ノーローンの審査は甘い?審査基準や審査落ちの対処法などもご紹介!

ノーローン

消費者金融のノーローンで融資を受ける際に、審査が通りやすいのかどうかや、審査基準なども気になりますよね。

情報サイトや口コミなどで確認すると、「ノーローンは審査が甘い」「他社で審査落ちしていてもノーローンの審査はイケる」などといわれていますが、実際にノーローンの審査は甘いのでしょうか。

今回は、ノーローンの審査基準や、審査に落ちた際の対処方法、ノーローンの審査の流れなどを徹底的にご紹介していきます。

アコム
アコム
おすすめポイント
  • はじめての方は30日間無利息!
  • 最短30分での審査回答が可!
  • 借入が可能かスグ分かる「3秒診断」機能あり
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
1~800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短即日
公式サイトはこちら

ノーローンの概要は?

ノーローンは、新生銀行グループの消費者金融です。
即日融資も対応しており、審査に通過しやすいことでも人気のカードローンです。

また大手の消費者金融の審査に落ちた人でも、ノーローンの審査は通りやすいといわれています。

・何度でも利用できる無利息サービスがある!
・即日融資に対応!
・楽天銀行の口座を利用して即時借入・返済可能!
金利 限度額 審査 振込
4.9~18.0% 300万円 最短20分 最短即日
404 NOT FOUND | マネースタジオ

ノーローンの審査基準とは?

ノーローンの審査に通るためには、ノーローンの審査基準を知ることが大事です。

審査基準に該当しなければ、その時点で審査落ちをしてしまい、融資を受けることは出来ません。

審査基準に該当せずに、審査落ちしてしまうことを避けるためにも、ノーローンが公開している審査基準から確認していきましょう!

年齢制限の上限に引っかかっていないか

ノーローンの公開している審査基準には年齢上限が設定されています。

満20歳~満79歳

そのため、ノーローンの審査申し込み時に満20歳から満79歳に該当をしていないと、ノーローンの審査には落ちてしまいます。

また21歳や78歳など、よりノーローンの審査基準の年齢制限に近いのも、年齢制限の条件は満たしている審査落、審査落ちしやすくなりがちです

安定した収入があるか

ノーローンの公開している審査基準には「安定した収入があるかどうか」という項目も審査に通るポイントとなります。

この「安定した収入」とはどういう状態のことを指すのでしょうか?

安定した収入とは、定期的に給与所得を受けていることをさします。

そのため会社員として働き、毎月お給料が振り込まれている方は「安定した収入がある」とみなされます。

消費者金融などで融資の審査時に見られるポイントは「この人に貸しても、きちんと返済を行ってくれるだろうか」ということです。

そのため「安定した収入があるかどうか」で、「きちんと返済をしていく能力があるか」ということ見極めるため、この「安定した収入」も審査基準の一つになるのです。

ノーローンはアルバイトや派遣社員でも申し込める!

ノーローンの新審査を通るには、正社員ではないといけないのでしょうか?

ノーローンでは、安定した収入のことを「定期的な収入」として審査しています。

そのため、正社員としての収入でなくても、アルバイトや派遣社員としての収入でも「定期的な収入」となり、申し込みを行うことが出来ます。

アルバイトなどの収入の場合は、より安定性が高くなるほど審査に通りやすくなるため、固定シフトやフルタイムのシフトなどだとよりノーローンの審査にも通りやすくなります。

ノーローンは専業主婦でも申し込める?

アルバイトや派遣社員の収入が安定した収入として認められるのであれば、専業主婦は審査に通るのでしょうか?

