横浜銀行カードローンの審査は厳しい?審査通過率を上げるポイントとは

横浜銀行カードローン,審査 横浜銀行カードローン

地方銀行でありながら、利用しやすいと人気のローンが横浜銀行が提供する『横浜銀行カードローン』です。

横浜・東京エリアにお住まいの方にはおすすめしたいカードローンです

しかし気になるのが、横浜銀行カードローンの審査ですよね。

審査難易度は厳しいのか、審査に通過するためのコツなども気になります。

今回は、横浜銀行カードローンの審査申し込みを考えている人に向けて、徹底的に解説をしていきます。

この記事で分かること
  • 横浜銀行カードローンの審査は厳しいのか
  • 審査基準は
  • 審査に通過するためのコツは
  • 審査に落ちてしまったときの対処法は
アコム
アコム
おすすめポイント
  • はじめての方は30日間無利息!
  • 最短30分での審査回答が可!
  • 借入が可能かスグ分かる「3秒診断」機能あり
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
1~800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短即日
公式サイトはこちら

横浜銀行カードローンの審査基準

横浜銀行カードローンの審査難易度を知るためには、審査基準を知ることが大切です。

そこでまずは、横浜銀行が公表している審査申し込み資格、すなわち審査基準をチェックしていきましょう。

審査難易度以前に、こちらの項目をクリアしていないと申し込みが出来ないため、まずは自分が当てはまるかチェックが大切!

横浜銀行カードローンのご利用になれる方

  1. ご契約時満20歳以上69歳以下の方
  2. 安定した収入のある方、およびその配偶者
    (パート・アルバイトの方も可。学生の方は不可。年収には年金を含みます)
  3. 次の地域に居住またはお勤めの方
    神奈川県内全地域、東京都内全地域、群馬県内の以下の市前橋市、高崎市、桐生市
  4. 保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方
  5. 横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意される方

出典:横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンの審査申し込みを行うためには、上記のご利用になれる方をクリアしている必要があります。

横浜銀行カードローンの審査は厳しい?

横浜銀行カードローンの審査難易度は、厳しいのでしょうか。

結論から申しますと、横浜銀行カードローンの審査は厳しい傾向にあります。

審査が厳しいとされるには、下記のような理由があります。

銀行カードローンは審査が厳しい

多くのカードローン会社の中でも、一般的に銀行カードローンは審査が厳しい傾向にあります。

審査が厳しい理由
  • 低金利でサービスが提供されている
  • 過去の過剰融資問題で基準が厳しくなった
  • 審査が2段階で行われている

金利が低いローンほど、審査が厳しい傾向にあります。

仮に融資後に返済を滞納されてしまったときに、高利のローンではある程度利息でカバーできる反面、低金利のローンでは回収どころが利息が少ない分マイナスになってしまうことも。

そのため、確実に返済を行って行われる人物であるかをチェックするため、審査が厳しいとされています。

他にも基準が厳しい要素があり、カードローン会社の中でも審査が厳しい傾向にあるのです。

そのため、横浜銀行カードローンでも審査基準は厳しいと言えるでしょう。

しかし、審査基準に引っかかっていない・過去にローンやキャッシングで問題を起こしていないのであれば問題なく審査通過できるため、そこまで心配する必要もありません。

横浜銀行カードローンの審査の流れ

審査が厳しいことは分かったけど、実際に申し込んでから借りるまでの流れが知りたい…

ここでは、横浜銀行カードローンの審査の流れをご紹介していきます。

横浜銀行 審査流れ

横浜銀行カードローンの審査の流れは上記の通りで、WEB完結で申し込みが可能です。

そのため、スマホやパソコンで契約まで完了出来てしまうため、店舗に来店する必要が無いのです。

横浜銀行カードローンの審査の流れの詳細

  1. ネットの申し込みフォームから申し込み
  2. 書類の提出の案内がSMSで届く
  3. 提出書類をアップロード・郵送・FAXのいずれかから提出
  4. 保証会社・横浜銀行による審査がスタート
  5. 最短翌日で審査結果の通知(通知方法を選択可能)
  6. WEB上で最終契約手続き
  7. ローンカードの発行・借り入れ開始

必要になる書類

本人確認書類が必要となります。

また希望借入金額が50万円を超える場合は、収入証明書類も提出が求められるため準備しておきましょう。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • パスポート
  • 健康保険証

有効期限内であることを必ず確認しておきましょう。

また氏名・住所・生年月日が正しく記載されているものを用意してください。

収入証明書類

  • 源泉徴収票
  • 納税証明書
  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書

必要書類を事前に用意しておけば、手続きもスムーズに進みますね。

横浜銀行カードローンの審査落ちにありがちなポイントは?

