従業員貸付金制度とは?会社から借金を利用するリスクも併せて解説

お金を借りる

何かとお金がかかり、お金を借りなければならない状況なってしまうこともありますよね

消費者金融などを利用するのはちょっと…という場合、会社から借金をすることができるケースがあります。

その制度を、従業員貸付金制度と言います。

最近は福利厚生の一環として導入し始めている企業も多いです。

しかし利用にはリスクが伴うケースも。

今回は、会社から借金をするための制度の従業員貸付金制度について解説していきます。

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

従業員貸付金制度とは?

従業員貸付金制度とは、自分が在籍している会社からお金を借りることができる制度です。

従業員が不慮の事態でお金が必要になった際に、社内で利用できる貸付制度とされています。

つまり、会社からお金を借りることができます!

最近は従業員の福利厚生の一環として、取り入れている会社も増えてきました。

会社としても福利厚生としてだけでなく、社外でお金を借りられるよりも社内で貸付もカバーすることで、従業員の思わぬトラブルを防ぐことができるのもメリットの一つです。

給料の前借とは何が違うの?

会社から借金をするとなると、パッと思い浮かぶのは給料の前借ですよね

ここで、給料の前借との違いが気になりますよね。

給料の前借と、従業員貸付制度の違いは、その借金の資金源に違いがあります。

給料の前借は、自分の翌月分の給料から先にお金をもらうことを指します。

そのため、前借をすると翌月分の給料は前借して残った分のみの収入となるのです。

一方従業員貸付制度は、会社のお金から捻出されます。

貸付制度のため、自分の収入から返済を行う必要がありますが、翌月の収入額には影響がないことが特徴です。

未来の自分からお金を借りるか、他のひとからお金を借りるかの違いになります。

また基本的に前借は実施している会社であれば申請を行うだけで済みますが、従業員貸付制度の場合は借りる前に審査に通過しなくてはなりません。

従業員貸付金制度の利用条件は

従業員貸付金制度を利用するには、社内で行われる審査に通過する必要があると紹介しました。

それでは実際に利用をするとなった場合、利用にはどのような条件があるのでしょうか。

貸付金の利用条件には、下記の利用必要があります。

従業員貸付金制度の利用できる資金

  • 病気・事故などの入院費用
  • 身内の不幸による葬式費用
  • 地震・火災による修理・修繕にかかる費用
  • 空き巣や強盗被害による生活改善費用

基本的には上記のような利用用途のみで利用が可能です。

他にも、会社独自の利用条件などがあれば、その項目にも該当しているかをチェックする必要があります。

ですが上記のように不慮の事態で、ある程度まとまったお金が必要であると判断された場合のみ、利用の条件として認められます。

そのため旅行に行く費用や通常の生活資金のために…と言った理由では、貸付制度の利用基準に満たない為、審査に通過できない可能性があります。

そのような貸付金制度の利用の場合は、民間の低金利で利用ができるカードローンの利用がおススメです。

会社から借金をする従業員貸付金制度の内容

従業員貸付金制度の利用条件が分かったところで、制度の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?

ここでは従業員貸付金制度を利用するにあたり気になるポイントをまとめてきました。

確認していきましょう。

  • 金利はどのくらいか
  • 貸付金額の上限は?
  • 融資まではどれくらいいかかるのか

金利はどのくらいか

借金を利用するにあたりチェックしておきたいポイントが、金利ですよね。

従業員貸付金制度の金利の特徴は、民間の金融業者で借りるよりも低金利で利用できることです。

この制度の最大の魅力と言えるでしょう。

一般的な利率は、下記のように定められているケースが多いです。

従業員貸付金制度 2%~4%
銀行カードローン 1%~14%
消費者金融 3%~20%

会社によって詳細な利率は異なりますが、基本的には上記の範囲内で利息が定められています。

この表をチェックしてもわかる通り、民間のカードローンを利用するよりも従業員貸付金制度を利用した方が利息を抑えて借金を利用することができます。

入院費が結構が結構かかってしまったけど、消費者金融で借りてしまうと利息代もバカにならない…。

そんな時には、利息を抑えるためにも会社の制度を活用することがおススメです。

福利厚生だから利子なしで利用できないの?

従業員貸付金制度は福利厚生の一環として行われていますが、もし福利厚生であるのなら利子なしで利用が出来ても良いですよね。

なぜ低金利とはいえ、利息が発生するのでしょうか?

