J.Score(ジェイスコア)の返済方法を徹底解説!効率よく返済していくためには

J.Score

みずほ銀行とソフトバンクが共同出資して設立されたJ.Score(ジェイスコア)。

金利が低く、AIスコア診断を用いてわかりやすい審査をおこなうなど、じょじょにその人気が高まっています。

そんなJ.Scoreですが、どうしても借りるときのことに目がいきがちです。

お金を借りるときも大切ですが、それ以上に大切なのは借りたお金をしっかり返済すること。

返済できなければ信用情報がブラックになってしまい、しばらくの間クレジットカードやカードローンが利用できなくなってしまいます。

こちらの記事では、J.Scoreの返済方法について徹底解説!

効率よくJ.Scoreの返済をしていくための方法を紹介していきます。

J.Score(ジェイスコア)は即日融資可能か?即日成功のコツや特徴などをご紹介
J.Score(ジェイスコア)は、2016年11月にみずほ銀行とソフトバンクが提携した新しい消費者金融です。 多くの質問を答えることでAIが審査を行う「AIスコア」や、これまで積極的に融資を行ってこなかった若者も低金利で利用することが...

目次

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

J.Score の返済方法は3種類

J.Scoreの返済方法は下記の3種類です。

J.Scoreの返済方法
  • 口座振替
  • Pay-easy
  • 銀行振り込み

まずはそれぞれの返済方法の概要を解説していきます。

口座振替

J.Scoreの返済方法1つ目は、口座振替です。

自身が持っている銀行口座を1つ指定して、その銀行口座から毎月一定金額が引き落とされます。

引き落とされるのは毎月26日で、引き落としにかかる手数料は無料。

カードローンの返済は毎月忘れずにしなければならないので、口座振替を設定しておけば返済忘れをすることはありません。

ただし口座の残高不足になっていると引き落としができないので、設定する口座はある程度お金が入っている口座を設定しておきましょう。

口座振替ができなかった場合、後日Pay-easyもしくは銀行振り込みで支払いをしなければなりません。

Pay-easy(ペイジー)

J.Scoreの返済方法2つ目は、Pay-easyを使っての返済です。

Pay-easyとは、インターネットバンキングを登録して、登録された銀行口座からの振り込みをおこなうシステム。

通常の銀行振り込みと違う点としては下記の2点です。

  • 振込手数料無料で返済ができる
  • 返済が24時間できる

そのためインターネットバンキングを持っている人であれば、銀行振り込みでなくPay-easyを選択したほうがいいでしょう。

Pay-easyの利用が不安だという人は、Pay-easy公式サイトからPay-easy利用のデモ体験も可能(https://www.pay-easy.jp/howto/index.html)

