J.Score(ジェイスコア)の審査時間はどのくらい?審査基準などもご紹介

J.Score

J.Score(ジェイスコア)の審査時間はどのくらい?審査基準などもご紹介

2017年9月これまでのカードローンとは、全く異なるシステムの「J.Score」という商品がリリースされました。

カードローンの審査内容がこれまでオープンにされることがなかったのですが、J.Scoreでは審査過程をスコア化。

一定のスコアをクリアした人は審査に通過する可能性があり、申し込みが可能という仕組みを作り上げました。

これによって審査落ちしてしまうのに無駄に申し込みをしてしまうケースが減り、今後新たなトレンドになる可能性も秘めています。

こちらの記事では、そんなJ.Scoreの審査について徹底解説!

J.Scoreではどのような審査がおこなわれて、どういう人が審査に合格するのか解説していきます。

J.Score(ジェイスコア)は即日融資可能か?即日成功のコツや特徴などをご紹介
J.Score(ジェイスコア)は、2016年11月にみずほ銀行とソフトバンクが提携した新しい消費者金融です。 多くの質問を答えることでAIが審査を行う「AIスコア」や、これまで積極的に融資を行ってこなかった若者も低金利で利用することが...
プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

J.Score と他のカードローンの審査の違い

まずはJ.Scoreと他のカードローンの審査の違いについて解説していきます。

J.Score はAI診断に基づいてスコア化される

J.Scoreの大きな特徴として、AI診断に基づいたスコア化が挙げられます。

J.Scoreのアプリをダウンロードして、年収や勤務先といった個人情報を入力していくと、トップ画面に現在のスコアというものが表示されます。

このスコアは審査に合格するための指標で、スコアが600点以上だと審査に合格する可能性があるということです。

他のカードローンでは審査に落ちても原因がわかりませんでしたが、J.Scoreの場合審査に落ちるのはスコアが足りなかったから。

原因が明確なので、まずはスコア600点を目指すことになります。

スコアクリア後本審査がおこなわれる

ただしスコアが600点を超えたからといって、必ず審査に通るわけではありません。

スコアが600点を超えると申し込みができるようになりますが、その後本審査を通して合否が最終判断されます。

AIスコアのクリアはいわば仮審査。

スコアクリア後本審査がおこなわれるということです。

最終的には人が合否を決定する

AIスコア診断が話題のJ.Scoreですが、最終的には人が合否を判断しています。

AIスコアは審査に合格させるかどうかの基準の一つ。

まだ細かな分析はできていないようなので、最終的には人がチェックして合否を決めているようですよ。

J.Score の審査基準

それではJ.Scoreでは、どのような審査基準を設けているのでしょうか。

ここからはJ.Scoreの審査基準を紹介していきます。

AIスコア診断で600点以上をとる

J.Scoreの審査に合格するためには、まずAIスコア診断で600点以上をとらなければなりません。

600点以上なければ申し込み自体ができないので、まずは600点をとることが目標です。
ちなみに筆者が

  • 年収400万円
  • 31歳
  • 自営業
  • 未婚
  • 子供なし

上記の条件で入力をしてみたところ、スコアは441点でした。

自営業はカードローンの審査で評価が低いので、あまりスコアが伸びませんでしたね。

それではスコアが足りなかった人は、絶対に審査に合格できないのでしょうか。

情報を入力するとスコアが増えていく

J.Scoreの特徴として、情報を入力するとスコアが増えていきます。

J.Scoreの画面にはスコアアップという項目があり、質問に答えていくとスコアがアップしていきます。

質問は全部で150ほどあるのですが、スコアが上がるので入力していきましょう。

ちなみにすでにスコアをクリアしている人も、質問への回答をオススメします。

J.Scoreのスコアは上がれば上がるほど借入限度額がアップし、金利は下がります。

そのため借り入れの意思があれば、スコアは挙げておいたほうがいいです。

また以下の情報連携はできればしておきましょう。

  • みずほ銀行の口座情報
  • Yahoo!Japanのアカウント
  • ソフトバンクの携帯電話利用情報
  • ワイモバイルの携帯電話利用情報

これらの情報を連携すると、スコアがアップする上に審査でも有利に働きます

入力できる情報はできるだけ入力しておきましょう。

本審査では信用情報がチェックされる

J.Scoreのスコアをクリアすると、本審査に移ります。

本審査では主に信用情報がチェックされます。

信用情報とは、クレジットやローン等の申し込みや契約に関する情報を指します。本人を識別するための情報のほか、クレジットの申込内容や契約内容、支払状況、残高などで構成されており、主にCICに加盟するクレジット会社等から登録された情報になります。
出典:CIC(https://www.cic.co.jp/confidence/intro/basic.html)

