みなと銀行カードローン「Qポートネオ」の審査申し込み方法は?即日は可能?

地方銀行カードローン

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」は、短時間で契約できる可能性を持つカードローンです。

ただ、即日融資が受けられるわけではないため、即日で借りられるというイメージは持たないほうがいいでしょう。

また、みなと銀行カードローン「Qポートネオ」を利用する際は、しっかりと申込内容や利用条件を確認しておきましょう。

ここではみなと銀行カードローン「Qポートネオ」について説明します。

銀行カードローンの審査基準は?審査に通過するためのコツも解説
銀行カードローンの利用を検討しようにも、審査はどのように行われるのかなど気になりますよね。 できるだけ審査落ちしてしまうことを防ぐためにも、あらかじめ銀行カードローンの審査基準を把握しておいて、対策しておきたいところです。 しか...

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」の基本情報

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」の基本情報は以下の通りです。

限度額 10万円~800万円
金利 4.5%~14.0%
担保・保証人 不要
保証会社 SMBCコンシューマーファイナンス(株)
即日融資 不可
口座開設 必要

以上がみなと銀行カードローン「Qポートネオ」の基本情報です。

高い限度額が狙えるカードローンですが、金利面ではそこまで低い商品ではありません。

また、口座開設をしなくても契約できるカードローンです。

口座を必要としていない人には、みなと銀行カードローン「Qポートネオ」は契約しやすいでしょう。

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」を利用する条件

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」を利用する条件は以下の通りです。

  • 安定した収入を確保している人
  • 年齢が20歳以上65歳以下の人
  • 保証会社の保証を受けられる人
  • 日本国籍、または永住権を保有している外国人

以上の条件を満たさなければなりません。

自分が条件を満たしているか、しっかりと確認しておきましょう。

ここからはみなと銀行カードローン「Qポートネオ」を利用する条件について説明します。

安定した収入を確保している人

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」は、安定した収入を確保しなければ、審査を通過できません。

毎月の収入が安定していない限り、返済がしっかりできないと判断されているのです。

毎月の収入を安定させ、さらに限度額に応じて必要な収入を増やす必要があります。

あまりにも無理な限度額を設定しないように心がけるほか、安定して毎月の収入を得るようにしましょう。

年齢が20歳以上65歳以下の人

年齢が20歳以上、65歳以下の人のみ、みなと銀行カードローン「Qポートネオ」は利用できます。

利用できる年齢はしっかりと確認しておきましょう。

特に高齢の人、学生の人は年齢を確認しておくと安心です。

年齢制限に引っかかっている場合は、審査をせずに審査落ちの連絡が入ります。

保証会社の保証を受けられる人

SMBCコンシューマーファイナンスが審査を実施し、その審査に問題がないと判断されなければなりません。

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」は、SMBCコンシューマーファイナンスが審査を担当しています。

この審査を通過しない限り、保証会社が保証できないと判断し、審査に落とされてしまうのです。

必ず保証会社の審査を通過するように心がけておきましょう。

また、保証会社の審査基準は、みなと銀行カードローン「Qポートネオ」に合わせて実施されます。

消費者金融のプロミスだと思わないように、しっかりと申込内容を整えましょう。

日本国籍、または永住権を保有している外国人

日本国籍を持っている人、または永住権を取得している外国人に限り、みなと銀行カードローン「Qポートネオ」は利用できます。

国籍が日本以外で、永住権を取得していない外国人は、申し込むと審査に落とされてしまいます。

必要な手続きを済ませてから、みなと銀行カードローン「Qポートネオ」へ申し込むように心がけてください。

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」は即日融資ができるのか

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」は、即日融資を受けられないカードローンです。

即日で借りられると思っている人は、そのイメージを捨ててください。

審査に必要な時間がある程度必要で、その後の契約についてもある程度時間がかかります。

契約が完了するまでに、ある程度の時間を取らなければならないと判断しましょう。

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」で融資を受けるまでの時間は?

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」で融資を受ける場合、最短でも1週間程度の時間が必要です。

素早く手続きを完了させれば、カードローン発行までの時間を短縮させ、1週間以内で融資を受ける方法もあります。

しかし、審査に時間がかかっている場合、契約の書類を送付するまでに時間がかかった場合は、2週間以上の時間を取られてしまいます。

審査は翌営業日に完了しますが、審査に落とされる可能性があると、余計な時間がかかってしまう点に気を付けてください。

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」の審査基準は?

考える女性

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」の審査基準は、限度額が高くなればなるほど厳しくなっていきます。

限度額が高くなっていくと、同時に金利が引き下げられ、審査を通過するのが難しくなっていくのです。

低金利で借りる場合は、審査を通過する対策をしっかり練っておかないと、審査落ちとなる場合があります。

また、みなと銀行カードローン「Qポートネオ」は、限度額ごとに金利が設定されるカードローンです。

自分の収入で得られる限度額、そしてその時の金利がどれくらい低いのか、しっかりと確認しておきましょう。

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」の審査を通過するコツ

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」の審査を通過するために、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 収入を増やす
  • 希望限度額を下げる
  • 他社借入を作らない
  • 信用情報を整える

