スマホ決済のおすすめは?サービスごとにポイントを解説

スマホ決済

キャッシュレスの時代となった現代には、多くのスマホ決済サービスが存在します。

しかし、スマホ決済サービスが急激に増えた結果、どのサービスを利用すればいいのかわかりづらくなりました。

特に還元率やサービスを利用できる範囲など、知っておかなければならない情報は多数あります。

ここではスマホ決済サービスについて説明するほか、おすすめのスマホ決済をランキング形式で紹介します。

スマホ決済とクレジットカードって結局どっちがいいの?比較してみた
スマホ決済は、今後もキャッシュレス決済で多く利用されることとなるでしょう。 利便性が非常に高くなっており、豊富なキャンペーンなどが用意されるなど、利用しやすい傾向を持っています。 ただ、キャッシュレスのサービスとしては、クレジッ...
プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

スマホ決済サービスはスマホで料金の支払いができる

スマホ決済サービス、スマホで普段の買い物の決済をすることで、キャッシュレスを図るというものです。

スマホで特定のアプリを起動し、アプリに表示されているバーコードを読み取ってもらうと決済が完了します。

アプリを使うだけで決済ができるのはいいことですし、買い物の支払いで現金を出さずに済むため、小銭が足りない場合でもすぐに支払いが終わります。

一方で利用するためにはクレジットカードを発行しなければならない、アプリ内にお金を入れなければならないなどの問題もあります。

どのように利用していくのかしっかりと確認し、スマホ決済サービスを選ぶようにしてください。

なお、全てのサービスは無料で提供されていますので、月額料金等の支払いはありません。

スマホ決済おすすめランキング!このアプリを利用すれば間違いなし

ここからはスマホ決済を利用したい人におすすめできるアプリを紹介します。

スマホ決済で悩んでいる人はもちろんのこと、新しいスマホ決済に変えたいと考えている人も、これから紹介するランキングを見てサービスを考えるといいでしょう。

第1位:Paypay

Paypayは高い還元率が魅力的なサービスです。

更に他にも多くのメリットを持っているほか、利用するまでにかかる時間が短いというメリットがあります。

多くの店が対応しているという利点もあり、スマホ決済の中では使いやすいでしょう。

PayPayが使えるお店は?メリットや口コミなどをご紹介
このところ、スマホを使ったキャッシュレスサービスが次々誕生しています。 小銭を持ち歩かなくてもスマホだけで支払いができる手軽がうけて、日常的に利用している人も激増しているとか。 ただ、スマホ決済を利用してみたいけれども、どんなサ...

