郵便局でお金を借りることができる?借入方法や利用時の注意点を解説

悩むスーツ女性 お金を借りる

郵便を出したりゆうちょ銀行を利用したり、なにかとお世話になる郵便局。

実はお金を借りることができるのはご存じですか?

郵便局が提供する貸付制度を利用することができれば、消費者金融のカードローンのように審査を受けずにお金を借りることがで来ます。

審査を受けずにお金を借りられたら嬉しいですよね。

しかし郵便局でお金を借りるには、いくつかの方法や注意点があります。

そこで今回は、郵便局でお金を借りる方法や、利用時の注意点などを紹介していきます。

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

郵便局でお金を借りる方法は3パターン

郵便局でお金を借りる方法と言っていますが、厳密にはゆうちょ銀行から借りることになります。

郵便局でお金をかりる方法は、3パターンあります。

基本的に郵便局でお金を借りるのであれば、担保を元に貸し付けを利用できます。

貸し付けには、下記の3パターンがあります。

  • 財産形成貯金担保貸付け
  • 貯金担保自動貸付け
  • 国債等担保自動貸付け

消費者金融や銀行のカードローンでは、お金を借りる前に審査が必要となりますよね。この審査に突破できないと、お金を借りることはできません。

これは、無担保での貸し付けとなるため、審査が必要となります。

一方で、郵便局の3種類の貸し付けは、貯金などを担保にして借りることになります。

そのため、担保さえあれば申込者の返済能力をたしかめる審査が行われないため、審査なしで貸し付けを利用できるのですね。

このため無職や未成年者は消費者金融の利用基準を満たさないため、お金を借りることはできませんが、定期預金などがあれば郵便局で貸し付けを利用できる、ということになるのです。

ここからは郵便局でお金を借りる3つの方法について、より詳しく解説していきます。

貯金担保自動貸付け

一つ目は貯金担保自動貸し付けです。

ゆうちょ銀行の総合口座で管理をしている、担保定額貯金や担保定期貯金を利用してお金を借ります。

要は口座に入っている貯金額よりも多い金額を下した場合、その多い金額分が自動的に貸し付けとなるということです。

基本的な概要は下記の通りです。

金額 1000円から可能
貸付金額の上限 預入金額の90%以内
貸し付けの期間 貸付日から2年
返済方法 貸付金額と利子分を通常貯金に預入で自動返済
金利 ■担保定額貯金を担保とする場合 返済時の約定金利(%)+0.25%。■担保定期貯金を担保とする場合 預入時の約定金利(%)+0.5%。
申込み方法 ゆうちょ銀行または郵便局の貯金窓口に必要書類を提出する。
必要書類 総合口座通帳・届印・本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)

このように、ゆうちょ銀行の担保定額貯金や担保定期貯金を利用していないと、担保としてこの貸し付け方法の利用が出来ないため、注意が必要です。

財産形成貯金担保貸付け

郵便局でお金を借りる方法に2つ目は「財産形成貯金担保貸付け」です。

財産形成貯金担保貸付けとは、「財形定額貯金」「財形年金定額貯金」「財形住宅定額貯金」を担保にしてお金を借りることができます。

金額 1000円から可能
貸付金額の上限 預入金額の90%以内
貸し付けの期間 貸付日から2年
返済方法 貸付金額と利子分を通常貯金に預入で自動返済
金利 ■担保定額貯金を担保とする場合 返済時の約定金利(%)+0.25%。■担保定期貯金を担保とする場合 預入時の約定金利(%)+0.5%。
申込み方法 ゆうちょ銀行または郵便局の貯金窓口に必要書類を提出する。
必要書類 総合口座通帳・届印・本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)