以上のポイントを押さえると審査を通過しやすくなります。

審査通過のために、審査に関わる要素はすべて改善させておきましょう。

ここからはみなと銀行カードローン「Qポートネオ」で審査を通過するコツを紹介します。

収入を増やす

収入を増やすだけで、みなと銀行カードローン「Qポートネオ」の審査は通過しやすくなります。

収入が増えると、それだけ返済できる能力が上昇します。

返済能力が高まれば、審査を通過できる可能性はかなり高くなるのです。

ただ、他社借入等によって、収入を増やしても審査にいい影響がない場合もあります。

その場合は、収入を増やす以外に必要な要素をしっかりと整えておきましょう。

希望限度額を下げる

希望している限度額を下げて、より審査を通過しやすい状況にします。

審査を通過するためには、希望している限度額に対して、収入で返済できる状況が求められます。

しかし、限度額が高すぎると、持っている収入では返済できないと判断され、審査に落とされてしまうのです。

限度額を下げると、持っている収入で返済しやすくなり、審査を通過できます。

できる限り、最初のうちは希望する限度額を抑えておきましょう。

なお、みなと銀行カードローン「Qポートネオ」は、増額審査を受ければ後から限度額は増やせるようにしています。

他社借入を作らない

他社借入を持たないようにしましょう。

他社借入を持っているだけで、返済能力が不足していると判断され、信用がなくなってしまいます。

特にプロミスから借りている人は要注意です。

保証会社である、SMBCコンシューマーファイナンスから借りていると、審査はさらに厳しくなっていきます。

借りている会社などもしっかり把握して、他社借入を早期に返済するように心がけましょう。

同時に返済能力を高めるために、収入を増やすなどの対策も一緒に取っておきましょう。

信用情報を整える

信用情報に問題があると、審査に落とされてしまいます。

過去の借入情報などが影響し、審査に落とされる問題は避けてください。

過去の問題がわかっている時は、審査を受けないように心がけ、情報の改善を待ちましょう。

一方で、過去の情報がわからない時は、念のため信用情報を自分で確認しておくと安心です。

お金を払う負担はありますが、自分の信用情報がわかるだけでも、審査を通過できるかどうかの判断ができます。

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」の申込方法

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」の申込方法は以下の通りです。

  • WEB
  • FAX
  • 電話
  • 郵便

以上の方法に対応しています。

申込方法が多くなっているのは、ネットを利用できない高齢者も安心です。

ただ、FAXと電話は、利用できる時間が限られているため注意が必要です。

また、郵送の場合は、みなと銀行に届かない限り、審査等の手続きが始まりません。

余計な時間がかかってしまうため、ゆっくりと待てる場合に利用してください。

申込後は仮審査を経て、契約という流れになります。

契約は郵送で実施されますので、来店する必要はありません。

ただ、郵送を活用する関係で、どうしても契約までに時間はかかります。

早期の契約ができない可能性もしっかりと考えておきましょう。

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」の借入方法

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」はATMで借り入れます。

対応しているATMは以下の通りです。

  • みなと銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • イオンATM
  • コンビニATM

以上のATMに対応しています。

対応しているATMが多く、様々な場所で借りられる良さを持っています。

借りたいと考えている場合は、対応しているATMへ移動し、手続きを済ませてください。

また、返済も提携先のATMで可能となっています。

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」の返済方法

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」の返済方法は、ATMで実施します。

多くのカードローンが利用している、口座引き落としは採用していません。

毎月の返済は自分で実施する点に気を付けておきましょう。

返済日は毎月7日で、前月25日~7日の間で返済手続きを済ませなければなりません。

この期間の間に返済ができていない場合は、最終的に遅延損害金の対象となります。

また、返済期間以外でお金を返した場合は、随時返済として扱われます。

随時返済は、本来の返済とは別にお金を返せるメリットを持っています。

ただ、返済期間を間違えてしまい、約定返済として扱われない恐れもあるため、気を付けて返済を続ける必要があります。

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」の審査に落とされたときの対処法

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」の審査に落とされた場合は、以下の方法を取るといいでしょう。

  • より審査の甘いカードローンを狙う
  • 消費者金融へ申し込む
  • 半年以上の期間を設けて申込内容を改善させる

以上の方法を取ると、お金を借りられる可能性があります。

審査基準を下げるなどして、より借りやすい会社を検討しましょう。

ここからはみなと銀行カードローン「Qポートネオ」の審査に落とされた際の対処法を説明します。

より審査の甘いカードローンを狙う

より審査の甘いカードローンへ申し込み、審査を通過します。

カードローンの中には、金利が高く設定されている関係で、審査を通過しやすい会社もあります。

こうした審査を通過しやすい会社を狙えば、みなと銀行カードローン「Qポートネオ」の審査に落とされても借りられます。

狙い目は金利が高く、審査基準が比較的甘いネット銀行のカードローンです。

消費者金融へ申し込む

消費者金融を利用すれば、審査を通過できる可能性が高まります。

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」の審査に落とされても、同じ条件で審査を通過できる可能性があります。

ただ、金利が高くなるほか、場合によっては信用に影響する恐れもあります。

本当に契約してもいいのか、しっかりと考えておきましょう。

半年以上の期間を設けて申込内容を改善させる

どうしてもみなと銀行カードローン「Qポートネオ」と契約したい場合は、半年以上の期間を空け、しっかりと情報を改善させます。

安心して契約できる状況を作るまで、ゆっくりと時間を使い、属性の改善を図りましょう。

情報が改善されていれば、審査を通過できる可能性は高くなります。

ただ、半年以内にもう1度申し込んでしまうと、審査に落とされやすくなってしまいます。

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」は契約までが早いカードローン

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」は、早く審査が完了するカードローンです。

一方で、審査を通過した後、郵送による契約で時間がかかります。

ある程度の余裕を持ち、お金を借りやすくするといいでしょう。

また、審査を通過するために必要な要素など、事前に調べておくと安心です。

銀行カードローンの審査は甘いの?審査に通りやすくするには
銀行カードローンを利用するには、審査に通過する必要があります。必ず審査に通過するためにも、審査が甘い銀行カードローンを利用したいですよね 審査が甘いにも、人によって定義が異なると思います。 審査が甘い銀行カードローンを探す人には...