Paypayの基本情報

基本還元率 1.5%
最大還元率 10%

Paypayは基本還元率が高く設定されており、ポイントを多く獲得できるメリットを持っています。

最大の還元率は10%と高くなっていますが、これは基本的なポイント還元率が5%に設定されているショップを利用した際の還元率です。

基本的な数字が高くなっているので、使った金額の一部がしっかりと還元されていくのはいいところでしょう。

ただ、支払い方法がチャージを主体としたものですので、クレジットカードで気軽に利用する人には使いづらいかもしれません。

Paypayのメリット

Paypayのメリットは以下の通りです。

  • 基本的なポイント還元率が高い
  • ヤフオクの売上金をチャージできる
  • 対象店舗が多い

以上のメリットがあります。

Paypayは色々な場所で使えるのでお勧めです。

ここからはPaypayのメリットについて説明します。

基本的なポイント還元率が高い

基本的なポイント還元率が高くなっており、1.5%の還元が確実に受けられます。

キャンペーン等によってさらにポイント還元率が増えると10%まで引き上げられます。

ポイントの還元率が高く、キャンペーンが頻繁に開催されているのもいいでしょう。

より多くのポイントを確保して、スマホ決済を楽にしたいときにはお勧めです。

ヤフオクの売上金をチャージできる

ヤフオクの売上金がチャージに使えます。

ヤフオクで売却した時に得られたお金を全てチャージに回しておけば、入金の手間もほとんどかからなくなります。

普段からヤフオクを利用している人には使いやすいサービスです。

対象店舗が多い

対象店舗が多く、外出先でPaypayを使えるのはいいところでしょう。

気軽な買い物で使えるのはとてもいいところでしょう。

対象となる店舗は、主にTポイント関連のサービスを使っていたところです。

普段からTポイントを貯められる店舗を利用している人には使いやすいサービスです。

Paypayのデメリット

一方でPaypayにはデメリットもありますので、しっかりと確認しておきましょう。

  • ネット上で使える店が少ない
  • 対応しているクレジットカードが少ない

未だにネット上で対応している店舗が少ないため、ネットでの利用は難しい状況です。

また、クレジットカードへの対応も遅れており、Yahoo!カード以外は利用できません。

基本的にYahoo!を利用している人には使いやすいものの、それ以外のサービスを主体としている人には利用しづらい傾向があります。

おすすめの使い方

PaypayはYahoo!カードを一緒に使い、ポイントを2重で受け取る方法がおすすめです。

Yahoo!カードを併用すると追加でTポイントが受け取れます。

2重にポイントを受け取ることで、更に還元されるポイントを増やすといいでしょう。

利用する場合のおすすめ店舗

おすすめはPaypayをネットで使えるYahoo!ショッピングです。

ここではTポイントとPaypayライトの2つを一緒に獲得できます。

更にポイント還元率の高い店を使えば、10%以上の還元も可能です。

Paypayを利用すると追加で1%の還元が受けられるため、より多くのポイントを得たい人におすすめです。

第2位:楽天Pay

第2位は楽天Payです。

楽天Payの基本情報

  • 基本還元率 0%~5%
  • 最大還元率 5%

楽天Payはポイント還元率こそ高くありませんが、支払い方法が多く用意されているため決済は楽になっています。

また、オンライン上で決済できるサービスはとても使いやすいでしょう。

ただ、楽天Payを利用する際の決済方法がクレジットカードや一部のサービスに限られている点には注意が必要です。

楽天Payのメリット

楽天Payのメリットは以下の通りです。

  • 楽天ポイントの還元が多い
  • ラクマの売上金をチャージできる

以上のメリットがあります。

基本的に楽天で使う際に優れたサービスと言えるでしょう。

ここからは楽天Payのメリットを説明します。

楽天ポイントの還元が多い

楽天ポイントで還元できるメリットがあります。

楽天ポイントは幅広く使えるので非常に便利です。

また、ポイントの還元率を高める方法もあります。

楽天カードを決済の対象にしておけば、1%の還元が追加で受けられます。

より多くの還元を受けたい場合は楽天Payを使いましょう。

ラクマの売上金をチャージできる

フリマサイトのラクマを利用している場合、売上金をチャージできます。

売上金を楽天Payに入れておけば、クレジットカードを持っていなくても決済できます。

気軽に決済できる状況を作りたいときにはお勧めでしょう。

楽天Payのデメリット

一方で楽天Payにはデメリットもあります。

  • クレジットカードを持っていないと使いづらい
  • ポイント還元が遅い

以上のデメリットには注意してください。

特にクレジットカードで決済できないと利用しづらい傾向がありますので、できる限りカードを持ってから楽天Payを使ってください。

おすすめの使い方

楽天Payは楽天カードを一緒に利用するといいでしょう。

楽天カードと楽天Payでポイントを獲得すると、より多くの還元が期待できます。

特に楽天カードはキャンペーンにエントリーすることで、更に還元されるポイントが増えます。

多くのポイントを得たいときは楽天カードも発行しましょう。

利用する場合のおすすめ店舗

楽天Payは対応している店舗が非常に多いものの、中でもコンビニ決済で使うと便利です。

セブンイレブンやローソン、ファミリーマートで気軽に使うといいでしょう。

基本的には外での買い物で利用したいスマホ決済サービスです。

楽天ペイの加盟店は?メリットや口コミをご紹介
2018年あたりから競争が激しくなってきたスマホ決済業界ですが、どのサービスを利用すればいいのかよく分からないという人が多いようです。 そこで、今回は日本で一番利用されているスマホ決済サービス、「楽天ペイ」について解説したいと思います...

