較したものです。

限度額については三井住友銀行の800万円よりは若干劣るものの、金利面でみればメガバンクのカードローンとほぼ変わらない条件で利用できることがわかります。

たしかに限度額は多ければ多いに越したことはないのですが、いくら高い限度額が設定されていても最高限度額で融資を受けられる人はほぼいません。

以上のことを考えると、福島銀行カードローン「フリーライフ」は、メガバンクと同等のスペックがあるカードローンといえます。

<メガバンクカードローンとの比較 限度額と金利>

銀行カードローン名 限度額 実質年率
福島銀行カードローン「フリーライフ」 最大500万円 4.8%~14.6%
三井住友銀行カードローン 最大800万円 4.0%~14.5%
三菱UFJ銀行カードローン 最大500万円 1.8%~14.6%
みずほ銀行カードローン 最大800万円 2.0%~14.0%

申し込める人の条件

福島銀行カードローン「フリーライフ」は、以下の条件を満たしていれば申し込めます。

ちなみに、福島銀行の公式サイトには「専業主婦でも利用可能」ということは明記されていませんが、実際の申込書を見ると「専業主婦の方は配偶者の勤務先を記入してください」という表記があるため、専業主婦でも申し込みは受け付けされるようです。

ただし、本人に収入のない専業主婦の場合は審査が厳しく、仮に審査通過できたとしても限度額が低くなることは覚悟したほうがいいでしょう。

また、この点は地方銀行のほとんどで言えることですが、福島銀行カードローンに申し込めるのは「福島銀行の営業エリア内に住んでいる」、または「勤務先が福島銀行営業エリア内にある」ということが条件となります。

一方、メガバンクのカードローンなどは全国どこからでも申し込めますので、双方を比較すると福島銀行カードローンに申し込める人は限られてくるかもしれません。

<申し込み条件>

年齢 申し込み時の年齢が満20歳以上68歳未満
収入 安定した収入のあること(専業主婦の場合は、配偶者に安定した収入があること)
申し込み可能エリア 営業エリア内に勤務先がある、または居住していること
保証会社 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられること

利用可能地域

参考までに、福島銀行の本支店の住所(営業エリア)を一覧表にしていますので、こちらも参考にしていただければと思います。

<福島銀行の支店所在地一覧>

福島県 福島市万世町、福島市三河南町、福島市鎌田字樋、福島市南町、福島市笹谷、福島市岡部、福島市大森、福島市蓬莱町、福島市八島田、福島市飯坂町、伊達市保原町、伊達郡桑折町、伊達郡川俣町、二本松市若宮、本宮市本宮、郡山市西ノ内、郡山市芳賀、郡山市島、郡山市静町、郡山市富久山町、郡山市菜根、郡山市安積、郡山市富田町、須賀川市岡東町、西白河郡矢吹町、白河市新白河、田村市船引町船、石川郡石川町字、東白川郡棚倉町、東白川郡矢祭町、会津若松市大町、会津若松市天神、耶麻郡猪苗代町、喜多方市関柴町、相馬市中村、相馬市原町、双葉郡浪江町、双葉郡富岡町、いわき市四倉町、いわき市平字南、いわき市平字作、いわき市内郷綴、いわき市常磐湯、いわき市小名浜、いわき市植田町、
宮城県 仙台市青葉区国
栃木県 那須塩原市本町
茨城県 水戸市宮町
埼玉県 さいたま市大宮

福島銀行カードローンの利用に向いている人

上記の基本的な情報を踏まえ、結局のところ福島銀行カードローン「フリーライフ」の利用に向いている人はどのような人なのか、まとめてみます。

おまとめや借り換えを検討している人

福島銀行カードローン「フリーライフ」は上限金利でも14.6%と非常に低いため、消費者金融などで金利18%のカードローンを複数利用している方は、福島銀行カードローンで一つにまとめた方がかなりメリットが大きくなります。

