三井住友銀行カードローンで即日融資は出来ない?最短で融資を受ける方法

三井住友銀行,即日 三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンで即日融資は出来ない?最短で融資を受けるには?

「どうしても今日中にお金を借りたい!だけど、サラ金はなんだか抵抗がある…」

そんな方にオススメなのは銀行カードローン。低金利で、かつメガバンクであり安心感はピカイチです。

しかし銀行カードローンと言えば、時間がかかるイメージですよね。

銀行によっては即日融資可能などと謳っているところもありますが、実際に三井住友銀行カードローンは即日融資が可能なのでしょうか?

そこで今回は三井住友銀行カードローンについて下記のポイントを詳しく解説していきます!

この記事で分かること
  • 三井住友銀行カードローンの即日融資は可能であるのか?
  • 融資までの時間を短縮する方法は?
アコム
アコム
おすすめポイント
  • はじめての方は30日間無利息!
  • 最短30分での審査回答が可!
  • 借入が可能かスグ分かる「3秒診断」機能あり
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
1~800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短即日
公式サイトはこちら

三井住友銀行カードローンの基本情報

金利4.0%~14.5%
融資額10万円~800万円
必要書類本人確認書類・収入証明書
返済方式残高スライド式方式
返済期間・回数最終借入日から最長9年7ヵ月・1回~100回
遅延損害金(年率)19.94%
担保・連帯保証人不要

三井住友銀行カードローンは即日融資できない

現在、三井住友銀行カードローンは、即日融資の対応を行っていません。

2018年1月以降から銀行カードローンの即日融資が停止されました。

これまでは銀行カードローンでも即日融資を推奨し、カードローン利用者を増やしていましたが、メガバンクなどを中心に自粛を行うようになりました。

金融業界では反社会的勢力関係者との関係性を断つことを宣言していますが、審査の段階では反社会的組織であることを隠し通り抜けることができます。

そのため審査時に判断が出来かね、きちんと審査時に取捨選択が出来ていませんでした。

しかし2018年1月から審査時に警視庁のデータベースと照合のステップが追加され、そちらに日数が費やされることで、即日融資が物理的に不可に。

まだ銀行カードローン側の自主規制により、銀行カードローン全てにおいて即日融資の停止を行うことになりました。

そのため三井住友銀行カードローンでは、即日融資を利用することが出来ません。

三井住友銀行カードローンの融資は最短翌営業日

前述の『銀行カードローン即日融資自粛運動』のため、即日融資を受けることが出来ませんが、最短ではどのくらいの時間が要するのでしょうか?

三井住友銀行カードローンの融資までの最短日数は申し込みの翌日、すなわち翌営業日です。

銀行は土日祝は営業を行っていないため、最短でも翌営業日となります。

金曜日申し込みであれば翌営業日なので早くて月曜日に融資、水曜日に申し込みを行えば、早ければ木曜、遅くて金曜には融資を受けることが可能です。

即日でなくとも最短融資を受けるための準備を!

三井住友銀行カードローンで、融資までに時間がかかってしまいがちな原因にはいくつかがあります。

勿論、窓口が込み合っているのであれば時間がかかってしまいますが…。

それ以外に融資に時間がかかってしまいがちなのには、スムーズに進むように対策を練ることが大切です。

そのため最短で融資を受ける為には、申し込みがスムーズに進むように、三井住友銀行カードローンの融資までの流れを把握して準備をすることが最短での融資を成功させるための近道!

ここでは最短で三井住友銀行カードローンで融資を受けるためにも、融資までの準備対策をご紹介していきます。

最短で融資を受けるためのポイント
  1. 必要書類を揃えておく
  2. 申し込み時間に注意する
  3. 申し込み時の情報に不備が無いように
  4. カードの受け取り方法に注意
  5. 必要書類を揃えておく

必要書類を揃えておく

三井住友銀行カードローンの融資までの流れで時間がかかってしまいがちなのが、提出書類です。

スムーズに申し込みが進むようにするためにも、必要書類はきちんと揃えておきましょう。

また少しでもスムーズに融資を受けるためにも、書類の提出方法はWEBアップロードがおススメです。

ここでは提出書類のWEBアップロード方法をご紹介します。

提出書類のアップロード方法
  1. 提出方法を「WEBアップロード」の選択
  2. メールに届く本人確認アップロード用ページへアクセス
  3. 必要書類をデータ化する(スマホ等で撮影orスキャン)

これだけで必要書類の提出が完了です!

