オリックス銀行カードローンの返済額はいくら?返済方法も徹底解説

オリックス銀行

オリックス銀行カードローンの審査に通って無事融資を受けられたのもつかの間。

今度は返済が待っています。

しかしオリックス銀行カードローンの返済はどのように行っていくのか?月の返済額はどのように決まるのかも気になります。

そこで今回は、オリックス銀行カードローンの月の返済額や返済方法などを解説していきます。

オリックス銀行カードローンが少額キャッシングにオススメな理由
オリックス銀行カードローンは即日振込も対応してもらうことができます。審査時間が長めだと言われがちですが、実は少額のキャッシングではもっとスピーディーに利用することができます。この記事ではオリックス銀行カードローンの即日振込を少額キャッシングで利用する場合についてお話したいと思います。
プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

オリックス銀行カードローンの月の返済額は?

まずはオリックス銀行カードローンの月の返済額はどのように決まるのでしょうか?

月の返済額の決定方法は、元利込定額リボルビング返済で行われます。

また元利は、毎月一定の返済額によって返済を行っていくものです。

一方元利込定額リボルビング式の方は、残高が減った後でも定額の返済となっていくので、返済が早期に終わりやすいです。

利息も日ごとに増えていくことを考えると、早く完済した方が総額の返済額を抑えることが出来るので、少し頑張ってでも、定額での返済方法を利用した方が良いです。

元利込定額リボルビング返済

元利込定額リボルビングの返済額を確認していきましょう。

借入残高 毎月のご返済額
30万円以下 7,000円
30万円超50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 20,000円
100万円超150万円以下 30,000円
150万円超200万円以下 35,000円
200万円超250万円以下 40,000円
250万円超300万円以下 45,000円
300万円超400万円以下 50,000円
400万円超500万円以下 60,000円
500万円超600万円以下 70,000円
600万円超 80,000円

金額ごとに、毎月の最低返済額がこのようの代わります。

オリックス銀行カードローンの返済方法は?

オリックス銀行では、毎月約定返済(毎月の返済のこと)を行う必要があります。

オリックス銀行カードローンの約定返済方法は、下記の3通りから返済を行うことが可能です。

  • 口座振替
  • 提携ATM
  • 返済専用口座に振り込み

各返済方法のポイントを確認していきましょう。

返済方法①口座振替

オリックス銀行カードローンの返済方法の一つ目は、口座振替(口座引き落とし)です。

毎月の返済日に登録した口座から自動的に引き落としを行ってくれます。

返済日にわざわざ銀行に振り込みに行く手間などが省けるので、返済漏れなどを起こす心配な額なります。

つい返済を忘れてしまうと、遅延金を払わなければならないので、1日たりとも返済を遅らせたくはないですよね。

しかし口座に引き落とし分のお金が入っていないと、引き落としが完了せず、返済額の回収ができなかったなどの恐れもあるので、あらかじめ口座にお金を入れてい置く必要があります。

また口座への入金も、返済日の前日までには入れておく必要があります。

引き落とし時間は金融機関によって異なるので「当日中にお金を入金しておいたから間に合うず」といったことはありません。

返済口座に利用できない銀行もあるので注意が必要

オリックス銀行カードローンの返済には、口座振替に対応していない口座もあるので注意が必要です。

オリックス銀行カードローンの返済に対応していない口座は下記になります。

  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • ソニー銀行
  • 楽天銀行
  • イオン銀行
  • オリックス銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 新銀行東京
  • じぶん銀行
  • シティバンクなどの外資系銀行
  • 商工中金
  • 農林中央金庫

返済方法②提携ATM

オリックス銀行の提携ATMからも返済が可能です。

対象の銀行は下記になります。

  • セブン銀行
  • ローソン銀行
  • イオン銀行
  • E-NET

提携ATMはコンビニなどからでも気軽に返済を行うことが出来るので、平日の日中は難しい…というかたも安心して返済を行うことが出来ます。

利用可能時間:0:15~3:00、4:10~23:50

手数料は無料で利用が出来ます。

また下記の銀行でも返済手続きが可能です。

  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • 西日本シティ銀行
  • ゆうちょ銀行

返済方法③返済専用口座に振り込み

オリックス銀行カードローンの返済専用口座に振り込みをして返済する方法もあります。

  • 口座振替に使える口座がない
  • ローンカードが無いけど返済したい

と言った方には、この振込での返済方法も利用することが可能です。

この返済方法は、お客様毎に返済用の口座が異なるため、専用サイトの「メンバーズナビ」から返済に必要な手続きを行う必要があります。

実際にこの口座に返済を行う際には、銀行・コンビニなどのATMか返済を行います。

方法や返済する額によっては108円~648円の手数料が別途必要となることがあるので注意が必要です。

オリックス銀行カードローンの返済日

オリックス銀行カードローンの返済日は、下記の通り二つあります。

オリックス銀行カードローンの返済日
10日・末日

オリックス銀行カードローンの返済方法の変更はどうやるの?

