家計の見直しで豊かな生活に!9万5千円の固定費削減の成功のコツとは?

家計の見直しをする夫婦 お金にまつわるコラム

『今月こんなにお金が引かれてしまって、残りが思ったより少ないなぁ…』なんて思ったことはありませんか?

『毎月もう少しだけでいいから生活費に余裕を持てないかなぁ?』と思っていませんか?

お金ってあればあるだけ嬉しいとは思いますが、それだけ多くを稼ぐというのはなかなか難しいものだと思います。

しかし、現在の収入のままでも、きちんと【家計の見直し】をすることが出来れば少しだけ余裕のある生活を手に入れることが出来ます!

以前のわたしはかなりの浪費家でほとんど貯金も出来ずに毎月の支払いに追われるばかりで余裕のない生活をしておりました。

そんなわたしが【家計の見直し】をしたことで、今では毎月家計収支は黒字になり、資産形成に回すことが出来ております。

そのように変わることが出来たわたしの体験談をご紹介させて頂くことで、読者の皆さんの【家計の見直し】に少しでもお役に立てればと思っております。

この記事を書いたライター
Cマルス@くすりし
『人生を豊かに生きる』が目標なファイアーエムブレムのマルス好き薬剤師
休職をきっかけに家計の見直しを行い、月に9万5千円の固定費削減に成功!
それと同時に投資も開始し、現在ブログやTwitterで情報発信中!
ブログ:『人生を豊かに過ごしたい』 Twitter:@marth07pharma

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

家計の見直しをしたきっかけ

まずわたしが家計の見直しをするきっかけになったのは仕事を休職し、収入が減り、その分なんとかやりくりしなければいけないという状況に追い込まれたことです。

休職中も傷病手当金や休業補償などで一定の収入はありましたが、働いていた時に比べると収入が減ってしまうため、そのままでは家計が成り立たない状況になりました。

つまり強制的に見直しをせざるを得ない状況になったということが大きかったわけです。

お金の見直しというと『めんどくさいなぁ』とか『やった方がいいのは分かるけど腰が重いなぁ』とかって思うことが多いかと思いますが、必要に駆られるとやれてしまうものです笑

とはいえ、大きく変化しようとすればそれなりの動機がないとモチベーションにはなりませんよね。

だからといって、そんな出来事が起きることを待つというのも変ですし、わたしのような状況にはならないに越したことはありません。

なので、わたしからおススメさせてもらうのは《最初ちょっとだけ変えてみること》です。

一度に多くを変えようとするとかなりのエネルギーが必要になるので、少しだけ行動してみて変化を感じてみてください。

それで上手くいって、少しでもお金に余裕が出来るとそれがまた次の行動へのモチベーションにもなると思います。

その成功体験を続けることで次、次と見直しを行って、気が付けば大きな変化をもたらすことが出来るようになると思います。

家計の見直しといえば節約ですが…

家計の改善をするとなると当然【節約】ということになりますね。

でも、【節約】というと《電気を細かく消す》とか《安いものを買うために遠くのお店に行く》とかそんな行動が思い起こされて、『ケチケチするのは嫌だ』とか『細かいことするのはなぁ』と負のイメージが大きくなりますよね。

いちいち日々の生活の中の細かいことまで気にして、行動してってなると疲れてきちゃいますし、長続きもしにくいものですね。

実際わたしも過去に何度も続かなくて、挫折しておりました。

しかし、今回ご紹介する家計の見直しはそんなイメージとは違う【固定費の削減】をメインにお話させてもらいます。

固定費とは住居費やインターネット料金などのように毎月一定金額で発生する費用のことです。

その【固定費の削減】をメインにすることで、【生活の質】を落とさずにお金の余裕を作ることが出来ますので、これからのお話を是非参考にして頂ければと思います。

家計の見直しの情報収集方法

ここで、わたしがどのように家計の見直しを考えていったのか?ということをお話させて頂きたいと思います。

最初にお話しましたが、わたしは仕事を休職したことをきっかけに家計の見直しをしましたので、その休職期間中に情報収集を行っておりました。

情報収集といっても、本を買ったり、何か情報商材を買ったりだなんて出費はしておりません笑

お金をかけなくても、ちゃんとお金の見直しは出来ます!

