ノーローンはおまとめローンも使えるの?複雑な審査基準もチェック!

ノーローン

ノーローンはおまとめローンとしても利用できるサービスです。

認められている範囲でおまとめローンのサービスを提供し、借金を簡単にまとめられる状況を作っているのです。

もし借金を多く抱えているのであれば、ノーローンで借金をまとめるといいでしょう。

ここではノーローンを利用しておまとめローンを使う方法について説明します。

ポイントは申し込み時間と口座!ノーローンで即日振込を行う方法
有名モデルや国民的アイドルをCMで起用する「レイク」で一躍有名になった新生銀行グループ。 新生銀行グループ会社のシンキ株式会社が提供する「ノーローン」はレイクよりは認知度は低いですが、安定した経営を行うキャッシング業者が運営するローン...
プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

ノーローンはおまとめローンを準備している

ノーローンには貸金業法で定められたおまとめローンがあります。

貸金業法で定められている範囲で、消費者金融のサービスをおまとめローンとして利用できる方法です。

つまりノーローンと同様の金利と限度額を提供しつつ、おまとめローン目的での利用が可能となるのです。

ノーローンが持っている限度額はそれなりに大きいですし、返済方法も多く準備されているのため、おまとめローンを利用しても返済しやすい状況を作れるでしょう。

現時点で多重債務に悩んでいる人は、1つの会社にまとめられるので借金の返済が簡単にできる安心感を得られるでしょう。

もし返済の悩みを感じているならおまとめローンを使ってみましょう。

ノーローンのおまとめローンは使いやすいのか

本当にノーローンでおまとめローンが使いやすいのか、しっかりと理解しておかなければなりません。

色々な観点から、おまとめローンとしてノーローンが使いやすいのか検証してみました。

これからノーローンを利用して借金をまとめたいと考えている人は、これから紹介する情報をしっかり確認してください。

限度額

ノーローンが用意している限度額は300万円までです。

他の消費者金融が800万円程度まで限度額を引き上げている現状を考えると、ノーローンの限度額はあまり多くないと言えるでしょう。

ただ、ノーローンは審査基準がそこまで厳しい会社ではないため、限度額を高められる可能性はそれなりに高いのです。

つまり大きな限度額を狙える可能性があるため、300万円という数字でも決して低いわけではありません。

消費者金融の借金などを1つにまとめる分には問題ない限度額です。

金利

ノーローンの金利は4.9%~18.0%に設定されています。

実際に適用される金利は、ノーローンが提供する限度額によって決められます。

また、おまとめローンの場合、現時点で借りている会社の金利によっても変動します。

金利については限度額に対して低く設定される可能性もあるため、安心して借りられる会社と考えてもいいでしょう。

低金利で借りてノーローンの返済を続けられれば、他社で借りているお金もあまり多くの利息を支払わずに返済できるでしょう。

月々の返済額

ノーローンは月々の返済額が様々な条件によって決められます。

契約できる条件が良ければ、最低返済額は2,000円まで減らせます。

一方であまりいい条件で契約できなかった場合、最低返済額は4,000円まで引き上げられます。

また、借りている金額によって最低返済額が引き上げられる方針を取っているため、多くの借入をノーローンから実施すると返済額が増えてしまいます。

おまとめローンは多くの借入を実施するケースが多いため、どうしても返済額が増える傾向にあります。

ノーローンの返済はかなり大きな金額を返済しなければならないと考え、ある程度余裕を持ってお金を準備するようにしましょう。

返済方法

ノーローンではATM返済を実施しているほか、銀行から引き落としの方法で返済できる手法も存在します。

銀行から引き落としをしてくれる方法はかなり安心できるほか、返済を忘れてしまう問題なども起こりづらくなっています。

もちろん外出先で簡単に返済できるATMを利用する方法も簡単で、非常に使いやすいと感じられるでしょう。

また、インターネットから返済できるリアルタイム返済も使えます。

この方法は楽天銀行と契約している人だけが利用できるため、多くの人が対象となるわけではありません。

ただ、24時間いつでも返済できるというのはいいことばかりですし、いつでも返済できる安心感も強まります。

ノーローンと契約する場合は、楽天銀行の口座を持っていたほうがいいかもしれません。

返済方法はそれなりに多いので、安心して返済し続けられる良さがあります。

ノーローンの信頼性

ノーローンは以前からお金を貸している会社で、信頼性は高い会社です。

信頼されていないのであれば、そもそもノーローンは今まで消費者金融としてサービスを提供していないでしょう。

また、ノーローンという会社は、新生銀行グループに属しているため安心感も強い会社です。

銀行がバックアップしてくれる会社なので、独立した消費者金融よりも借りやすいと感じられる部分はあるでしょう。

更に消費者金融の中でもルールを守り続けている会社で、中小の消費者金融よりも借りて安心できるでしょう。

高い信頼性を持っている会社であるノーローンは、おまとめローンのように大きな借入を実施する場合にも適しているでしょう。

ノーローンのおまとめローンは審査基準が異なる

ノーローンのおまとめローンは審査基準が一般の契約と異なり、かなり厳しい審査を実施する場合が多くなっています。

一般のキャッシングを利用する場合、審査基準は他の消費者金融とあまり変わらず、収入や他社借入などの基本的な情報だけで考えます。

一方でおまとめローンの審査基準では、現在借りている会社の金利や借入額が大きく影響します。

借りている金額が多すぎる場合はもちろんのこと、低金利の会社から借りていると審査基準が厳しくなってしまいます。

特に金利はノーローンの利益にも影響しているため、他社から借りているお金の金利が低いと審査基準が相当厳しい点に気を付けておきましょう。

現時点で借りている会社によっては、相当厳しい審査を覚悟しなければなりません。

ただ、厳しい審査をクリアしないとおまとめローンができないのは他社でも同じです。

同様に厳しい対応を受けるのであれば、ある程度信頼できるノーローンを利用したほうがいいでしょう。

ノーローンのおまとめローン審査で重要となる項目

ノーローンのおまとめローン審査で影響している項目は以下の通りです。

ノーローンのおまとめローンで重要な項目
  • 現在の収入
  • 勤務年数
  • 他社借入金額
  • 他社借入の金利
  • 虚偽記載の有無
  • 信用情報
  • 過去にノーローンを利用していた場合の状況
  • 新生銀行グループとのトラブル

