専業主婦のお金の管理は悩みだらけ?おすすめの家計管理の方法!

レディースキャッシング

専業主婦の方も共働きをしている方もお金の管理に苦労していませんか?

一人暮らしのお金の管理とはまた違うので、「自分の好きなように」とはなかなかいきません。

時にはお金の管理が原因で夫婦喧嘩に発展してしまうことも。

専業主婦の方は特に、よほどパートナーに経済力がないと、やりくりが大変ですよね。

そこで、今回は専業主婦の方向けに上手なお金の管理の方法を紹介していきたいと思います。

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

専業主婦のお金の管理

多くの専業主婦がお金の管理は「妻が管理、夫は小遣い制」という形をとっています。

女性の方が現実的ですし夫は仕事で忙しいでしょうから、必然的に多くなりますよね。

なんと、世帯全体に対して約6割が「妻が管理、夫は小遣い制」みたいです。

では、専業主婦のおすすめの管理方法を以下に紹介していきます。

お金が入ったら共有口座へ入金!

おすすめは、お金が入ったらすぐに共有の口座へ入金することです。

お金を管理していく上で、「共有の口座」というのがとても大切です。

給料が入ったら一定の金額をすぐに共有の口座に入れて、余った額をお小遣いにしましょう。

不透明さがないのがメリット

このやり方のメリットは不透明さが全くない事です。

家計の支出が一括管理できて、お互いに何に費用がかかっているのかひと目で分かります。

逆に不透明だと、相手に対して不信感をいだいたり、ついつい無駄使いしてしまいやすいですよね。

お小遣い制にするのがだいじ

このやり方の大事な部分は、余った金額はしっかり「お小遣い」として自由に使えるようにすることです、

貯蓄や支出で頭でっかちになると、生活にゆとりがなくなりますから、ストレスになってしまいます。

お小遣い制にすることで生活費の無駄遣いをなくせるというメリットもあります。

お小遣いは趣味やランチ代として自由に使っていきましょう。

家計の内訳はパートナーに伝えましょう

家計の内訳をしっかり夫に伝えていくのも大切な事です。

共有なのに、妻が一方的に管理していては意味がありませんからね。

教えてもらえないと、不公平感が募るので喧嘩の原因にもなりやすいです。

何にどれくらい使われているのか、しっかり伝えていけるようにしましょう。

お金の管理が原因の喧嘩は多い

対立するかぽー

しっかり話し合わないと、お金の価値観や管理の仕方の違いですれ違いが起きやすいです。

結婚5年以内の夫婦へのアンケート結果で、家計の管理でけんかをした経験がある夫婦が全体の約4割との事です。

どうすれば、お金の管理が原因の喧嘩を防いでいけるでしょうか?

以下では、夫婦で仲良くお金を管理していくコツを紹介していきます。

お金に関する情報の共有

まずは、貯金学や給料、借金などお金に関する情報をお互いに開示しましょう。

お互いの情報を開示して、話し合いのベースをつくらないといけません。

お金の話はなかなか切り出しにくいですが、後回しにし続けるとお互いに擦れ違いが生じてしまうでしょう。

すれ違いが大きくなる前に早めの共有をおすすめします。

ライフプランの共有

将来のライフプランをお互いに話し合って、その上で貯金の目標額を決めていきましょう。

貯金していくにあたって、目指す場所が無ければモチベーションが続かないので、大切な事です。

先程、お金に関する情報開示について触れましたが、切り出しにくいのであれば、ライフプランのお話から始めても良いでしょう。

例えば「マイホームは欲しいか?」や「子供は何人欲しい?」かなどを決めていくということです。

建設的に貯金するためにも話し合いは大切なので、しっかり話し合いましょう。

将来何にいくらかかるのか把握しておこう

将来、何にいくらかかるのかを具体的にしっかり把握しておくことも大切です。

具体的に把握することで現実味が湧いてきますし、漠然としたお金の不安がなくなります。

教育費、車、保険、食費や生活費など、とりあえず今の段階で考えられる項目は全て計算しておきましょう。

「子供をどんな学校に入れさせるのか」「どんな家に住みたいか」「老後はどうするか」は特に話し合っておくと、より具体的な金額が分かってくると思います。

分からなければ、ファイナンシャルプランナ-に聞いて把握するのもありですね。

本当に欲しいものは妥協しない

「これは譲れない」といえるようなものはあらかじめ話し合っておきましょう。

欲しいものを我慢していると、ストレスになったり、夫婦ゲンカの原因になります。

後々、お互いのお小遣いの額に文句を言うことにもなりやすいので、最初のうちに明確にしておくことが大切です。

ふたりで話し合って一番満足出来るお金の使い方を決めていきましょう。

専業主婦の半分はお金を使うこと罪悪感がある…解決するためには?
家計の管理をしている専業主婦に話を聞いていると、こんな意見を耳にします。 「自分が自由に使えるお金はない」 「自分自身にお金を使うことに罪悪感がある」 このように、自分でお金を使うことに罪悪感を持つ人が多いのです。 専業...