それはブログ、Twitter 、YouTubeなどでの情報収集です!

ブログは皆さんが今見てらっしゃるこの『マネースタジオ』もそうですね!

今やGoogle検索をすれば色んなサイトが出てくるので、自分で調べれば欲しい情報が手に入るようになっています。

しかし、何から調べたら良いのだろう?と迷うこともあるかと思います。

そんな時にはTwitterがおススメです。

Twitterでは節約関係の発信をしているアカウントをフォローすることで受動的でも情報が入ってきます。

その分、情報の取り捨て選択が必要とはなりますが、自分で調べる労力を使わなくてもどんどん情報を得ることが出来ます。

いや、でも、そんな文字ばっかり読むのはちょっと…

という方であればYouTubeがおススメです。

YouTubeなら動画を視聴するだけで情報を得られますので、文字を読むのが苦手な方でも情報を取れます。

また、YouTubeだと耳で聴きながら情報を取れるので、家事をしながら、運動をしながら、通勤の途中などの《ながら情報収集》が出来るので、非常に効率が良いです。

実際にわたしも趣味のマラソンをしながらYouTubeで情報収集したりしておりました。

さらにYouTubeは似た動画をおススメであげてくれるので、節約系の情報がどんどん得られると思います。

家計の見直しの実際

チェックリストをチェックする男性

さて、ではここから実際にわたしの行った家計の見直し、固定費削減の具体的な内容について話していきたいと思います。

固定費削減一覧

  • 住居費の見直し
  • スマホ料金の見直し
  • インターネット料金の見直し
  • 自動車保険の見直し
  • 民間医療保険の見直し
  • サブスクリプションの見直し

住居費の見直し

我が家は持ち家で住宅ローンを組んでおりましたが、その住宅ローンの借り換えをして支払い金額を抑えました。

住居費は家計の支出の中でかなり大きなウエイトを占めると思いますので、ここを見直すことが出来るとかなり大きいと思います。

賃貸の方でも安い住居に引っ越すことで住居費を抑えることが出来ると思います。

引っ越しが必要になるため、一時的に出費が増えますが、住居費は一度見直してしまえば基本的に上がることはないと思います。

なので、面倒かもしれませんが一度だけ頑張ってみるとその後の節約効果は絶大だと思います。

スマホ料金の見直し

我が家では以前は〇uのスマホを夫婦で契約しておりましたが、格安SIMである楽〇モバイル(現在は格安SIMの楽〇モバイルの契約は出来ません)へ変更することで、夫婦合わせて約月1万円ほどの節約になりました。

3大キャリア(do〇mo、〇u、ソフ〇バンク)を契約している方が格安SIMへ変更するとおそらく一人分の契約で月5,000円の節約となり、それがずっと続くことになるため、年間6万円の節約です。

現在はスマホ料金の値下げを日本政府が指示しているため、今後安くなる可能性はありますが、それでも格安SIMよりも安くなることは少ないでしょう。

それであれば今すぐに行動して、月5,000円分の節約を実施するべきだと思います!

ちなみにこれはわたしの主観ではありますが、格安SIMに変えても通信関連で大きく困ることはほぼないです!(会社によって違いはあるかもしれません)

それでも格安SIMに変えるのはちょっと……という方は現在契約しているサービスの見直しをすることをおススメします。

3大キャリアを契約していると契約時にお得になるからとか初月無料とかという理由で有料サービスが付帯されていることがあります。

契約しているサービスや料金プランを見直すことで月1,000円~2,000円くらい変わる可能性もあると思います。

インターネット料金の見直し

これは自宅に固定回線を引いている場合の見直しになりますが、最近は光コラボレーションといって、NTTではない会社がNTT回線を間借りしてサービスを提供しているインターネット回線があり、本家のサービスに比べると1,000円~2,000円ほど安くなる場合があります。

我が家でも〇DDIから楽〇へ変更することで月々の料金を抑えることが出来ました。

また、インターネット回線自体を変更したくないなぁと考える場合でも今契約しているサービス(光電話など)の見直しを行うことで、月500円~1,000円ほど金額を抑えることが出来ると思います。