企業の場合、利子を付けずにある程度のまとまった金額を従業員に貸してしまうと、贈与税の対象になってしまうことがあります。

贈与税とは、お金や不動産など、価値のある物をもらう時に発生する税金のことを指します。

そのため、贈与税がかかかることを防ぐには、利息を設定売る必要があります。これは出資法という法律の下で詳細な決まりがあります。

このように、従業員に借金を融資する際に、税金がかからない方法で行うとなると、出資法に基づいた利息を徴収する必要があるのです。

貸付金額の上限は?

従業員貸付金制度の利用できる金額は、どのくらいあるのでしょうか。

これは、基本的に会社によって上限が異なります。

30万円~50万円程度の金額の会社もあれば、100万円を超える高額融資にも対応している会社もあります。

他にも勤続年数や収入金額によって、貸付金額が決まる会社もあります。

具体的な金額は、直接会社に確認しましょう。

従業員貸付金制度は総量規制の対象外

消費者金融のカードローンを利用するとなると、総量規制内で申し込みを行う必要があります。

総量規制とは、カードローンで貸し付けを利用できる金額は、年収の3分の1までという決まりです。

そのため年収の3分の1以上借りたくても、消費者金融では借りることができないのです。

しかし従業員貸付金制度では総量規制が発生しないため、総量規制を超える高額な融資でも、会社が定める金額内であれば利用が可能です。

貸し付け時に適用される総量規制とは?例外となる事例も紹介
貸金業界では総量規制という言葉があります。 総量規制はキャッシングを利用する際に適用されるもので、貸しすぎを防ぐために使われています。 総量規制は適用される場合と適用されない場合があります。 適用されない場合はもちろんのこ...

融資まではどれくらいいかかるのか

従業員貸付金制度を利用した場合、実際に手元にお金が来るまでにはどのくらいの期間がかかるのでしょうか?

基本的に申し込みから手元にお金が入るまでに、2週間~3週間程度かかることが多いです。

これは会社の規模などによって大きく異なります。一概には言えませんが、

そのため、急いでいてとにかく今すぐお金が必要、と言ったケースにはあまり向かないでしょう。

とにかく急いでいる時は、民間の金融業者の即日融資を利用することがおススメです

従業員貸付金制度の申し込み方法は?

従業員貸付金制度の特徴などをチェックしたところで、ここからは実際に利用を開始するための申し込み方法を確認していきましょう。

  1. 上司や制度の担当者に相談
  2. 指示に従い、申し込み書の記入
  3. 申込書・必要な書類を提出する。
  4. 会社内で審査
  5. 審査後に指定口座に振り込み

申し込む前に、まずは上司や貸付制度の担当者に相談を行いましょう。

申し込みを行い、必要な書類を提出した後に社内で審査が行われます。

また一般的なカードローンでは、審査の際に信用情報に照会を行いますが、従業員貸付金制度では信用情報の確認は行われません。

信用情報とは?コチラの記事で詳しく解説!

申し込みに必要な書類は?

従業員貸付金制度の申し込み時には、申し込み書の他にも必要な書類の提出を求められます。

どのような書類の提出が必要なのでしょうか?

基本的に申し込みを相談した時点で、必要な書類を提示されるため、それに従えば大丈夫です。

また会社によっては、利用用途のお金を証明するための見積書や領収書を提出させるケースもあります。

不慮の事故で入院にかかった費用を借りたい、と思っても、その入院にかかった領収書などが無いと、審査に通過できない可能性があります。

そのため、かかった費用の証明に使える領収書などは、捨てずにきちんと保管を行っておきましょう。

金銭消費貸借契約書を提出しないいけないことも

提出を求められた書類の他にも、金銭消費貸借契約書を提出しないといけません。

金銭消費貸借契約書とは、借金の契約書で、いくら借りますよ、いつまでに返済をしますよ、と言った内容が記載されているものです。

この契約書を交わさずに、口約束などで行ってしまうと、贈与としてチェックされてしまい、贈与税を請求されてしまうケースがあります。

そうならないためにも、金銭消費貸借契約書を作成してもらいましょう。

従業員貸付金制度の返済方法は?

審査について考える

従業員貸付金制度を利用した場合、借金の返済はどのように行っていくのでしょうか?

