楽天のリボ払いは本当に使っていいの?実際の体験談や注意点を解説

リボ払い

楽天カードは、リボ払いを勧める傾向があります。

何度もリボ払いを使ったほうがいいと説明し、ユーザーに支払い方法を変更させてくるのです。

しかし、リボ払いに変更すると、デメリットも発生してしまいます。

本当のデメリットを知っておかないと、楽天カードのリボ払いは上手に使えないでしょう。

ここでは、楽天が実施するリボ払いの手法やリボ払いを使った人の体験談を紹介します。

リボ払いの仕組みとは?知らずに利用すると怖いリボ払いについて
皆さんはリボ払いという言葉を聞いたことはありますか? 大きな買い物をしたときに一括払いではなくリボ払いを勧められた経験もあるかもしれません。 お金に余裕がないときに毎月1万円の支払いで数十万円の商品を購入できるといわれたらついつ...
プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

楽天カードはリボ払いを求めてくる傾向あり

楽天カードはリボ払いを使うように、メールなどを使って勧めてきます。

リボ払いを使わせたいのは、楽天の利益を増やして、少しでもカード会社の規模拡大を狙っているためです。

実際に、楽天カードは多くの方に利用されており、カード会社としての規模も非常に大きくなっています。

また、宣伝等により多くの人が利用している状況が生まれており、比較的使いやすいという部分も示しているのです。

この宣伝費用などは、ユーザーのリボ払いによって得られた収入によって実現しています。

つまり、ユーザーがリボ払いを使えば使うほど、楽天の利益は多くなっていくのです。

また、メールなどを使って勧めてくる以外にも、カード発行時にリボ払いを自動的に適用させる方法も採用しています。

自動リボを最初から実施して、事実上リボ払い専用カードに近い状態にしておくのです。

こうした傾向から、楽天カードはリボ払いを使う傾向が多くなります。

なお、楽天銀行カードも同様の対応をとっていますので、利用する際は気をつけておきましょう。

楽天はリボ払いをどのように勧めてくるのか

楽天は以下の方法を採用し、リボ払いを使うように求めてきます。

  • 申込時にリボ払いの支払い項目を作る
  • メールで催促する
  • キャンペーンでリボ払いに切り替えさせる
  • 広告で勧める

以上の方法によって、楽天はリボ払いを使うように勧めてきます。

かなり多くの方法を採用しているため、何度も見かけることとなるでしょう。

ここからは楽天がリボ払いを使う際の方法について説明します。

申込時にリボ払いの支払い項目を作る

楽天カードでは、申込時に自動リボ払いに設定する部分を作っています。

このチェックを入れていると、リボ払いが自動的に適用されています。

多くの人は、カードの発行時に気づかない傾向があり、そのまま楽天カードを発行してしまうのです。

知らないうちにリボ払いが適用されている他、場合によっては返済額が足りなくなり、カードの残高が延々と増えてしまいます。

申込みの際は、リボ払いが本当に適用されるのか、しっかりと情報を確認しておきましょう。

特に申込時には、リボ払いが適用されないように、チェック等を外したほうがいいかもしれません。

メールで催促する

申込時にリボ払いを適用させていない場合、メールでリボ払いがおすすめなことを紹介してきます。

このメールですが、1日1通は当たり前のように送られてきます。

更に、メールの配信頻度が多い場合、1日に10通程度もリボ払いのメールが届くこともあります。

こうした状況は非常に不便ですし、メールボックスの容量に影響する場合もあります。

このメールが嫌だと思っているなら、リボ払いを適用させる、もしくはメールによる配信を止めてもらうしかありません。

楽天では、リボ払いを使わない人には、何度もメールでの連絡をとってきますので、どのように対処するかしっかりと考えておきましょう。

場合によっては、リボ払いのメールをブロックするなどの方法も使っていいでしょう。

キャンペーンでリボ払いに切り替えさせる

キャンペーンが開催されていると紹介して、リボ払いを使わせるように勧めてきます。

主に採用されているキャンペーンですが、以下のサービスが多くなっています。

  • 獲得できるポイントが増える
  • 追加でポイントを受け取れる
  • キャッシュバックサービスを用意する

以上の方法により、リボ払いを使ったほうが得をするように勧めてきます。

ポイントを多く獲得できる点や、追加でポイントをられるのはいいことかもしれません。

また、利用額をキャッシュバックによって返してくれる方法も、実際に利用した金額を減らしてくれる利点になります。

しかし、リボ払いに切り替えた結果、それ以上の利息を取られる可能性があります。

安易に切り替えてしまうと、リボ払いの利息が得られたポイントなどよりも多くなってしまうので気をつけておきましょう。

この方法を利用する際は、できる限り自分が得をするかどうかを考えておきましょう。

あまり興味がないキャンペーンだった場合、もしくは必要ないと思ったのであれば、リボ払いは使わないほうがいいでしょう。

広告で勧める

広告を活用して、リボ払いを使っていない人にリボ払いを勧めます。

この方法は、リボ払いを使っている人にも稀に実施される場合があります。

広告を活用することで、リボ払いのほうがいいところを説明しているのです。

ただ、リボ払いについては、他のサイトなどで危ないという情報が数多く掲載されているため、基本的に良いところを説明するだけでは効果がありません。

その影響から、最近では楽天のリボ払いは広告宣伝が減りつつあります。

見かけたらむしろラッキーと感じるかもしれません。

ただ、広告が邪魔だと感じるかもしれません。

邪魔な広告だと思った時は、広告を表示させないようにする対策なども必要となります。

楽天のリボ払いを使うとどうなる?シミュレーションしてみた

実際に楽天のリボ払いを使った場合、どのような返済を実施するのか確認しておきましょう。

この金額を知っていると、リボ払いを利用した際の返済計画が立てやすくなります。

また、楽天がどのような形でリボ払いの利息を増やしていくのか、しっかりと考えられるようになるでしょう。

今回は10万円の買い物を実施した場合、毎月の返済額がどのように変化するか説明します。

なお、楽天カードの金利は15%です。

返済回数/返済額 1万円 2万円 3万円
1回 11,250円 21,250円 31,250円
2回 11,125円 21,000円 30,875円
3回 11,000円 20,750円 30,500円
4回 10,875円 20,500円 10,125円
5回 10,750円 20,250円
6回 10,625円
7回 10,500円
8回 10,375円
9回 10,250円
10回 10,125円

