プロミスのおまとめローンで借入を一本化!返済に悩んでいる人必見!

プロミス

何社からも借り入れがあるけど、そろそろ返済が厳しくなってきた…。

何とかして借金をおまとめローンで一本にまとめたい!

複数の借入をきちんと管理しながら返済を続けていくのは本当に大変です。

そんな複数の借入に悩むあなたには、プロミスのおまとめローンがおすすめです。

今回は、借金問題の解決のための工夫が凝らされている「プロミスおまとめローン」に焦点を当て、詳しく解説していきます。

プロミスの即日融資は何時まで?公式では教えてくれない融資成功のコツとは
冠婚葬祭や病気など、急にまとまったお金が必要になることが必要になったとき、金額が大きければ大きいほど親や友人には借りにくいですよね。 金の切れ目が縁の切れ目とも言いますし…周囲の人間とは金銭問題のトラブルを避けるためにも、お金の貸し借...
プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短30分融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!※
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短30分
公式サイトはこちら
  1. プロミスおまとめローンの特徴~どんな人が利用できる?
    1. プロミスおまとめローンのスペック
    2. おまとめローンなのに即日融資が可能
    3. 他社への返済はプロミスが代行してくれる
  2. プロミスおまとめローンのメリット・デメリット
    1. プロミスおまとめローンのメリット
      1. 返済日が統一される
      2. 金利や返済額が下がる
      3. 返済に集中できる
    2. プロミスおまとめローンのデメリット
      1. 追加借り入れはできない
      2. 来店が必要
      3. 銀行カードローンの借入やクレジットカードのリボ払いをまとめられない
  3. プロミスのおまとめローンで返済はどう変わる?
    1. プロミスおまとめローンを利用するならシミュレーションは必須
    2. プロミスおまとめローンのシミュレーションをしてみよう!
      1. おまとめするだけで金利が下がった!
      2. これまで通りの金額を返済すると何が変わる?
  4. プロミスのおまとめローン審査に通過するコツはある?
    1. おまとめローンの審査は厳しい!
    2. 安定した収入があるか
    3. 他社からの借入を減らしておく
    4. 他のおまとめローンへの同時申し込みは避けて!
  5. プロミスおまとめローンの必要書類と審査の流れ
    1. プロミスおまとめローンに申し込む際の必要書類
      1. 本人確認書類
      2. 収入証明書
    2. プロミスおまとめローンの審査の流れ
      1. 【申込】
      2. 【審査】
      3. 【借入】
    3. 営業時間や申し込み時間に注意
  6. おわりに

プロミスおまとめローンの特徴~どんな人が利用できる?

プロミスのおまとめローンには、効率的に返済できるしくみが上手に取り入れられていますよ。

プロミスおまとめローンにはどのような特徴があるのか、一緒に見ていきましょう。

プロミスおまとめローンのスペック

借入限度額~300万円
金利6.3%~17.8%
返済日5日、15日、25日、月末のうちから都合のいい日を選択
資金使途貸金業者からの借入金の返済
申し込み条件満20歳以上65歳以下の人
返済回数最長10年・120回

プロミスおまとめローンのスペックを見る限り、利用限度額が300万円と少し金額が小さくなっていることを除いて、通常のプロミスフリーキャッシングと大きく異なる点はないように感じます。

