大光銀行カードローン「LUXZO」の審査申し込み方法は?即日は可能?

地方銀行カードローン

新潟県に本店を置く大光銀行は、数々の個人向けローンを取り扱っています。

その中でも、特に低金利で利用できると好評なのが、大光銀行カードローン「LUXZO」です。

今回は大光銀行カードローン「LUXZO」の基本スペックや申し込み方法、さらには「大光銀行カードローンで即日融資が可能なのか?」という点について詳しく見ていきます。

<この記事はこんな人におすすめ>

  • 大光銀行カードローンの基本スペックを知りたい人
  • 大光銀行カードローンの利用条件を知りたい人
  • 大光銀行カードローンが即日融資可能か知りたい人
銀行カードローンの審査は厳しめ?審査時にチェックされるポイントを徹底解説
銀行カードローンでは、消費者金融のように即日融資にも対応して居ません。 その背景に銀行カードローンの審査基準の厳格化を行い、審査に時間がかかるようになってしまったことが原因と言えます。 それでも銀行が運営しているカードローンであ...

大光銀行カードローン「LUXZO(ラグゾー)」の基本情報

まず、大光銀行カードローン「LUXZO(ラグゾー)」の基本的な情報から見ていきましょう。

ちなみに大光銀行には「だいこうカードローンEX」と、大光銀行カードローン「LUXZO(ラグゾー)」の2種類があります。

だいこうカードローンEXは、新規契約の場合最高限度額が100万円までとなっており、大光銀行カードローン「LUXZO(ラグゾー)」の方が限度額に余裕がありますので、今回は大光銀行カードローン「LUXZO(ラグゾー)」を詳しく解説していきたいと思います。

金利と限度額

以下は、大光銀行カードローン「LUXZO(ラグゾー)」の限度額と金利を一覧にしたものです。

下記のとおり、大光銀行カードローン「LUXZO(ラグゾー)」で100万円未満の限度額が設定された場合は上限金利の14.0%が適用されますが、利用実績に応じて限度額が増えて金利も下がる仕組みになっています。

コース貸越極度額金利(年利)
100万円未満コース20万円・30万円・50万円・90万円14.0%
100万円コース100万円・150万円11.5%
200万円コース200万円・250万円9.0%
300万円コース300万円7.0%
400万円コース400万円5.8%
500万円コース500万円4.8%
600万円以上コース600万円・700万円・800万円3.8%

返済負担は厳しい?

大光銀行カードローン「LUXZO(ラグゾー)」の返済は、契約金額に応じて毎月一定額を支払う仕組みになっています。

返済方法は口座引き落としのみで、毎月10日(銀行休業日の場合は翌営業日)に返済口座より引き落とされます。

以下は各コースの毎月の返済額の一覧となりますが、100万円以下のコースで契約金額が20万円の場合は「毎月3,000円」の返済で済むようになっていますので、最低限の負担でカードローンが利用できます。

<契約金額と毎毎月の返済額一覧表>

コース契約金額毎月返済額
100万円以下コース20万円3,000円
30万円5,000円
50万円7,000円
90万円10,000円
100万円コース100万円15,000円
150万円20,000円
200万円コース200万円25,000円
250万円30,000円
300万円30,000円
400万円コース400万円35,000円
500万円コース500万円40,000円
800万円コース600万円45,000円
700万円55,000円
800万円60,000円

また、毎月の口座引落日以外でも、大光銀行ATMやコンビニATMからでも随時返済が可能です。

<提携ATM>

  • セブン銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • イオン銀行ATM
    ※ATMからの返済の場合は手数料が必要

