ネットから即日振込のキャッシングを利用する方法は?

即日融資

即日振込のキャッシングを依頼する際には、ネット上から指定した銀行口座への振込融資を依頼する必要があります。

消費者金融の中には、ネット申し込みであれば24時間対応している業者もあるので、夜間急にお金が必要になった時に安心です。

ネットキャッシングとはネットを介して行うキャッシングのことで、来店不要で申し込み・審査・契約まで行うことができます。

インターネットの普及に伴い、キャッシングを取り扱う様々な金融機関でネットキャッシングが取り扱われています。

プロミスやアコムなどの大手消費者金融は、ネットキャッシングを利用して即日審査・即日振込が可能なことを強みにしています。

また、ネット専業銀行と言われるジャパンネット銀行や楽天銀行も、実店舗を持たないことからネットキャッシングで利用者を増やしています。

最近主流になりつつあるネットキャッシング。果たしてどのような特徴があるのでしょうか?

今回はネットキャッシングのメリット、種類、終わりにはネットキャッシングに強いジャパンネット銀行の即日振込についてご紹介します。

楽天銀行のネットキャッシングについてはこちらの記事をご覧ください。⇒『24時間365日即日振込可能!楽天銀行スーパーローンの利用方法

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

ネットから即日振込のキャッシングを申し込む方法

消費者金融などのカードローンであれば、ローンカードが発行されるため、銀行口座を業者に教えなくても、ATMでローンカードを利用することで借り入れ可能です。

しかし、振込融資を利用するためには、前もって業者に利用している銀行口座を登録しておく必要があります。消費者金融のキャッシングを受ける際にも、念のため振込先の銀行口座を指定しておくと便利です。

銀行口座を登録している状態であれば、公式サイトから振込依頼をするだけで、すぐに振り込み融資を受けることができます。

プロミスでは「瞬フリサービス」と呼ばれるスピード融資が人気で、振込融資を申し込んだ瞬間すぐにお金が口座へと振り込まれるようになっています。

即日振込は夜間でも受けられる?

即日振込は銀行間でお金のやり取りが必要なので、銀行の営業時間である15時以降は利用できないのでは、と心配に思う方もいるでしょう。

確かに、銀行カードローンであれば、営業時間を過ぎれば翌日以降の取扱いとなるため、当日中に借り入れることが難しくなります。

しかし、消費者金融であれば、24時間365日振込融資に対応している業者も多く、夜間でも振込融資を受けることも可能です。

また、銀行カードローンの中でも、ネット銀行では営業時間を設定していないところが多く、24時間いつでも振込融資が可能といった銀行も多く存在します。

即日振込のキャッシングで気をつけること

現金を受け取りたい場合

現金を受け取りたい場合には、振込融資を受けたあとに、ATMで現金を引き落とす必要があります。夜間や休日での振込融資では、業者からの振込で手数料も発生し、ATMから現金を引き落とす際には更に手数料が発生します。

それならば、ATMから直接ローンカードを利用して借り入れた方がお得なのです。

振込融資は急いでいる時には便利ですが、現金を欲している方には不向きな一面があります。

申し込みと審査は別もの

即日振込OKと宣伝しているキャッシング業者だからといって、申し込んだ当日中に借り入れが出来るわけではないのでご注意ください。

消費者金融では即日融資が可能な業者が殆どですが、銀行カードローンの中には、即日振込が可能といっても、申し込みと審査に一週間程度時間がかかる業者もあるので注意しなくてはいけません。

申し込んでからすぐに振り込み融資を受けたい方は、申し込む前に確認しておくといいでしょう。

ネットキャッシングの2つのメリット

2つ

ネットキャッシング1つ目のメリットは来店不要で審査・契約・借り入れまで可能であることです。

来店不要で借り入れまで行えるため、審査時間を拘束されない、またご家族にばれずに借り入れできます。

店舗や自動契約機へ来店するとオペレーターが丁寧に案内してくれますが、申し込みから契約まで時間がかかります。

お仕事が忙しい方や家事・育児でまとまった時間が取れない方もネットキャッシングなら隙間時間に申し込むことができるのです。

ネットキャッシング2つ目のメリットは24時間365日申し込むことができることです。

インターネット上ならメンテナンス期間以外は常にアクセス可能です。

審査や契約はマンパワーを必要とするため時間が限られていますが、申し込んでけばあとは審査結果を待つだけなので楽ちんです。

2種類のネットキャッシング

ネット、申し込み

ネットキャッシングには2種類の意味が混在しています。

厳密に分けるとメガバンクや消費者金融が提供するオンラインサービスネット専業銀行が提供するキャッシングサービスの2種類に分類できます。

それぞれ解説します。

① 消費者金融やメガバンクが提供するオンラインサービス

メガバンクや消費者金融が提供するオンラインサービスとは、プロミス・アコムなどの消費者金融、みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行などのメガバンクが提供するキャッシングサービスの一部です。

消費者金融やメガバンクのカードローン会社は実店舗を持っているため、来店や郵送でも申し込み可能です。ネットキャッシングはサービスの一部に過ぎません

ネット専業銀行はネットキャッシングを主軸にしていることを考えると、消費者金融やメガバンクが取り扱うネットキャッシングは「あると便利だけど、なくても困らないもの」くらいの位置づけでしょうか。