ここで注意なのが、貯金担保や国債ではATMからの貸し付けや返済が可能ですが、財形形成型ではゆうちょ銀行の窓口からしか申込・返済ができません。

国債等担保自動貸付け

郵便局の窓口で購入した国債を担保にしてお金を借りることもできます。

貯金担保と同様に、通常貯金の残高よりも多く引き出すと、多い分だけマイナスになり、借りられるということになります。

金額 1000円から可能
貸付金額の上限 預入金額の90%以内
貸し付けの期間 貸付日から2年
返済方法 貸付金額と利子分を通常貯金に預入で自動返済
金利 貸付時における預入期間1年の定期貯金の約定利率(%)+1.70%。
申込み方法 ゆうちょ銀行または郵便局の貯金窓口に必要書類を提出する。
必要書類 貸付請求書
・財形定額貯金などの残高通知書
・保管証または貯金証書
・届印

おかねを借りる方法

どの方法でお金を借りるかを決めたら、ATM・窓口まで出向きます。

財形担保の場合は窓口のみの取り扱いとなるので注意です。

あとは各方法に記載している持ち物を持っていく必要があります。

窓口の場合、土日休みであったり、ATMも営業時間外であることもあります。利用前に該当店舗の営業時間をよくチェックしておきましょう。

郵便局でお金を借りるなら担保が必要

上記の3種類の借り方を見てもわかるように、郵便局でお金を借りるのであれば、担保がないと借りることができません。

基本的にゆうちょ口座に加えて本人確認書類にお届け印、加えて担保が必要となります。

担保があるので、無審査でもお金が借りることができるのですね。

また返済期間も1年~2年と定められているため、月の返済額も高額になりやすい傾向にあります。

きちんと計画的に借り入れを行い、返済をしていく必要があるといえますね。

JP BANKカードでお金を借りる方法もある

ゆうちょ銀行のしたくは無くなった

国債や貯金担保は難しい場合、以前はゆうちょ銀行が提供するカードローンの「したく」がありました。

しかしカードローン「したく」は2018年10月より新規受付を終了しています。現在は利用できません。

ゆうちょ銀行カードローン「したく」については、下記の記事をチェックしてください。

ゆうちょ銀行カードローンは現在も利用できる?過去の審査基準などについて説明
ゆうちょ銀行は独自にカードローンを発行しているわけではありません。 提携している銀行のカードローンを窓口で受け付けるという方針を採用していました。 しかし、提携を近年になり解消したため、現在はゆうちょ銀行が持つカードローンはあり...

どうしても利用したい場合、「したく」はゆうちょぎんこうとスルガ銀行が提供するサービスでしたのでスルガ銀行のカードローンを利用するのがよいでしょう。

スルガ銀行カードローンの審査は甘い?審査基準や審査に通るための方法を解説
静岡県沼津市に本拠地を置くスルガ銀行。 2018年一部業務停止命令がくだされるなど、一時経営危機に陥っていましたが最近では徐々にその力を取り戻しています。 こちらの記事では、そんなスルガ銀行のカードローン審査について解説! ...

担保が難しいなら金融機関でお金をかりよう

郵便局での貯金や国債の担保が難しい…けどなんとかお金を借りなければならない…。

その場合は、担保なしでお金を借りる方法を検討しましょう。

担保なしでお金を借りるなら下記の方法がおすすめです。

消費者金融で借りる

クレジットカードのキャッシング枠で借りる

消費者金融でお金をかりる

消費者金融でお金を借りるのも一つの方法です。

消費者金融には、大手と中小の消費者金融があり、申込時に重視したいポイントによってどちらに申し込むかを決めることをお勧めします。

大手消費者金融の場合

  • 今日中に借りたい
  • 無利息サービスなどお得に借りたい

中小消費者金融の場合

過去にトラブルを起こしたことがあり審査が不安

このように分かれます。。

基本的に審査時にチェックされる信用情報に問題がなければ大手を利用、不安ならば中小を利用が良いでしょう。

大手中小ともにおすすめの業者を紹介していきます。

大手消費者金融:プロミス

プロミス

プロミス概要
商品名 プロミス
利用限度額 500万円まで
金利 4.5%~17.8%
担保・保証人 不要
遅延損害金 20.0%

大手消費者金融の中でも特におすすめが、プロミスです。

プロミスのおすすめポイントを紹介していきます。

  • WEB完結申し込みで店舗に来店しなくても融資可能
  • 公式のアプリでの申し込み手続きも便利
  • 初回限定で30日間の無利息サービスを受けられる
  • 会員限定の優待サービスが充実している