書類提出時の注意点は?

融資に時間がかかってしまいがちなポイントの一つが、提出した書類に不備があること。

提出書類だけでも、下記の懸念ポイントがあります。

書類提出時の注意事項
  • WEBアップロード・FAXなど、書類の画像が不鮮明
  • 本人確認書類の期限が切れている
  • 本人確認書類の住所などが現情報と相違がある

提出書類で時間がかかってしまいがちなのには、このような理由があります。

必要書類何がいるの?

また、三井住友銀行カードローンの提出書類も下記で紹介いたします。

本人確認書類
  • 本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード

続いて収入証明書類を紹介します。

収入証明書類
  • 給与明細書類 ※3カ月以内
  • 源泉徴収票 ※前年度
  • 税額通知書・納税証明書 ※前年度
  • 所得証明書 ※前年度
  • 確定申告書 ※前年度

申し込み時間に注意

三井住友銀行カードローンで最短で融資を受けるのには、申し込み時間も重要なポイントとなります。

三井住友銀行カードローンの審査対応時間は以下の通りになります。

審査対応時間
審査対応時間:9:00~21:00

三井住友銀行カードローンでは、審査対応時間があります。

この時間内に申し込みを行わないと、審査自体が翌営業日に回されてしまいます。

しかし審査にもある程度時間がかかります。審査所要時間を考慮しても、遅くとも17:00くらいまでには、申し込みを完了させておく必要があります。

申し込み時の申告内容に不備が無いように

三井住友銀行カードローンの申し込み時に、申告内容に不備があるとそれの確認作業に時間を費やしてしまします。

申し込み時の入力内容には不備が無いように注意をしましょう。

また、「審査に落ちたくないから年収を多めに記入しておこう」などと言ったように、実際の情報と異なる情報を提出してしまう方もいます。

これは、後々提出する書類や信用情報などで発覚してしまいます。

そうなってしまうと「この申し込み者は虚偽の申告をしている」と判断され、三井住友銀行カードローンの審査に落とされてしまう可能性があります。

申告する情報は、事実のみを申告しましょう。多少不安な点があっても、審査は総合的に判断されて行われるため、審査に通ることもあります。

また入力ミスなどでも、実際の情報と異なる場合に審査に落とされてしまう可能性があります。

情報入力時は慎重に行いましょう。

審査の詳しい対策方法は?

三井住友銀行カードローンを利用するにあたり、審査に通過する必要がありますが、この審査にも通過のためのコツなどがあります。

三井住友銀行カードローンの審査に関する情報はコチラの記事でも詳しく解説しているので、併せてご確認してみて下さいね。

カードの受け取りを郵送以外の方法にする

三井住友銀行カードローンでは借り入れ方法が以下の2通りになります。

  • ATM
  • 振込

ATMから引き下ろしになると三井住友銀行カードローンの口座やキャッシュカードをお持ちでない場合、ローンカードを発行する必要があります。

ローンカードを発行する場合、カードの受け取りを郵送にしてしまうと、カードの到着が1週間必要となってしまいます。

そうなるとローンカードの到着まで待たないといけなくなってしまうため、借り入れまでに時間がかかってしまいます。

三井住友銀行カードローンの融資を急いでいる場合、自動契約機でカード受け取りにするか、振り込みでの融資を選択しましょう。

三井住友銀行カードローン最短で融資をうけるコツは?

ここまでは、最短で融資を受けるための申し込み手順を紹介してまいりました。

より確実に最短で融資を受けるためには、審査をスムーズに進めていくことが大切です。

そこで、ここでは確実に審査を最短で進めるためのコツを解説していきます

  • 借入金額は少なめにして申し込む
  • 在籍確認の対策をおこなう
  • 混雑しない時間帯に申し込む
  • 他社借入のない状態で申し込む
  • 信用情報に問題がないことを確認しておく

ポイントを解説していきます!

