飲み会に誘われたけどお金がない!【断れないときの対処方法】

お金の悩み
『飲み会に誘われたけどお金が無くて行けない…。』
『お金がないけどどうしても断れない…。どうしたらいいの…?』

飲み会に誘われたけどお金が無くて飲み会に参加できないという状況に陥ったことがある方は少なからずいると思います。

せっかく飲み会に誘ってもらえたのにお金が無くて断るのは、心が痛むこともありますよね。

この記事では、お金がないときの断り方や、お金がない時でも飲み会に行く方法について解説しています。

お金がなくて飲み会に行けないような状況に陥っている方はぜひ参考にしてください!

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

飲み会に誘われたけどお金がない!どうすればいい?

飲み会には少なからずお金がかかりますよね。

給料日の前であったり、大きな買い物をしてしまったりと、お金がなくなってしまう要因はたくさんあります。

給料日前だと3000円の飲み代ですら、大きく感じてしまいますよね…。
このように、お金がない状況でも円滑に飲み会を断るときに使える断り方を紹介します。

  • 正直にお金がないという
  • ほかの理由をつけて欠席する
  • 二度と誘われたくないときの断り方
  • 世の中にある面白い断り方

これらの方法について詳しく説明します!

正直にお金がないという

信頼できる相手や、同僚、彼女のような親しい人からの誘いであれば、正直に「お金がない」と伝えるのがいいですね!

変な嘘をついて信頼関係が崩れてしまうのは、お金がない状況よりも辛いです。

また、信頼できる相手であれば、お金がないと言ったらおごってくれるかもしれません。

自分からおごってというわけにはいきませんが、おごってくれる可能性もあるので、信頼できる相手にはお金がないと伝えましょう。

ほかの理由をつけて欠席する

「お金がない」と正直に伝えて良いのは、信頼関係ができている友人や同僚、彼女のような親しい人たちだけです。

というのも、「あなたと飲みに行くお金はありません。」と解釈されてしまう可能性があるからですね。

あなたが「お金がないので飲み会にいけません」と断ることで、断られた側の人は招待した飲み会に価値がないと理解します。

なので、信頼関係ができている人にしか使えません。

では、ここからは「お金がない」という断り方以外の方法で飲み会を断る方法について解説します。

  • ほかの日に誘ってほしいと言う
  • 先約があると言う
  • 資格勉強で参加できないと言う
  • ジョークで行けないことを伝える
  • 体調不良を言い訳にする
  • 待ちに待っている宅急便が届くと言う

以上のような様々な断り方を用意したので、ぜひ参考にしてください。

ほかの日に誘ってほしいと言う

「どうしても外せない用事があって、行けないけど、また別の機会に誘って欲しい」

このように伝えることによって、『行きたいけど行けない』という気持ちを表すことができますね!

誘ってくれた方に対して失礼になることもなく、人間関係を壊してしまうこともありません。

ただ、毎回のようにこの断り方をしていたら、だんだんと誘われなくなってしまうので使うのは最初の一回だけにしておきましょう。

先約があると言う

「今日は、友達と約束してしまっているので、飲み会にいけません。」

友達や彼女との先約があるということを伝えることで、スムーズに断ることができます。

「どこにいくの?」「いつの友達?」など聞かれることもあるので、すぐに答えられるように準備しておきましょう。

資格勉強で参加できないと言う

「資格の勉強をしているので、飲み会に参加できません。」

このように伝えることによって、飲み会に行く余裕がないことを伝えられます。

ただし、普段から真面目に振る舞っている方でないと、疑われてしまうので注意してください。

また、この方法で飲み会を断ってしまうと、資格試験が終わったと判断されるまで飲み会に誘われなくなってしまう可能性もあるので、気をつけましょう。

ジョークで行けないことを伝える

冗談や面白おかしく伝えることで、場を和ませながら断ることができます。

以下のような言い回しで断ってみましょう。

  • いま財布が軽いので
  • これ以上の出費は嫁に殴られるので
  • 1億円貯金する目標があるので
  • 諭吉が財布からいなくなってしまったので
  • 宗教上の理由により

