借金地獄わず…借金地獄から復活する方法!

お金を借りる

カードローンを返しても返しても借金が減らない…まるで借金地獄だ…。

「もうお金がなさ過ぎて死ぬしかない…」なんて考えてしまうことも。

そんない思いつめないでください。借金地獄に陥ってしまったとしても、借金地獄から抜け出して生活を立て直すことは出来ます。

今回は、そんな借金地獄に当てはまる条件、借金地獄に陥りやすいタイプや、借金地獄に陥ってしまった人へ、きちんと生活を立て直すための『借金地獄から復活する方法』を解説します。

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

借金地獄に当てはまる人は?

まずは借金地獄の定義を確認していきましょう。

下記に当てはまる人は、借金地獄に陥っています。

  • 借入件数が2件以上
  • 借入総額が総量規制ギリギリor超えてる

上記の項目をもうちょっと詳しく解説していきます。

借入件数が2件以上ある人は『多重債務者』

利用しているキャッシング業者が2社以上ある人は、すでに「多重債務者」となっています。

多重債務者の時点で問題視されているので、新たにキャッシングを利用しようとしても「いくつもの業者から借り入れするくらい困っているのに、返済能力があるのか」と判断され、審査に通りにくくなります。

この時点でも十分「借金地獄」に足を踏み入れてしまっていることを自覚しましょう。

借入額が総量規制を超えてる

借入額が総量規制ギリギリである人や、もしくは総量規制を超えている人も、借金地獄に陥っていると言えます。

借金地獄に陥りやすい人はどんな人?

借金地獄に陥る人には、実は共通した特徴があるのです。

その特徴はどのようなものがあるのでしょうか?

代表的な特徴には、以下の三つがあげられます。

  • お金に限らず計画性の無い人
  • ストレス発散がお金を使うことになっている人
  • 人の目を気にしすぎな人

細かいポイントを解説していきます。

計画性の無い人

計画性の無い人は、借金地獄に陥りやすいです。

そもそも消費者金融を利用する人は、計画性の無い人が多いです。

計画性をもって普段からお金を使っているのにも関わらず、お金が必要になった人は、比較的クリーンなスペックなので、低金利の銀行カードローンを利用することが出来ますよね。

銀行カードローンの審査が厳しいと言っても、普通に制圧している人であれば審査に落ちることは無いのです。

その点、消費者金融は銀行カードローンよりも審査が甘め。そこしか利用が出来ない人は、普段から計画性が無いのです。

ストレスの発散がお金を使うことになっている人

これは筆者も当てはまりますが、ストレスの発散がお金を使うことになっている人も、借金地獄に陥りやすいです。

あとは節約のしすぎな人も、反動で酷い爆買いを起こしがち。

こういったひとはあっという間に借金地獄に落ちてしまうのです。

筆者も普段から極端に節約してた時期があり、ストレスがたまると反動でショッピングしてはカードを切りまくってしまい、支払いが出来なくなるということが度々ありました。

一度カードの支払いが出来なくてアコムを利用しましたが、2回目も同じことでアコムを利用しようとしたときにふと「カードの支払いに消費者金融使ってたら、一生借金地獄じゃん」と我に返り、一度自力で生活を立て直したことがありました。

節約も度が過ぎると自分自身を苦しめることになりますし、お金を使うことがストレス発散になってしまっている人は早めの段階でストレス発散の矛先を違うところに向ける努力が必要です。

ちなみに筆者は、普段は全くお金使わない!買い物も安いときにだけ買う!という極端な生活を辞めて、「週に1回ご褒美にアイスを食べる」といったように小さな楽しみを作るようにしました。

人の目を気にしすぎな人

人の目を気にしすぎな人も、借金地獄に陥りやすい特徴にあります。

周りと同じような生活をしなきゃ、あれをかわなきゃこれをしなきゃと、自分が本当に必要なものを見極めることが出来ず、人の目ばかり気にしてお金を使う人も、気づけば借金地獄に陥っているパターンが多いです。

借金地獄から復活するための対処法は?

借金地獄に当てはまる人、借金地獄に陥りやすい人の特徴などを解説してまいりました。

ここからは実際に借金地獄から復活するための対処法をご紹介していきます。

ここでご紹介するのは、Instagramなどの広告に出てくるような「パッと申し込みをしたらあっという間に借金が減額!」みたいな怪しい方法ではなく、ほんきで借金地獄から抜け出したい人が生活を立て直す方法です。

借金地獄から抜け出すための方法には、大きく分けて二つの方法があります。

  • おまとめローン
  • 債務整理

さっそく、この二つの方法を解説していきます。

おまとめローン

借金地獄から復活するための方法の一つに、おまとめローンを利用する方法もあります。

おまとめローンは複数の借入先を一つにまとめるものです。

ただ一つに借入先をまとめることで、なぜ借金地獄から抜け出せるのでしょうか?