横浜銀行カードローンの審査の流れがわかったところで、ここで気になるのが『審査に落ち落ちてしまう原因』ですよね。

審査に落ちる理由は公表こそされていないものの、一般的には同じような理由で落とされがちです。

そこでここでは、横浜銀行カードローンの審査に落ちてしまう原因を解説していきます。

  1. 信用情報にキズが付いている
  2. 保証会社でトラブルを起こしている
  3. 同時に複数の申し込みを行っている
  4. 借入件数が多すぎる
  5. 安定した収入がない

各ポイントを詳しく確認していきます。

①信用情報にキズが付いている

自分の信用情報にキズが付いていると、真っ先に横浜銀行カードローンの審査落ちになる原因となります。

信用情報とは、ローンの利用や申し込みの履歴を保管している機関のことを指します

これまで利用した経歴がすべて記録されており、カードローンの審査時にはこの信用情報を照会を行い、審査を進めます。

信用情報には申し込みの履歴だけに限らず、完済した記録や返済に遅れたりした場合もこの信用情報に記録がつくのです。

つまり信用情報の傷とは、返済を延滞してしまったったり債務整理を行った際にも記録されるものです。

審査時にこれが確認されると、「この申し込み者に融資を行っても、きちんと返済を行って貰えないのではないか」と懸念されてしまい、審査落ちの原因となります。

②保証会社でトラブルを起こしている

横浜銀行カードローンの保証会社で過去にトラブルを起こしていると、審査落ちに繋がる原因となります。

横浜銀行カードローンの保証会社はSMBCコンシューマーファイナンスなので、同社が担当する他の銀行カードローンの審査に落ちていいると、横浜銀行カードローンの審査にも通過することは出来ません。

保証会社とは、横浜銀行カードローンを利用者を保証する会社のことで、申し込み時の審査や返済延滞時の代位弁済なども担当しています。

銀行カードローンの保証会社は一般的に消費者金融や、クレジットカード会社・信販会社などが担当します。

横浜銀行カードローンの保証会社のSMBCコンシューマーファイナンスは、大手消費者金融のプロミスの会社のため、過去にプロミスや他のカードローンでトラブルなどを起こしていれば横浜銀行カードローンの審査には落ちてしまうのです。

③同時に複数の申し込みを行っている

横浜銀行カードローンの審査に申し込みを行った際、他のカードローンなどの申込みも同時に行っていると、横浜銀行カードローンの審査に落ちる原因となります。

前述の『②保証会社でトラブルを起こしている』でトラブルを起こしているでも解説しましたが、カードローンの利用履歴と共に、申し込み履歴も信用情報に記録されます。

また前提として、カードローンは多重債務を嫌います。多重債務状態だと自転車操業状態に陥ってしまっているケースが多く、融資を行っても返済が行われない可能性が極めて高いからです。

そのためカードローンの審査時に、信用情報を照会し他のカードローンの申し込みを行っていることが分かると「この申し込み者は、信用できない、返済能力がない」と判断されてしまいます。

横浜銀行カードローンの審査どころか、並行して申し込みを行っているカードローンの審査にも落ちます。

カードローンの審査に申し込み時は、同時に複数を申し込むのはやめましょう。

つぎに申し込みを行いたいのであれば、現在申し込みを行っているローンの審査結果が判明してから次の申込みへ。

また一カ月に申し込みを行う件数は3件までに留めましょう。

連続で連続で審査落ちしているような利用者も、あまり良い印象を望めないからです。

④借入件数が多すぎる

借入件数が多すぎる時も、横浜銀行カードローンの審査に通ることは出来ません。

また前述でも述べていますが、多重債務者は敬遠されやすい傾向があります。

また銀行カードローンの審査は厳しので、基本的に申し込み時点で他のカードローンを利用中ということが判明すれば、審査に落ちる可能性が高いです。

横浜銀行カードローンの審査に申し込み際は、少しでも返済をしておくことが大切です。

⑤安定した収入がない

安定した収入がない場合も、横浜銀行カードローンの審査に落ちる原因となります。

冒頭で紹介したとおり、横浜銀行カードローンの審査基準には下記の通りに記載があります。

安定した収入のある方、およびその配偶者
(パート・アルバイトの方も可。学生の方は不可。年収には年金を含みます)