返済方法も確認していきましょう。

給料から天引きになることがほとんど

基本的には従業員貸付金制度の返済は、毎月の給料からの天引きとなります。

ですが、会社によっては口座振り込みやボーナスでの返済となることもあります。

詳しい返済方法は、申し込み時に担当者から説明があると思うので、確認をしておきましょう。

天引きじゃあ、前借と変わらないじゃん!

とも思われそうですが、前借の場合、借入できる金額に制限が生じてしまうため、あまり借りられないこともあります。

また従業員貸付金制度はあくまで福利厚生のひとつ。

毎月の給料から引いて生活が困ってしまうといいうことが無いように、月の返済額は1万~2万円程度と少額で設定されることがほとんどですので、安心して利用ができます。

返済回数・期限は会社によって異なる

返済方法が分かったところで、返済の回数や期限も気になるところです。

返済期限や返済回数も、基本的には会社によって異なります。そのため、申し込み時にきちんとチェックをしておきましょう。

返済回数の場合、申し込み時に回数を選ぶケースが多いです。

12回払いか24回払いで選択し、選んだ回数によって返済期間と毎月の返済額が決まる仕組みとなっています。

稀に自分で回数を指定できたり、返済期間を決められることもあります。

しかし利息が発生しているため、返済期間が長期化すればするほど、利息が膨らんでしまいます。

そうなると最終的に支払わなければならない金額が高額になってしまうため、返済方法は毎月の給料と相談しながら計画的に行う必要があります。

従業員貸付金制度を利用する時の注意点は

従業員貸付制度の利用方法や返済方法までわかってきました。

ココでは、実際に利用を開始する前にチェックしておきたい注意事項をまとめたので、併せてチェックをしていきましょう。

  • そもそも従業員貸付金制度が導入されていないケースも
  • 基本的に正社員のみしか利用が出来ない
  • 借金の利用の用途が認められないと審査に通過できない
  • 勤続年数も申し込み資格に設けられていることが多い
  • 連帯保証人を立てる必要がある
  • 契約手続きに若干手間がかかる
  • 遅延・延滞したときに生じるリスクが大きい
  • 転職・退職するときに一括返済を求められる
  • 社内でうわさになることも