年利とは-がま口を持ってお金のことを考える女性

「ATMで返済してたけど、わざわざ返済しに行くのはめんどくさいから、口座振替に変更したい…」

なんてときのために、返済方法の変更はどのような手順を踏むのでしょうか?

返済方法変更方法

  • WEBのメンバーズナビを利用から申し込み
  • オリックス銀行カードデスクに電話をする

細かい申し込み方法を確認していきましょう。

WEBのメンバーズナビを利用から申し込み

オリックス銀行カードローンWEBサイトから「メンバーズナビを利用」で手続きを行う方法。

メンバーズナビにログイン後、「各種変更手続き」から、返済方法を変更することが出来ます。

ネットからの申し込みは土日祝日でも申し込み可能なので、平日忙しい方でも安心して利用することが可能です。

また注意しておく必要があるのは、スマートフォンからメンバーズナビで返済方法の変更手続きを行うことが出来ません。

変更する場合はパソコンから利用するようにしましょう。

オリックス銀行カードデスクに電話をする

オリックス銀行のカードデスクに電話をして、返済方法の変更手続きを行ってもらうことが出来ます。

「手元にパソコンが無いから返済変更手続きが出来ない…」というかたは、こちらのカードデスクから申し込みを行うようにしましょう。

オリックス銀行カードローン カードローンデスク
電話番号:0120-890-670
受付時間:9:00~18:00
土日祝、12/31~1/3は休み

口座振替に変更する時は書類提出

オリックス銀行カードローンの返済方法を、他の返済方法から口座振替に変更する場合のみ、申し込み時に書類の提出が必要です。

しかし口座振替に変更するには、通常1か月~2カ月ほどかかるので、すぐには変更することが出来ません。

予め注意が必要です。

口座振替への変更方法は下記のように行います。

  1. カードデスクに電話
  2. 返済方法を口座振替に変更したいことを伝える
  3. オリックス銀行カードローンから預金振替口座依頼書が届く
  4. 希望の口座番号名前、電話番号、住所などを記入
  5. 同封の返信用封筒にいれて郵送で提出

メンバーズナビには定期システムメンテナンスが行われるため、毎日3:00~4:10は利用できないので、その時間以外で利用するように心がけましょう。

随時返済を活用して総返済額を抑えよう!

毎月の返済を約定返済と呼びます。これに加えて追加で返済を行うのが追加で返済を行うことを随時返済と呼びます。

この随時返済は、少しでも余裕があるのであれば利用した方がメリットが多いのです。

  • トータルに返済額を抑えられる
  • 随時返済の金額は全て借り入れ残高に充てられる

トータルの返済額が抑えられるのは、利息は日ごとに加算されていくので、随時返済を行うことで早く完済することができますよね。

返済期間を短くできるので、結果的にトータルの返済額を抑えることが可能というわけです。

また随時返済で返済した分は、全て借入残高に充てられます。

例えば、普段10000円の返済を行っているとして、利息分が4000円を閉めているとすると、借入残高は月6000円しか減っていないことになります。

ですが随時返済で10000円返済すれば、10000円が全て借入残高分に充てられます。

そのため、随時返済は積極的に行っていった方が、トータルの返済額を抑えることが出来るのです。

口座振替では増額返済もできる

随時返済を口座振替で行うことを、増額返済と呼びます。

いつもの約定返済で引き落とされる返済額に加えて、多めに返済を行うことを指します。

申請をしておくことで自動で返済をしてくれるので、随時返済のためにわざわざATMに出向いたりする必要が無くなります。

増額返済の方法は、オリックス銀行カードローンの「メンバーズナビ」の「増額返済」から申し込みを行うことが出来ます。

オリックス銀行カードローンの返済時の注意ポイントは?

