北都銀行スピードカードローンNeoの審査申し込み方法は?即日は可能?

地方銀行カードローン

『スピードカードローンNeo』は北都銀行にスピードカードローンです。

パートやアルバイトはもちろん、学生でも審査を受けることができるので、秋田県では人気の銀行カードローンです。

今回の記事では、スピードカードローンNeoの審査や申込み方法などをご紹介!

スピードカードローンNeoの特徴についても解説していきますので、カードローン選びの参考にしてくださいね。

銀行カードローンの審査基準は?審査に通過するためのコツも解説
銀行カードローンの利用を検討しようにも、審査はどのように行われるのかなど気になりますよね。 できるだけ審査落ちしてしまうことを防ぐためにも、あらかじめ銀行カードローンの審査基準を把握しておいて、対策しておきたいところです。 しか...

北都銀行スピードカードローンNeoの基本情報

北都銀行スピードカードローンNeo
金利 4.5~14.6%
限度額 500万円
返済方法 残高スライド方式
最低返済額 2000円
遅延損害金 14.5%
年齢 満20歳以上70歳未満
担保・保証人 不要
審査時間 2営業日前後
来店 不要
即日融資 不可

北都銀行は秋田県秋田市に本店を置く地方銀行です。

秋田犬をモチーフにしたオリジナルキャラクター「ほっくん」が北都銀行のマスコットになっています。

北都銀行のカードローンには3種類あり、「スピードカードローンNeo」の他に「スーパーアシスト」「北都銀行カードローン1000」があります。

スーパーアシストと北都銀行カードローン1000は口座の開設と来店が必須となっているため、来店なしで口座の開設をせずカードローンを利用する場合はスピードカードローンNeoを利用する必要があります。

ただし、北都銀行カードローン1000は限度額が1000万円となっているので、限度額が500万円では足りない場合はこちらを利用する必要があります。

ここからは北都銀行カードローンは具体的にどのような人が利用できるのかを解説していきます。

北都銀行スピードカードローンNeoの利用条件

スピードカードローンNeoの利用条件は2つあります。

  • 満20歳以上70歳未満の個人
  • 本人または配偶者に安定した収入がある

スピードカードローンNeoの利用条件は20歳~69歳であることと、安定した収入があることが条件となります。

地方銀行のカードローンは、北都銀行であれば秋田県とその周辺でしか利用できなくなっていることも多いですが、Neoは他の地域からも利用することができます。

また、スピードカードローンNeoを利用する場合は北都銀行の口座は必要ありません。

北都銀行の他のカードローンの場合は必要になるので、口座なしでカードローンを利用したい場合はおすすめになります。

次に、スピードカードローンNeoの審査の特徴について解説していきます。

北都銀行スピードカードローンNeoの審査の特徴

スピードカードローンNeoの審査の特徴は3つあります。

  • パートやアルバイト、学生でも審査に通る可能性がある
  • 審査時間は2営業日程度
  • 北都銀行の口座がなくても審査が受けられる

パートやアルバイト、学生でも審査に通る可能性がある

スピードカードローンNeoは正社員であるかどうかに関わらず安定した収入をもっている人が利用しています。

パートやアルバイトだけではなく学生も利用できるのが特徴になります。

銀行のカードローンは学生が対象外になることもあるので、スピードカードローンNeoは学生が借りられる貴重なカードローンといえます。

ただし、貸してもらえる金額は10万円程度になる可能性が高いです。

もちろん、学生でもアルバイトで安定した収入を得ていることが条件になります。

審査時間は2営業日程度

審査時間は2営業日程度になります。

最速の場合は、翌営業日に審査結果が出ることもあります。

審査自体は早いですが実際に融資を受けるためには、審査結果が通知されてから時間がかかります。

しかし、他の銀行のカードローンよりも審査の通知が早く結果がすぐに分かるのはメリットといえるでしょう。

北都銀行の口座がなくても審査が受けられる

地方銀行のカードローンは口座を持っていることが審査を受ける条件になることが多いです。

スピードカードローンNeoの場合は口座がなくても審査が受けられます。

在住している地域による制限もないので、秋田県周辺に住んでいない人や近くに北都銀行の店舗がない人でも審査を受けることが可能であるということになります。

スピードカードローンNeoは20歳以上の学生から、70歳未満の方までどの地域に住んでいても利用できるカードローンになります。

北都銀行スピードカードローンNeoの審査に落ちる原因

Neoの審査に落ちる原因としては以下の原因が考えられます。

  • 収入が不安定である
  • 他社からも借入れをしている
  • 多重申込みをしている

収入が不安定である

申告した情報では収入が不安定であると判断されたのであれば審査に落ちてしまいます。

返済能力として一番重視されるのは収入の額です。

その上で、勤続年数や雇用形態などを総合的に判断したうえで決められます。

審査の通過の条件は安定した収入があると判断された場合なので、勤続期間が短い場合は安定した収入を得ていないと判断される可能性はあります。

もちろん、返済能力がないと判断されるからといって虚偽の申告をおこなってはいけません。

虚偽の申告をおこなったことが分かると審査に落ちる可能性もあり、審査に通ったあとに虚偽の申告をおこなったことが分かるとカードローンの一括返済を求められる場合があります。