夫婦のための項目も作る

時には夫婦ふたりが嬉しいことのためにお金を使いましょう。

夫婦円満のためにも、夫婦で一緒に幸せになるためにお金を使うことも時には必要です。

年に1回の旅行や記念日においしいご飯を食べるなど、あらかじめ決めておきましょう。

お金の管理上手になるには

良き妻として、お金のやりくりのコツを掴むのも大切です。

ここからは一般的な、上手なお金の管理の仕方を紹介していきます。

貯金専用口座の作成

給料が入ったら必ず、貯蓄額を専用口座へ入金します。

このやり方のメリットは、貯金専用だから確実に貯金が出来ることです。

先程紹介した、「お金が入ったら共有口座へ入金」と同時に組み合わせてみると良いでしょう。

共有口座に生活費などを入金して、貯金専用口座に夫婦で決めた貯金額を入金するという事ですね。

会社によっては複数の口座に入金出来る仕組みがあるので、それも可能であれば使っていきましょう。

急な出費に備えて、別で予備のお金を準備しておく

貯金とは別で、予備のお金を作っておくことも重要です。

冠婚葬祭や家電の故障、病気や怪我など人生は何があるかわからないからです。

別で予備のお金を準備しておくことで、急な出費による貯金の切り崩しをしなくても良くなります。

せっかく決めた貯金の目標額ですから、予備のお金で防御線を張っておきましょう。

家計簿をつけよう

専業主婦の方は是非、家計簿はつけていきましょう。

無駄使いがないか確認するためです。

家計簿は使い過ぎている項目を見つけて、貯金額を増やせる可能性が出てくるというメリットがあります。

支出だけは正確に把握しよう

それでも、「家計簿は面倒くさい」と思う方も多いでしょう。

「面倒くさくて続かない」という方はとりあえず支出だけは正確に把握しておけば大丈夫です。

ここで大事なのは、今日、今週、今月の支出額を正確に把握することです。

「一日の終わりにレシートのお金額をまとめるだけ」と考えておけば続きやすいです。

理想の支出割合

ファイナンシャルプランナーの方がよく使う、「理想の支出割合」というものがあります。

夫、妻(専業主婦)、子ども(小学生以下)の家族構成で、手取り額が25万の「理想の支出割合」を以下に紹介しておきます。

  • 住居費   25% 62,500円
  • 食費    14% 35,000円
  • 水道光熱費 6%  15,000円
  • 通信費   5%  12,000円
  • お小遣い  10% 25,000円
  • 教育費   10% 25,000円
  • 保険料   6%  15,000円
  • 貯金    12% 30,000円
  • その他(洋服、生活用品) 12% 30,000円

この数値に近づけていけるように頑張りましょう!

項目ごとの予算を決めよう

項目ごとの予算を決めていけると、さらに無駄遣いが減らせていけます。

家計簿をつけていると、どんな物にどれだけ支出したかがわかるようになりますから、決めた予算のおさまるようにしましょう。

「理想の支出割合」を参考に予算を組むことができれば、より良いといえますね。

今の時代はアプリが便利

今の時代はアプリで家計簿の管理している人が一番多いです。

項目ごとにグラフ化してくれますし、「先月に比べて収支がどう変化したか」が自動でわかるのでとっても便利です。

いろんなアプリがありますが、人気が高くておすすめは「家計簿Zain」と「マネーフォワード」です。

試しにやってみて、一番やりやすい家計簿の付け方を探してみてください。

専業主婦のお金の管理は悩みだらけ?おすすめの家計管理の方法!まとめ

という事で、専業主婦の方向けの上手なお金の管理の方法を紹介してきました。

専業主婦の方はとも働きの方とは違い、節約やお金の管理はしっかり出来ないと必要な時にお金がないということになりかねません。

まずは話し合う所から初めて、頑張って家計簿もつけていきましょう!

今回の内容を是非実践して役立ててみてください!

専業主婦でも借りれるカードローンを徹底取材!おすすめのカードローンは?
家計を管理する専業主婦のみなさん、なにかとお金が必要になることが多いですよね カードローンを利用するとなると、収入がないと申し込みをすることが出来ません。 ネットで専業主婦でも申し込み可能なカードローンで調べると、利用できるカー...