ただ、福島銀行カードローンでローンを一つにまとめたあと、それまで借りていたローンを返済するかどうかは利用者の意志に任されています。

借り換えたあとで、すでに借りているカードローンなどの返済を怠らないよう注意が必要です。

カードローンの利用を家族に知られても構わない人

上記の手続きの流れのところでも説明していますが、福島銀行カードローンは契約時にローンカードが郵送されてきます。

専用ローンカードが入った封筒は外から見ても分かりますので、家族にカードローンの利用を内緒にしている人にとっては少々リスクがあるカードローンといえます。

また、専業主婦が申し込む場合は配偶者に内緒でカードローンを利用するのはかなりリスクがあります。

したがって、福島銀行カードローンフリーライフは「カードローンの利用を家族に相談したうえで申し込みたい」という人に向いているカードローンと言えます。

資金調達を急いでいない人

福島銀行カードローン「フリーライフ」は、振り込みキャッシングが利用できませんので、自宅にローンカードが到着するまで借り入れができません。

その点を考えると、仮に即日審査回答があったとしても、申し込みから実際の借り入れまでには1週間程度かかることが予想されます。

そのため、ある程度お手持ち資金に余裕があり「1週間程度なら融資まで待てる」という人には最適なローンと言えるでしょう。

郵送物はある?

この点は繰り返しになりますが、福島銀行カードローン「フリーライフ」は契約後にローンカードが自宅に郵送されてきます。

一方、消費者金融カードローンには、カードレスで契約するという選択肢があります。

しかし、福島銀行カードローン「フリーライフ」はカードレス契約ができませんので、自宅への郵送物を回避することはできません。

送られてくる郵送物には「ローンカード在中」という表記はありませんが、普段銀行からの郵便物が届かないような家庭だと、カードローンの利用が家族にバレる可能性は十分にあります。

福島銀行カードローンの審査について

つぎに福島銀行カードローンの審査において、どのような点がチェックされるのか詳しく見ていきましょう。

審査をするのは保証会社

銀行カードローンの場合、銀行とは別に保証会社があり、基本的な審査を銀行がおこない申し込み者の信用調査などは保証会社が実施するようになっています。

福島銀行カードローンフリーライフもそれと同じで、保証会社がSMBCコンシューマーファイナンスとなっていますので、審査はSMBCコンシューマーファイナンスがおこないます。

審査で見られるポイント

カードローンの審査では、おもに以下の3つのポイントがチェックされます。

1.収入が安定しているか?

ひとつ目は「利用者の収入が安定しているか?」という点です。

銀行や保証会社は、利用者の収入額はもちろんのこと「毎月きちんとした収入があるか?」という点をチェックします。

そのため年収が少なかったとしても、毎月きちんとした給料を得ている人は審査で優遇されます。

2.他社カードローンを借り過ぎていないか?

審査では、他社カードローンやクレジットカードでのキャッシング利用額も厳しくチェックされます。

福島銀行カードローン「フリーライフ」は消費者金融カードローンではありませんので「融資は年収の三分の一まで」という総量規制のルールは適用されません。

しかし、銀行カードローンも金融庁からの厳しい指導がはいり、過剰な融資は禁止されています。

一般的な銀行カードローンでも「融資は年収の三分の一まで」と決めているところがほとんどですので、他社カードローンの借り入れ額が多い人は要注意です。

過去の延滞や債務整理履歴がないか?

利用者の信用情報には過去の借り入れや返済状況、さらには債務整理の履歴やカードローンの過去の解約情報など、ローンやクレジットカードの契約履歴がすべて残っています。

1年に1度や2度「数日程度返済が遅れる」ということは、誰にでも起こりうることです。

ただし、返済遅れが毎月のように発生していたり、3ヶ月以上の滞納があったなどの情報が信用情報機関に残っていると、審査通過は難しいでしょう。

福島銀行カードローンは即日融資可能?

ここで福島銀行カードローン「フリーライフ」で即日融資が可能なのか、あらためて見ていきたいと思います。

審査に必要な時間

福島銀行の公式サイトには「原則即日回答可能」と明記されていますので、夜間に申し込む場合を除き基本的には即日審査回答は得られます。

地方銀行のなかには「審査回答まで1週間程度かかる」という銀行もありますので、この点は評価できるポイントです。

ただ、最終的にキャッシングができるようになるには、ローンカードの到着を待つ必要がありますので、即日融資は不可能…ということになります。

即日融資が不可な理由

上記のとおり、福島銀行カードローンはたしかに即日審査回答は得られるのですが、本契約までの間に時間を要するのには、もうひとつ理由があります。

それは、銀行の審査義務として「利用者が反社会勢力の一員でないかどうかを確認しなければならない」というルールがある…という点です。

これは2018年の1月からルール化されたものですが、銀行や保証会社は反社会勢力への資金融資を避けるために、申し込み者の個人情報を警察庁データベースに照会することが義務づけられています。

