SMBCモビットの増額方法は?増枠に必要な手続きや審査を説明

SMBCモビット

SMBCモビットは増額により、限度額を増やして利用しやすい状況を作れます。

増額ができれば、これまで以上に使いやすいカードローンを使えるのです。

より使いやすい状況を作りたい人は、モビットで増額するといいでしょう。

しかし、SMBCモビットの増額は非常に難易度が高く、審査通過の確率はあまり高くありません。

審査通過のためにしっかりと対策を立てておきましょう。

ここではモビットの増額について説明します。

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

SMBCモビットの増額方法は?

今までは電話による増額のみ対応していたモビットですが、最近になりアプリでの増額が可能となりました。

アプリを持っている人は、モビットの増額が簡単にできるようになりますので、電話により面倒な増額手続きをしなくてもいいのです。

面倒な手続きが嫌だと思っている人は、アプリによる増額方法を試すといいでしょう。

ここからは増額方法の手続きについて説明します。

電話による増額審査申込

従来までの方法として採用されているのが電話による増額審査申込です。

電話の場合、モビットのコールセンターに連絡を入れます。

モビットのコールセンターでは、増額申込みだけでなく他の手続きも可能です。

どの手続きで電話を入れたのかしっかりと説明して、増額審査を受けたいことを明確にしてください。

次に増額に必要な情報をコールセンターで伝えます。

必要な情報は以下の通りです。

電話での申し込み時
  • 個人情報
  • モビットのキャッシングカード番号
  • 希望限度額

以上の情報を伝えなければなりません。

モビットのキャッシングカード番号は、事前に番号を控える、もしくはカードを手元に残して利用するといいでしょう。

希望限度額は電話口で伝えられますが、限度を超えた金額を提示すると断られてしまいます。

限度額は返済できると思われる範囲で設定しておきましょう。

全ての情報を伝えると、書類の提出を求められます。

書類の提出をすると、最終的に審査が行われ、モビットの増額が決定されます。

アプリを利用して増額審査申込

次にアプリを利用して増額する方法を説明します。

アプリはモビットが提供しているアプリを利用します。

先にアプリを提供しているサイトに入ってダウンロードしてください。

次にアプリを起動して増額審査申込の部分をタップします。

増額審査申込をタップすると、まず個人情報の確認やキャッシングカード番号、更には暗証番号の入力を求められます。

個人情報をしっかり記入して、間違いのないことを確認して次に進んでください。

その後、増額に関連するルールが示されます。

ルールは一応読んだほうがいいでしょう。

そして希望する限度額を決めます。

電話と違う点は、既に増額できる範囲が示されている点です。

増額できる範囲を超えると審査に落とされてしまうので、提示されている限度額以上は狙わないでください。

この時、最大値まで増額する場合は、提示されている最大値まで増額するところをタップし、チェックを入れれば問題ありません。

最後に収入証明書の提出をします。

収入証明書はスマホで撮影してアプリから送付できるので、難しい手続きは必要ありません。

自分が持っている書類を撮影し、そのまま送付してください。

収入証明書が送付された時点で申込みが完了し、審査に入ります。

アプリの場合でも電話がかかってくるので注意

アプリによる申込みをしても、モビットから電話がかかってきます。

モビットの連絡は申込内容の確認を取るため、そして入力された情報が正しいのかチェックしています。

入力された情報に間違いがあるなら、電話口で修正しておきましょう。

問題がなければ、電話による確認をしている場合に間違っていないことを示しましょう。

問題なく電話の手続きが完了すれば、詳細な審査が実施されます。

SMBCモビットの審査は厳しい?審査基準と対策をしっかり考えよう
消費者金融大手のSMBCモビットは、銀行よりも審査基準が甘いものの、消費者金融の中ではそれなりに審査が厳しくなっています。 厳しい審査をしっかり通過できるように、モビットの審査基準をしっかり満たしておきましょう。 そして審査に落...

SMBCモビットの増額審査で見られる項目は?

モビットの増額審査では見られる項目が多数あります。

チェックされる項目をしっかり把握して、間違いなく審査を通過できるという確信を持つようにしましょう。

実際にSMBCモビットの増額審査で確認される項目は以下の通りです。

増額審査で求められること
  • 現在の収入
  • 現在の借入状況
  • 現在の勤務状況
  • 現在の信用情報
  • モビットの利用状況
  • 希望した限度額