以上のように返済額や返済回数が変わっていきます。

表を見ても分かる通り、返済額が多ければ多いほど、返済にかかる時間が短くなります。

特に1万円と2万円の違いが非常に大きく、半分の回数で返済が終わるのです。

これを見るだけでも、2万円以上の返済額を常に支払ったほうがいいと言えるでしょう。

また、手数料についても大幅に削減され、支払う金額が最終的に抑えられます。

最初の手数料は、どれだけ多くの金額を入れた場合でも同じとなります。

ただ、2回目以降の手数料は、残されている金額によって変わるため、返済額が多いほど数字が減少します。

多くの手数料を支払いたくないと思っているなら、できる限り返済額を増やしたほうがいいでしょう。

なお、楽天カードは返済額にプラスして手数料を支払う方法を採用します。

つまり返済額は必ず元本を減らすために使われます。

他のリボ払いでは、手数料を返済額に組み込み、元本がなかなか減らないという問題も起こりますが、楽天カードではありません。

こうした違いについてもしっかり確認しておきましょう。

なお、楽天カードの最低返済額は3,000円です。

この3,000円の返済額で10万円の残高をすべて減らすには、34回の返済が求められます。

手数料だけでも2万円以上取られてしまうため、最低返済額では返さないように心がけましょう。

楽天のリボ払いを利用してどうなった?体験談を紹介

実際に楽天のリボ払いを利用して、多くの人がそのサービスの良さ、悪さを実感しています。

ここからはリボ払いを実際に利用した体験談を紹介します。

実際に利用している人の声を聞いて、本当にリボ払いを使うべきか判断してみるといいでしょう。

返済が楽になって毎月の生活が安定しました

楽天のリボ払いを使ってよかったのは、毎月の返済が大幅に減らせた点です。

楽天カード以外のクレジットカードを利用していましたが、その時は返済額がかなり多くなってしまい、返済に苦労することが多くありました。

しかし、楽天カードに切り替えてから、早々にリボ払いを使うように説明されました。

この説明を聞いていると、リボ払いを使ったほうが返済額は抑えられそうだと考えて、初めてリボ払いを使いました。

その結果、毎月の返済はかなり減らせるようになり、自分のペースで返済を続けられるメリットが生まれました。

本当に利用してよかったと思っていますし、楽天が紹介してくれなかったら、リボ払いという方法は使わなかったと思います。

リボ払いでキャッシュバックやポイントが沢山受け取れて便利

リボ払いを定期的に利用していますが、キャッシュバックやポイントを与えてくれる楽天はとても重宝しています。

リボ払いを使っているだけで、毎月のポイントは大幅に増加しますし、キャッシュバックによってお金が戻ってくる良さもあります。

特にポイントを増やしてくれるサービスは非常にいいものですし、楽天ポイントを利用している私にとっては助かっています。

ただ、毎月のエントリーが面倒なので、自動的にエントリーしてくれる状態を作ってくれればいいと思っています。

より使いやすい状態を作っておけば、更にポイントを得やすいカードになると思います。

また、利用可能枠も多いカードだったので、大きな買い物で使えるというのもいいところです。

返済もリボ払いで減らしてしまえば大丈夫なので、大きな買い物をしても不安がありません。

とにかく安心して使い続けられるカードだと思います。

リボ払いでも変更手続きが楽なので安心です

リボ払いを使って思ったのは、リボ払いの返済に変える方法がとても簡単だというところです。

楽天のマイページで手続きをするだけで、リボ払いは簡単に適用させられます。

更に、個別のリボ払いも対応してくれるため、大きな買い物だけリボ払いを適用させるという手法も可能になります。

いろいろな方法で返済できるようになり、毎月の返済を調整させられるので助かっています。

リボ払いには不安を感じるところが多くなっていますが、楽天カードはしっかりと説明してくれたので、安心して利用できてよかったと思います。

ただ、リボ払いを頻繁に勧めてくるところは少し減らしてほしいですね。

もう少し自分のペースでリボ払いを考えられる状況を作ってくれたほうが安心できます。

シミュレーションでリボ払いの情報をチェックできたのは大きい

リボ払いは嫌だというイメージを持っていましたが、楽天カードはシミュレーションを持っていたため、毎月の返済を確認できたのはいいと思います。

どのように返してけば、返済がしっかりと完了するのか、何度返済すれば終わるのかも簡単にわかるようになっていました。

楽天市場での買い物を多く実施するため、どうしても利用する金額が多くなりがちで、返済を調整するためにリボ払いも使いたいと考えていたのです。

こうして返済について考えられる状況を作っているのは、安心して利用できるカードだからこそだと思います。

