神奈川銀行カードローンの審査申し込み方法は?即日は可能?

地方銀行カードローン

今回は横浜市を中心に店舗展開をしている「神奈川銀行カードローン」について詳しく解説していきます。

神奈川銀行にはカードローンやフリーローンなど、さまざまな個人向け融資の商品が用意されています。

そのなかでも神奈川銀行カードローン「マイサポート」は比較的限度額も手頃で金利も低く、非常に利用しやすいカードローンです。

この記事では神奈川銀行カードローン「マイサポート」の基本的なスペックに加え、申し込み手続きの流れや即日融資が可能なのか、という点についても詳しく見ていきます。

<この記事はこんな人におすすめ>

  • 神奈川銀行カードローンマイサポートの基本的なスペックを知っておきたい人
  • 神奈川銀行カードローンマイサポートの申し込み手続きの流れを知りたい人
  • 神奈川銀行カードローンマイサポートでは即日融資が可能なのか詳しく知っておきたい人
銀行カードローンの審査基準は?審査に通過するためのコツも解説
銀行カードローンの利用を検討しようにも、審査はどのように行われるのかなど気になりますよね。 できるだけ審査落ちしてしまうことを防ぐためにも、あらかじめ銀行カードローンの審査基準を把握しておいて、対策しておきたいところです。 しか...

神奈川銀行カードローンの基本スペック

まず、神奈川銀行カードローン「マイサポート」の金利や限度額など、基本的なスペックから見ていきましょう。

金利と限度額

一般的な銀行カードローンの限度額は300~500万円で設定されているところが多く、なかには1,000万円という高い限度額を設定している銀行もあります。

そのようななか、神奈川銀行カードローン「マイサポート」の限度額は、最高でも100万円までとなっていますので、限度額だけを見るとほかの銀行カードローンよりも見劣りしてしまいます。

<神奈川銀行カードローンマイサポートの基本スペック>

限度額 100万円まで
金利 年率7.30%~11.30%

一方、金利を見ると「上限金利11.3%」と非常に低く、大手銀行カードローンの上限金利である14%台と比較しても十分メリットがある銀行カードローンと言えます。

ちなみに「マイサポートは限度額が100万円まで」ということを触れましたが、一般的に銀行カードローンをはじめて契約する場合は、年収の10%~15%までの限度額が設定されます。

したがって、いくら300万円や500万円など高い限度額が設定されていたとしても、実際に最高限度額で融資を受けられるケースはほとんどありません。

高い限度額で利用できるのは、カードローンの利用を何年も続けている収入が高い一部の人に限られます。

また、銀行カードローンは総量規制の対象ではないため「年収の三分の一以上でも借り入れができる」と言われていますが、最近では銀行カードローンの融資に関し、金融庁が過剰な融資をしないよう指導していますので、「借り入れは年収の二分の一まで」という自主規制を設けている銀行もあります。

したがって、仮に500万円の限度額を設定してもらえる銀行カードローンでも、最高限度額で利用するためには年収が1,000万以上ないと審査通過できないことになります。

以上のことを考えると、100万円の限度額はある意味現実的と言えるでしょう。

金利が下がる仕組み

神奈川銀行カードローンマイサポートの上限金利は11.3%ですが、神奈川銀行と普段取り引きをしている場合は、さらに金利優遇措置を受けることができます。

神奈川銀行カードローン「マイサポート」で金利優遇措置を受けるためには、下記の取引状況の項目に該当している必要がありますが、ひとつでも該当する場合は金利が0.5%下がるようになっています。

ただし、以下項目で複数の該当があったとしても、最大の金利引き下げ幅は「4%」となります。

<金利優遇措置が受けられる取り引き一覧>

取引状況 金利引下げ幅(左記条件が複数該当しても、引き下げ幅は最大4.0%)
給与振込 ▲0.5%
年金振込
公共料金(2種類以上)の引き落とし
クレジットカード引落し
ダイレクトバンキング取引
貸金庫取引
月額1万円以上の積立定期預金
定期預金500千円以上の取引
保険商品の成約
100万円以上の投資型商品成約

利用できる人の条件

つぎに、神奈川銀行カードローンマイサポートに申し込める人の条件についても見ていきましょう。

以下が利用できる人の条件を一覧にしたものです。

収入条件のところで「安定した収入があること」という条件があるのは、どのカードローンでも同じですが、神奈川銀行カードローンマイサポートには「前年度の税込年収が180万円以上あること」という条件が設定されています。