スコア診断では他社への借り入れ・返済状況がわかりませんので、本審査の段階では信用情報でこれらの情報をチェックします。

たとえばこの時点で信用情報がブラックなことが判明した場合、どれだけスコアが高くても審査に落ちます。

そのため信用情報はとても大切ですよ。

J.Score の審査についての基本情報

それではJ.Scoreの審査における基本情報を紹介していきます。

審査にかかる時間

J.Scoreの審査にかかる時間は最短30分です。

ここでいう審査にかかる時間と言うのは、本審査に申し込みをしてからの時間のこと。

J.Scoreの場合ダウンロードして情報を入力し、申し込みをするまでに時間がかかるので、実際は最短でも1時間ほどはかかるでしょう。

先ほども紹介しましたが、J.Scoreの場合情報は多く入力しておいて損をすることはありません。

できるだけ情報を入力した後に申し込みをするためにも、時間には余裕をもっておきましょう。

土日に審査は行われるか

J.Scoreは金利も低く、審査も明確なのですが、唯一デメリットがあるとすれば土日に審査がおこなわれない点です。

J.Scoreの営業時間は平日9時~19時のみ。

審査はこの営業時間内でおこなわれるので、土日に申し込みをしたのであれば回答は週明けの月曜日です。

そのため当日中にほしければ、平日18時までには申し込みをしましょう。

平日18時以降の申し込みは翌日に対応になるケースが多いですよ。

即日融資は可能なのか

J.Scoreの審査は最短30分で終了します。

審査で合格となれば登録した銀行口座に振り込みがおこなわれます。

即時振り込み手続きが対応可能な時間は以下の通りです。

  • 平日・・・8時~22時55分
  • 土曜日・・・8時~21時40分
  • 日曜日・・・9時~16時40分
  • 祝日・・・即時振り込み対応不可

上記時間内に振り込み手続きをすれば、数秒後には振り込み手続きがおこなわれます。

そのため平日営業時間内に申し込みをして、審査に合格すれば即日融資が可能ということですね。

2018年から銀行カードローンの即日融資が不可能になったので、現状即日融資が可能なのは消費者金融のみ。

そのようなことを考えると、銀行金利よりも低い金利で即日融資が可能なJ.Scoreはかなり使い勝手がいいですね。

土日は審査ができないので即日融資ができませんが、平日は即日融資ができるのでとても使いやすいですよ。

総量規制は適用されるのか

過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)
出典:日本貸金業協会(https://www.j-fsa.or.jp/association/money_lending/law/)