借入金額は少なめにして申し込む

三井住友銀行カードローンで確実に最短で融資を受けたいのであれば、借入希望金額をできるだけ 少なめにすることが大切です。

借入金額が大きいと、毎月の返済額が高額なってしまいがちです。

月の返済額が大きすぎると、返済の負担が大きくなってしまいます。返済負担が大きいまま続けていると、返済を滞納してしまうリスクも高まってしまうのです。

しかし一方で、借入金額が少ないと月の返済額もそこまで高額になりません。そうなると、返済滞納を起こすリスクもぐっと下がるのです。

とくに低金利で利用が出来る銀行カードローンであればなおさら、返済滞納を起こされてしまうと、利益を回収できず、経営が傾いてしまいます。

審査基準が厳しいのもありますが、こういったこともあり、高額融資のリスクがあるような利用者に融資をおこなってもメリットが無いのです。

一方で、借入金額が少ないと、月の返済額もそこまで高額になりません。

審査担当者にとっても滞納されてしまうリスクもぐっと抑えられるため、確実に審査に通過したいのであれば、最低限の金額に抑えて申し込みを行いましょう。

在籍確認の対策をおこなう

三井住友銀行カードローンの審査では、審査の最終段階で申し込み者の勤務先への在籍確認が行われます。

いわばカードローンの最終審査とも言えます。

ここをきちんと突破できないと、三井住友銀行カードローンの審査に通過することはできません。

会社にカードローンから電話がかかってくるなんて、出来れば避けたい…。

なんて方も多いのではないでしょうか。

しかしカードローンの在籍確認では、第三者にカードローンの利用がバレないように、最大限の配慮を払って行って貰えます。

在籍確認のポイント

具体的には、下記の注意項目に沿って行われます。

  • 電話は審査担当者の個人名及び銀行名で掛けられる
  • 本人と確認が取れるまでカードローンの名前は出さない
  • 本人が対応しなくても在籍確認は完了する

以上の通りです。

ここでポイントは、自分が対応しなくても在籍確認が完了する点です。

仮に自分が席を外していたりしていても、電話を対応した同僚から「在籍している」ことが分かれば、在籍確認は完了します。

具体的には、下記のような受け答えです。

「○○は席を外しておりまして」「本日お休みをいただいておりまして」

このとおり席を外していても在籍していることが分かれば、問題なく通過できます。

反対に在籍確認に対応していない会社であったり、取引相手以外には席はずかどうかも伝えられないというい場合は、事前に三井住友銀行に連絡を行い相談しましょう。

場合によっては他の方法での在籍確認に切り替えてもらえるケースもあります。

混雑しない時間帯に申し込む

三井住友銀行カードローンで最短融資をするなら、申し込むタイミングも重要です。

混雑しているタイミングで申込めば、審査に時間がかかってしまいます。

申し込むなら、平日の午前中に申し込みましょう。

申し込む人が少ない営業時間内が狙い目ですよ。

他社借入のない状態で申し込む

他社借入があれば、審査は慎重なものとなります。

一体いくら借りているのか、毎月の返済額はどれくらいなのか…。

審査すべき要素が増えてしまい、それだけ時間がかかってしまいます。

審査に通りづらくなる可能性もありますから、他社借入がない状態で申し込みましょう。

信用情報に問題がないことを確認しておく

審査では信用情報もみられます。

信用情報には、クレジットカードやローンの利用記録が含まれています。

もし信用情報に問題が多ければ、審査で確認することが増えて時間がかかる原因に。

自分の信用情報が問題ないか、事前に個人で照会しておけると安心ですね。

三井住友銀行カードローンのメリット

即日融資はできませんが、三井住友銀行カードローンにはメリットがたくさんあります。

利用すべきかどうか迷っているなら、メリットを一度確認してみましょう。

メリット①最低返済額は2,000円

三井住友銀行カードローンの最低返済額は2,000円です。

毎月の返済負担を抑えたい方には、嬉しいメリットですね。

とはいえ、毎月の返済額を減らせば減らすほど関西のタイミングは遠のいてしまいます。

返済期間が長くなれば利息も膨らみやすいですから、返せるときは積極的に返していきましょう。

メリット②提携ATMなら手数料無料