実際にPay-easyを利用してみると想像以上に簡単に手続きができるので、一度体験してみましょう。

銀行振り込み

J.Scoreの返済方法3つ目は、銀行振り込みです。

銀行振り込みはその名の通り、J.Score指定の口座に毎月振り込みで返済をしていくという返済方法です。

ただし振り込みにかかる手数料は、利用者負担です。

そのため毎月の返済ごとに振込手数料を支払わなければならないので、金銭面を考えるとあまりオススメできません。

たとえばJ.Scoreで30万円以下の借り入れの場合、最大返済回数は36回です。

三菱FUJ銀行の場合3万円未満で他行あての振込手数料は270円かかるので、返済までに振込手数料だけで最大9,720円を支払わなければなりません。

返済時はただでさえ金利を支払っているので、それ以外にかかる出費はできるだけ抑えたいところ。

そのことを考えると振込手数料を支払わなければならない銀行振り込みは、あまりいい返済方法ではないかもしれませんね。

口座振替で返済するメリット・デメリット

J.Scoreの返済方法は3種類ありますが、それぞれの返済方法にメリットとデメリットがあります。

ここからはそれぞれの返済方法ごとのメリット・デメリットを解説していきます。

まずは口座振替で返済するメリット・デメリットを解説していきます。

返済忘れをすることがない

口座振替で返済する大きなメリットの1つが、返済忘れをすることがないことです。

カードローンでは毎月最低返済額というものが設定されています。

毎月最低返済額の支払いができていれば、信用情報に傷がつくこともありませんし遅延損害金がかかることもありません。

そのため最低返済額は、毎月なんとしても支払わなければなりません。

そのときに1番怖いのが返済忘れ。

手帳やカレンダーにメモをしていても、仕事やプライベートが忙しいとついつい返済を忘れてしまうことがあります。

J.Scoreから返済がないことの連絡があるのは返済日から数日経ってからなので、その時点で信用情報に遅延記録が残りますし、遅延損害金も発生しています。

そうしたことを考えると、毎月自動で引き落としをしてくれる口座振替はとても便利。

今後もカードローンを活用するためにも、口座振替はオススメの返済方法です。

返済日が固定されている

口座振替を選択した場合、毎月26日に返済日が固定されます。

これはメリットでもありデメリットでもあります。

サラリーマンの人で毎月25日に給料が入るのであれば、給料振込口座を返済口座として設定しておけば、口座の残高不足になることはありません。

そのため返済漏れがないという点では、大きなメリットになります。

一方で自営業など給料が振り込まれる日がまちまちな人には、返済日が固定されていることがデメリットになることがあります。

私も自営業をしているからわかるのですが、資金のやりくりが柔軟にできる方が緊急時への対応が可能です。

そのため返済日が固定されてしまうと、身動きがとりにくいケースがでてきてしまいます。

このように返済日が固定されていることはメリットでもあり、デメリットでもあるので自身の生活環境をあわせて考えましょう。

随時返済をしないと返済スピードが早くならない

口座振替で毎月引き落としされる金額は、毎月の最低返済額です。

最低返済額が引き落とされるので信用情報上は問題ないのですが、口座振替のみで返済をしていくと返済が長期化してしまいます。

口座振替で返済をしているとJ.Scoreから特に連絡もないですし、毎月返済できていることで安心してしまいます。

しかし毎月最低返済額しか返済できていないので、残高が減るペースは遅くなりがち。

そしてそのことにも気づきにくいです。

口座振替で返済していくことは返済忘れがない点がメリットですが、返済が長期化しがちな点がデメリット。

口座振替の申し込みをしたとしても、Pay-easyや銀行振り込みも併用して返済をしていくことをオススメします。

Pay-easyで返済するメリット・デメリット

続いてはPay-easyで返済するメリットとデメリットを解説していきます。

振込手数料が無料になる

インターネットバンキングを利用した振り込みシステムPay-easyを利用した場合、振込手数料が無料になる点がメリットです。

Pay-easyに登録するためにはJ.Scoreにログインし、契約しているインターネットバンキングにアクセス。

その後記載されている収納機関番号などいくつかの番号を記載すれば、支払いが完了します。

はじめは戸惑うこともあるかもしれませんが、慣れれば1分もかからず支払いが可能。

銀行振り込みの場合わざわざ外出しなければなりませんが、Pay-easyの場合パソコンかスマートフォンがあれば手続きができます。

さらに振込手数料がかからないので、金利以外に支払いをしなくてもいい点は大きなメリットですね。

24時間振込手続きができる

さらにPay-easyを使えば24時間振込手続きができます。

Pay-easyのシステムは24時間稼働しているので収納機関番号などは、いつでも取得可能。