各注意点をもう少し詳しく解説していきます。

そもそも従業員貸付金制度が導入されていないケースも

従業員貸付金制度は、あくまで福利厚生の一環です。

そのため企業内に必ず提供されているものはない為、会社によっては導入されていません。

また中小消費者金融では実施されていないケースがほとんどです。

従業員に貸し付け行うには、それほどの資金力が必要となります。そうなると大手企業ほどの資金力が無いと、貸し付けを行える余裕がありません。

このように、自分の会社で導入されていない場合は、従業員貸付金制度を利用できないません。

まとまったお金が必要な場合は、民間のカードローンの利用を検討しましょう。

基本的に正社員のみしか利用が出来ない

従業員貸付金制度は、基本的に正社員しか利用ができません。

そのため契約社員やアルバイト・パートで働いている人は、社内の従業員貸付金制度の利用が出来ないのです。

稀に対応している会社もありますが、自分が利用できるかの確認は担当者か上司に聞きましょう。

借金の利用の用途が認められないと審査に通過できない

前述で従業員貸付金制度の利用条件をさらっとご紹介した通り、審査時に申告する利用の用途が認められないと、貸し付けの利用が出来ません。

あくまで借金は、不慮のできごとで資金が足りなくなってしまい生活できない社員への救済措置となります。

そのため、病院代や葬儀代など、自分ではどうにも防げなかったものに対する資金であることが条件となります。

遊び目的などの不当な利用の用途では審査に通すことができないのです。

またこの条件も会社によって異なります。車の購入や住宅ローンでの利用を認める会社もあれば、不慮の利用ではないと判断され、審査通過できないこともあります。

自分の利用目的が可能かどうか判断できないときは、申し込み時に担当者に確認をしましょう。

申し込み資格に勤続年数が設けられていることが多い

会社によっては、申し込みにあたり制限を設けているところも多いです。

申し込み資格として挙げられがちなのが、勤続年数です。

勤続何年以上でないと申し込みが出来ないケースが多いです。

借金は基本的にお互いの信用関係で成り立ちます。

その信用関係を推しはかるためには、勤続年数が長い方が判断できやすいと言えますよね。

逆に勤続年数が浅いと、すぐに辞められてしまった場合のリスクや、月の給料もあまり高額でないため、きちんと返済していけないのではないかと判断されてしまいます。

そのため、このように勤続年数などで制限を設けられているのです。

従業員貸付金制度の申し込み資格に満たさない場合は、カードローンなどで借りられないかを検討しましょう。

連帯保証人を立てる必要がある

企業の従業員貸付金制度では、連帯保証人を立てることを必要とされる場合があります。

またこの連帯保証人をってなければいけない場合も、借入の状況によって異なるケースが多いです。

例えばいくら以上であれば連帯保証人は不要だが、いくら以上の場合はたてなければいけないというケースも多いです。

これも申し込み時に確認をしておく必要があります、

家族にお願いするのはハードルが高い、けど周りの同僚などには頼みづらい…ということもあります。

自分の利用状況と、会社の規定を確認しておく必要があります。

契約手続きに若干手間がかかる

従業員貸付金制度は消費者金融の即日融資と違い、手続きに時間がかかる傾向にあります。

申し込みを行い、審査があり、手続きを行い…とステップを考慮しても、早くても2週間から3週間程度かかってしまいます。

明日までに病院の支払いを行わなければならない!というような支払いには、この制度を利用をしても間に合わない可能性があります。

そのため、急ぎで支払いが必要なものには他の方法で対応する必要があります。

遅延・延滞したときに生じるリスクが大きい

従業員貸付金制度を利用時に懸念されることが、遅延や延滞をしてしまったときのリスクです。

返済方法が天引きの場合は特に遅延・延滞になってしまう可能性が低いですが、振り込みなどで行う場合は、注意が必要です。

毎日出社している会社からお金を借りているわけですから、返済延滞がされてしまった時点でお互いの信頼関係が崩壊してしまいます。

また職種によっては昇進や昇給に直接影響を及ぼすことも。

もちろん借金の返済遅れてはいけませんが、会社から借りるとなるとトラブルに発展してしまわないように慎重に行う必要があるでしょう。

転職・退職するときに一括返済を求められる

基本的に、従業員貸付金制度で借金をしている間の退職は難しいでしょう。

もし返済が終わっていないのにも関わらず、転職や退職を行ってしまった場合、退職時に一括で返済を求められることがほとんどです。

自分のキャリア計画などを考慮して利用を行っていく必要があります。

社内でうわさになることも

会社からお金を借りていると、その噂が広まってしまう懸念があります。

自分に非はありませんが、どこで尾ひれをついて広まっていくか分かりません。正当な理由であっても面白おかしく話す人もいるのです。

低金利などで利用できるなどの利点がありますが、利用する時は覚悟が必要になるかもしれません。

急いでいる時は民間のカードローンを利用しよう

やっぱり会社でお金を借りるのはリスクが高すぎる…。

それでも、何とかお金を用意しないといけない…。

その場合は、金融業者のカードローンなどを活用していきましょう。

ここでは、おススメのカードローンをご紹介していきます。お金が必要な人は併せてチェックしていってください。

  • プロミス
  • アイフル
  • ジェイスコア
  • バンクイック

プロミス

プロミス

プロミス概要
商品名 プロミス
利用限度額 500万円まで
金利 4.5%~17.8%
担保・保証人 不要
遅延損害金 20.0%
  • 即日融資に対応している
  • 初回利用時は30日間の無利息サービスを利用することが可能
  • 公式のアプリローンで申し込みから手続きまで完了できる

プロミスは、大手消費緒者金融の中でも特に利用がしやすい消費者金融です。

即日融資に対応しているので、特に急いでお金が必要な時でも、スピーディーにお金を借りることができます。

また公式のアプリローンでは、申し込みから借り入れ手続きまで完了します。

プロミスの即日融資は何時まで?公式では教えてくれない融資成功のコツとは
冠婚葬祭や病気など、急にまとまったお金が必要になることが必要になったとき、金額が大きければ大きいほど親や友人には借りにくいですよね。 金の切れ目が縁の切れ目とも言いますし…周囲の人間とは金銭問題のトラブルを避けるためにも、お金の貸し借...

