横浜銀行カードローンの審査は厳しいのか?審査に通るコツを解説

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは、地銀でありながら店舗数も多く、利用しやすい銀行カードローンです。

その利用のしやすさから人気を集めています。

しかし、銀行カードローンであるため、利用には審査に通過しなくてはいけません。

今回は横浜銀行カードローンの審査について、審査内容は厳しいのか、審査に通過するコツは?などを解説していきます!

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

横浜銀行カードローンの審査申し込み資格は?

早速、横浜銀行カードローンが公表している、審査申し込み資格を確認しましょう。

  1. ご契約時満20歳以上69歳以下の方
  2. 安定した収入のある方、およびその配偶者
    (パート・アルバイトの方も可。学生の方は不可。年収には年金を含みます)
  3. 次の地域に居住またはお勤めの方
    神奈川県内全地域、東京都内全地域、群馬県内の以下の市前橋市、高崎市、桐生市
  4. 保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方
  5. 横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意される方

引用:横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンの審査は厳しいのか?

横浜銀行カードローンの申し込みを行うのには、審査に通過しないといけません。

そこで気になるのが、横浜銀行カードローンの審査は厳しいのか否か。出来れば審査が甘く、利用しやすいと嬉しいですよね。

残念ですが、横浜銀行カードローンの審査は厳しいです。決して甘くはありません。

そもそも銀行カードローンは近年、審査が厳しくなっています。一方で消費者金融の審査は銀行に比べると甘い傾向にあります。

両者にはもちろん貸金業者と銀行という根本的な違いもありますが、大きな違いは、金利の低さにあります。

銀行カードローンでは融資を低金利で行っているので、融資を行ったも利用者が返済を滞すことが無いように審査を厳しく行い、確実に返済を行ってくれる申し込み者を選別します。

そうすることで、利息が低くても確実に融資を回収できるようにしているので、低金利でも融資を行うことが出来ます。

一方消費者金融では審査が甘い分、金利が高い傾向にあります。仮に踏み倒されたとしても、金利を高めに取っているので、利息分で回収が出来るようになっているのです。

このような背景があり、横浜銀行カードローンの審査は厳しいとされています。

横浜銀行カードローンの審査落ちにありがちなポイントは?

横浜銀行カードローンの審査は厳しいということが分かったので、確実に審査に通るために、横浜銀行の審査に落ちがちな人の理由を集めてみました。

戦いに勝つには、まず敵を知ることが大切。

さっそく、横浜銀行カードローンの審査に落ちる人によくある理由を確認していきましょう。

  1. 信用情報にキズが付いている
  2. 保証会社でトラブルを起こしている
  3. 同時に複数の申し込みを行っている
  4. 借入件数が多すぎる
  5. 安定した収入がない

各ポイントを詳しく確認していきます。

①信用情報にキズが付いている

自分の信用情報にキズが付いていると、真っ先に横浜銀行カードローンの審査落ちになる原因となります。

信用情報とは、ローンの利用や申し込みの履歴を保管している機関のことを指します

これまで利用した経歴がすべて記録されており、カードローンの審査時にはこの信用情報を照会を行い、審査を進めます。

信用情報には申し込みの履歴だけに限らず、完済した記録や返済に遅れたりした場合もこの信用情報に記録がつくのです。

つまり信用情報の傷とは、返済を延滞してしまったったり債務整理を行った際にも記録されるものです。

審査時にこれが確認されると、「この申し込み者に融資を行っても、きちんと返済を行って貰えないのではないか」と懸念されてしまい、審査落ちの原因となります。

消費者金融の審査で必ずチェックされる信用情報の項目
消費者金融カードローンの審査で避けてはとおれないもの…、それは「信用情報機関の調査」です。 カードローンを提供している消費者金融は貸金業法の規制を受けますが、貸金業法では「審査時には必ず返済能力を調査すること」を義務付けています。 ...

②保証会社でトラブルを起こしている

横浜銀行カードローンの保証会社で過去にトラブルを起こしていると、審査落ちに繋がる原因となります。

横浜銀行カードローンの保証会社はSMBCコンシューマーファイナンスなので、同社が担当する他の銀行カードローンの審査に落ちていいると、横浜銀行カードローンの審査にも通過することは出来ません。

保証会社とは、横浜銀行カードローンを利用者を保証する会社のことで、申し込み時の審査や返済延滞時の代位弁済なども担当しています。

銀行カードローンの保証会社は一般的に消費者金融や、クレジットカード会社・信販会社などが担当します。

横浜銀行カードローンの保証会社のSMBCコンシューマーファイナンスは、大手消費者金融のプロミスの会社なので、過去にプロミスや他のカードローンでトラブルなどを起こしていれば横浜銀行カードローンの審査には落ちてしまうのです。