他社からも借入れをしている

他の金融機関からも借入れを多くしている場合は、審査に通るのが難しくなります。

1~2社であれば通る可能性もありますが、3社または4社から借入れをしてしまうと審査に通るのが非常に難しいです。

複数の金融機関から借入れをしている場合は返済能力を疑われるので審査に通りにくくなります。

しかし、申告しなければ他の会社でお金を借りているか分からないと考える人もいるかと思います。

銀行は個人の信用情報を信用情報機関に照会することができるので、審査の際は他の金融機関の借入れ状況も確認できます。

そのため、申告をしなくても借り入れ状況を把握されてしまうので、他の金融機関からお金を借りていることを隠すことはできません。

他社の残債はできる限り少なくして審査を受けることをおすすめします。

多重申込みをしている

他のカードローンにも申込みをしていると審査に落ちる可能性が高くなります。

他社の借り入れ状況と同様にカードローンの審査を受ける際は必ず信用情報機関に審査を受けた情報が登録されます。

そのため信用情報機関を照会することで、短期間に複数のカードローンの審査を受けていることがどのカードローンの会社でもわかるようになっているのです。

短期間に複数のカードローンに申込むことは、審査に通過できない原因を作ってしまうので避けるようにしましょう。

北都銀行スピードカードローンNeoの申込み方法

スピードカードローンNeoはwebだけですべての申込み作業を完結させることができます。

  1. WEB上で必要事項を記入し申込み
  2. 審査の連絡を受ける
  3. WEBで契約の手続きをする
  4. 郵送にてカードを受け取る

まず公式サイトから申込みをおこない、審査の連絡を待ちます。

審査に通ったらWEBで契約の手続きをして、郵送にてカードを受け取ると融資が受けられるようになります。

スピードカードローンNeoは本申込みを郵送でおこなう必要もなく、完全にWEBだけで申込みを完結させることができます。

もちろん、WEBではなく窓口で契約することもできます。

次に、申込みの際に用意しておく必要書類について解説していきます。

北都銀行スピードカードローンNeoの必要書類

Neoの申込みに必要な書類は下記の通りになります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 保険証

上記3点のうち1つの本人確認書類が必要になります。

スピードカードローンNeoの場合、借入金額に応じて収入証明書を用意する必要はありません。

該当する本人確認書類を用意しておきましょう。

ここからはスピードカードローンNeoの借り入れ方法について解説していきます。

北都銀行スピードカードローンNeoの借入れ方法

基本的にコンビニなどのATMを利用することになります。

利用できるATMは下記の9つのATMになります。

  • 北都銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • イーネットATM
  • イオン銀行ATM
  • ビューアルッテ
  • 荘内銀行ATM
  • みちのく銀行ATM

