オリックス銀行カードローンは即日融資ができない?最短でお金を借りるには?

オリックス銀行

オリックス銀行のカードローンの利用をするときに気になるのが、即日融資の利用が可能かですよね。

しかし、オリックス銀行カードローンでは即日融資に対応していません。

今回は、なぜオリックス銀行カードローンでは即日融資が行われていないのか、最短で融資を受けるコツは?などを紹介していきます。

 

この記事でわかること

  • オリックス銀行ではなぜ即日融資に対応していないのか?
  • 最短で融資を受けるコツは?
  • どうしても即日融資でお金を借りたいときの対処法は?
プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

なぜオリックス銀行カードローンでは即日融資ができないのか

なぜオリックス銀行カードローンでは、即日融資に対応していないのでしょうか。

オリックス銀行に限らず、銀行カードローンはすべての銀行で即日融資に対応していません。

  • 過剰融資による多重債務者が増加した
  • 警視庁へのデータ照合ステップが追加されたため

このように、銀行カードローンの審査の難易度が引き上げられ、審査に時間がかかるようになりました。

過剰融資による多重債務者のほかにも、某メガバンクで反社会的勢力への融資が明らかになったことから、審査基準が厳しくなりました。

また審査時には、警視庁のデータベースでの照合作業が必須となったのです。

この照合作業では、結果が判明するのに1日ほどかかってしまいます。そのため、物理的にも即日融資ができなくなってしまったのです。

どうしても今日中にお金が必要なのであれば、ほかの方法での借り入れを検討が良いでしょう。

銀行カードローンの過剰融資問題で今後の審査はどうなる?
テレビCMやインターネットを見ていると、アコムやプロミスなどの消費者金融の広告と並んで、銀行カードローンの広告をよく見かけます。 銀行カードローンは消費者金融とは異なり「低金利で利用できる」という点がメリットですが、2017年4月の国...

オリックス銀行カードローンで最短で融資を受けるコツは?

オリックス銀行カードローンでは、即日融資に対応していないことがわかりました。

それでも少しでも早く融資を受ける方法はないのでしょうか?

オリックス銀行カードローンでは、融資までは最短3日での融資が可能です。

最短で融資を受けるには、いくつかコツを使っていくことが大切。

そこでここでは、オリックス銀行カードローンで最短で融資を受けるためのコツを紹介していきます。

ここでのテクニックを使いながら、カードローンの申し込みを行っていきましょう。

  • インターネットから申し込みをおこなう
  • 申込は少しでも早くに開始
  • 書類のアップロードで不鮮明にならないように
  • 在籍確認の対策をしておく
  • 借入希望額を必要最低限に

インターネットから申し込みをおこなう

オリックス銀行カードローンで最短で融資を受けたいのであれば、インターネットから申し込みを行いましょう。

オリックス銀行の申し込み方法には、

  • インターネット
  • 電話

の2通りがあります。

電話申し込みの場合、電話での申し込み後に書類の郵送が行われます。

その書類に記入を行い返送を行いますが、これだけですでに3日以上経過してしまいます。

急いでいるときにはあまりお勧めできない申し込み方法でしょう。

しかしインターネットからの申し込みであれば、そのままフォームに入力を行い、すぐに審査がスタートします。

そのため時間のロスを最大限にカットして審査を始められるのです。

確実に最短で融資を受けたいのであれば、インターネットから申し込みを行いましょう。

オリックス銀行カードローンの審査は厳しいのか?審査に落ちたときの対処法などをご紹介!
オリックス銀行カードローンは、ネットからの申し込みも可能であり、かつ銀行カードローンのため、消費者金融などに比べると低金利で利用しやすそうですよね。 しかし一般的には銀行カードローンの審査は厳正に行われており、利用するハードルが高いと...

申込は少しでも早くに開始

オリックス銀行カードローンで少しでも早く融資を受けたいときは、申込を早い時間に開始することがポイントです。

申し込み開始が午後になってしまうと、審査対応時間を過ぎてしまい、審査が翌営業日に回されてしまうことがあります。

そうなると余計に時間がかかってしまうのです。

そのため、オリックス銀行カードローンの申し込みをできるだけ早い時間に行い、その日にできるだけ審査を進めてもらうことが大切です。

遅くとも午前中までには、オリックス銀行カードローンの申し込みを完了させておくことが良いでしょう。

土日を挟むと時間がかかってしまいがち

審査にかかる時間を公式サイトで確認すると、下記のような記載があります。

Q.審査結果が出るまでどのくらいかかりますか?