通常この調査作業には1日程度要しますし、万一反社会勢力の疑いがかけられた場合は、審査回答まで2週間程度かかるケースもあります。

審査通過率を少しでも上げる4つのコツ

ポイントを指す女性

上記のとおり、福島銀行カードローン「フリーライフ」は地方銀行カードローンのなかでは、比較的審査スピードがはやいカードローンですが、以下の4つのポイントを押さえておくだけで、さらに審査スピードを上げることができます。

1.利用条件を確認してから申し込む

ひとつ目のポイントは「カードローンの利用条件をよく確認してから申し込む」という点です。

上記でカードローンの利用条件を一覧表にしていますが、福島銀行の営業エリア外に住んでいたり、自分の収入が安定していないような人は審査に時間がかかるだけですので、最初からカードローンに申し込まない方がいいでしょう。

また、カードローンの利用がはじめての場合は、色々と不安な点もあるかと思いますが、わからない点をそのままにして申し込むと手続きに時間を要します。

不明な点は事前に銀行のコールセンターに電話をして、確認してから申し込むことをおすすめします。

2.必要書類を不備なく用意する

カードローンの申し込みには、以下の必要書類を提出する必要があります。

ただ提出した書類が古かったり、撮影した書類が不鮮明だと審査が長引くケースがあります。

本人確認書類や収入証明書などを撮影する際、ピンボケや蛍光灯の光が写りこんで書類の文字が鮮明に見えない、というケースも起こりえます。

書類が不鮮明だと書類の再提出が必要となり、さらに時間がかかりますので、提出する際にはきちんと文字が見えるかどうかをよく確認してから提出するようにしましょう。

参考までに福島銀行カードローン「フリーライフ」の審査で必要な書類も一覧にしていますので、参考にしていただければと思います。

<必要書類一覧>

本人確認資料 運転免許証、健康保険証、パスポートなど
所得を証明する書類 ローンの借り入れ希望額合計額が50万円を超える場合は、源泉徴収票、住民税決定通知書、給与証明書、納税証明書、確定申告書のいずれかを提出

3.在籍確認が取りやすい時間に申し込む

ローンを申し込んだ際には、銀行か保証会社から勤務先に在籍確認の電話が入ります。

この在籍確認が終わらないとカードローンの正式契約はできません。

したがって「土日が勤務先が休み」という場合、金曜日の夜にカードローンの申し込みをおこなうと翌週の月曜日まで在籍確認が保留されてしまいますので、さらに審査に時間を要することになります。

少しでも審査スピードを早めて欲しいなら、平日の早めの時間に申し込むようにしてください。

4.他社カードローンの利用は控えめに

先ほどの「審査で見られるポイント」でも触れましたが、福島銀行カードローンに申し込んだ際には、他社借り入れがどれぐらいあるか…ということが厳しく審査されます。

したがって、福島銀行カードローンに申し込むことが事前に分かっているなら、他社カードローンを借りすぎないように注意しましょう。

また、年間の借金返済額の合計が年収に占める割合が「35%」を超えると、返済能力をすでに超えているとみなされてしまいます。

カードローンのほかにもマイカーローンや住宅ローンを利用している場合、それらの返済額を合計した金額が自分の年収のうちどれぐらいを占めているか、よく確認してから申し込むようにしましょう。

審査に落ちたときの4つの対策

上記のチェックポイントを抑えて申し込んだ場合でも、福島銀行のカードローン審査に落ちてしまう可能性はあります。

つぎにカードローンの審査に落ちてしまった場合の対処方法について、いくつか伝えしておきます。

1.審査落ちの理由を確認する

カードローンの審査に落ちてしまった場合、銀行や保証会社から審査落ちの理由を教えてもらうことはできません。

また、審査落ちの理由が分からないまま、つぎの他社カードローンに申し込むと、さらに審査落ちが続くことが予想されます。

したがって、審査に落ちてしまった場合は「なぜ自分がなぜ審査に落ちたのか?」ということをよく確認するようにしましょう。

そのためには、信用情報機関の本人開示サービスを利用するのが早道です。

「全銀情報」「CIC」「JICC」という三つの信用情報機関では、手数料を支払うことで自分の信用情報の内容を開示してもらうことができますので、そこにネガティブな情報が残っていないかよく確認するようにしましょう。