神奈川銀行カードローン「マイサポート」は、パートやアルバイトをしている人でも申し込みが可能です。

しかし、フルタイムで仕事をしておらず、年収が180万円に満たないパート社員などの場合は、審査落ちしてしまうことになります。

また、申し込みの条件として「神奈川銀行の営業エリア内に住んでいる、または勤務地が同エリア内にあること」という項目も満たしている必要があります。

三井住友銀行や三菱UFJ銀行、さらにはみずほ銀行などの大手銀行などの場合は特に居住地エリアは指定されませんが、神奈川銀行カードローンは居住地域や勤務地が限定されてしまうため、申し込める人は限られてきます。

<条件一覧>

年齢 申し込み時満20歳以上、60歳以下であること
※契約期限日現在で、満65歳を超える場合は更新不可
収入 前年度税込み年収が180万円以上で、安定した収入があること
居住エリア 神奈川銀行の営業エリアに住んでいること
保証会社 保証会社である「株式会社かんそうしん」の保証を受けられること

申し込み可能エリア

参考までに、神奈川銀行のカードローンに申し込める人の指定エリアを一覧表にしていますので、参考にしていただければと思います。

下記のエリアに住んでいる、または勤務地が下記エリアにあるという方以外は、申し込んでも審査受付はしてもらえないことになります。

居住・勤務区域
横浜地区 横浜市
川崎地区 川崎市
横須賀三浦地区 横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町
県央地区 相模原市、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村
湘南地区 平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町
県西地区 小田原市

どんな人に向いている?

以上が、神奈川銀行カードローンマイサポートの基本的な概要です。

では、ここまでの情報をふまえ、神奈川銀行カードローン「マイサポート」はどんな人に向いているのか、いくつかのポイントを整理してみたいと思います。

小口融資を希望している人

さきほどもお伝えしたとおり、神奈川銀行カードローン「マイサポート」の限度額は、最高でも100万円までとなっています。

限度額が少ない…という点をデメリットととらえる方もいますが、なかには「限度額が増えると借り過ぎてしまい返済ができなくなる」という人もいます。

そういう意味では、できるだけ低い限度額で堅実にカードローンを利用したいという人にとっては、おすすめのカードローンといえます。

神奈川銀行と普段取引をしている人

神奈川銀行カードローン「マイサポート」は、神奈川銀行と取り引きをすればするほど金利が下がる仕組みになっています。

金利が下がる人の条件はさきほどお伝えしたとおりですが、給与振込や積立預金をするだけでも0.5%ずつ金利が下がっていきますので、長年神奈川銀行と取り引きをしていて、メインバンクとして利用しているという人にとっては最適なカードローンといえます。

他社借り入れが少ない人

銀行カードローンは総量規制の影響は受けないため限度額は高めに設定されるケースが多いのですが、審査基準は消費者金融カードローンより厳しい傾向にあります。

そのため、他社銀行カードローンや消費者金融で多額の借り入れをしている人が神奈川銀行カードローン「マイサポート」に申し込んだ場合は、審査落ちしてしまう可能性が高くなります。

この点を考えると、神奈川銀行カードローン「マイサポート」に向いている人は「他社カードローンで借り入れがない、または借り入れがあったとしても少ない金額しか借りていない人」ということになります。

神奈川銀行カードローン「マイサポート」が優れている点

さらに、上記の基本的なスペックをもう一度整理し、神奈川銀行カードローンマイサポートは、ほかの銀行カードローンと比較してどのような点が優れているのか、整理してみましょう。

金利が低め

この点は繰り返しになりますが、神奈川銀行カードローンマイサポートの上限金利は大手銀行のカードローン上限金利14%台と比較しても「3%前後金利が低い」というメリットがあります。

さらに給与振込などで金利優遇措置を受けられる人の場合、10%未満の金利でカードローンが利用できるケースもありますので、毎月の金利負担がとても低くなります。

たとえば、神奈川銀行カードローンマイサポートで金利9%で借りた場合と、金利18%の消費者金融カードローンとを比較すると、金利負担の差は以下のとおりとなります。

<金利18%と金利9%のカードローンで、50万円を1ヶ月間借りた場合の利息の比較>

  • 金利18%の場合…1ヶ月の利息は約7,400円
  • 金利9%の場合…1ヶ月の利息は約3,700円

手数料が安いので借り入れや返済がしやすい

このあと返済方法についても触れますが、神奈川銀行カードローンマイサポートは指定日の返済日以外でもATMからの随時返済ができます。

これは神奈川銀行カードローンだけに限ったことではありませんが、随時返済が手軽にできるカードローンは残高を早く減らすことができますので、完済までのスピードを早めることが可能です。

即日融資は不可

上記のとおり、神奈川銀行カードローン「マイサポート」は非常に利用しやすいカードローンですが、残念ながら「即日融資をしてもらえない」というデメリットがあります。

下記で申し込みから借り入れまでの流れについて解説していますが、神奈川銀行カードローン「マイサポート」は、かならず店頭契約が必要となります。

店頭契約が必須となると土日祝日は契約が出来ませんし、店頭に行ける時間も限られてしまいますので、実際には申し込みから融資までには2週間前後かかることも考えられます。