③同時に複数の申し込みを行っている

横浜銀行カードローンの審査に申し込みを行った際、他のカードローンなどの申込みも同時に行っていると、横浜銀行カードローンの審査に落ちる原因となります。

前述の『②保証会社でトラブルを起こしている』でトラブルを起こしているでも解説しましたが、カードローンの利用履歴と共に、申し込み履歴も信用情報に記録されます。

また前提として、カードローンは多重債務を嫌います。多重債務状態だと自転車操業状態に陥ってしまっているケースが多く、融資を行っても返済が行われない可能性が極めて高いからです。

そのためカードローンの審査時に、信用情報を照会し他のカードローンの申し込みを行っていることが分かると「この申し込み者は、信用できない、返済能力がない」と判断され、横浜銀行カードローンの審査どころか、並行して申し込みを行っているカードローンの審査にも落ちます。

カードローンの審査に申し込み時は、同時に複数を申し込むのはやめましょう。つぎに申し込みを行いたいのであれば、現在申し込みを行っているローンの審査結果が判明してから次の申込みへ。また一カ月に申し込みを行う件数は3件までに留めましょう。

連続で連続で審査落ちしているような利用者も、あまりい印象を望めないからです。

申し込みブラックでも融資可能?ブラック原因や対処法も紹介
キャッシングに申し込んだのに何も審査を受けないまま審査落ちの連絡が入る場合もあります。 審査をしているとは思えないような時間で審査落ちの連絡を受ける場合、ブラック状態に陥っているケースがあります。 ブラックは返済していないなどの...

④借入件数が多すぎる

借入件数が多すぎる時も、横浜銀行カードローンの審査に通ることは出来ません。

また前述でも述べていますが、多重債務者は敬遠されやすい傾向があります。

また銀行カードローンの審査は厳しので、基本的に申し込み時点で他のカードローンを利用中ということが判明すれば、審査に落ちる可能性が高いです。

横浜銀行カードローンの審査に申し込み際は、少しでも返済をしておくことが大切です。

⑤安定した収入がない

安定した収入がない場合も、横浜銀行カードローンの審査に落ちる原因となります。

冒頭で紹介したとおり、横浜銀行カードローンの審査基準には下記の通りに記載があります。

安定した収入のある方、およびその配偶者
(パート・アルバイトの方も可。学生の方は不可。年収には年金を含みます)

そのため、安定した収入が無いと横浜銀行カードローンの申し込み資格満たしていないということになるため、審査に通ることが難しいのです。

この安定した収入とは、「正社員であること」や「給与が毎月いくら以上であること」という明確な項目があるわけではありません。

とにかく返済をしていくために、毎月安定的に収入があること、が大切です。

そのため、必ずしも正社員でいけないことは無いのです。申し込み資格にもある通り、アルバイトでも申し込みは可能です。

もっと安定した収入という点を突き詰めるのであれば、固定シフトなどで毎月の収入額が一定であると、より審査に通りやすくなります。

横浜銀行カードローンの審査は、専業主婦でも可能!無職は…?

横浜銀行カードローンの審査には、要は「収入があること」が大切ということが分かりました。

そうなると、自分の収入が無い専業主婦は申し込み可能でしょうか?

申し込み資格に記載がある通り、専業主婦でもパートナーに収入があれば申し込み可能です。

しかし、無職の場合は横浜銀行カードローンの審査に申し込みを行っても、審査に通ることは出来ません。

そのため、どうしても横浜銀行カードローンに申し込みを行いたい場合は、バイトでも良いので自分の収入を作る必要があります。

専業主婦でも借りれるカードローンを徹底取材!おすすめのカードローンは?
家計を管理する専業主婦のみなさん、なにかとお金が必要になることが多いですよね カードローンを利用するとなると、収入がないと申し込みをすることが出来ません。 ネットで専業主婦でも申し込み可能なカードローンで調べると、利用できるカー...

横浜銀行カードローンの審査に通りやすくするコツは?