大光銀行カードローン「LUXZO(ラグゾー)」のメリット

大光銀行カードローン「LUXZO(ラグゾー)」は、最高800万円までの余裕ある限度額が設定できますので、下記のような人にはメリットがあるカードローンといえます。

  1. 他社カードローンを利用していて借り換えを検討している人
  2. 銀行カードローンや消費者金融の複数の借り入れをまとめたい人

大光銀行のホームページには「おまとめや借り換えもOK」と書かれていますので、他社借り入れがあっても返済能力に問題がなければ借り入れは可能です。

ただし、大光銀行カードローンは正式なおまとめローンではありません。

そのため、すでに借り入れているローンを返済するかどうかは利用者の判断に委ねられています。

大光銀行カードローン「LUXZO(ラグゾー)」の契約が済んだあと、今まで借りていたカードローンの返済を怠っていると、単純に債務が増えることになりますので注意が必要です。

メガバンクと比較

大光銀行カードローン「LUXZO(ラグゾー)」のメリットは、なんといっても上限金利が低いという点です。

下記は大手銀行カードローンとの金利を比較した表です。

上限金利だけを比較すると、三井住友銀行カードローンや三菱UFJ銀行カードローンの上限金利よりも低いことがわかります。

銀行カードローン名実質年率
大光銀行カードローン「LUXZO(ラグゾー)」3.8%~14.0%
三井住友銀行カードローン4.0%~14.5%
三菱UFJ銀行カードローン1.8%~14.6%
みずほ銀行カードローン2.0%~14.0%

利用者の居住地が限られるというデメリットも

上記のとおり、大光銀行カードローン「LUXZO(ラグゾー)」はメガバンクにも引けを取らないスペックを誇っています。

ただ、大光銀行カードローンには「申し込む人の居住地エリアが限られている」というデメリットがあります。

大光銀行カードローンに申し込める人の条件は、大光銀行の営業エリア内に自宅か勤務先があるということが前提です。

大光銀行は新潟市や長岡市を中心に店舗展開していますので「新潟方面に住んでいない」または「勤務地が大光銀行のエリア外」という場合は申し込みすら受け付けてもらえません。

審査基準

大光銀行カードローンは銀行カードローンですので、消費者金融カードローンよりは若干審査が厳しくなります。

ただ、一部の銀行カードローンにあるような「最低年収」という条件は特になく、以下の条件さえクリアしていれば審査通過の可能性は十分にあります。

<大光銀行カードローン「LUXZO(ラグゾー)」を利用できる人の条件>

年齢申込時の年齢が「満20歳以上」「満60歳未満」であること
居住地勤務地いずれか一方が大光銀行の営業区域内にあること
居住年数特に問われない
勤続営業年数特に問われない
年収安定した収入があること
保証人や保証会社保証人は不要
オリックスクレジット株式会社の保証を受けられること

審査回答と即日融資の可否

つぎに申し込み手続きや、審査にかかる時間についても詳しく見ていきましょう。

申し込みから借り入れまでの流れ

大光銀行カードローンの申し込み手続きの流れは、以下のとおりです。

  1. 大光銀行公式サイトから申し込み内容を入力して送信する
  2. 大光銀行と保証会社による審査がおこなわれる
  3. 別途送られてくるメールの手順に従って、本人確認書類や収入証明書を提出する
  4. 保証会社より勤務先に在籍確認の電話が入る
  5. 全ての手続きが完了したら、自宅にローンカードを郵送されてくる
  6. ローンカードで借り入れをする

必要書類

大光銀行カードローン「LUXZO(ラグゾー)」の申し込みに際しては、以下の書類が必要となります。

本人確認資料運転免許証やパスポートなどの本人確認書類
※専用のローンカードは本人限定受取郵便で発送されるため、受取時にも本人確認書類が必要
所得証明書契約金額が50万円を超える場合、または審査結果次第で50万円以下の場合でも所得証明書の提出が必要 ※源泉徴収票、直近の給与明細、所得証明書、課税証明書など