そのため、安定した収入が無いと横浜銀行カードローンの申し込み資格満たしていないということになるため、審査に通ることが難しいのです。

この安定した収入とは、「正社員であること」や「給与が毎月いくら以上であること」という明確な項目があるわけではありません。

とにかく返済をしていくために、毎月安定的に収入があること、が大切です。

そのため、必ずしも正社員でいけないことは無いのです。申し込み資格にもある通り、アルバイトでも申し込みは可能です。

もっと安定した収入という点を突き詰めるのであれば、固定シフトなどで毎月の収入額が一定であると、より審査に通りやすくなります。

横浜銀行カードローンの審査は、専業主婦でも可能!無職は…?

横浜銀行カードローンの審査には、要は「収入があること」が大切ということが分かりました。

そうなると、自分の収入が無い専業主婦は申し込み可能でしょうか?

申し込み資格に記載がある通り、専業主婦でもパートナーに収入があれば申し込み可能です。

しかし、無職の場合は横浜銀行カードローンの審査に申し込みを行っても、審査に通ることは出来ません。

そのため、どうしても横浜銀行カードローンに申し込みを行いたい場合は、バイトでも良いので自分の収入を作る必要があります。

横浜銀行カードローンの審査に通りやすくするコツは?

どういう理由で横浜銀行の審査に落ちてしまうのかは分かった。

逆に、審査に通過するためのコツとかはないのかな?

審査に通るコツはあります!

特に最短で審査結果を知りたいときこそ、コツを使って審査申し込みを行うことが大切です!

横浜銀行カードローンの審査に落ちるよくある理由を確認したところで、ここからは横浜銀行カードローンの審査に通りやすくするコツを紹介していきます。

横浜銀行カードローンの審査に通りやすくするコツ

  1. 希望の利用限度額をできるだけ最小限に
  2. 申し込み時に入力ミスをしない
  3. 借入件数を減らしておく
  4. 勤続年数を伸ばしておく
  5. 在籍確認にもきちんと対応する

①希望の利用限度額をできるだけ最小限に

横浜銀行カードローンの審査に申し込みを行う際に、希望する利用限度額を低めに設定することで、審査に通りやすくなる傾向があります。

審査時には、返済が出来なかった時のリスクを重視して審査を行います。

高額である場合、毎月の返済額も大きくなるので利用者の負担も大きくなります。そうなると、返済遅延を起こすリスクも大きくなるのです。

反対に少額での融資を希望する場合、毎月の返済額もそこまで大きくなく、負担も少ないので貸し倒れになるリスクも小さいのです。

そのため審査担当者としても、少額融資での利用者の方が、審査時にハードルが低くなりやすいということになります。

確実横浜銀行カードローンの審査に通りたいのであれば、むやみに高額を希望せず、必要最低限で申し込みを行うようにしましょう。

②申し込み時に入力ミスをしない

横浜銀行カードローンの審査申し込み時には、WEBの入力フォームから申し込みを行う方も多いでしょう。

その方に多いのが、入力フォームでの入力ミスです。

審査担当者は、この申告された情報から審査を進め、信用情報などと照らし合わせを行います

この時に申告された情報が異なると確認に時間がかかったり、もしくは「虚偽の申告をした」として、審査落ちになってしまうこともあります。

もちろん故意で虚偽の申告を行った場合は、即刻審査に落ちますが、単純な入力ミスで審査落ちしてしまうのは非常に勿体ないので、申し込み時は慎重に入力を行うようにしましょう。