また、2018年1月からは銀行融資に際し「銀行は利用者が反社会勢力でないかの確認をすること」という義務が発生しています。

反社会勢力かどうかは警察庁データベースで確認されるわけですが、この確認には通常1~2日程度かかるため、結局のところ申し込みから審査回答までには「2日前後かかる」と思ったほうがいいでしょう。

申し込みから借り入れまでの流れ

ここからは神奈川銀行カードローンの申し込みから借り入れまでの流れについて、詳しく解説していきたいと思います。

1.必要書類を用意する

神奈川銀行カードローンマイサポートに申し込むためには、まず以下の必要書類を用意しておく必要があります。

本人確認資料 公的証明書(運転免許証・パスポート等)または健康保険証など
収入証明書
(申込極度額50万円超の場合)
公的証明書(課税証明書等または源泉徴収票など

なお、収入証明書類は「申し込み時の限度額が50万円を超える場合のみ」となっていますので、それ以下の限度額を希望する人は特に用意する必要はありません。

ただし、審査の結果次第では限度額が少なくても収入証明書の提出を求められるケースがありますので、とくに審査を急いでいる人などは、念のために収入証明書類も用意しておいた方がいいでしょう。

なお、これらの必要書類は「最新のものを必ず用意する」ということが大切です。

たとえば、運転免許証を用意する場合は、実際に住んでいる住所と運転免許証に記載されている住所が同じでないと審査は受け付けてもらえませんので、引っ越した直後で運転免許証の住所が古い場合は必ず更新してから申し込むようにしてください。

また、収入証明書を用意する場合も、かならず前年度の収入を証明する書類を用意する必要があります。

源泉徴収票については勤務先から発行してもらうのに時間がかかるケースがありますし、課税証明書などは市役所に行かないと発行してもらえません。

いずれの場合も申し込みに余裕を持って、事前に準備しておくことが重要です。

2.インターネットから申し込む

必要書類が用意できたら、神奈川銀行の公式サイトから申し込みをスタートさせます。

申し込み入力にあたっては、本人情報はもちろん勤務先の情報や他社借り入れ状況など、さまざまな項目を入力する必要があります。

勤務先の住所や電話番号などについては、覚えていない場合もありますので、事前にメモなどで控えてから申し込むことをおすすめします。

そのほかの申し込み方法

なお、インターネットでの申し込み方法がよく分からないという場合や、スタッフに相談しながら手続きを進めたいという方は、神奈川銀行の店頭やローンプラザでも手続きが可能です。

3.審査

インターネットでの申し込みが終われば、神奈川銀行と保証会社による審査が行われます。

審査では、おもに以下の点がチェックされます。

  • 神奈川銀行カードローンマイサポートの申し込み条件をすべてクリアしているか?
  • 本人に安定した収入があり返済能力があるか?
  • 他社借り入れがある場合、過剰な借り入れや延滞をしていないか?
  • 過去に任意整理や自己破産などの債務整理をした履歴はないか?