実はノーローンでは専業主婦だと収入が無いとみなされ、審査に通れません。

つまり収入があるということがカギとなるため、パートなどを行っていないとノーローンの審査に通ることは難しいです。

ノーローンではなぜ審査を行うのかを考える

そもそも何故、ノーローンをはじめとするキャッシングを利用する際には、審査が必要なのかを考えると良いです。

キャッシングの業者は「この人は本当に融資をしてもいいのかを見極める」ために年齢や収入など、あらゆる観点から審査を行います。

例えば安定した収入が無いと「この人はここで受けた融資をどうやって返済をしていくのだろうか」判断されてしまいかねず、ノーローンの審査に通ることが出来ないのです。

3秒借り入れ診断でわかる

ノーローンの利用時には、審査前にノーローンの公式サイトから「3秒借り入れ診断」というサービスを利用することが出来ます。

  • 年齢
  • 税込み年収額
  • 他社での借り入れ件数
  • 他社での借り入れ金額
  • 他社での返済遅れ状況

以上を入力して、借り入れが出来るかどうかの簡単な審査を行ってくれます。

ノーローンで借り入れの本審査を申し込む前に、「3秒借り入れ診断」で確認をして、審査前の一つの指標にして申し込みを行うことが出来ます。

ノーローンの審査に落ちてしまう理由は?

上記でご紹介したノーローンの審査基準には満たしているのにも関わらず、ノーローンの審査落ちをしてしまうこともあります。

しかし、お分かりのようにノーローンの審査には、上記の審査基準の他にも審査項目があります。

ここからはノーローンの審査時の項目を、一つずつ確認していきましょう!

ノーローン以外の他社で借り入れ件数が多い

他社での借り入れ件数が多いと、ノーローンの審査に落ちる可能性が高くなります。

借入時には総量規制という制度があり、キャッシングなどで融資を受けるには自分の年収の1/3以下である必要があります。

つまり1/3以上は借り入れをすることが出来ないのです。

そのため他社での借り入れが多いほど、イコールで借入総額が大きくなりがちと判断されます。

借り入れ件数が多いのもノーローンの審査落ちしやすくなる原因の一つとも言えます。

短期間で複数の申し込みをしている

短期間で、複数のキャッシングの申し込みを行っていることも、ノーローンの審査に落ちる原因になります。

ノーローンの審査時には、個人の信用情報を確認して審査を行いますが、その際に申告をしていなくてもこれまでの借り入れ状況などが分かります。

それは融資の申し込み状況も同様に確認を行うことが出来ます。

そのため、短期間で複数の融資の申し込みを行っていると「こんなに短期間で申し込まないほどお金に困っているのに、融資を行ったところで返済していけるのか?」と審査時に判断しかねません。

そのため、融資の申し込みは1カ月に2件までに止めておきましょう。

ひと月の申し込み件数が3件超えると一気にノーローンの審査落ちをしやすくいなります。

同時に複数に審査を申し込むのもNG

ノーローンの審査申し込みの際に、同時に他社にも融資申し込みを行っている場合、ノーローンの審査にも落ちます。

短期間での申し込みと同様に審査時に申し込み状況などを確認することが出来ます。

「こんなに申し込まないといけないほどお金に困っているのに返済能力あるの?」と判断されて、結果ノーローンの審査にも落ちる可能性が高いです。

5年もしくは10年以内に金融事故を起こしている

ノーローンの審査時には、過去に金融事故を起こしていないかどうかの審査も行われます。

金融事故とは、信用情報に傷が無いかということです。いわゆるブラックリスト入りしていないかということですね。

信用情報とはローンやクレジットの遅延や延滞の記録をしているもので、カードローンの審査時などの取引記録は、業者はそちらを閲覧することが出来るのです。

信用情報をみて審査を行うので、カードローンの審査のほとんどはこの信用情報がカギとなります。

過去のカードローンの利用履歴などはここに記録されており、それらの支払いの遅延が生じた場合もそちらに記録が残ります。

そもそも過去にローンなどの支払い遅延履歴がある人は「この人は一度遅延しているからまた支払い時に同じような問題を起こされかねない」と判断されてしまい、審査落ちします。

何故5年もしくは10年以内なのか?

