楽天銀行スーパーローンは解約した方がいいの?理由や解約方法をご紹介

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンは、ネット完結でカードローンを利用できて、使い勝手がいいサービスですよね。

しかし楽天銀行スーパーローンは、下記の条件に当てはまるのであれば解約をしてしまうことをおススメします。

楽天銀行スーパーローンを解約すべき方
  • スーパーローンの利用残高が0の方
  • 融資を利用する予定の無い方
  • 住宅ローンなどの契約を考えている方

ここからは、楽天銀行スーパーローンの解約の仕方を解説していきます。

アコム
アコム
おすすめポイント
  • はじめての方は30日間無利息!
  • 最短30分での審査回答が可!
  • 借入が可能かスグ分かる「3秒診断」機能あり
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
1~800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短即日
公式サイトはこちら

楽天銀行スーパーローンの解約方法は電話

楽天銀行スーパーローンの解約方法は、電話で承っています。

下記は楽天銀行カードローン解約電話先です。

楽天銀行カードローン解約の問い合わせ先

楽天カードセンター
電話番号:0120-730-115
受付時間:24時間対応

会員専用ダイヤルになるので、上記の問い合わせ先に電話をし、カードローンを解約したい旨を伝えましょう。

楽天銀行スーパーローンの解約の流れ

楽天銀行スーパーローンの解約の手順はどのような手順でしょうか?

具体的な解約の手順をご紹介していきます。

楽天銀行スーパーローンの解約方法
  1. 楽天銀行カードセンターへ電話
  2. 解約したい旨を伝える
  3. スタッフによる本人確認と借入残高の確認
  4. 郵送にて解約届が届く
  5. 記入を行い楽天銀行カードセンターへ返送
  6. 解約完了の連絡で解約完了
  7. カードをハサミで裁断

まずはカードセンターへ解約したい旨を連絡する必要があります。

連絡後、担当の楽天銀行スタッフが本人確認と借入残高を確認し、借入残高が0=借り入れ完済を確認できれば、解約手続きに入ります。

あとは楽天銀行カードセンターから届く解約届に必要事項を記入し、指定の返送方法で解約届を送れば解約完了です。

解約連絡時に必要なものとは?

楽天銀行スーパーローンの解約時には、本人確認書類を用意しておく必要があります。

上記の解約手順のステップでもご紹介したとおり、本人であるかの確認を行うため、本人確認書類を用意してから解約手続きを行う必要があります。

本人確認では、以下のいずれか、もしくはすべてを聞かれる必要がありますので、答えられるようにしておく必要があります。

本人確認に必要な情報
  • 楽天銀行メンバーデスクのユーザーID(会員番号)
  • 楽天銀行ローンカードの番号
  • 本人確認書類の番号

上記の情報は、以下の書類から確認することが出来ます。

  • 本人確認書類
  • 楽天銀行スーパーローンのローンカード

そのため、解約手続きの電話をする際には、手元にこちらの書類を用意してから問い合わせするようにしましょう。

解約届が到着後に必要なもの

解約届が郵送されてきた場合、必要項目に記入の上、印鑑を押す必要があります。

そのため、印鑑も用意して置き、解約手続きを行いましょう。

解約証明書を貰おう!

楽天銀行スーパーローンの解約を行う際に、必ず楽天銀行スーパーローンの解約証明書を発行してもらうようにしましょう。

この解約証明書は、その名の通り楽天銀行スーパーローンの解約をしたことの証明になります。

今後、カードローンや住宅ローンなど、新たに別のローンを利用するとき、審査の際に楽天銀行スーパーローンの解約証明書を求められることがあります。

しかしこの解約証明書は、任意での発行となるため、解約手続きとは別に申し込みを行う必要があります。

解約証明書の発行方法とは?

楽天銀行スーパーローンの解約を行う場合には、解約手続きの解約完了の連絡が着た後に行います。

解約証明書発行の問い合わせ先

コンタクトセンター
電話番号:0570-66-690
受付時間:9:30~17:30
※有料

解約証明書は、申し込み後、約2週間ではがきで届きます。

楽天銀行スーパーローンはなぜ解約した方がいいのか

冒頭で、下記の解約すべき方をご紹介いたしました。

  • スーパーローンの利用残高が0の方
  • 融資を利用する予定の無い方
  • 住宅ローンなどの契約を考えている方

それでは何故、楽天銀行スーパーローンの解約を行ったほうがよろしいのでしょうか?