第3位:LINE Pay

LINE PayはLINEが決済の主要サービスとして導入しました。

多くの人に利用されているほか、使える範囲が広いという評判もあります。

特にオンラインショップを利用する人には使いやすいサービスであり、ネットの買い物では活躍します。

LINE Payの基本情報

  • 基本還元率 0.5%~2%
  • 最大還元率 7%

LINE Payは還元率がそこそこ高くなっています。

最大の還元率も高めで、LINEポイントの還元を狙いたい人には使いやすいでしょう。

一方で決済方法が少ないため、チャージができる環境を整えないと使いづらい傾向があります。

LINE Payのメリット

LINE Payのメリットは以下の通りです。

  • オンラインショップに対応している
  • LINEを使っている人は簡単に利用できる

以上のメリットがあります。

LINEを利用している多くのユーザーは簡単に使えるので便利です。

ここからはLINE Payのメリットについて説明します。

オンラインショップに対応している

LINE Payはオンラインショップの多くに対応しており、比較的ネットの買い物では使いやすい傾向があります。

オンラインで買い物をしている人にはとても使いやすいでしょう。

これからも対応する店は増えるため、更に幅広い場所での決済が期待できます。

LINEを使っている人は簡単に利用できる

LINE PayはLINEを持っていれば誰でも利用できるメリットがあります。

普段から利用しているLINEさえ持っていれば決済できるのは便利でしょう。

余計なアプリのダウンロードなども必要ありません。

LINE Payのデメリット

一方でLINE Payにはデメリットもあります。

  • 基本的にチャージしなければ使えない
  • 還元率は利用頻度が少ないと高くならない

チャージを前提としたサービスですので、先にチャージするように心がけてください。

また、ポイント還元率は利用率を高めないと増加しないため、頻繁に利用するように心がけましょう。

おすすめの使い方

LINE Payはキャンペーンを開催しているタイミングを狙うといいでしょう。

特に20%還元を実施しているタイミングはおすすめです。

このタイミングで利用すれば、通常よりもさらに多くのポイントが獲得できます。

ただ、対象店舗が限られている点には気を付けておきましょう。

利用する場合のおすすめ店舗

還元率を高めるキャンペーンを実施する店舗を利用するのがおすすめです。

家電量販店のビックカメラやソフマップなどはキャンペーンを何度か開催しています。

できる限りキャンペーン開催中の店舗でLINE Payを使うといいでしょう。

LINE Payの使えるお店はどこ?メリットや口コミをご紹介
現金主義が定着している日本でも、最近はスマホ決済が注目され始めています。 大手各社が競うようにしてスマホ決済サービスの提供をはじめていますが、どの決済サービスを利用すればいいのか迷ってしまいますよね。 そこで、今回は誰もが利用し...