速やかな審査に努めていますが、土、日、祝日が間に入る場合や申込状況、審査状況によって時間がかかる場合もあります。 あらかじめご了承ください。

出典:オリックス銀行カードローン『カードローンのよくあるご質問』

このように、審査は営業日のみ=平日のみしか行われていません。

そのため金・土・日に申し込みを行うと審査が再開されるのは次の営業日のため、融資までに時間がかかってしまいます。

金曜日に申し込みをするなら早い時間にスタートさせる・土日は月曜にスムーズに進むように、間違いがないよう慎重に行うなどを行いましょう。

書類のアップロードで不鮮明にならないように

オリックス銀行カードローンのインターネット申し込みでは、銀行から送られてくるURLに書類をアップロードで提出を行います。

この時になにかしらの不備があると、再提出となってしまい、審査に時間がかかってしまいます。

そうならないように、書類提出時には下記のポイントに注意しながら行いましょう。

  • データから書類がはみ出ないようにする
  • きちんと確認できるように鮮明なデータで送る

オリックス銀行カードローンの必要書類

オリックス銀行カードローンの申し込み時に必要な書類は、下記の通りになります。

書類の提出を求められて慌てて出すことがないように、あらかじめ用意を指定おきましょう。

オリックス銀行カードローンで必要な書類は下記の2点です。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

基本的に本人確認書類がないと、カードローンに申し込むことができません。

あらかじめ用意しておきましょう。

また借入額が50万円以上の場合は収入証明書類の提出も求められます。

本人確認書類
名前・現住所・生年月日が確認できる書類

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 個人番号カード
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
収入証明書
個人事業主、会社経営者の方は、源泉徴収票以外の書類をご提出ください。

  • 収入証明書類
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書(その2)
  • 確定申告(付表含む)

在籍確認の対策をしておく

オリックス銀行カードローンでは、審査の最終段階で在籍確認が行われます。

在籍確認とは、申込時に申告した勤務先に本当に在籍をしているのかを確認するものです。

この確認が取れないと、審査に通過することができません。

勤務先に電話がかかってくることでハードルが高く感じる人もしれませんが、在籍確認自体は数分で完了します。

在籍確認は、下記のポイントをもとに進められていきます。

  • 在籍確認の電話時は、審査担当者の個人名で電話がかかってくる
  • 本人が対応しなくても在籍が確認できれば完了する
  • 電話でカードローンの利用がばれることはないように配慮されている

実は融資を進めるうえで、時間がかかりがちなのが、この在籍確認です。

在籍確認自体は、1分程度で完了します。

しかしバレたくないからと遠回しな発言をしてしまったり、在籍が確認できないと、時間がかかってしまうことも。

そのため、きちんと対応の対策をしておきましょう。

カードローンの在籍確認で使える言い訳は?体験談をもとに厳選した言い訳をご紹介
消費者金融や銀行カードローンを利用する際にネックなのが、勤務先へかかってくる在籍確認の電話です。 基本的に在籍確認が取れない場合はカードローンの審査に落ちてしまいます。 しかしこちらの主張によっては、電話での在籍確認ではなく、書...

借入希望額を必要最低限に

借入希望額が少ないと、審査がスムーズに進むため、時間がかかりにくいです。

そのため、すこしでも最短で融資を受けるのであれば、借入希望額を少なめにしましょう。

金額が高いと、審査担当者も「しっかり毎月返済を行ってくれるか?」と審査が慎重になりがちです。

しかし金額が低いと、毎月の返済額もそこまで高額になりません。

そのため返済額の負担が軽くなり、返済の滞納が起こりにくいという判断になります。

確実に最短で融資を受けたい場合は、希望金額を少なめに申し込むようにしましょう。

金額の目安は年収の3分の1まで

目安の金額として、年収の3分の1は超えないようにしましょう。

これは、消費者金融のカードローンなどの法律に「融資は年収3分の1までしか行ってはならない」という決まり(=総量規制)があります。

銀行カードローンは消費者金融とは違う、銀行法という法律の下で行われているため、明確な金額の決まりはありません。

しかし前述でも紹介している通り、審査基準が厳しくなってきているため、できるだけ利用者が過剰融資になってしまわないように配慮がされています。

そのため明確な決まりはないものの、年収の3分の1を超える融資はより審査が厳しいと頭に入れておく必要があります。

ほかにも50万円以下の融資であれば、申込時に収入証明書類の提出がいらないため、審査がスムーズに進みやすいです。

オリックスクレジットなら即日融資が可能

オリックス銀行カードローンで即日融資ができないなんて…!