審査に必要な時間

大光銀行の公式サイトを確認すると「即日審査OK」ということは一切書かれていません。

一般的な地方銀行の審査時間は2~3営業日、長引くと1~2週間程度かかりますので、大光銀行カードローンの審査も1週間程度はかかると思っておいた方がいいでしょう。

またカードローン契約が終了しても、自宅にローンカードが到着しないと利用できませんので、実際には申し込みから借り入れまでは1週間~10日前後必要と思っておいたほうが無難です。

審査が長引く3つの要因

また、カードローンの申し込み状況や審査の状況次第では、審査に非常に時間がかかる場合があります。

1.銀行や保証会社の都合

大光銀行カードローンの審査は、保証会社であるオリックスクレジット株式会社がおこないます。

本人確認などの簡単な審査は大光銀行が実施しますが、申込者の信用情報の照会や勤務先への在籍確認などはオリックスクレジット株式会社がおこなう流れとなります。

そのため、銀行が営業していない時間帯や、土日や祝日などオリックスクレジット株式会社の営業時間外に申し込んだ場合、審査は翌営業日以降になりますので、申し込みから審査開始までは2~3日かかることも考えられます。

申し込み情報の不備が多い

本人確認書類や収入証明書の不備が多い場合も、審査に時間がかかります。

たとえば、本人確認書の不備としては以下のようなケースが考えられます。

  1. スマホカメラで撮影した書類の写真がピンボケしている
    または蛍光灯の光が反射して文字がよく見えない
  2. 書類の重要な部分が写っていない
  3. 運転免許証に記載されている住所と、申し込みに記載した住所が異なっている
  4. 提出した収入証明書類に勤務先が明記されていない。または古い収入証明書を提出した

とくに運転免許証に記載されている住所と実際の居住地が異なる場合、補助書類として住民票や公共料金の領収書を複数枚用意するなど、かなりの手間が発生します。

転居してまもない状態で大光銀行カードローンに申込む場合は、あらかじめ運転免許証の住所変更手続きをおこなってから申し込むほうがいいでしょう。

在籍確認がとれない

審査終盤には、保証会社である「オリックスクレジット株式会社」から勤務先に在籍確認の電話がはいります。

「在籍確認があった」ということは、ほとんど審査が完了している状態ですので、スムーズに確認が取れればカードローンの審査は終了します。

しかし、カードローンの申し込みが夜間だったり土日祝日の場合は勤務先も電話がつながりませんので、在籍確認に2日程度要するケースも出てきます。

また、勤務先によっては個人名からの電話については本人の在籍を明らかにしないというルールを決めているところもあり、スムーズに在籍確認が完了せず審査が長引くケースもあります。

在籍確認を円滑にすすめてもらうためには、勤務先が営業している時間内に申し込んでおき「在籍確認の電話がある」ということを、あらかじめ同僚に説明しておいた方がいいでしょう。

さすがに「カードローンの利用で在籍確認の電話があるかも」とは言えないと思いますので、「大光銀行のマイカーローンを申し込んだ」「住宅ローンを検討している」などという言い訳が使えるかもしれません

1分でも審査回答を早めてもらうコツ

以上のとおり大光銀行カードローンの審査はかなり時間がかかりますが、少しでも審査の時間を早めてもらうための対処法はいくつかあります。

事前の利用条件リサーチが重要

ひとつ目は、カードローンの利用条件や公式webサイトの入力項目などを事前に確認しておく、という点です。

大光銀行カードローンの申し込み画面では、以下の情報を入力する必要があります。

事前に調べておかないとすぐにはわからない情報もありますので、注意が必要です。

<事前確認が必要な入力項目>

  • 勤務先住所と電話番号
  • 勤務先の業種と資本金
  • 従業員数
  • 出向元勤務先名
  • 出向元住所と電話番号
  • 他社借り入れ先と、借り入れ金額

必要書類の不備をなくそう

さきほど「運転免許証の住所と実際の居住地が違うケース」をお伝えしましたが、書類審査で無駄な時間を発生させないように、以下のような対策をとっておくこともおすすめします。