第4位:メルペイ

メルペイはメルカリが提供しているスマホ決済サービスです。

まだ対応している場所は少ないものの、これからさらに利用される可能性があります。

特にメルカリを利用している人には使いやすい決済となるでしょう。

メルペイの基本情報

  • 基本還元率 なし
  • 最大還元率 5%

メルペイは支払い方法にiDがありますので、接触しなくても決済できるメリットを持っています。

また、銀行口座から決済できるメリットもあるため、銀行口座さえ持っていれば使いやすいでしょう。

一方でポイントの基本還元率が低く、あまりポイントを得られない点には注意が必要です。

メルペイのメリット

メルペイのメリットは以下の通りです。

  • iDで決済できる店舗が多い
  • メルカリの売上金を決済に充てられる

以上のメリットがあります。

メルカリを利用している人にはとても使いやすく、気軽に決済が可能です。

ここからはメルペイのメリットについて説明します。

iDで決済できる店舗が多い

決済サービスのiDと提携しているため、決済できる店舗が多くあるのもメルペイの特徴です。

iDを使える店舗へ行けば、ほぼメルペイ決済が使えるのはいいところでしょう。

スマホ決済サービスでも、幅広い店舗で活用できる点は他のサービスにも負けない良さとなります。

メルカリの売上金を決済に充てられる

メルカリの売上金がメルペイの決済に充てられます。

チャージの必要がないため、メルカリを利用している人は簡単に決済ができるでしょう。

メルペイのデメリット

一方でメルペイにはデメリットもあります。

  • 常時ポイント還元が受けられない
  • メルカリを利用していないと初期登録が面倒

メルカリを利用していないと登録に時間がかかるため、基本的にメルカリを利用しているユーザーが使うサービスと考えてください。

おすすめの使い方

メルカリの売上金をそのままチャージする方法で使うといいでしょう。

クレジットカードなどと違い、後から支払いを要求されることがありません。

また、売上金が多い場合は、チャージの回数も減らせるメリットがあります。

メルカリで得たお金を有効に使えば、よりお得に使える決済サービスです。

利用する場合のおすすめ店舗

ドラッグストアで使うといいでしょう。

決済サービスに対応している店舗が多く、決済も楽になります。

クスリのアオキやココカラファインならメルペイも気軽に使えます。

メルペイとはメルカリのサービス?メリットや口コミをご紹介
メルカリを利用したことある人なら、 「メルペイを利用してみたい」 「メルペイってどうなの?」 と、気になっているのではないでしょうか? 今回はメルペイについて調べてみました。 この記事で分かること メ...