このような断り方をすることで、直接断るよりも伝えやすいですね。

笑い話にも繋がるので、誰も不幸にならない断り方です。

体調不良を言い訳にする

「今日は朝から頭痛がひどいので飲み会にいけません。」

体調不良であれば、誘ってくることはありませんね。

ただ、これも毎回使っていては疑われてしまうので注意が必要です。

また、昼間はすごく元気だったのに、誘った途端に体調不良になってしまうと、すぐにバレてしまうので使う場面は考えましょう。

待ちに待っている宅急便が届くと言う

「今日届くように指定していた物を受け取らなければ行けないので、飲み会にいけません。」

ずっと前から届くのを楽しみにしていた物が届くということを言い訳にしましょう。

楽しみにしていた物を受け取らなければいけないのに、家には誰もいなくて受け取ることができなかった経験は、誰しもありますよね。

「後日受け取ればいいじゃないですか!」と言われてしまうかもしれませんが、ずっと前から楽しみにしていたことを伝えれば、責められることはありません。

二度と誘われたくないときの断り方

ここまでは、その場しのぎの断り方を解説していましたが、ここからは二度と飲み会に誘われたくないという方向けの断り方を紹介します。

ここで紹介する断り方では、人間関係を壊してしまうこともあるかもしれません。

なので、言い方には気をつけなければなりませんが、毎回断るのも辛いという方もいますよね。

  • ドクターストップで行けないと伝える<
  • 万年金欠状態と言う
  • 仕事以外で付き合えないとはっきり言う

これらの方法を使えば、二度と飲み会に誘われることはなくなるでしょう。

では、一つずつ解説します。

ドクターストップで行けないと伝える

健康的で、普段から活発的な方だと使えませんが、ドクターストップをかけられていると伝えることで、飲み会に二度と誘われなくなります。

肝臓が悪かったり、生活習慣病だったりと、お酒を飲んではいけない病気はたくさんありますよね。

それを考えれば、ドクターストップをかけられている方がいてもおかしくありません。

もちろん、心配されて「どんな病気なの!?」と聞かれることもあるので、理由はしっかりと考えておきましょう。

この理由をしっかりと伝えられないと、人間関係を壊してしまうことにつながるので、気をつけてください。

万年金欠状態と言う

「奨学金の返済もあって、飲み会に行くお金が作れないんです…。」
「一人暮らしをしているので、飲みに行くお金がありません…。」

このような断り方であれば、お金がない人認定されてしまうので、二度と飲み会には誘われなくなるでしょう。

それだけではなく、職場で貧乏という噂が広まってしまうかも知れません。

それでも飲み会には行きたくないという猛者だけがこの断り方を利用するべきでしょう。

仕事以外で付き合えないとはっきり言う

「退勤後はプライベートを優先したいので、仕事関係の方とはお付き合いできません。」

このように、はっきり伝えることによって確実に断ることができます。

ただし、コミュニケーションを取る気もないということを同時に伝えてしまうことになるので、おすすめできません。

会社をやめてもいいと思っているのであれば、この断り方でもいいですね!

世の中にある面白い断り方

ここまで紹介した断り方は、普通のものばかりですね。

ですが、世の中にはとてもおもしろい断り方をしている方が多くいます。

ここでは、面白い断り方を紹介します!

「老後に2000万円必要だとニュースで言っていたので、飲み会に行くお金が作れません。」

確かに、老後2000万円必要というニュースが一時期話題になっていましたが、それを理由に飲み会を断るのは斬新ですね(笑)

「家にカレーが4日分くらいあるので、飲み会にいけません。」

大量に作り置きしておけば、飲み会に行くどころではありませんね。

早く食べないと腐ってしまうので、仕方ないとなるでしょう。

「Wi-Fiの調子が悪いので。」

新型コロナによってリモート飲み会が普及されましたが、その対処方法ですね。

缶酎ハイのお金すらもったいなく感じる方もいるので、この断り方は使えそうです!