この項目を審査によって確認し、問題がなければおまとめローンを利用できます。

新規申込のキャッシングよりも審査項目は多くなっているため、色々な情報をしっかりと思い出し、お金を借りられるように心がけましょう。

ここからはノーローンのおまとめローン審査で影響している項目を説明します。

現在の収入

現時点での収入により、返済できる能力が存在しているのかチェックされます。

返済できる能力を持っていないと判断されれば、確実に審査落ちとなります。

返済能力は収入の多さだけではなく、現時点で借りている借金の額によって決まります。

ただ、借金以上に重要視されるのが収入です。

収入が少ないと判断されれば、その時点で返済能力はないと思われてしまいます。

少しでも多くの収入を確保して、返済能力を持っているように見せるといいでしょう。

特に大きな借金を抱えている場合、おまとめローンで借りる金額が多くなってしまうので、求められる収入はかなり多くなります。

借りる金額が多い時は、より慎重に収入の確認を取るなどして、本当におまとめローンの審査を通過できるのか検討しておきましょう。

勤務年数

勤務年数は一般的なキャッシングと同じように審査を受けます。

おまとめローンという理由で勤務年数を多くしなくても問題はありません。

つまり1年未満であれば審査に大きな影響を及ぼし、1年以上の勤務年数があればほぼ問題はないと考えてください。

1年未満の場合は、まず勤務年数を増やす方向性で考えてください。

一方で1年以上の年数を持っている人は、基本的にそのまま審査を受けても大丈夫と考えておきましょう。

なお、転職等によって勤務年数はリセットされてしまうため、できる限り転職を避けて勤務年数を増やすように心がけましょう。

他社借入金額

おまとめローンで重要視される項目の1つです。

他社借入が多ければ多いほど審査基準は厳しくなってしまいます。

借りている金額が多いと判断されれば、ノーローンは大量におまとめローンのために融資をしなければなりません。

これはノーローン側のリスクが高くなっているため、より慎重になって審査して判断する部分に繋がります。

ノーローンとしては、低リスクで大きなおまとめローンを実施したいと考えているため、借りる金額が多ければ多いほど審査基準を厳しくしているのです。

従って借金が多い人は審査を通過するために多くの収入が信頼性が必要と考えてください。

なお、借入額が300万円を超えている人は、審査を通過できないため注意してください。

その理由はノーローンが提供できる限度額を超えてしまっているからです。

他社借入の金利

収入と他社借入金額に次いで審査では重要とされている項目です。

おまとめローンの場合、借りる際の金利を調整しなければなりません。

実は現時点で借りている会社よりも、おまとめローンで借りる会社側は低金利で提供しなければならないのです。

このルールにより、おまとめローンの金利は設定されている範囲の中でも低金利で貸さなければならない問題があります。

ノーローンとしては、低金利でお金を貸すリスクが相当高いと判断しているため、審査基準はかなり厳しくします。

その影響により、金利によってはかなり厳しい審査が待っているのです。

消費者金融から借りている場合は、金利が18.0%のように高い数字が適用されるため、審査基準は厳しいものになりません。

しかし、銀行から借りている場合は別の話で、より低金利で審査をしなければなりません。

借りている会社によって金利も変わってしまうため、状況次第では審査に落とされる可能性も高くなってしまうのです。

なるべく低金利の会社で借りている場合は、ノーローンでおまとめローンを考えないほうがいいかもしれません。

