退職金のおすすめの運用法は?注意点や運用のポイントも解説

退職金のおすすめの運用法は?注意点や運用のポイントも解説-アイキャッチ お金の悩み

「退職金を運用したいけど、失敗するのが怖くてなかなか始められない。」

「老後の資金に備えて退職金を運用したいけど、どの方法が良いのか分からない。」

退職金の運用に関して、上記のように悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

最近は平均寿命も延び、老後資金には2,000万円が必要と言われています。

老後資金を長持ちさせて安定した生活を送るためにも、退職金の運用は大切です。

そこで今回は、退職金の運用におすすめの方法や注意点、失敗しないポイントを詳しく解説します。

記事の後半では、退職金の運用に向いていない方法も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

アコム
アコム
おすすめポイント
  • はじめての方は30日間無利息!
  • 最短30分での審査回答が可!
  • 借入が可能かスグ分かる「3秒診断」機能あり
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
1~800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短即日
公式サイトはこちら

退職金のおすすめの運用方法を紹介!

人差し指を立てるビジネスウーマン

退職金の運用パターンには主に預金と投資の2つがあり、今回紹介する方法は以下の5つです。

  • 定期預金
  • 投資信託
  • 個人向け国債
  • 生命保険
  • ファンドラップ
  • くりっく株365

ではそれぞれ詳しく解説します。

定期預金

定期預金とは、前もって銀行に預けた分の金額を一定期間引き出すことができない預金のことです。

一般的な預金は普通預金といわれ、預金の引き出しをいつでも自由に行うことができます。

定期預金は、一定期間引き出せない分普通預金に比べて金利が高く資産を増やすことができ、元本割れの心配もないため、安全で簡単に運用できます。

資金運用の中でも気軽に始めやすいのが定期預金なので退職金の運用にもおすすめの方法です。

定期預金の期間は様々ですが、基本的に1ヶ月から10年までとなっていて、自分で選ぶことができます。

期間や預ける金額によって金利が変わるので、できるだけ高金利が良い方は長期間で大きい金額の預け入れを意識しましょう。

また、原則一定期間までは引き出すことができませんが、途中解約も可能です。

途中解約の際は利息がつかないこともあるので、事前に途中解約ルールを確認するようにしましょう。

定期預金のメリットとデメリット

定期預金は、普通預金に比べると金利が高いことや、元本割れの心配がないということが大きなメリットです。

そのため安心して運用できますが、実際運用効率は高くはないということがデメリットとしてあげられます。

もっと効率良い運用がしたいという方は、投資信託などの方法も検討してみましょう。

また、定期預金にも種類が豊富なので、自分に合った方法を選んで利用することが重要です。

定期預金が向いている方は以下の通りです。

  • 投資経験がないため安全に運用したい方
  • 低リスクで安全性を重視した貯蓄を行いたい方
  • 長期的な目線で資金を貯めたい方

定期預金は、退職金を減らしたくない方におすすめです。

投資信託

投資信託とは、投資家から集めた資金を1つにまとめて、投資を専門とする会社が株式や債券に運用・投資をすることで、その運用成果が投資家に分配される商品のことです。

投資信託は人気の投資方法でもあるので、退職金の運用を効率良く行いたい方にもおすすめです。

しかし、投資信託は定期預金とは異なり元本が保証されていないので気を付けましょう。

そのため、投資信託の運用が上手くいけば利益を得ることができますが、運用が上手くいかない場合、損をすることもあります。

初めて投資信託を運用する方や、少額から購入することや分散投資がおすすめです。

おすすめの投資信託としては「つみたてNISA」や「iDeCo」があります。

「つみたてNISA」は100円から、「iDeCo」は5,000円から始めることができ、非課税なので投資の初心者にこそ向いていますよ。

投資信託のメリットとデメリット

投資信託は、国内外様々な株式に投資できることや、専門家が運用してくれる、少額から利用できる、ということがメリットです。

しかし、定期預金に比べて、元本が保証されない、損をするリスクもあるなど、デメリットもあります。

