ランドセルが買えないときはどうしたらいい?安物だといじめられる?

お金の悩み

「ランドセルってそんなに高かったの…?」

お子さんが小学校に通うときに、ランドセルを買う家庭が大多数ですよね。

ただ、ランドセルの値段を知らなかったという方は、金額に驚いてしまうのではないでしょうか。

しかし、ランドセルが買えないとなると、可哀想にも思えます。

この記事では、ランドセルが買えないときの対処方法を紹介します。

ランドセルが買えないという方はぜひ参考にしてください!

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

ランドセルが買えないという方がランドセルを用意する方法

では、お金がなくてランドセルが買えないけれどもどうにかして用意してあげたいという方は、どのような方法でランドセルを用意すればいいのでしょうか。

ここでは、お金がなくてもランドセルを用意する方法について解説します。
お金がなくてもランドセルを用意する方法は以下の通りです。

  • 祖父母に買ってもらう
  • 国の補助金制度を利用する
  • 価格の安いランドセルを買う
  • 知り合いからランドセルをもらう
  • 知り合いからお金を借りる
  • 金融機関からお金を借りる

これらについて一つずつ解説します。

祖父母に買ってもらう

小学校の入学祝いとして、ランドセルや勉強机を祖父母に購入してもらうことは珍しくないです。

祖父母とともに、ランドセルを見に行くといいですね。

ただ、祖父母との関係によっては、入学祝いをもらうことは難しいこともあるかと思います。

その場合には、入学祝いをもらうのではなく、お金を借りたいと伝えてみましょう。

国の補助金制度を利用する

どうしても、ランドセルを購入するためのお金を用意できない場合には、就学援助の一つである、『要保護児童援助費補助金』を利用することをおすすめします。

要保護児童援助費補助金は、以下のように定められています。

市町村の行う援助のうち,要保護者への援助に対して,国は,義務教育の円滑な実施に資することを目的として,「就学困難な児童及び生徒に係る就学奨励についての国の援助に関する法律」「学校給食法」「学校保健安全法」等に基づいて必要な援助を行っています。

補助対象は以下の通りです。

学用品費/体育実技用具費/新入学児童生徒学用品費等/通学用品費/通学費/修学旅行費/校外活動費/医療費/学校給食費/クラブ活動費/生徒会費/PTA会費/卒業アルバム代

ランドセルは新入学児童生徒学用品費等に当てはまるので利用することができます。

負担額としては、購入金額の二分の一までです。

各市区町村から申し込むことができますので、まずは補助金の相談をしてみましょう。

価格の安いランドセルを買う

補助金制度を利用したとしてもランドセルを買えないという方は、購入しようとしているランドセルの金額を見直してみましょう。

周りに合わせて、高額のランドセルを購入しようとしたり、ブランド物のランドセルを購入しようとしたりしていませんか?

最近では、2~3万円程度で購入できるランドセルも増えているので、無理に高額のランドセルを用意する必要はありません。

高額のランドセルに引けを取らないくらい良いランドセルもあるので、ぜひ一度探してみましょう。

また、近年ではオークションが流行っていますよね。

メルカリやヤフーオークションなどのサービスを利用すれば、状態の良いランドセルを安価で購入することができるかもしれません。

メルカリやヤフーオークションで購入するとなると、型落ちモデルになってしまうことが多いですが、それでも良いという方はぜひ利用してみてください。

知り合いからランドセルをもらう

2~3万円程度のランドセルでも、購入することが厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そのような方は、知り合いのお子さんが使っていたランドセルをいただけないか探してみましょう。

友人だと、同世代のお子さんのため、ランドセルは余っていないかもしれませんが、家族や会社の先輩などであれば、譲ってもらえるかもしれません。

この方法だと、新品を用意することはできませんが、お金を掛けずにランドセルを用意することができますね。

ただし、状態が悪かったとしても、断ることが難しい可能性もあるので、しっかりと考えてから聞くようにしましょう。

知り合いからお金を借りる

使わなくなったランドセルも見つけることができなかったら、お金を借りましょう。

購入することにはなってしまいますが、知り合いや家族からお金を借りることで、ランドセルを用意することができますね。

購入しようとしているランドセルの金額の足りない部分だけでも借りられればラッキーですね!