振込手続きも24時間できるので、いつでも手続きができます。

銀行振り込みの場合銀行ATMの営業時間外は手続きができません。

Pay-easyの場合好きな時間にパスコンかスマートフォンから手続きができるので、仕事で忙しい人にも対応が可能。

24時間いつでも振込手続きができる点は大きなメリットです。

インターネットバンキングを持っていないと利用できない

ただしPay-easyはインターネットバンキングを持っていないと、利用できない点がデメリットです。

しかしメガバンク・ゆうちょ銀行・地方銀行でも、インターネットバンキングの導入が進んできています。

そのためもし現在インターネットバンキングを持っていないのであれば、新たに契約するというのも一つの手です。

現在持っている銀行口座をインターネットバンキングに切り替えることもできますし、新たにインターネットバンキングの口座を開設もできます。

インターネットバンキングの口座開設はインターネットから申し込めば、1週間ほどでキャッシュカードが郵送で届きます。

手続きもそれほど難しくないので、新たにインターネットバンキングと契約するのも手ですね。

銀行振り込みで返済するメリット・デメリット

続いては銀行振り込みで返済するメリットとデメリットを解説していきます。

自分の好きなタイミングで返済ができる

銀行振り込みでの返済は、インターネットバンキングを持っている人にとって活用すべき返済方法の一つです。

口座振替の場合返済日が固定されていますが、銀行振り込みの場合返済タイミングは任意。

毎月1回必ず返済はしなければなりませんが、返済日は自由です。

そのため給料が入ってくるタイミングがバラバラ、支払い日を自由に設定したい人にとっては、銀行振り込みはとても使いやすい返済方法ではないでしょうか。

ATMでの手続きも外出時にできれば、時間の無駄にもなりません。

自分の好きなタイミングで返済したい人は、銀行振り込みで返済するという選択肢も考えておきましょう。

振込手数料がかかる

銀行振り込みで返済するデメリットとしては、振込手数料がかかる点です。

振込手数料は数百円ですが、積み重なるとバカになりません。

先ほど30万円の例を紹介しましたが、30万円以上100万円以下の借り入れの場合最大返済回数は60回です。

1回あたり270円の振込手数料がかかるとすれば、完済までに16,200円の手数料を支払わなければなりません。

せっかく金利が低いJ.Scoreでお金を借りているのに、振込手数料をたくさん支払っていては元も子もありません。

振込手数料は予想以上にかかるので、その点はつねに注意しておきましょう。

銀行の営業時間に注意が必要

また銀行振り込みで返済する場合、銀行の営業時間に注意が必要です。

Pay-easyもしくは銀行振り込みで返済をする場合、毎月返済日を自分で指定します。

Pay-easyの場合振込手続きがその日のうちであれば問題ないですが、銀行振り込みの場合事情が異なります。

多くの銀行ではATMの取り扱い時間が15時までなので、15時以降に振り込み手続きがおこなわれた場合翌営業日に振り込みになります。

つまり振り込み日が金曜日で金曜日15時以降に振り込みをした場合、実際に振り込みが実行されるのは翌月曜日。

土曜日と日曜日の2日分支払いが遅れた扱いになってしまいます。

もちろんその場合でも遅延損害金がかかりますし、いいことはありません。

銀行振り込みで返済をおこなう場合、いつ着金するのか考えましょう。

J.Score の返済額について解説

ここまでJ.Scoreの返済方法について解説してきましたが、毎月J.Scoreにはいくら返済しなければならないのでしょうか。

ここからはJ.Scoreの返済額の仕組みについて解説していきます。

月々の返済額は残高スライドリボルビング方式で決まる

J.Scoreの返済方法は残高スライドリボルビング方式と呼ばれる方法で決まります。

このことは簡単に言うと残高が多くなればなるほど、毎月の支払額が増えるという仕組み。

毎月の返済額の例を見てみましょう。

借入残高 毎月の最低返済額
5万円 2000円
25万円 6000円
100万円 11000円

このように借入残高に応じて、毎月の返済額が変わってきます。

ちなみに最低返済額には元本の返済額と利息の返済額が含まれているため、毎月返済していけば元本も徐々に減っていきます。

毎月の最低返済額はJ.Scoreのアプリ内に記載されていますので、最低限返済するようにしましょう。

最低返済額を返済していれば信用情報に傷はつかない

J.Scoreでは毎月の最低返済額が決められていますが、最低返済額を返済していれば信用情報に傷はつきません。

信用情報とは、クレジットやローン等の申し込みや契約に関する情報を指します。本人を識別するための情報のほか、クレジットの申込内容や契約内容、支払状況、残高などで構成されており、主にCICに加盟するクレジット会社等から登録された情報になります。
出典:CIC(https://www.cic.co.jp/confidence/intro/basic.html)