上記でご紹介した信用情報に記載される取引記録は、一定期間がたつと信用情報から消えるのです。

信用情報から表示されなくなるのは、5年かかり、5年でやっとそれらの金融事故情報が信用情報から消えるのです。

しかし本来であれば、数日程度の返済遅れであれば、信用情報に載ることもありません。

一般的には3ヶ月超えの長期延滞などは「異動情報」として記録され信用情報から5年の間は消えません。

5年間信用情報として残る長期延滞は、以下のことが当てはまります。

  • 債務整理
  • 特定調停
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 強制解約
  • 代位弁済

また「5年または10年」とご紹介したのは、自己破産のみ10年間保管されてしまうためです。

そのためこれらの異動情報が、個人信用情報機関に残っている5年から10年の間は、ノーローンをはじめ銀行カードローンや大手消費者金融の審査に通ることはありません。

その他、クレジットカードや住宅ローンの審査にも通過することはできないのです。

どうしても融資が必要の場合は、このあとご紹介する中小消費者金融の利用を検討してみて下さい。

中小消費者金融では、このような金融事故を起こしている場合にも柔軟に対応してもらえることが多く、融資を受けることが出来るかもしれません。

属性に問題がある場合はノーローンの審査に落ちてしまう

属性とは、安定した収入にも関係があります。

職業や勤め先における雇用形態や、給与体制、また年齢やなどの個人に関わる情報、その人に関わる情報を属性と呼びます。

主に属性は以下のことを指します。

  • 雇用形態が正社員ではない(派遣社員やアルバイトなど)
  • 給与が歩合制
  • 自営業・個人事業主
  • 勤続年数が1年未満
  • 年収が極端に低い
  • 申し込み時に満20歳以上65歳未満の上限に近い年齢
  • 学生
  • 専業主婦・主夫

これに何か問題があると、審査に落ちる可能性があります。

また以下のような属性がある人も、ノーローンの審査に落ちてしまう可能性もあります。

  • 収入が無い(=無職)
  • 年齢制限に引っかかる
  • 反社会的組織に所属している

ノーローンの審査は、他の大手の消費者金融の審査に比べて審査が甘いといわれています。

そのため上記の3点に引っかかってしまう場合は、ノーローンの審査に通ることはほぼ無理ととらえて良いでしょう。

ノーローンの審査申し込み時にウソの情報

ノーローンの審査に落ちるのを恐れて、申し込み時の情報に事実とは異なる情報を提出した場合、即ノーローンの審査落ちの対象となります。

また同様に審査時に提出する情報のミスなども、ノーローンの審査落ちになってしまう原因となります。

前述でも散々紹介していますが、ノーローンの審査時に限らず、信用情報や他社での借り入れ状況なども、審査時に業者側が調べれば分かってしまいます。

提出情報には事実とは異なる情報を書いても結局審査には落ちてしまいますし、ミスなどでノーローンの審査に落ちてしまうのも勿体ないです!

情報の提出時にはミスが無いように気を付けましょう!

ノーローンの審査の流れとは?

ここからはノーローンの審査の流れをご紹介いたします。

  1. パソコン・スマートフォン・自動契約機から申し込み
  2. 電話にて勤め先に在籍確認
  3. 在籍確認完了後、最短20分で電話orメールで審査結果
  4. 契約に必要な書類の提出方法を確認
  5. 専用カードを輸送or自動契約機で受け取り完了!

以上で完了です。

ノーローンを即日で融資を受けたい場合は、審査時に即日希望の欄があるので、そちらにチェックを入れましょう。

ノーローンの審査に落ちてしまった際は

もしノーローンの審査に落ちてしまった場合、他の消費者金融を利用するの一つの手です。

大手消費者金融や、中小の消費者金融など、他にもキャッシングを利用できるサービスはあります。

意外と大手消費者金融にも通ることがある

ノーローンの審査に落ちる人は、大体がアコムやアイフルと言った大手の消費者金融に落ちてしまった方が多いと思います。

しかし大手消費者金融においても、審査基準における細かいポイントは、各社異なっています。

大手の審査に1社落ちたとし、ノーローンの審査に落ちたとしても、稀に他の大手の消費者金融の審査に通過することもあります。

また今回のノーローンの審査基準を見直したことで、審査落ちの原因となっていたポイントを修正することができて、審査に通るということもあります。

「大手もノーローンの審査も落ちたしもう無理だ…」と思っても諦めず、上記の審査基準を振り返ってまた審査申し込みを行ってみるのもアリです。

大手消費者金融ならアコムアイフルプロミスSMBCモビットあたりは定番の消費者記入でもあり、おススメです。

中小消費者金融は審査に通りやすい?