第5位:d払い

d払いはdocomoが提供しているサービスです。

docomoユーザー以外でも使えるので、携帯キャリアを気にする必要はありません。

かなり多くのポイント還元が受けられる特徴を持っています。

d払いの基本情報

  • 基本還元率 20%
  • 最大還元率 25%

d払いはポイント還元率が20%とかなり高く、他のサービスよりも多くの還元が受けられます。

また、支払い方法も充実しており、個人間やオンラインによる決済も可能です。

d払いのメリット

d払いのメリットは以下の通りです。

  • ポイント還元率が高い
  • クレジットカードの制限がない

以上のメリットがあります。

特にクレジットカードの制限がないのは使いやすいでしょう。

ここからはd払いのメリットについて説明します。

ポイント還元率が高い

d払いはポイント還元率がずば抜けて高く設定されており、多くのポイントが得られます。

docomoユーザーであれば、ポイントの還元を多く受けられることで色々なサービスに活用できるでしょう。

最大で25%まで引き上げられるのは他にはないメリットです。

クレジットカードの制限がない

クレジットカードに制限がないため、どのカードを利用してもd払いを使えます。

対応しているクレジットカードなのかわからない時は、d払いを利用するといいでしょう。

dカードを持っている人は、d払いで利用するとさらにポイント還元が得られます。

d払いのデメリット

一方でd払いにはデメリットもあります。

  • クレジットカード以外の決済方法は制限あり
  • キャリア決済以外に対応していない店もある

クレジットカード以外の決済方法は使いづらくなっており、docomoに関連しているサービスでのみ決済が可能となっています。

また、docomoキャリア決済を利用する場合も、一部店舗が対象外で利用できない点に気を付けたいところです。

おすすめの使い方

dカードと並行して利用するといいでしょう。

dカードを利用すると追加のdポイントが受け取れます。

より多くの還元を受けてdポイントを多く貯めましょう。

利用する場合のおすすめ店舗

松屋やガストなど、飲食店で使うといいでしょう。

気軽な食事もd払いで簡単に決済できます。

他にも多くの飲食店に対応しており、チェーン店では使いやすい傾向があります。

第6位:Origami Pay

海外でも利用できるスマホ決済として重宝されています。

近年は日本でも対応する店舗が増えてきました。

Origami Payの基本情報

  • 基本還元率 0%
  • 最大還元率 5%

Origami Payはポイント還元サービスはないものの、特定の条件を利用するとポイントの還元を受けられます。

また、海外で対応している店舗が多いため、日本よりも海外で使いやすい傾向があります。

Origami Payのメリット

Origami Payのメリットは以下の通りです。

  • 割引サービスが受けられる
  • Alipayとの提携

以上のメリットがあります。

割引サービスは非常に重宝するでしょう。

ここからはOrigami Payのメリットを説明します。

割引サービスが受けられる

コンビニや薬局で利用すると、2%の割引サービスが受けられます。

割引を受けたいと考えている時はOrigami Payを使うといいでしょう。

Alipayとの提携

Origami PayはAlipayと提携しており、海外で利用できる範囲が広がっています。

特に中国での決済では非常に使いやすい傾向があります。

Origami Payのデメリット

一方でOrigami Payにはデメリットもあります。

  • 基本のポイント還元が受けられない
  • 日本で対応する店がまだ少ない

ポイント還元が少ないという部分は少し厳しいところですが、割引サービスで対応できるためあまり気にしなくてもいいでしょう。

ただ、日本で対応する店がまだ少ないため、大きなチェーン店以外では使えない場合があります。

おすすめの使い方

割引サービスを受けられる店舗で利用してください。

2%の割引で買い物がお得になります。

特にコンビニで使うと買い物を安く実現できるでしょう。

利用する場合のおすすめ店舗

ケンタッキーでの利用はおすすめです。

ケンタッキーでは50円の割引サービスが適用されます。

50円の割引でお得に買い物ができるでしょう。

第7位:pixiv PAY

pixivが運営するスマホ決済サービスです。

普段からpixivを利用しているユーザーには使いやすいでしょう。

pixiv PAYの基本情報

  • 基本還元率 0%
  • 最大還元率 0%

基本的に還元というより、スムーズな決済を可能にするためのサービスです。

現在はポイント関連のサービスは用意されていません。

pixiv PAYのメリット

pixiv PAYのメリットは以下の通りです。

  • コミケの決済が楽になる
  • 将来性が期待できる

以上のメリットがあります。

アニメ関連の決済として将来的に伸びる可能性を持っていますので、持っていると将来的に得をする場合があります。

ここからはpixiv PAYのメリットを説明します。

コミケの決済が楽になる

pixiv PAYはコミケに導入されており、既に決済で使えるようになっています。

コミケの決済を楽にしたいときは持っているといいでしょう。

将来性が期待できる

導入されてからまだ新しいサービスですが、アニメやゲーム関連のイベントで導入を進める可能性が高くなっています。

将来的に同人イベントやアニメ関連のイベントで多く利用できる期待が持てるでしょう。

pixiv PAYのデメリット

pixiv PAYにはデメリットもあります。

  • ポイントサービスはない
  • 対応する店はまだ少ない

ポイントサービスを用意しておらず、ポイントを得られるスマホ決済サービスよりも得をしない傾向があります。

導入している店舗も少なく、これから普及することに期待したいサービスです。

おすすめの使い方

基本的に対応しているイベントで使うといいでしょう。

持っていけば現金の決済よりも楽に支払いができて、スムーズに買い物ができます。

特にコミケは混雑するため、導入すると楽に決済ができて便利です。

利用する場合のおすすめ店舗

現状はコミケが一番おすすめの場所となります。

待ち時間を決済で減らせるのはいいことでしょう。

第8位:Apple Pay

Appleが提供を開始したスマホ決済サービスです。

世界中で多く利用される可能性がある期待値の高い決済と言えるでしょう。