信用情報はカードローンやクレジットカードの審査で必ずチェックされる、とても重要な個人情報です。

そのため信用情報に支払い遅延記録がある場合、今後のクレジットカードやカードローンの審査で不利になります。

とくに今後住宅ローンやカーローンなど、高額のローンを考えている人は、信用情報はきれいなまま保っておきたいですね。

ちなみに返済が何日遅れたら信用情報に遅延記録が残るのかは、会社によって異なります。

会社によっては数日遅れただけで記録が残りますし、会社によっては2週間ほど遅れても影響がないこともありました。

しかし厳しい会社であれば数日の遅れで信用情報に傷がついてしまうので、返済期日はできるだけ守るようにしましょう。

返済が遅れたら遅延損害金がかかる

またJ.Scoreの返済が遅れた場合、遅延損害金が発生します。

J.Scoreの遅延損害金は12.0%。

これは遅れた日にちによって日割りで計算されます。

たとえば100万円を借りていていた場合1日当たりの遅延損害金は

100万円×12%÷365日=328.76…円

つまりこのケースで30日支払いが遅れると、遅延損害金だけで9,863円がかかります。

J.Scoreの遅延損害金は他のカードローンに比べると低いのですが、それでも1か月遅れると遅延損害金はそれなりの金額になります。

毎回返済が遅れると毎回遅延損害金がかかってしまうので、この点から考えても支払いは遅れないようにしたほうがいいですね。

効率的にJ.Score を返済していくためには

ここまでJ.Scoreの返済方法について解説させていただきました。

それではこれまでの内容を踏まえたうえで、効率的にJ.Scoreの返済を進めていく方法を紹介していきます。

J.Scoreの返済方法に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

口座振替とPay-easyを併用する

J.Scoreの返済方法としてオススメなのが、口座振替とPay-easyの併用です。

口座振替は毎月最低返済額を自動で引き落とししてくれるので、返済忘れがないというメリットがあります。

一方で最低返済額しか返済できないので、返済が長期化してしまうという点がデメリット。
そのことを踏まえると

「口座振替で最低返済額を返済して、Pay-easyでの返済も併用していく」

という方法がもっとも効率的に返済できます。

毎月の最低返済額の返済を忘れてしまうと、信用情報や遅延損害金の面で損害が生じてしまいます。

そのため毎月の最低返済額は、口座振替で返済します。

ただそれだけでは返済が長期化してしまい、金利を多く支払わなければなりません。

そうした事情からPay-easyでの返済も併用して、元本を少しでも早く返済しましょう。

元本の返済を少しでも早く進めたいのであれば、口座振替とPay-easyの併用をオススメします。

J.Score の返済シミュレーションを利用して返済計画を立てる

また返済をしていくうえでは、J.Scoreの返済シミュレーションを利用することをオススメします。

J.Scoreのホームページでは返済シミュレーション(https://www.jscore.co.jp/lending/simulation/)ができます。

返済シミュレーションで貸付利率・契約極度額・利用額を入力すると、毎月の返済額と返済回数がわかります。

さらに支払わなければならない金額もわかるので、今後の返済計画が立てられます。

J.Scoreをできるだけ早く完済したいと思うのであれば、返済計画を立てて効率的に返済していきましょう。

早めの返済を目指す

返済計画を立てるうえで重要なことは、できるだけ早めの返済を目指すことです。

返済期間が長くなればなるほど、支払う金利は多くなってしまいます。

そのため少し生活が苦しかったとしても、返済は早めにしたほうがいいです。

現在の状況を考えると支払いがキツイかもしれませんが、長い目で見ると早めの返済をしたほうが、支払う金利は少なくなります。

J.Scoreの完済をしたとしても、その後の人生の方が間違いなく長いです。

借り入れがある間はどうしてもそこに目がいきがちですが、先のこともしっかり考えましょう。

一括返済をするための方法

返済を早くおこなうためには、毎月の最低返済額だけでなくそれ以外の返済もしていかなければなりません。