以上の項目をチェックされます。

チェック項目によっては審査に落とされる可能性もありますので、しっかりと対策をしてチェック項目をクリアしておきましょう。

ここからは増額審査で確認される項目について詳しく説明します。

現在の収入

現在の収入をチェックされてしまいます。

モビットの新規申込時に提示した収入よりも数字が増えているのか確認されます。

もし収入が増えていなかった場合、増額させる意味がないと判断されて審査に落とされてしまいます。

理由は返済能力が改善されていない、返済能力が増加していないと判断されるからです。

返済能力を増額審査では重視している以上収入が増えていないと判断されれば増額後の返済はされないだろうと考えられてしまいます。

従って新規申込時に提示した収入よりもかなり大きな収入を提示しなければなりません。

より大きな限度額を狙う場合は、収入を多くするといいでしょう。

収入が多ければ多いほど、狙える限度額は増えていきます。

同時に収入証明書によるしっかりした確認が取れるよう、収入証明書はしっかりと準備しておきましょう。

現在の借入状況

現時点で他社から借りている場合は、借入状況もチェックされます。

借入状況が良くないと審査に落とされてしまうので注意してください。

他社借入というのは、返済能力を著しく引き下げる可能性があり、より多くの収入を持っていなければ審査を通過できません。

もし他の会社から借りている場合は、審査を通過するために収入を増やすか返済しておきましょう。

返済して他社借入を減らしておけば、増額審査に通過する場合もあります。

一方で他社借入額は少ないものの、他社借入件数が原因で審査に落とされる場合もあります。

他社借入額はそこまで多くなかったものの、他社借入件数が多すぎて信用できないと判断されてしまうのです。

より大きな信用を得たいと考えているなら、他社借入件数は3件以内に、できれば2件以内まで抑えてから審査を受けてください。

理想としては借入額0円、借入件数0件の状態で審査を受けたほうが安心です。

モビットから借りている場合は大丈夫?

モビットから借りている場合、モビットの借入分を返済しておけば問題ありません。

借りている場合でも増額審査は受けられますが、借りている金額が多すぎると審査に落とされる場合もあります。

審査落ちを防ぐためには、増額審査前にモビットの返済を進めたほうがいいでしょう。

増額審査までにある程度返済しておけば、審査通過の可能性は高くなります。

一方でモビットから大金を借りているのに増額審査を受けると審査に落とされる可能性が高くなってしまいます。

増額審査を通過するためには、なるべくモビットからの借入も制限しておきましょう。

現在の勤務状況

現在の勤務状況をチェックされます。

勤務状況と言っても、働いている会社が新規申込時と変わっていなければ特に問題はありません。

変わっていない場合は勤続年数もほぼ問題ありませんので、勤務状況に関連する項目は審査されません。

一方で転職している人は要注意です。

転職した場合は勤務状況のチェックを改めて行います。

転職して勤続年数が1年未満に変わっている人は、増額審査を通過できなくなってしまいます。

増額審査を通過したいと考えるなら、勤続年数は最低でも1年以上、できれば2年以上は確保しておきましょう。

転職した場合はしばらく増額審査を受けないほうがいいかもしれません。

現在の信用情報

現在の信用情報を確認されます。

信用情報は常に変化しているため、何らかの審査を必要とする場合は確認しなければなりません。

もし信用情報が悪い方向に変化している場合は、増額審査に落とされてしまいます。

信用情報が悪いと返済されないリスクが高くなっているほか、モビットとしては信用できないと判断するのです。

できる限りモビットに対して信用されない情報が残らないように、借金の返済等はしっかり進めておきましょう。

もし、以下の利用情報が残されているようなら、モビットの増額審査は控えましょう。

現在の信用情報
  • 他社借入を返済していない
  • クレジットカードの返済遅れが生じている
  • 分割払いの返済遅れが生じている
  • 債務整理を実施した
  • 他社の審査に落とされ続けている
  • 金融関連の商品で問題を起こした