また、知り合いや家族からお金を借りることができれば、利子がつかないので、デメリットはほとんどありません。

ただ、お金を返すのが遅れてしまうと、信頼が欠けてしまうので、お金はしっかりと返しましょう。

金融機関からお金を借りる

知り合いや家族からもお金を借りることができなければ、金融機関からお金を借りることをおすすめします。

そもそも、知り合いや家族に「ランドセルを買えない」と相談することも嫌だという方もいますよね。

そういう方は、金融機関からお金を借りましょう。

金融機関からお金を借りるメリットは以下の通りです。

  • 誰にも迷惑がかからない
  • 必要な金額だけを借りることができる

これらについて一つずつ解説します。

おすすめカードローン!2020年の人気を徹底解説【消費者金融&銀行カードローン】
カードローンは、最初の設定をした限度額内であれば好きなタイミングでお金を借りることができます。 しかし最近は消費者金融や銀行カードローンなど、様々な商品があふれており、結局どのカードローンがおススメなのかわかりませんよね。 そこ...

誰にも迷惑がかからない

最大のメリットとしては、誰にも迷惑がかからないことですね。

知り合いや家族にお金を借りるということは、その人達のお金を一時的に減らしてしまうことになりますよね。

十分な貯蓄があるのであれば、問題はないかもしれませんが、そうでない方もいます。

また、お金を貸せないと断るときにも、申し訳ないという気持ちを持たせてしまうので、迷惑になってしまうことがたくさんあります。

その点で見ると、金融機関からお金を借りれば誰にも迷惑は掛かりません。

金融機関からお金を借りるとなれば、必要なものは自分の責任だけです。

人に迷惑を掛けたくないという方や、人にお金を借りられないという方は、金融機関でお金を借りてみましょう。

必要な金額だけを借りることができる

カードローンや消費者金融であれば、10,000円や1,000円単位で必要な金額だけを借りることができます。

なので、ランドセルだけの費用を用意したいという方に向いていますね。

もちろん、ランドセル以外の費用に関しても利用することができるので、必要な費用だけ借りましょう!

ランドセルを買わない選択はできる?

そもそも、ランドセルは買わなければいけないのかと疑問に思う方もいらっしゃるかと思います。

ここでは、ランドセルの購入は義務化されているのかどうかについて解説します。

また、ランドセルを用意できなかった場合にどのようなリスクがあるのかについても解説します。

ランドセルを用意できない可能性がある方は、ぜひ参考にしてください。

ランドセルの購入が義務ではない

日本の小学校では、ほとんどの児童がランドセルを背負っているため、ランドセルの購入には義務があるのかと思われがちですが、実はランドセルでなければいけないという法律はありません。

ただ単に、小学生はランドセルを使うものという印象が強くなってしまったから、義務化されているように感じるだけです。

なので、ランドセルを買う必要はないということを覚えておきましょう。

文部科学省が発表している学習費用調査によると、効率の小学校で一年間にかかる学校教育費用は60,000万円程度、給食費が45,000円程度だとされています。

それに加えて、学校外活動費が210,000円程度掛かるとされているので、トータルで330,000円かかります。

この330,000円に加えてランドセル代の70,000円のランドセルや机などを購入しようとすると、ランドセルが買えないという状況に陥ってしまう過程が有るのです。

低所得者でなくても、1年目の費用を払えないということもありえますね。

そのため、どうしてもランドセルを購入できないのであれば、ランドセルを購入しないというのも一つの手段となることを覚えておきましょう。

ランドセルを買わないリスクはある?