どうしても飲み会を断れないときもある

ここまでは、飲み会の断り方について解説してきましたが、どうしても断れないという状況もありますよね。

目上の人からの誘いであったり、気になっている方からの誘いだったり…。

特に、会社の上司に誘わると、仕事のヒントや重要なお話を聞かせてもらえるかもしれないので、断りたくないという方も少なくありません。

「飲みニケーション」という言葉が有るように、飲み会も仕事のうちと考える人もいますよね。

このような状況だと、断りにくいでしょう。

なので、ここからはお金がなくても飲み会に行く方法について解説します。

お金がない時でも飲み会に行く方法

お金がなくても飲み会に行く方法は以下の通りです。

  • 安いお店に変えてもらう
  • 一緒に飲み会に行く人に借りる
  • クレジットカードを利用する
  • 即日融資を受ける

これらの方法を利用することで、飲み会に参加することができます。

これだけではわかりにくいので、ひとつずつ解説しますね。

安いお店に変えてもらう

お金がないときに誘われたら、お金がないということを伝えつつも、居酒屋のランクを下げてもらいましょう。

予算を伝えることで、その予算にあったお店で飲み会をしてもらうことができるかもしれませんよね。

また、相手が上司や先輩であれば、足りない分の飲み代を出しくれることもあるかもしれません。

ただ、毎回のように居酒屋のランクを下げるようにお願いしていると印象が良くないので、乱用はしないようにしましょう!

一緒に飲み会に行く人に借りる

「飲み会に行くためのお金がないから、貸してくれませんか?」

このようにお願いすることで、飲みに誘ってくれた同僚や友人からお金を借りることもできますね。

ただ、お金の貸し借りが嫌いな人もいると思いますし、お願いするだけにしておきましょう。

もし、借りることができるのであれば、いつまでに返せるのかしっかりと伝えて、必ず返済日を守りましょう。

クレジットカードを利用する

現金の持ち合わせが無いのであれば、クレジットカードを利用することで、飲み会に行くことができますね。

クレジットカードで支払えるのであれば、誰も傷付かずに飲み会に参加することができます。

また、支払い時にも他の人の飲み代をクレジットカードで支払うことになり、他の方たちから、現金を受け取れます。

現金を受け取ることができれば、現金がないという状況からも脱出できるので、一石二鳥です!

即日融資を受ける

どうしても断れないけど、どうしても飲み会に行くためのお金を作れないという方は、即日融資を受けることも考えましょう。

プロミスアイフルのような大手の消費者金融であれば、即日金融が可能なので、誘われたその日にお金を用意することもできますね。

また、30日間は利息が無料になるようなサービスもあるので、給料日までに返済してしまえば全く問題ありません。

即日融資OKの審査甘いキャッシングは?闇金以外の中小消費者金融を利用しよう
「急にお金が必要になった…!」 そんな時に利用したいのが消費者金融の即日融資です。 しかしアコムやプロミスなどの大手消費者金融を利用するには審査に通過しなければなりません。 大手の審査に通過できる自信が無い…そんな方は即日...

まとめ

もう一度、お金がないときに飲み会に誘われたときの対処方法をまとめておくと、

  • お金がなくて飲み会に行けないと正直に伝える
  • 嘘をついて飲み会に行けないことを伝える
  • お金を借りて飲み会に行く

飲み会を断るとなれば、人間関係を壊してしまうことにも繋がりますし、何かと不安でしょう。

できることであれば、飲み会に参加したいですよね。

とはいっても仕方なく飲み会を断るときには、今後の関係性まで考えることをおすすめします。

また、飲み会に参加するのであれば、クレジットカードや消費者金融を利用して、なるべく信頼関係を維持しましょう。

参考死ぬほど飲み会苦手な元JDが新卒の半年間すべての飲み会に無理やり参加し続けた結果