以上の問題が起きている人は、モビットの増額審査を控えてください。

このまま審査を受けてもほぼ審査を通過できません。

特に金融事故を起こしている人は、審査を受けると逆に厳しい措置を取られる場合もあります。

より信用できる情報を残してモビットの増額審査を受けてください。

SMBCモビットの利用状況

モビットの利用状況は、新規申込時にはない審査項目です。

新規申込時の場合、モビットを利用しているわけではありませんので、モビットの利用状況はわからないのです。

一方で増額審査となれば、モビットの利用状況は簡単にわかります。

モビットをどれくらい利用しているかを判断し、よりモビットに貢献していると判断された人だけが審査を通過できるのです。

モビットを利用していない人は、モビットのキャッシングが利用可能になっていたとしても審査を通過できません。

増額審査を通過するには、モビットのキャッシングを何度か利用して、返済しなければなりません。

何度も借入と返済を続けて、モビットが信用できると判断している人だけが審査を通過できるのです。

増額審査を受けるのであれば、できる限りモビットの利用は積極的に考えましょう。

希望した限度額

最後に希望している限度額をチェックされます。

希望している限度額をチェックして、問題がなければ審査を通過できます。

希望している限度額が大きすぎる場合は審査に落とされてしまいます。

ただ、希望限度額は電話口でもアプリでも高額にならないように調整されます。

アプリの場合は申し込める範囲が決められているので、申込みのできる金額の範囲で利用するように心がけましょう。

希望した限度額に問題が無いように、できる限りアプリで申込める金額を把握してから増額審査を受けるといいでしょう。

SMBCモビットの増額審査では在籍確認は取らない

モビットの増額審査では在籍確認は基本的に実施されません。

増額審査で在籍確認を受けると思っている人もいますが、モビットは同じ会社に何度も在籍確認をするわけではありません。

新規申込時に在籍確認は完了していると考えて、増額審査のタイミングでは実施しないようにしています。

従って増額審査では在籍確認をしてこないのです。

会社にまた電話がかかってくると思っている人は、電話が会社にかかってくることは基本的にないので安心してください。

ただ、転職している場合は在籍確認を取られる場合があります。

転職後は本当に仕事をしているか確認しなければなりません。

本当に仕事をしていると確認できない場合は審査に落とさなければならないのです。

転職して仕事場が変わっている人は、増額審査時に在籍確認が実施される場合もあると考えてください。

SMBCモビットの増額審査に落とされた場合はどうなるのか

モビットの増額審査を通過できれば限度額は増加します。

しかし審査を通過できなかった場合は増額されません。

増額されないだけならいいのですが、増額審査で落とされてしまうと以下の状況に置かれる場合があります。

審査に落ちた場合
  • 限度額が下げられてしまう
  • 借入不可能になってしまう
  • モビットの契約が切られてしまう

以上の問題が起きてしまいます。

3つの問題は状況によって適用されるか判断されますが、一番最悪のパターンである契約解除は避けたいところです。

なぜ上記の問題が起きてしまうのか、そして起きた場合はどのような状況になるのか詳しく説明します。

限度額が下げられてしまう

現在持っている限度額を下げられる場合があります。

限度額を下げられるのは増額審査で落とされた場合、一番甘いペナルティと言えます。

その理由は他の問題と違い、まだモビットから借りられる可能性を持っているからです。

しかし、増額審査に落とされ限度額を下げられている時点で、ほぼ借入のできない状況まで利用している場合があります。

従って限度額次第では、限度額ギリギリまで借りている状態となり、借りられなくなってしまいます。

限度額を下げてしまう要因として、他社借入が多すぎる場合やモビットから借りすぎている部分が問題とされます。

他社借入等によってこれ以上貸せないと判断されれば、審査に落とされてしまうのです。

特にモビットは総量規制が適用されているため、借入額次第では増額審査を通過できないのです。

他社から借りている場合は、返済してから増額審査を受けるなどして、確実に審査を通過できるように心がけるといいでしょう。

借入不可能になってしまう

ペナルティの中では中間くらいの範囲ですが、非常に厳しい規制を強いられてしまいます。

増額審査を受けた際にこれ以上は貸せないと判断されてしまったり、あまりにも審査の条件等が厳しいと思われれば、その時点でモビットから借りられなくなってしまいます。

借入不可能な期間はモビット側が改善されたと判断されるまで続きます。

つまり他社借入に関連する問題が解決されないと借入を認めてくれないのです。

また、信用情報に書かれている情報が明らかに問題だと判断された場合、借入不可能に陥る場合があります。

信用情報の場合は改善されるまで時間をかけなければなりません。

最悪の場合は10年近くも借入不可能となる場合があります。

特に債務整理等で信用情報を大幅に悪化させている場合は、借入不可能になると考えておきましょう。

当然ですが、借入不可能な状態から解放されたとしても、限度額が大幅に下げられる可能性は十分あります。

何とか借りられた場合でも、その後に大きな影響を及ぼすと考えてください。

SMBCモビットの契約が切られてしまう

一番厳しいペナルティです。

モビットの契約を即時解約し、契約がなくなってしまいます。

契約が失われるというのは、この時点でモビットの利用はできなくなります。

同時にモビットからお金を借りている場合、その場で返済しなければなりません。

モビット側から一括返済を求められてしまい、生活に大きな支障をきたしてしまいます。

一括返済の額によっては対応できるかもしれませんが、100万円以上の借入を一括で返すように言われてしまうととても大変です。

一括返済ができないと考えているなら、増額審査でモビットの契約解除まで持っていかれないよう、しっかりと信用情報や他社借入を改善しておきましょう。

この状況に陥っている人は、以下の問題を起こしている場合があります。

注意ポイント
  • 他社借入が年収額の3分の1以上に達している
  • 信用情報で悪い情報が多数掲載されている
  • モビットとの間で金融事故が起きている
  • 他社から借りて返済していない情報が多数ある

以上の問題を起こしている場合、審査を通過できないどころかモビットの契約を切られてしまいます。

モビットの契約を切られるとなれば非常に厳しい状況に陥るため、できる限り契約を切られないように状況を作ってから増額審査を受けてください。

SMBCモビットの契約を切られた場合は再審査を受ければ利用可能になる?