どうしても今日中にお金が必要なのに…

ここでは、どうしても今日中にお金が必要という方のための対処法を紹介して行きます。

オリックス・クレジットのカードローンなら即日融資もOK

オリックス銀行の同じグループ会社の「オリックス・クレジット」が提供するカードローンであれば、最短即日での融資が可能です。

オリックス銀行とは異なり、貸金業者となります。

利用をするにはオリックス・クレジットの『即契(そっけい)』というサービスを利用しWEBから申し込むことで、即日融資の利用が可能です。

オリックス銀行で申し込みたかったけど、今日中に借りたいし…というときは、同じグループのオリックス・クレジットを活用しましょう。

ほかにも即日融資に対応している金融機関を活用

オリックス・クレジットのほかにも、即日融資に対応している大手消費者金融のカードローンの利用がおすすめです。

大手消費者金融であれば、即日融資にも対応しているので今日中にお金をかりることができます。

また夜も20時くらいまでの申し込みなら間に合う商品も多いので、急な用にも利用しやすいサービスです。

ここでは、大手の中でも特におすすめの消費者金融を紹介していきます。

おすすめはプロミス

プロミス

プロミス概要
商品名 プロミス
利用限度額 500万円まで
金利 4.5%~17.8%
担保・保証人 不要
遅延損害金 20.0%

大手消費者金融の中でおすすめは、プロミスです。

プロミスでも、最短即日での融資が可能。

WEBから申し込みを行うと、来店は不要ですべての申し込みがWEBで完結するため、お急ぎの時でもスマホ一つで完了するのは便利ですよね。

プロミスの即日融資は何時まで?最短10秒で即日融資を行う方法や口コミも解説
冠婚葬祭や病気など、急にまとまったお金が必要になることが必要になったとき、金額が大きければ大きいほど親や友人には借りにくいですよね。 金の切れ目が縁の切れ目とも言いますし…周囲の人間とは金銭問題のトラブルを避けるためにも、お金の貸し借...

オリックス銀行カードローンの概要

オリックス銀行カードローン概要
商品名 オリックス銀行カードローン
利用限度額 最高800万円(10万円単位)
金利 1.7%~17.8%
担保・保証人 不要
遅延損害金 お借入残高に対し借入利率+2.1%(年率)
必要書類 運転免許証、健康保険証、パスポート、個人番号カード(表面のみ) 等
オリックス銀行カードローンの審査は厳しいのか?審査に落ちたときの対処法などをご紹介!
オリックス銀行カードローンは、ネットからの申し込みも可能であり、かつ銀行カードローンのため、消費者金融などに比べると低金利で利用しやすそうですよね。 しかし一般的には銀行カードローンの審査は厳正に行われており、利用するハードルが高いと...

オリックス銀行カードローンでは即日融資ができない…

今回は、オリックス銀行カードローンは、なぜ即日融資ができないのか?についてご紹介してまいりました。

オリックス銀行では、即日融資を行っていません。審査基準が厳しくなり、最短でも融資までに3日程度はかかります。

そのため、確実に最短でオリックス銀行カードローンで融資を受けるには、コツを駆使することが大切です。

もう一度コツを振り返りましょう。

  • インターネットから申し込みをおこなう
  • 申込は少しでも早くに開始
  • 書類のアップロードで不鮮明にならないように
  • 在籍確認の対策をしておく
  • 借入希望額を必要最低限に

それでも何とか今日中にお金が必要であれば、同じオリックスグループの『オリックス・クレジット』のカードローンの『即契』を利用したり、即日融資に対応しているプロミスを利用しましょう。

オリックス銀行カードローンを評判・口コミから考えてみよう!
オリックス銀行カードローンは銀行カードローンの中でもかなり大きな金額を借りられるイメージがあります。 口コミでも「思った以上に借りられた」「借りてよかった」という意見が多く見られますが、本当なのでしょうか? そこで今回は、オリックス...