消費者金融からお金を借りるときは、総量規制という仕組みがポイントになります。

総量規制は年収の3分の1以上のお金が借りられないという仕組み。

つまり年収300万円の人であれば、消費者金融からはあわせて100万円までしか借りられません。

J.Scoreは消費者金融扱いなので、総量規制は適用されます。

そのため借りられる金額には制限があるので、申し込み時には注意しましょう。

ちなみに銀行カードローンは銀行法が適用されるので、総量規制の対象にはなりません。

どうしても総量規制以上にお金を借りたいのであれば、銀行カードローンへの申し込みを検討しましょう。

在籍確認はおこなわれるのか

スマホで申し込みや手続きが完結するJ.Scoreですが、勤務先への在籍確認はおこなわれます。

在籍確認とは申し込み時に記入された勤務先で、その人が本当に働いているかどうか確認するためのもの。

勤務先に電話がかかってきて

「私石井と申しますが、〇〇さんはいらっしゃいますか?」

といった形で在籍しているかどうかの確認がおこなわれます。

このとき

「〇〇ですね。代わりますので少々お待ちください。」

「〇〇はただいま外出しております。」

といった対応がおこなわれれば、会社に在籍しているということになり、在籍確認はクリアです

ちなみに在籍確認がおこなわれるのは本審査時なので、情報を入力しただけでは勤務先に電話はいきません。

J.Scoreはスマホで申し込みができるので便利な反面、嘘の情報を入力することもできてしまいます。

勤務先情報などは返済能力に関わるとても重要な情報なので、そうした情報は人力でコツコツ確認しているようですね。

ジェイスコアの在籍確認はどのように実施する?確実に成功させるための対策も紹介
ジェイスコアでは審査の間に在籍確認を実施しています。 在籍確認ができない場合は審査に落とされる可能性が高く、どれだけスコアが高くても借りられなくなってしまいます。 大きな借入と低金利が期待できるジェイスコアを利用したいなら、まず...

J.Score の審査に合格するためにはどうすればいい?

ここまでJ.Scoreの審査について解説してきましたが、それではJ.Scoreの審査に合格するためには、どのようなことをすればいいのでしょうか。

情報を入力・提携してスコア600点を目指す

J.Scoreの審査に合格するためには、まずAIスコア診断で600点以上を獲得しなければなりません。

勤務先や年収がいい人は個人情報を入力するだけで600点を超えることがありますが、600点を超えない場合、情報を入力して600点越えを目指しましょう。

またみずほ銀行の口座情報など、情報提携ができる場合情報提携はおこないましょう。

情報をすべて入力しても600点を超えない場合、ハビットチェンジに挑戦することもできます。

ハビットチェンジは生活習慣をJ.Scoreに報告することで、スコアをアップさせるというもの

  • 1日8,000歩以上歩く運動習慣
  • 指定の本を読む学習習慣
  • 規則正しい睡眠時間を確認する睡眠習慣
  • 毎日の支出と自己投資に充てるお金を計算するお金の習慣

この4項目に登録し、実際に継続するとスコアがアップします。

ハビットチェンジによるスコアアップは、その人の人間性を見ることが目的です。

規則正しい生活を送っている人は収入もアップしやすいことから、こうした項目を設けているのでしょう。

自身の勉強にもなるので、スコアが足りていない人はハビットチェンジをしてみましょう。

信用情報をきれいな状態にする

J.ScoreではAIスコア診断で600点以上を出しても、本審査に合格しなければなりません。

本審査で重要なポイントになるのが信用情報。

信用情報にはさまざまな項目がありますが、重要なのは以下のポイント。

  • 他のカードローンやクレジットカードの支払いが遅延していないかどうか
  • 他社からの借り入れがどのくらいあるのか
  • 過去に債務整理や自己破産をした経験があるか

返済が遅れている情報は信用情報を見れば一発でわかるので、とても重要な情報です。

そのため他社への支払いもしっかり期日通りにおこない、信用情報はきれいな状態を保ちましょう。

また意外と知られていませんが、携帯電話の本体代も信用情報に載っています。

携帯電話の本体を分割購入することは一般的ですが、これはローンを組んでいるということ。

本体代は携帯電話代金の支払いと一緒に決済されるので、携帯電話の支払いが遅れると信用情報に遅延記録が残ります。

携帯電話の支払いが遅れたことが原因で信用情報に傷がつくことがあるので、注意が必要ですよ。

個人の属性をアップさせる

J.Scoreの審査では、個人の属性が非常に大切です。

属性とは勤務先や年収に関すること。

  • 勤務先が大企業である
  • 勤務歴が長い
  • 正社員である
  • 年収が高い

こうした情報は、J.Scoreでのスコアにプラスで反映されます。

J.Scoreをはじめとしたカードローンは、返済が数年に及ぶことがほとんど。

そのため収入が安定しているかどうかは、とても重要な要素になります。

働いている会社が大企業であれば潰れる可能性は低いですし、クビにもなりにくいと判断されます。

もし個人の属性がアップできるのであれば、アップしておいた方がJ.Scoreの審査では有利に働きますよ。

J.Score(ジェイスコア)の点数を上げるには何をすればいい?質問内容なども紹介
2017年9月みずほ銀行とソフトバンクが共同出資して、J.Scoreという消費者金融が誕生しました。 みずほ銀行の銀行としてのノウハウと、ソフトバンクのIT技術が融合して誕生したJ.Scoreは、新たな審査システムを導入していることが...