おまとめローンのメリット・デメリットを元に解説していきます。

おまとめローンのメリット

  • 利息をまとめることが出来る
  • 返済先をまとめるので、返済忘れが減る

おまとめローンのデメリット

おまとめローンを完済するまで新規の借入はできない

複数借り入れ先がある借金地獄が起こっている状態では、少しでも借り入れ額を抑えることが大切。

おまとめローンでまとめることで、それぞれの借入先に払っている利息をまとめるので、必然的に利息を抑えることが出来ます。借金地獄から復活するための近道になりますね。

しかしおまとめローンを利用すると、新規での借り入れを増やすことは出来ません。自分の借り入れ状況を整理するために、おまとめローンで自分の借金状況を立て直すことも大切です。

借金地獄から復活するためにオススメのおまとめローンは、こちらからチェック!

借金地獄から復活するために債務整理をしよう

おまとめローンの申し込みをして、審査に落ちてしまった場合、債務整理をする手もあります。

債務整理なんて、そこまで大ごとにしなくても…と考えられる方も多いのですが、本当に借金地獄から復活したいのであれば、自分の債務状況をしっかり理解し、人に力を借りて債務整理も検討することおすすめします。

一口に債務整理といっても、現在の状況によって利用する債務整理は異なります。

「債務整理をしないといけないなんて…死んだ方がいいのか…」

なんて思わずに、まずは債務整理について確認していきましょう。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 特定調停

収入がある、今後も継続的な収入が見込める

  • 3年~5年で返済できる→任意整理
  • 借金額が5000万円以下→個人再生
返していく当てがない、収入が無い
自己破産

借金地獄から復活①任意整理

任意整理とは、債務整理の中で一番簡易的な債務整理になります。債権者と返済方法について交渉するための手続きのことを指します。

利息のみが減額とされ、3年~5年かけて返済することが出来る金額は任意整理で済ませることが出来ます。

また同居人などに知らせが行くこともないので、周りにバレないように任意整理を進めることが可能です。

任意整理中はおまとめローン同様に新規で借り入れはできませんし、完済後5年間は信用情報に任意整理をした旨が残るので、お手消費者金融などを利用しようにも審査で落とされてしまいます。

借金地獄から復活②個人再生

個人再生とは裁判所から許可をもらい、借金を減額してもらうための手続きです。

継続的な収入があることが条件なので、一見すると任意整理と差が無いように思えます。

任意整理と個人再生のどちらかになるのかは、下記のポイントが要となります。

  • 任意整理は利息分の減額だが個人再生は金額そのものも減額
  • 3~5年ほどで返せない金額
  • 家族などに秘密で行うことは出来ない

まず、個人再生が必要な場合は家族の収支も提出しなくてはなりませんし、車などを持っていれば没収されます。

また借金が減額された分は、保証人に請求が行くため、どう頑張っても一人で完結出来ないのです。

個人再生も、完済後は5年~10年ほど信用情報に残り続けますので、暫くは大手の借入を利用することは出来ません。

借金地獄から回避③自己破産

自己破産は収入などが無く、返済していくことが不可能だと判断されると、自己破産になります。

自己破産も、裁判所から許可をもらい、借金を免除してもらうものです。

  • 裁判所の許可なく旅行・引っ越しが出来ない
  • 後見人・保佐人などになれない
  • 支払いが保証人に一括で請求がいく
  • 自己破産の完済後、10年間は新規で借り入れを利用することが出来ない

下記の記事は、本当に誰にもバレずに自己破産できないのかを検証しています。

誰にもバレずに自己破産は可能?
「借金が返済できず自己破産を考えている」 「家族や会社にバレずに自己破産したい」 多額の借金を抱え、自己破産を考えている…という人も多いと思いますが、そんなときに気になるのが「家族や会社に自己破産の事実がバレること」ではないでし...

借金地獄から回避④特定調停

特定調停とは、支払いが出来なくなるかもしれないときに利用できる制度です。

調停委員会が利用者と貸金業者の間に入って手続きを行ってくれるので、任意整理と同じくらい簡易的なものとなりますが、返済が滞った場合に強制的に差し押さえなどが入るため、注意が必要です。

借金地獄から復活するために、一歩踏み出そう

借金返済が出来ず、返済をするために新たに借り入れを利用するような自転車操業では、一生完済することは出来ません。

またずるずると返済を続けていても、どんどん利息が膨らんでいき、全然完済できないなんてこともザラです。

借金地獄から復活していくには、一歩踏み出しておまとめローンや債務整理を決意することも大切。

一度、自分の債務状況とよく向き合いましょう。