  • 最新の収入証明書類が提出できるように、勤務先に依頼しておく
  • 自営業などの場合は、確定申告の控えをすぐに提出できるように用意しておく
  • 源泉徴収票や給与明細が用意できない場合は、市役所に行って課税証明書などを取り寄せておく

さらに繰り返しになりますが、スマホカメラで書類を撮影する場合、どうしてもピンボケが発生したり画像が不鮮明になりがちです。

できれば、蛍光灯などを利用せず自然の光で撮影した方が綺麗に撮影出来ますので、一度試してみることをおすすめします。

すぐに連絡が取れる体制が重要

この点はどのカードローンに申し込んだ場合でも言えることですが、カードローンに申し込んだ際は、ほとんどのケースで銀行や保証会社から本人に連絡が入るようになっています。

したがって、カードローンに申し込んだ直後は仕事中でもできるだけ電話が取れるようにしておくことが大切です。

自分が申し込んだ内容に不備があったり、審査担当者が確認したいことがあっても、連絡がつかなければそこで審査はストップしてしまいます。

それだけで審査落ちするということはありませんが、連絡がつくまで審査は再開されませんので、ローン申し込み後はすぐに連絡がつくようにしておきましょう。

確実に審査通過したい人がやるべき3つのこと

また、確実に審査にとおるためには、以下の3つのポイントを押さえておく必要があります。

1.他社借り入れ状況を把握しておこう

大光銀行カードローンの審査で重点的に審査されるのは、申込者の返済能力です。

返済能力を確認する指標としては「年収」や「他社ローンの利用状況」があげられます。

一般的に借金の年間返済額が年収に占める割合として適正なのは、年収の25~35%と言われています。

この率の事を返済比率と言いますが、他社借り入れ額が多すぎて返済比率が35%を超えると、大光銀行カードローンの審査に落ちる可能性も出てきます。

したがって、まずはご自身の他社借り入れ状況をきちんと把握し、年間の返済額が年収のうちどれくらい占めているのかをよく確認してから申し込むようにしましょう。

2.延滞をしない

ふたつ目のポイントは、他社カードローンを利用している場合、またはクレジットカードを利用している場合は「支払いを延滞しない」という点です。

あたり前の話ですが、他社カードローンを延滞しているような人に大光銀行は融資をしません。

カードローンやクレジットカードの延滞情報は信用情報機関に最長5年間残っていますので、過去に延滞があった人も審査に落ちてしまう可能性があります。

少なくとも大光銀行カードローンの申し込みを予定している人は、他社カードローンの返済に遅れないように十分に注意しましょう。

3.借り過ぎない

他社カードローンを利用している人でも、大光銀行カードローンを申し込むことは可能です。

ただし4社以上のカードローンを利用していたり、各々のローンが限度額ギリギリまで利用されている状況だと、大光銀行カードローンの審査に落ちてしまう可能性があります。

限度額ギリギリまで利用していると「自転車操業に陥っている」という風に見られてしまいますので、くれぐれも他社カードローンは借りすぎないようにしましょう。

大光銀行カードローンを利用したほうがいい人とは?

以上の情報を整理すると、以下のような人が大光銀行カードローンに向いていると言えます。

大きな限度額を必要としている

消費者金融カードローンなどでは、最大限度額が300万円から500万円というところもあります。

一方、大光銀行カードローンの限度額は最大800万円ですので、年収が多く返済能力が高い人であれば最大800万円という限度額は非常に魅力です。

したがって大光銀行カードローンは「消費者金融カードローンや限度額の低い銀行カードローンでは物足らない」という人にとって、最適なカードローンといえます。

借り換えやおまとめを検討している

この点は先ほどもお伝えしましたが、大光銀行カードローンの上限金利は14.0%ですので、消費者金融カードローンの「上限金利18%」で返済している人にとっては、とてもお得なローンと言えます。