自動車保険の見直し

自動車保険は車を買った時にそのまま購入したディーラーで手続きをしてくれることが多いかと思います。

しかし、ディーラーが代行してくれる保険会社は意外と高かったりして、年間で10万円くらいかかったりすることもありますよね。

それを同条件でネット保険にすると半分くらいの値段になることが多いです。

自分で手続きをしなければいけないという手間は増えますが、それ以上に見返りがあることなので、是非ネット保険を活用することをおススメいたします。

また、見積もりを取るときも一括見積もりを利用することで会社ごとの比較も出来ますし、自分に合った保険会社を選ぶことが出来ると思います。

民間医療保険の見直し

保険が必要か不要かという話は賛否両論ありますので、保険が不要とは言いません。

しかし、保険会社の担当者の言われるままに保険を契約していたりしませんか?

医療保険は万が一のことがあったときにはとても心強いものだと思います。

ですが、日本という国は国民皆保険であり、高額療養費制度という月の支払いが一定額を超えると健康保険組合が代わりに支払ってくれる制度があります。

それをふまえた上で保険を考えないと無駄とまでは言いませんが、過剰に保険の支払いをすることになります。

なので、自分に本当に必要な分だけ保険をかけると考えればこちらもかなりの額の支払いを抑えることが出来るようになるかと思います。

サブスクリプションの見直し

サブスクリプションとは商品ごとに購入金額を支払うのではなく一定期間の利用権として料金を支払う方式のことであり、動画サイトやジム、習い事などの月額料金のことを指します。

これは一度契約するとそのまま継続されることが多いので、知らず知らずのうちに金額を払っていて、そのまま忘れてしまっているということはありませんか?

そういった今の自分に必要のないサービス利用料金を見直すことで月々の支出を抑えることが出来ます。

読んでいないのに新聞を断るのが面倒でそのままになっていませんか?

通ってないのにスポーツジムの会員のままになっていませんか?

見てもいないのに動画サイトの有料会員になっていませんか?

それらを見直すだけで年間かなりの金額を抑えることが出来ると思います!

固定費削減の効果

ここまで簡単ではありますが、家計の見直し、固定費削減についてわたしが実際に行ったことを中心に紹介させて頂きました。

一つ一つの固定費削減は月々の金額に直すとそれほどでもないと感じるかもしれません。

実際このコラムを読んで頂いて、こいつはなんで月500円なんて小さい金額のことを言っているのだ?と思った方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、固定費というのは基本的にずっと続くものです。

月500円でも年間6000円、10年間続けた場合には6万円も変わってきます。

しかも、一度やってしまえばそれが永続的に続くわけですから、日々の細かい節約とは違って労力は最初だけです!

固定費削減の良さは《一度やってしまえば効果が長期にわたって得られる》ということです。

さらに今回ご紹介した固定費削減の多くはほとんど生活の質を落とさずに出来ることですので、節約したからといって気持ちが貧しくなることはないと思います。

終わりに

わたしは家計の見直しを行って、家計に余裕を持たせることが出来るようになりました。

その家計を改善出来たことの大きな力になってくれたのは小手先の情報よりもむしろ《自分に不要なものに余計なお金を使わない》という意識付けが出来たことでした。

家計改善のために行動し成果が出てきたおかげで、その支出が自分にとって大事なのかどうかという考えが自然に身についてくれました。

世の中には節約術としていろんな方法論や各論的な話にあふれていますが、それでも皆が皆、継続出来ているわけではありませんよね?

そこにはやはり前提となる《自分に不要なものに余計なお金を使わない》という意識付けが出来てないからじゃないかと思います。

節約はただお金の支出を減らすためだけにやるわけではありません。

節約の目的は《自分が必要なことにしっかりお金を使うため》に、不要なことにお金を使わないようにすることだと思います。

今回のこのコラムを読んで頂き、その意識を持つための、また節約への行動の一助になれたらとても嬉しく思います。

うつ病との闘いはお金との闘いでもあった
うつ病との闘い。 それは「うつ病」という病気や症状そのものとの闘いもそうだけれども、僕にとってのそれは病気だけではなく、お金との闘いでもありました。 うつ病になる前、僕は会社員として働いており、給料という毎月一定の収入を得ていま...