逆に消費者金融で借りている場合は積極的におまとめローンを検討してもいいでしょう。

虚偽記載の有無

虚偽の記載が存在した場合は、その時点で審査に落とされてしまいます。

貸金業者は全体的に虚偽の記載を嫌っており、嘘をついている人は容赦なく審査に落としてしまいます。

虚偽の記載は様々な情報によって確認しているほか、借金については信用情報を通じて確認しているケースも多いのです。

従って多くの情報は嘘をついても簡単にバレてしまいます。

絶対に嘘の記述はしないように心がけてください。

嘘をついていたとわかった時点で審査に落とされるどころか、場合によっては危険な人物と判断されてノーローンを今後利用できなくなります。

信用情報

信用情報に悪い情報が多く掲載されていると審査に落とされてしまいます。

他社から借りても返済していない情報が見つかったり、債務整理によって借金を減額している情報が見つかった場合は、審査に落とされてしまいます。

信用情報は本当に信用して貸せるのかを判断するために必要不可欠な情報です。

ノーローンとしてもしっかりと確認したいと考えており、安心して借りられる情報が見つからない限りはお金を貸さないようにしています。

もし悪い情報が残されているなら、信用情報がいいものに変わるまでノーローンの審査を受けないほうがいいでしょう。

過去にノーローンを利用していた場合の状況

過去にノーローンを利用して解約していた場合、過去に利用していた情報が審査に影響します。

ノーローンは過去に利用している人の情報を保存しているため、同じ人が審査を受けている場合は過去の利用状況もチェックしています。

自主的に解約し、ノーローン側が問題ないと判断できる情報だけが残されているなら、基本的に審査に影響はありません。

更にノーローンを過去に利用していたという判断により、審査を通過しやすくなります。

一方でノーローン側から解約されている場合、ノーローンの利用状況に問題があると判断され、審査に落とされる確率は相当高くなります。

過去にノーローンを使っていた場合、問題があると審査を通過できないので注意しておきましょう。

新生銀行グループとのトラブル

新生銀行グループのカードローンやキャッシングを使い、トラブルを起こしている場合は審査に落とされてしまいます。

グループ内で様々な情報を共有している新生銀行は、悪い情報を持っているユーザーをすぐに排除できるようにします。

その影響により、ノーローンも悪い人の情報はすぐに受け取っているのです。

ノーローン以外の新生銀行グループのカードローンを使い、問題を起こしていた場合もおまとめローンはできないと考えてください。

できれば新生銀行グループのカードローンを避けてお金を借りるようにして、ノーローンの審査に影響させないようにしましょう。

おまとめローンでキャッシングの負担を軽減
おまとめローンで借り入れたお金で複数のローンの借り入れを一本にまとめてしまいましょう。消費者金融のおまとめローン、または銀行のおまとめローンを探してみてください。

ノーローンのおまとめローン審査は一般の借入よりも厳しい傾向にある

ノーローンのおまとめローンは審査基準が厳しくなる傾向にあります。

同時におまとめローンでだけ適用される審査項目もあります。

様々な情報をしっかりと確認して、問題なくおまとめローンが実現できるように調整しておきましょう。

ノーローンの審査は甘い?審査基準や審査落ちの対処法などもご紹介!
消費者金融のノーローンで融資を受ける際に、審査が通りやすいのかどうかや、審査基準なども気になりますよね。 情報サイトや口コミなどで確認すると、「ノーローンは審査が甘い」「他社で審査落ちしていてもノーローンの審査はイケる」などといわれて...