また、集中投資はリスクが高いため退職金の運用には向いていないので気を付けましょう。

投資信託を運用する際は、できるだけ長期的な目線での投資や分散の投資によって、リスクを抑えるようにしましょう。

投資信託が向いている方は以下の通りです。

  • 定期預金より効率的に退職金を運用したい方
  • 投資の経験がなく少額から資産運用を始めてみたい方

個人向け国債

個人向け国債とは、国が発行する債券を購入するものです。

そもそも国債とは、資金を借り入れする際に発行される有価証券で借用書でもある債券において、国が発行する債券のことをいいます。

国債を購入することは、国にお金を貸すということでもあり、個人でも購入することができます。

個人向け国債であれば、銀行や証券会社、郵便局において1万円単位で購入することができます。

また、国が発行している債券のため低リスクで運用でき、元本割れの心配もないため、退職金の運用にもおすすめです。

個人向け国債には、「変動金利型10年満期」、「固定金利型5年満期」、「固定金利型3年満期」の3種類の商品があり、それぞれ特徴が異なります。

自分に合った商品を選んで運用しましょう。

個人向け国債のメリットとデメリット

個人向け国債は、低リスクで運用できることや元本割れの心配がないことがメリットです。

また、固定金利型であれば、発行された時点で満期時までに支払われる利子や元本の金額を把握することができるので、安心です。

変動型金利では高い利率も期待できるため、より効率的な運用も可能です。

変動型金利でも最低利率は保証されているので安心ですね。

定期預金に比べて、中途解約した際のペナルティもないので、退職金運用におすすめです。

しかし、利率は低めなので、投資信託などに比べると運用の効率が良くないので気を付けましょう。

個人向け国債が向いている方は以下の通りです。

  • 定期預金よりも効率的に運用したいけどリスクを抑えて安全性が欲しい方
  • 投資はまだ知識もないから退職金を守ることを重視したい方

生命保険

生命保険は貯蓄型保険でもあり、掛金が返戻金で返ってきます。

また、掛け金以上の金額が返ってくる場合もあるので、老後の資産運用にも役立ちます。

保険によっては、保険会社が保険料を運用して運用益が出た場合に、上乗せして返ってくることもあります。

保険での資産運用は初心者でも始めやすく、定期預金よりも効率が良いことが期待できます。

また、万が一の場合に備えて保険金を受け取ることもできるので安心です。

生命保険や個人年金保険の保険料は、生命保険料控除の対象になるため、節税効果があるのもメリットの1つです。

しかし、保険での資産運用の場合、加入期間が短い場合元本割れする可能性があり、長期加入が必要になります。

保険料自体も高く、利率が低いため、投資信託に比べて効率も悪いことがデメリットです。

保険の資産運用が向いている方は以下の通りです。

  • 低リスクで運用をしたい方
  • 定期預金よりも効率良く運用したい方

ファンドラップ

ファンドラップとは、証券会社や銀行などの金融機関が取り扱っているサービスです。

投資家に代わって金融機関が資産運用を行うため、資金を預けるだけで投資を任せることができます。

基本的に任せることができますが、投資の方針を決めることは自分でできるため安心です。

投資信託と似ていますが、投資信託に比べてより自分の希望通りの運用が可能になることがファンドラップの特徴の1つです。

ファンドラップは自分で運用することや管理する必要がないため、気軽に始めやすいです。

また、投資の知識が少ない初心者でも利用しやすく、退職金の長期運用にも向いています。

ファンドラップが向いている方は以下の通りです。

  • 自分で資産運用や投資をするのが得意ではない方
  • 退職金のまとまったお金はファンドラップで任せたい方

くりっく株365

老後資金に向けて退職金を運用したいけど、何が良いかわからない方もいますよね。

くりっく株365であれば、株よりも少額で投資をすることができ、売りからも取引が可能なので退職金の運用にもおすすめです。

くりっく株365とは株価指数や上場投資信託を対象にした証拠金取引のことです。

ほぼ24時間取引できる、配当相当額を受け取れるなど他の金融商品にはない魅力があります。

くりっく株365は老後資金のためにおすすめ!

くりっく株365を始めるのであれば、ストックライフがおすすめです。

ストックライフであれば初心者でもうれしいサポートコースがあるので、投資の知識が少ない方でも安心ですよ。

無料で口座開設ができるので、ストックライフで資産運用をしてみましょう。

退職金を運用する際の注意点を解説!