③借入件数を減らしておく

前述の審査落ちしやすい理由でも解説しましたが、借入件数を減らしておくことも、横浜銀行カードローンの審査に通りやすくなるためのコツになります。

まとめておけるものはまとめ、返済できるローンは早に返済を行っておきましょう。

④勤続年数を伸ばしておく

横浜銀行カードローンの審査申し込み資格には、『安定した収入があること』という条件がありました。

この安定した収入と言うのは、勤続年数でも読み取ることが出来ます。

一般的に勤続年数が長ければ長いほど、収入が安定しているという認識になります。

一方で転職したばかりであると、給料が少なく収入が安定していないという認識なり、審査に通り辛くなることがあります。

そのため、勤続年数が長ければ長いほど、審査に通りやすくなると言えるのです。

⑤在籍確認にもきちんと対応する

横浜銀行カードローンでは、審査時に在籍確認が行われます。

在籍確認とは、最初のWEBフォームで申告された勤務先に本当に在籍しているのか否かをチェックするための審査です。

安定した収入があるかどうかを確認するためのものでもあるので、こちらは基本的に免除することは出来ません。

そのため、確実に横浜銀行カードローンの審査に通過するために、在籍確認の対応も怠らずに行いましょう。

横浜銀行カードローンで審査に通らなかった時の対処法は?

横浜銀行でカードローンを利用するつもりだったのに、まさかの審査に落ちてしまった…

どうにかお金を用意しないといけないのに、どうしよう…

そこでここでは、横浜銀行カードローンの審査に落ちてしまったときの対処法をご紹介していきます。

  1. 他のカードローンに申し込む
  2. 信用情報が回復するまで待つ

他のカードローンに申し込む

銀行カードローンの審査は厳しい傾向にあります。

そのため確実に借入を利用したいのであれば、比較的利用しやすい消費者金融系のカードローンに申し込みを行うことがおススメです。

一番おすすめはプロミスのカードローン

プロミス

プロミス概要
商品名プロミス
利用限度額500万円まで
金利4.5%~17.8%
担保・保証人不要
遅延損害金20.0%
ここがおすすめ
  • 即日融資OK!今日借りられる
  • 大手消費者金融の中では低金利
  • 初回は30日間の無利息サービスもあり
  • WEB完結申し込みで来店・郵送物が無しに

横浜銀行カードローンの利用が難しかったときにおすすめしたいのが、大手消費者金融のプロミスです。

プロミスは即日融資に対応しているため、今日申し込みをしても融資を受けることができます。

また初回は30日間の無利息サービスを利用することができます。

30日間は利息が発生しないため、お得に借り入れを利用することができるのです。

横浜銀行同様にWEB完結申し込みにも対応しているのも嬉しいポイントです。

迷ったらプロミスの利用がおススメです!

安心感ならアイフル

アイフル概要
商品名アイフル
利用限度額1万円~800万円
金利3.0%~18.0%
担保・保証人不要
遅延損害金20.0%
ここがおすすめ
  • 最短即日融資も対応
  • 初回は30日間の無利息サービスも
  • 女性向けコールセンターも充実

アイフルも即日融資に対応しているカードローンです。

即日融資にも対応、また初回30日間の無利息サービスもそろっています。

またアイフルではコールセンターも充実しています。

女性専用のコールセンターも設備されているため、利用前にちょっと相談したい…という方でも安心して利用できるでしょう。

電話なしならSMBCモビット

SMBCモビット

SMBCモビット概要
商品名SMBCモビット
利用限度額1万円~800万円
金利3.0%~18.0%
担保・保証人不要
遅延損害金20.0%
ここがおすすめ
  • WEB完結申し込みで電話連絡が無しに
  • 即日融資にも対応
  • 返済時にTポイント還元などが充実

カードローン審査時に電話連絡を無しにしたい人には、SMBCモビットがおススメです。

SMBCモビットでは、WEB完結申し込みの条件をみたしてネットから審査申し込みを行うと、審査時の電話連絡を無しにすることができます。

条件としては指定の銀行口座を保有していることと、保険証の提出が必要となります。

大手カードローンの中では唯一のサービスのため、電話連絡をショートカットしたい方はSMBCモビットを活用しましょう。

信用情報が回復するまで待つ

過去に長期の返済滞納などを起こしてブラック状態となってしまっている場合、銀行カードローンに限らず消費者金融の審査に通過するのも難しいでしょう。

信用情報のキズは、傷の原因となった滞納状態などが改善されてから5年が経過しないと、信用情報上からは消えない仕組みとなっています。

そのため、信用情報から傷が消えるまで待ってから、審査申し込みを行うことも一つの対処法です。

どうしてもお金が必要な場合、審査に通りやすい中小消費者金融を利用することがおススメです。

中小消費者金融であれば、ブラックでも現在の返済能力で審査を行うところが多いため、審査に通過できる可能性も高いと言えます。

どうしてもお金が必要な場合は、中小消費者金融の利用も検討しましょう。

横浜銀行カードローンの口コミ・評判

ここでは、実際に横浜銀行カードローンを利用した人の口コミ・評判を紹介していきます。

ちゃんと翌日に結果がわかった

地銀は遅いイメージがあったけど、はまぎんは翌日にちゃんと来た。割と早い方だとは思う。ちゃんと書類を用意しておくとか対策しておかないといけないけど。

(30代・30万円)