カードローンにおいて、借入と返済のしやすさは重要です。

お金を引き出すたびに手数料が発生するのは、地味に出費が重なってしまうため避けたいところですよね。

三井住友銀行カードローンでは、提携ATMであれば利用手数料が無料です。

特にローン専用カードは無料のATMが多いためオススメですよ。

メリット③申し込みがWEB完結

三井住友銀行カードローンは、来店なしでWEB完結のカードローンです。

わざわざ口座を開設しなくても申し込めますし、スマホから気軽に申し込めるのは大きなメリットといえるでしょう。

わからないところは電話で相談しつつ、WEB上で手続きを進められますよ。

自分の申し込みたいタイミングで申込みましょう。

三井住友銀行カードローンのデメリット

三井住友銀行カードローンは、メリットもあればデメリットもあります。

デメリットも把握して、申し込むかどうか判断してくださいね。

デメリット①即日融資不可

三井住友銀行カードローンは即日融資に対応していません。

どんなに急いでいたとしても、即日融資はNGなのです。

どうしてもその日のうちにお金が必要な場合は、三井住友銀行カードローン以外を検討しましょう。

デメリット②審査は厳しめ

消費者金融と比べれば、銀行カードローンは審査が厳しくなっています。

金利も低いですから、審査が甘ければ借りる人が殺到して貸し倒れが起きかねません。

審査対策をして、万全の準備をした状態で申し込みましょう。

即日融資をしたいなら消費者金融を

三井住友銀行の最短融資には翌営業日までですが、そんなに待ってられない!

そんな方には消費者金融の利用をオススメします。

おすすめはアコム

アコム概要
商品名アコム
利用限度額1万円~800万円
金利3%~18%
担保・保証人不要
遅延損害金20.0%
必要書類運転免許証or顔写真付き身分証明書or保険証など

アコムでは即日融資を行っているので、申し込んだその日に融資を受けることができます。

「消費者金融は金利が心配…」という方も、確かに銀行カードローンと比べると金利が少し高めに感じるかと思います。

しかしアコムは初回利用時のみ無利息サービスを行っています。

30日間無利息サービスが適用されるので、30日以内に返済を済ませてしまえば、返済は借り入れ額のみで済みます!

アコムの詳しい情報や、即日での融資方法は以下の記事でも解説しているので、是非併せてご確認ください!

\ 最短即日融資OK! /

プロミス

プロミス

プロミス概要
商品名プロミス
利用限度額500万円まで
金利4.5%~17.8%
担保・保証人不要
遅延損害金20.0%

プロミスは、最高金利がやや低い点が魅力的。

最高金利17.8%と、他社大手よりも0.2%低くなっています。

初回の借り入れは基本的に最高金利が適用されますから、プロミスなら金利をおさえられます。

最短30分融資にも対応しているスピーディーな消費者金融ですよ。

\ 初回利用時30日間無利息サービス! /

アイフル

アイフル概要
商品名アイフル
利用限度額1万円~800万円
金利3.0%~18.0%
担保・保証人不要
遅延損害金20.0%

アイフルは、大手消費者金融の中でも唯一銀行グループに属さない消費者金融です。

即日融資にも対応しており、女性向けのカードローンもあったりと手厚いサービスが魅力的。

初回なら30日の無利息期間もあるため、返済負担を少しでも減らしたい方にオススメです。

まずは1秒診断をしてから、申し込んでみましょう。

\ 申し込み前に1秒診断! /

三井住友銀行カードローンの即日まとめ

今回は三井住友銀行カードローンは即日融資できるのかについてご紹介していきました。

三井住友銀行カードローンは即日まとめ
  • 三井住友銀行カードローンは即日では借り入れできない
  • 最短融資は翌営業日
  • 提出書類などを完璧に用意を行い、手続きがスムーズに進めるようにする
  • とにかく急いでいる方は消費者金融のアコムを利用しよう

三井住友銀行カードローンで最短で融資を行って貰うためにも、できるだけスムーズに進められるように万全の態勢で申し込みを行いましょう!

融資を行った後は、返済額をお得にするためにも、返済計画をきちんと立てましょう!

三井住友銀行カードローンの返済方法については、下記の記事から確認してくださいね。