横浜銀行カードローンの審査に落ちるよくある理由を確認したところで、ここからは横浜銀行カードローンの審査に通りやすくするコツを紹介していきます。

  1. 希望の利用限度額をできるだけすくなくする
  2. 申し込み時に入力ミスをしない
  3. 借入件数を減らしておく
  4. 勤続年数を伸ばしておく
  5. 在籍確認にもきちんと対応する

①希望の利用限度額をできるだけすくなくする

横浜銀行カードローンの審査に申し込みを行う際に、希望する利用限度額を低めに設定することで、審査に通りやすくなる傾向があります。

審査時には、返済が出来なかった時のリスクを重視して審査を行います。

高額である場合、毎月の返済額も大きくなるので利用者の負担も大きくなります。そうなると、返済遅延を起こすリスクも大きくなるのです。

反対に少額での融資を希望する場合、毎月の返済額もそこまで大きくなく、負担も少ないので貸し倒れになるリスクも小さいのです。

そのため審査担当者としても、少額融資での利用者の方が、審査時にハードルが低くなりやすいということになります。

確実横浜銀行カードローンの審査に通りたいのであれば、むやみに高額を希望せず、必要最低限で申し込みを行うようにしましょう。

②申し込み時に入力ミスをしない

横浜銀行カードローンの審査申し込み時には、WEBの入力フォームから申し込みを行う方も多いでしょう。

その方に多いのが、入力フォームでの入力ミスです。

審査担当者は、この申告された情報から審査を進め、信用情報などと照らし合わせを行います

この時に申告された情報が異なると確認に時間がかかったり、もしくは「虚偽の申告をした」として、審査落ちになってしまうこともあります。

もちろん故意で虚偽の申告を行った場合は、即刻審査に落ちますが、単純な入力ミスで審査落ちしてしまうのは非常に勿体ないので、申し込み時は慎重に入力を行うようにしましょう。

③借入件数を減らしておく

前述の審査落ちしやすい理由でも解説しましたが、借入件数を減らしておくことも、横浜銀行カードローンの審査に通りやすくなるためのコツになります。

まとめておけるものはまとめ、返済できるローンは早に返済を行っておきましょう。

④勤続年数を伸ばしておく

横浜銀行カードローンの審査申し込み資格には、『安定した収入があること』という条件がありました。

この安定した収入と言うのは、勤続年数でも読み取ることが出来ます。

一般的に勤続年数が長ければ長いほど、収入が安定しているという認識になります。

一方で転職したばかりであると、給料が少なく収入が安定していないという認識なり、審査に通り辛くなることがあります。

そのため、勤続年数が長ければ長いほど、審査に通りやすくなると言えるのです。

⑤在籍確認にもきちんと対応する

横浜銀行カードローンでは、審査時に在籍確認が行われます。

在籍確認とは、最初のWEBフォームで申告された勤務先に本当に在籍しているのか否かをチェックするための審査です。

安定した収入があるかどうかを確認するためのものでもあるので、こちらは基本的に免除することは出来ません。

そのため、確実に横浜銀行カードローンの審査に通過するために、在籍確認の対応も怠らずに行いましょう。

銀行カードローンの在籍確認は免除にできる?対策方法なども解説
銀行カードローンを利用する際に、審査時に勤先へ電話が行くことがあります。これを在籍確認と呼びます この銀行カードローンの在籍確認は、必ずしも行われるものではありません。場合によっては省略されることもあります。 会社に銀行カードロ...

横浜銀行カードローンで審査に通らなかった時の対処法は?

もしも、横浜銀行カードローンの審査に通らなかったら…。

それでもお金が必要な時だってありますよね。そんな方のために、横浜銀行カードローンの審査に落ちた方向けの対処法もご紹介いたします。

  1. 他の銀行カードローンの審査に申し込む
  2. 信用情報の傷が消えるまでまつ
  3. 大手消費者金融に申込む

各対処法を詳しく解説していきます。

①他の銀行カードローンの審査に申し込む

横浜銀行カードローンの審査に落ちてしまった場合、他の銀行カードローンに申し込みを行うのも対策の一つです。

ここで重要なことは、自身の信用情報にキズが無いことが明らかのであるかがポイントになります。

信用情報にキズが付いている状態の場合、基本的に他の銀行カードローンの審査に申し込みを行っても審査落ちてしまいます。それだけ、銀行カードローンの審査は厳しいのです。

しかし、信用情報に特に問題が無いと感じるのであれば、横浜銀行カードローンの審査独自の理由で落ちた可能性があります。

その場合は、他の銀行カードローンの審査基準は満たされていることがおおいので、申し込みを行っても審査に通過できる可能性が高いです。

おすすめは三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』

バンクイック概要
商品名 三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
利用限度額 10万円以上~500万円以内(10万単位)
金利 1.8%~14.6%
担保・保証人 不要
遅延損害金 20.0%
必要書類 運転免許証or顔写真付き身分証明書or保険証+住民票