その場合都度返済をするのですが、そのときはPay-easyもしくは銀行振り込みで返済をしていくことになります。

また残高を一括返済できるという場合は、まずJ.Scoreのコールセンターに一括返済したい旨を連絡しましょう。

その後J.Scoreの担当者からその日時点での残高を知らされるので、Pay-easyもしくは銀行振り込みで返済をしていきます。

一括返済の場合金利を日割りで計算するので、必ず電話をしてから振り込み対応をしましょう。

どうしても返済が間に合わない時の対処方法

ここまでJ.Scoreの返済方法について解説してきましたが、状況によってはどうしても返済が間に合わないことがありえます。

最後にどうしても返済が間に合わない場合、どのように対応すればいいのか解説していきます。

返済が遅れそうならJ.Score のコールセンターに電話をする

もしJ.Scoreの返済が遅れそうであれば、すぐにJ.Scoreのコールセンターに電話を入れましょう。

まだ返済日がきていなくても、連絡はしておいたほうがいいです。

J.Scoreをはじめとしたカードローン会社は、返済がおこなわれないことが1番のリスクです。

そのため返済日前に連絡があるだけで、印象がかなり違いますね。

今後の返済計画を立てるためにも、返済が遅れるとわかったタイミングで必ず連絡を入れましょう。

ちなみに返済日を過ぎてしまった場合も、連絡は早めに入れましょう。

支払いができない状態だと連絡がしにくいのはわかりますが、連絡をしないと状況はより悪化していきます。

少しでも状況改善をするために、返済が遅れそうもしくは遅れているときは早めに連絡を入れましょう。

今後の返済計画を伝える

返済が遅れそうなときにJ.Scoreに連絡を入れると、担当者が今後の返済について相談に乗ってくれます。

返済が遅れると怒られるイメージがあるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

J.Scoreの立場としても怒ってしまって返済が遅れては利益にならないので、前向きに返済計画を立ててくれます。

私は過去にカードローンの延滞をしていたことがあるのですが

「いつまでであれば支払いができそうですか?」

「支払いが厳しければ、今月は金利分だけの支払いでも大丈夫ですよ。」

といった形で、相談にのってくれます。

利用者が支払いをする意思を見せておけば、J.Scoreもひどい対応はしてきません。

今後のことを考えても支払いをする意思は、電話で伝えておきましょう。

すぐにお金を手に入れるための方法

「返済する意思はあるけど、どうしてもお金がない」

そのような状態であれば、なんとかしてお金を手に入れましょう。

返済日が迫っている場合、下記のような方法があります。

  • 日払いのアルバイトをする
  • 不用品を売る

日払いのアルバイトであれば、1日働けば1万円ほど入手できるアルバイトはたくさんあります。

肉体労働が多いのですが、返済遅れになるくらいであれば1日時間をとって労働しましょう。

返済が間に合わなければ信用情報に傷がついて、長期的な目で見ると生活が大きく変わってしまいます。

そのようなことを考えるとできるだけ早めに返済する手段を考えて、実行に移していきましょう。

J.Score の返済を効率的にしていこう

ここまでJ.Scoreの返済方法について解説してきました。

この記事の内容をまとめると

J.Scoreの返済方法まとめ
  • J.Scoreの返済方法は口座振替・Pay-easy・銀行振り込み
  • 返済方法にはそれぞれメリット・デメリットがある
  • オススメの返済方法は口座振替とPay-easyの併用
  • 返済シミュレーションを活用して早めの完済を目指す
  • どうしても返済が間に合わない場合はコールセンターに電話を入れる
  • 返済できなくても返済する意思を見せることが大切

このような点を伝えてきました。

J.Scoreでは3種類の返済方法がありますが、どの返済方法を選ぶのかで効率的に返済できるかどうかは変わってきます。

またどれだけ返済計画を立てられるかが、返済していくうえではとても大切です。

返済計画をしっかり立てたうえで、効率的な返済をしていきましょう。