毎月の返済計画をしっかり立てられるようになり、安心して返済が続けられるようになりました。

他のリボ払いに比べると、手数料もそこまで高くないので問題はないと思います。

リボ払いの広告が多すぎて困るし返済もきつい

私は楽天カードを使って損をしたと思っています。

その理由はリボ払いの広告が毎日のように配信されていくからです。

本当であれば、リボ払いは使いたい人だけに提示すべきだと思います。

しかし、楽天カードは見境なしにメールを送信して、毎日のようにリボ払いに切り替えるように求めてきました。

こんなカード会社は初めて見ましたし、これだけメールを頻繁に送ってくるのはどうかと思います。

また、楽天カードはいろいろな説明をリボ払いで記載していますが、悪いところは何も書いていないように思います。

本当にリボ払いを使うとどうなるか、しっかりと情報を示すべきだと思います。

正しい情報をしっかりと提示しない限り、私は楽天のリボ払いを使いたいとは感じませんでした。

とにかくうるさい会社だというイメージもあり、今後はカードの利用も含めて考えたいと思います。

リボ払いにしても利息が増えるだけ!いいことなし

リボ払いを使って嫌に感じたのは、とにかく利息が多くなるという部分でした。

私の返済額は、利息によってどんどん増えているような感じだったため、本当に使ってよかったのか今では後悔しています。

リボ払いの利息は、毎月の返済額によって翌月以降の返済に影響が出てくる形式です。

返済額を増やさなかったのも影響していますが、もう少し多くの返済をしたほうがいいと説明してくれたほうが良かったです。

また、リボ払いの返済額を抑えるように、最低返済額で返済させようとするのも悪いと思います。

もう少し多くの返済額を投入して、少しでも返済を早めたほうがいいと説明してくれたほうが良かったです。

本当にリボ払いは怖いものですし、使ってもいいことがないように思います。

私は利息が多くなりすぎて、最終的にはリボ払いの一括返済で返してしまいました。

一括返済もとても大変ですし、何度もリボ払いを使わせようとする措置をとってくるので、この会社には不信感もあります。

知らないうちにリボ払いになっていたのが本当に怖い

楽天カードはかなり有名なので、持っておけば非常に優れたサービスが受けられると思っていました。

しかし、その思いはすぐに変わってしまいました。

楽天カードを利用してポイントを受け取ったのはいいものの、実際にはリボ払いによって返済額が抑えられているという問題を見つけました。

私はリボ払いに同意したわけではありませんが、よく確認しておくと自動的にリボ払いが適用されていました。

この会社は、カードを発行する際にリボ払いを勝手に適用させる傾向があります。

リボ払いが勝手に適用されるのはどうかと思いますし、ユーザーにわかりやすくリボ払いを適用させると説明すべきです。

説明もなく、ただチェックだけでリボ払いを適用させられたのは本当に困りました。

一応リボ払いは解除できるため、自動リボだけは解消しておきました。

知らないうちにリボ払いが勝手に適用されるのは本当に怖いですし、そうした方針を取る会社というのもあまり信用できないと思います。

返済額についても何ら説明がなかったので、もう少し考えてほしいですね。

リボ払いの変更が正直面倒です

リボ払いに変更したのはいいものの、使ってみてあまりいいようには感じませんでした。

一番の理由は変更しなければならない部分が多すぎるからです。

楽天のリボ払いですが、返済額は最低の金額で設定されています。

この最低返済額で返していると、返済が終わるわけがありません。

より多くの返済額を準備しておかないと、返済を何度も続けることとなります。

その結果、手数料がかなり多くなってしまい、毎月の返済額が何故か増えていったのです。

手数料だけで損をしてしまうのは、本当に良くないと思いました。

また、リボ払いを解除する手続きも面倒で、どの場所にあるか確認するだけでも時間がかかってしまいました。

リボ払いを解除する場所は、ホームページでもわからないところに作っているのか、とても不便に感じました。

他にも、リボ払いに関連する項目は設定が適当で、初期設定ではとてもじゃないですが利用できません。

最初の時点でユーザーが求めたようなリボ払いが使えるようにしてほしいです。

とても使いづらい会社だというメージだけが残り、あまりいいカードとは思えません。

楽天のリボ払いを上手に使っていくポイント

楽天のリボ払いは賛否両論ですが、上手に使っていくポイントを押さえれば、問題なく利用できる場合があります。

上手に使っていくポイントは以下のとおりです。

  • リボ払いの返済額を増やす
  • ポイントのキャンペーン等にはしっかりとエントリーする
  • 得をするタイミングで買い物する
  • 楽天カードの利用額を増やさない