これまで大手消費者金融の審査に落ちてしまい、ノーローンの審査に申し込みをされた方も多いと思います。

大体の方はアコムやプロミスなどの大手の消費者金融を申し込みを行った上で、比較的審査が甘いといわれているノーローンの審査に申し込みをした、と言う方も多いはず。

ノーローンの審査も落ちてしまった場合、その次の手段として中小の消費者金融を利用してみるのも一つの手です。

大手の消費者金融の審査に落ちてしまう理由の一つに、信用情報に傷があることが多いです。

中小の消費者金融では、大手の消費者金融の審査に落ちてしまうような、信用情報に傷がついている利用者の受け皿となることが多いのです。

そのため、より審査基準を低くし、通りやすくしているところが多いです。

ノーローンの審査も通過しやすいとも言われていますが、もしノーローンの審査も落ちてしまったら中小の消費者金融も検討しましょう!

キャッシングのフタバ

キャッシングのフタバは創業50年以上を誇る、老舗の中小消費者金融です。

借り入れ件数は4件までと柔軟に対応をしており、大手の消費者金融の審査に落ちた方でも融資の審査が通りやすいといわれています。

来店不要、即日対応OK、また中小の消費者金融には珍しく、初回借り入れ時から30日間は無利息サービスを行っています。

キャッシングのフタバを利用したい!大手審査落ちでも大丈夫?
大手消費者金融の審査に落ちてしまったので、中小消費者金融からの借り入れを検討しているという人もいると思います。 安心して利用できる業者 他社借り入れが多くあっても借りられる業者 大手消費者金融なみのサービスを受けられる...

ノーローンの審査に確実に通過できるようにするコツは?

ノーローンの審査に確実に通過できるようにするコツを紹介していきます。

  • 複数のローンに同時に申し込まない
  • 申込時に不備がないようにする
  • 借入希望額を少なめにする
  • 他社借入があるなら件数を減らしておく
  • 在籍確認の対策を行っておく

一つずつ確認していきましょう。

複数のローンに同時に申し込まない

ノーローンの審査に申し込みを行う際は、ほかのローンの申し込みをするのをやめましょう。

同時期に複数のローンの申し込みを同時に行ってしまうと、申し込みブラックとなってしまい、すべての審査に通らなくなってしまいます。

ローン会社は、利用者が総量規制を超えて融資を受けてしまうと、貸金業法という法律に違反してしまうことになります。

法律に違反すると、ペナルティを受けるのは融資を行ったローン会社がうけることに。

そうならないように、同時に申し込みを行って両方の審査に通過してしまうことえお避けるために、すべての審査に落ちてしまうのです。

そのため、同時期に複数の金融機関に申し込みを行うのはやめましょう。

1回申し込みブラックとなってしまうと、半年間はその状態が解除されないため慎重に行いましょう。

申し込みブラックでも融資可能?ブラック原因や対処法も紹介
キャッシングに申し込んだのに何も審査を受けないまま審査落ちの連絡が入る場合もあります。 審査をしているとは思えないような時間で審査落ちの連絡を受ける場合、ブラック状態に陥っているケースがあります。 ブラックは返済していないなどの...