しかし、スペック表を見るだけでは分からないプロミスおまとめローンの特徴は、いろいろとあるんです。

おまとめローンなのに即日融資が可能

おまとめローン利用する人は、複数の金融機関から借入がある人ばかりです。

そのような状況では、当然、返済能力を慎重に調査しなければならなりませんから、どうしてもおまとめローンの審査時間は長引いてしまう傾向にあります。

ところが、プロミスのおまとめローンは、申し込みをしたその場で審査が行われて、結果も伝えられます。

そう、おまとめローンなのに、即日融資に対応しているんですね。

おまとめローンの申込者の大半は複数の借入の返済を負担に感じていて、できるだけ早く借金を一本化したいと思っています。

そうした人たちにとって、即日融資に対応しているプロミスおまとめローンは、非常にメリットが大きいです。

他社への返済はプロミスが代行してくれる

おまとめローンを契約したら、通常はまず他社からの借り入れを完済します。

他社からの借り入れを完済するには、以下の3段階の作業をクリアしなければなりません。

クリアすべき項目
  • 返済日を決める
  • 利息の計算をしてもらう
  • 入金する

おまとめローンの利用者には複数の借り入れがありますから、その作業をいくつもこなさなければなりませんが、この手続きは手間がかかってかなり大変です。

ところがプロミスおまとめローンは、契約後にプロミスが他社への返済手続きを代行してくれ、しかも振込手数料もプロミスが負担してくれるんですね。

利用者の負担が軽く済むので、非常に助かります。

プロミスが返済手続きを代行してくれるということは、おまとめローンで借りたお金は利用者の手に直接渡ることがないということです。

おまとめローンで借りたお金を、他社返済以外のことに使ってしまう心配もありません。

つまり、プロミスおまとめローンを利用すれば、安心して返済に集中できるのです。

プロミスおまとめローンのメリット・デメリット

プロミスおまとめローンの特徴が分かったところで、プロミスおまとめローンのメリット・デメリットにも目を向けてみましょう。

プロミスおまとめローンのメリット

プロミスおまとめローンにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

返済日が統一される

金融機関によって返済日や返済金額はバラバラですから、いくつも借り入れがあると、しっかり管理するのが難しくなってきます。

それぞれの借り入れの返済日を忘れてしまわないようにするだけでも大変でしょう。

プロミスおまとめローンで複数の借り入れをまとめることができれば、月に何度もあった返済日が統一されます。

月に一度、決まった金額を返済するだけで済みますので、借金の管理が非常に楽になるはずです。

毎回コンビニATMから返済していた人なら手数料も大幅に減らせるでしょう。

金利や返済額が下がる

プロミスおまとめローンは、総量規制の例外の取引に当たりますので、利用者にとって一方的に有利になる貸付にならなければなりません。

要するに、これまでよりも有利な金利で融資してもらえるのです。

適用金利が下がりますから、月々の返済額を今までよりも少なくできますし、総返済額も抑えることもできるんです。

返済の負担に悩まされていた利用者にとっては、金利や返済額が下がることがプロミスおまとめローンを利用する最大のメリットではないでしょうか。

返済に集中できる

上で少し解説したように、プロミスのおまとめローンは既存の借入先にプロミスが代理で返済を行ってくれますから、利用者の手元にお金が入ってくることはありません。

もうひとつ、プロミスのおまとめローンは返済専用のローンなので、追加の借り入れもできません

つまり、審査に通過して契約したら、後は返済に集中できます。

おまとめローンの利用者の多くは、借り入れの枠が一杯になったら今度は他の金融機関から借り入れる、ということを繰り返していたために、現在困った状況になっているわけです。

プロミスおまとめローンを利用することで、追加で借り入れできない状況を半強制的に作りだしてしまえば、自分の収入だけでやりくりする習慣が嫌でも身につきますよね。

返済に集中して借金問題を解決したいと真剣に考えている人には、プロミスのおまとめローンが非常におすすめです。

プロミスおまとめローンのデメリット

メリットだらけのように思えるプロミスおまとめローンにも、デメリットはあるのでしょうか?

追加借り入れはできない

プロミスおまとめローンは返済専用の商品ですから、契約後に追加の借り入れはできません。

返済を続けて借入残高が少なくなっても、完済するまではプロミスからはお金を借りられません。

たとえ他社の審査に申し込んだとしても、プロミスのおまとめローンを利用していることが分かれば、審査に通過できる可能性は低いでしょう。

他のカードローン会社が信用情報を見れば、借り入れを一本化していることは簡単にわかります。

おまとめローンを借りているうちは、お金を計画的に借りられない人だと判断されやすいですからね。

どうしても、今後も必要に応じて借り入れをしたいという人には、プロミスおまとめローンの利用は避けた方がいいでしょう。

来店が必要

プロミスのおまとめローンの申し込み方法は、以下の2種類です。

プロモスおまとめローン申し込み方法
  • 自動契約機
  • お客様サービスプラザ(店頭窓口)

電話でもおまとめローンの申し込みは受け付けていますが、契約手続きは自動契約機かお客様サービスプラザで行わなければなりませんし、インターネットからの申込には初めから対応していません。