以上のポイントに気をつけて、楽天カードを利用していきましょう。

特にカードの利用額や返済額には気をつけてください。

ここからは楽天カードを上手に使うポイントを説明します。

リボ払いの返済額を増やす

毎月の返済額にはとにかく気をつけてください。

楽天カードは、リボ払いの返済額を増やさない限り、手数料が多くなってしまいます。

手数料が増えすぎてしまうと、返済がしっかりできなくなる恐れもあります。

まずはリボ払いの返済額を増やして、少しでも早く返済できるように心がけておきましょう。

また、毎月の返済額により、どのように返済がしっかりと進んでいるか確認してください。

もし、確認した情報によって、返済がしっかり進んでいないと考えられる場合、返済額を増やすようにしてください。

できる限り、3万円以上の返済額を返すように心がけ、毎月の返済で元本を少しでも減らしておきましょう。

なお、リボ払いの返済額は、マイページで手続きをすると増額できます。

返済額が足りない時は、速やかに増やして返済効率をアップさせると安心です。

ポイントのキャンペーン等にはしっかりとエントリーする

ポイント等のキャンペーンにはしっかりとエントリーしておきましょう。

キャンペーンにエントリーしない場合、せっかく得られるポイントが無駄になってしまいます。

また、キャッシュバックのキャンペーン等も得られなくなり、買い物で得られるものも失ってしまいます。

しっかりとキャンペーンにエントリーし、確実にリボ払いの特典を受け取る等にしてください。

ただ、すべてのキャンペーンへエントリーする必要はありません。

その理由は、キャンペーンの中には条件が厳しいものも多数入っているからです。

特に、利用金額が10万円を超えるようなキャンペーンは、エントリーしても達成できない場合があります。

その場合はエントリーを見送り、自分が利用できると思われるキャンペーンだけを利用するようにしましょう。

わからない人は、以下のキャンペーンだけでもエントリーしておきましょう。

  • リボ払いでポイントが増えるもの
  • リボ払いでキャッシュバックを得られるもの
  • リボ払いでポイントの抽選が受けられるもの

以上のキャンペーンだけでもエントリーしておけば、リボ払いの手数料以上の恩恵を受けられるでしょう。

得をするタイミングで買い物する

楽天カードでは、一定の期間だけお得になるキャンペーンが開催されています。

この得をするタイミングで買い物を考えるといいでしょう。

何もキャンペーンが開催されていないタイミングより、得られるポイントが多くなる場合もあります。

また、楽天カードを利用することで、追加のポイントも獲得できます。

ダブルでポイントを得られる状態を作り、手数料以上の恩恵を受けておきましょう。

特に利用したいタイミングは以下のとおりです。

  • 楽天スーパーセールなどの買い回りイベント
  • 5と0のつく日(エントリーでポイント5倍)
  • カードを一定額以上使うとポイントを増やすイベント

以上のイベントが開催されている時に、できる限りカードを使って買い物をするといいでしょう。

これによって、多くのポイントを獲得できます。

楽天カードの利用額を増やさない

リボ払いの問題は、楽天カードの使いすぎという部分も影響しています。

返済できないほどの利用額を作らないようにしましょう。

