学生ローンの利用時に必要な書類は?

ジャパンネット銀行ネットキャッシング 増額-チェックリスト 学生ローン
チェックリスト

「学生ローンを利用するために必要な書類をそろえたいけど何を用意すればいいのかわからない」という人もいるかもしれません。

基本的に特別な事情がない限り、学生ローンの必要書類はそこまで多くはありません。

しかし、必要書類を1つも欠けることなく用意していないと融資を受ける際に不利になる可能性があります。

この記事では学生ローンの利用に必要な書類と学生ローンの審査でチェックされることについて解説していきます。

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

学生ローンの必要書類

学生ローンの必要書類は、借り入れを行う学生ローンと借り入れをする人によっても異なりますが、以下の書類が必要となる可能性のある書類になります。

  • 学生証
  • 運転免許証
  • 保険証
  • キャッシュカード
  • パスポート
  • 住民票
  • 給与明細
  • 学費の請求書
  • 公共料金の領収書
  • 収入証明書

太字の項目は必要になる可能性が非常に高い書類になります。

まず、学生証に関してはどの学生ローンにおいても必須といっていいでしょう。

万が一、何かしらの理由で学生証が手元にない場合は、再発行などをして必ず用意しておくようにしましょう。

運転免許証と保険証は両方必要ということは少なく、どちらか一方が学生証と合わせて必要であることが多いです。
キャッシュカードは、ネット申込みでキャッシングするときに利用するので申込み方法がネットである場合は必須になります。

他の書類は必要に応じて学生ローン側からも指示があることが多いので、必要書類に含まれている場合は必ず用意しておきましょう。

また、学生ローンによっては書類を用意しておくことで、金利が引き下げられることもあるので、より金利を低くするためにも書類をすべて集めた上で学生ローンを利用することはメリットが大きいです。

学生ローンで身分を証明する理由について

お金を借りる以上、身分を証明する必要があるということは分かるかと思いますが、個人情報をどのように使用するのか知っておきたい人もいるでしょう。

個人情報は契約をするために必要であり、また個人情報を信用情報機関に照会して過去に返済でトラブルを抱えていないかチェックする目的があります。

信用情報機関は日本信用情報機構(JICC)をはじめとするクレジットカードやローンの利用状況を管理する組織のことです。

仮に、返済を延滞してしまった場合や、支払いができずに任意整理、自己破産をしてしまった場合は、この信用情報機関に事故情報が一定期間登録されます。

個人情報は信用情報機関に契約を結ぶ上で都合の悪い情報がないか確認するために使われます。

また、これまでキャッシングをおこなったことがない人はスーパーホワイトと呼ばれ何もマイナスの情報はありませんので、学生ローンを利用する場合はマイナスの情報さえなければ審査で不利になることはないでしょう。

学生ローンで身分を証明する理由は、金融機関が信用情報機関に事故情報を照会することにあります。

学生ローンの審査でチェックされる3つのこと

  • 必要書類がそろっているかどうか
  • 返済能力があるかどうか
  • 借り入れに目的があるかどうか

必要書類がそろっているかどうか

必要書類がそろっていないと審査に時間がかかることもあります。

インターネットで申込んだ場合は、書類の不備の確認のために電話がかかってくる可能性も。

最悪の場合ではありますが、書類の不備によって審査に通らない事態に陥るかもしれません。

学生ローンに必要な書類は、学生証を含む身分証明書2つとキャッシングカードが必須となる場合が多いです。

けっして必要書類を用意することはむずかしくなく、すべていわれた通りに揃えられないのであれば、「この人は契約通りに返済をおこなうのか?」と学生ローン側に不信感を抱かせてしまうことにつながります。

審査に通るかどうか最も大事なことは安定した収入があることですが、必要書類の不備によって審査に落ちることがないように確認を怠らないようにしましょう。

返済能力があるかどうか

お金を借りるうえで最も重視されるのは返済能力です。

安定した収入があるかどうかや、場合によっては両親の年収を聞かれる場合もあるでしょう。

学生ローンの審査は学生のためのローンなので他の金融機関と比較すれば甘いです。

しかし、そもそも収入がない場合はお金を借りることはほぼ不可能であるといっていいでしょう。

ただし、一時的にアルバイトをやめている状態で収入がない場合は、それを考慮したうえで審査をしてくれる場合もあるようです。

学生ローンはボランティアで学生にお金を貸してくれるわけではないので、返済能力がないと判断されれば容赦なく審査に落ちます。

その場合は1円たりとも貸してはくれないので、学生ローンを利用する場合はある程度の収入があることを前提に審査を受けるようにしましょう。

借り入れに目的があるかどうか

学生ローンでお金を借りるうえで利用目的は間違いなく聞かれます。

学費のため、旅行のため、サークルのため、とにかく目的を聞かれたときに必ず答えられるようにしておきましょう。

基本的には学生にとってお金が必要な場面であれば、目的によって審査に落ちることは少ないですが、ギャンブルや投資の場合は返ってくる可能性が低いと考え落とされる危険性があります。

また、店頭で審査を受けた際に目的をはっきり答えられないと、嘘をついている可能性や、非合法な手段にお金を使うことを疑われる可能性もあります。

目的を明確にすることは審査に通るだけでなく、実際に借りたお金を目的通りに利用し、計画的な返済計画を練ることにもつながります。

学生ローンでお金を借りる際は、目的を明確にした上でお金を借りるようにしましょう。

学生ローンの必要書類のまとめ

学生ローンの必要書類について理解していただけたでしょうか?

「学生証+運転免許証または保険証+キャッシュカード」の3つが学生ローンで求められる必要書類である場合が多いです。

審査においては、必要書類に不備があると時間がかかる場合や、審査が不利になる可能性もあるので、必ず1つの不備もなく用意するようにしましょう。

おすすめ学生ローンを完全網羅!ローン利用時の悩みも解説
学生ローンを利用したいと考えていても、どれがおすすめなのか分からないという人もいるかと思います。 また、実際に利用するにあたってお金を借りることにまつわる悩みもあるかもしれません。 この記事ではおすすめの学生ローンをすべてご紹介...