とにかく返済すればいいんでしょ?というわけではありません。

オリックス銀行カードローンの返済を行う時も、いくつか注意ポイントがあります。

ここからは、オリックス銀行カードローンの返済時の注意点を解説していきます。

返済日より2週間前に返済を行うことはできない

「とりあえず返済日までに返済すればOKでしょ?」とも思われがちですが、返済には期間が定められています。

基本的には、オリックス銀行カードローンの返済日の14日前の午前3時以降に返済の入金を行う必要があります。

これより早く返済を行ってしまうと、先月分の随時返済として受け取られてしまうことがあります。

先月の随時返済として受け取られてしまった場合、次の約定返済も行わなければならなくなるため、「自分は次の返済のつもりだったのに…!」と思っても来月分の返済はおこ場わなければなりません。

この約定返済を無視してしまうと、返済の遅延を行ったことになり、遅延金を追加で支払う必要があります。

確実に約定返済として返済を行いたいのであれば、返済日の14日前をすぎてから行うようにしましょう。

提携ATMでの返済では紙幣のみで返済を行う

コンビニなどの提携ATMを利用して返済を行う場合、硬貨の使用が出来ない為、紙幣での返済となります。

例えば7500円の返済額だとすると、500円の返済は、端数切り上げとなります。

その為、返済時は8000円を用意しておく必要があります。

この時、多く支払っている500円分は返却されるわけでは無く、借入残高に充てられます。

ATMからの返済時は、常に端数切り上げで返済する必要があるということを念頭に置いておきましょう。

オリックス銀行カードローンの返済額をピッタリで行いたい場合は、下記の銀行ATMなどを利用して返済を行いましょう。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行

オリックス銀行カードローンで返済が遅れてしまいそうな時は?

「ヤバい!今月の返済、間に合わないかもしれない…」

オリックス銀行カードローンの返済に遅れてしまったときは、どのようなペナルティなどが生じるのでしょうか。

ここからは返済に遅れたときの対処法などを解説していきます。

返済に遅れると「返済遅延金」が生じる

オリックス銀行カードローンの返済に遅れると、遅れた分だけ返済遅延金が生じます。

遅延金は現在の利率に+2.1%分が生じます。これが通常の返済に加わります。

ここで遅延損害金をシュミレーションしてみましょう。

借入残高が20万あったとしましょう。

  • 借入残高20万円
  • 17.8%+2.1%(遅延損害分)
  • 延滞日数14日

遅延損害金は20万円×19.9%(借入利率+2.1%)÷ 365日 × 14日=1526円

毎月の返済額が7000円なので、2週間遅延した時の返済額は計8526円しはらうことになります。大きいですね…。

できるだけ返済に遅延しないように心がけましょう。そのままにしていても、返済額が膨れ上がっていくだけです。

返済に間に合わないときにはオリックスに連絡しておきましょう

オリックス銀行カードローンの返済に間に合わなときには、早めの段階でオリックス銀行カードローンのカーデスクに連絡を入れておきましょう。

何も連絡が無い状態であると、オリックス銀行カードローンから催促状が届きます。

仮に同居人にカードローンを利用していることを知られないようにしていた場合、催促状などの郵送物でバレてしまう危険性も。

またあまりに何日間も返済が滞っているのにも関わらずそのままにしておくと、信用情報にキズが付く事態になります。

今後、オリックス銀行カードローンの増額を検討していた場合、増額審査に通らなくなります。

信用情報にキズが付けば、今後新たにカードローンを利用しようとしても審査に通ることが難しくなります。

同時に、住宅ローンなどの審査にも通過しなくなりますので、遅延しそうになった段階でオリックス銀行カードローンのカードデスクに連絡し、すぐ返済できるように手立てを考えておく必要があります。

オリックス銀行カードローンの返済額のまとめ!

今回はオリックス銀行カードローンの返済額について解説していきました。

  • 返済額は利用コースによって異なる
  • 返済方法は口座振替・提携ATM・専用口座へ振り込み
  • 返済方法の変更は電話orネットから
  • 随時返済を駆使することで、トータルの返済額を抑えることが出来る
  • 返済日の14日前に返済をしてしまうと、前月の随時返済扱いになるので注意
  • 提携ATMで返済時は端数切り上げ分が必要
  • 返済が遅れそうなときは電話を入れておこう
  • 返済が一日でも遅延した場合は日ごとに遅延金がかかる

などが分かりました。

ただ適当に返済していけばいいのではなく、きちんと計画を立てて、返済を行っていく必要があります。

返済日の確認やタイミング、随時返済などを行い、オリックス銀行カードローンの返済もお得に行いましょう!

銀行カードローンで即日融資を受けることは不可能?
お金を借りることを考えたときに、銀行のカードローンを利用することや、消費者金融で借りることが思い浮かびます。 消費者金融はなんだか危なそうなイメージがある…という意見があるのも事実。 出来れば安心そうな銀行カードローンを利用した...