女性

これまで退職金のおすすめの運用方法を紹介しましたが、ここでは退職金を運用する際の注意点や失敗しない方法について解説します。

退職金を運用する際に気を付けたいポイントは主に以下の通りです。

  • 長期的な運用を目標にする
  • 資金を大きく増やすことよりも減らさないことを重視する
  • 自分でも投資の知識を身につける

また、退職金にも税金がかかるので、事前に引かれる税額を知っておくことで、退職金の手取り額を把握しておくことがおすすめです。

ちなみに退職所得控除額は、勤続年数によって異なるので気を付けましょう。

長期的な運用を目標にする

退職金の資産運用は、基本的に長期的な運用を目標にしましょう。

短期的なリターンがある運用方法であれば、その分ハイリスクであることが多いです。

長期的な運用はその分リターンも低いことがありますが、老後の資金においては地道に続けて資産を維持することが効果的です。

また、長期的に続けるためには運用を任せっきりにしないようにしましょう。

任せっきりにしてしまうと、何が行われているのか自分で理解できないため継続できなくなりがちです。

退職金を運用しようと考えている方の中には、資産運用に慣れていない方や投資の知識が少ない方もいると思います。

そのような方でも長期間運用を続けられるように、自分でも状況を確認するようにしましょう。

資金を大きく増やすことよりも減らさないことを重視する

退職すると、収入減がなく年金暮らしになりますよね。

老後のことを考えると、できるだけ退職金は減らさないことが重要です。

退職金はまとまったお金が入るので、これを機に資産運用でお金を増やしたいと考える方もいると思います。

しかし、資産を大きく増やすには、その分ハイリスクな運用方法になるので気を付けましょう。

これまで投資経験がない方や初心者の方であれば、退職金で投資を始めた結果、資産が減ってしまう可能性もあります。

退職金を減らしてしまうことは収入が少ない老後において大きいリスクになるので、慎重に行うことが大切です。

ハイリスクな運用方法は避けて安全性を優先させることを覚えておきましょう。

投資をするなら、若いうちから始めておきたいところです。

自分でも投資の知識を身につける

退職金の運用を始める方の中には、初めて資産運用をするという方もいますよね。

最近では、投資に関して初心者でも気軽に始めやすいように、知識があまり必要ない商品も多くあります。

しかし、資産運用に関して自分で知識を持っておくと安心なので、事前に勉強しておくようにしましょう。

また、投資では専門家に任せられる方法もありますが、完全に任せっきりで自分が何もわからない状況は不安です。

後々自分でもより良い投資方法を見つけるために、知識を持っておくと心強いですよ。

退職金を運用するメリットってなに?

これまで退職金の運用方法や注意点について紹介しましたが、実際退職金を運用することでどのようにメリットがあるのかわからない方もいますよね。

退職金を運用することは、老後の資金において非常に重要になります。

老後の暮らしに必要となる金額は2,000万円から3,000万円といわれていて、最近では退職金が減り続けている一方で平均寿命は延びています。

人生100年時代という言葉を聞いたことがある方も多いと思いますが、実際100歳まで生きるとして、年金しか収入源がない場合、老後資金は非常に不安ですよね。

退職金の運用をせずに貯金を切り崩した生活だと、自分の人生がどれくらいかわからない手前、想定外にお金がなくなってしまうこともあります。

そこで老後の生活に備えた退職金の運用が大切になります。

注意点でも紹介した通り、老後の資金は貴重なので退職金を運用する際は減らさないことや安全性を重視するようにしましょう。

退職金の運用方法は目的によって決めよう!

退職金を運用する場合は、退職金の使い道や将来の目的によって決めることが重要です。

退職金をもらった後の目的を、「短期」「中長期」「長期」の3つの期間に分けて考えておきましょう。

老後資金として必要になるお金には以下のものがあります。

  • 保険料や税金
  • ローンの返済
  • 介護費や医療費
  • 生活費
  • バリアフリーリフォームや家の修繕費

それぞれ必要な期間を書き出して、合わせた運用方法を見つけましょう。

また、老後資金として必要な項目をすべて書き出して、退職金と照らし合わせることで、運用方針も明確になりますよ。

退職金の運用を考えているなら一度プロに相談しよう!

退職金の運用を考えている方は、一度プロに相談することがおすすめです。

特に資産運用に慣れていない方や知識が少ない方は、プロの話を聞いて慎重に始めましょう。

投資は難しく場合によってはリスクもあるため、事前に知識をつけて適切な方法で運用することが重要です。

退職金の運用を相談するには主に以下の方法があります。

  • 銀行
  • 証券会社
  • ファイナンシャルプランナー
  • IFA
  • 保険会社

上記で退職金の運用に関して相談することで、安心して始めることができます。

しかし、金融機関に相談する場合は、商品を提案されても慎重に考えて断る時は断ることが大切です。

つい契約してしまいそうな方は、ネット銀行やネット証券など、オンラインで行える相談を利用することがおすすめです。

退職金の運用に関するまとめ

いかがでしたか?

今回紹介した退職金の運用におすすめの方法は以下の通りです。

  • 定期預金
  • 投資信託
  • 個人向け国債
  • 生命保険
  • ファンドラップ
  • くりっく株365

老後資金に向けて退職金を運用するメリットは大きいので、自分に合った方法を見つけることが大切です。

アコム
アコム
おすすめポイント
  • はじめての方は30日間無利息!
  • 最短30分での審査回答が可!
  • 借入が可能かスグ分かる「3秒診断」機能あり
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
1~800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短即日
公式サイトはこちら