プロミスはWEB完結申し込みやアプリから申し込みが可能のため、申込のために来店する必要がないのがうれしいですね。

プロミスの即日融資は何時まで?最短10秒で即日融資を行う方法や口コミも解説
冠婚葬祭や病気など、急にまとまったお金が必要になることが必要になったとき、金額が大きければ大きいほど親や友人には借りにくいですよね。 金の切れ目が縁の切れ目とも言いますし…周囲の人間とは金銭問題のトラブルを避けるためにも、お金の貸し借...

中小消費者金融:セントラル

セントラル

セントラル概要
商品名 セントラル
利用限度額 1万~300万円
金利 4.8%~18.0%
担保・保証人 不要
遅延損害金 20.0%
必要書類 運転免許証、顔写真付き身分証明書など

審査に不安があるのならば、中小消費者金融のセントラルを利用しましょう。

セントラルは過去に金融事故を起こしてしまい、信用情報が不安な人でも審査に通った実績があります。

そのため、大手の利用は難しい場合でも、セントラルであれば利用できる可能性が高いです。

またセントラルがほかの中小よりも頭一つ抜けるポイントが、中小でありながら大手並みのサービスが充実しているところです。

即日融資に対応している

初回は30日間の無利息サービスを利用できる

自動契約機が充実

中小の場合、審査が通りやすい分、ほかのサービスはあまり充実していないことが多いです。

しかしセントラルでは上記のように中小では珍しく、無利息サービスが充実していたり、自動契約機もあるなど、非常に利用しやすいといえます。

また即日融資にも対応しているのがうれしいポイントです。

消費者金融のセントラルの審査基準は?口コミなども紹介
セントラルは、中小の消費者金融でも大きな借入が可能となっています。 借入額を増やしたいと思っているなら、セントラルを利用するといいでしょう。 ただ、セントラルを利用する時は、申込方法や注意点をしっかり理解してから実施しましょう。...

クレジットカードのキャッシング枠で借りる

消費者金融はちょっと…という場合は、普段利用しているクレジットカードのキャッシング機能でお金を借りましょう。

キャッシング枠がついているものであれば、ATMなどですぐに借りることが可能です。

即日発行のカードを利用もおすすめ

カードにキャッシング機能がついていなかった…!

そのときは即日発行のクレジットカードを利用するのもおすすめです。

消費者金融のアコムが発行する『アコムマスターカード』は、即日発行が可能です。

くわしくは下記の記事で開設しています。

アコムのクレジットカード「ACマスターカード」を徹底解剖!
消費者金融のアコムはカードローンだけでなくクレジットカードも取り扱っています。 消費者金融が発行しているクレジットカードということで、一般的なクレジットカードとは少々異なる特徴があるんです。 今回はそんなアコムACマスターカード...

郵便局でお金を借りるには担保が必要

今回は、郵便局でお金を借りる方法についてご紹介しました。

郵便局でお金を借りる際は審査がいりませんが、担保がないと借りることができません。

郵便局での担保貸付は、ATMから気軽に利用できますし、利息も消費者金融などに比べてとてもお得に利用することができます。

すでに貯金担保や国債を利用していれば郵便局でお金を借りることができますが、利用がない場合は無担保で借りることができる大手消費者金融の審査を受けることをお勧めします。

審査に不安があるのならば、中小の消費者金融を活用しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

審査のゆるいカードローンはどこ?審査に通りやすくするコツも解説
カードローンの審査に申し込んだはいいものの、審査のゆるいカードローンを探している人も多いと思います。 しかし、審査のゆるいカードローンなんてあるのでしょうか? 今回は審査のゆるいカードローンがあるのか、またカードローンの審査に通...