解約してしまったほうが完済歴として評価される

楽天銀行スーパーローンですが、借り入れを行い返済完了していても、カードローン自体の解約をしていない場合、借り入れを利用中と判断されてしまうこともあります。

これから新たに住宅ローンなどを利用する際に、審査の時点で楽天銀行スーパーローンの解約を行っていないと、他社での借り入れがあると判断されてしまいます。

ローンの審査では他社借り入れがある場合、審査の際はネガティブな判断材料となってしまいかねることも。

そのため、楽天銀行スーパーローンでの借り入れ予定が無く、他のローン利用を検討中であれば、楽天銀行スーパーローンの解約をしておくことをおススメします。

信用情報から履歴が消えるのは解約から5年

キャッシングなどの申し込み時には、信用情報がポイントとなるということは、申し込み時に分かったかと思います。

信用情報には申し込み履歴などが履歴として残りますが、これは永久的に残る物ではありません。

カードローンの利用履歴は、信用情報には解約してから5年で消えます。

そのため、楽天銀行スーパーローンの解約手続きを行ったからといって、すぐに信用情報から消えるわけではありません。

しかし解約を行っていれば「完済している」という証明になるので、ネガティブな事態にはなりません。

楽天銀行側には、利用履歴は半永久的に残ると言われています。

楽天銀行スーパーローンの解約時の注意点は?

楽天銀行スーパーローンの解約時の注意点はなんでしょうか。

確認していきましょう。

解約時の注意点は?
  • 解約手続きは本人しかできない
  • 解約後に利用の場合は再審査を受ける必要あり
  • カードローンの解約だけでは口座の解約にはならない

上記のポイントを詳しく解説していきます。

解約手続きは本人しかできない

解約手続きは、他人が勝手に行うことは出来ません。

すなわち、解約時には本人であることが証明できないと、楽天銀行スーパーローンの解約を行うことが出来ないのです。

解約後に利用の場合は再審査を受ける必要あり

楽天銀行スーパーローンの解約後、また再度借り入れを行いたい場合は、再度申し込みを行って審査を受ける必要があります。

利用履歴は半永久的に記録されてしまっているとはいえ、その情報を利用して再開、ということは出来ないのです。

もちろん同様に再度審査を行った際に、前回と同条件で利用できるとは限りません。

あくまでその時の返済能力を見られるため、その審査ごとに利用条件は審査されます。

完済済みで、他のローンを組む際には楽天銀行スーパーローンの解約を行うことをおススメしますが、直近で借り入れを行いたいと考えている場合は、解約せずにそのまま利用を継続しておくことをおススメします。

カードローンの解約だけでは口座の解約にはならない

楽天銀行スーパーローンの契約時に、楽天銀行の口座を一緒に作った方も多いかと思います。

そのため、楽天銀行スーパーローンの解約=楽天のすべてのサービスの解約と思われる方も多いのですが、あくまで解約はサービスごとに行われます。

楽天銀行スーパーローンの解約をしても、口座や他の楽天サービスの解約を一括で行うわけではありません。

スーパーローンの解約と一緒に口座やそのほかのサービスの解約を行いたい場合には、解約時にその旨を伝えて、解約手続きに進みましょう。

楽天銀行スーパーローンの解約まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は楽天銀行カードローンの解約について解説いたしました。

楽天銀行カードローンの解約まとめ
  • 解約方法は電話
  • 解約時には本人確認書類なども用意
  • 解約証明書の手配も忘れずに
  • 他のローンの利用を考えているのであれば解約
  • まだ利用するのであれば解約しない方がいい

上記のポイントを押さえて、楽天銀行カードローンの解約を行いましょう。

楽天銀行カードローンは即日融資できる?確実に最短融資を受けるコツを徹底解説
楽天はネットショッピングやクレジットカードの利用に限らず、幅広いサービスが充実していますよね。 楽天銀行にはカードローンのサービスもあり「楽天銀行スーパーローン」として利用者が増えています。 お金が必要になったとき、いつも使って...