最短だから絶対に翌日わかるわけでは無い

最短翌日って書いてあったから翌日には借りれるのかと思ったけど、結局3日くらいかかったかな。口コミ見ると込み合っていたりすると時間かかったりするし、書類のアップロードが上手くいかないと時間かかるとかもザラっぽい。まあ3日でも地銀って考えれば早いのかも。

(30代・金額未記入)

代表的な口コミをピックアップしましたが、最短翌日で審査結果がわかる場合と、時間がかかってしまうケースがあります。

口コミを元に分析を行うと、書類が不鮮明であったりすると確認に時間がかかってしまい、結果的にトータルの時間がかかってしまうこともあると言えます。

確実に最短で審査結果を知りたいときは、今回ご紹介した審査に通りやすくするコツを駆使して審査申し込みを行いましょう。

しっかり対策をした利用者は、横浜銀行カードローンで最短で審査結果をゲットできているケースが多いです。

横浜銀行カードローンの概要

横浜銀行カードローン概要
商品名横浜銀行カードローン
利用限度額10万円~1000万円
金利1.5%~14.6%
担保・保証人不要
遅延損害金_

横浜銀行のメリット

横浜銀行のメリットから確認していきましょう。

横浜銀行のメリット
  • 低金利
  • 限度額が高め
  • 提携ATMの利用手数料が無料
  • 専業主婦もOK
  • アプリが便利

特に注目したいのが、低金利であるところと専業主婦でも利用できるところです。

まず金利ですが、銀行カードローンなだけあってかなりの低金利となっています。

消費者金融が提供するカードローンの最高金利が18.0%が平均的であるのに対して、横浜銀行カードローンの最高金利は14.6%。

金利は返済の負担に大きく関わってきますから、低い金利はとてもありがたいメリットです。

また専業主婦でも利用できるため、審査が厳しいとはいえ間口は広いといえます。

必要な書類をしっかりと準備して申し込みましょう。

横浜銀行のデメリット

もちろんメリットばかりではなく、デメリットも存在します。

横浜銀行のデメリット
  • 即日融資不可
  • 無利息サービスなし
  • 横浜銀行の口座必須

消費者金融と大きく違うのは金利だけではありません。

融資までのスピード感も、銀行カードローンのほうがどうしても遅くなってしまいます。

それだけ審査がしっかりと行われているともいえるのですが、急いでいる方にとっては無視できないデメリットとなるでしょう。

また30日間無利息といったキャンペーンもありません。

とはいえそもそも低金利ですから、長く利用するなら大したデメリットにはなりませんね。

むしろ注意しておきたいのは、横浜銀行の口座開設が必須である点です。

多くの銀行カードローンが口座開設が必須となっているため、申し込む前に条件を確認しておくと良いでしょう。

残念ながら横浜銀行は口座が必須です。

口座開設にも時間はかかりますから、早め早めの行動がカギを握りますよ。

横浜銀行カードローンの審査はコツを駆使して突破!

今回は、横浜銀行カードローンの審査について解説を行ってまいりました。

審査難易度自体は、横浜銀行カードローンは厳しい傾向にあることがわかりました。

しかし、ブラック状態で無いのであれば、審査に通過するためのコツを駆使することで、審査通過する確率を上げることができます。

横浜銀行カードローンの審査に通りやすくするコツ

  1. 希望の利用限度額をできるだけ最小限に
  2. 申し込み時に入力ミスをしない
  3. 借入件数を減らしておく
  4. 勤続年数を伸ばしておく
  5. 在籍確認にもきちんと対応する

しっかりと対策を行い、横浜銀行カードローンの審査に通過しましょう。

それでも利用ができなかった時は、即日融資にも対応している大手消費者金融の利用を検討してみて下さい。