特に買い物で使いすぎた結果、かなり多くの残高が残っている場合は気をつけておきましょう。

できる限り、買い物で使った金額を明細で確認し、楽天カードの利用状況を把握してください。

また、カードを使いすぎた場合は、リボ払いの返済額を増やすなどの対応も取りましょう。

1ヶ月だけ多めに返済するような方針を取り、より多くの金額を返しておくようにするのです。

この効果により、リボ払いの返済効率が上昇し、カードを使いすぎてしまった場合も返済が楽になります。

より簡単に返済を終わらせるためにも、カードの利用状況は常に確認しておくと安心です。

楽天カードのリボ払いは本当に使っていいのか

ここまで楽天のリボ払いについて説明してきましたが、基本的にはあまりリボ払いに頼らないほうがいいでしょう。

リボ払いのメリットである、返済を分割できるという部分は確かに使いやすいのですが、それ以上にデメリットが大きい返済方法となっているのです。

特に、返済額が増えてしまう点は、将来的に返済が終わらないという問題に直面してしまいます。

これはリボ払いの落とし穴と言われるもので、最悪の場合は自己破産などの手続きをしないと解消されない場合もあるのです。

より安心してクレジットカードを使い続けるためにも、リボ払いはなるべく避けたほうがいいでしょう。

楽天は、少しでもリボ払いを使わせるため、キャンペーンを頻繁に開催しています。

しかし、キャンペーンがどれだけ魅力的でも、一括払いや分割払いを使ったほうが得をする傾向は多いのです。

どれだけポイントが増える、お金が何らかの形で返ってくるとしても、まずは返済をしっかり終わらせられるという部分を重点的に考えてください。

将来的なリスクが大きな方法であるリボ払いは、楽天がどれだけいい部分だけを勧めても、まずは使わないように心がけてください。

ただ、どうしても返済に困った時は、リオ払を使って返済額を抑えても構いません。

その場合は、返済に余裕ができたタイミングで一括返済を実施しておきましょう。

リボ払いはメリットのない返済方法!理由や業者の思惑を解説
リボ払いは、使うメリットがほとんどありません。 分割払いでも代用できる場合が多い点に加えて、利息が増えるなどの問題により、返済が困難となる場合が多いのです。 ただ、リボ払いは、クレジットカード会社が頻繁に要求してくるほか、キャン...

楽天カードはリボ払い以外で返済しよう!安心できる方法が大事

楽天カードはいろいろなキャンペーンにより、リボ払いを使いやすいものに変えようとしています。

しかし、リボ払いのキャンペーンと引き換えに、大きな手数料を取られる恐れがあります。

手数料を取られたくないなら、リボ払いを使わないで返済したほうがいいでしょう。

どうしてもリボ払いを使う際は、シミュレーションを活用して返済計画を事前に考えたほうが安心できます。

何も計画を立てないまま返済しないように、事前に自分のペースで返済するときの手数料等を確認してください。

上手にリボ払いを使わないと、返済に失敗する恐れもあります。

自信がない時は、リボ払いよりも一括払いを中心とした方法で楽天カードを使いましょう。

リボ払いの手数料はどこがお得?カード会社ごとの数字を比較してみた
リボ払いでは手数料がとても重要となります。 手数料の数字が多ければ多いほど、損失が増えてしまうのです。 損失を増やさないためにも、リボ払いの手数料を出来る限り減らす取り組みを実施しましょう。 そのためには、金利について理解...