以前は店舗や自動契約機でしかできなかったことをインターネット上でできるようになった便利なサービスです。

メガバンクたちにとっては「なくても困らないもの」とお伝えしましたが、彼らもネットキャッシングで利用者を集めていることは言うまでもありません。

ATMや窓口の混雑を避けるためにもインターネットバイキングに登録してもらい、会員専用のサービスなどを増やしています

② ネット専業銀行が提供するキャッシングサービス

ネット専業銀行が提供するキャッシングサービスとしてもネットキャッシングの名は浸透しています。

ネット専業銀行とは、ジャパンネット銀行、楽天銀行、じぶん銀行、ソニー銀行などが挙げられます。

ネット銀行はメガバンクや地方銀行とは違い実店舗を持ちません。そのため、ネットキャッシングが主軸事業となります。口座が必要な場合も開設から振込まで全てインターネット上で行います。

ネット専業銀行としてセブン銀行やイオン銀行を思い浮かべる方もいらっしゃると思いますが、厳密に言うとネット専業銀行ではありません。

セブン銀行やイオン銀行は各々店舗を持ち、店舗にはだいたいATMが併設されています。これらは小売店と連携する銀行と認識していただければと思います。

しかし、ネット専業銀行と同様新形態の銀行として認識され、ネットキャッシングを主軸サービスとして取り扱っています。

次章からはネット専業銀行の中でも特に人気のジャパンネット銀行についてご紹介します。

ジャパンネット銀行なら来店不要で即日振込が可能。即日振込を受ける条件や方法をチェックしてみましょう。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの即日振込を受ける方法

拳

ジャパンネット銀行のネットキャッシングは店舗を構えず、ネットだけで申し込み・審査・借り入れまで完結可能です。

パソコンはもちろん、スマホや携帯も利用できるので外出中でも気軽に申し込むことができます。

「店舗でないと審査に時間がかかりそう…」とお考えのあなたもご安心ください。ジャパンネット銀行なら即日振込可能です。

また、ネット銀行には珍しい30日間の無利息サービスがついています。(無利息サービスとは30日間利息ゼロで借り入れできるサービスのこと。)

便利でお得なジャパンネット銀行ネットキャッシングで即日振込を受ける方法をご紹介します。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングで即日振込を行う3つの条件

3つ

即日振込は、ジャパンネット銀行のネットキャッシングに申し込んだ方全員が受けられるわけではありません。

今章では、ジャパンネット銀行のネットキャッシングで即日振込を行うための条件を3つご紹介します。

ジャパンネット銀行の口座を開設済み

即日振込を行う大前提がジャパンネット銀行の口座を開設していることです。

口座を持っていないと初回の即日振込はもちろん、2回目以降の借り入れで振込融資を行うことができません。つまり、カードを利用してATMで引き出す方法しかないということですね。

ATMはコンビニなども利用できますが、提携ATMのみに限定されること、手数料が発生することがデメリットとして挙げられます。

即日振込は手数料も無料でご自身の口座に振り込まれるので便利です。

利用限度額が300万円以下

ジャパンネット銀行のネットキャッシングは利用限度額が最大1,000万円。

他社と比較しても高額融資可能なネットキャッシングです。

しかし、即日振込を行うためには限度額が300万円以下に制限されます。あまりにも高額であると、慎重に審査が行われ時間がかかるということでね。

平日の9時~14時までに申し込みを行う

ジャパンネット銀行のネットキャッシングは時間を気にせず申し込むことができます。

しかし、即日振込を行うためには平日の9時~14時までに申し込み・契約を済ませなければなりません

平日の14時までに申し込みを完了させることができれば、審査結果の連絡が17時までに届き即日振込が可能です。

即日振込を受けるまでの申し込み・審査・借り入れの流れ

時間

続いて、即日振込を受けるまでの申し込み・審査・借り入れまでの流れをご紹介します。

「ジャパンネット銀行の口座を持っている」、「14時までに申し込みを行う」という条件をクリアしている方はこの手順で行えば即日振込は目前です。

申し込み~審査までの流れ

まずは、申し込みから審査結果が届くまでの流れをご紹介します。

  • ジャパンネット銀行ネットキャッシングのホームページにアクセス
  • 「口座がある方」のピンクの申し込みボタンをクリックする
  • 店番号・口座番号・ログインパスワードを入力する
  • 収入証明書をFAXで提出する(※)
  • 申し込み完了

口座をお持ちの方は改めて申し込みフォームを入力するという手間が省けます。店番号・口座番号はカードに記載されています。
※300万円以上借り入れる場合

審査~借り入れまでの流れ

審査結果の連絡(メール)が届くのを待ちましょう。審査が行われる目安の時間は次の通りです。

申し込み時間 審査結果のメールが届く時間
月~金の14時まで 即日(10時~17時)
月~金の14時以降/土・日・祝日 翌営業日の10時以降

手続き完了メール受信後すぐ借り入れ可能です。手続きは、審査結果の連絡が届き次第行われます。

手続きそのものは銀行側が行うため、申し込み者が特別に行う必要はありません。手続き完了後メールが届いたら利用開始できます。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの即日振込による借り入れ方法

ATM、カード、借り入れ

手続きが終了したらすぐに借り入れできます。

振込融資を希望する方は即日振込に限らずとも、ジャパンネット銀行の普通預金口座が必要です。

振込依頼は次の手順で行います。

  • パソコン・スマホ・携帯のいずれからホームページにログイン
  • 借り入れ金額を入力する

この2ステップだけで即日振込が行われます。

初回に限らず2回目以降も同じ手順で且つ手数料無料で借り入れできるので、ジャパンネット銀行の口座をお持ちでない方は解説することをおすすめします。