ノーローンから電話がかかってくるのは取り立てだけ?別の電話もあるの?

ノーローン

ノーローンは借りたお金を返さない人には取り立てを実施します。

取り立ての際は電話による連絡を主体として実施するため、ノーローン側から電話がかかってきます。

電話がかかってきた場合は、速やかに返済するか、返済日を告げなければなりません。

ただ、ノーローンの電話は取り立て以外の場合でもかかってきます。

中にはノーローンを名乗る不審な電話もありますので気を付けてください。

ここではノーローンの電話による取り立てなどを説明します。

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

ノーローンは電話による取り立てを実施する

ノーローンは電話による取り立てを実施しています。

融資を行ったのにも関わらず、返済が遅れている人には容赦なく取り立てを実施し、電話による連絡を開始します。

同時にハガキを送付して、早々に返済を求める連絡が来ます。

ただ、ハガキを送付しても何も連絡が返ってこない場合もあるため、ノーローンは確実に連絡が取れる電話による取り立てを実施しているのです。

電話がかかってきた場合は、ノーローン側が指示した通りに支払いに応じるか、ノーローンに支払いができる日程を速やかに説明しなければなりません。

また、取り立ての電話がかかってきた時点で、遅延損害金も発生しています。

返済時には遅延損害金も含めて支払いに充てなければならないため、多くの支払いが必要となることを考えておきましょう。

ノーローンの電話取り立てはどのように実施されるのか

ノーローンの電話取り立ては他社とほとんど違いはありません。

返済されていないことを告げて、どのタイミングで返済ができるのかしっかりと聞き出します。

同時にすぐに返済できるのであれば、早々に返済してほしいと告げています。

返済できない場合はなぜ返済できないのか理由を聞いたうえで、いつまでに返済するのか聞き出す方針を取ります。

この流れに沿ってノーローンの取り立てが行われますが、返答次第では電話が長くなる恐れもあるので注意してください。

ここからはノーローンの電話取り立てについて説明します。

ノーローンを名乗って電話がかかってくる

まずはノーローンを名乗って電話がかかってきます。

本来であれば、ノーローンという名前は伏せて電話をかける傾向が多いのですが、取り立ての場合は別の話です。

確実にノーローンから電話がかかってきたと判断させるため、ノーローンを名乗って電話がかかってきます。

もしノーローンを名乗ってきたのであれば、かなり危ない状況だと考えたほうがいいかもしれません。

他の案件であれば、ノーローンを名乗る可能性が低いからです。

ノーローン側が返済するように促す

次にノーローン側が返済するように促してきます。

ノーローンの返済期限が過ぎていると告げたうえで、早期に返済するように求めてくるのです。

また、ノーローン側が返済できない理由を聞き出す場合もあります。

どのような理由で返済できないか聞いたうえで、最終的にいつまでに返済してくれるのか日程を聞き出します。

利用者は速やかに返済手続きができる場合、早々に返済を進めてください。

返済できない場合は返済日をしっかり告げたうえで、指定された返済日までにお金を返してください。

ノーローンが納得した場合は電話を切る

ノーローン側が納得した場合に限り、電話を切ってくれます。

納得できないような日程を提示したり、返済を確約しないような返答をした場合は、電話を切らないで粘ってくる傾向があります。

確実に返済すると確約されない限り、ノーローンは電話を切ってくれないものと考えてください。

逆に言えば、ノーローン側が納得してくれれば、いつでも電話を切ってくれる可能性があります。

できる限りノーローン側に納得してもらい、電話をすぐに切ってもらえるようにしましょう。

ノーローンは取り立て以外に電話をかけてこないのか

ノーローンは他の案件でも電話がかかってくる場合はあります。

ノーローンが電話をかける案件は以下の通りです。

ノーローンの電話の内容
  • 本人確認の電話
  • 各種キャンペーンの宣伝
  • 個人情報等の変更

以上の案件で電話がかかってくる場合もあるので、ノーローンは返済していない人だけに連絡するのではないと考えてください。

ここからはノーローンが他の案件で電話をかける場合について説明します。

本人確認の電話

ノーローンを新規で利用する人に対して、本人確認の電話を入れてきます。

この場合はノーローンを名乗る傾向があります。

ノーローンだとわかってもらわないと、どの会社が電話を入れてきたかわからないからです。

また、本人確認の電話では、申込内容に沿って確認を取るだけなので、あまり長く電話をしてきません。

短時間で電話を切ってくれる場合が多いので、そこまでの負担にはならないでしょう。

各種キャンペーンの宣伝

ノーローンが実施しているキャンペーンの宣伝をします。

ただ、この電話はあまり良くないものです。

理由はキャンペーンの宣伝であれば、電話ではなくメール等によって連絡してほしいと考える方が多いためです。

基本的にはメールによって連絡するケースが多いものの、メールアドレスを登録していないなどの理由で、電話がかかってくる場合があります。

この場合はノーローンと名乗ったうえで、こうしたキャンペーンが実施されていると告げる傾向があります。

キャンペーンに興味があるなら話を聞いてもいいでしょう。

あまり興味がないならキャンペーンに興味がないと告げたうえで、早々に電話を切ったほうが安心できます。

個人情報等の変更

個人情報の変更が必要な場合、ノーローン側が連絡を入れてくるケースもあります。

長期間情報が更新されていない時は、なるべく情報の更新を促すように連絡をしてくるのです。

この場合は個人情報の変更に応じるようにしてください。

ただ、電話口で個人情報を変更するではなく、会員ページで変更するように求めてきます。

基本的に電話では変更するように連絡を入れるだけで、他の手続きは実施されないのです。

従ってこの電話がかかってきた場合は、速やかに個人情報等の変更を入れて、今後の電話連絡がこないように整えましょう。

ノーローンを語る怪しい電話に気を付けよう

実はノーローンを語る怪しい電話もいくつかあります。

ノーローンを名乗っておけば、消費者金融からの連絡だと判断するため、話を聞いてくれる場合が多いのです。

ただ、ノーローンは余程の理由がなければ電話を入れてきません。

同時にノーローンが変な勧誘は取らないようにしています。

従って変なサービスを宣伝している場合はもちろんのこと、ノーローンを名乗ってお金を貸すように求める電話はおかしいと考えてください。

もし怪しい勧誘の電話がかかってきた場合は、ノーローンではないと考えておきましょう。

また、電話番号を念のため確認しておきましょう。

後でホームページで調べた電話番号とかかってきた電話番号が異なる場合は、ノーローンから電話がかかってきたわけではないと考えておくのです。

ノーローン側も不審な電話がかかってくる事例を警告しています。

問題のある電話の勧誘には気を付けてください。

ノーローンは電話の取り立てを実施するのでしっかり返済しよう

ノーローンは電話による取り立ても実施してきます。

同時にノーローンというのは、確実に電話で返済するように確約しない限り、何度でも電話による連絡を入れる場合が多いのです。

どうしてもノーローンの電話連絡を回避したいなら、確実に返済を済ませておきましょう。

同時にノーローン側から電話を入れられないように、毎月の返済状況はしっかり確認しておくのです。

他にもノーローンに関連する連絡はありますので、ノーローンと思われる電話番号から電話がかかった時は内容を聞くようにしましょう。

ノーローンの返済は大丈夫?返済で困ったときはここでチェック!
ノーローンの返済方法は多数ありますが、返済方法によってはお金を返しづらくなる場合もあります。 また、返済方法や返済期限をしっかり理解しておかないと、返済日に間に合わなくなり遅延損害金を取られる場合があります。 返済が遅れないよう...