なお、本人の返済能力を確認するために、保証会社は信用情報機関に利用者の情報を照会します。

さらに、審査の結果次第では申告した勤務先に本当に勤めているかどうか、勤務先に電話をして確認をします。

これを「在籍確認」と言いますが、在籍確認では個人名で電話をしてきてくれますし、カードローンの利用について明かされることはありません。

ただ、普段個人名の電話がかかってこないような職場だと、逆に怪しまれる可能性もあります。

そのような場合は、「銀行にマイカーローンを申し込んだから在籍確認の電話があるかも」ということを同僚に伝えておき、協力を仰いでおくことをおすすめします。

4.借り入れ

すべての審査手続きが完了し無事審査に通過できれば、最寄りの神奈川銀行の店頭で正式契約を済ませる必要があります。

そのあと、自宅に専用のローンカードが到着し、そのカードでATMからキャッシングをするという流れになります。

返済方法

マイサポートの返済は、極度額が50万円を超えるかどうかで毎月の返済額が変わってきます。

  • 極度額50万円を超える場合…毎月15,000円の定額返済
  • 極度額50万円以下の場合…毎月10,000円の定額返済

返済方式については、毎月指定日に口座引き落としで返済することになります、さきほども触れたとおり専用のローンカードで随時返済をすることも可能です。

こんな人は審査に時間がかかる

ここまで、神奈川銀行カードローン「マイサポート」の基本的なスペックや手続きの流れ、そして審査で見られるポイントなどを詳しくご紹介しました。

ここからは「できるだけ早く審査結果を知りたい」という人のために、審査に時間がかかる人の特徴をいくつかご紹介しておきたいと思います。

夜間や休日に申し込む

神奈川銀行カードローンマイサポートの審査は銀行と保証会社がおこないますが、土日や夜間の審査はおこなわれません。

したがって、平日の夜間や土日祝日にインターネットから申し込んでも、実際に審査がスタートするのは銀行の翌営業日ということになります。

そのため金曜日の夜に申し込むような人は、審査回答まで最低でも2日程度時間を要することになります。

勤務先が休みのときに申し込む

さきほど「勤務先に在籍確認がある可能性」についてふれましたが、勤務先が休業しているときに申し込むと、在籍確認にも時間がかかることになります。

そのため、平日の月曜日から金曜日まで営業しているような会社に勤めている場合は、できるかぎり週はじめの平日の「午前中」に申し込みをスタートさせることをおすすめします。

書類不備が多い

カードローンの申し込みには本人確認書類や収入証明書類の提出が必要となりますが、原本ではなくコピーを提出することになります。

ただ、書類をコピーしたときに文字が不鮮明だったり、必要なところがコピーされていないというケースが発生すると、審査にとても時間がかかってしまいます。

また繰り返しになりますが、本人確認書類の住所が古かったり収入証明書類に勤務先名がきちんと明記されていないような場合も、審査に時間がかかりますので注意が必要です。

おすすめの即日融資カードローン

最後に、最速で融資を受けられる可能性の高いカードローンもいくつかご紹介しておきます。

今回ご紹介するのはふたつとも消費者金融カードローンとなりますが「銀行カードローンよりも消費者金融の方がイメージが悪い」という方も多いかもしれません。

ただ「申込みから融資までのスピード」という点で言えば、消費者金融の右に出るカードローンはありません。

とにかく融資を急いでいる…というイメージにとらわれることなく、はじめから大手消費者金融に申し込んだ方が何かと便利です。

プロミス

大手消費者金融のプロミスはCMでも有名ですが、プロミスのアプリローンを使って申し込むと最速で融資を受けることができます。

プロミスアプリローンなら、アプリひとつで店頭に行かなくても申し込みから契約まで手続きが可能ですし、カードが発行されなくてもアプリでセブンイレブンのATMからキャッシングが可能です。

したがって、在籍確認が完了できる時間帯であれば、申し込みから最短1時間程度で現金を手に入れられます。

プロミスの即日融資は何時まで?最短10秒で即日融資を行う方法や口コミも解説
冠婚葬祭や病気など、急にまとまったお金が必要になることが必要になったとき、金額が大きければ大きいほど親や友人には借りにくいですよね。 金の切れ目が縁の切れ目とも言いますし…周囲の人間とは金銭問題のトラブルを避けるためにも、お金の貸し借...

レイクALSA

レイクALSAなら、5万円までのキャッシングが180日間無利息となりますので「できるだけ少額を借りてはやめに返済したい」という人にとっては、最適なカードローンといえます。

また、レイクALSAには全国各地に無人契約機があります。

無人契約機で申し込めば、申し込みから必要書類の提出までの手続きが一度で済みますし、最短1時間程度でカードを発行してもらうことも可能です。

また、ローソンやファミリーマートなどの提携ATMからキャッシングや返済をする場合でも、利用手数料がかかりませんので無駄なお金を払う必要もありません。

レイクALSAの即日融資可能時間は?
レイクALSAは即日融資に対応しています。 誰でも絶対即日融資が可能というわけではありません。 即日融資を行うには、即日融資の実施時間内に申込む必要がありますし、利用条件をクリアしている必要があります。 今回は、レイクAL...

神奈川銀行カードローンまとめ

神奈川銀行カードローン「マイサポート」は上限金利が非常に低く、とても手軽に利用できるカードローンのひとつです。

ただ、申し込める人の居住エリアが限定されていたり、契約時に必ず店頭に行く必要があるなど、手続きに面倒な点がいくつかあります。

カードローンを選ぶ際、「スピードを求める人」や「金利や限度額などのスペックを追求したい人」など、さまざまな人がいると思います。

カードローン選びで迷った場合は、カードローンに求める条件で重視したい点はなにか?という点をよく見極めたうえで、自分にあったカードローンを選ぶことが大切です。

銀行カードローンがなにかと安心だから…というイメージだけではなく、消費者金融カードローンにも視野を広げて検討してみるのもありかもしれませんね。

銀行カードローンの審査は甘いの?審査に通りやすくするには
銀行カードローンを利用するには、審査に通過する必要があります。必ず審査に通過するためにも、審査が甘い銀行カードローンを利用したいですよね 審査が甘いにも、人によって定義が異なると思います。 審査が甘い銀行カードローンを探す人には...