アイフルのおまとめローンように、インターネット申し込みをした後に郵送で契約できる商品もあることを考えると、やはりプロミスのおまとめローンは利用しづらいといえます。

銀行カードローンの借入やクレジットカードのリボ払いをまとめられない

プロミスのおまとめローンでまとめられるのは、貸金業者からの借り入れのみです。

銀行カードローンやクレジットカードのリボ払いは、一つにまとめられません。

でも、全ての借り入れを一つにまとめられなければ、おまとめローンを利用するメリットがあまりなくなってしまうんですよね。

例えば、複数の借入をまとめて、残高の総額が100万円以上になれば金利は必ず15%以下に下がります。

ところが、銀行カードローンをまとめられないせいで、おまとめの金額が100万円に満たなければ、金利は思うように下がらないでしょう。

返済日も統一されませんから、この先も複数の借入を管理し続けなければならないというデメリットも生じます。

プロミスのおまとめローンで返済はどう変わる?

プロミスおまとめローンでの一本化で、返済はこれまでと何が変わるでしょうか?

プロミスおまとめローンを利用するならシミュレーションは必須

プロミスのおまとめローンを利用する際には、返済の状況がどう変わるか必ず事前にシミュレーションするべきです。

複数の借り入れをまとめたらそれで終わりではなく、そこからが本当のスタートだからです。

おまとめローンを利用するということは、これまではきちんとして返済計画が立てられなかったこということですよね。

しかし、せっかくプロミスのおまとめローンを利用するなら、必ず借金問題を解決できるよう返済計画を立てましょう。

そのためには、どうしたら効率的に借金の返済をしていけるかをしっかりシミュレーションすることが重要なのです。

プロミスおまとめローンのシミュレーションをしてみよう!

現在、次の3つの借り入れを抱えているとしましょう。

金利借入残高毎月の返済額返済回数利息
A社18%30万円13000円29回70993円
B社18%40万円11000円53回182899円
C社18%50万円13000円58回251057円

現在の毎月の返済金額の合計:37,000円(支払う予定の)利息合計504,949円

この借り入れは、実際の消費者金融の返済例をモデルにしています。

もともとの借入の合計は120万円ですが、支払予定の利息額が50万円を超えています。

おまとめするだけで金利が下がった!

これをプロミスのおまとめローンでまとめるとすると…

借入残高の総額は3社合計で120万円ですから、これだけで適用金利は確実に15%までは下がります。

おまとめローン シュミレーション
4年(48回)で完済するとすれば、返済回数48回
毎月の返済額:33,396円
利息:403,031円

金利が下がり、毎月の返済金額も支払利息も抑えられますね。

これまで通りの金額を返済すると何が変わる?

これまでの返済金額(37,000円)のままでも何とか返済できそうであれば、どうでしょうか。

おまとめローン シュミレーション
返済回数42回
毎月の返済額:37,000円
利息:348,437円

返済回数はさらに6回少なくなるのに、利息は一本化する前と比べて15万円以上も節約できます。

このように、シミュレーションを立てて、返済期間がどの程度短くなり利息がどれだけ減るかを視覚的に疑似体験すると、目標を立てやすくなりますし、返済に対するモチベーションもキープできますよね。

プロミスのおまとめローン審査に通過するコツはある?

おまとめローンの効果を理解できると、やっぱり借り入れを一本化してみたくなります。

プロミスのおまとめローンの審査に通過するコツって何かあるのでしょうか?

おまとめローンの審査は厳しい!