横浜銀行カードローンの審査に落ちてしまった場合におすすめな銀行カードローンは、三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックです。

バンクイックは土日も審査が行われたり、銀行カードローンの中でも審査のスピードが速かったりと、おすすめポイントが多い銀行カードローンです。

また保証会社も大手消費者金融のアコムが担当するので、横浜銀行カードローンの審査に落ちた方でも、安心して申し込みを行うことが出来ます。

是非バンクイックの利用も検討してみて下さい。

三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』で即日振込はできない?最短の申し込み方法をご紹介!
バンクイックのご利用を検討されているあなた。 急いでお金を借りたいと考えていますね? バンクイックは銀行カードローンですが、消費者金融並のスピードが強みであることをご存知でしょうか。 スピードが速いと言っても、即日融資は可...

②信用情報の傷が消えるまでまつ

横浜銀行カードローンの審査に落ちた場合、その理由が信用情報である可能性が高いのであれば、信用情報がクリアになるまで待つことも、対処法の一つです。

結局、信用情報にキズが付いている状況であるのなら、他の銀行カードローンの審査に申し込んだところで審査に通過することは出来ません。

また大手消費者金融も、信用情報には厳しいので申し込みを行ったところで同じ結果になります。

その場合は信用情報がホワイトになるまで待つのが、一番健全な方法と言えます。

どうしても借りたいときは中小消費者金融の利用も

「信用情報にキズがるけど、どうしても今借りたい…」

そんな方は、大手消費者金融よりも審査が甘いといわれている中小消費者金融の利用をオススメします。

中小消費者金融は、前提として大手消費者金融の審査に落ちた人の受け皿になるような役割を果たしています。

どうしても借りたい場合は、中小消費者金融を検討しましょう。

審査の甘い消費者金融なら中小消費者金融を利用!おすすめの業者を徹底的に調査
大手消費者金融や銀行カードローンは審査が厳しく、ちょっと不備があろうもんなら問答無用で審査に落とされます。 その点中小消費者金融は、大手や銀行に比べると審査が甘い傾向にあり、多少利用履歴に傷がついている人でも利用しやすいキャッシングと...

③大手消費者金融に申込む

信用情報にキズまではいかないけど、ホワイトになるまで待つのはできない…

そんな方は、大手消費者金融の利用をオススメします。

横浜銀行カードローンの審査に落ちた方にオススメなのが、アイフルです。

オススメの消費者金融『アイフル』

アイフル-200_200

アイフル概要
商品名 アイフル
利用限度額 1万円~800万円
金利 3.0%~18.0%
担保・保証人 不要
遅延損害金 20.0%

アイフルは、大手消費者金融の中でも、利用しやすいのでおススメです。

  • 来店不要のWEB完結で利用可能
  • 初回利用時のみ30日間の無利息サービスを利用できる

横浜銀行カードローンは、利用には必ず来店必須となっています。

それに比べてアイフルは来店せずともWEBで申し込みから手続きまで完了するので、利用しやすい消費者金融と言えます。

また初回利用時のみ30日間の無利息サービスを利用できるのもおススメのポイントです。

消費者金融は金利がちょっと…というかたも、安心して利用が可能な消費者金融ですね。

アイフルで即日融資を受ける方法は下記の記事でも解説!

アイフルの即日融資は何時まで?申し込み方法別に解説
「今すぐにお金が必要」という方の心強い味方、アイフル。 大手消費者金融のアイフルは、即日融資に対応していますが、申し込み時間が制限されています。 何も知らずに申し込めば、融資が翌営業日になるなんてことも。せっかく申し込むなら、す...

横浜銀行カードローンの審査はコツを駆使して突破!

今回は横浜銀行カードローンの審査についてご紹介いたしました。

あらためて、今回の記事の内容を振り返りましょう。

  • 横浜銀行カードローンの審査は厳しい
  • 審査に通過するには審査に落ちるポイントを確認
  • 限度額を少なめに申しこんだりして、審査通過の対策をする
  • もし審査に落ちてしまったら他の銀行カードローンや消費者記入の利用も検討

などが分かりました。

今回ご紹介した審査ポイントなどを駆使して、横浜銀行カードローンの審査に通過しましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

横浜銀行カードローンで即日融資はできない?!できるだけ早く融資を受ける方法とは?
横浜銀行カードローンは、2020年6月現在、即日融資を受けることができません。 そこで今回は横浜銀行で最短で融資を受けるための方法などをご紹介していきます。 国内の地方銀行で最高の預金総額・総資産額を誇る横浜銀行カードローン。 ...