J.Score の審査は甘いのか?実際に審査を受けてみた

ここまでJ.Scoreの審査について解説してきましたが、実際に審査を受けてみるとどのような判定がされるのでしょうか。

J.Scoreの審査について実体験を書かせていただきます。

審査基準は他のカードローン会社とあまり変わらなさそう

筆者が実際にJ.Scoreに情報を入力したところ、はじめのスコアは441点でした。

自営業で年収400万円と決して高くないので、スコアはこれくらいかなと思います。

その後質問に答えていくとスコアが徐々に上昇し、最終的には480点まで上昇。

情報提携はYahoo!Japanしかできなかったので、人によってはもう少しあげられるかもしれません。

これ以上スコアを上げるためにはハビットチェンジをしなければならないので、筆者の場合すぐ融資を受けることは難しそうです。

そのようなことを考えると、J.Scoreの審査基準は他のカードローン会社とあまり変わらなさそうだなというのが感想です。

他の方のスコアを見るとサラリーマンで収入が安定している人は、スコアが高くなる傾向のようです。

J.Scoreも他のカードローン会社と同様、収入が安定している人が審査に通りやすい傾向にありそうです。

審査は決して甘くない

また今回データを入力してみて、J.Scoreの審査は決して甘くないと思いました。

同様の条件をアコムの3秒診断に入力したところ、アコムでの判定は「お借入できる可能性が高いです。」

J.Scoreの場合スコアが600に達しないので、申し込みをすることもできません。

このことからJ.Scoreの審査基準は、他社に比べるとむしろ厳しいといえるでしょう。

J.Scoreの知名度はまだありませんが、金利が低く人気があります。

そのため審査基準を高く設けているようですね。

J.Scoreの審査に申し込みをする人は、審査は決して甘くないことを念頭に置いておきましょう。

スコアが出るので判断がしやすい

J.Scoreの審査は決して甘くないという結論ですが、J.Scoreはスコアが出るので審査に合格するかどうかがわかりやすい点が大きなメリット。

カードローンへの申し込み履歴も信用情報に残ります。

あまり申し込み履歴が多いと申し込みブラックと言って、審査に落ちてしまう可能性が高くなってしまいます。

そのため申し込み前に審査の合否がある程度わかる点は、J.Scoreのいい点ではないでしょうか。

また繰り返しになりますが、J.Scoreの審査は決して甘くありません。

もしJ.Scoreに情報を登録してスコアが足りなくても、他のカードローンであれば審査に合格する可能性は十分にあります。

そのためどうしてもお金を借りたいのであれば、J.Scoreの審査に落ちてしまった場合他のカードローンへの申し込みを検討してみましょう。

J.Score の審査に申し込みをしてみよう

ここまでJ.Scoreの審査について解説してきました。
これまでの内容をまとめると下記といった内容です。

  • J.Scoreは消費者金融の一社
  • J.ScoreはAIスコア診断で600点以上をクリアすると申し込みができる
  • 情報を入力するとスコアがアップする
  • J.Scoreは平日であれば即日融資が可能
  • J.Scoreの審査は決して甘くない。むしろ厳しい部類

J.Scoreは審査がスコア化されるので、審査に受かるかどうか一目でわかります。

そのためJ.Scoreに申し込みをしようと思っている人は、まずJ.Scoreをダウンロードして情報を入力してみましょう。

そのうえで自分のスコアを確認して、審査に合格するかどうか確認してみましょう。

J.Score(ジェイスコア)のログインしてできることは?
AIでスコアを算出し、審査をおこなうJ.Scoreは、新たな時代のカードローンとして注目されています。 そんなJ.Scoreの特徴と言えるのが、会員登録後に算出されるスコア。 スコアをもとに審査をおこなうので、J.Scoreの中...