モビットの契約を切られた場合、もう1度新規申込をすれば利用可能になる場合もあります。

ただ、新規申込ができるのは当面先の話で、すぐに申し込みはできません。

更に、一定期間は審査すら受けられず、申込みの時点で利用不可能にするブラックリストに掲載されている場合もあります。

ブラックリストに掲載されている時点で、ほぼモビットの利用はできないものと考えてください。

しかもブラックリストに掲載されたかどうかは個人で判断できないため、新規申込をしないとわからない部分があります。

モビットの契約を切られている時点で、ほぼモビットの再利用はできないものと考えていいでしょう。

どうしても利用したい場合は、10年以上は待ったほうがいいかもしれません。

SMBCモビットの増額は他社と比べてどうなの?

モビットの増額審査は、他社に比べて申込み方法があまり多くありません。

申込み方法を多く持っている会社も多数あります。

審査基準は他社と比べてそこまで厳しいものではありませんが、増額できる範囲が事前に決められているなど、あまり増額できない傾向もあります。

増額したいと考えている人は、他社と比較してモビットの増額はどのような状況なのか知っておくといいでしょう。

ここからは消費者金融や銀行カードローンの増額審査との違いを説明します。

銀行カードローンとSMBCモビットの増額審査の違い

銀行カードローンとモビットの増額審査では明確な違いがいくつかあります。

まず審査の時間ですが、モビットの増額審査は3営業日程度もあれば完了します。

しかし銀行カードローンの場合は1週間程度かかってしまう会社もあり、増額審査がかなり長くなってしまいます。

短時間で増額できるという利点では、モビットの増額審査の方がいいかもしれません。

審査基準は銀行が圧倒的に厳しくなっており、モビット以上に厳しい対応を取ってきます。

モビットは銀行カードローンに比べれば増額審査は甘めだと考えておきましょう。

ただ、増額できる範囲は銀行カードローンの方が大きい傾向もあり、モビットの増額審査はそこまで大きな増額は期待できないでしょう。

少額でもいいから増やしたいと考えているなら、モビットの増額審査を考えたほうがいいかもしれません。

大手消費者金融とSMBCモビットの増額審査の違い

大手消費者金融とモビットは増額審査にほぼ違いはありません。

ただ、一部の会社はパソコンのマイページからも申し込みができるほど、増額審査は簡単に申込みが可能です。

モビットはアプリで申込みが可能になったため、多少利便性は向上しているもののまだ増額審査の申し込みが楽ではありません。

申込み方法を楽にしているのは他社の消費者金融だと考えておきましょう。

審査時間についてはほぼ変わりません。

どの会社も遅くとも3営業日程度の時間で審査結果を公表しています。

更に審査基準についてもほぼ同じです。

モビットと大手消費者金融では、審査基準にそこまでの違いがないものと考えておきましょう。

なおモビットと違い、他社の増額審査は増額できる範囲が示されていない場合が多く、無理な増額を希望する人もいます。

しっかりと増額できる範囲を把握してから申込むといいでしょう。

中小の消費者金融とSMBCモビットの増額審査の違い

中小の消費者金融は増額審査を受けられないケースが多く、増額審査をしても限度額があまり高くならない場合があります。

モビットは800万円までの間で、収入等を考えて増額できる範囲を示しているので、大きな限度額も期待できます。

ただ、審査スピードは中小の消費者金融が圧倒的に早くなっています。

中小の消費者金融は審査時間が2営業日程度、早ければほぼ即日で審査結果を通知している場合があります。

かなり早い審査を受けたいなら中小の消費者金融がいいかもしれません。

利便性という部分では圧倒的にモビットが上回っているため、利便性を得たいならモビットの増額審査を受けるといいでしょう。

SMBCモビットの増額審査は厳しい傾向あり!しっかり対策を

SMBCモビットは増額審査が厳しい傾向にあるため、しっかりと対策を進めたいところです。

特に収入や他社借入という部分はしっかり考えたほうがいいでしょう。

安心して増額させるためには、SMBCモビットの利用もできる限り増やしてください。

増額できれば多くの借入も期待できるため、よりSMBCモビットが使いやすくなるのは間違いありません。

更なる使い勝手を求めて増額を検討してみましょう。”