Apple Payの基本情報

  • 基本還元率 0%
  • 最大還元率 0%

ポイント還元はできませんが、クレジットカードで決済するとカードのポイントは貯められます。

ポイントについては将来的に変更される可能性があります。

Apple Payのメリット

Apple Payのメリットは以下の通りです。

  • Suicaに対応している
  • 他の決済方法に提携している

以上のメリットがあります。

交通系の決済サービスであるSuicaに対応しているのはとても便利なところです。

ここからはApple Payのメリットを説明します。

Suicaに対応している

SuicaをApple Payで利用できるメリットがあります。

アプリを持っていればSuicaも一緒に使えるのは便利なところです。

このサービスは他のスマホ決済サービスにはない良さでもあります。

他の決済方法と提携している

iDやQUICPAYと提携しているため、これらの決済に対応している店舗で利用できます。

そのため様々な店舗での決済が可能です。

今後更に決済サービスと提携する可能性もあります。

Apple Payのデメリット

Apple Payにはデメリットもあります。

ポイントサービスがない

ポイントサービスが導入されていないので、ポイントを持っているサービスよりは得をしない傾向があります。

ただ、それ以外に大きなデメリットはなく、使いやすい決済サービスの1つです。

おすすめの使い方

Suicaと並行して利用する方法がおすすめです。

特に電車に多く乗っている人は、Apple Payを導入しておけばSuicaを準備する手間を省けます。

利用する場合のおすすめ店舗

イオングループや各種コンビニでの利用がおすすめです。

店が対応している決済方法へ柔軟に対応しており、Apple Payを提示すれば簡単に支払いが可能です。

また、ガソリンスタンドのENEOSでも使えます。

第9位:Google Pay

Googleが提供しているサービスです。

Android端末の人はこちらを利用するといいでしょう。

Apple Payの基本情報

  • 基本還元率 0%
  • 最大還元率 0%

こちらもポイント還元はありません。

ただ、電子マネーに多く対応しており、使える範囲はかなり広い決済サービスです。

Google Payのメリット

Google Payのメリットは以下の通りです。

  • 広範囲の電子マネーに対応
  • オンライン決済でも使える

以上のメリットがあります。

電子マネーへの対応が非常に便利な決済サービスなので、電子マネーを多く使う人におすすめです。

ここからはGoogle Payのメリットを説明します。

広範囲の電子マネーに対応

Suicaやnanaco、WAONなどに対応しており、豊富な電子マネーで決済が可能です。

電子マネーを複数利用している人は、1つにサービスをまとめられるメリットがあります。

オンライン決済に対応

ネット上でもクレジットカードと紐づけておけば決済が可能です。

オンラインでも様々な決済ができるのはとてもいいことでしょう。

今後更に決済サービスと提携する可能性もあります。

Google Payのデメリット

Google Payにはデメリットもあります。

  • ポイントサービスがない
  • iPhoneユーザーは利用不可

ポイントサービスがないのはApple Payと変わりません。

このサービスはandroid向けに作られているため、iPhoneユーザーは利用できない点に気を付けてください。

なお、海外ではiPhone向けのアプリも登場しています。

おすすめの使い方

電子マネーを利用した決済がおすすめです。

色々な電子マネーをGoogle Payで提携しておけば、様々な店舗で簡単に支払えます。

利用する場合のおすすめ店舗

WAONに対応している点を考えると、イオンでの決済がおすすめです。

イオン関連のカードを持っていなくても簡単にWAON決済ができるでしょう。

第10位:Alipay

中国で使われているスマホ決済サービスです。

日本人向けではありませんが、将来的に日本へ向けた普及を進める可能性があります。

Alipayの基本情報

  • 基本還元率 0%
  • 最大還元率 0%

ポイント還元はありませんが、決められた利率で利息を受け取れるサービスとなっています。

そのためポイント還元よりも得をする場合もあります。

Alipayのメリット

Alipayのメリットは以下の通りです。

  • 割り勘が可能
  • 預金口座としても使える

以上のメリットがあります。

他の決済サービスとは異なるメリットを持つほか、預金口座代わりに利用できる点も見逃せません。

ここからはAlipayのメリットを説明します。

割り勘が可能

アプリ1つで割り勘決済が可能となっています。

割り勘での支払いを希望している時には便利でしょう。

預金口座としても使える

Alipayに預けられたお金は銀行預金と同じように利子を受け取れます。

普通口座よりも多くの利子が受け取れるため、中国では預金口座代わりに使われています。

Alipayのデメリット

Alipayにはデメリットもあります。

  • 日本人向けではない
  • 利用可能店舗があまり多くない

中国人向けのアプリですので、日本人には使いづらくなっています。

また、日本で利用可能な店舗はまだ多くないため、使えない場所も数多くあります。

今後さらに普及すれば、使える場所は増えていくでしょう。

おすすめの使い方

多くのお金をAlipayに入れて、利子を受け取りながら決済として使う方法がおすすめです。

普通口座に預けるよりも多くの利子を受け取れるため得をするでしょう。

利用する場合のおすすめ店舗

中国で利用する際は非常に重宝するでしょう。

海外出張などで買い物をする際は準備しておくと便利です。

日本でALIPAYを使う方法は?メリットや口コミをご紹介
最近、スマホ決済を利用する人が増えてきています。 といっても、どこへ行ってもスマホ決済を利用できるわけではありませんから、まだまだこれからかな、という感じですよね。 一方、お隣の中国ではスマホ決済がすっかり定着して、今では現金を...

スマホ決済を有効に利用して快適な買い物を

スマホ決済を活用すれば、より快適な買い物が期待できるでしょう。

特にすぐに決済したいと考えている時にはとても使いやすいサービスです。

ただ、どのサービスを利用するかによって、ポイントの還元率や使える店は変わっています。

普段利用している店などを考えて、最終的に使う決済方法を考えましょう。