申込時に不備がないようにする

申込時に不備が生じると、審査に時間がかかったり、審査落ちとなってしまう原因になりかねません。

特にWEBから申し込む際は、入力情報のミスなどが起こりやすいです。

入力ミスだと審査担当者がわかってくれればいいですが、担当者からすれば、提出された情報がすべて。

それが意図的なのかミスなのかは判断ができません。

故意による悪質なものと判断されてしまえば審査に落ちてしまいます。

入力ミスで審査に落ちてしまうのはとても勿体ないので、慎重に行いましょう。

借入希望額を少なめにする

確実に審査に通過したいのであれば、借入希望額を少なめに申し込みを行いましょう。

申込時の借入希望額が総量規制ギリギリであると、審査が慎重に行われてしまい、時間がかかってしまいがちです。

また審査ではきちんと返済が行われるか否かを判断するため、総量規制ギリギリのような場合であると返済滞納のリスクも高まってしまいます。

結果少しでも気になる点があれば審査に通すことを懸念され、審査落ちとなってしまうのです。

確実にノーローンの審査に突破したいのであれば、借入希望額は少なめ・最低限にして申し込みを行いましょう。

貸し付け時に適用される総量規制とは?例外となる事例も紹介
貸金業界では総量規制という言葉があります。 総量規制はキャッシングを利用する際に適用されるもので、貸しすぎを防ぐために使われています。 総量規制は適用される場合と適用されない場合があります。 適用されない場合はもちろんのこ...

他社借入があるなら件数を減らしておく

ノーローンの申し込み時に、他社借入がある場合、少しでも返済をしておき、件数を減らしておきましょう。

そもそも借入件数が4件以上ある場合は、その時点で審査に落ちてしまうので、ノーローンを利用することはできません。

借入件数がいくつもある場合、1社での返済が間に合わずに次の業者で借りることで、返済を間に合わせているケースが多いです。

そのような自転車操業状態であると、審査に通してもきちんと返済されない可能性があります。

そのため審査落ちとなってしまうのです。

借入件数が複数ある場合は少しでも返済をしておく、プチおまとめをするなど、件数を少なくしておきましょう。

またどうにもならない場合は、おまとめローンなどを利用し、自分の債務状況を立て直すことをお勧めします。

審査に通りやすいおすすめおまとめローンはこれだ!通過するためのポイントは?
「カードローンの借り入れを一本化して、返済を楽にしたい…」と悩んでいる人におすすめなのが「おまとめローン」です。 他社借り入れを一本化して、金利を下げることができるほか、返済日がまとまるので管理がしやすくなるというメリットがあります。...

在籍確認の対策を行っておく

ノーローンの審査では、在籍確認が行われます。

在籍確認を免除にすることは基本的にできません。確認が取れなければその時点で審査落ちとなってしまうため、不安な人は対策をしておく必要があります。

また基本的に在籍確認では、審査担当者の個人名で電話がかかってくるため、かりにじぶんが電話に出れなくても同僚にばれる心配はありません。

そのため、安心して対応しましょう。また自分が不在であった場合も、席外ししていますなどの在籍がわかる対応がされれば、基本的にそれで在籍確認は完了してしまいます。

それでも心配な場合は。下記の記事で対策方法や言い訳などを紹介しているため、併せてチェックして下さい。

カードローンの在籍確認で使える言い訳は?体験談をもとに厳選した言い訳をご紹介
消費者金融や銀行カードローンを利用する際にネックなのが、勤務先へかかってくる在籍確認の電話です。 基本的に在籍確認が取れない場合はカードローンの審査に落ちてしまいます。 しかしこちらの主張によっては、電話での在籍確認ではなく、書...

ノーローンの審査についてのまとめ

今回はノーローンの審査についてご紹介いたしました。

公表している審査基準には以下のポイントがありました。

  • 満20歳~満79歳であるか
  • 安定した収入があるか

また上記の審査基準以外にも、ノーローンの審査時には以下のポイントも審査されるといわれています。

  • 他社での借り入れ件数が多い
  • 短期間で複数の申し込みを行っている
  • 金融事故を起こしている
  • 属性に問題がある

ノーローンの審査は通りやすいといわれていますが、よりノーローンの審査の通過率を上げる為にも、これらのポイントを注意しましょう!

404 NOT FOUND | マネースタジオ