アイフル

アイフル概要
商品名 アイフル
利用限度額 1万円~800万円
金利 3.0%~18.0%
担保・保証人 不要
遅延損害金 20.0%
  • 来店不要で申し込み可能
  • 初回のみ30日間の無利息サービスが適用される
  • 初めてのカードローンでも安心して利用できる

アイフルは、大手消費者金融の中でも、初めて借金を利用する人でも安心して使いやすい業者です。

ベーシックな商品内容のため、難しい手続きも少ない傾向にあります。

また初回は30日間の無利息サービスの利用ができます。次の入院費を払わないといけないけど、次の給料日まで余裕が無い…!と言ったときでもうまく利用すれば最低限の利息で済むことも。

アイフルの即日融資は何時まで?申し込み方法別に解説
「今すぐにお金が必要」という方の心強い味方、アイフル。 大手消費者金融のアイフルは、即日融資に対応していますが、申し込み時間が制限されています。 何も知らずに申し込めば、融資が翌営業日になるなんてことも。せっかく申し込むなら、す...

ジェイスコア

jscore(ジェイスコア)概要
商品名 ジェイスコア
利用限度額 10万円~1000万円
金利 0.8%~12.0%
担保・保証人 不要
遅延損害金 12.0%
必要書類 運転免許証or顔写真付き身分証明書or保険証+住民票
  • 消費者金融ながら低金利で利用できる
  • AIスコア式で審査が進められていく

ジェイスコアの最大の魅力は、消費者金融でありながら低金利で借り入れを利用できることです。

消費者金融は、融資までの時間が短い分、金利が高めに設定されている傾向にあります。

しかしジェイスコアでは0.8%~12.0%と、低金利で利用が出来るのです。利息を抑えて借り入れが出来るので、お得に借り入れが出来るので嬉しいですね。

また他の消費者金融では珍しく、AIスコア方式を活用しています。

質問に答えていき、AIが審査を行うものです。従来の信用情報以外の要素から審査を進めてもらえるため、審査に通過できる確率も高くなります。

J.Score(ジェイスコア)は即日融資可能か?即日成功のコツや特徴などをご紹介
J.Score(ジェイスコア)は、2016年11月にみずほ銀行とソフトバンクが提携した新しい消費者金融です。 多くの質問を答えることでAIが審査を行う「AIスコア」や、これまで積極的に融資を行ってこなかった若者も低金利で利用することが...

バンクイック

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

バンクイック概要
商品名 三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
利用限度額 10万円以上~500万円以内(10万単位)
金利 1.8%~14.6%
担保・保証人 不要
遅延損害金 20.0%
必要書類 運転免許証or顔写真付き身分証明書or保険証+住民票
  • 三菱UFJ銀行が提供するため、安心して利用が出来る
  • 返済日前にリマインドメールが来るので返済漏れの心配がすくない

消費者金融はちょっと不安…という方は、メガバンクが提供する銀行カードローンを利用しましょう。

銀行系カードローンは即日融資を行っていないため、融資まで早くても2営業日~3営業日ほどかかる傾向があります。

しかし消費者金融に比べれば金利の低さは一目瞭然です。

急いでいるけど、今日中じゃなくても大丈夫!という方は、少しでも利息を抑えるために三菱UFJ銀行カードローンの利用を検討してください!

三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』で即日振込はできない?最短の申し込み方法をご紹介!
バンクイックのご利用を検討されているあなた。 急いでお金を借りたいと考えていますね? バンクイックは銀行カードローンですが、消費者金融並のスピードが強みであることをご存知でしょうか。 スピードが速いと言っても、即日融資は可...

従業員貸付金制度のまとめ

今回は会社から借金を利用することができる、従業員貸付金制度についてご紹介してまいりました。

従業員貸付金制度は、会社が福利厚生の一環として行っている制度でした。

あらためてこの制度のポイントを振り返っていきましょう。

  • カードローンよりも低金利で利用が出来る
  • 利用条件などは会社が定める規則に則る
  • 正社員しか利用が出来ないケースもある
  • 利用用途も申告する必要あり
  • 審査結果によっては審査に落ちることことも

上記のことが分かりました。

また従業員貸付金制度は低金利で利用できるものの、若干のリスクが生じるのも事実。

利用の際はよく検討してから申し込みを行いましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

企業や民間が提供するローン以外にも、国から貸し付けを利用できる制度もあります。

詳しくは下記の記事をチェックしてください。

生活福祉資金制度の概要と利用できる人の条件
「お金がなくて生活できない」 「生活苦で消費者金融に借金があり、これ以上借りられない」 一時的に仕事を失ったりして、やむを得ず借金をかかえ「このままでは生活が立ち行かなる……」ということは誰にでも起こり得ることです。 そん...