ランドセルには購入義務がないということは理解していただけたかと思います。

ただ、ランドセルを買わないとなると、自分の子供だけがランドセルではないカバンで登校することになります。

ランドセルがないと、結果的にはいじめの対象になってしまったり、他の児童との違いを嫌がったりするでしょう。

ランドセルを買わないことでこのようなリスクが生じることは覚えておいたほうがいいですね。

安物のランドセルだといじめられるって本当?

この記事では、2~3万円程度のランドセルの購入を勧めていますが、中には「2~3万円のランドセルを買ったら、友達からいじめられてしまうのでは…?」と思っている方もいます。

価格の安いランドセルを使っていると、本当にいじめられることはあるのでしょうか?

結論から言うと、安いランドセルを使っていてもいじめられることはありません。

ただし、高級住宅街にあるような小学校に通っている方や、私立の小学校に通っている方だと、いじめに発展してしまうこともありえますね。

ただ、基本的に、お子さんがランドセルの良し悪しを判断することはできないと思いましょう。

すべてのランドセルの値段を把握している小学生はいませんよね。

なので、ランドセルが原因でいじめられてしまうことはほとんどありません。

しかし、親の間では別です。

お子さんの同級生に、意地の悪い親がいると、安いランドセルを利用している方を標的としていじめが始まる可能性があります。

いじめとまでは行かなくとも、貧乏だという噂が立ってしまうことはありえますね。

よっぽど維持の悪い方がいない限りは、ランドセルの値段でいじめられることはないので、気にする必要はないでしょう。

そもそもランドセルが嫌という方もいる

世の中には、ランドセルを購入しないという方や、10,000円の格安ランドセルしか購入しないと決めている方もいます。

ランドセルを購入しないと考えている方の理由は以下の通りです。

  • 見栄を張るためにお金を使うのがもったいない
  • そもそも、ランドセルが好きではない
  • 6年間同じランドセルを使う意味がわからない

このような考えで、格安ランドセルやランドセルを購入しないと考える方がいるようです。

一つずつ解説します。

見栄を張るためにお金を使うのがもったいない

高額なランドセルを購入することは、親や祖父母の自己満足だと思っている方もいます。

ブランド品を買い揃えることと同じで、見栄をはろうとしているように見えるようですね。

また、ランドセルが高額なものかどうかを見た目だけで判断できる方は少ないので、わざわざ高額なものを用意する必要がないと考えられます。

このような考えを持っている方も一定数いるので、高額なランドセルを購入しなくても問題はありませんね!

そもそも、ランドセルが好きではない

ランドセルよりもカバンを使ったほうが良いのではないかと思っている方もいます。

また、ランドセルを利用しなければいけないという風潮が嫌いという方もいるようです。

6年間同じランドセルを使う意味がわからない

6万円のランドセルを購入したとして、2年で壊れてしまったら、大きな損になってしまいますよね。

仮に1万円のランドセルを購入したとしたら、6回交換したとしても6万円しか掛かりません。

小学生の好みはすぐに変わってしまう可能性もあるので、格安ランドセルを購入して、数年間使ったら、新しいランドセルを購入するという手段もありですね!

まとめ

ランドセルを用意するための方法をもう一度まとめておくと、

  • 祖父母に買ってもらう
  • 国の補助金制度を利用する
  • 価格の安いランドセルを買う
  • 知り合いからランドセルをもらう
  • 知り合いからお金を借りる
  • 金融機関からお金を借りる

です。

安いランドセルでも2~3万円程度掛かってしまうので、決して安い買い物ではありませんよね。

近年では、ランドセルの価格も上昇傾向にあるので、ますます買うことが難しく感じている方もいらっしゃるかと思います。

また、ランドセルには購入義務はありませんが、いじめのリスクを考えると、買ってあげたいですよね。

そのような方は、この記事で紹介していることを試してみてください。