ちなみに、50万円を1ヶ月借りた場合、金利18%のカードローンと大光銀行のカードローンとでは、以下のとおり金利差が発生します。

カードローン50万円を1ヶ月借りた場合のおおよその利息
金利18.0%の消費者金融カードの約7400円
金利14.0%の大光銀行カードローン約5750円

また、2社から3社程度の消費者金融カードローンを利用している場合、返済日もバラバラで返済の管理がしづらいという方も多いと思います。

それらのローンを大光銀行カードローンにまとめることで金利も安くなりますし、支払いも一つにまとめられますので精神的負担も少なくなります。

大光銀行と普段取り引きしている

また、普段大光銀行と何らかの取引をしている人にとっても、大光銀行カードローンはおすすめです。

たとえば、以下のようなケースが考えられます。

  • 毎月の給料の振込先を大光銀行にしていている
  • 大光銀行の住宅ローンやその他のローンを現在利用している
  • 大光銀行で毎月積立預金をしている

このような取引がある場合、大光銀行としても利用者の収入や資産状況がすぐにわかりますし、本人確認などの審査も簡単に済ませることができる場合があります。

即日融資を必要としていない

大光銀行カードローンは金利が低いというメリットがありますが、審査やカードの発送に時間がかかりますので即日融資ができません。

ただ金利面などのメリットが大きいため、「急ぎの資金は必要としていないが、とにかく金利が低く限度額が大きいカードローンを利用したい」という人にとってはおすすめのカードローンといえます。

即日融資が必要な場合の対処法

大光銀行の営業エリア内に住んでいない、または残念ながら大光銀行カードローンの審査に落ちてしまったという場合でも、以下のような方法で即日融資を受けることが可能です。

消費者金融カードローンに申し込む

消費者金融カードローンの場合、大光銀行のような保証会社の審査はありません。

また一般的に金利が高いカードローンは審査が甘い傾向があります。

そういう意味では消費者金融カードローンのほとんどは、大光銀行よりも4%高い「18.0%」という上限金利を適用していますので、大光銀行よりは比較的審査通過の可能性は高いと言えます。

また、プロミスやアコムなどの大手消費者金融では無人契約機やアプリローンなど、即日融資が受けられるシステムが整っています。

「どうしても今日中にお金が必要」という場合は、消費者金融カードローンに申し込んだ方がいいでしょう。

またフクホーやエイワなどの中小消費者金融なら、店頭申し込みで即日融資が可能です。

さらに、10万円以下の融資なら比較的審査もとおりやすい傾向にあります。

10万円以下の融資の場合「金利は20.0%」と高くなりますが、住んでいる地域に中小消費者金融があれば一度利用してみる価値はあります

クレジットカードのキャッシング

手持ちのクレジットカードにキャッシング枠があれば、多少のキャッシングも可能です。

また「クレジットカードのキャッシング枠は限度いっぱいまで借りている」という人の場合でも、利用実績次第では利用枠の増額ができます。

ただし、増額には審査がともないますし審査には1~2営業日かかるケースがほとんどですので、はやめに増額申し込みを出しておいたほうがいいいいでしょう。

大光銀行カードローン「LUXZO」のまとめ

大光銀行カードローン「LUXZO」は限度額が高く、金利も14.0%と非常に低い利便性の高いカードローンです。

ただし、大光銀行の営業エリア内に住んでいないと申し込めませんので「利用したくても利用できない」という人が多いのも事実です。

また、即日融資ができないカードローンとなりますので「全国どこからでも申し込め、さらに即日融資が可能」という意味で言えば、やはりプロミスやアコムなどの大手消費者金融を利用した方がいいかもしれませんね。

銀行カードローンの審査は甘いの?審査に通りやすくするには
銀行カードローンを利用するには、審査に通過する必要があります。必ず審査に通過するためにも、審査が甘い銀行カードローンを利用したいですよね 審査が甘いにも、人によって定義が異なると思います。 審査が甘い銀行カードローンを探す人には...