プロミスおまとめローンは、借金で問題を抱えている人のためのローンなのだから、審査の基準はそれほど厳しくないのでは?と思っている人も多いようです。

おまとめローンは、

  • すでに複数の金融機関から借り入れをしている人が対象
  • 通常よりも大きな金額を融資する

という特殊な商品なので、どうしても審査が厳しくなります。

おまとめローンの審査に通過するには、おまとめローンの審査ではどのような点が重視されるかをよく理解しておかなければなりません。

安定した収入があるか

プロミスおまとめローンの利用条件は、以下のようになります。

プロミスおまとめローンの利用条件
  • 満20歳以上65歳以下の人
  • 安定した収入がある人

「安定した収入がある」とは、月に1回以上給料をもらっている状態を指します。

パートでもアルバイトでも、一本化した金額をしっかり返済していけるだけの安定した収入があれば、プロミスおまとめローンの審査に通過できる可能性があります。

逆に以前と比べて収入に安定性がなくなった場合は、審査に通過するのは困難でしょう。

他社からの借入を減らしておく

他社からの借り入れが多いと、返済能力に問題があると判断されてしまいます。

プロミスおまとめローンに申し込みをするまでに、できるだけ他社からの借り入れを減らしておきましょう。

一般には、借入件数が多いとおまとめローンの審査に通過しにくくなるといわれます。

限度額の大きい借り入れの空き枠に残高の少ない借り入れをまとめるなどして、借入件数をできるだけ減らしておくとよいでしょう。

他のおまとめローンへの同時申し込みは避けて!

プロミスのおまとめローンを利用できないともう後がない…ということで、同時に何件ものおまとめローンに申し込みをしてしまう人がいます。

あせる気持ちは分かりますが、おまとめローンの同時申し込みは避けてください。

これは通常のカードローンの申し込みでも同じです。

審査の際に、プロミスが信用情報機関に照会をかければ、同時に申し込みをしていることはすぐわかります。

非常にお金に困っていてあちこち金策に走っていると判断されてしまったら、プロミスおまとめローンの審査には通過できないでしょう。

おまとめローンの審査を受ける時は、一件ずつ間隔をあけて、と覚えておいてください。

プロミスおまとめローンの必要書類と審査の流れ

プロミスおまとめローンの審査に必要な書類、また、審査の流れなどについて解説していきます。

プロミスおまとめローンに申し込む際の必要書類

プロミスおまとめローンへの申し込みを決めたら、必要書類を準備しておきましょう。

本人確認書類

本人確認書類は運転免許証を用意しておきます。

運転免許証を持っていない場合は、パスポート、または健康保険証+住民票などでもOKです。

また、外国籍の人は、以下の書類も準備しておきましょう。

外国籍の方の本人確認書類
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

収入証明書

プロミスおまとめローンの申し込みには、収入証明書も必要です。

次のうちからいずれか1点を準備しておきましょう。

収入証明書
  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月分と1年分の賞与明細書)
  • 税額通知書・所得証明書(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)

源泉徴収票や給与明細書がすぐに見つからない場合は、税額通知書を用意しましょう。

ただし、役所で発行してもらわなくてはならないので、時間がかかります。

プロミスおまとめローンの審査の流れ

プロミスおまとめローンの申し込みの流れを簡単に説明します。

【申込】

自動契約機または店頭窓口から申し込みをします。

インターネット申し込みは受け付けていないので注意してください。

【審査】

自動契約機か店舗で申し込みをするとその場で審査結果が伝えられます(審査時間は1時間~2時間程度)

勤務先への在籍確認も行われます(ただし、現在プロミス会員の人は在籍確認不要)

【借入】

借入先への返済は利用者名義でプロミスが代行して行います。

振込手数料はかかりません。

営業時間や申し込み時間に注意

プロミスおまとめローンの申し込み方法は、自動契約機とお客様サービスプラザの2種類です。

申込方法営業時間
自動契約機9:00~21:00※契約機により営業時間が異なります。
お客様サービスプラザ(店頭窓口)平日10:00~18:00

お客様サービスプラザは全国に20店舗程度と少なく、平日しか営業していません。

したがって、近所の人以外は自動契約機から申し込むのが便利でしょう。

誰とも顔を合わせることがありませんので、リラックスしてプロミスおまとめローンに申し込みできますよ。

おわりに

プロミスおまとめローンは、確実に借金を減らしたいと考えている人に向いています。

もう借入はしたくない、返済に集中したいという人は、ぜひプロミスおまとめローンを利用してみてください。

きっと借金問題を解決できますよ。

プロミスの審査は甘いor厳しい?審査に通過するポイントを徹底解説
消費者金融のプロミスを利用するには、審査に通過する必要があります。 ここで気になるのが、プロミスの審査は甘いのか。申し込みを行う上で、審査難易度が気になるところです。 そこで今回は、プロミスの審査は甘いのかどうかや、審査に通過す...