WEBで完結して全国から利用できることを前提にしているため、利用できるATMの種類が非常に多いことが特徴です。

また、提携している荘内銀行とみちのく銀行のATMも利用することができます。

この中から自分が一番利用しやすいATMを探しておくと、借り入れだけではなく返済が楽になります。

次に、スピードカードローンNeoの返済方法について解説していきます。

北都銀行スピードカードローンNeoの返済方法

Neoの返済方法は主に2つあります。

  • 約定返済
  • ATM振り込み

約定返済は毎月10日に口座引き落としがおこなわれ返済されます

また、口座なしで審査を受けた場合は約定返済をおこなうことはできず、ATM振り込みのみとなります。

ATM振り込みは借り入れで利用できるATMから10日までに振り込んで返済することができます。

約定返済の場合は口座の残高に気をつけて、ATM振り込みの場合は期日を忘れずに返済するようにしましょう。

ここからは、スピードカードローンNeoのメリットについて解説していきます。

北都銀行スピードカードローンNeoを利用する3つのメリット

スピードカードローンNeoのメリットは3つあります。

  • 口座を持っていなくても契約できる
  • 周辺地域に住んでいなくても融資を受けられる
  • 借入金額によって金利が下がる

口座を持っていなくても契約できる

スピードカードローンNeoは、北都銀行の口座を持っていなくても契約可能です。

また、口座を持っていない場合でも来店して契約をする必要はありません。

銀行カードローンは口座が不要な場合でも、提携しているATMが少ない場合もあり、口座引き落としを利用しないと利便性がないカードローンもあります。

しかし、スピードカードローンNeoは9種類の提携ATMがあるため、ATMで返済する場合も不便に感じることは少ないでしょう。

口座不要で契約可能で、基本的に口座を持たないことにデメリットがないため利用しやすい銀行カードローンであるといえます。

周辺地域に住んでいなくても融資を受けられる

スピードカードローンNeoは周辺地域だけでなく全国から申込みすることができます。

スピードカードローンNeoは学生への融資にも対応しています。

周辺地域にある地方銀行が、学生に対する融資に対応していない場合は、北都銀行のスピードカードローンNeoを利用すれば審査を受けることができます。

もちろん、必ず審査に通過するわけではありませんが、北都銀行の周辺地域に住んでいない学生でも審査を受けることが可能であるということです。

地元の銀行カードローンの審査に落ちてしまった人は審査を受けてみるといいでしょう。

借入金額によって金利が下がる

スピードカードローンNeoは借入金額に応じて金利が下がります。

借入限度額 金利
200万円以下 14.6%
300万円以下 12.0%
400万円以下 6.0%
500万円以下 4.5%

300万円以下で金利は2.6%下がり、400万円以下で金利は300万円以下の半分になるので非常にお得です。

他の金融機関で多額の借金がある場合は、スピードカードローンNeoでまとめて借り換えすることができれば金利が非常にお得になる可能性があります。

通常の金利14.6%は他の銀行カードローンと比較して安い金利ではありませんが、まとまったお金を借り入れる場合はお得であるといえます。

北都銀行スピードカードローンNeoのデメリット

一方、Neoにはこのようなデメリットもあります。

50万円を超えると10万円単位で借り入れができない
金利はけっして安いわけではない

スピードカードローンNeoの借入金額は10万円、20万円、30万円、40万円、50万円、70万円、100万円、150万円、200万円、250万円、300万円、350万円、400万円、450万円、500万円の中から審査の結果を踏まえて選択する形です。

50万円以降から70万円を挟んで50万円単位でしか借り入れができないことがわかるかと思います。

つまり、120万円一度に借りたいと考えても150万円を借りる必要があるということです。

また、14.6%という金利はけっして他の銀行カードローンと比較して安いわけではありません。

200万円以下の借り入れでもっと安い金利でお金を貸してくれる銀行カードローンはあります。

もちろん、まとまったお金を借り入れたい場合は金利の優遇制度が充実しているので問題はないでしょう。

北都銀行スピードカードローンNeoで即日融資は可能?

スピードカードローンNeoで即日融資を受けることはできません。

審査結果が分かるのも最短翌営業日なので、即日で融資を受けることは不可能です。

即日融資を受けたい場合は他の金融機関を検討することをおすすめします。

最短で融資を受けるためには?

スピードカードローンNeoで最短で融資を受けるためには、WEBでの申込みを不備なく確実にやることくらいしかこちらから努力できる点はありません。

申込みの前に本人確認書類を必ず用意し、申込み内容に間違いがないか必ず確認しましょう。

申込み内容に不備があると、確認に時間がかかってしまい審査が遅れてしまう場合があります。

どうしても早くお金を借りたい場合は他のカードローンも検討するとよいでしょう。

北都銀行スピードカードローンNeoの体験談

最後にスピードカードローンNeoの体験談を紹介します。

20代男性 Uさんの場合

サークルの合宿費用が支払えず、スピードカードローンNeoを頼りました。

WEBで申し込むだけでお金を借りられたのでびっくりしました。

返済も近くのセブンのATMから簡単にできたので、コツコツ返済しています。

40代男性 Wさんの場合

トラブルが続き、お金を借りる必要があったので、カードローンのネオを利用することにしました。

枠も借りたいと考えていた金額が借りられるほどで通り、さっそく融資を受けました。

金利は6.0%とかなり安かったので、返済もそこまで苦労しませんでした。

借りたお金は完済しましたが、またお金を借りるときはネオを利用すると思います。

北都銀行スピードカードローンNeoのまとめ

北都銀行スピードカードローンNeoについて理解していただけたでしょうか?

全国から融資可能で、学生を含む幅広い年代の人が利用することができる銀行カードローンになります。

北都銀行の口座を持っていなくても利用可能で、不便な点も少ないので、口座を持っているかどうかに関わらずカードローンの利用を検討してみるといいと思います。

スピードカードローンNeo以外にも、低金利や融資額の自由度の高さをメリットに持つ銀行カードローンもあるので、他の銀行カードローンの特徴も理解したうえでスピードカードローンNeoを利用するかどうか検討しましょう。

銀行カードローンの審査は甘いの?審査に通りやすくするには
銀行カードローンを利用するには、審査に通過する必要があります。必ず審査に通過するためにも、審査が甘い銀行カードローンを利用したいですよね 審査が甘いにも、人によって定義が異なると思います。 審査が甘い銀行カードローンを探す人には...