とくに、信用情報に過去の延滞履歴や債務整理の履歴などが残っている場合は、それらの情報が残っている限り、どこのカードローンに申し込んでも審査落ちするのは目に見えています。

他社の延滞履歴程度なら5年で情報は消えますので、情報が消えるまで待ってからつぎのカードローンに申し込むことをおすすめします。

2.SMBCコンシューマーファイナンスが関係しないカードローンに申し込む

繰り返しになりますが、福島銀行カードローン「フリーライフ」の審査はSMBCコンシューマーファイナンスがおこないます。

そのため、福島銀行カードローンの審査に落ちて他社カードローンに申し込む場合は、SMBCコンシューマーファイナンスが「保証会社ではない」カードローンに申し込むことがポイントとなります。

参考までにSMBCコンシューマーファイナンスが保証している銀行カードローンの一部を一覧にしていますので、以下の銀行カードローン以外のカードローンに申し込むようにしてください。

<SMBCコンシューマーファイナンスが保証している銀行カードローンの一部>

大手銀行 三井住友銀行カードローン
ネット銀行 ジャパンネット銀行カードローン
地方銀行 関東地区のみ一部抜粋 北洋銀行 スーパーアルカ
きらやか銀行 Doit500・きらやかWEBカードローン
北日本銀行 カードローンスーパークイカ・カードローンASUMO
仙台銀行 スーパーカードローンエクセレント

3.大手消費者金融カードローンに申し込む

審査通過率融資までのスピードを重視したいなら、やはり大手消費者金融の右に出るカードローンはありません。

アコムやプロミスなどの大手消費者金融の場合、無人契約機を利用すれば申し込みから1時間程度で融資が可能です。

さらに福島銀行カードローンのような自宅への郵送物も一切ありませんので、家族に内緒で即日融資を受けられます。

また、ほとんどの大手消費者金融ではカードローンの利用がはじめての人に対し「無利息キャッシング」のサービスが用意されています。

福島銀行カードローン「フリーライフ」にはそのようなサービスがありませんので、「少額を短期間で返したいと」いう人は、福島銀行カードローンよりも最初から消費者金融を利用した方がいいでしょう。

4.中小消費者金融に申し込む

大手消費者金融よりもさらに審査通過率をアップさせたいなら、中小消費者金融に申し込むという方法もあります。

中小の消費者金融は無人契約機がない店舗がほとんどですし、大々的なCMをする広告宣伝費もありません。

したがって、大手消費者金融の審査に落ちてしまうような人でも審査通過させないと、経営が成り立たないという実情があります。

さすがに過去に債務整理をしたような人は、中小消費者金融の審査にとおるのは難しいでしょう。

ただ、大手消費者金融に申し込めない専業主婦のような人でも、中小消費者金融なら配偶者貸付制度を利用してローンに申し込むということは可能です。

福島銀行カードローンのまとめ

福島銀行カードローン「フリーライフ」は、地方銀行カードローンのなかでは珍しく、店頭契約不要で低金利で利用できる優れたカードローンの一つです。

ただ、福島銀行の営業エリア内に住んでいないと申し込みすら受け付けてもらえないなど、利用できる人が限られているというのも実際のところです。

どうしても福島銀行カードローンに申し込みたいなら別ですが、審査通過率やカードローンを契約してからの利便性などを考えると、メガバンクのカードローンや大手消費者金融カードローンを利用した方が何かとメリットが多いかもしれませんね。

銀行カードローンの審査は甘いの?審査に通りやすくするには
銀行カードローンを利用するには、審査に通過する必要があります。必ず審査に通過するためにも、審査が甘い銀行カードローンを利用したいですよね 審査が甘いにも、人によって定義が異なると思います。 審査が甘い銀行カードローンを探す人には...